鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2010年11月

    昨夜は少し遅くからの出撃でした。 場所は前回同様 三浦方面の地磯です!
 
    現場に着くと風も弱く 海はベタベタの凪! それでも下げ潮が多少効いているのか
 
    予想よりも潮が良い感じで流れており ソコリまでの二時間くらいの何処かでアタるかも? と思い
 
    シモリ際のザワつきを中心にキャスト開始! 最初の数投は根の左側を通し・・・ 反応無し!
 
    そして本命の? シモリ右向こう やや危なげな根掛かり多発コースを通すと・・ グン!・・・
 
    態勢を崩しながら合わせを入れ ロッドに乗ったところで追いも一発入れようとしたところ・・
 
    ペタンペタンと二度跳ねあがり それを見てマルでは無いなッ! 子ヒラだなッ! 美味しい方だ!
 
    と思っていると・・ 今度は根の真向こうにまわってしまい・・ さぁーて 左右どっちを通そう? と
 
    一瞬リールを巻くのが止まってしまった! 次の瞬間・・ 根の向こうで三度目のピタンピタン・・!そして・・
 
    痛恨の・・ ハズレ・・! やってしまった!なのか やられてしまった!なのか・・ いずれにしてもバレ・・
 
    小ぶり(50あるなし)だっただけに・・ ゴリ巻きすればよかった・・! よい経験! ちょっと悔しい・・!?
 
 そして、手元に戻って来た おろしたてのローリングBをみると・・目玉が取れた!元気に暴れていたからかな?
 
イメージ 1
 
             その後はソコリまで頑張ろうと思い 再びキャストを繰り返していると・・・ 
 
               そうこうしている間に もの凄い南風となり 海は一転 大荒れに・・・ 
 
         強風で磯から落ちそうになるくらいのゴーゴー状態・・・! そこで無理せず納竿・・
 
         結局、終わってみると あの時間だったんだなぁ~~ と つくづく感じてしまいました。
 
 

     つい先日(先週頃) 相模川下地区に川シーバスの様子を見に行った時の話ですが・・
 
     丁度川上がりをしようとしていたpm9:00頃 河原に漁協関係者とみられる車が数台水辺にこられ
 
     今年の鮎の産卵床(浅い瀬)の付近に止まり 種鮎(親アユ)の放流を行っておりました。
 
     地元の方のお話では 一度に入れるのではなく数回(数日)に分け 同じ瀬に入れているとのこと!
 
     私は一度遭遇したのみでしたが その時にも結構な数を放した様子でしたので・・
 
     この親魚達がウマい事瀬に着いて ハタいてくれれば・・ と思い 眺めておりました。
 
     しかし・・ 話では・・ 殆ど鵜が・・ とも言っておりましたので・・ 来季の鮎遡上も気になりますが・・ 
 
     どちらかと言うと コノ鵜の動きの方が凄く気がかりで・・  かなり深刻だと感じてしまいました。。

   このところ 何かと忙しく (季節の変わり目ですので仕事上・・) なかなか仕上げ作業に入れないでいた
 
   造りモノ・・ 落ち鮎の自作剥製ルアー! その間は 少し長めの乾燥と言う形で放置状態でしたが・・
 
   そろそろ作りあげておかないと 肝心の川シーバスの落ち鮎時期も終わってしまいそうなので・・
 
   先日、表面にエポキシを入れ 後に水に浮かせてバランスをみてみまして・・ こんな感じでした。
 
イメージ 1
 
        タイプはペンシルですので目がギリギリで浮き沈みする位のバランス・・ ほぼ計算通り!
 
      と言う事で・・ 多少の落ち鮎色?を入れ・・ 塗りを二回ほどし 自作剥製ペンシル完成です!
 
イメージ 2
 
 
      一般的な飾り用の剥製は ほぼ片面方向からしか眺めないのに対し・・コレの大きな違いは・・
 
        左右両面仕上げである事で・・ 予想していたよりも 時間がかかったのかも知れません!
 
                      ちなみに 反対面はこんな具合です!
 
イメージ 3
 
                     なんとも言えない出来ではありますが・・
 
           弱って流れ始めた落ち鮎を どこまで演じれるか! も気になるところで・・
 
         掛かる掛からないの問題では無く・・ もしガバッと出たら それだけで面白いかも?
 
              そんな程度の考えですが・・・ さてさて どうでしょうかっ・・?!
 
                         その後の実戦投入編はこちら
 
 

                  つい先日 うまいこと掛かってくれたスズキは現場で〆てから鱗もとっておき
 
                 その晩のうちに三枚にして皮も引き こんな感じで一時冷凍保存となりまして・・
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                今後は 少しづつ小出しにして ムニエル用とのことでした。
 
     そして今回はもうひとつの獲物 地タコ! こちらは お正月用とのことでしたので・・
 
          頭を取ってから 下ごしらえはせずに 足一本一本をヌメリのまま真空冷凍!
 
イメージ 3
 
         一度に全部(一パイ)を食べない場合 この保存法は日持ちもして大変便利・・?
 
       時々食べたくなったら 解凍し塩でもんで 茹でれば いつでもお刺身が・・  と言う事で・・
 
        足一本だけ味見のつもりでサッとゆで上げ・・ パラっと並べ つまみ食いとなりました。
 
イメージ 4
 
                                 さすがに地のタコ! いい歯ごたえ!
 
                                      そして此方が・・娘のこしらえたケーキ・・!!
 
イメージ 5
 
         蛸とケーキ・・・ 凄い組み合わせとなりましたが・・ どれも美味しく食しました。。
 
 

   昨日は暗くなってからの出撃でした! 場所は三浦方面の某磯!
 
   コノ地は丁度昨年の今日、 少し遅れ気味の磯マル&ヒラがウマい事出せた地!
 
   今回も昨年同様 ヒラ・磯マルを狙って まずは磯入り! 現場に立つとベタベタの凪で波っ気も無く
 
   おまけに月夜で・・ 水面ピカピカ・・ 肝心の潮流もまったく効いていない状態・・ 
 
   それでも一通りシモリから出来るザワザワを 一つ一つ丹念に通し・・ 反応無し・・!
 
   そこで、ルアーを換え北風から出来る上潮の流れを打ち始め 数投・・ すると・・
 
   ホールからの立ちあがりでグン! ヨシっと合わせを入れ 直後に一瞬乗ったが・・ 痛恨の抜け・・・!
 
   けれども 魚はそれ程の痛手を負っていないと思い・・ 少し間を空け 再度同じ所を通し・・・
 
   ややあって ゴン!  今度は確実に竿に乗せ 追いも一発入れ・・ ガバッと出た所で大きさも確認!!
 
   正直・・エイ(前回釣行)の後の一尾でしたので・・ かなり慎重にやり取りし・・ 無事にタモへ・・
 
                今秋シーズン初のスズキサイズ! 70cm の磯マルでした。
 
イメージ 1
 
 
           その後はベイトの寄りをみながら 磯伝いを歩いてまわり・・こまめに探るも・・ 
 
      魚っ気(ベイトっ気・・)もまったく無く・・ 月夜はさらに明るさを増し・・・磯を諦め 第二弾へ・・
 
   やはり月夜と言えば タコ! タコの字には月の字(蛸)も入っていることから 月夜は狙い目・・?
 
   とおもいつつ・・ テンヤでポンポンと打って行き 程なくして重みが糸に乗り・・ 
 
   テンヤのおさえ幅からすると ㌔UPと判断! まずは足元にタモを伸ばせる状態で用意し
 
   せーのホイっ!と合わせを入れ・・ モワぁ~っと浮いて来たのは ほぼ推測通りの大きさ・・1.5kg!
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
  前回に続き お正月用タコも確保できたところでコノ地を後にし 帰り際・・ 海岸線をひた走り・・
 
  相模河口付近へも立ち寄り 一通りルアーを通すも・・ アタリ無し・・ 正直、磯の歩き疲れも出てきて
 
  ロッドを持つ腕も上がらなくなり始め 納竿! しかし、終わってみれば・・エイで流れが変わった様な・・??
 
                          よい結果だったと思います。。
 
     
     ロッド SPS-112 トーナメントZ2500 キャッストアウェイ 1.2号 ナイロンリーダー25lb 
 
                             ルアー ローリングベイト 77 15g 鯵カラー。

          鮎時期も終盤にさしかかって来るころ 釣具屋さんに用事で出掛けるたび・・
 
          次の狙いモノ(海方面) ルアー類の 新作やニューカラ―等が目に入り・・ 
 
          ついつい足止めをくらってしまう・・ それでも まだ頭の中は鮎一色なので・・ 
 
        そうは手が伸びない物なのですが・・ 昨年は ヒラ・磯マル狙いで 主力 (Fミノ―以外の) を
 
           数個ロストしており・・ とりあえずは無くした分だけ 再び揃えておいたモノ!
 
イメージ 1
 
 
     そろそろ出番かも・・? と思い ひっぱりだして来ました! 今回は新しいモノには手を出さず・・
 
     昨年同様のモノで程良く遊べたらと思っておりますが・・ さて この冬の磯は どうでしょう。。
 

              今日は暗くなってからの短い時間だけ出撃してきました。
 
     場所は相模川河口付近! 現場に着くとコノ地のエキスパートの方がお二人入られており
 
  状況を伺いながら並びでキャスト開始! お話では夕まずめ時に先端の方が 一バラシあったそうで
 
  その後はアタリ無しとのこと! 少しの間は並び計5名で黙々とルアーを投げ・・ 反応無し・・・
 
  ややあって定連さんも上られ・・ あたくしもあと数投したら上ろうと思っていたところ・・
 
  レンジ90のホール途中でグンっ! 思いきり合わせを入れると いきなりドラグがジーッ・・・・
 
  しかし、 バシャとも ゴボッともせず・・・ スグに嫌ぁ~~な予感・・・! ゆっくり寄せながらライトを照らし 
 
                 もぉ~~~っと現れた物体は・・・ コレでした・・・!
 
 
イメージ 1
 
             最近ちょくちょく掛かって来るエイ・・・ それもデカイし 怖いし・・!
 
   それと あたくし・・ エイを掛けると この先 5~6回釣行くらいシーバスのアタリ無しが続くことも・・
 
   前回の時は一昨年だったとおもいますが・・ このあとサメをはさんで6連続アタリ無しも経験・・・
 
   今年はソレでなくても苦戦していると言うのに・・・ またやってしまった! そんなこんなで納竿でした。。
 
※ お騒がせのおおとりモノになってしまいましたが ランディングして下さった方!ありがとうございました。

 今日は仕事後の短い時間だけシーバスを狙いに・・・ と言いますのも 昨日の深夜・・
 
 兄が相模川下流地区に川入りし サクッと川シーバスの70UPを出して来まして・・ それを聞き・・
 
 家に帰るなり・・ 嫁はんの日ごろの頑張りを褒めまくり・・ 様子を伺っていると・・ おにぎりは・・?何個・・!?
 
 ある意味 全てをお見通しでしたが・・ 相模川下流地区へ車を走らせまして・・ 現場に着くと凄い車の数・・
 
 最近の状況からすると考えられないくらいで・・ 正直、場所を移動しようか迷い・・ とりあえずは
 
 空いていた所から川入り・・  まずはコモモ125赤ヘッドゴーストから投げ始め様子を見ていると・・
 
 流れのヨレ付近でゴン! まさにこの秋初となるシーバスからの確かなアタリ! しかし、体が反応出来ず
 
 ロッドに乗せる事が出来なかった・・それでも反応があっただけで粘れるのも事実!
 
 その後は 少しづつ動ける範囲で釣り下がり・・ ほぼ同じ距離でゴン・・! 今度は綺麗にロッドに乗り・・
 
 数回激しくエラを洗い ややあって無事に岸へとズリズリ・・! 
 
                 この秋一本目は ちょっと小ぶりな川シーバス! 55cm!
 
イメージ 1
 
       その後の釣りは 一尾目の共通点を探しながら少しづつ移動し・・ 同じパターンで 
 
               ゴン! バシャバシャ! と二尾目! ほぼ同じサイズの53cm!
 
イメージ 2
 
      ここでフックも甘くなったことから同種の違うカラーに交換し数投・・・ しかし反応が無く・・
 
        試しに元のヒットカラーに戻してみると・・ ガツン・・! 三本目も同サイズの51cm!
 
イメージ 3
 
 
  サイズ的なことは 欲を言い始めるとキリがないですし 十分楽しめたことでコノ場を次の方に譲り・・
 
  今度は河口付近へ移動・・ すでに現場入りされておりましたエキスパートの方々にお話を伺い・・
 
  並びで少しだけキャスト・キャスト・・・ しかしアタリは無く・・ あたくしはお帰り時間となりました。。
 
ロッド D社 ラテオ96ML トーナメントZ2500 キャストアウェイ 1.2号 リーダー 25lb コモモ125SF

          今日は夕まずめ時を狙っての出撃でした! 場所は相模川・河口付近。
 
        現場に着くと投げサビキ(カマス狙い)の方とメッキ狙いの方がおられまして
 
    お話ではどちらもパッとせず・・!  潮の状況は程々の流れも効いていてシーバスには良いかも?
 
  と思い キャスト開始! 投げ始めはマールの24gからでしたが反応をみながらミノーとの交換もまめにし・・
 
        さっぱりアタリ無し・・ そうこうしている間にコノ地の定連さんの方々がお見えになり 
 
 お話を伺いながら 並んでキャスト・・・ キャスト・・   そして、夕日がうっすらと富士を写しだすベストタイム・・
 
イメージ 1
 
       並びの誰かがアタリを拾うのでは? と期待したものの・・ 夕方の地合いは無く・・・撃沈!
 
               そこで海に見切りを付け・・ 本日、気になっていた世界バレー・・ 
 
    これを車載テレビで見ながら? 聞きながら・・?? 車を走らせ 家に着くころにはメダル獲得!
 
海に魚っ気がなかったのが かえって凄い試合を見る事が出来たのかも? それにしても・・凄い試合でした。
 
 

 昨夜は 磯マルの様子でも見に行こうかと思い 夜遅くに三浦方面の地磯へ入ってみました。
 
 現場に着くと下げ潮が効いているものの 予想以上の西からの強風・・・おまけに黄砂も・・?!
 
 それでも海は 風のあたり側に かなりのサラシが伸び良さそうなので それを一つづつ狙い・・反応無し!
 
 殆どルアー飛ばずの状態変わらずで・・ 磯を後にし・・ 小移動 そして第二弾! 前回はアオリでしたが・・
 
 今回は こんなこともあろうかと準備はしておいた もうひとつの軟体系足モノ! タコ狙い・・・
 
 ひとまずテンヤを投じ 底状況を確認・・ ややあって違和感を感じ・・ その後に良い感じで重みが糸に乗り
 
 イチ・ニのホイっと合わせを入れてみたところ・・ ズシっと確かな手ごたえも・・ しかし・・ 1mほど跳ねあげ
 
 軽くなってしまった! テンヤをみると・・ 最初の違和感でどうやら海藻を拾ったらしく針を塞いでいたようで・・
 
 うまく掛からなかった?! その後、 同じ所にテンヤを投じ スグに乗り返してきた所で少しテンヤを引き・・
 
 時間を掛けしっかりとテンヤについたカニをおさえこませ・・ せ~の ホイっ! でズシっと掛かり・・
 
イメージ 1
 
             足も全部綺麗に揃ったいいサイズがうまいこと・・ 重さもぴったり1㌔!
 
イメージ 2
 
        今回もシーバスは不発に終わりましたが・・・ 美味しい食材にはありつけました。。

    今月の頭っころから 時間を見つけては手掛けていた 趣味的な意味合いの強い造りモノ・・
 
   落ち鮎の剥製ルアーですが・・ とりあえずは乾かし段階も無事に済み 形だけは整って来ました。
 
                                 こんな感じです!
 
イメージ 1
 
             まだクリアーも入れておりませんし 色も出しておりませんので・・
 
       今現在は 何に近いかともうしますと・・・ 非常にニボシに近いモノと思われますが・・・
 
                 バランスをみるのにフックだけは噛ませてみました。
 
イメージ 2
 
      本当はスイムテストならぬ・・ポカンテスト(ペンシルですので・・)をしたいところでしたが・・
 
   せっかく良い感じで乾いておりますし 計算上は大丈夫と思い 簡単に仕上げ始めようと思います。。

         つい先日の釣行時 辛うじて掛かってくれたアオリイカは現場でパッと〆たあと
 
         帰ってスグ お刺身用に皮をひき そのままの状態で まる一日ねかせ・・
 
     エンぺらは塩を軽くきかせたのちに半夜干し!(一夜干しは多少硬くなるので)表面が乾く程度に・・
 
     その後はかるくサッと焼き こんな感じに・・ エンぺらの半夜干しです! オマヨ・醤油はお好みで・・!
 
イメージ 1
 
          エンぺらは独特なプリプリ食感で歯切れも良く 子供にも大人気の食し方!
 
                      そして此方がメイン! あおりイカ刺し!
 
イメージ 2
 
          今回は 子供が特に好きな イカあえも添え こんな感じで出来上がりです!
 
      刺身も一日食べるのを我慢したので・・ ねっとり感も出て甘みも増し 皆で美味しく食しました。
 
  ※ ゲソは数日後のお好み焼き用のため・・塩でもんだ後 細かく切り一時冷凍保存とのことでした。
 
    このアオリの釣行記はこちら→ 【http://blogs.yahoo.co.jp/kazukazusanpei/27188122.html

昨日、土曜の夜遅くから早朝にかけて海方面へと出掛けてみました。
 
行き道の時点では相模河口付近と三浦方面とで迷い・・まずは河口付近へと向かって見ましたが・・
 
遠目から見て先端部にはパッと見で5~6人の方が楽しまれている様子でしたし 先端部以外は潮も無く・・・
 
おまけにサンドバーが出現! 前回の大雨によるものと思われますが・・ 全体にかなり浅くなったようで・・
 
ポイントも限られそうかな? あたくしには無理! と思い ココを諦め 潮が引いている時間を利用して
 
早々に場所移動! 向かった先は前回同様三浦方面の磯! 現場に着くと丁度干潮からのやや動き始め?
 
しかし、海の状況はベタベタの凪で風も弱くシーバス・青物の確率は低め! それでも一通りルアーを通し・・
 
今日はアオリかなっ! と思い ルアーバックの中に一本だけ入れてあったエギを取り出し・・・
 
タックルはそのままでシステムもそのまま・・ リーダー25lbでしたが・・ ちょっと無理のあるエギング開始・・
 
ロッドも11フィートなのでシャクリは入れず・・ 仕掛けも太い分ホールを長くとってのズル引き・・
 
殆どルアーのデットと言ったところでしたが・・ ややあって モぉ~~っと重みが乗り・・・せ~のホイ合わせで
 
イメージ 1
 
            アオリイカ (410g)  お土産としてはまずまずのサイズがうまいこと掛かり
 
         正直、秋の元気アオリは 25lbの先糸でもノル時は乗るんだ・・!? と ビックリ!
 
          いつもエギの時は先糸、フロロの2号程ですので・・ 約三倍の太さですが・・。
 
   その後はもう一度ルアーで一通り探り 魚っ気のない海に見切りをつけ・・・ 納竿となりました。。
 
      このアオリの食編はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/kazukazusanpei/27213416.html

      つい先日 運よく掛かったイナダは帰ってスグに とりあえず三枚におろし・・
 
             その時に脂ののりもまずまずであることが確認出来まして・・
 
             それを聞き 子供も嫁はんも口を揃えて お刺身のリクエスト!!
 
             と言う事で 今回は このような形にしてみました。 
 
 
                           イナダのお造りです!
 
イメージ 1
 
              そして此方が イナダのどんぶり! 通称イナ丼 つゆだくならぬ ツマだくで!とのことでした。
 
イメージ 2
                                                
                       特に上の子の大好物で大喜び!
 
                         それと最後にもう一品・・・
 
 
イメージ 3
 
                     〆のアラ汁! これは下の子お気に入り!
 
        今回の魚は そこそこの大きさでしたので 食という面でもいろいろと楽しめました。。。
 
       この魚の釣行記はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/kazukazusanpei/27156131.html

 今日(水曜日)は 祝日ということで 一般的にはお休みの方も多いのではと思われますが・・
 
 あたくしはと言いますと・・ 仕事上 週の間にあるお休み日は ほぼ通常通り・・・!
 
 それでも何とか午前中に 一通りの事も済ませられ 海方面へと向かって見ました。
 
 場所は三浦方面の磯か堤防?! 時期的にはシーバスと言うより青物の様子見と言ったところでしたが・・
 
 まずは護岸から見てまわり・・ どこもお客さんは多めで・・ 急遽 磯へと変更! 現場に立つと
 
 時間的には丁度いいくらいのマズメ時となり 波加減も程良くザワついている!  遠く離れたところでは
 
 時折鳥が立つ様子も見られ 近くで起きないかな!? と期待しつつ レンジバイブの80からキャスト開始!
 
 その後はローリングBも参加させ・・ ちょくちょく沖にも目をやりながらメタルジグとの入れ替え戦もしていると・・
 
 打っていた所付近の水面でパッとイワシが散り・・ ルアーにイワシが驚いたのかな・・? と思った瞬間・・
 
 グンっ! とりあえず一発アワセを入れ その後はジィーーっと ドラグも鳴り始め沖へ沖へと出て行って・・
 
 正直大きさも解らないまま・・ 足場も悪いため少々強引に・・寄せ 無事にタモへ・・
 
                                          この秋一本目の獲物は コレでした!
 
 
イメージ 1
 
                 イナダ 52cm! 1.7kg ローリングベイトをがっぽりでした。
 
イメージ 2
 
       家族で食すにはコレ一本で十分な大きさでしたので 次の方に場所を譲り 納竿となりました。
 
 
             ロッド SPS-112  トーナメントZ 2500  キャストアウェイ 1.5号 ナイロンリーダー 25lb
 
                    ROLLING BAIT 77 15g 銀ピカカラ―。 
 
       この魚の食編はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/kazukazusanpei/27165492.html

 今年の鮎も昨年同様 中盤頃から良いサイズが混じり・・ 終盤には大鮎サイズも出始めて・・
 
ひょっとして昨年を上回るサイズも! なんて思い 自作剥製用の材料だけは揃えてあったのですが・・(本当は
 
 昨年の材料の残りです・・!) しかし、残念ながらサイズUPとはいかず・・ 大鮎の自作剥製は白紙に・・
 
そこで、気になっていた もう一つの剥製製作へ急遽変更・・・ ベースとなる魚は落ち鮎で・・ サイズも16cm程
 
 もう 大体の見当はおつきでしょうが・・ そうなんです! 今回は 川シーバス用の 落ち鮎ルアーを
 
 剥製で作ろうかと思い・・  まずは皮をメスで削いでいき・・  こんな具合にペラペラにして・・
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         ココまでは大鮎の時と要領は同じで・・・皮は魚が小型な分薄く感じますし 大きさ的にもかなり楽! 
 
           あとは 前もってこしらえておいたルアーの本体部にかぶせ・・  乾燥・・・
 
 
 
イメージ 3
 
          (本体は後の塗装分のバランスも考え 浮力を余らせたペンシルタイプです!)
 
 
  今回の用途としては 飾るためのモノではないので・・ 乾燥も短めで・・ 色づけも黒っぽくするだけ・・?
 
               出来上がりもそこそこ早いかも・・? ひょっとしたら・・・
 
       今月半ころの落ち鮎パターンにも間にあうような気も・・?!  なんて思っておりますよっ。。

このページのトップヘ