鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2012年03月

         昨年(’11)の秋深まる頃から始まった海シーズンも 渓流解禁と共に一旦終了・・。
 
          これは ほぼ毎年の一連の流れ・・。 ただ、山はまだまだ寒い時期でもあり・・
 
        スグに渓流一色と言うのもあまり考えられないのも事実ですので・・ 条件次第では
 
        磯入りもあるかも・・?! 知れませんが・・ ひとまずは海終了と言ったところです。。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  今季 秋・冬 磯シーバス            計12尾     型は 79cmまで・・
                        (ヒラスズキは 1尾)     型は 65cm 
 
 
   ※ 今季も特別大きいのは出せませんでしたしが・・ そんな中にあって、磯マルは11尾中 8尾が
     70UPとなるなど・・ 平均して型も揃えられましたし、最後の最後で大本命の平鱸も出せまして・・
         面白い釣りが出来ました。 また現場でお会いした方々とも楽しく過ごせましたし
               終わってみれば 非常に良い海時期であったと思います。。
 
 

  前回の釣行で うまいこと良い魚と出逢え、今期の海時期も気持ちの上では締めくくった感もありましたが
 
  潮が入れ替わる(若返る)までに もう一度磯入りしたと言う気持ちもあり タイミングを伺っていた。そして、
 
一昨日(土)の予報で 波高2.5m 南南西からの爆風+雨! ついつい足が海へと向き まずめ時に磯入り。。
 
  場所は三浦方面の地磯です! 海の状況は・・ 前回の「ヒラの時」とほぼ同じ状況で雰囲気も似ている。
 
   潮位を考えると・・ 少し待てば・・ やってやれなくは無い状態。こんなです。 「クリックで海にいる気分・・?!」
 
イメージ 1
 
  少しの間は高台(写真位置)で波の立ち具合を眺め・・ 大波の合間で前へ出て数投・・ そして戻る・・。
 
  コレを何度か繰り返す・・。 向かいからの爆風で投じるルアーも限られる中、サラシの中で ゴンっ
 
  しっかりとアテてから追いも一発入れ、真っ白なサラシの中でガバっゴボっと エラを洗う70程の磯マル・・。
 
  そこからは一っ気に寄せ・・ 足元に魚を止めながら・・ 次の大波を待ち・・ シモリの窪みへズリ上げ・・!
 
   の はずが・・  予想外のデカい波にみまわれ 岩にへばりつきながらロッドを支えるのがやっとで・・
 
  気付けば・・  痛恨のズリ上げランディング失敗。 あわや 自分も海へリリースとなるところであった。。
 
       魚も、ヒラではなく磯丸(普通の鱸)だったことで 多少ぞんざいになった事も確か・・・。
 
  最後の最後で・・ ツメの甘さが出てしまいました。 ただ、タモ入れが出来ないくらいの大荒れ状態で・・
 
                良く掛かってくれましたし 十分楽しめた短時間釣行でした。。
 
        ※ でも、ちょっと悔しいので 泣きの一回があるような気もしておりますが さてさてどうでしょう・・。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
      ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
        レンジバイブ 90 フラッシュチャート カルティバ ST-46 3
 
…………………………………………………………………………………………………………………………
 
 
            その夜は・・ 完全撃沈の為、魚の下ごしらえも無し・・。 と言うことで・・ 
               残りごはんで早速こんなモノを・・ 夜食程度の 五平餅 。。
 
イメージ 2
 
        起きていた子供たちには・・ ある意味、「おさかな」以上のモノと言ったところでしょうか・・
                          喜んで食しておりました。。。
 
 

          三月とは言え・・ 朝夕などは まだまだ寒い日も続いている。 そんな中、
 
            少しでも暖かく過ごそうと・・ 早速 鮎の甘露煮造りに取り掛かる!
 
                     まずは鮎用冷凍庫の中にあった'11モノの
 
            最後の真空冷凍あゆ、 およそ40尾を取りだしてきて・・ ゆっくり解凍。
 
                    そして・・ 軽く焼きあげる。 こんな感じデス!
 
イメージ 1
 
   その後は十分に時間を掛け 鍋でグツグツ・・ この作業が まだ暖房のいるこの時期、暖かくて良い・・。
 
        そして・・ 鍋の熱が完全に冷え切ったところで 崩さないように慎重に取り出して・・ 
 
                   今回はこんな感じに 鮎の甘露煮 完成です。
 
イメージ 2
 
        昨年の相模川は小型の数釣りの年でしたので・・ 残りアユも小鮎が中心でしたが・・
 
         この手のモノは 小ぶりな程食べやすく・・ コレはコレで十分美味しく食せました。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
      そしてこちらが・・ ほぼ同じ時間をかけ こしらえた「揚げきなこパン」と「アンドーナツ」です。
 
イメージ 3
 
   ちなみに、我が家のパンつくりは・・・ 打っては捏ね、打っては捏ねを繰り返す・・ 従来の作り方で・・
 
     体力勝負的なところもありますが・・ 今回もまずまずの出来で 子供達も喜んでおりました。。
 
 

          これまでの釣行で・・ 今季のメバルの様子もある程度確認。 型等の内訳も、
 
   場所によって・・ 「良い・まずまず・小ぶり」が はっきりしてきた感もあり それなりに楽しめてもいる。。
 
      やはりコノ手のモノは・・ 小ぶりでもアタリが頻繁に出てくれると面白い! なんて思いつつ・・
 
       気付くと・・ 手持ちのメバル用カブラが残り少なに・・ と言う事で 早速必要なモノを用意・・。
 
イメージ 1
 
      ジグヘッドはいろいろ試して・・ 今はDECOYのMagic MINI  一種。 ヘッド部にはグローを入れ
 
  コレに金テープ 又は 銀テープをカットして乗せ アイスブルーのファイバーを巻き・・ こんな感じに・・。
 
 
イメージ 2
 
                      重さは 毎回1.4gをメインとしているため、
 
                今回も1.4gの 金テープ・銀テープを半々で 20個ほど巻き・・
 
 
イメージ 3
 
                  来季のメバルの好時期に向け 準備を整えておきました!
 
               程良く楽しめたらと思っておりますが・・ さてさてどうでしょうかっ・・。。。
 
 
 

     この週末は何かと忙しく 釣りはお休み・・! そんな中、両親が千葉方面へと用事で出かけ・・
 
     大雨の中、早朝からの短い時間だけ竿を出し・・ 中アジを200尾ほど・・! それと・・ 房総の
 
       オカっぱりからは比較的珍しい獲物、タカベも相当数お目見えし・・ 楽しめたとのこと!
 
 「ちなみに仕掛けは・・ あたくしのこしらえたアジ用サビキ・・ まさに入れ食いだったそうで・・」 ヨカッタヨカッタ!
 
    そしてこちらが我が家のおすそわけ分。 数えてみると・・ アジ=106尾  タカベ=22尾 凄い量です。
 
イメージ 1
 
 房総は 周年アジが狙え・・ 外が荒れたりすると波濤でも一日入れ食いとなるなど・・ 本当に羨ましい所。
 
 
   まずは 大きさ別に分け・・ およそ半分をサッと開いて・・ 中アジのヒラキの一夜干しをこしらえる・・。
 
        それとタカベ・・ コレはキツめに塩を効かせ・・ 開かず一本のまま半夜干しに・・・ 。
 
イメージ 2
 
  そして最後に・・ 比較的型の揃ったアジをお刺身用にまわし・・ サッと皮を引き・・ 三枚におろして・・
 
 包丁でたたき・・ ネギ・味噌・しょうが・大葉等を程よく加え・・子供の好きな鰺なめろう! 出来上がりです。
 
イメージ 3
 
                      今週末は・・ 海入りもできませんでしたが・・
 
                        おいしい食材にはありつけました。。。
 
 

          つい先日の海方面最終釣行(未定ですが・・)で 運良く掛かったヒラスズキは・・
 
     背も張ってなかなか形も良かった為、趣味的な魚拓でもたたこうかと思い 〆ずに持ち帰る。
 
    しかし、磯で写真を撮っている時に暴れられ、魚拓面(右側)の鱗がかなり剥がれてしまった事で
 
    趣味魚拓は諦め・・ 晩のうちに包丁を入れ三枚に・・。 それと アラもこんな感じでバラしておく。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         そして、この状態で中一日寝かせ・・ 身がしっとりとしてきたところで下駄に盛る!
 
         今回は子どもの好きなスモークサーモンとストックしてあった地タコも添えて・・
 
         こんな感じで・・ ヒラスズキのバラエティー盛り・・!「子供用」! 完成です。。
 
イメージ 3
 
 そしてこちらが・・ シソとワサビ醤油でさっぱりと食す ヒラスズキの「しそ巻」&地タコの酢の物 「大人用」
 
イメージ 4
 
               それと今回はもう一品! バラしておいたカマでこしらえた・・
 
                 「ぶり大根」ならぬ・・ 「ヒラ大根」  コレは嫁はん作。
 
イメージ 5
 
              この部分は、特に脂ものっていて・・ ある意味一番おいしい食材!
 
              大根もヒラスズキのうま味がしみこみ・・よい味となっておりまして・・
 
            久々にお目見えしたヒラスズキ! 子供たちも大喜びで食しておりました。。
 
                          【この魚の釣行記はこちら
 
 

  一昨日の予報では・・ 波高2.5m+ウネリ強とのこと! 磯に立てるかどうかは半々の予想でしたが・・
 
 短時間と割り切り夜の海へと向かってきました。場所は 今春もそろそろ最後となりそうな三浦方面の地磯です。
 
   海の状況は・・ 予想をはるかに超えたウネリ・・! 下げ潮が効いているものの波は不規則に立ち・・
 
      様子を見ている間も 段々と波が大きくなってきた・・。 打てて一時間が限度・・! まずは・・
 
    大サラシの中を大きめのミノーで上のレンジから一通り探り反応なし!次いで今季の主力を投じ・・
 
      やや下のレンジで カツン! と 押されるような比較的小さなアタリ! しっかりアテた後
 
      サラシの中を派手に数回 バタバタっと跳ねっかえす姿は・・ まさにヒラスズキの暴れ方!
 
  少々強引に寄せるも・・ 足下で大波に何度も持っていかれ・・ その都度 ラインがシモリに取られたりと・・
 
      ひやひやの連続。 そして ようやくタモに収まった魚は、この秋・冬の海時期の磯シーバス、
 
              12本目にして やっと出せた  ヒラスズキ 65cm 3.1kg 
 
イメージ 3
 
    やり取り時は、どちらかと言うと 魚ではなく 対 大波・・! その間、一瞬体が浮くような事もあり・・ 
 
    まさにズブ濡れ・・! また、魚にも振りまわされた事で自身もかなりの酸欠状態となりましたが・・
 
   横たわった魚を眺め 二度・三度と深呼吸・・! 海時期の最後の最後で・・ 良い魚に出会えました。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
            そして・・ この一尾で釣り終了! 荒れ狂った夜の海を後にしました。
 
   ※ これで 心おきなく山(渓)へと移って行けそうですが・・ 条件次第で、まだあるかも知れません。。
 
                          【この平鱸の食編はこちら
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
       ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
           ROLLING BAIT 77 15g    ぼろぼろ SFウルメ カラー ST-46 6 & ST-36BC 6

    前機種が動いていた為、ついつい後回しとなってしまい セットUPも遅れていたWindows7 ・・。
 
 コノ手は・・ やろうと思った時に行動に移さないと なかなか進まないのも事実ですが・・ 正直、苦手な類・・。
 
  そんなこんなで苦戦を強いられ・・ ようやく最低限のところまで完了・・?! こんな感じになりました。。
 
イメージ 1
 
  そして肝心の動きは・・ 全機種のVistaに比べると・・ 速くなったような・・ そうでもないような・・?!
 
   まだよくわからないと言うのが正しいところ・・?! ただ、いずれにしましても・・ ようやく復活!
 
  あとは時間を見て・・ ゆっくりと機能等 覚えていきたいと思っておりますが・・ さてさてどうでしょう。。
 
 

                後継機種のPC接続の為・・
 
               少々時間が必要となりました。
 
              したがって訪問・コメも遅れます!
 
             ご理解のほどよろしくお願い致します。。

     少し前になりますが・・先日の大雪の前夜、短時間釣行を試みようと海方面へ向かって来ました!
 
   場所は三浦方面の地磯です。 海の状況は・・ ほぼ凪で 潮位の状態からしても磯マルよりメバル・・!
 
      ただ、あわよくば磯マルの想いから・・ 投じるルアーもローリングB 48 「めばる・磯マル兼用?」の
 
     一種だけを使用し ロッドも少し硬めを選び ラインも6lbに上げ・・ めぼしいところを通して行く・・。
 
               そして・・ 沖目でグンっ! とアタリ・・ 幸先よく8寸メバル。。
 
 
イメージ 1
 
 
            しかしその後は アタリも遠のき別場所へ小移動・・。 今度は飛び道具+カブラで一通り探り・・
 
 
イメージ 2
 
            数回の細かなアタリをなんとか拾って・・ ほぼ同級生の8寸強メバル!
 
               その後は 即 海へお帰りサイズと程良く遊び・・ 天候が悪くなってきたところで納竿。
 
      ※ 渓流解禁と言う事で・・ そろそろ海もお終いの雰囲気ですが・・ さてさてどうでしょうか。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
           ロッド D社 PHANTOM - TR 66 L
          バリバス  SUPER TROUTADVANCE 6lb  ROLLING BAIT 48 4.5g アルビノカラー    
                                                自作カブラ1.8g 金テープ
                                                  キャストシンカー 2.0g

  今日から三月! 渓流師にとっては 待ちに待った渓開き! しかし・・ このところ続いていた好天気も
 
   解禁の前日になって あいにくの天候となり・・ ココ関東の平地でもこんな具合で・・ 一面真っ白。。
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     我が家の膨らみ始めたブルーベリーの新芽も寒そうにしている中、子供はと言いますと・・
 
                 庭にこしらえた雪の滑り台で 楽しそうにソリ遊び。。
 
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 おそらく山梨県の(毎年通っている)道志川の渓魚解禁も・・ 上地区にはたどり着かないくらいの積雪に・・。
 
    ただ、あたくしはと言いますと・・ 平日解禁は都合つかずですし・・ 今年のコノ寒さも影響してか・・
 
      この春は多少ゆっくりスタートを予定しておりますが・・ さてさてどうでしょうかっ・・。。。
 
 

このページのトップヘ