鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2013年02月

        昨日は仕事後の数時間を狙って急遽 磯へ向かう。。 場所は三浦方面の地磯です。
 
   向かった先の磯には 一足早く現場に着いておられた【源流からソルトまで】の花咲か兄さんのお姿。。
 
 状況を伺うと・・ 既に大型のメバルを二尾、ソルトフライで出しておられ・・ 流石の一言! ご挨拶も早々に・・
 
  立ち位置を譲っていただき、カブラを通す。。 海の状況は、下げ潮 5ぶといった具合で潮もそこそこ走り、
 
めぼしいスジにカブラを届ける感じで一点一点置いていき・・ 開始早々にココンっ とアタリ 九寸が顔を出す。
 
イメージ 1
 
      その後も同じように探り・・ ややあって ツン グングンっと ほぼ同級生の色違いを追加。。
 
イメージ 2
 
     ここで・・ 花咲か兄さんは一足早めのお帰りとなり、自身も足元に見え隠れしている新わかめを
 
  少々拾ってから・・ 最後に数投して上がろうかと・・ 再度キャストをし始める。。 すると・・ 思いのほか
 
  潮が走っており・・ 三十分の延長戦を試みる。。 パッと見 カブラ(ヘッド)単体では潮の目には入らず、
 
  ここでキャストシンカーをつけ足し、吸われる波を利用して底へ通す。 感じとしては、渓流釣りの“喰い波”
 
   または、鮎釣り時 囮をスッと沈ませるところの様な、底へ吸い込まれる流れにカブラを落とし込み・・
 
  スーッと通していくと・・ コンっ とあたり・・ 重量感がロッドに乗った時、ガバガバっとエラを洗う磯マル。。
 
     タックルもメバル用とするならばヘビーですが・・ 磯マルとしたら かなりライトなモノでしたので・・
 
              ドラグの微調整を繰り返し・・ だいぶ時間をかけ 無事にタモ取り。。
 
イメージ 3
 
                    今季の磯シーバスの16本目は、69cmでした!
 
イメージ 4
 
       この時期からは、条件次第で型メバルと磯マル(小ヒラも)が重なってきたりもするので・・
 
       双方にある程度備えて置いて良かったと つくづく感じまして・・ この一尾で釣りも終了。。
 
    短時間釣行でしたが、良く掛かってくれたと思います。。 花咲か兄さん、今回もお世話様でした。。。
 

 
   ロッド ウエダ SPS 802 SS-Ti トーナメントZ2500SC キャストアウェイ1号 ナイロンリーダー10lb
                                               キャストシンカー 2g~2.5g 自作カブラ1.4~1.8g 金・銀テープ
 
                           【コノ魚の食編はこちら
 
 
 
 

                        日付が前後してしまいましたが・・・
 
     つい先日のメバル釣行では、小ぶりが目立ち・・ 殆どが海へお帰りサイズといった状況でしたが、
 
    数ヶ所を観てまわった結果、家族分(4尾)の持ち帰りサイズがうまいこと揃い、この数尾を持ち帰る。。
 
               そして・・ 晩のうちに背開きにして半夜干しに・・。 こんな具合です。。
 
イメージ 1
 
        その後は・・ 魚の表面が乾く程度に干し・・ 寒風で身がしまったところでサッと焼き・・
 
                        メバルの焼き物 こんな感じに出来上がりです。。
 
イメージ 2
 
       この魚は、焼くと独特な弾力感のでる身質となり・・ 我が家では「煮つけ・お刺身」よりも・・
 
    評判の良いメバルの食し方・・。 正直、磯マルよりも確実に喜ばれるのも事実。。 そんなこんなで、
 
                 今回も 家族そろって美味しくおいしく食しました。。。
 
                        【このメバルの釣行記はこちら
 
 

     昨日は仕事後、ゆっくりWBCの壮行試合をテレビ観戦・・。。 その後も一通りの用事を済ませ・・
 
 日付が変わるころ海方面へと向かってみる。。 場所は三浦方面の地磯です。 現場には大潮のド干潮からの
 
  やや上げが効き始めた頃には入り・・ 身支度を整えて磯へ出る。。 向かった先には先行者さんの姿もあり
 
  その中に、いつもブログでお世話になっております【NAKAさん】のお姿も・・! 状況を伺うと・・ イカ狙いで
 
 既に一杯、美味しそうなサイズをお持ちで・・ 暫し釣り談義に花を咲かせ、その後 一足早くに上がられまして
 
  あたくしも立てそうなところから一通りルアーを通し始める。。 海の状況は、最初の一時間は ほぼ凪・・。
 
  その後は一転、南寄りの爆風となり・・ いったん休憩をとる。。 そして・・ あたりがしらじらし始めた頃、
 
      再度前へ出る。 満潮位も重なってザパンザパンの状態・・。。 あたり一面 こんな感じです。。
 
イメージ 1
 
  まずはサラシの中を上のレンジから通していき・・ 次いで やや下のレンジを通し始めたところでコンっ・・!
 
   シッカリとアテたはずが・・ ラインもふけていたのか、完全なスカ・・。。 ただ、この状況は魚にストレスを
 
       与えていないため・・ 変に浅く掛かってしまうよりも良かったりもする。。 そんなこんなで・・
 
       打ちやすい波を待って待って・・ 掛け直しを狙い・・ ややあって、カカカっ!と アタリ・・!
 
      今度はしっかりとティップに乗せ・・ 体ごと振り返るように追いも一発!  釣り返しに成功・・!
 
  あたりは既に明るい時間なので・・ サラシの中をペタペタっと跳ねっかえるヒラっ子の姿もスグに確認・・。。
 
   やり取り中も、少しの間は見入ってしまうほど・・ 見事なジャンプを繰り返す・・。 いつもは暗いので・・
 
    よく見えてはいないが・・ こんなに暴れているんだ・・!? と想うほど かなりスリリングな光景・・。。
 
                そして・・ デカい波を4つ5つスルーしてから 無事にタモ入れ・・!
 
イメージ 2
 
        今季の15本目シーバスは、シーズン2本目の ヒラスズキ 52cm 1.5kg !!
 
イメージ 3
 
  今回も前回同様、ちょっと小ぶりではありますが・・ 自身としてはランカー磯マルより嬉しいヒラスズキ!
 
    その後はもの凄い波となり・・ 手持ちのルアーでは馴染ますことが困難となったところで納竿。。
 
              久々の朝マズメ勝負でしたが・・ 良い魚が出てくれました。。。
 

 
      ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
              レンジバイブ 70  レモンえび カルティバ ST-46 RD  6
 
                         【この平鱸のお造りはこちら
 
 

  一昨日の天気予報は・・ 又しても雪マーク。。 気温も上がらず・・ 夜には北寄りの風も強まるとのこと・・。
 
  潮回り的にも中途半端で、どちらかと言うと磯マルよりはメバルといった雰囲気の中、仕事後に磯へ向かう。
 
   行き道の途中では、予想をはるかに超えた雪が道路にあり・・ 高速道も「コノ先チェーン規制」の文字。。。
 
   今回は沿岸で一時 纏まって降った様子。。 現場には潮止まりからの上げ「1分・2分」といった状況で・・
 
     とにかく潮が低く・・ おまけにバンバンのアテ潮+向かいからの冷たい強風で・・ ほぼお手上げ。。
 
     ここで・・ 磯マルから早々にタックルを持ち替え、メバルへシフト。 その後は小移動を繰り返し・・
 
   カブラを通していく・・。。 しかし、アタリの殆どが15cmチョボチョボ、、よくても20cmぱみゅぱみゅ・・。。
 
イメージ 1
 
   小ぶりのメバルは そのままタイドプールへ逃がし・・ 別場所へ小移動。。 途中、堤防や常夜灯周り・・
 
   船着き場等々  久々に観てまわり・・ ヘッド単体で届く範囲は、アベレージ15cm前後を改めて実感。。。
 
  感じとしては・・ 昨シーズン良かったところは今のところ全然の為、反対に、昨年悪かったところを中心に
 
 テンポ良く探り・・ 立て続けにポンポンと良型が反応。。 緩めのドラグを滑らせたのは八寸強メバルでした。
 
イメージ 2
 
                  と、 ここで・・ 短時間釣行もタイムUPとなり 竿おさめ。。
 
    今季の海時期は、多少磯マルのハイシーズンがズレ込んだ感もあり・・ 今後も 条件次第では・・
 
     まだ出そうな磯マル&ヒラといった雰囲気ですが・・ 時期的にはそろそろメバルと言うことで・・ 
 
       今回は、様子見程度に各箇所を回ってきまして・・ 結果、よく出てくれたと思います。。。
 

           ロッド D社 PHANTOM - TR 66 L    ルビアス1500
          バリバス  SUPER TROUTADVANCE 5lb  自作カブラ1.4~1.8g 金・銀テープ
 
                          【このメバルの食編はこちら
 
 

        毎年の釣り時期(鮎・渓流)が終了すると 決って訪れる我が家の恒例行事の一つに・・
 
          Disneylandと言うのがありまして・・ コレは自身を釣りバカに例えるのであれば・・
 
  子供達(特に嫁はんも)は・・ Disneyおバカのジャンルに属すのではと想うほどコレはホントに好きである。
 
      ただ、この春は・・ 娘の高校受験もあり、昨年は(子供が生まれてから)初めてココへは行けず・・
 
      我慢の年となっておりましたが・・ つい先日、ようやく一安心の通知・・。。 と言うことで・・
 
  合格祝いも兼ね、一年ぶりに遊びに行ってきました。。 今回は下の子の希望で、Disney Sea です。。
 
    ココは 立地条件的に見ても、あたくしが海方面に釣りに行くより近い距離でたどり着くといった・・
 
 比較的恵まれた環境から、一時間も走らずに現場到着。。 タワー・オブ・テラーから昇る朝日はこんなです。
 
イメージ 1
 
  手際よくパス券をとって周り・・ 空いた時間でS.S.コロンビア号から富士を眺める(矢印の先に小さく・・)。。
 
イメージ 2
 
   感じとしては・・ NEWアトラクションのトイ・ストーリーのスタンバイが朝一、220分となっていた他は・・
 
  タワー・オブ・テラーとデルタのインディ・が100分前後とかなり空いている日曜日で子供たちも上機嫌。。。
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  結局パス券も・・ 計、4種のアトラクションをとれ・・ 順に使って遊び・・ 気が付けばあたりはもう真っ暗。。
 
              ライトUPされたマーメイドラグーンも こんな感じに奇麗です。。
 
イメージ 5
 
     元々はLandのイベント時(ハロウィ~ンやDisneyクリスマス)の方が好きだったりもしますが・・
 
    久々のDisney Sea もなかなか面白く・・ 家族そろってラスト時間まで楽しんでまいりました。。。
 
 

      つい先日 運よく獲れた磯シーバスは、いつもと同じように 釣れ上がってスグにナイフを入れ・・
 
    サッと〆てから持ち帰る。 そして・・ 晩のうちに二本ともサクサクッと三枚におろし、こんな具合に。。
 
イメージ 1
 
    今回は皮を引いた状態で・・ 一尾分はおすそわけ分に回し、残りの一本を家族分として食そうかと・・
 
      まずは適当な大きさに切り・・ 調理法を考える・・。。 そして・・ 結果は・・ こんな感じに・・。。。
 
                    タルタル磯まるバーガーの出来上がりです。
 
イメージ 2
 
        コレは、本来・・ 身のしっかりとしたヒラスズキでこしらえる事が殆んどですが・・
 
   磯マルでも十分美味しい食し方の一つで・・ その違いは、「多少水っぽい磯マル=ほわっと柔らかい」
 
      一方、「ヒラスズキでは=身のしまった程好い固さ」 といったところ・・。 双方共に良さがあり・・
 
                     今回も、皆で美味しくおいしく食せました。。。
 
                         【この磯マルの釣行記はこちら
 
 

   上の娘の受験等も一息つき・・ これでようやく一安心といったところ。。。 晴れて今春には無事に・・・。。
 
そんなこんなで今週の天気予報を見ると、二つの雪マーク。南岸低気圧の急速な発達も予想されることから・・
 
  一昨日(連休最終日)、私用が済んだところで・・ 短時間釣行を試みる。。 場所は三浦方面の地磯です。
 
 現場には久々に明るい時間にたどり着き、日が沈む様子を眺めながら身支度を整える。 こんな具合です。。
 
イメージ 1
 
  海の状況は、写真からでは解りにくいですが・・ 北西からの爆風で 足下はサラシがザパンザパン・・。。
 
  まずは潮流を確かめるべく・・ 一通り探り・・ 完全なるアテ潮を確認。。 そこで・・ 狙いを別方向へ変える。
 
   ただ、明るい時間はラインの行方もよく見えて 角度もつけやすく、修正もしやすい。。 と想いつつ・・
 
   表層のやや早巻に カツカツっクンっと・・ 小さなアタリ! 少々強引にサラシの中を寄せ・・ タモへ・・。。
 
イメージ 2
 
             まだ明るい時間帯から飛び出したのは、今季13本目の磯マル 68cm!
 
イメージ 3
 
 
                     まだまだ状態の良い よく太った個体でした。。
 
           その後は、不規則に流れる潮と・・ 流とは正反対の爆風とに悩まされながら・・
 
   今度はやや下のレンジでココンっ グンっとアタリ・・ 爆風で落ちそうになりながら 無事にタモへ。。
 
イメージ 4
 
                   今季の14本目は 若干サイズダウンの60cm!
 
イメージ 5
 
   潮がアテ潮の為、どうしてもリトリーブも早めとなり・・ ルアーの動きと魚の追いが合っていないのか・・
 
       双方共にショートバイトのリアフック一本掛かり・・。。 運よく拾ってきた感じの二本でした。。
 
 と、ココで・・ リーダーが根ズレ・・ システムを組み直そうかと迷った末・・ 手もかじかんでおり・・釣り終了。。
 
      北西からの爆風で体感温度も非常に寒い中、良く掛かってくれた短時間釣行だったと思います。。
 

 
       ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
        ROLLING BAIT 77 15g  自塗りチャートウルメ & 自塗り赤ヘッド 。  ST-46RD 6
 
                           【この魚の食編はこちら
 
 

      つい先日の釣行で、運よく掛かった磯マルは・・ 釣れ上がってスグにエラを切ってサッと〆・・
 
        少しの間は釣り続ける・・。 そして・・ その後にたまたま獲れたメバルと共に持ち帰り・・
 
  晩のうちに包丁を入れ・・ メバルはヒラキの半夜干しに・・。 そして磯シーバスは、こんな具合に三枚に。。
 
イメージ 1
 
      今回も ここ数回の釣行同様、サイズ的に恵まれまして・・ 幾通りかの食し方で楽しもうかと・・
 
        一時 保存用に回す。。 その内訳は、一口フライ用とムニエル用といったところ・・。。
 
       そしてこちらが・・ 味見ついでに夜食のお試し焼き& 半夜干しのメバルのヒラキです。。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         この手の食材は、獲れるときには続くといったイメージの魚でもありますが・・
 
      食の面では飽きない程度に食し・・ あとは小分けにして釣れなくなった頃出してくるのも
 
               長く美味しく食せまして・・ 今回も 皆で程好く楽しめました。。
 
                         【この磯マルの釣行記はこちら
 
 

 昨夜(金夜)は、仕事後の数時間狙いで磯入り。 現場には下げ潮三ぶ位に入れ・・ 知り合いの到着を待つ。
 
海の状況は、予想以上のウネリと もの凄く冷たい北からの強風。 そこで、いつもと違う立ち位置へ狙いを変え
 
 風向かい側の根周りを様子見程度に打ち始める。。 すると・・ やや下のレンジで ガツンっ!とアタり・・
 
 根際で大暴れをする磯マルをオープンのスペースへ やや強引に引っ張り込み・・ 浮いた所でタモ獲り・・。。
 
イメージ 1
 
           今季の12本目は 73cmの磯シーバスでした。。
 
イメージ 2
 
        写真等を簡単に済ませたところで・・ ソルトフライの【花咲か兄さん】がお見えになり・・
 
   状況をお伝えする・・。 と言っても・・ 開始10分程度の出来事・・。 まさに出会いがしらの何とやら。。。
 
      ただ、今季一度もアタっていなかったシモリ根だっただけに・・ 嬉しいワンバイトではありました。。
 
 そして・・ メインの立ち位置に入っていただき・・ 小一時間たたいてもらう。。 しかし・・ 強風がさらに進化し、
 
  上潮が滑りだして・・ 完全な二枚潮・・。 この状況はソルトフライでは限界を超え・・早々に上がられた。。
 
      その後は、足元の巻終わりでショートバイトが二回ほどあり・・ ハリ掛かりしたのはメバル。。
 
イメージ 3
 
    その後も同じようなところで もう一尾追加し・・ 潮も無くなったところで納竿。。  今季は未だ・・
 
   顔を見せていなかった方向から、磯マル&磯メバも出てくれまして、多少の変化も感じた釣行でした。
 

 
      ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
              レンジバイブ 70  もう下地が丸出し チャートイワシ > CHキビナゴ。
 
 

     つい先日 運よく獲れた磯マルは、釣れ上がってスグに〆・・ 足元へ一旦放置して釣り続ける。。
 
     その後は・・ 磯上がりと同時に いつものように鱗をとり・・ 腹も割って持ち帰る。。  そして・・
 
                 晩のうちに包丁を入れ・・ 三枚におろして コノ状態に・・・。。 
 
イメージ 1
 
        今回は、肩身をシーバスしゃぶしゃぶで食し、 腹身は竜田用とのことでしたので・・
 
          そのように準備を進め・・  鍋風 磯マルしゃぶしゃぶは こんな具合です。。
 
イメージ 2
 
                   その後は・・ 食すのに夢中となり・・ 写真は無く・・
 
                        最後に〆の きしめんとなりました。。
 
イメージ 3
 
       例年なら そろそろ終盤を迎える磯マルゲームではありますが・・ 今季はこの時期に来ても
 
            良く掛かってくれておりまして、今回も皆で美味しくおいしく食せました。。。
 
                       【この磯シーバスの釣行記はこちら
 
 

      天気予報は今年二度目の雪マーク。。 暦の上では立春を迎えたものの・・やはりこの時期は、
 
   南岸低気圧の発生と上空の寒気の影響から・・ ココ関東南部も 予想以上の大雪になったりもする。。
 
                    ちなみに今現在(朝9時頃)は こんな具合です。。
 
イメージ 1
 
        そんなこんなもあって 昨夜は雪の降る前の数時間を狙いに磯へと向かって来ました。。
 
      場所は三浦方面の地磯です。 現場にはソコリ間際に入れ・・ まずは出られるだけ前へでる。。
 
         海の状況は、前前日までの大荒れ情報とはうって変わって・・ ややウネリの残った凪。。
 
 まずは上のレンジから一通り探り・・ ワンキャスト ワンバイトで流れ草やゴミがラインに絡む最悪の状況・・。
 
  流石にコレではどうにもならず・・ 潮が動くの待ち? くらいに想っていると・・ 若干の北風が吹き始め・・
 
 良い具合に上潮も走って、小一時間でなんとか釣りになる位に回復・・。。 そこで・・ 再度上から探り直し・・
 
   やや下のレンジにさしかかった時に ゴンっ! とアタる。 しっかりとロッドに乗せ、追いも一発入れ・・
 
   一気に根から離す。。 掛けたレンジがやや下と言うこともあり・・ なかなか上には出ず・・ サイズも
 
     サッパリ分からない状況の中、慎重に慎重に寄せ、ややあって魚を確認し・・ 無事にタモ入れ。。
 
                      今回もルアーガッポリの激しい喰い方で・・・
 
イメージ 2
 
                         今季の11本目は 71cmの磯シーバス!
 
イメージ 3
 
  その後は・・ 多少潮を休め・・ もう一度上のレンジから通しはじめ・・ 僅かなショートバイトが一回・・。。
 
  しかし 続かず・・ ここでタイムアップ・・。。 短時間釣行ではありましたが よく出てくれたと思います。。
 

 
       ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
           ROLLING BAIT 77 15g   アジカラー 。  ST-46RD 6
 
                          【この磯マルの食編はこちら
 
 
 

        つい先日釣れ上がった三本の磯シーバスは・・ 獲った順に〆ていき・・ 磯上がり時、
 
   三尾とも・・ 磯際で鱗も剥がし 腹も割って持ち帰る。。 そして・・ 晩のうちに三枚におろしておく・・。。
 
イメージ 1
 
      今回は、数・型共に恵まれましたので・・↑の状態(竜田揚げ用皮つき)で三家族分に分け・・
 
          残りを ムニエル用と一口フライ用にするため・・ 皮を引いてこんな具合に・・。。
 
イメージ 2
 
            そして・・ あまった部分を適当な大きさに切り・・ 今回はこんな感じに・・
 
                    磯シーバスの竜田揚げ 出来上がりです。。
 
イメージ 3
 
      コレは子供のお夜食的なモノですが・・・ 好みでレモン汁やオマヨを付けると一層おいしく・・
 
                       子供たちも喜んで食しておりました。。。
 
                         【この磯マルの釣行記はこちら
 
 

  昨夜は仕事後の数時間を狙おうかと、荒れる前の海へと向かってみる。。 場所は三浦方面の地磯です。
 
海の状況は、南寄りの風からできるザワツキで雰囲気は十分。。 まずは潮流を確かめるべく、上のレンジから
 
               一通り探り・・ 開始早々にカツンとアタる・・! しかし・・ ジャンプ一発、一瞬バレ・・。。
 
 魚は小ヒラの50cmちょぼちょぼ。。 そこからは多少時間を空け、様子を見ていると・・【源流からソルトまで】の
 
花咲か兄さんがお見えになり、状況をお話しし ソルトフライで一通り打っていただく。。 そして小一時間の後、
 
 キタっ!!と言う声が夜磯に響き・・ タモを片手に駆け寄ると・・ ロッドが見事に弧を描き・・ 銀ピカの
 
   大型磯マルが水面で大暴れ・・! 何度か根に向かう魚を止め・・ 無事にタモへ・・! この瞬間、
 
 二人そろって大喜び!!!  花咲か兄さんフライで磯マル獲ったど~のブツ持ち写真です。。
 
イメージ 1
 
              こちらが・・ 花咲か兄さんの、フライで仕留めた72cmの磯マルです!
 
イメージ 2
 
        そして・・ 二人でコーヒー乾杯を済ませ・・ 花咲か兄さんは少し早目の磯上がり。。。
 
                    見事な一本! 本当におめでとうございます。。。
 

 
  その後は・・ 潮を休めながら めぼしい所を通しはじめ・・ ガツンっ! と激しいアタリでゴンゴンゴン・・!
 
             ややあって無事にタモ入れ・・! 今回も前回同様 ルアーをガッポリ。。
 
イメージ 3
 
               今季の8本目は シーズン二本目となる ランカー磯マル。。
 
イメージ 4
 
                           今回もジャスト80でした。。
 
イメージ 5
 
                  そして・・ ほぼ同じスジで 本日の二本目は 72cm。。
 
イメージ 6
 
   と、 ココで・・ 予報通り雨・風が強まり・・ 海の雰囲気が一層増したところで 本日の三本目がゴンっ!
 
                     今季10尾目は・・ 73cmの磯マルでした・・!
 
イメージ 7
 
           そこで一旦車へ戻り・・ 強風が爆風へと進化し始めたところで 釣り終了。。
 
 ランカー交じりの連発も嬉しところですが・・ やはり、花咲か兄さんのソルトフライ磯マルに立ち会えたのが
 
                一番嬉しく思います! 花咲か兄さん、お疲れ様でした。。
 

 
       ロッド ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 ナイロンリーダー25lb
           ROLLING BAIT 77 15g    SFウルメ もうボロボロカラー 。  ST-46RD 6
 
                         【このシーバスの食編はこちら
 
 
 

         つい先日、運よく獲れた磯シーバスは・・ 釣り場でサっと〆た後 磯に転がしておき・・
 
          小一時間釣り続け、磯上がりの際に磯際で鱗もとってから持ち帰る・・。。 そして・・
 
             晩のうちに包丁を入れて三枚におろしておく・・。。 こんな具合です。。
 
イメージ 1
 
          今回の魚は 現場でナイフを入れた時点で・・ 今季一番の脂ののりを確認・・。
 
       まさに真冬の個体といったところ・・。 食の面でも幾通りかで楽しめそうな好い身質・・。。
 
        そこで・・ まずは肩身を小分けにしてストック用にまわし・・ コノ状態で真空冷凍・・。。
 
イメージ 2
 
    続いて腹身側を 適当な大きさに切り・・ 子供のお弁当の竜田揚げ用に下ごしらえ・・。(写真なし)
 
    そして・・ 最後に 残っていたカマと骨身を塩を効かせて軽くあぶる・・。。 骨身はこんな感じです。
 
イメージ 3
 
         今回は 殆どがストック用といったところでしたが・・ 大きさ的には恵まれまして・・
 
                     今後、小出しにして楽しみたいと思います。。。
 
                           【コノ魚の釣行記はこちら
 
 

このページのトップヘ