鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2011年06月

       今日は お昼丁度からの川入りです。 場所は相模川・高田橋下流の一本瀬付近!
 
    まずは車止めで身支度を整えていると・・ D社テスターの主籐さんグループがお見えになり・・
 
イメージ 1
 
    今まさに、午後からの第二ラウンドといったところでしたが・・ 何処か釣れる所は無いかね? と・・
 
   にこやかに声がかかり・・ あたくしレベルで恐縮ですが・・ と ココ数回の雰囲気をお伝えしまして・・
 
   一斉に川入り・・ 川の状況は やや高の平水で前回と違う所は気温がえらく高い事くらい(33℃程?)。
 
     まずは右岸に川をキリ・・ シモを伺うと・・ 兄がいつもお世話になっておりますG社テスターの
 
   平井さんグループも来られていて・・ お話では 明日、コノ地で行われるG社競技の下見とのことで・・
 
   広範囲に探りを入れておりました。 そして いよいよ野アユとり・・ ややあってキュンと囮頃?の13cm!
 
イメージ 2
 
  本日は珍しく上から下まで動いて回り・・ とある共通点を探しては竿出し!そしてまた動いて竿出し・・
 
  それを繰り返し・・ 場所は大きく分けて三か所でしたが それぞれで良い反応があり・・ 全てで連荘・・!
 
       その後は・・ 気になっていた流れに囮を入れ・・ 今年初めて養殖囮より大きいサイズが・・!
 
イメージ 3
 
   そして夕マズメ・・ 前回入った時、反応が鈍かった所の様子を見に行き・・ 程良く掛かったところで納竿。 
 
           数は【61尾】 型は8cm~19cm 午後入りの相模で60尾超えは記憶に無く・・
            まさに入れ掛かりだったように思います!   ↓、ハラワタ出ははじきましたが・・。。
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                        オモリ 0.8~1.5号
4 / 153尾
 
            明日(30日)は 第35回・G杯争奪全日本アユ釣り選手権がココ高田橋で開催されます。
      ちなみに・・ 本日の川上がり時には 河原にノボリ旗も設けられており 雰囲気が出ておりました。
 
イメージ 6

        ※ 今回は、明日の競技下見の方々(知り合いも含め)の迷惑になっても困るので・・
                    場所等は載せておりません・・ ご理解のほど宜しくお願い致します。。
 
 

 このところ・・ 鮎釣りと言えば 夕刻時の流し毛ばりが殆どで・・ 友を引いたのは3度だけ・・!
 
 ただ、友で釣れてくるサイズと・・ 毛ばりに反応してくるサイズが まだ殆ど変わらない事で・・
 
 友を引く時間が無い時など 毛ばりでもう少し遊べそうな雰囲気?! それともう一つの理由は・・
 
 食材としても・・・ コノ今時期のビリ鮎は非常に美味しく大変喜ばれる! ということで・・
 
 毎回、釣りから帰ってスグに 一尾一尾 綺麗に腹も出し 大きさ別にサッと分け・・・
 
 今回は、小鮎のヒラキあぶり焼き! コレは海方面の おみやげ屋さんでよく見かけるマメ鯵の
 
 ミニヒラキのようなモノで大変美味しい食し方の一つです。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
              それと・・ ビリ鮎の定番ともいえる小鮎の唐揚げ・・!
 
イメージ 3
 
 
   今年は鮎も小さく・・ 塩焼きにはまだまだ程遠いサイズも多いですが・・ 今の所はこんな感じデス。。 
 
 

             日曜は お昼からの川入りです。 場所は相模川・下地区の高田橋下流 一本瀬付近!
 
          ココは今週 G杯の競技会場となっていることもあり 沢山の方々が下見に来られておりまして・・
 
  スグ下にはG杯チャンプの金澤さんを始め がまテスターのHさん・・ファイナリストのトーナメンターさん等々・・
 
                そうそうたるメンバーが勢ぞろい! 瀬肩~下は こんな具合となっておりました。。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
          並びの方が少しスペースを空けて下さいまして・・ まずは瀬肩ちょい上付近から竿出しです。
 
                 川の状況は やや高の平水で・・ 多少ザワついた流れから一流しで囮が変わり・・
 
 
イメージ 3
 
  その後もあまり動かず・・ ただスジにおいていくような釣りでキュンキュンと数尾・・・多少這わせて数尾・・!
 
       感じとしては・・ 三尾掛かるといったん止まり・・ やや我慢して又ポンポン・・! そんなナガレのまま・・
 
                    ゆうマズメ頃まで程良く掛かり・・ 立ち込みで体も冷え切ったところで納竿です。
 
    数は【32尾】 型は9cm~17cm 上手な方々の後入りと言う事で・・ サイズは一まわり小さかったです。
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
    竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                           オモリ 0.5~1.5号
  3 / 92尾
 
   ※  今日は気温もそれほど上がらず・・ 肌寒さも感じましたが それでも良く掛かってくれたと思います。
 
       なお、今週30日は 第35回・G杯争奪全日本アユ釣り選手権がココ高田橋で開催されます。
       また、7月2日(土)2011シマノジャパンカップ鮎釣り選手権大会も この地区で開催されます。
 

       つい先日、相模川・高田橋周辺でトモを引いた時・・ その時は丁度水位も落ちた直後で・・
 
     多少攻めやすくなったこともあってか 流れの効いたところでイイ感じに掛かってきたような
 
     そんな、まさに運のいい時に当たった日でしたが・・ その時に、ちょっと気になった事も・・。
 
     それは・・ 毎年 この時期に一二を争う人気場所である 瀬肩付近の石色・・ と言うより青ノロ・・!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        本来コノ地は・・ ノロも出るには出るし・・ 特に浅場の流れが多少ゆるくなった所など・・
 
       年によっては気になる位に生えたりもする・・ ただ、そんな年は いくらか鮎の少なな年で・・
 
       石にハミ跡も無く・・ かえってノロだけが目だったりするような年・・? 一方今年は・・
 
       いわゆる鮎の湧いた年で・・ 石を見る限りでは綺麗なハミ跡もあちらこちらに確認出来る!
 
       そんな中で・・ この時期に天然魚の一等地ともいえる浅場のザラザラ瀬で大量のノロ発生・・!
 
               今後の川状況にも・・・ 多少変化が出て来そうですね。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
       そして・・ つい先程、腕も確かなトーナメンターのTさんが競技の下見がてら川入りし・・
 
    現場から電話・・ お話を伺ったところ 水も落ちた影響からか 鮎も見えなくなってきたとのことで・・
 
       追いもとにかく弱かったそうです。 もうすでに変化が出てきてしまったかもしれませんね。。
 
      ※ 写真は二枚とも 一本瀬、左岸肩上のものですが・・ 結構な範囲に広がっておりました。。
 
 

       今日は仕事後にマズメ時の川へ・・・  さすがにコノ時間からは友を引く時間も無いので・・
 
      お手軽簡単 流し毛ばりを打ちに行ってきました。 場所はいつもの相模川・高田橋周辺です!
 
       現場に着くと すでに数人の定連さん毛針師達がお集まりで・・ 早々に並びへ仲間入り・・!
 
  川の状況は、やや高の平水? +-10cmを誤差とするならば・・ 今年始めての平水位と言った具合で・・
 
                     こんな感じの小場所から竿出しです。
 
イメージ 1
 
                 毛ばりを流し始めてスグに ポツポツ掛かり出すも・・ その後は空き時間も長め・・
 
イメージ 2
 
      水位が一っ気に落ちた事も多少影響してか 上(水面)での反応は今一つ・・!こんな釣りでも・・
 
       流れのスジがちょっとでも違っていたりすると まったくと言っていい程かからなくもなり・・
 
    結構考えさせられる点など・・ 友釣りに似ているところで・・ まさに、同じ鮎! と言ったところ・・。
 
  結局、最初の一時間は ピリッとせず・・ 日没間際、一時的に好反応となりそこそこ数が出たところで納竿。
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   数は61尾・・! ココに来て、毛ばりアユも平均して1cm程サイズが上がってきたようにおもいます。。。
 
                          使用流し毛ばりはこちら
 
 

    今日(水)は 午後から相模川入りです! 地区は、正直・・迷いに迷って・・ 高田の一本瀬付近・・!
 
    川の状況は 平水+10cm~15cm高と言ったところで・・ 解禁から続いていた増水も、
 
    ようやく落ち着いた様子!ただ、 ヒザ下の水深では急にアオノロが発生・・ 今後が気になるところで・・。
 
    まずは右岸側に川をキリ・・ 水位の落ちた瀬の際から竿出しです。 シモの平場はこんな感じでした!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         最初は流れへの出し入れ程度に囮を這わせ・・ すぐにキュキュンと掛かり始め・・!
 
イメージ 3
 
 
       コノ所の出水の影響もあり・・ 多少竿も抜けていたのか 立て続けに同サイズを連荘・・・
 
  一通り探った後は・・ オモリを足して広く探り・・数尾! 瀬肩上に移動し・・そこそこのサイズも数尾・・!
 
       すると 対岸(左岸側)に D社競技、ファイナリストの池●さんのお姿が・・ スグに川をキリ返し・・
 
  お話を伺うと・・ 来たばかりで・・ 掛からないねぇ~ といいつつも  いいサイズを抜いておられました。。
 
 その後は・・多少、中だるみ時間も長めとなりましたが カウンター数を見ると・・キリのイイ数まであと三尾・・!
 
   と言う事で・・ 夕マズメならではのピンポイントへ移動し ポツ・ポツ・ピロンと数を合わせ・・ 納竿です。。
 
イメージ 4
 
 数は【40尾】 型は8cm~19cmとかなり大きさにバラつきありでしたが・・ 午後出の釣りで数が出てくれました。
 
イメージ 5
 
  竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ                                         ハリス SL社 1号ソフト オモリ 0.5~2.5号
  2 / 60尾
 
   ※  前回トモで入った時に比べますと・・ 多少育った気もしますが・・ それでも平均は13cm・・?
             それと、前回 穂持ち(二番)の硬い竿を使用し・・ 水きりバレが多発したことを考え・・
       今回は持っている竿の中で 一番穂持ちが軟らかいモノを試しに使用・・! バレは半分以下に・・!
             軟い竿は操作時にまどろっこしさもあるのですが・・ 身切れは大分防げたように思います。。
 
  ※※  なお、明日(23日木曜)は相模屋さんの友釣り講習会により  SHIMANOの島 啓悟氏が
             相模川入りするとのことでした。。
 
 

  今朝の朝刊に・・ 昨日の高速渋滞の写真が載っておりまして・・ いわゆる高速1000円も・・ 終了・・・!
 
イメージ 1
 
         コノ高速1000円・・ 単純に(お出かけ等を)考えても かなりありがたいモノでしたし・・
 
  特に釣り人には遠征等 結構大きなモノでして・・ 実際には釣り場でも 日付が変わるのを計算して・・
 
  インター入りしてきた! なんて話も あちらこちらで耳にし ソレはソレで結構楽しんでいる様子。。 ただ・・
 
  このたびの高速1000円廃止・・ 理由が理由だけにしょうがない事とも思いますが・・ 少々残念な気も・・。
 
  あとは・・ ちょっと高いところで安定してしまった感のあるガソリン等も考えると・・ やはり鮎釣りは・・
 
  近場がメイン・・!? と言う事で・・ ほぼ相模川水系で決まり! と言った感じではありますが・・
 
  さてさて、実際にはどうでしょうか・・! いずれにしましても 程良く楽しめればと思っております。。。
 
  
 

    ココに来て・・ いろんなことが重なり コノ週末を最後に いわゆる高速1000円案もついに・・・!
 
    そこで・・ この高速1000円最後の週末を・・ 有意義に使おうと・・本日、兄と群馬方面へ・・。
 
    場所は 昨年同様、利根川本流・坂東橋周辺の戻りヤマメの様子見です。
 
    まずは 夜中のうちに餌の川虫(クロカワ虫)を現場調達しようと 川入り・・! しかし・・
 
    餌場の流れや石が変わっていて・・ 思うように数が揃わず 餌取りに苦戦していると・・
 
    浅場のトロ脇でバシャっと大型の魚が走り・・ ライトを向けると次の瞬間・・・
 
    魚は足元の石の間に頭から突っ込み 動かなく?動けなく?? なった様子で・・
 
    そっと虫採り用タモですくって見ると・・・ なんと戻りヤマメ・・! しかも50cmの惚れ惚れサイズ!
 
イメージ 1
 
   今年は(利根マスが)掛かると 平均して大きいとは聞いておりましたが・・ まさにおっしゃる通りで・・。
 
   この時点で 朝一の仕掛けサイズがワンランク太くなったのは言うまでもありませんが・・。
 
   そしていよいよ夜明け・・ 毎年ココでお会いする方々のお話では・・ 前日は群れが動いていたよっ!
 
   とのことで・・ 皆さん口ぐちに 今日は水(出水具合)もイイし・・ 出るでしょう!と ありがたい太鼓判・・!
 
   釣り場も こんな感じで程良い間隔の満員御礼状態!  中州を挟んで左岸側(←) と 右岸側(→)
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   こちらの皆さんは もの凄い上手な方々! それも今日はフルメンバーといった感じで・・
 
   聞いた話では・・ シマノの細山さんも何処かに入られていたとの噂もありました。 が、しかし・・
 
   期待の朝一は 並びで川鯉が五本掛かっただけで マスの反応は鈍く・・ タイムリミットの10:00まで
 
   粘るも 結局、兄・あたくし共に 利根マスのアタリは無く・・辛うじて掛かったのは このヤマメ一尾のみ!  
 
イメージ 4
 
   知り合いの方々も・・ 一日でこんなにも状況が一転・・  ただ、これがマス釣りなんだよねっ!
 
   確かに!! だからこそ 獲れた時がより一層嬉しく思い また出会いたくなったりもするのでしょう!
 
   本当に魅力のある魚です。。 ちなみにタモですくったマスは・・・(多少弱っていたのか・・?)
 
   頭部強打で回復も不可能となってしまい・・・ 今回はこのような形になりました!
 
イメージ 5
 
       流石にこの大きさともなると・・ 身色もサーモンピンクで・・ 本当に綺麗な色でした。。
 
 
 

                 鮎解禁の前は ずっと渇水状態だった相模川でしたが・・
 
         解禁後、 今度は一転して出水続き・・。  ただ 天候が回復し 数日照れば・・ 
 
 鮎遡上量はかなり多いので それなりに(小型鮎で)楽しめそうな気も・・ なんて想いつつ 依然回復待ち・・!
 
    そこで・・ 急遽、こんなジャンルのモノを 竿ケースから引っぱり出して来ました。! 本流竿です。
 
イメージ 1
 
        鮎も 今一つ本調子ではない事で・・ いちようこちらも用意だけはしておきましたが・・
 
        あとは、雨・出水具合・ダム放水量等 + 肝心なマスの遡上状況のタイミングで・・・
 
           ひょっとして出撃もあるかもしれませんが・・・ さてさてどうでしょう。。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
          そして此方が・・ 本日綺麗に咲いてくれた我が家のカトレア! が、しかし・・
 
         動かしている時にパキっと華芽が取れてしまい・・ この通り・・ 折角の大輪が・・
 
イメージ 2
 
  と言う事で こちらも急遽・・ 一輪ざしを用意して・・ 今回はこんな形で楽しもうかと飾ってみました。。
 

 今年の相模川は 鮎の遡上数がもの凄く・・ 自動的に小型化! と言うより・・ 極小化!今現在も6cmが・・
 
 そんなことで 今年はこんな話もよく耳に・・! それは、掛鮎を友舟に入れておくと 入水穴から逃げる!と・・
 
 ただ・・普段の釣りで起きることは特に問題でも無く 気にもなりませんが・・ コレが一尾を競う競技中・・
 
 (ダイワ以外、D社は10cm未満カウント外・・)だったりすると 極小でも一尾は一尾で 非常に痛いそうで・・。
 
 
 コレは、その友舟の中でも穴が大きいと言われている G社のジャイロ ジェット! (兄の愛用品ですが・・)
 
 コノ種は、水抜きのさい 穴から小鮎も抜け出すと言われているのですが・・ 本当の抜けだし穴はココ・・?↓
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  覗いてみると・・・ 奥の方に結構大きめの穴が4つ程・・・ 試してみると、小指くらいなら まるまる通る・・!
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    今の極小相模鮎は どうやらココから顔を出すらしく・・ 実際に兄も 数日前に相模川で行われた 
 
 ガマ関連の競技中 二尾 穴から出て行ったそうで・・ 今年の相模川競技参加の方は注意が必要ですねっ。
 
             きっと・・ 来月になっても 小指大の小鮎は掛かると思いますし・・・。。
 
 
 ※  6月16日(木)に高田橋上下流で予定されておりました第35回・G杯争奪全日本アユ釣り選手権は
   (水量が多いため平水+40㎝高の笹濁り)、6月30日(木)に延期となりました。 とのことでした。。

 今日も仕事後の二時間程を流し毛ばりを打ちに・・ 兄と川入りです! 場所はいつもの相模川・高田橋付近。
 
 現場に着くと 定連さんの姿もあり・・ お話では、午後から少し下のコロガシ区で コロガシを振り・・ 
 
 いい型が連発とのこと! 掛かった鮎も見せて頂き・・ そこには16cm~18cm程の型揃いが・・・!
 
 シモの平場には そこそこのサイズ(放流魚)が 纏まっているようすで・・・ コレがトモを追い始めれば・・!
 
 なんて思いつつ・・ 毛ばり開始です。 川の状況は 平水+30cm高で・・ 依然、水位も安定しない状態。
 
                    高田の一本瀬上の瀬肩もこんな感じです。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
            ココは今週、G杯予選が行われる為・・ 下見の方も数名入られておりました。
 
 
      しかし・・ 肝心の流し毛ばりには・・・ 最初の一時間、殆ど反応も無く二人ともポロポロ程度・・
 
      その後、暗くなる間際まで毛ばりを振り続けるも・・・ 何故か状況変わらずで・・・ 納竿です。。
 
イメージ 3
 
 
  数は44尾 (兄37尾)・・! 夕方の魚の跳ね方からすると・・・ 遡上鮎も、少し落ち着きがない状態・・?
 
       やはり、コノ所の毎日変わる川水位も 多少影響しているのかも・・? 知れませんねっ。。
 
 
 

  毎年6月の休日は・・早朝に草野球、その後は鮎掛けといったサイクルで過ごしておりますが・・
 
  いかんせん今年は鮎も小さく・・ まだ鮎釣り一色と言った雰囲気でも無いのが正直なところ・・!
 
  そんなこんなで、毎年 秋・冬に計画しているDisneyハロウィ~ンやDisneyクリスマスファンタジーを・・
 
  前倒しし? (ソレはソレでまた出撃? なんて予感もしつつ・・) Disney landへ行ってきました。
 
イメージ 1
 
 この日(日曜)は天気予報もぱっとせずで・・ 結果、人の出も Disneyイベント時のおよそ半分くらい?
 
  目安としては、ハニーがスタンバイで40分表示前後・・実質、30分くらいで乗り場までたどり着く・・
 
  そんな比較的 楽な状況。 そんな中、(娘&嫁はんが)一番楽しみにしていた4月オープンの・・
 
  シンデレラ城内に出来た フェアリーテイル・ホール! は・・ スタンバイで常に60分以上と・・・
 
  間違いなく本日、一番人気だった 女性陣憧れのプリンセスな世界! 一部だけですがこんなです。
 
イメージ 2
 
                        ちなみに我が家の娘も・・・デカイ足で何度も試しておりました。。
 
イメージ 3
 
                また、ココは・・ とある場所で写真を撮ると・・ 魔法使いのおばーさんに・・
 
   「魔法を掛けられたような写真が出来上がる?」 そんな仕掛けもあり なかなか良かったです。。
 
                       そしてこちらが・・毎回下の子のお気に入り グランドサーキット
 
           いつの間にかアクセルに足が届くようになっており・・ そのことに本人大喜び・・!
 
イメージ 4
 
   その後は いつものようにパレードを眺め(今はかなり小規模?) 夜まで目いっぱい遊び・・・ 
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                気付けば閉園時間(pm10:00)・・・! 朝一にはズラっと並んでいた立体駐車場も・・
 
                          この通り・・・ !   我が家の車を含め ほんの数台のみ・・!
 
イメージ 7
     
     流石にココまで遊べばもう十分!と思いきや・・・ 子供達(嫁はんも) まだまだイケる雰囲気・・!
 
     コノ地って・・・ あたくしで言う 釣り場みたいなモノなのか・・? 全然疲れを知らない所だそうで・・・
 
              とにかく長い一日ではありましたが・・ 楽しく過ごして来ましたよっ。。
 
 

            今日は午前中に仕事を済ませ・・ 家に帰るなり下の子が パパ 鮎つりに行こうよ! と・・
 
            その時は あいにくの空模様で雨もパラパラ状態でしたが・・ お昼を少し過ぎたころから
 
  空も明るくなり始め・・ それを見て支度を開始! 夕方の二時間程を子供達に釣らせようと想い川入りです。
 
  場所はいつもの相模川・高田橋付近! 川の状況は・・ 午前中の雨の影響からか平水+30高の薄濁りで・・
 
       まずは足場のいい所を選び・・ 竿を伸ばすも・・ 着いたそばから下の子・・・ う○ち~ とのことで・・
 
            スグさま草むらに駆け込み・・ なんとか事なきをえて・・ 無事に釣り開始・・!  その後は・・
 
  一投目から運よく二尾の鮎が毛ばりに掛かるなどして大慌て!下の子、ギュッと握り過ぎて鮎 即死状態・・!
 
イメージ 1
 
      しかしコノ直後・・・下の子が 初鮎に舞い上がったか・・ 恐れていた行動に出て 見事に川へダイブ・・!
 
イメージ 2
 
       幸いパンツ下程度で済んだものの長靴&ズボンはグッショリ・・ 釣り始めて15分でお着替え状態・・・!
 
     それでも釣り自体は 飽きない程度に釣れ続き・・・ 群れが入ると一時的に入れ食いとなる事もしばしで・・
 
                           終始 笑顔 ・ 笑顔 ・・!
 
イメージ 3
 
           結局、終わってみれば全部あわせて一束ちょっとの大漁・・! (およそ半分は子供達の釣果・・!)
 
イメージ 4
 
 子供達には初めての鮎釣りでしたが・・ 調子よく掛かってくれてホントに良かった! が 正直なところデス。。
 
                          使用毛ばりはこちら
 
 

        今日も仕事後に川へ向かい・・ 日没までの二時間程を毛ばりで叩いて来ました。
 
      場所は相模川・高田橋付近の分流です。 川の状況は・・ 平水+15cm~20cm程で・・
 
    解禁から続いていた濁りも ようやく回復し・・ 本流・分流共に、今季初めての澄んだ川底見でした!
 
     しかし、トモを引いている方の姿は 相変わらず少なで・・ まだ本調子とは言えない状況か・・。
 
    そんな中、流し毛ばりには丁度良いくらいに湿度もあり 上(水面)での反応も良さそうな雰囲気・・
 
    こんな感じの所から打ち始め・・・・ 一投目から幸先よく ピチャン クククっと毛ばりに・・・!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         今日は 風も弱かったことが影響してか・・ あちらこちらで小鮎の跳ねも頻繁にみられ・・
 
         その中には・・ 最初に入れた放流モノと思われる16cmサイズの姿もちらほらと・・・。
 
   そんな好反応が日没まで続き・・ 暗くなる間際 毛ばりにしては上出来なサイズも混じったところで納竿。
 
イメージ 3
 
            数は131尾 多少育った気もしましたが・・・ 気のせいかもしれません。。
 
                             使用毛ばりはこちら
 
※ 帰り際・・ 毛ばりの定連さん達が 下のトロのドブ釣りでイイ型が上がり始め・・ とおっしゃっておりました!   水が澄んできたことで ドブの反応も良くなったそうですが サイズ的には放流モノも居ると思われますし・・・
   今後、コレがトモを追い始めれば・・・ オトリも回り 面白くなりそうな気もします! しかし明日からまた雨・・
   ダム放水量も気になるところですねっ。。
 
 

             先日の毛ばり釣行時は 気温も低かった事も影響してか・・・ 
 
        夕方の良さ気な時間もポツポツ程度で・・ なんとも渋い反応・・ そして日没間際・・・
 
             ようやく順調に掛かり出したところで・・ 今度は暗くなり納竿・・・! 
 
      コレもまた流し毛ばりの面白いところなのですが・・ そのシブい時間帯にあって・・
 
            唯一反応の良かった毛針! というよりも・・ コノ一本の毛針で
 
       今回は殆どの鮎が釣れたとも思えるほど 鮎が色を選んで喰ってきた気も・・。
 
      そんなこんなで・・・ 活性の低い時にも役に立つアイテムとして・・ 一種、追加巻きです。
 
イメージ 1
 
       パターンは赤ラメベースに・・ 黄色を数本使った ココ数年のお試し改良型流し毛ばりで・・
 
イメージ 2
 
     今回は 10本程、こんな感じに仕上げまして・・ 条件次第では早々に出番がありそうな雰囲気!
 
 使い方は 地味な色の間に数本混ぜ・・ 少しだけ目立たせる程度ですが・・日によっては効果が出そうです。
 
 

        今現在の相模川は・・ ダム放水量が多めで 6月の解禁当初から続いている増水も
 
          未だ変わらずと言った状況・・ 川の所々にある いつもは水の無い段差も・・
 
  いたるところで遡上中の若鮎の姿がみられ・・ 魚もかなり動いており・・ その鮎量も相当なモノ・・!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     ただ・・ 今年の相模川の遡上鮎は 秋までに、一体どのくらいの大きさまで育てるのだろう・・?
 
     元々相模川は・・ 天然遡上がそこそこの年の終盤も 天然魚は25cm止まりが殆どで・・・
 
     それ以上の良型は・・ やはり 放流モノが育ったものと確実に解る個体も少なく無く・・
 
  自身も25cmか25.5cmと言うのが天然魚では一番大きい部類のような気も・・ ただコノ大きな河川で・・ 
 
 育たないわけはない とも思えるのですが・・。 そこで大きさを逆算して考えると・・石(苔)を食むようになった
 
  鮎は 一日1mm育つと言われ・・ 一ヶ月で約一寸計算となり・・ 大河川等 例外もあると思いますが・・
 
  ココ相模で一般的な、4月に6cmで川に入った稚鮎が 今時期の6月・・丁度12cm程・・ と言う事になる・・?
 
   コレは先日の毛ばりアユですが・・ 大きさ的には ほぼ合うサイズと+-数センチの天然個体・・・!
 
イメージ 3
 
          そうなると・・ 天然個体は9月でおよそ21cm・・ 10月初めには24cm前後・・
 
        と言うのが やはり良型の部類かも・・? 後は・・・  釣り人も多く入る川ですし
 
  育った鮎から釣れてしまう性質を持つ魚を考えると・・・ 一番差しの天然個体・・ 今年も手強そうですね。
 
  それと・・・ まだ6cmと言う大きさが・・ 足元にうじゃうじゃおりますし この先もまったく読めない気がします。
 
 
 
 

          本日も 仕事後にそのまま川へ向かい・・ 日没までの二時間程 鮎毛ばりを打って来ました。
 
        場所は前回同様 相模川・高田橋付近です。 川の状況は 先日の川入り時よりも若干高めの・・
 
                    +25cm~30cm高と言ったところ・・ こんな感じの所(分流)から釣り始めデス。
 
イメージ 1
 
  このところずっと濁っていた相模の水も だいぶ回復し・・ 目の前のヒザ下水深では いい垢も着き始め・・
 
   石色を見る限り そろそろトモも活発に追い出しそうな・・? なんて思いつつ・・ 毛ばりを打ち始め・・・
 
   しかし、最初の一時間はポツンポツン程度のなんともシブい状況・・ 今日は気温も上がっていない事と・・
 
         おまけに風が強いのも重なってか毛ばりへの反応もかなり鈍く・・日没までで73尾。
 
イメージ 2
     
    ただ、そんな中にあって・・ とある色の毛ばりにノミ この状況でコンスタントに掛かって来るという
 
  面白い現象が今日はハッキリと現れたことで・・ 今後の毛ばり巻きにも役立つ出撃だった様に思います。。
 
                   使用毛ばりは毎回同じ・・ 自作流し毛ばりです。
 
 

       あたくしが相模川に鮎を引きに行くさい・・ 毎回利用させてもらっておりますオトリ屋さんは・・
 
    下地区の高田橋周辺でしたら【相模屋・田奈店】 上地区では【上大島囮販売所】となるのですが・・
 
   相模屋さんの場合・・ 昨年、一昨年は 養殖2本購入時 メンバーカード提出や次回用 囮券配布等で・・
 
            オトリ一本おまけ(一本購入はおまけ無・・)と言う特典も付いていた。
 
       そして今年はスタンプカード! との事で・・ 前回の川入り時、このようなモノを受け取りまして・・
 
イメージ 1
 
                       開いてみると・・ 押し印まで鮎・・ ! 
 
イメージ 2
 
             それもなかなか良いデザインとなっておりました。。 詳しくはこちらを↓
 
                    【相模屋鮎スタンプカードご利用案内】
  •  相模屋のスタッフにスタンプカードを提示下さい。ご本人のみ有効です。
  •  鮎1匹(500円)お買上げ毎にスタンプを1つ押印致します。
  •  4つスタンプが貯まりますと、鮎1匹をサービスでお渡し致します。
  •  4つスタンプが貯まった時点でご使用頂けます。
  •  スタンプカードを忘れた際の後日押印は致しませんので、
     お忘れのないようお気を付け下さい。
  •  紛失やスタンプが消えてしまった等、カードを破損された時は、
     再発行は行いますがスタンプはゼロからとなりますので、ご注意下さい。
  •  相模屋のみで使用可能なカードです。他のお店ではご利用頂けません。
  •  32個スタンプを集めて特典を受けられた際に、このカードは回収致します。
  •  スタンプカードを有効期限は、1シーズンのみとなります。    とのことでした。。
※ ただ今、相模上のダム放水量・・ また少し上がってる?・・・・・ なんて、ふと思ってしまいましたが・・・
     50t超え・・・ およそ30高くらいかなっ? 濁りも考えると 条件的にはもう少しと言ったところですかね・・。。
 

       今日(日)は 早朝から草野球を一戦終えて・・ その後はごく普通の休日を過ごし・・
 
   日没前の二時間程・・ 兄と相模川へ流し毛ばりを打ちに・・ コレが最近のナガレのような・・?
 
   場所は前日同様 高田橋付近・・ 河原に止まっている車(知り合いのも含め)の台数を見る限り・・
 
 たくさんのスゴ腕友師の方々が 事実上の解禁日を本日迎えた様子!皆さん競技の下見も兼ねてかなっ??
 
            そんなこんなで 今回は本流から分かれた分流へ二人で入ることに・・・
 
       川の状況は 平水+20cm程で昨日よりもいくらか澄んで来ている他は 殆ど変化なし・・。
 
   ただ天候としては・・今日の方が湿度もあり 毛ばりへの反応もいいのでは?  と思いながら・・・
 
 兄) ウエーダーも履かずに真夏のような短パン姿で こんな感じの所から打ち始め 幸先よくポツりポツり・・
 
イメージ 1イメージ 2 イメージ 3
 
            下側に並ぶ形で入り・・ 日没までの約二時間 二人ほぼ同じペースで・・・
 
                      終わってみれば・・ 兄) 141尾  ・  あたくし) 150尾・・ ↓
 
イメージ 4
 
  この釣りで・・ コノ差はあって無いようなモノでして・・ ともにイイ感じで入れ食いだったように思います。。
 
                    使用毛ばりはこちら 二人とも同じものを使用。
 
     今月中は 手軽にできるコノ釣りがメインになりそうな気がして来ましたが・・ さてさてどうでしょう。。
 
 

      今日(土曜日)は 通常通り午前中は仕事・・ そして午後、好天気と言うこともあり 川へ・・
 
            ココ数日の流れでは夕方の お手軽毛ばりがメインとなっておりましたが・・
 
          本日は 多少早目に川入りが出来そうなので・・ 今季初めてトモでも引こうかと・・
 
     pm2:00から川入りです。 場所は相模川・高田橋下流の一本瀬付近! まずは右岸に川をキリ・・
 
          下に入られた鮎師、約10名の様子も一望できる高い位置から釣り始めです。
 
イメージ 1
 
   川の状況は・・ 平水+20cm高・・ 濁りは、ヒザ下水深で底石が確認出来るくらいの濁り具合・・!
 
   まずは瀬肩のザラザラから囮を入れ・・  強風で何の変化も感じないまま 養殖囮が流され始め・・
 
  よく見ると・・ 囮の後ろで なにやらシロいものがピロピロしているといった状態の・・ 今季、友の一尾目!
 
イメージ 2
 
         養殖囮がすごく大きい訳ではなく・・ 天然遡上が・・ なんとも小さすぎる・・・!
 
        この時期の 釣り始めに一番苦労する 最初のビリアユとり・・ コノおよそ10cmにも・・
 
         色の良いうちは何としても尾を振らせ 泳いでもらうのが ビリの湧いた年の絶対条件・・・?!
 
    左) その後、スグに同サイズをショッテ来て・・         右) 次はさらにサイズもダウン・・・!
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         ザラザラの中は コノ状況がしばらく続き・・・ 今度は左岸の瀬落ち付近に移動・・ 
 
         各筋をサワリ程度に探っていくも・・ 状況はそれほど変わらずで・・ 友は納竿・・!
 
イメージ 5
 
  掛け鮎は【20尾】 およそ三時間の釣りでしたが・・友も良いスタートとなりました。(チビッこいですが・・)
 
         竿 D社 競技 T 中硬硬 95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号
                                    マルチ 7.0号 四本イカリ オモリ 0.5~0.8号 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
               そして・・ pm5:30からのもう一つの楽しみ・・ 流し毛ばりです。
 
        今回は水位の変化から・・ 前回とは違う場所を選び・・・ 日暮れまでに76尾を追加・・!
 
イメージ 6
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     合わせて一束弱と言ったところですが・・ 友と毛ばり・・ 釣れてくるサイズは ほぼ同じでした。。
 
※ 鮎の大きさや遡上量を見る限り・・ H20年にそっくりですねっ! 6月中の友釣りは魚も育たず・・ 
   囮を回す面でかなり苦戦しそうな雰囲気・・! それと囮サイズ(人工産)が掛からない所を見ると
   台風二号でいくらか流れたかなっ? 平場には居るのかな? なんて思ってしまいました。。 
 

                          今日は兄と 仕事後の二時間ほどを 流し毛ばりで遊んで来ました。
 
                             場所は前回同様 相模川高田橋付近です! 川の状況は・・
 
                      前回の時(+50cm高)よりも大幅に水位は下がり・・ +20cm位の濁りあり・・
 
                     上のダム放水も やや絞ったようすで・・放水量は40t前後といったところ・・!
 
                  足もとの浅い砂底ではいくらか透明度も出始め 列をなして泳ぐ遡上若鮎の姿も・・・!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                   しかし・・ 水位が一っ気に落ちた事が影響してか・・・ 
 
                        毛ばりへの反応は弱く 結構苦戦・・・
 
             その後も・・ あちらこちらと少しずつ立ち位置を変えながら様子を見て・・
 
     暗くなる間際・・ いくらか活性が上がり パタパタっと掛かったところで日没納竿となりました。
 
イメージ 3
 
      数は111尾・・ 兄も丁度半分くらい・・?で ゆうマズメの短時間毛ばりを 楽しんで来ました。。
 
                     使用流し毛ばりはこちら 二人とも同じです。
 
    ※  いよいよ友にも 良さ気な水位となり・・ コノ週末が事実上の鮎解禁と言った川状況でした。
 
 

    先日の相模川、毛ばり釣行時・・ 高田橋周辺の(今年の)流れも ある程度確認しておこうと思い・・
 
     あちらこちらと 一通り眺めておりましたが・・・ 結局、増水中で濁りも強く・・ 澄み待ちの状況・・!
 
  ↓は・・高田の橋上の左岸分流(ホソ)・・ 右写真はヨシ草向こうが本線ですが ホソ側も結構な水勢でした。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        この時点でのダム放水量は 後の調べで 90t程・・ 水位は約50cm高と言ったところ・・
 
             そんな中・・ 上の堰では 何度も堰堤超えを試みる遡上アユの姿も!
 
      デジタルズームで画像も悪く・・ 肝心の飛鮎もハズシた感はありますが・・↓ 辛うじて・・!
 
イメージ 3
 
              ただ・・ 友を引くには 正直・・ もう少しかかりそうな雰囲気・・・
 
              あとは・・ 一度底状況が分かる程度に澄み 気温も上がれば・・
 
             遡上は良いので 楽しめるのではとおもいますが・・ どうでしょう。。。 
 
 

                          本日、1日は ココ相模川水系もいよいよアユの解禁日・・・ と言う事で 
 
          午後から時間をつくり・・ 相模川の様子を見に行ってきました。 場所は高田橋上下流です。 
 
         川に着くと・・ ファイナリストのM子さんも川見に来られていて・・ お話では 先日の台風の影響で・・
 
            およそ50~60cm高くらいだねっ! とのことでした。 車止め脇のホソもこんな具合・・。
 
イメージ 1
 
    いちよう車には 友の用意もしてあったのですが・・ コノ状況では 流石に友を引く気にはなれず・・
 
      少しの間はあちらこちらと濁った川を観て歩き・・ 良い時間になったところで流し毛ばりの支度を・・
 
           一ヶ所目では・・ ハヤとヤマベの猛攻に合い 早々に場所を移動・・! 
 
      その後は 若鮎の溜まりを探しながら 数ヶ所を点々とし・・ 多少水が落ち始めた4:30頃から・・
 
                        イイ感じでパタパタっと掛かりだし・・
 
イメージ 2
 
                     おおよそ二時間・・ ほぼ入れ喰い状態・・・!
 
イメージ 3
 
        腰につけたカウンター数も 気付けば・・400超!  初の四束達成となっておりました!
 
                        ザル三杯分で・・ 正確には403尾。
 
イメージ 4
 
       毛針アユですので全般に小型が多いですが 遡上数はもの凄く・・ まさに前評判通り・・!
 
        増水・濁りの解禁ではありましたが・・ 鮎釣りそのものは 良い'11スタートとなりました。
 
           ただ、コレを見る限り・・ 今シーズンは 終盤になっても・・ ビリっこいような雰囲気でした。。
 
                            使用毛ばりはこちら
 
     ※ 川入り時のダム放水量は100t超で 水位は50~60cm高でしたが・・
        帰り際は およそ15cm 水位は落ちたと思います。 ただ現時点のダム放水量は
        依然、81t(40cm高)となっておりますので・・ 川入りの際は十分気をつけて下さいませ。。
 
 

                              日付は変わって・・ 本日 6月1日はココ神奈川県の鮎解禁日!
 
                            いよいよ鮎も始まりまして・・ 道具類だけは用意をしておきました。
 
イメージ 1
                        
               あたくしはと言いますと・・ 平日解禁ですので 残念ながら・・・!
  
        ただ気になっているのは・・ 先日の台風二号の影響で相模川の水位もドンと上がり・・
 
        一時はメーター超えまで達っしまして・・ まだ とても友を引ける状態では無いと予想・・
 
       急遽、こっちの用意もしておきました。 昨夜、追加で巻いた・・流し毛ばりの一セットです。。
 
イメージ 2
 
  しかし、今現在も上のダム(城山)の放水量は・・ 100tを超えておりますし・・ 少しの間は厳しそうですねっ。
 
流し毛ばりに至っても 何とも言えないというのが正直なところで・・ どちらにせよ川の回復待ちになりそうです。
 
 
 
                ※ なお、相模アユの放射能濃度検査結果については・・ ※

 相模川水系のアユについて、神奈川県衛生研究所において
 放射能濃度検査を実施致しました。その結果、安全であることが確認されました。
 本年は天然遡上のアユも多く、人口産あゆの放流も順調に進み、安心して釣りを  お楽しみください。 
相模川漁業協同組合連合会   とのことで一安心でした。。
 
 

このページのトップヘ