鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2010年10月

      先日、 伊豆の入間・仲木で行われたG杯グレ競技に 兄が知り合いの方々と揃って参加!
 
     競技の内容はあまり詳しく分かってはおりませんが・・ 結果は三位通過! 凄いミラクル!?
 
 本日も ガマのテスターの方や知り合いの方々から 祝福の電話やメールが届いておりました!
 
イメージ 1
 
    全国決勝は12月!その舞台は 九州・大分とのことで・・ 磯感も無く 下見もまず無理・・
 
       と言う事で・・ まさに一発勝負になりそうですが 意気込んでおりましたよっ。。

  先週末頃から続いていた子供の発熱も ようやく治まり その間・・ひょっとして・・
 
  あたくしにもうつった・・? とも思われたのですが・・ なんとか体は持ちこたえ・・
 
  本日 仕事後に時間が出来たので 暗くなってからの数時間だけルアーを投げ込んできました。
 
  場所は相模川河口付近! 現場に着くと釣人の姿は無く・・ その時点で厳しい状況と判断!?
 
  まずは流れを確認するためレンジバイブの90から投げ始め・・ 数投してからマールの24gへ交換!
 
  この時点での流れは良い感じと思われたのですが・・ とにかく風が強く・・ 糸が思いきりフケ釣りずらい!
 
  それからややあって・・地元のエキスパート! シーバスファクトリーの吉尾さんとWさんがお見えになり
                              【http://blogs.yahoo.co.jp/hideakikunn43/51393136.html
 
  ココ数日の状況を伺い 並んでキャスト・キャスト・・・ しかし、 強風でルアーも飛ばず・・ きっと当たっても・・
 
  サッパリ解らないのでは・・? と思い始めてしまい・・ その後にお見えになられたAさんに先端を譲り・・
 
  あたくしは・・  体も冷え切ったところでココは無理せず 納竿! 撃沈デス。。
 
  果たして年内に一本が獲れるかどうか・・・? と思ってしまうほど・・ この秋 苦戦しそうです。。。

  ココに来て一ッ気に肌寒くなってきまして・・ おまけに夕方からは冷たい雨も・・
 
  そんなこんなで・・出撃も無く (正直、風邪っぽい・・) この数日は 作業台の上にある鮎・渓流小物と
 
  コレから始まる 海方面のモノとの入れ替えでもしようかと思い・・ まずは渓流モノから片付け始め・・
 
 今シーズンのメイン竿とベストを綺麗に洗い ベストは職業柄? シミも抜き 防水もサッとして・・ケースに入れ
 
イメージ 1
 
                             続いて鮎用品・・
 
イメージ 2
 
  今年も中盤から最後までの大きさにバラつきのある相模川を ほぼコレ一本で通した お気に入りの竿も
 
       一通り手入れをして 収納ケースへ・・ そしてそこから 新たに海方面ロッドを出してきて・・
 
                    まさに 道具の入れ替え時期となりました。。

  昨日の川シーバスプチ釣行では まったく反応無しと言う結果におわりましたが・・
 
  釣りは早々に切り上げ もう一つの目的である 落ち鮎の状況を見に 産卵床を数ヶ所歩いてきました。
 
  コノ場所は潮の満ち引きの激しい場所ですが 毎年 落ちの時期の干潮時落ち鮎の群れが着くところで
 
  水深は干潮時でヒザ下くらいのサラサラ瀬! 真っ暗な流れでしたが・・何となく魚っ気も感じ・・ まずは・・
 
  河原方向にカメラのピント距離を合わせ半押し状態から・・川に向け ヘッドライトを一気に照らし・・
 
  群れ鮎が跳ねたところでシャッターをキルという作戦に・・・ しかし・・ 一発勝負な為 二ヶ所とも失敗・・!
 
  それでも肝心な群れはしっかりと瀬着いていたので 正直 ホッ! みると・・ 地元の方も鮎が気になり?
 
  散歩がてら 懐中電灯片手に 鮎の様子を見に来ている! そして三ヶ所目・・静かな水面を照らし・・ 
 
  バシャバシャっと・・・ そして逃げ遅れた子が 辛うじて写っていました! こんな感じです!
 
イメージ 1
 
  この一瞬でおよそ30尾が跳ねたと 地元のおじさんはニコニコ顔で言っておりましたが・・
 
  あまりにシャッターの下りるのが遅く・・ 逃げた後の水シブきばかりで・・ 魚は早いデス!逃げるのが・・
 
  なんて思いつつも 見知らぬ散歩のおじさんと あっちコッチとみてまわり・・
 
  おぉ~ココにも!とか あァ~ あっちあっちとか・・ いいオヤジが はたから見たら大笑いかも知れませんが
 
ハタき場って気になるモノですし コレはコレで楽しいもので・・この秋も結構な数が纏まってきているのも確認!
 
  このままの状態ならば 来年も良い具合に湧いてくれるのでは? と思っております。 
 
  あとは・・  季節外れの大型台風等が 怖い所かも知れませんねっ。。。

  今日は夕方過ぎからの ほんの短い時間だけ川シーバスのようすを見に行ってきました!
 
  場所は相模川の下流部! ココは本来・・ 11月の半ばっころからチョコっと入る所なので・・
 
  まだ早いとも思われましたが・・ 今年は鮎時期の終盤の出水で 強制的に下流へと下らされた
 
  落ち鮎の動きも気になり 入ってみました。 現場に着くと一人の方がキャストを繰り返しており
 
  お話では・・ ガバっとも・・ ゴボっともしないとのことで・・ なんとも生命感の無い 静かな流れ・・
 
 とりあえずは 昨年(11月ころ)数回のバイトがあった付近から打ち始めるも・・ 出水で流れも変わった様子・・
 
 数投ごとに数歩動き 次回の為に? 地形も確かめながら・・ コモモを投じること一時間・・・
 
                    そして・・ 掛かってきたのは・・・ やはり・・
 
イメージ 1
 
     久々に目にする鮎! それも綺麗な20cmくらいの白アユが3尾ほど・・ コレを見て釣り終了! 
 
 天然個体の色を見る限り・・ まだ十分 友で狙える! と思ってしまいました。 (漁期は終わりましたが・・)
 
     それと、肝心の川シーバスは・・ まだまだ落ち鮎のパターンには入っていないようすで・・
 
          動きもサッパリ読めず お手上げ状態・・ 果たして居るのかなっ・・?
 
     ※ その後は・・ 気になっていた瀬着き鮎のようすを見に数か所歩き・・  確認編へ・・・!?

                  2010 鮎釣り
 
相模川  36回釣行 (33回は午後出の釣り)  502 尾   毎釣行平均 約14尾
 
             27cm超え       12 尾     
                                                              最長 29cm×2尾
 
             200g 超え        5 尾

        ココ関東方面では ほぼ鮎時期も終わり それに合わせるかのように気温も下がり始め・・
 
     朝・夕は多少ひんやりするような日も! だんだんと過ごしやすい季節へ・・(しっかし今年は暑かった・・!)
 
           我が家(実家ですが・・)の柿や 向かいの山から落ちる山栗を目にすると・・
 
イメージ 1
 
                     より一層 秋っぽさを感じる気もします。
 
 
           そして此方が・・ ブログ内で知り会い いつもお世話になっております方が・・
 
             つい先日 幸せイッパイ爆釣旅行の先で お土産に送って下さった品!
 
      (あたくしは本当に大した事をしたわけではないのですが・・ お気使い すいませんでした!)
 
イメージ 2
 
   そのジャンルの釣り師なら 確実に気に入ってしまうような まさに釣り師の心を燻ぶる絵柄の数々・・!
 
          幸せのおすそ分けを頂いたようにおもいます! ありがとうございました。。。

今年の鮎時期も そろそろ7月が終わろうかとしていた頃のお話・・
 
丁度、いつものように午後から川入りして 今まさに釣り途中と言った時でしたが・・
 
知り合いの雑誌記事を担当している釣師の方からTELをもらい 話を聞くと 釣り雑誌(月刊つり人)の
 
鮎記事を書いてほしいとのこと! その方は鮎ももちろんやられるのですが・・ 本業は磯専門で・・
 
鮎は記しにくいらしく・・ 私の所に話が向いて来たみたい・・? あたくしはと言うと・・てっきり相模川の鮎記事
 
とばかり思っていたのですが 相模は他の雑誌等も大鮎河川として多く取り上げ 関係者も満腹状態で・・
 
それと、同じ大鮎でも 出来れば天然大鮎が狙える河川の 記事やレポートが欲しいらしく・・
 
昨年の山梨県・富士川 身延地区を400字詰原稿用紙 三枚程度でいいからやってくれないか・・? とも
 
殆ど身延限定でお願い! と言った感じもしましたが・・ 本当にあたくしのような釣りのレベルでいいの・・?
 
と 問うと・・ こういうのは一般的なレベルの方が現実的だそうで・・  そこで、肝心の〆切日はと聞くと・・
 
9月号用の記事だから・・ えぇ~っと・・ 4日切ってる・・ イケる・・? 出来るでしょ・・?! 約三日・・
 
イケないし・・ 出来ないでしょう・・!  いくらなんでも・・ あたくしの文章力では・・ 子供の読書感想文を
 
相談されても キツイのに・・! それと正直 気になっていたのは 今年の富士川は本調子では無くて
 
大鮎河川として雑誌に載せるのには 少々厳しい年であることを7月の時点で予感し・・ その予感はほぼ的中!
 
今回は断っておいて良かったとも思いました。 しかし最後に・・ 来季の事もあるので・・記事は上げといて!
 
との事でしたので・・ 使うかどうかは解りませんが とりあえず・・ まとめておきました。
 
しかしまぁ~・・雑誌と言うのは 書く時期と発売日に約二カ月のづれがありますもので・・書き出しは・・
 
「セミも鳴き疲れて来たこの季節・・ まさに大鮎の・・」なんて記して まだガンガン鳴いているかも・・?難し・・
 
それに、記事も 使う使わないは別として 来季の9月モノですし 忘れたころのお話になりそうですねっ。。
 
 

昨日は 仕事後の暗くなる頃から 河口シーバスのようすを見に 兄と出掛けて見ました。
 
場所は相模川・河口付近! 現場に着くとコノ地のエキスパートである シーバスファクトリーの
 
吉尾さん【http://blogs.yahoo.co.jp/hideakikunn43/51343506.html】 のお姿も・・ お話を伺うと・・
 
時間でパッと群れが入り その中には大型な個体も混じるとのことで・・ 早々に 先端に入らせて頂き
 
キャスト開始! しかし目の前を派手に飛びまわっているボラの群れが・・ラインにカツカツ当たって来る・・
 
相当ボラが居るような雰囲気でしたが・・ 潮の流れが効き始めたころ 先端部で兄のロッドが良い感じで曲がり
 
イメージ 1
 
               スグさま タモを手に駆け寄り・・ ややあって無事にタモへ・・ 
 
イメージ 2
 
           兄 この秋一尾目! 60河口シーバスで 幸先の良いスタートとなりまして・・
 
イメージ 3
 
                                                        あたくしはと言いますと・・・
 
          シーバスの当たりらしきものは・・ 一度ッキリ・・ 
 
          それは乗せそこね撃沈でしたが・・ 
 
         二人で一本出てくれましたし 良い釣行となりました。。
 
         吉尾さん 大変お世話になりました! またお会いできましたら 宜しくです。。
 
 

     本日(14日)をもって 相模川水系の鮎釣りも終了となりまして 寂しい限りではありますが・・
 
     今年も下地区で天然がまずまずの量 湧いてくれましたし 一方の上地区では 昨年同様
 
     良い型に育った型物鮎で こちらも十分に楽しめました! 相模川に感謝・感謝でございます。。
 
     鮎師の皆さま お疲れ様でした! よいオフシーズンをお過ごしください。。。
 
 

                      前記事に記しましたとおり・・↓
             【http://blogs.yahoo.co.jp/kazukazusanpei/26913829.html
 
     連休最後の好天気を利用して・・ 子供(嫁はんも・・)との約束通り ディズ二ーランドへ・・・
 
  真っ青に晴れ渡った空の下 立派な建物がドン! ディズ二―ランドホテル・・ 泊ってはおりませんが・・!
 
イメージ 1
 
いつか・・ 身延でカリスマ(尺一寸程の大鮎の事)が釣れたなら・・ その時はココに・・ たぶん無理?予算も・・
 
と おもいつつ 朝一からランド入り・・ さすがに連休+Disneyハロウィ~ン(10月31まで)期間中ということで・・
 
いつもの年よりも賑わっている・・? 目安としては バズ・ライトハニーがスタンバイで140~160分待ち・・
 
          お昼には ファストパスも・・ ほぼ機能しなくなる程のパス券御礼状態・・・ 
 
           ココ数年で行った中では 間違いなく一番の混み具合だったかも・・?
 
                  それでも・・ 結構遊べている我が家の子供達・・ 
 
イメージ 2
 
     今回からは 下の子にもハロウィ~ン仕様のマントを 嫁はんがこしらえて・・ ご機嫌のようす
 
   その後も、並んで並んで・・ スプラッシュやハロウィ~ンホーンテッドもなんとか無事に・・・ しかし・・
 
     下の子には 予想通り コレが一番のお気に入り・・ 昨年と変わらずの グランドサ~キット・・
 
イメージ 3
 
       空いた時間の度に 並んでは乗りに行くといった具合で・・ 気持ちよく走っておりましたが・・
 
          さすがにコノ行事・・ くれば来たで・・ もの凄い長期戦となることも少なくなく・・
 
              天気も良いとなれば なおの事 最後までを予感・・ そして・・
 
イメージ 4
 
あたりは真っ暗になった閉園まじか(pm10:00)でも・・ 子供達(嫁はんも)は・・ まだまだイケるといったところ?
 
   そのころのあたくしは・・ 一日が大変長く感じる時間でもありましたが・・ 楽しく遊んできましたよっ。。。

今シーズンの鮎時期の後半・・ 地元相模川(上地区)で 昨年同様 コンスタントに大型が出始め・・
 
その場所を見つけようと くまなく探して歩き 型が出そうなポイントもある程度絞れてきたようにも思え・・
 
後は9月20日過ぎころから 野鮎を獲ったらあそこかココに入れ なんとか30.3の本尺をとも・・
 
それは・・ ただ単に 終盤の大型が獲りたい!の想いもあったのでしょうが・・ もう一つの訳も・・ 
 
それは 子供(特に嫁はんも)との 約束として ・・ もし今シーズン 30.3cmの本尺が最後に出せたなら・・
 
遠征用にとっておいて 使う事の無かったあたくしの遠征ヘソクリで・・ ディズニ~ランドをおごる・・(入場ノミ)
 
と、軽はずみな約束を・・  そのことを子供に言ったのは まだまだ暑さも残る 9月の始め・・・
 
しかし、その後は釣りから帰ると毎回のように 子供も嫁はんも揃って・・ ディズニ~ランド釣れた~♪? と 
 
いやっ・・ それがサッパリ・・ カスリもしなかった! の連続で・・ 釣りたい気は山々だったのですが・・
 
そうこうしている間に・・ 一発の出水で型物はおろか 鮎そのものも 一気に終わってしまった感じで・・
 
結局・・ 約束の本尺 30.3cmは 出すことが出来ませんでしたが 十分楽しめたシーズンでもありましたし
 
ここは来季の事も考え・・ ういた遠征費をドンと ミッキー・ミニー方面に・・・
 
そうすれば来期 きっと良い事が起きそうな・・予感も・・ なんて 思っておりますが・・。。。

つい先日の鮎最終釣行時 運よく掛かった鮎の中には 釣りたての時こそ まずまずの鮎色?
 
と思いながらも・・ ものの一流しで見事なまでに色も落ち始めてしまった個体が二尾混じりました。
 
特にザラザラ瀬の中でショッテ来た雄魚でしたが・・ その個体は共に人工産の特徴を色濃く残し・・
 
すでにハタく一歩手前と言ったところでしたが・・ 上地区のモノが下ってきたかどうかは 大きさ的に見ても
 
定かでは・・??? また、人工産個体は天然に比べ 成熟するのも ひと足早いとも言われておりますし・・
 
早いモノは もうすでにサビが入り 真っ黒けな個体となって 落ち始めているのでは? とも思えました!
 
それと気になるのは コノ種の人工産が下で仮にハタいても・・ 翌年 稚鮎として川を上る確率は少ないとも
 
多くの人はおっしゃっているのも事実! 肝心なのは 白アユの それも 18~24cmくらいの個体だとも
 
よく耳にします。  そんなことから・・ 先日の天然個体の腹を 家に帰ってから開いてみたところ・・
 
16cm~21cm個体の雌でも それぞれに およそ小指の第二間接程の卵が入っておりました。  
 
この いくらか小型と思われる個体(白アユ)達が・・順調に下れれば・・ 来シーズンも湧いてくれるのでは?
 
来月半ころ・・ しもの瀬着き場のようすも 見に行ってみたいとおもっておりますが・・。。
 
さて、鮎時期も残り6日となりました! コノ雨予報も気になりますが・・知り合いも含め皆良い釣りを期待です。

   今日はお昼丁度頃からの川入りです! 場所は相模川・高田の一本瀬付近! 
 
  本日は今年初めて(もう終わりですが・・)目標尾数を決めてから竿を出してみました。 と言いますのも・・
 
  もう いつ終わってもおかしく無いくらいの時期ですので・・最後かもの想いから出来れば家族分の8尾!? 
 
  一人掛かり鮎二尾づつ・・? それもありますが・・・ あと8尾で今シーズンの鮎総尾数も・・
 
  丁度キリの良い数字に達することから チョットだけ意識しての竿出しです。
 
  川の状況は やや高の平水で濁りは無! このところ続いていた濁りも治まり 久しぶりの川底見でした!
 
  まずは右岸に川をキリ 平場のスジを一つ一つ探りながら・・ ややあって鈍めのカツン掛かり!
 
イメージ 1
 
           追い星もポチっと出ていて 鮎色も良く その後を期待するも・・ 続かず・・ 
 
            気になっていた左岸の瀬の落ち際が空いたのを見て 川をキリ返し 小移動・・
 
             左岸の平場上も 程良い間隔で皆さん楽しまれているようす!
 
イメージ 2
 
  今度は 落ち際のザラザラの中に囮を置いていき 多少待ち時間長めで・・・ 次・次とスジを変え 数尾!
 
  そして、再び右岸に戻り・・ そこでも同じような所を探り・・ この時期としてはまずまずの型も・・しかし
 
  5分も泳がすと・・ この通り・・ 雄は見事なまでにスリボケ始める個体も・・ 鮎時期終了のサインかも・・?
 
イメージ 3
 
  それでもなんとか無事に 予定尾数に達し・・ その後はおまけの釣りで二尾連荘してくれたところで
 
 最後の立ち位置に50円玉を沈め (今年は昨年より数が出せたので5円では無く・・50縁!) 川に感謝し 納竿。
 
                  ’10 鮎シーズンも無事に終了です。
 
イメージ 4
 
         数は【10尾】 型は16cm~23cm 全体に細身ですが 良く掛かってくれております。
 
竿D社 硬派 疾 早瀬90 バリバスMAX0.06号 つまみ0.4号 スピード・マルチ7.5号 オモリ 0~1号。
 
※ 前回の川入り時に比べますと かなり川全体に新アカが乗り 見た感じではいい石色となっておりました!
 
    いちよう川には 竿納め行事を済ませて来ましたが・・天気次第では おまけのお楽しみ釣行も・・?と 
  考えてはおりますもので・・ その時は宜しくお願いです! と 川にも伝えてきました。
   ひょっとしたら・・ あるかも知れません。。    
 
 
                  2010 鮎釣り
 
   相模川  36回釣行 (33回は午後出の釣り)     502 尾   毎釣行平均 約14尾
 
                        27cm超え       12 尾      最長 29cm×2尾
 
                        200g 超え        5 尾  
 
 

 先日の相模川・下地区(天然域)の川入り時 まず最初に入った所は いつもの瀬の肩付近からでしたが・・
 
 石が転がったようすで垢も無く・・ 鮎の反応も殆どなしの状態で・・ 漁期内の瀬の回復はどうだろう? と
 
 思ってしまいましたが・・ 気になっていたのはもう一つ コノ地を知っていらっしゃる鮎師の方でしたら
 
 きっとお解りだと思います 一本瀬左岸肩上の水の中に生えた相模のプチマングローブ!標識的な柳の木・・
 
 【http://blogs.yahoo.co.jp/kazukazusanpei/25652434.html】写真三枚目シマノの島さんと柳のツーショット!?
 
 写真は以前のモノですが・・ 今回の出水で 一時は完全に水没した跡もあり (流れがココまで・・)
 
 葉も流れにもぎ取られ 一まわり小さくなりながらも 流されること無く まだまだ頑張っておりました!
 
 傾き加減はいい具合となっておりましたが・・・ しかしまぁ~ カワ柳ってあのドカ水の中・・・
 
 凄い生命力だなぁ~ とつくづく感じてしまいました。。
 
 それと・・若いアユ達! 頑張って跳ねていたのにも ビックリです。。

  今日はpm1:00頃からの川入りです! 場所は相模川・高田の一本瀬付近の様子見・・? と言いますのも・・
 
  ココは このところの出水により 1m近い増水が続き・・ ココに来てようやく水も引き始めましたが・・
 
  まだ膝上水深で濁りも残り 垢も歩いた感じでは 平場の一部にしか残っていない状態・・!?
 
  そんな中 相模川の鮎時期も残すところあとわずかと言う事で 最後に!の想いから お客さんは多め!
 
  皆さん 釣果は二の次とし 思い思いのスタイルで 鮎終盤を楽しまれていると言った雰囲気でした。
 
                          車止め下の平場と 一本瀬の瀬落ち付近はこんな感じです!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       一本瀬は今回の出水で また落差が緩くなり 瀬も短くなった様子・・?
 
       その分 瀬肩のザラザラが上の方まで いくらか伸びたようにも 感じますが・・
 
       まずは右岸の肩上から竿出しです! 川の状況は 平水+30cm高のササ濁り!
 
       少しだけ澄んできている浅場のスジに囮を置き 立て続けに衝突的口掛かりのバラシ2回・・・ 
 
       鮎も居るにはいるようで・・ やや引き上げながら白アユが数尾・・ しかし続かず・・ 我慢の釣り・・
 
       徐々に中へ入って行き 石を見ると・・ 垢がサッパリ無・・ そこで 平場の残り垢を探し・・小移動
 
            今度は 多少広く探り・・ 小ぶりな元気鮎が いい感じで掛かり始め・・
 
イメージ 3
 
   夕まずめも ほぼ同じような場所に囮を置き ポロポロっと連荘したところで もの凄く寒くなり納竿です。
 
イメージ 4
 
     数は【13尾】 型は19cmまで! 凄い出水の後でしたが・・ 良く掛かってくれたとおもいます。
 
竿D社 硬派 疾 早瀬90 バリバスMAX0.06号 つまみ0.4号 マルチ7.5号四本イカリ  オモリ 0~0.8号。 

              今日は 家族そろって 下の子の運動会に出掛けました
 
          数年前の 上の子の時は 場所を確保するのに頑張った気もしましたが・・
 
   さすがに二番目は・・ おろそかになりがちで・・ 昼食が食べれれば何処でも なんて思いつつ・・
 
   子供の出番を待ち・・スタンバイ・・ しかし、見ても何処に居るのかサッパリ解りませんでしたが・・
 
 どうらや 金色のくす玉にタマを投げているとのことで・・ 無事に銀より先にポンと割れ喜んでおりました。 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   その後、とーちゃん種目もしっかりこなし・・ 午後の親子種目時には すでに膝も笑っておりましたが・・
 
              天気の良い一日で 家族そろって楽しんで来ましたよっ。。

 コノ週末は 釣果はどうであれ・・ 最後の鮎釣行を!と考えている方も多いのでは・・?
 
 しかし・・ ココ相模川は 現時点でも 依然 増水(ダム放水量 まだ60t/sくらい・・)が続いておりまして
 
 平水位時の約三倍 プラス濁り・・・ そんな中、先程兄から入った情報によりますと・・ 
 
 延び延びになっておりました 相模屋さんの大会(3日)も 安全を考え?今年は中止を決めたとのことでした!
 
 鮎時期も 残すところ10日とチョイ・・ 本来の川状況でしたら あと2~3回 相模を予定していたのですが・・
 
 しかし、この状況では・・ いまのところ ??? と言ったところです。
 
 水位さえ落ちれば まだ若いアユは そこそこ居ると思われるのですが・・ 。。

  先日の渓流へ向かう際 まずは行き道の途中にある 相模川の出水具合も ある程度見ておきましたが・・
 
  さすがにダム放水量150t/s超の流れは凄い事になっておりまして・・ 行き時点では およそ1m超の増水・・
 
  その後 渓流域(道志)で竿を出し 早めに竿を納め 帰り道で 再び相模の状況を数ヶ所見て歩き・・・
 
  まずは高田橋下流・一本瀬上の車止め付近・・ かなり上まで水が来ておりました! こんな感じです。
 
  写真右はいつもの駐車スペース・・・ここも殆ど川でした! 落ちたと言ってもまだ70cmは高かった・・?
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      そしてこちらが・・ 葉山島の駐車場上! 目安としては解りやすい堰堤からの流れです!
 
イメージ 3
 
     この時点では 後の調べで およそ120t/sの放水量でしたが・・・ とにかく濁りも強いです。 
 
       今後 ダムは絞ったとしても・・・ 強烈な濁りは まだまだ続きそうな雰囲気でした。。

このページのトップヘ