鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2011年12月

       今年も残すところあと僅かとなりました。 あたくしは仕事上・・
 
     大晦日まで仕事ではありますが 一年は本当に早いものですねっ!
 
     また、このブログも なんとか三度目の年越しを迎えられそうでして・・
 
        ご訪問下さっている皆様 いつも 感謝・感謝でございます。
 
   来年も時間を見つけては・・ 釣行記等 更新していきたいと思っております!
 
       お付き合いのほど 宜しくお願い致します では良いお年を・・。
 
 
                                             せんたくや

           先日の最終釣行時 運良く掛かった磯シーバスは現場でパっと〆た後・・
 
        空いた時間で下処理も済ませて持ち帰り・・ 夜中のうちにこんな具合に三枚に・・!
 
イメージ 1
 
      今回は 半身をお正月用にストックし・・ 残りは おせちの前の あったかしゃぶしゃぶ!
 
  と言う事で・・ 簡単に具材も用意して・・ こんな感じに鍋風シーバスしゃぶしゃぶの出来上がりです!
 
イメージ 2
 
         そして最後は 雑炊で〆ようか・・ それとも きし麺で〆ようか・・ と迷った末・・
 
イメージ 3
 
         結局、多数決の結果・・ きし麺に決定! 寒い夜でしたがやはり鍋は温かく・・
 
                          どれも美味しく食せました。。
 
                       【この磯シーバスの釣行記はこちら

  昨夜は仕事後に竿納めのつもりで 短時間でしたが磯入りして来ました! 場所は三浦方面の地磯です。
 
 現場に着くと早い時間から入られていた方々が考えられる全ての立ち位置に立たれており 満員御礼状態。
 
    お話では・・ 段々と風も強くなり波も高くなって来たとの事! また、並びで魚は出ていないそうで・・
 
 気付けば 一人また一人と・・ 上られる様子。 海の状況は・・ 正面からの爆風+高波で 前に出られれば
 
 まさにヒラへの今年最後のチャンスといった海状況! まずはシモリ根脇を通して行き様子を見ながら数投!
 
  しかし いかんせん風が強く思ったコースを通せない! ここで闇雲に数打ってもルアーをロスするだけ?
 
  と考え・・ 強風の間とサラシの広がるタイミングを待って待って・・ 少しでも精度を高めた一投を試みる・・。
 
 どのみち喰ってくる時は良い間(ま)ができた一流しですし・・ 一投 一投 時間をかけて投じる・・! そして・・
 
    サラシの広がった中で ゴンっ! アテた瞬間・・ 根向こうの丁度見えにくい所で水面に踊り出て・・
 
     磯マルかヒラかの判断がつかない状況・・! 掛けた場所からしても・・ 確率は半半くらいで・・
 
   ヒラなら60cm無いくらいかな? 磯マルならまずまずのサイズ・・?? なんて思いつつ 大事に寄せ・・
 
           ライトを照らしたところで磯マルと確認! 波のタイミングを見てタモ入れ・・。
 
イメージ 1
 
  今季9本目の磯マルは 少しサイズUPの75cm!最後の最後で嬉しい一本となりました
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
          その後は 翌日の仕事に影響が出ない程度に・・? 今年の最終釣行を楽しみ・・
 
             風向きが北へと変わったところで納竿! 恵みの海を後にしました。。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
      ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
                 レンジバイブ 70  ゴールドカラー カルティバ ST-46 RD  6

  鮎掛け(友)を初めて20数年・・ その間 各地の鮎河川へも行ける範囲で動き 竿を出して来ましたが・・
 
  昨年(平成22年)は 友を引くようになって初めて 年間鮎釣行を相模川の一河川のみで終わると言った
 
 珍しい年でもありました。 ただそれは・・ 単に近いと言う事もありますが、相模川が一本の川でありながら
 
 上と下地区(天然域)で まるっきり違った鮎サイズとなり・・ 一本の鮎河川で数と型が時期で自由に選べ・・
 
      まるで二つの鮎河川を行ったり来たりしている様な気になったのが 昨シーズンの相模川・・。
 
 そして今年(23年)、 解禁前からの評判通りかそれ以上に鮎の遡上数に恵まれ・・ 解禁当初はビリビリ状態。
 
 その結果、6月半ばになっても鮎は中々育たず・・ 二年ぶりに他河川も気になり始めたころ 小さいながらも・・
 
     良い感じで追い始め・・ 今年はこの天然ビリ鮎で最後まで遊ぼうかと割り切りきって 竿出し・・。
 
              そしてうまい事 午後入りの相模で60尾超えとなった釣行が・・ こちら。
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 平成23年6月29日 相模川 高田橋下流・一本瀬付近          平成23年8月10日 一本瀬付近
                   [ 61尾 8cm~19cm ]                                           [ 62尾 10cm~18cm ]
           【釣行記はこちら】                          【釣行記はこちら
 

 
 
    それと、今季の鮎時期で・・ ある意味一番良い釣りだったのが・・・ 子供達の鮎デビュー戦・・!
 
イメージ 3
 
                        23年6月11日相模川・高田橋付近 
                             【釣行記はこちら
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
        今年は 鮎期中盤からの度重なる出水により・・ 釣行回数も平年の半分となる18回・・
 
     ただ、そのうち半分の9釣行で40尾超えとなるなど・・ 型はともかく数で楽しめた年でしたし・・
 
    なによりも・・ 子供達が喜んで鮎を釣り 川で直に魚に触れられたことが一番だったかと思います。。 
 
 

  ココ数年、釣りと言えば近場の鮎釣りが殆どで・・ 年間の釣行回数も鮎が一番多いのは事実ですが・・
 
  釣りイベント等のアンケートで【一番好きな釣りは何ですか】の欄には 決まって 「渓・本流釣り」 と明記。
 
  コレは やはり餌やテンカラで遊ぶ山女魚釣りが一番面白く感じ・・ それは今現在も変わらないところ・・。
 
  そして迎えた’11渓流終盤・・ 度重なる台風で鮎河川も大増水となり・・ 久々に秋の渓流域を楽しんだ。
 
                      そこでうまいこと出会えた 渓魚達・・! 
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      平成23年 9月10日 山梨県・道志川           平成23年 9月24日 山梨県・道志川
       九寸強ヤマメ 【釣行記はこちら】               尺ヤマメ 【釣行記はこちら
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
              この時期の渓魚は 雌・雄とも それぞれに良さが現れる季節で・・ 
 
            見ているだけで時間が過ぎるような・・  そんな気持ちの良い魚でした。。
 
 

          昨日(クリスマス・イヴ)は一通りの行事を済ませてから海へと向かって来ました。
 
       場所は三浦方面の地磯です! 現場にはマズメ頃に入れ、定連さん達にお話を伺いつつ
 
       身支度開始! 海の状況は潮も効き まずまずの雰囲気で・・ 時折単発のボイルも確認。
 
      ただ、このパターンはルアーを見切っている事も多く・・ 手こずるケースが最近続いている・・。
 
       少しの間はその様子を眺めていると【源流からソルトまで】の花咲か兄さんがお見えになり
 
       この単発のボイルをソルトFFで狙って頂いた。 正直、ルアーに反応の弱い磯マルが・・
 
       ソルトFFのステイには 反応してくれるのでは・・? というところに非常に興味もあった。
 
     そして・・ 風向きが正面へと変わり釣りずらくなった頃、花咲か兄さんのFFロッドが弧を描き
 
    良型のメバルが顔を出した。 コノ状況で魚信をとらえるのは流石の一言で・・ FFの幅の広さと
 
     可能性を あらためて感じました。 しかしこのあと・・ 海は一転、向かいからの爆風10m以上・・
 
    粘ってはみたものの どうにもならず、磯マル&ヒラ狙いは終了。 その後、風裏の様子を見て歩き・・ 
 
                出来そんなところで小メバルと程良く遊び・・ 数尾・・。
 
イメージ 1
 
     ここで想いもよらないサイズ(40cmオーバー)のカマスを掛け・・ 今夜はヒラキの一夜干し!と・・
 
     頭に浮かんだ直後・・ タモのない事に気づき・・ 抜き上げでパチン! というのもありましたが・・
 
         ライトなタックルでのやり取りも十分に楽しめ・・ コレはコレで◎と言ったところ・・。
 
                  そして最後に いくらかサイズUPをしたところで納竿・・。
 
イメージ 2
 
        ただ、メバル時も 手元にタモは置いておかないと! と 痛感した釣行でもありました。。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ロッド PHANTOM-TR 702 ULRS ルビアス1500 SUNLINE TROUTIST 4lb 自作カブラ  1.4g~1.8g

 今年も後僅かとなって来ましたが・・ この時期子供達の楽しみは やはりクリスマス&Christmasケーキ!?
 
      と言う事で・・ 毎年お願いしております お客様(仕事上)のケーキ屋【リリエンベルグ】さんへ
 
       今年もお願いしましておりまして・・ 今回はこちらです! その名も、 森の妖精 !! 
 
イメージ 1
 
  ベースはチョコレートケーキのキャラメルサンドとなっており 目で楽しめ、味も良しといった素晴らしい品。
 
     これにメレンゲのお菓子を組み合わせ・・ テリテリのチキンを添えて子供達もご機嫌の様子・・。
 
イメージ 2
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
     その後は・・ 予想通り なかなか寝ない我が子をねむい目で見守り・・ ようやく朝方無事に・・!?
 
イメージ 3
 
       それと 奇跡的に手に入ったJUMPRIZE(井上友樹くん完全設計)のロウディー130Fも・・
 
   昨年と同様に・・ より雰囲気を出すため あたくしの枕元に置いてみまして・・ 大事な仕事も終了・・。
 
            なんともねむい一日でしたが・・ 良いクリスマス(イブ)を過ごせました。。。
 
 

        今月に入り 一段と寒さも増してきましたが・・ そんな中、街へ出ると ちょっと控えめな
 
            クリスマスの雰囲気・・! そこで 我が家から程近い 某ランドへ・・
 
            Christmasイルミネ~ションでも観ようかと ブラっと出掛けて来ました。
 
       冷え込みのキツイ夜でしたが・・ そんな中でも まずまずの賑わい! こんな具合です。。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             一通り観て歩き・・ 子供達のお目当ては・・ やはり食べモノに・・。
 
        上の子はチュロスっぽいのを選んだのに対し・・ 下のは、コノ寒い中・・ コレです・・!
 
イメージ 3
 
             ごり押しのソフトクリ~ム・・! 見ている方が寒々しい感じでしたが・・ 
 
                   Christmasムードも少しだけ味わって来まして・・
 
 
       その後は、冬至と言う事で 我が家も頂き物のゆずを湯に浮かべ 雰囲気を味わい・・
 
イメージ 4
 
   子供もポカポカになったところで モシャモシャっとゆずを潰して遊び・・ 案の定、体中チクチク状態・・・
 
      これで この冬の風邪予防も無事に・・! といったところでしたが さてさてどうでしょう。。
 
 

     コノ秋・冬海シーズンに入る前・・ ロスト等で失っていた主力ルアー類は数個買い足しておき・・
 
      シーズンに入ってからは もう新しいモノには手を出さないで済む位に想っておりましたが・・
 
       ココ数回の釣行で 時折 上への好反応も確認! 急遽、泣きの一個で コレを追加購入・・。
 
   モアザン・タービュランスSSR-Fタイプ (Fタイプは2011カタログ型落ちの為・・)迷った末にもう一つ。。
 
イメージ 1
 
      コレは主に河川シーバスの、どシャロー隠しアイテムとして一つだけ持っていたモノでしたが・・
 
       今季は磯周りの 根際スレスレや沈み根の上をヨタヨタっと引くなどなど、常に持ち歩き・・
 
        時々 目先を変える程度に使用し・・ 思いのほか活躍している! が正直なところ・・。
 
        特に浅いレンジのキープと 止めても沈まないところも・・ いい間がつくれ 使いやすく・・
 
                    また、大きなフックがつけられるのも凄く良い・・。
 
                              それと、消耗品を少々・・。
 
イメージ 2
 
             ここに来て・・ お気に入りだったフック類も揃って値上がりするなど・・
 
          結構痛かったりもしておりますが・・ やはりフックは最初に魚に触れるモノですし
 
     なるべく不安のないモノをと言う事で・・ 買い足しておきました! コレで年内の買いモノは終了・・?
 
                   なんて思っておりますが・・ さてさてどうでしょう。。
 
 

   毎年この時期は コノ地(三浦方面の地磯)の 数少ないヒラスズキに、運が良ければ出会える季節。
 
     昨年もコノ12月の半ばっ頃から大きさはともかく始まった・・! そんな過去のデータをもとに、
 
      今季もなんとか一本を目指し・・ 昨日 磯入りしてきました! 現場にはマズメ頃に入れ・・
 
     定連さんのヒラ狂の方と並ぶ形でキャスト開始! 海の状況は・・ 前日までの荒れ模様も
 
    静まってしまい・・ 多少のザワつき程度・・。 流れを確かめるも予想とは全く逆の しかも弱潮・・。
 
  ただ そんな中で、単発のボイルが数回発生し・・ ホール中にゴン! しっかりアテてからロッドをため・・
 
  ガバッと水面へ躍り出た磯マル! が しかし・・ ルアーが3~4mふっ飛んで来るような痛い即バレ・・。
 
  掛けたスグにヒラでは無い事が確認できた事で、多少ぞんざいになっていたのか・・ このバレはいい経験。
 
   その後は可能性のあるコースをしつこく通すも・・ いかんせん波っ気が足らず・・水中も平和そのもの・・。
 
イメージ 1
 
   この時点で・・ 残りの釣行予定を考え・・ 年内のヒラへの想いは ほぼ消えた事を予感してしまった・・。
 
 そこで・・ シーバスロッドを置き 静かな海対策でいちよう用意しておいたメバルロッドを手に再度磯入り・・。
 
               数ヶ所を観て歩き サワリ程度に探りを入れ・・ メバルを数尾・・!
 
イメージ 2
 
                その後も点々とロッドを出し 小ぶりなメバルと程良く遊び・・
 
                 今季の雰囲気も ある程度把握したところで納竿です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
   ロッド PHANTOM-TR 702 ULRS ルビアス1500 SUNLINE TROUTIST 4lb 自作カブラ(金テープ)

   前回・前々回の磯シーバス釣行では数年ぶりに、釣り始めの流れ確認的に投じるトップ系に反応・・。
 
     コレは一昨年・昨年のコノ地からは 考えられない程の出来事・・。 ベイトの大きさ等も、
 
  昨年のこの時期とそれほど違いが無いようにも想えるので・・ 正直、投げ始めから気を張っていないと・・
 
    と 言った状況。 ちなみに先日の二尾の磯マルは釣りあげてスグに数匹の極小ベイトを吐きだした。
 
イメージ 1
 
    種類はトウゴロウイワシの子で3cm~5cm程度のモノ! それと胃の中にも同様のサイズが少々・・。
 
 ヒットルアーのタービュランスSSR-F 85と比べても こんなに大きさに違いが・・ ただ、そんな中にあって
 
     相次いで反応して来たことは・・ たまたまレンジが合っていた・・? なんて想ってもみましたが・・
 
                      コレからの激寒期はいかがなものか・・。
 
             しかし、足元には・・ 依然、極小ベイトが群れて居る状況変わらずで・・
 
イメージ 2
 
      今冬は多少 狙いに幅を利かせながら・・ いろいろ試すのも良いかもしれませんねっ。。
 
 

 つい先日の磯シーバス釣行時、運よく掛かった獲物は・・ 現場でパッと〆た後、もう少しの間は釣り続け・・
 
  ある程度 地合いも過ぎたころ、 手もかじかんできたところで小休止! 一度手を温かい海水に浸け・・
 
 かじかみをとってから魚の鱗と腹も割って持ち帰る・・。 そして その晩のうちに こんな感じで三枚におろし・・
 
イメージ 1
 
    この状態までしておきまして・・ 一回の釣行を無事に終える! コレが釣れた時の一連の流れ・・。
 
   今回の二尾は殆ど同じくらいの型で・・ 脂の乗りも良く似ていたこともあり 半分はお刺身で食す・・。
 
   そしてもう半分は・・ 子供の好きな竜田揚げ用に捌き・・ 一食分に小分けにしながら残りは真空冷凍。
 
                       コレが竜田の およそ一回分の量・・。
 
イメージ 2
 
                        (竜田の写真は撮り忘れでしたが・・)
 
 
                      そして此方が・・ 鱸のカルパッチョです!
 
イメージ 3
 
         個人的には やはりワサビ醤油が好きですが・・ イタリアン風も時々はよいモノで・・
 
                        今回の魚も美味しく食せました。。
 
                          【この魚の釣行記はこちら
 
 

    昨夜も仕事後の数時間を狙いに磯へ向かってきました。 場所は前回同様、三浦方面の地磯です!
 
   海の状況は 下げ潮が効き始めている様子で多少ザワつきもあり 雰囲気もまずまずと言ったところ。
 
    まずは流れの出具合を確認しながら打ち始め 反応を見ていると・・別方向のオープンスペースで
 
            単発のボイル! 満月の明るい夜の為・・ 位置もはっきりと見てとれる。
 
           一呼吸おいてから・・ 次のボイルのタイミングをみて その付近にキャスト・・!
 
      スグに距離を合せ・・ ホール途中で ココンっ! アワセを入れ・・ 激しく数回エラ洗い・・!
 
            ややあって無事にタモへ・・ 今季7本目の磯マルは70cmジャスト・・!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                   ルアーも 外すのが困難なほどの丸飲み状態・・・。
 
イメージ 3
 
  その後はシモリ根周りを中心に通し・・ やや下のレンジで グンっ! とアタリ・・ 本日、二尾目は72cm.!
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
   と そこで・・ (せんたくやさん)と声がかかり振り向くと・・ 【花咲か兄さん】がお見えになりまして
 
  状況をお伝えしつつ・・ しばしの釣り談議! そして潮変わりの時間となり花咲か兄さんのFFロッドが
 
       バットから見事に曲がり・・ 待望のヒットシーン・・!! コレは次の瞬間 残念ながら・・
 
    ラインブレイクとなってしまいましたが・・ そのお顔には 悔しさ半分・嬉しさ十分と言ったところ・・!
 
    コノきついシモリ根周りで磯フライでのヒットは 価値のあるモノであった事も表情から伺えました。
 
     釣り方には若干の違いがあるものの・・ お互い 狙う本筋は変わらないことも あらためて実感!
 
              大変勉強になった夜の海! 寒い夜でしたが・・ お疲れ様でした。。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
       ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
           ROLLING BAIT 77 15g   SFウルメ もうボロボロカラー ST-46 6 & ST-36BC 6
                                      SHアジカラー ST-46 6 & ST-36RD 6
 
 

         つい先日の磯シーバスは 現場で〆た後に持ち帰り・・ 晩のうちに三枚にしまして
 
      脂ののりをみてみる! 内訳は一尾(写真手前の二枚)の方が脂っ気も良く色もいい感じ・・。
 
イメージ 1
 
         もう一尾の方は 比較的あっさり系の個体であることを確認・・。 と言う事で・・ 
 
     それぞれにあった食し方をしようかと想い・・ まずはお刺身をつまみ食い程度に簡単に並べ・・
 
         それと 子供の好きな塩コショウのあぶり焼きも・・! こんな具合に味見です。。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
              あとは・・ 後日の磯マルしゃぶしゃぶになる予定とのことですが・・
 
          寒くなって来ましたし・・ しゃぶしゃぶには良い季節といったところでしょうかっ。。
 
                          【この魚の釣行記はこちら
 
 

      昨夜は前回同様 仕事後の短時間勝負で磯入りして来ました。 場所は三浦方面の地磯です!
 
  現場に着くと 潮もかなり少なくなっており・・ 打てて2時間が限度といったところ! 早々に身支度を整える。
 
  海の状況は 冷たい北西からの爆風+雨で雰囲気はまずまず! 外気温も7℃と 待ちに待ったこの条件。
 
     まずはシモリ根周りのザワつきを上から順に通し始め・・ ややあってゴンっ! と 上で反応・・。
 
                        今季 五本目の磯マルは69cm! 
 
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         写真を撮った後に再度打ち始め 同じ所を通すも反応は無く・・ 今度は爆風から出来る
 
   潮のヨレを 早巻きで距離を合せながら一つ一つ通して行き・・ 爆風の中でもハッキリわかるグンっ
 
   アワセを入れ アテた直後に激しくエラを洗い ガチャガチャガチャっと魚の口元でルアーが踊る音が響く。
 
      コノ瞬間はよく外れるといった印象も強く・・ ヒヤっとするのも事実で・・ 慎重に寄せ タモへ。
 
                       二本目は よく太った70cmの磯マル!
 
イメージ 3
 
          このあとは 気になっていた所を数投通して・・ 手もかじかんできたところで納竿。
 
               寒く冷たい雨の中でしたが・・ よく掛かってくれたと想います。。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
       ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
       シャローバイブ・モアザン タービュランスSSR-F バーニングイワシ  ST-46 3 ST-46 4

       気付けばカレンダーも・・ グレの絵柄の残り一枚・・! コレをみて何故か12月を実感・・。
 
    それとこの月は・・ 子供行事も頻繁に組まれているのも事実。 その第一弾としまして・・ 一昨日、
 
     下の子の発表会へと家族で出かけて来ました。 ※ 人も多く・・写真も遠目からの数枚だけ・・。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        天気はあいにくの大荒れな天候となってしまいましたが・・ 何とかこなして来ました。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
        そして昨日は、千葉方面の親戚のおじさんの所へ冬物野菜を頂きに行ってきました。
 
                広い畑には、計 五家族が集まり・・ 賑やかく収穫開始・・。
 
イメージ 3
 
        一通り見てまわり・・ 子供が向かった先は大根エリア! そこで引っこ抜きを試みて・・
 
イメージ 4
 
       何度か失敗した後に ようやくスポッ・・! ちっさ・・・! と 大笑い! どうやら 辛大根・・。
 
イメージ 5
 
             その後も畑の中をぐるぐるまわり・・ トランクいっぱいの収穫物・・。
 
イメージ 6
 
     そして帰り際・・ あのタレントコッコ(しゃくれ)の居る養鶏場へ立ち寄り・・美味しい卵も購入!
 
イメージ 7
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       天候も 前日とはうって変わって好天気に恵まれ・・ 皆で楽しく過ごして来ました。。
 
 
 

          つい先日の短時間釣行で 運よく掛かった磯マルは現場で〆た後に持ち帰り・・
 
       晩のうちに二尾とも包丁を入れ・・ ひとまず三枚におろしておきまして・・ こんな感じに。
 
イメージ 1
 
         一尾の方(小さい方)は脂も十分に乗っていた為 どんな食し方にも対応できるよう
 
 早々に皮も引き・・ コノ状態で一晩寝かせに入る。 (結局は一時冷凍のムニエル用に変更となりましたが)
 
       もう一尾の方は・・ 竜田揚げにも対応できるよう 皮の着いた状態で保存し・・ 真空冷凍。。
 
         久々の磯マルでしたので・・ 食の方も ゆっくりと楽しみたいとおもっております。。。
 
                          【この魚の釣行記はこちら
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
              それと・・ コノ釣りの一番の消耗品ともいえるフックの補充です。
 
イメージ 2
 
       このところの小型ベイトに合わせ、主力(ヒット)ルアーも小型となっており・・ その結果・・
 
              フックも小さめとなっておりますが・・ 今後に備えておきました。。
 
 

      このところ厳しい釣りも続いておりましたが・・ コノ潮廻り+気圧配置 = 毎年◎と予想して・・
 
       昨夜、仕事後の短時間を狙いに磯へ向かって来ました! 場所は三浦方面の地磯です。
 
   現場に着くと 丁度 先行者の方が二名上られる様子で・・ お話しでは・・ 魚っ気も今一つとのこと・・。
 
       入れ換わりで入らせて頂き・・ 少しの間は潮を休め・・ 様子をみながら身支度を整える。
 
   海の状況は、下げ潮が効いている時間にもかかわらず・・ パット見、流れが効かない状態でしたが
 
   時折ウネリから来る気持ちの悪いタイプの波が足元を洗うといった 雰囲気は十分感じられる状況。
 
      よさ気な時間も 約一時間かもう少しと言った条件の中・・ まずは出られるだけ前へ出て・・
 
        シモリ根付近の流れを確認すべく、sasuke(裂波120)から投げ始め・・ コノ潮位では・・
 
     komomo SF125の方が適している? と判断! 根際ギリギリのコースへ通し 数投で ゴンっ
 
       コレは足元まで寄せ・・ タモを手にした直後に外れてしまったが・・ およそ60cmの磯マル・・。
 
            ここで主力ルアーもローテーションに入れながら やや下のレンジも探り・・
 
 ホールからの立ちあがりでグン! 先程の事もあり 大事に寄せてタモへ・・今秋三本目の磯マルは60cm。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    その後も 弱い流れを多少利用しながら各レンジを探っていき・・ グンっ! アワセを入れた直後・・
 
    ガバッとエラを洗ったのを見て魚位置を確認・・! 二ヶ所の難所(シモリ根)も無事に通し・・タモへ・・。
 
イメージ 3
 
                   今秋四本目は 少しサイズUPとなる73cmの磯マル。
 
イメージ 4
 
   ココで目安にしていた潮位も過ぎ・・ 納竿。 このところ続いていた連敗もようやく脱出できました。。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
       ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
           ROLLING BAIT 77 15g   SFウルメ もうボロボロカラ― ST-46 6 & ST-36BC 6

このページのトップヘ