鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2011年08月

                               ココ相模川の鮎時期も 残すところ一ヶ月半となりましたが・・
 
                               コノ終盤に来て・・ やはり気になるのが 台風12号の動き・・!
 
                       30日(深夜)時点での進路図は このように・・ かなり心配な角度で北上・・
 
イメージ 1
 
                 今現在のダム湖の放水量も・・60t超え(城山ダムで)の およそ+30cm高ですし・・
 
         今後、さらに降るとなると・・ もう、今季は出水・濁りが回復しないまま終わりそうな雰囲気・・!?
 
   ただ・・ 鮎はまだまだ小型の天然魚が殆どですし 少しでも水さえ引けば・・ と思っておりますが・・
 
       どうなるでしょう・・?!    いずれにしましても・・ 大きな被害が出無い事を祈りたいです。。
 

       今日(日曜)は 早朝より草野球を一戦こなし・・ 一休みした後、pm1:30ころ 増水中の相模川へ・・。
 
       ココは先日の出水の影響で・・未だ+40cm高と言った状況・・! まずは各場所の様子を見て回り・・
 
     竿の出せそうな所を探すも・・ 実際に河原に立ってみると かなりの水勢と濁りで・・ 半ば諦め気味・・。
 
    本来なら きっと竿は出さず・・ 釣り具屋さんめぐりをして帰るパターンなのですが・・ 今週は台風接近・・
 
        それも、台風の進路次第では・・ 前回同様 約半月の強制禁漁なんてことにも なりかねない・・。
 
              と言う事で・・ 迷った末、囮を手に入れ・・ 高田橋下流・一本瀬付近へ川入りです。
 
       今回は安全第一を考え・・ 川は切らずに左岸を下り・・ 途中はこのような具合となっておりました。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      まずは手前スジに手を入れて・・ 垢の飛びを確かめ・・ 予想通りの真っ白状態を確認・・!
 
              その後は・・ 石裏のユタに囮を入れ 衝突的に白ビリアユを拾い・・
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 野アユが数尾揃ったところで・・ 今度は流れのスジに ただ囮を置いていくような釣りで同サイズを数尾・・!
 
イメージ 6
 
    しかし、その直後・・ 目印がカツン! と入り・・ ギュンとした後にデカい尾がバシャンバシャン・・・! 
 
  スグに川ゴイと解るソノ大きさは・・ およそ65cmクラス・・! しばらくは耐えていた水中糸もあえなくパチン!
 
   ただ こんな条件の中・・ 鮎の顔が見れただけでも十分と言う事で 仕掛けを張り替える事無く納竿です。
 
         数は【13尾】 型は16cmまでですが・・ コノ濁りの中、良く掛かってくれたと思います。。
 
イメージ 5
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                           オモリ 0.8~1
 17 / 633尾                                                    +背バリ
 
※ 今回の増水・濁りも(特に濁り) 長びきそうですが・・ あとは台風11・12号の動きも気になるところです。。
 
 

                      夏休み気分も まだまだ抜けきらないと言った 我が家の子供達でしたが・・
 
              この八月最後の週末を利用して・・ 本日、向かった先は・・ ココでした。。
 
                     岡本太郎美術館です。
 
イメージ 3
 
     岡本太郎さんと言えば・・ 80年代にテレビ番組やCM等で発した・・ 「芸術は爆発だ!」 が・・
 
   やはり印象に強く・・ 館内を回っている間じゅう・・ 「爆発だ」 の文字が頭をグルグルしておりまして・・
 
 出口にたどり着いた時には・・ 何故かもの凄く疲れていた!が正直なところでしたが・・ 子供達は元気元気。
 
  ↓は・・ 大阪万博のシンボル「太陽の塔」の小さいの! と ↓ 美術館のシンボル「母の塔」 大きいデス。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    ココは・・ 今、丁度 上の子の学校の授業(テスト)範囲と言う事で・・ 足を運んだ次第ですが・・
 
   下の子にココの絵は難しく・・ どちらかと言うと・・ 展示されていた汽車に興味深々といったところ・・。。
 
イメージ 4
 
        心配された天気も なんとか持ってくれまして・・ 子供も楽しめた一日でした。。。
 
 

     鮎釣りの最も面白い時期としてあげられるのが このお盆過ぎからの いわゆる後半戦・・!
 
  本来ならココ相模も、掛けバリ・ハリス類の番手を上げていき・・ そろそろチラシなども多用し始める頃
 
  しかし今季は・・ 「湧き鮎+出水+濁り長びき・・」 などなど 昨年・一昨年とはまるで違った川状況・・。
 
  掛かってくる鮎も未だに 6月を想わせるビリ鮎混じりで 予想して組んでおいた四本イカリも少なに・・。
 
    それと、気になっているのが台風11号と12号の今後の動き・・! すでにダム湖は放水を始め・・?
 
     今現在の相模水位は +1m 近い出水に・・! そんなこんなで・・ もし川が回復したとしても
 
                また鮎が小型化しそうな雰囲気・・!? と 言う事で・・  
 
             この時期としては異例となる ビリ鮎対策イカリの追加巻きです。。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 今年は・・ なんとなく この状態のまま終盤まで行きそうな気もしてきましたが・・ さてさてどうでしょうか・・。。
 
 

                今日(24日)は お昼頃からの川入りです。 場所は相模川・高田の一本瀬付近・・!
 
                川の状況は・・ 平水+10cm高 → のちに ほぼ平水位・・の 深部でやや濁り・・?
 
     まずは対岸に川をキリ・・ 途中の濁り具合はこんな感じで・・ ヒザ下は かなり澄んで来ている様子。
 
 又、下の平瀬~次の瀬肩付近は 本日も大変賑わっておりました。 ズームなし映像で少し遠いですが・・!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは朝から入られていたTざわさんに状況を伺い・・ お話では、手前スジはビリっこいのがポツポツとのことで
 
      それを聞き・・ 多少流れの効いた所から 養殖にタマを抱かせ・・ 白っぽい野アユを数尾確保・・! 
 
イメージ 3
 
 その後は・・ タマを足しながら前へ出て・・ 芯部を一通り探り・・ 途中、7号イカリがアタリで折れる事も・・!
 
  多少傷ついていたのかなっ・・? なんて想いつつ・・・  急遽、三本チラシを投入して20cm超えの連荘・・。
 
イメージ 4イメージ 5 イメージ 6
 
    感じとしては・・ 濁りの効いたところで型が良く・・ 手前スジの澄んできた付近は やや小ぶり・・!
 
             と言ったところでしたが・・  いかんせん強風のためサバキもしずらく・・ 
 
             おまけに雨も降り始めたところで・・ 良い時間を前に納竿となりました。
 
            数は【40尾】 型は 22cmまで・・  今年一番の型揃いだったように思います。
 
イメージ 7
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                           オモリ 1~1.5
                   瀬の中は・・ つまみ0.6号 マルチ7.0号・大鮎9号3本チラシ オモリ  1.5~3号
 16 / 620尾                                                    +背バリ
 
 
※ 現場でのお話では つい先日、下地区(石切り場)に 成魚(多少ザラザラ個体)を入れたとのことでしたが・・
   一本瀬は一尾も混じる事無く 全てキメの細かないい個体でした。。
 
  

   今季の鮎釣行は出水・濁り等もあってか・・ 例年に比べ、前半(お盆前)の川入り回数も少なめで・・
 
  回数にして約5~7回(半日計算ですが・・)少なかったように思いますが・・ そんな中で、前々回の川入り時
 
   サイズはともかく 数は出てくれまして・・ 解禁当初に予定していた尾数(おみやげ用等)も揃えられ・・
 
    我が家の冷蔵庫の冷凍室&鮎用冷凍庫も なんとか無事に満タンとなりました! こんなです。。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  総尾数も・・ 気付けば昨年の尾数をすでに超えており・・ 釣行回数の割に良く掛かってくれている!が・・
 
  正直なところ・・。 また、お盆明けからの いわゆる後半戦は・・ 川で少し試してみたい事も二つ三つ
 
       ありまして それを試しつつ・・ 時間を見つけながら・・ 甘露煮やヒラキ等にする作業も・・ 
 
                        少しづつ進めて行きたいと思います。。
 
 
 
 

   今日(20日)は 甲子園の決勝をテレビ観戦した後に・・ pm1:00過ぎから川入りしてきました。
 
   場所は相模川・高田橋下流 一本瀬付近です! 川の状況は、平水+15cm → 後に20cm高となり
 
    濁りも・・ 前回の川入り時より多少強まったようす・・。 川キリ途中と下の平場はこんな感じでした。
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     まずは右岸側で野アユを獲り 前回同様、流れの効いた瀬を一通り探るも・・ 水位の変化と
 
    気温の一気下がりで予想以上に掛かり場が悪く・・ 口掛かり眼掛かり・・・腹掛かりの連発・・!
 
   通すスジも 水位が上がった事で・・ 前回の所(芯)までは竿が差せず・・ 早々に対岸へ小移動・・。
 
イメージ 3
 
              左岸側では、流れへの出し入れで 元気な白アユを数尾確保して・・ 
 
イメージ 4
 
 その後は、再度右岸側へ川をキリ・・ カケ上がり付近を少しずつ引き上げながら探って 小ぶりの連荘・・!
 
     感じとしては・・ 浅いザラザラの中や平場の小さな変化等で反応も良く・・ その共通点で数尾・・。
 
         そして夕マズメ・・・ 掛け尾数も、丁度キリの良い数字に達したところで 納竿です。。
 
        数は【50尾】 型は19cmまで。 前日との気温差が激しい中・・ 良く掛かってくれました。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                           オモリ 1~2
 15 / 580尾                                                    +背バリ

     最近では午後出の釣りが殆どで 気温もその日の一番高い頃からの川入りが多く・・
 
   前回・前々回の川入り時などは 異常なほど暑く感じ水に浸かっていても・・とにかく熱かった。
 
    そんな状況の中・・ やはり気をつけたいのが熱中症対策! と言う事で 最近はコレです。
 
イメージ 1
 
   今年は猛暑+節電等で・・ ずっと品薄になっていた商品(MAGI COOL)でしたが ようやく手に・・。
 
イメージ 2
 
   使い方は 水に浸けて膨らんだら首に巻き・・ 冷えが弱まったら又 水に浸けるといったモノ!
 
  ちなみに昨年はこちらでしたが・・。 あたくしの使用法は昨年同様クーラーに氷と一緒に入れておき
 
  帰りの運転中、首に巻く事が多いです。 いずれにしましても無理をしないのが一番かと想います。。
 
 

          今日(17日)は pm1:00頃から川入りしようと想い 相模に向かっている途中・・ 携帯が入り・・
 
   伺うと トーナメンターのTざわさんから「今、相模です!今日は川入りですかっ?囮獲ってありますよ!」 
 
     とのことで・・・ お言葉に甘えて 手ぶらで現場入りして来ました。 場所は高田の一本瀬付近です!
 
     まずは右岸に川をキリ・・ 途中、平場の濁り具合はこんな感じで・・ 下の平場も賑わっている様子・・!
 
イメージ 1
イメージ 2 イメージ 3
 
 
 早々に囮を分けて頂き(感謝・感謝) 流れの効いた所へ移動・・ 一流しでガツン・続いてうまいこと連荘・・!
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
            その後は、ほぼ平水位に戻った瀬の中を タマを足しながら一通り探り・・ 
 
     感じとしては・・ 底に入ればスグにガツンと言ったところで・・ 一まわり大きめのサイズも連荘!
 
イメージ 6
 
 
          そして期待のゆうマズメ・・ 二人並んでマズメポイントにスタンバイ! しかし・・
 
                   派手な入れ掛けは無く・・ ポツポツ程度で納竿です。
 
        数は【41尾】 型は21cmまででしたが・・ 芯の魚は平均してサイズが良かったです!
 
イメージ 7
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                           オモリ 1~1.5
                   瀬の中は・・ つまみ0.6号 マルチ7.0号・大鮎9号3本チラシ オモリ  1.5~4号
 14 / 530尾                                                    +背バリ
 
   ※ このところ続いていた泥濁りも 多少薄くなり 追う鮎も川全体に広がってきたように想います。。
 

                      残暑お見舞い申し上げます
 
           
          まだまだ暑い日も続きそうです! お体には十分気をつけてくださいませ。。
         
            
 
         ちなみに我が家・・ このところは コレばっかりです!  自家製の ところてん
 
イメージ 1
 
    今年は 材料となる天草を 春先にたくさん譲り受けておりまして・・ 度々このように煮込んでは・・
 
                 天草を絞り・・ こんな具合に綺麗なアメ色の状態に・・・! 
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    コレをカタに流し込み・・ 数時間冷やして固まったら あとは好みで フルーツあんみつ風にも・・
 
イメージ 4
 
       作り途中は とにかく熱い作業ですが・・ 出来上がると多少涼しさも感じられる食べ物で・・
 
 今回は 真空冷凍しておいた平鱸も解凍しタルタルひらバーガーも添え・・ こんな感じに出来上がりです。。
 
 
 
 

                  ココに来て・・ とにかく暑い日も毎日続いておりますが・・・
 
       この暑過ぎる程の好天気を利用し 梅でも干そうかと・・ 漬けてあったモノを出して来ました。
 
  正直・・ この時期まで天候も安定せず 本来なら梅雨あけ頃のはずが のびのびになっておりまして・・
 
イメージ 1
 
 今年は、紀州・南高梅 3kgと 紀州・普通梅 2kg それと今回は、甲州小梅(カリカリ梅)も2kg程の 計7kg!
 
 
イメージ 3
 
 
       昔から 梅は毎年漬けるモノ! と聞きますし・・ コノ暑い時期の程良い塩分補給や・・
 
  釣り用のおにぎり等にも梅干しはありがたいモノ! と言う事で・・ まずは干す前のを一つ二つ味見です。。
 
イメージ 2
 
                後は三日三晩干し上げ・・ 出来上がりとなりそうですが・・
 
              今回は、小粒のカリカリ梅がよく出来ていたようにおもいます。
 

   今日も厳しい暑さの中・・pm1:00頃から川入りして来ました。 場所は相模川・高田の一本瀬付近です!
 
 川の状況は、やや高の平水で 依然、濁りは残っているものの 浅場の石色はまずまずと言ったところで・・
 
  水色・石色は こんな感じです。 石には およそ17cm~18cm鮎のハミ痕も しっかりとのっておりました。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   まずは右岸に川をキリ・・(↑の写真は渡り途中の濁り具合) 手前スジで野アユを数尾確保してから
 
   多少 流れの効いたザラザラへ移動・・ 数尾掛かるごとに一歩づつ前へ出て 瀬の中も一通り探り・・
 
 時折連荘! しかし、大きさ的にもバラつきがあり ビリ鮎や腹掛かりで少し時間が空くといった状況・・!?
 
             その後は、動ける範囲で広く探り・・  まずまずのサイズも混じり始め・・
 
イメージ 3
 
 
 期待のマズメ時は 手前スジを中心に探りを入れ・・ 小ぶりの白アユが立て続けに連荘したところで納竿。。
 
  数は【40尾】 型は12cm~20cm 依然、サイズはこの程度ですが 良く掛かってくれていると想います。。
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                           オモリ 1~2.5
 13 / 489尾
 
 

             今日は朝から一通りのお盆行事を済ませ・・ 一息ついたところで 
 
            向かった先は川では無く・・ 休み前から計画されていた ココでした。。
 
イメージ 1
 
    今回は3D映像と言う事で専用のメガネもかけ・・ 子供達(特に嫁はんも) 喜んで観ておりました。
 
 
   その後は 甲子園の関東対決をテレビ観戦しながら のんびり過ごし・・ その間、鮎仕掛けも少々・・。
 
        そして夕刻時、花火の準備をしながら庭先を見て回り・・  家庭菜園の様子も・・。
 
               本日の収穫は、完全に見落としていて育ち過ぎた感のある・・
 
         地這いキューリやピーマン等々と およそ3kgに育ったスイカ・・! こんなです。。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       それからは 夏らしく花火を楽しみながら・・ 最後に冷やしておいた↑のスイカも用意・・!
 
イメージ 4
 
 
  スイカは あまり冷えていなかった・・! が正直なところでしたが・・ コレはコレで良しだったと思います。。
 
 

 今日(11日)も 前日に続き・・ pm2:00頃から川入りして来ました。 場所は相模川・高田の一本瀬付近です。
 
ココ数日は、川(濁り)も回復し始めた事とお盆休みも重なってか 数名の方が竿出しされ楽しまれている様子。
 
   まずは対岸へ川をキリ・・ 昨日の釣行時にずっと気になっていた所へ・・・! キリ途中はこんなです。
 
イメージ 1
 
 川の状況は、平水+10cm高の濁りありで 水位に若干の違いはあるものの・・ 川条件は昨日とほぼ一緒・・。
 
  しかし・・ 天候に大きな違いがあり・・ 行き途中の車の温度計はすでに40℃を表示・・! とにかく暑い・・。。
 
そんな中、 竿を伸ばしてスグに あろうことか・・ 一番心配していた積乱雲が頭上で湧き 風向きも変わった!
 
 結局、一流しも出来ないまま川をキリ返し・・車へ逃げ込んだ時には ピカッ バリバリ・・ ザアぁー状態・・。
 
イメージ 2
イメージ 3 イメージ 4
 
 
   その間は、並びの方々と話をしながら およそ一時間半 車で待機・・ 朝からの方々は見切りをつけ
 
 上がられた頃・・ ようやく雲もきれ いくらか涼しくも感じ・・ 迷った末川入り! その後は時間も短いので・・
 
    良いにつけ 悪いにつけ・・ 結果の出るのも早そうな 流れの効いた瀬に入り・・ うまいこと数尾・・!
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    その後は 手前のヨレや小さな変化等を細かく探り・・ パタパタっと連荘したところで納竿です。。
 
        数は【25尾】 型は11cm~20cm 短い時間でしたが 良く掛かってくれたと想います。
 
イメージ 7
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                           オモリ 1~2
 12 / 449尾
 
 

    今日(10日)は お昼過ぎからの川入りです! 場所は相模川・高田橋下流の一本瀬付近・・!
 
     まずは車止めから釣り場付近を遠目に眺め・・ 三名程が竿出しされているのを確認・・ 。
 
  早々に身支度を整え現場入りすると 濁り・出水を好む? Wさんとお仲間さんが入られており・・
 
    状況を伺うと・・ 小イワシみたいなビリっこいのが・・ とのことで・・ 少し離れて竿出しです。。
 
  川の状況は・・ 平水+20cm高の濁り強? 先日よりもいくらか良い程度・・?? まだ こんなですが・・。
 
イメージ 1
 
   最初は 流れ手前のいくらか底石の見えそうなスジに養殖を入れ・・ カケ上がり付近で待っていると・・
 
       白ビリ鮎がキュンと掛かり・・ 続いて同サイズが連荘し・・ 時々は 多少のサイズUPも・・!
 
イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 このあとは・・ 立ち位置を少し変える程度で あまり広くは探らず・・ 10メートル程の距離を行ったり来たり・・
 
         釣り方も、強風で操作がしずらい為 流れへの出し入れ程度のみに限られる中・・ 
 
         うまいこと釣り返しが効き 非常に小さいながらも・・ 数が出たところで納竿です。
 
 数は【62尾】 型は10cm~18cm 午後出の相模で今季二度目の60尾超えとなりました。 今年一番です。。
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                        オモリ 0.8~1.5号
 11 / 424尾
 
 ※ 依然、高水・濁りは変わりませんが・・ コノ濁りの中でも追ってくる天然鮎は凄いですねっ!
    小ぶりですがアタリは大きいですし 本当に良く掛かってくれていると想います。。。
 
 

 今日(日)は pm1:00頃から川入りして来ました! 場所は相模川、下地区の高田橋下流・一本瀬付近です。 
 
       ココは先日の大雨の影響で 連日の増水・濁りとなり・・ 川入りは20日ぶりとなりますが・・
 
 様子見程度に竿出しです。 川の状況は・・ 平水+20cm高の濁り強と言ったところ・・ こんな感じです。
 
イメージ 1
 
    まずは底状況を足先で確認しながら 右岸に川をキリ・・ その途中、中はまだ無理そう? と判断・・
 
     そこで・・ ヒザ下水深のザラザラから お試し程度に養殖を入れ・・ あわよくばの野アユ獲り・・!
 
    ややあってキュンとビリ白鮎が衝突的に掛かり・・ そこからうまいこと ビリ ~ ややビリの連荘へ・・!
 
イメージ 2イメージ 3 イメージ 4
 
            しかしココで・・ いつもとは違う危険な方角(南方)から雷雲が湧き始め・・
 
イメージ 5
 
   早々に竿をたたみ 川をキリ返して一時車へ・・。 少しの間はピカピカ・ゴロゴロ状態となりましたが・・ 
 
      雷もおさまったところで・・ 今度は川を渡らず 左岸側で竿出しし・・ 数尾追加・・! しかし・・
 
      良い時間を前に・・ 別方向で激しくピカピカ・バリバリ・ゴロゴロが始まり・・ ここで納竿です。
 
  数は【26尾】 型は・・10cm~17cm まるで6月に戻った様な大きさでしたが・・ 良く掛かったと思います。
 
イメージ 6
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竿 S社 時雨 H2.5 90-95 バリバス MetaMAX 0.06号  つまみ ナイロン0.4号 マルチ 7.0号 四本イカリ
                                                       オモリ 0.8~1号
 10 / 362尾
 
※ 川を見る限りでは 濁りも強く・・ まだまだ本調子には程遠い状況で・・ 掛かるには掛かってくる・・?
   が 正直なところ! ただ、コノ濁りも長く続いていることで 鮎も多少濁りに慣れて来た様な気も・・。
   あとは・・ この不安定な天候と一定しない水位が 気になる所かもしれませんね。。
 

    先日の渓入り前・・ 相模川の上地区の様子も見て回り 増水・濁り具合等々を確認・・!
 
  その際、各場所で流れも大きく変わったことから・・ 一番気になっていた場所へも寄って来ました。
 
  ココは昨年、中盤から終盤にかけて型鮎狙いで楽しめた 大島地区の【鵜止まりの瀬】付近です。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  感じとしましては(写真←)鵜止まりの瀬は・・ 下のトロに砂が流れ 岩盤へのぶっつけ近くまで
 
  流れが平ったく延び・・ かなり変わった様子・・。  しかし、川は依然濁り強でなんともな状況・・
 
  回復待ち変わらずと言ったところでした。。  ただ そんな中で・・ 足元のいたるところに丘バミが・・・ 
 
イメージ 3
 
    その大きさから見ても 下地区で湧いていた遡上群れ鮎の およそ14cm程度のモノと思われ・・
 
   コノ地区にもかなりの数が纏まってきているような気もしましたが・・ さてさてどうでしょうかっ。。。
 
 

          今日は地元の盆踊りに家族そろって参加です。。
 
          心配された夕立ちも無く・・ まずまずの日和となり
 
         広い会場も たくさんの方々で賑わっておりまして・・
 
    我が家の子供達(嫁はん)も・・ この日の為に反物からこしらえていた
 
    嫁作の浴衣を身にまとい・・ より一層、雰囲気を味わっておりました。。
 
       今年は Seiko Matsuda デザイン・・・ だそうです! ・・ ^^;
 
 
イメージ 1
     
         一通り見てまわり・・ 先に来ていた兄家族とも合流・・!
 
イメージ 2
 
     その後は・・ 皆で、フランクフルトやホットドック等々・・を食べながら
 
                    楽しく過ごしてきました。。
 

      先日の渓入り前 行き道の途中にある相模川の状況も気になり二か所ほど回って来ました。
 
      場所は 昨年・一昨年の 丁度この時期あたりから 大鮎サイズが出始めた上流地区です。
 
         ココは今季初めての川見でしたが・・ 上大島友鮎販売所前はこんな感じに・・。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                ちなみに↓は 同じ位置から写した出水前(昨年)の流れです。
 
イメージ 3
 
   今回の出水は 一時テトラ上まで流れが来ていたとのことで・・ 草も砂利もはぎ取られておりました。
 
              そして此方が 今回の出水で一番変わったと思われる合流上の瀬・・!
 
イメージ 4
 
  まだ動いている流れですし なんともなのですが・・ 感じとしては平成15年頃の流れに戻った気も・・?
 
 いずれにしましても 依然濁りは濃く・・ おまけに不安定な天候続き・・ 回復は遅れそうな雰囲気でした。。
 

  今日(3日)は マズメ時の二時間程 天カラを飛ばして来ました! 場所は前回同様 山梨県・道志川です。
 
   現場に着くと少し早めの夏休み・・?の ご家族が数組 河原にテントを張り・・川遊び等で賑わっており・・
 
   渓が静かになるのを待って渓入り! 川の状態はやや高の平水で水色も良く天カラにはまずまず・・!
 
                     まずは、こんな感じの所から竿出しです。
 
イメージ 1
 
      石まわりを中心にテンポよく打ち始め様子をみていると・・ スグに派手に出たのはコレ・・!
 
        コノ所の出水続きで垢が飛んだのか・・ また川虫へ反応してきた? 道志の鮎・・。
 
イメージ 2
 
    その後は一区間をさわり程度に釣り上がり・・ 可愛いサイズと遊びながら時間(マズメ)待ち・・!
 
イメージ 3
 
 そしてマズメ時・・ あらかじめ予定しておいた所に移動し・・ いいサイズがパシャっと出たところで納竿です。
 
イメージ 4
 
 竿 郡上テンカラ 33  パーフェクトライン 36  リーダー 0.8号 矢引き。 使用毛ばりはこちら
 

        つい先日の渓入り(道志川)前、 行き道の途中にある相模川の様子も気になり・・
 
  見通しの良さそうな地区を数か所回って来ました。 いつもの高田橋上下流は前回とほぼ同じ状態!
 
         そしてもう一か所・・ 今回は葉山島の様子です。 堰下はこんな感じでした!
 イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
         この時点でのダム放水量は・・ 後の調べで43t前後の +20cm高と表示されておりましたが・・
 
     実際にその場に立ってみると・・ 放水量以上の出水具合に感じるほどの水勢+濁りでした。
 
   それと、上流域からのダムへの濁り水流入も考えますと・・・ さらに 回復が遅れる気も・・!?
 
  あとは・・ 大型の台風の動きも気になる所でして 今後、また状況が変わってくるかも知れませんね。。
 
 

    気付けば七月も もう終わり・・! 本来なら毎年この時期は まさに鮎一色といったところですが・・
 
     先日の台風の影響と コノ所の不安定な天候も重なり 未だ鮎河川の回復待ち変わらず・・。
 
     と言う事で・・ 本日(31日)は、今年の我が家の休日の中で 唯一、潮廻りが良い事もあり・・
 
     三家族揃って海方面へ潮干狩りに出掛けて来ました。 場所は・・ 最近ジンベイザメで話題の
 
                八景島シーパラダイスの 丁度向かいにある 海の公園です。 
 
   本日は砂浜でも・・ ビーチハンドボール・・? のイベントが行われており・・ 大変賑わっておりました。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  天候としましては・・ 時折雨もパラつく あいにくの空模様でしたが・・ アサリは予想よりも大漁となり・・
 
イメージ 3
 
 
                   大人から子供まで楽しく過ごせた一日でした。。
 
 

このページのトップヘ