鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2009年03月

イメージ 1

つい先日、近くの会館を利用して大手メーカーによるアユ用品の展示会がありました。

横浜のつり博に行けなかったので、ここで初めて新製品を手にしてみましたが

どれも皆ほしくなっちゃいますよねっ!うぅ~ん、買えないけどぉ・・・

と、思いながら眺めていると・・シマノ「釣りロマンを求めて」でおなじみの

高松さんと永浜いりあちゃんが・・そこで・・・

お二人も初めてというツーショットを披露していただき・・パチリッ。

会場に来られていた、たくさんの方たちもいよいよ鮎へのスイッチが入りそうでしたよ!!

イメージ 1

イメージ 2

いよいよ今日から、高速1000円!!が始まりましたねっ!釣師の皆さんは少し遠い所まで

行っているのかなぁ~。私は前回と同じ山梨県・道志川へヤマメ釣りです!!

渓の状況は、平水よりやや低で澄み・気温2度で小雪が舞い、今朝も凄く寒かった。

そんな中、川虫を捕らねば、エサがない!30~40分かけてヒラタが半日分捕れました!

いよいよ入渓ポイントへ・・・渓を見ると土曜日なのに釣人がぜんぜんいない!

やはり高速1000円の影響か?この渓は穴場に・・・?

釣り上がって行くと、前回よりキモチ平均で型が良くなりましたよ!ヤマメも活発に

なって来たのかなぁ!昼までもつと思われたヒラタもAM11:00には使い切りここで納竿です!

小さいけれど数は出ましたよ!!小ヤマメは写真を撮って元気なうちにエン堤の上へ・・

まだ寒いけど、結構楽しい釣りでしたよ!!

イメージ 1

’08 9月13日の富士川・身延  前年と同じく大雨の多い年になってしまいました。

9月も流芯には、アカがなくヘチや・かけ上ガリなどをオモリ2~3号ぐらいで

探りながら掛けていく様な釣りでしたね!大鮎は難しい年でした!型は25cmまで!

’09に期待です!!

イメージ 1

’07 9月23日の富士川 身延 シーズン中のほとんどが大雨・増水の繰り返しだったようです!

川で一緒になった釣人は、一度日が照って、できれば渇水しないかな~!と言ってました。

それでも、このサイズが出るのだから私はスゴイ川だと思います!

型物は25~26cmでした!!

イメージ 1

ここ最近、釣りキチ三平をテレビや雑誌で目にします。懐かしいですよねっ!!

小学生のころ、好きな本はなんですか?の質問に間違いなく、釣りキチ三平のマンガです!と

答えていましたよっ!三平くんは、あのころからヒーローでしたよね!

以前、狩野川で行われた、矢口高雄先生主催の友釣り大会・第一回・三平杯の時に

私は、みごと1回戦敗退(泣)決勝まで残った兄の応援もほどほどに

矢口先生のもとで、少しだけ釣りのお話を聞かせていただきました。

先生は終始にこやかで楽しそう、その時に関係者のお姉さんから、先生直筆ユリッペ・サイン入りの

Tシャツを頂きました。今もだいじに飾ってありますよ。

私のお宝です!ちなみに、兄は全国ベスト16で、ニコニコ

私は、初戦敗退でしたが、なぜかTシャツを手にニコニコの大会でした!!

イメージ 1

イメージ 2

私がよく行く神奈川県・相模川では、アユの遡上の多い年など

朝・夕,マズメの若鮎毛バリ釣りが盛んで、皆毎年すごく楽しみにしています。

鮎毛バリはドブ釣りが有名ですが、私の作る物は流し毛バリ用です。

‘08はいろんな人にテストをしてもらい、結果・袖バリの2~3号で、

青ライオン,タイプとヤミ烏,タイプがベースになる7本バリが良く釣れた様です。

‘09流し毛バリ出来上がりました~!!

イメージ 1

WBCも大詰め、盛り上がって来たし!甲子園も始まった!

来月には、セ・パ・ペナントレースも同時開催!

そして今日、私の所属する野球チームのリーグ戦が開幕

某有名お菓子メーカーのグランドに全チームが集まっての開会式

地元の議員さんによる始球式も滞りなく済んだ所でいよいよ第一試合

私達も、ちょっとだけ熱いレースが始まりました!!

釣りは午後からが多くなりそうです!!

イメージ 1

私の住む場所から郡上八幡までピッタリ400km、この道のりを

近いと考えるべきか・・

そうではないのか・・・

長良川は私にとって最高に魅力のある場所!(地元の方たちも皆すごく温かい)

サツキが運良く取れたなら片道400kmはやっぱりスグそこになっちゃいますかね~!!

38,5cm・7月の若干細いサツキマスです!!

イメージ 1

前年のバラシでかなり取り込みを練習した、桂川では本流竿を絞って0.6のイトをブチブチ切って見た

もうだいじょうぶ、後は郡上でサツキを掛ける事だけに集中しよう!そして・・・郡上へ!

1日目は1度のアタリも拾えなかった。ここでいつも立ち寄る八幡の田中釣り具へ・・

ご主人にいろいろとアドバイスを頂き2日目、1度だけアタリを拾えた。

銀ピカのサツキマスだった!!とにかく慌てずについて下る!50~60m下らされたが・・

最後はちゃんと取れた!桂を経験しておいて本当によかったぁ~と思いましたよ!

サツキは40cm凄くいい魚でした。

そして最終日、朝だけの短い時間で2尾目のサツキ!!

凄く運のいい釣行でした!!

イメージ 1

サツキの取り込み練習場所として、1年間びっちり通ったのが

あの細山長司さんの本流大ヤマメ釣りビデオで有名になった山梨県・桂川

ここの魚はとにかくデカイ!!

ニジマスもアマゴ・ヤマメまでもがサツキサイズかそれ以上!!

本当にいい練習になりましたよ。

この魚はヤマメ・36cmで540gでした。ちょうどサツキに多いかな?このサイズ!!

イメージ 1

サツキマスの存在を知ってからいろいろと調べてみました。

いざ、郡上でマスを狙うまでに5年もかかってしまいましたよ!

結果は1日目にサボリ系、戻りシラメ・30cm1尾!

そして二日目はいい型のサツキを掛けてすぐにジャンプ、ジャンプ・・

流れから出す時に痛恨のバラシ・・呼吸が思いきり乱れる程のショックでした!

そして・・・一年目は終ってしまった。

イメージ 1

皆さんもこんな経験がありませんか?

地元のおじさんの話。

お茶をづるづるすすりながら、この渓のアノ淵には、ヌシがいるづらぁ~~・・・

ビールビンぐらいのデカイ魚・・

決まってヌシは大イワナ、話を聞く度に一升瓶になったり

丸太ん棒になったりする楽しい話!

ある日この魚を掛け、そこへ持ち込むと・・

コイツじゃねえづらぁ~、顔がちがうちゃけぇ~~!と言ってましたよ!

そして一言、アイツはもっとデカイづらぁ~!

オメェ~には掛けられねぇ~ちゃけぇ~~!とニコニコでしたよ!!

イメージ 1

これは私が初めて掛けた尺ヤマメの魚拓です。ひょっとしてアマゴだったかも?

平成元年、場所は九頭竜川の支流、大納川「通称・鉱山の川」!渓流釣り3年目の秋、

高校生だった私はヤマメとアマゴの区別も付かない、にわか渓流師

たまたま出くわした大物にビックリでした!どうやってハリを外したのかまったく覚えてない。

今考えればこの渓魚から始まってしまったな~っと思えるほどの印象深い一尾,スゴイ鼻曲がりでした!

また、この釣りの帰りに立ちよった長良川でスゴイ魚が居ると言う話をきいてしまう・・

その魚の名は・・

地元の名で川マス!!これをいつか狙って見たいと思ったのでした!!

イメージ 1

やっと春らしくなって来ました!関東の桜もそろそろ咲きそうですね

家でも今年3種類目のランが咲きましたよ!春らしくシュンランです。

このランは三号鉢いっぱいに育ちこの花が終ったら株分けで~す。

今年は22リンでした綺麗ですね~!!

イメージ 1

三回目の渓流です!場所は前回と同じ山梨県・道志川。

昨日の夕方まで三浦方面へメバリングに行こうと思っていましたが

春の嵐で海は大荒れ波3mと聞き・・・荒れた時のメバルポイントを

あまり知らない為、渓に行く事にしました。

解禁から3週間渓魚は警戒心が強くスレスレの状態ですが

何尾か出て来れればいいと楽な気持ちでまず川虫取り!

しかし、先週の雨で虫が飛んでしまったのかぜんぜんいない!

一時間かけてヒラタ・キンパク・ピンピンを半日分取るのがやっとでした

いや~寒かった~気温マイナス2度です!

渓は平水よりやや高で凄く澄んでいる、型はムリ・数もあやしい状況でしたよ。

実際、釣れて来る渓魚は小型が中心!

それでも昼まで楽しめました!!

イメージ 1

桜の開花がここ関東地方にもとどき始めると私は渓流でのもう一つの楽しみ、天カラヤマメの

季節がスタートします!とくにこれからの時期、朝モヤの立つ日など思いもよらぬ浅い所で

いい渓魚が出たりする!目で楽しめる釣りですかね。

ハリは出来そこないのふつう毛ばり、一本一本願懸けしながら巻く。

魚に追われてくれ!

けして垂れ下がった木を好むでないぞ‼

と言うことで、10本程巻いて見ました!今シーズンこれでたりるかな~?

イメージ 1

昨年の鮎シーズンの終わりに、オフになったらアレをやっておかなくては~~!

と、思っていた事がいくつかある。まず一つ目は、袋ダモの網取り換え、

その時ついでに柄のうるし塗り!やっておけばキレイだし、以外に長持ちする道具。

またこれで3~4年使えそうですよ!!・・・流さなければ・・・

イメージ 1

この時期の楽しみの一つは、新しいカタログを見て過ごす。とくに好きなのは鮎カタログ

竿も気になるがなかなか買えないので、メタルラインやハリなどの新製品の小物が中心?

今年の流れではどこのメーカーも大鮎用が多いですね。

とくに、D社の三代目硬派はスゴイ竿になりましたね~。初代・二代目と私は一年を通して多く

使い気に入った竿だったのですが・・・来年には早瀬・急瀬も出るのかな~~。

実物を見てデザインは凄くカッコイイ竿でしたよ!!

イメージ 1

イメージ 2

先週、解禁を迎えた山梨県の道志川へ2度目の釣行です。解禁のお祭り行事も一段落して人は少なめ

前日の雨で15cm程の増水、中・下流では少し濁りが出ていました。

今回の場所は、前回私が入っていない区間を歩いて見ようと思い時間を掛けずに3か所回って見ました。

3時間程の釣りでしたが成魚物はほとんど掛からない区間で、本来の道志川に見えました。

渓はまだまだ寒ざむしい装いで、ヤマメの型も小さめですが少しづつ渓魚も動き始めるとおもいます。

イメージ 1

前年に比べ海からの天然遡上はあったかもしれない。それでも6月は掛からない、やはり今年も大鮎の

年かな?と期待した・・が・・・27cm(204g)止まり。

イメージ 1

イメージ 2

ここ数年、天然遡上が多く型はイマイチ。9月になってもビリ鮎ばかりだった。しかし‘05は前年

‘04に比べ遡上は0に等しい。解禁からの1か月はぜんぜんダメ。だが、7月の半ばごろから良型が

上がり始め8~9月には、27~28cm(225g)が数尾掛かる様な日もあり終わってみれば大満足の年でした。

イメージ 1

イメージ 2

今年の春は、我が家のランがすごく元気です。このカトレアは、LC,Drum.beatと言う種類で15cm

ほどの花をつける大型?色はショッキングピンク!とても奇麗に咲きました。もう一つは株分けの時

ネームがなくなってしまい名前が分からない[通称わかラン」です。小指の爪ほどのリップをつける

すごくカワイイ蘭ですよ。

イメージ 1

先日、私の兄がGFG(がまかつファングループ)のグレ釣り大会に初参加した<本当は私も出て見たい>

トーナメントの様な雰囲気を味わうだけと言っていたが夕方になって「これから表彰式・・俺どうも大物

一位みたいと言う一報が・・やったね~・・ヤッチャッタヨ~・・帰り寄るから魚拓とってくんない・

かんたんでいいから~。たたいてみました。ちゃんとメジナに見えるかな?詳しくは、がまかつHPで。

イメージ 1

今日から三月、待ってました解禁日。気になっていた雪もなくとりあえずひと安心。今回の場所は山梨県

道志川、三月・四月はまだ寒く釣りは桜の咲くころから始まると思っているがやっぱり解禁はお祭りで、

どうしても参加してしまう。シーズンぶりに会う人もみんな笑顔でいろいろな話題を山小屋にもってくる

いい時間じつに楽しい。なんて言ってるともうすぐ夜明け、一人また一人と渓におりて行くではないか

さすが釣り人考える事は皆同じだ。私も車で上流を見て回った小雪も少しふってきたロケーションはいい

感じ。日曜日とあって釣り人は多め解禁らしくなってきた。一投目は瀬の中段にできたユタ、目印がスー

と流れ石の横で止まるいいアタリ。型は小さめヒレ、ピンシャンの道志川らしいきれいなヤマメでした。

そのパターンでけっこう楽しめた。トロやヒラキは成魚が多かったが今日はこれで満足・満足。

このページのトップヘ