鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2012年05月

       毎年 鮎や渓が終わると 一休みをしてから徐々に釣り場所を海方面へと移し始める・・。
 
     狙いものも・・ その時期ソノ時期で多少の違いがあるモノの・・ 全般には磯シーバスがメイン・・。
 
   この秋・冬も ここ数年同様・・ 時間を見つけては、可能な限り磯入りし・・ 運よく出会えたシーバス達。
 

 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   平成23年 12月 6日  磯マル 70cm・69cm                 平成23年 12月 9日 磯マル 72cm・70cm
           【釣行記はこちら】                               【釣行記はこちら

 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     平成23年 12月 30日 磯マル 75cm                     平成24年 1月5日 磯マル 79cm
           【釣行記はこちら】                             【釣行記はこちら

 
                  それと・・ うまい事出会えた ヒラスズキ!
 
イメージ 5
 
                        平成24年 3月6日 平鱸 65cm 3.1kg
                              【釣行記はこちら
 
…………………………………………………………………………………………………………………………
 
   この魚は、出来れば毎年一本! 「大きさ問わず」 を目標にしている コノ地の最高峰の釣魚・・。
          今季も最後の最後で 目標も達成でき・・ よい海シーズンとなりました。。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  今季 秋・冬 磯シーバス            計12尾     型は 79cmまで・・
                        (ヒラスズキは 1尾)     型は 65cm 
 
   ※ さて、明日からは地元鮎河川の解禁です。。 いったいどんな年になるでしょうかっ・・。?!
 
 

   そろそろ鮎も解禁というのに・・ ひょんな事から始まった渓流域でのルアー・・。 先日の良型バラシも
 
  重なってか、予想以上に熱くなっている状況・・。 そんなこんなで・・ 前回に続き、夕方の渓へ出撃です。
 
  場所は山梨県・道志川! 今回は 今季まだ歩いていない地区を様子見がてら・・ ロッドを手に渓入り・・。
 
イメージ 1
 
  まずは流れの両脇をテンポよく通していき反応を見る・・。すると 時折流心から かけ上がり付近まで・・
 
  派手にルアーを追ってくる元気な渓魚達・・。 自然と巻く手が遅くなったり早くなったり・・。 小さな渓魚に
 
   夢中になっているのか、気付くと・・ 口があいたままの状態で・・ “あぁ~喰わないかぁ~” と独り言・・。
 
 久々に味わう新鮮な感覚を程好く楽しみ・・ ややあって、ようやく針掛かりしたのは小ぶりの綺麗な山女魚。。
 
イメージ 2
 
           その後も似たような所を通していき数尾を追加・・。 そして別場所へ移動・・。。
 
             雰囲気のある大場所の巻終わりで・・ チェイス丸見えの グンっ !
 
イメージ 3
 
                   今回も綺麗な岩魚が出てくれました! 
 
イメージ 4
 
            平水の澄といったコノ条件は、餌でも難しいと思える中・・ よくもまあぁ~・・ 
 
         こんな金属片(スプーン)を、流れの中から見つけ・・浅瀬まで追ってくるものだと・・ 
 
     つくづく思っておりました・・。。 そして最後に、またしても良型をバラしてしまい ココで終了・・。。
 
             まだまだ・・ 課題の残る短時間釣行といったところでしょうかっ。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
                ロッド、C社、56 UL
               ルビアス1500 ・ バリバス  SUPER TROUTADVANCE 5lb
               ルアー、蝦夷スプーン 3g GYB・GYR カラー
 
…………………………………………………………………………………………………………………………
 
          ※ ただ、気になる事もありまして・・ それは・・ 各箇所で今現在も行われている河川工事・・。
             何気に看板を見てみると・・ 予定では7月末までとなっており、相当な時間が必要と・・。。
 
イメージ 5
 
   ましてや 回復前に再度台風でも来ようものなら ますますといったところ・・ 今季は厳しそうです。。

           地元河川(相模川・中津川)の鮎解禁も もう目前といったところですが・・
 
        実際には・・ つい先日、今季用の鮎掛け針が組み上がったばかりと言う状況。。
 
  そこで・・ 少し急がねば・・! と 取り掛かった作業が・・ ハナカン回り&水中糸(今期は全て複合)。。
 
  ハナカン回りは、初期用で中ハリスが0.8と1.0号のフロロ・・。 ワンタッチハナカンは全て6mmに統一。
 
     たとえビリ鮎でも、このくらいが一番扱いやすいし・・ 傾きも少なく、綺麗に泳ぐ気もする。。
 
イメージ 1
 
              また、今季は古い糸等も 無駄なく使い切る年にしようかと考え・・
 
           かなり古いと思われる水中糸も出してきて、号数別で(0.05~0.1号まで)を・・
 
                    天井糸から下で 18セット・・ こんな具合です。。
 
イメージ 2
 
            今季は まずビリ鮎用として用意しましたが・・ 予想では足りる計算・・。。
 
           あとは終盤・・ 大型化した時にでも、追加でこしらえようかと思っておりますが・・
 
                        さてさて どんな年になるでしょうかっ。。。
 
 

  早い地域では すでに鮎解禁を迎えておりますが・・ 地元河川の鮎解禁まではもう少しといったところ・・。
 
  そんな中で・・ ようやく掛け針の四本イカリが組みあがりです!パッケージ数は毎年11個。ココ数年は
 
  全てD社のD-MAX マルチです。 ただ、今年は・・ 二つの箱でバラ針が、一本づつ少ないといった
 
   状況で・・ その都度、落としたのかと、必死で探してしまったりと なかなか作業が捗らなかった。。
 
  一袋づつ マグネットに置いているので、飛ぶことはまず無いと思っているのですが数が合わない・・・。。。
 
            なんて想いつつも・・ ようやく予定数の266本、こんな具合で完成です。。
 
                   イメージ 1
 
       この本数は・・ 午後出の釣行時に使用するイカリの本数が、毎回 約6本~8本として・・
 
      川の条件次第では、30日と+α 川入りすることから・・ 毎年この本数が一つの目安・・。
 
            終盤にはチラシも多用することで・・ 予想では間に合う計算です。。
 
       今年は一週間半で一っ気に巻いたので・・ 針を押さえる指が少々痛いところですが・・
 
  鮎仕掛けの中でも 一番の数モノとされる掛け針が無事に仕上がったところで・・・ 次の仕上げモノへ・・。
 
イメージ 2
 
         解禁も迫っておりますが、次は鼻カン回りと天井糸、その他もろもろの同時進行で
 
               仕上げていきたいと思います。  多少急がねば・・・。。。
 
 

   来月には地元鮎河川も揃って解禁を迎えまして 今季の鮎も楽しみではあるのですが・・
 
   毎年この時期は、やはり夕まずめの渓に入って餌やテンカラで山女魚と程良く遊んでいる季節・・
 
     この春はソレが出来ていないので なんとなく調子が違う気も・・・! そんなこんなで・・
 
    鮎解禁の前に、フラっと渓の様子でも見てこようかと・・ 向かった先は山梨県・道志川です。
 
    ココは前回の川見の際 各箇所で重機を動かし・・ 大がかりな河川工事を行っていた所・・。
 
               動いた範囲でも5~6ヶ所で・・ 今現在もこのような状態でした・・。 
 
イメージ 1
 
   釣れる釣れないは別問題としても まず、釣りが可能な 重機等の無いところを探し・・ 車を走らせる。
 
   そして、以前とそれ程変わっていない個所を様子見がてら・・ 今回はテンポよくルアーで探って見る。。
 
イメージ 5
 
    ただ、実は渓流域でのルアーは経験が無く・・ 実戦は初めて! いつも道具は積んでいても・・
 
 何故かテンカラや餌で遊んでいた為、キャストをしたことすら無い! 本流域のみ! それも米代の櫻以来。。
 
 それでも、渓流タイプの管釣りは良く行っていたことでソノ延長感覚といったところか・・。。 と、そんな事を
 
             想いつつ・・ 餌師の後追いで渓入りし・・ めぼしい所を通していく・・。 そして・・
 
               段の落ち際でクンっ! とアタリ・・ 道志生まれの可愛いイワナ!
 
イメージ 2
 
 ラインを巻いてしまい背が傷ついてしまいましたが・・ 昨年の出水で沢から吐き出された感じの綺麗な個体。
 
 そのまま流れに返して・・ その後 ややあって本命の綺麗な山女魚! 双方ともに、ルアーではお初です。。
 
イメージ 3
 
 
イメージ 6
 
        この後も綺麗な個体、数尾と程好く遊び・・ 次にやれそうな区間へ移動。 そこでは・・
 
   ミノー(Dコン)に激しくまとわりついてくる成魚・・ ニジマスも込みで数尾・・・。。 (三つだけ持ち帰り)。。
 
イメージ 4
 
    これまでは、稚魚放流モノの綺麗な個体か、数少ない道志の天然を選んで絵に出してきまして・・
 
    一切、成魚放流モノの写真は載せて来ませんでしたが・・ 今回は現状の報告ということで・・・。。
 
      ただ、この手の魚も沢山の方々のご苦労あっての魚ですし このような渓の荒れた年には、
 
  本当にありがたい魚ではないかと想います! そして最後に、マズメ時を狙って移動! と、そこで・・
 
  8寸強の綺麗な山女魚がチェイス丸見えの状態でグンっ! ローリング一発でピンピンの尾を翻し・・ 
 
     流れへ消えていってしまった・・・! こんなところで出たか!が・・ 正直なところでしたが・・
 
       テンカラ・餌とはまた違った感覚で・・ 今後の楽しみがまた一つ増えた気もします。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
               ロッド、C社、56 UL「改」 (トラウトの大会で頂いた賞品・・)
               ルビアス1500 ・ バリバス  SUPER TROUTADVANCE 5lb
               ルアー、蝦夷スプーン 3g GYB・GYR カラー ・ Dコンタクト 50mm 鮎カラー。
 
   ※ 未だに重機の入っている個所も多く・・ まだまだ釣りが不可能な区間も多いです。
     河川工事地区は もう少し時間が必要とのことで・・ 鮎の解禁までずれ込むような雰囲気でした。。
 
 

  昨日は下の子の運動会へ朝一番から参加・・。 と言いましても、実際には場所取りから始まった早朝・・。
 
それは、程好く日陰で なおかつ観戦するのにも丁度良い場所を体を張って守りに行くという任務にも似たモノ。
 
 我が子の為、または次回の釣行の為・・ 頑張ってきまして・・ 何とか無事に役目を果たし・・ 終了 ?!。。
 
 そして肝心の・・ いわゆる(出る種目!) というのは・・ 完全にポジションを外し・・ まったく違う子を撮影・・。
 
                    しかも連写で・・・!^^
 
    ちなみにコレは、運動会の花形・・ 騎馬戦の最後の大将対決・・! 盛り上がっておりました。。
 
イメージ 1
 
         今日は一日、まさに鮎日和の様な好天候に恵まれまして・・ 
 
              家族みんなで楽しんでまいりました。。。
 
 

   前記事の相模川・高田橋下流 旧一本瀬付近の川見の際、いつも通り上流側に回ったのですが・・
 
     上流側からはウエーダーを履かないと太くなったホソが渡れず、急遽下側へ車で移動・・。
 
  向かった先は 石切り場(望地)。ここは通称、田名ホームから入り 道なりのドンつきから川原の土手へ・・
 
  そして上流・・ 旧一本瀬方向に・・!というのが本来なのですが・・ 今現在は河川工事(ジャカゴ造り)が
 
  済んでおらず車も入れない・・。 そんなこんなで・・ 結局一本瀬までは予定外の歩き・・ 早朝野球の後に
 
  コノ距離は正直こたえた気も・・?! なんておもいつつ・・ その後は 折角なので石切り場も見て回る・・・。
 
      ↓、ジャカゴ前はこんな具合です。       そしてこちらが↓ジャカゴ下の瀬肩、特に右岸 ◎です。
        (流れは手前から向こうへ・・。)
 
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この地区は大型競技の予選エリア・最下流地区で・・ かつては自身もココまで歩いた?走った・・??場所。
 
 今季は上地区に場所が少なくなった事も考えると まず本部から30分びっちり歩いてみるのも良いのかも・・?
 
 雰囲気としては全体的に上地区よりも良い感じ・・・?!あとは、やはり遡上状況が気になるところですが・・
 
 未だ・・ 一度も跳ねを見れておりませんので 今のところは魚っ気ゼロ・・! ただ遡上が遅れている程度なら
 
     良いのですが・・ いずれにしましても 始まってみないと何ともといったところでしょうかっ。
 
 
 ※ 本日(18日)の情報では、下流地区で まずまずの量の遡上を確認とのこと 一安心といったところです。。
 
                           ※ 詳しくはこちらへ ※
 

      先日の年券購入後の川見で まず向かった先は・・ 毎年 鮎の時期に川入りすることの多い
 
     高田橋付近です。 昨年の度重なる異常なほどの出水により・・ 川相は大幅に変わった模様・・。
 
     まずは高田橋下流・一本瀬付近。 「車止めからは下れず・・工事中の石切りから歩きました・・」。
 
      ↓コレが昨年までの一本瀬です。        ↓黄色が一本瀬の無くなった平ったい流れ・・
                                    瀬落ち下、通称ヨシ草前の平トロも無くなっております
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     そして、この下側(通称、昨年までの分流の瀬)付近にザラ瀬が一本だけ、短い距離で出現・・。
 
イメージ 5
 
  瀬落ちも、ホソ(左岸テトラ前の)との合流と重なってテトラ方向へぶつかり・・ 吹きあがっている状態・・。
 
イメージ 3
 
   そしてコノ下で、右岸側に新たに出来たホソが本線と合流・・。 ↓(向かって一番左が右岸ホソ合流)
 
イメージ 4
 
       この地区はシマノ・ダイワ・がまかつ等々・・ 大型競技が開かれるメインエリアでしたが・・
 
       感じとしては・・ 今まであった瀬が少なくなり・・ ポイントはかなり限られるような気も・・?
 
 ただ、この時点でのダム放水量は城山ダムでおおよそ60t前後(放水表示が出ておらず見た感じの30cm高)
 
     だったことも考えると・・ 今後、もう少し変わってくることが予想されますし 依然、川の濁りも強く
 
      川底も見通せないことから、まず澄んでから歩いてみることが必要・・・。 それと肝心な・・
 
         ビリ鮎が居てくれるかが一番の問題かと想いますが・・ さてさてどうでしょうか。。。
 
…………………………………………………………………………………………………………………………
 
    ※ このあとは、今季のメイン地区になりそうな雰囲気の石切り場(望地)も見てきましたので・・
       時間ができましたら お伝えいたします。。

    一か月半ほど前の まだまだ寒さの残る早朝、所属している野球チームのリーグ公式戦が開幕・・!
 
 その間 センバツ高校野球・次いでプロ野球と、相次いで始まり・・ なんとなく野球気分も上向いてきた・・。
 
   そんな中、わがチームの初戦はというと・・・ 日程的な事と、週末の天候不順&グランド使用不可等も
 
             重なり、随分と遅れ遅れとなった初戦ではありましたが・・ 何とか無事に・・・。
 
イメージ 1
 
             これからの日曜早朝(am5:30~)野球は 秋ぐちまで続きまして・・ 
 
        実に健康的な運動ではありますが 今年も怪我なくシーズンを送りたいと思います。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
      そして・・ 野球の後は 川近くのお店へ今期の鮎年間遊漁承認証を購入しに行きまして・・
 
イメージ 2
 
        毎年の事ですが・・ コノ年券を手にすると いよいよ鮎時期まじかといった気分に・・・!
 
       そしてこの後は、少々疲れ気味ではありましたが・・ その足で相模川の様子を見て来まして・・
 
          時間ができましたら・・ 変わり果てた相模の流れをUPしたいと思います。。
 
 

  今年は海方面を例年より長めに楽しんでおりましたので 鮎支度は何も進んでおりませんでしたが・・
 
  毎年この時期は、まず鮎供養塔へ行き・・ それから鮎の掛け針を組み始めるのが一連の流れ・・・。。
 
そこで先月、鮎河川の相模川を見に行った時 一通りまわった後、川のほとりの鮎供養塔へも寄ってきまして・・
 
イメージ 1
 
         今季は多少ゆっくり目の始動ですが・・ いよいよ鮎のイカリ針! 組み始めです。。
 
イメージ 2
 
      ただ、今期の相模川の鮎遡上状況は・・ 正直、サッパリ分からず・・ その上 昨年の出水後の
 
  河川工事等も なが引いている状態で・・ まさにフタを開けてみないと 実際は??? いったところ・・。。
 
    昨年の遡上が凄く良かった分、その反動が思いっきり来そうな雰囲気・・。 一概には言えませんが・・
 
                いずれにしましても・・ 不安の多い年となりそうです・・。。。
 
      そして肝心の掛け針は、7号 四本イカリをメインとし・・ 手始めに二袋ほどを巻き巻き・・・
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
          予定では今月中に260本組みあげる・・・!? なんて思っておりますが・・ 
 
       まだまだ海方面も気になるところでして・・ いつになったら組みあがることやらです。。
 
 

         この春も昨年同様・・ 天候・気温の変化の激しい年で、我が家のブルーベリー達も・・
 
      花をつけるのが若干遅れるのでは・・?と 予想しておりましたが、気づけば綺麗に咲き始め・・
 
                       ただ今、真っ盛りといったところ・・。
 
   ↓はラビットアイ系の大粒ホームベリー。       もう一種は↓ ハイブッシュ系のシャープブルーです。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                         ちょっとだけ花の形が違います。。。
 
      昨年はハイブッシュ系が いわゆる裏年で・・ 花も ちょぼちょぼ といったところでしたが・・
 
     今春は比較的元気に花をつけてくれまして・・ ラビットアイは、二年続けてアタリ年の雰囲気・・。
 
   それと大事な役目を果たしてくれるミツバチ等↓も・・ ココに来て活発化し コレで今期も一安心・・。
 
イメージ 3
 
        収穫は鮎つり真っ盛りの7月半ばっ頃となりそうですが コレはこれで楽しみです。。。
 
 
 

       つい先日 運良く掛かった地タコは、釣れ上がってスグに洗濯ネットに一ハイずつ入れ・・
 
      〆ずに持ち帰る。 その後は 大きいモノだけ下ごしらえを済ませ・・ 一度に食す量に分け、
 
  ぬめりのまま真空冷凍し保存用にまわす! あとは食べたい時に出してきて塩でもみ、茹で上げるだけ。。
 
イメージ 1
 
     一方の小さいモノは・・ 一時的に冷凍庫へ・・・。 一度 かるく凍らせることによって次の作業の
 
     ぬめり取り(塩でもむ)がかなり楽になる! それからは茹で上げ・・ 前回同様、子供の好きな
 
     地タコの串焼きと 味見程度のお刺身! そしてもう一品は・・ ごく一般的なタコ焼きです。。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             串焼きは、どちらかというと・・ お酒のつまみ的なモノにちかいですが・・
 
           何故か子供たちも大喜びな食し方で・・・  今回も皆で美味しくいただきました。。
 
                         【この地タコの釣行記はこちら
 
 

  記録的に降り続いた一昨日までの大雨・・。 本来なら、間違いなく大喜びで渓へと向かうところですが・・
 
  今期は いつもの年とだいぶ違う・・。 渓はこの大雨で また河川工事中の泥が流れ・・ 釣りも不可能・・。
 
 ということで一昨夜、ロングランで楽しんでいる海方面へと向かってきました。場所は三浦方面の地磯です。
 
   予報では波高3m+ウネリ強とのこと! あいにくの雨の中、短い時間だけ、居着きの磯マル&ヒラを
 
   狙って磯入り・・。 海の状況は、予想通りのウネリで濁りも強でしたが 波はそれほど気にならない。
 
  ただ 潮の効きは弱め・・。  約一時間 磯際を通し・・ フックに掛かってくるのはこんなのばかり・・・。。
 
イメージ 1
 
 ここにきて育ったか、少し大きめの波っ子(ナミノハナ)です。しかし、コノ類は 正直言ってシーバス&ヒラの
 
   捕食ベイトには当てはまらない気もする子魚・・。  実際には、コノ地の 過去数十本の磯マルや
 
   ヒラスズキの腹の中からは出てきたこともなく・・ それ程の期待感も無い類のベイトに当てはまる・・?!
 
         この時点で磯を後にし・・  いよいよ 大本命の釣りへと移動・・。 先日に続き、
 
   地ダコの様子を見て歩く・・。 状況としては・・ 外が荒れた関係で潮が程よく濁り、雰囲気も十分・・!
 
  まずは小型が出そうな根回りをテンヤで探り・・ 300サイズが反応・・・。続いて即海へお帰りサイズも・・。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  その後は砂地混じりの根際をゆっくりと通し・・ モーっとした独特の重みがテンヤに乗り・・ 1㌔弱を追加・・。
 
イメージ 4
 
ここで・・ さらに雨も強まり 釣り終了! 本来は甘い水(雨水)を嫌うといわれているタコですが・・
 
         今回も雨の中、良く掛かってくれまして・・ 美味しい食材も確保できました。。。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
                          【自作たこテンヤはこちら】  
 
 

 この時期の連休は 衣替えの時期と重なる為 仕事上・・ 超大型連休とは程遠いのが我が家のGW・・。
 
   テレビやラジオの報道でも・・ 「GWも後半になり・・」というのをよく耳にするけれど、その頃になって・・
 
   ようやくお休みがとれるといった感じか・・。 誠にありがたいことではありますが・・・。。 そんな中、
 
  毎年、鮎シーズンに足を運ぶことの多い相模川・高田橋地区で 「泳げこいのぼり」 イベントが開催。
 
      期間は4月29日~5月5日の子供の日までとの事で・・ 先日の紙面↓ に載っておりました。
 
イメージ 1
 
  このイベントは二年ぶりの事! 川下の海方面から吹き抜ける風になびく1200匹の鯉のぼりは見事で・・
 
  今年も子供を連れて・・! と思っておりましたが・・ この数日は あいにくの天候により、ここは諦め・・・
 
                            向かった先は・・ 映画館。。。 
 
イメージ 2
 
  撮影用の椅子があったので撮りましたが・・ ジョニー・デップのダーク・シャドウ(5月19日公開)では無く・・
 
                           目的は・・  コチラ・・・! 
 
イメージ 3
 
          毎年恒例の「劇場版、名探偵コナン」です・・! やはりコナン君は面白い・・・!!
 
      天候が今一つのGWではありましたが・・  こどもの日を前に、楽しく過ごしておりました。。。
 
 

           つい先日の釣り魚は・・ 帰宅してからスグに下ごしらえまでを済ませておく。
 
      一昨日のメバルは大きさ的にも恵まれましたので 子供達の好きなお造り用にしようと・・
 
        まずは三枚に捌き 皮も引いて・・ こんな具合にしておき、 なか一日寝かせる・・。
 
イメージ 1
 
         今回は 一緒に添える地タコも、小さいながら一パイ獲れたことで・・ タコも同時に
 
          下処理を済ませてから茹で上げ・・ 翌日、 メバルの身がしっとりとしたところで・・
 
                 下駄に盛る・・! 地タコとメバルの 紅白お造り 完成です!
 
イメージ 2
 
                          そして今回はもう一品・・!
 
              茹で上げた足をブツに切って強火で表面を焼いた タコの串焼きです。。
 
イメージ 3
 
  コレは熱いうちにレモンをギュと絞り、塩をふって食すと、表面はカリッと中は柔らかの触感が楽しめます!
 
   我が家の子供たちも大好きで・・ 久々のメバル&地タコのお造りセット! 喜んで食しておりました。。
 
                      【このメバル&地タコの釣行記はこちら
 
 

このページのトップヘ