鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2016年02月

 ここに来て完全撃沈の日々が続いている子供。 ここまでの運の強さが完璧に消え去り
 さかな釣りの難しさみたいなモノをようやく体で感じ始める。コレはこれで良い経験?

 ただね・・ また釣れるようになるよ・・ ひょっとしたら今日は釣れるかも?と・・
  単純と言えばそんな感じ。 どうであれ竿は出していたい様子で、午後出の磯入り。
  前回(私が使い込んだので、あたくしが)採っておいた倍返しの海苔コマセを・・
            ザクザクとこしらえ・・こんな感じ。。

イメージ 1

 早々にコマセを入れ始め様子を見させる。最初はオキアミから一通り通し、エサ取りは
 もの凄い小さいメバルが少々。。 スグにノリ餌へと変更。 開始から一時間ほどで
   一度、スゥ~~っといい感じで立浮きがしもる。。 その時がこの写真。。

イメージ 2

 このあと・・ ダメだぁ~~これじゃ合わせられない! とアワセどころの無いアタリに
      四苦八苦。。 パパの採ったコマセが悪いのかなぁ~~的な目。。。

     その後、潮変わりと同時に南西風が強まり、上滑りで子供には釣り困難。

 結果的にはあのアタリをモノにしないと・・ やっぱりダメなんだねぇ~の反省会。。
        結局、あたくしは又してもコマセまき係で磯上り。。。


 その後・・風裏に回って子供の第二ラウンド。。 小磯やら堤防やらでメバリング開始。
    スグさま良いサイズのソイを掛け、お初な魚にちょっとご機嫌の子供。。

イメージ 3

  潮のある時間はムラソイ&メバルで楽しめて・・ どれも皆 まずまずのサイズ。。

イメージ 4

  未だ寒メジナには出会えていない子供でしたが・・ 別物で楽しんできた夜でして、
 子供が帰りに・・ よぉ~~し こうなったら次は遠征だぁ~! ハナレた島へ・・・!
 リトウと読むんだよ離島と・・ そんなやりとりでしたが、さてさてどうでしょうか。。 



ロッド・D社  TROUT-X 55UL  レブロス2000 ・ バリバス ADVANCE 5lb.
                 ジグヘッドリグ+ OFT-スクリューテール 他・・・


    前回の釣行時、運良く掛かったランカーシーバスは、ひょっとしたら・・
   今季最後の一本?と想いながら・・ 現場で下処理を済ませる。 そして・・
      帰宅後、ササっと包丁を入れ・・ こんな感じに三枚におろす。。

イメージ 1

    それと・・ 釣り上り時、チョコチョコっと探して摘まんできたワカメも
   こんな具合にわかめサラダをこしらえ、磯マルの竜田揚げと組み合わせる。。。

イメージ 2

     そしてシーバスのメインは・・・ 今回は多数決でこんな感じに・・・
   タルタルをたっぷり効かせた、タルタル磯まるバーガー出来上がりです。。

イメージ 3

      時期も時期ですし、今季最後の磯マルといった雰囲気も漂う中・・・
        今回も皆で美味しく食せた磯マル&ワカメでした。。。

             『このシーバスの釣行記はこちら


 昨日は仕事後、少し遅い時間からウエーディングポイントへ向かう。 本当はこの時期
 磯マルは一息ついているはずなのですが、今期は来期以降のデータとりの為、二月中は
 (潮まわりと状況で)入ってみたいとも考えていた。 また、海藻の茂りも遅いため、
 もう少しはイケるか?とも考えて延長戦を試みる。。 現場には既に一名のアングラー。
どうしてもこの方に早さで勝てないというデータも毎回しっかりと刻まれている。 ^^;

  ただ、常連さんがおられるというのは・・まだ大丈夫!と言う気にもなるのは事実。
言葉を交わし空いた二番手スペースから入り、頃を見て前へ出るつもりで手前から撃ち初め

流れはまずまず効いており、好い感じではあるが、ところどころに海藻が伸び始めた様子。
 やはりこの時期、海藻が遅まきながら育ってきていわゆる海藻地獄化。。 そこで・・・
  超SSR系をダウンクロス気味に投げ、扇状に流れを点できいていく感じで引く。

 時折、グぅ~ん と・・背丈ほど伸びた海藻にルアーが詰まる。普通なら海藻は避けたい。
 けれども・・ 海藻帯は確実に魚側から見た定位場所なので、出来れば海藻の向こう側を
 点で置いていきたいと・・ 何度も何度も試す。。 そして・・海藻とは全く違う違和感!

表すなら、柔らかいモノではなくチョッと固めな感じのグンっ! しっかりと合わせ・・
ゆっくりとガバガバガバっと三度ほどエラを洗う。このエラを洗う幅でランカークラスと
判断。。上で暴れているうちに海藻帯を超えさせたいと、半ば強引に転がすように手前へ。

イメージ 1

       今季の28本目はやっと出てくれた感いっぱいのランカーUP。。

イメージ 2


 時期も時期ですのでちょっとスレンダーでしたが84cmくらい?デカいと言うか長い!

   ここで・・ 先行者さんも動かれたので一気に前へ出て・・沖目の状況確認。。
  ようやく立ちたいところにたどり着き、数投。 やはりココも海藻が出始めたかと
  あちこち確かめていると、後ろから声が掛かり、『チェロキーさん』がお見えになる。
     今となっては【bassday】をもテストされているスゴ腕アングラー。。
          釣り談義に花を咲かせ、場所を譲って釣り終了。。

          月夜のギラギラの中、よく出てくれたと思います。。


    ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 リーダー30lb
                    morethan X-cross SSR 120F  黄色チャート、ST-46RDー3

               『この魚の食編はこちら



     仕事後に三時間ほどウエーディングポイントへ入ってきまして・・
           うまいことランカーUPが出てくれました。。

イメージ 1

        詳細はスミマセンが時間ができ次第入れなおします。。

     つい先日の今季初海苔メジナ釣行時、運よく掛かった二枚のメジナは・・
   磯上りまで活かしバッカンの中で泳がせておき、最後にサクッと〆て持ち帰る。

     そして・・ 晩のうちに包丁を入れて三枚に・・ こんな感じです。。

イメージ 1

   それと今回は、沖釣り専門の親戚のおじさんにデカいヤリイカをおすそ分け。。
   そんなことで・・ ヤリンボも一緒に捌き・・ 身は一晩寝かせにはいる。。

   そこで後日、子供が以前に釣ってストックしてあった地タコも足数本解凍し・・
               こんな具合にお刺身に。。。

イメージ 2

     寒メジナ&軟体系足モノ二種のお造り、出来上がりです!

イメージ 3

  寒メジナも脂がのって美味しい時期になってきましたが、頂きヤリイカも久々の登場で
          双方とも・・ 美味しくおいしく頂きました。。。

              『この寒メジナの釣行はこちら


 今季の海苔メジナ釣行は、子供と二回ほど出かけるには出掛けましたが未だ顔は見ず。。
 その時は子供の竿出しを隣で見ていただけで、詳しい海状況はよく分からず終い。。

 そこで、自ら竿を出して海苔メジナの状況を確認しようと、昨日午後から単独磯入り。。
  海の状況は南西の爆風のち北からの爆風と・・・最初の釣り座に悩む風予報。。。
  そんな中、まずはコマセをこしらえる。。 餌は海苔のみなので半分以上が海苔。。

イメージ 1

  釣り時間はおよそ三時間なのでMサイズバッカンに、三分の一程度の量でこんな具合。
         ひとまず立ち位置を決め・・ 潮の流れを確認。


 ただ気になるのが不規則な方向からくる爆風。 底潮は写真左に弱く向かっているけれど
 風は逆で上潮が滑るといった状態。 本当は管付き円錐あたりで少し沈ませたいけれど、
 お気に入りだった釣研の0.8も1号も、子供が去年ロスしてしまい・・ 手持ちがない。。

 そんなことで・・手持ちの一番重い番手の立浮きを投入し、魚のタナまでズドン攻撃。。

  コマセだけは・・前回の子供との釣行時、(子供が)次の為にと必至で摘んでいた
 良質な海苔なので(コレを勝手に持ち出したあたくし)、ワンチャンスは来ると思い待つ

 そして、釣り開始から約一時間が過ぎた頃、ようやく立浮きがシモリ、ジワジワ入るのを
  待って待ってマッテ・・・グワンっと乗せ、今期の一枚目は35cmの海苔めじな。。

イメージ 2

 しかしここで・・ 向かいからの爆風となり、上潮と底潮と風が全部違う方向へと変化。
 いろいろ試すも全く歯が立たず・・・ どうやっても仕掛けを馴染ますことが出来ない。

 釣り座を変えるにも、そう時間があるわけでもないので、とりあえずその場で我慢大会。

 そうこうしている間に潮が多少たるみ・・ 数流しに一回くらいアタりそうな雰囲気に。
 コレって結構大事な感覚で、うまく表現は出来ませんが他の釣りでも多々感じるモノ。
  表すなら・・ そろそろアタりそうな?とかアタるなら今かな?みたいな感じで・・
  仮に当たらなくとも・・ 集中力が多少甦ってくる分、いろんな意味で+要素。。

   そして・・ 本日二回目のアタリが立浮きをシモらせる。 しかしコレは・・
   トップまで入らず、アワセどころが無いまま仕掛け回収。 すると本日初めて
    綺麗にノリ餌が吸い取られていた。。 そこでやや集中しての一流し。。

  ちょっと通すコースが変わってしまったけれど・・その先でスゥーっとシモリ初め、
      今度は綺麗にストンと入って、本日二枚目の海苔メジナは37cm。。

イメージ 3

  結局、ウキに出たアタリは三度のみでしたが、運よく二枚出せたところで釣り終了。

     子供に抜け駆けし、おまけに子供の使うはずだった?海苔コマセまで
       使い込んだので・・よく釣れたのかも知れません。。。^^

  ※ちなみに帰り際、遣い込んだ海苔コマセを倍返しするため、必至で摘んできまして
               次回に備えておきました。。。


  D社、HZ INTERLINE エンブレムISO T 1-53I  トーナメントX 2500LB
  道糸 VARIVAS [ゼロフカセ]   3号 ハリス SeaGuar G- MAX 2号 2ヒロ。
                      遠矢うき B-中、他   寒グレ7号

               『この魚の食編はこちら



      本日、午後からの三時間程(子供に内緒で)海苔メジナの様子見。。

イメージ 1

       すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。。

     記事の入れ忘れで時間が少々空いてしまった感はございますが・・
     先日のウエーディングポイント入りの際、運良く掛かった磯マルは、
    釣り上り時までストリンガーで泳がせておき、最後にサクッと〆て持ち帰る。
      そして・・ 晩のうちに三枚におろし、こんな具合にしておく。。

イメージ 1


   それと・・ 今回は新わかめも少々摘んできたことから、こちらをサッと湯がき
            生わかめサラダと新わかめのスープ。。

イメージ 2

          そして翌日、肝心の磯シーバスはと言うと・・
  子供の大好きな、磯マルの味塩コショウ焼き&ワタリガニ(イシガニ)のスープ。

イメージ 3

       こちらは子どもの夜食程度の簡単な料理と化しましたが・・
            今回も 美味しく食せた海の幸でした。。

               『この魚の釣行記はこちら


  元々自身の海時期は、前年の秋深まった頃に吹き荒れる、いわゆる木枯らし一号から
  磯マル&ヒラスズキ狙いが始まる。 そして・・暦の上ではそろそろ春と言った頃、
  今度は春一番が吹き荒れ、コレを持って大抵の場合は別ものへシフト。 ただ・・
 昨年は(観測上)春一番が吹かなかった年で、少々長めに磯シーバスで遊んでいたらしく、
  昨年の最後の一本は、磯マルが3月8日。 ヒラの最後は3月の14日と記していた。。

  そして本日、私の一番の目安としている春一番が・・関東では二年ぶりに発表。。
 目安は目安なので条件次第では・・延長戦もあるモノと思い、道具立てはそのままですが
  とりあえずは一区切り? ということで・・ 時期も時期ですし、こんな具合に・・

イメージ 1

   ひとまず手に入れた2016カタログ類でもと思い、一通り眺めておりました。。。

    それと・・ 一応 メジナ用のコマセも少々といったところでしょうか。。。


     昨日はお昼過ぎっ頃から子供と磯入り。 場所は三浦方面の地磯です。
    明るい時間は海苔で狙ういわゆる海苔メジナ。 ただこの海苔メジナ・・
 今季は未だ出会えていないし・・アタリ一つ、はたまた海苔一枚とられていない子供。。

     そんなことで第二弾のメバリングも常に頭に入れながら釣り開始。。

イメージ 1

  並びには顔見知りの海苔メジナ狙いの方が 既に二名入られており・・お話では
 ノリ餌 異常なしが続いているらしい。。 それを聞いた子供、スグにオキアミ餌へ。。

      海の状況はベタ凪状態で子供がノリ餌で遊ぶには申し分ない状況。。
    また、前回の魚っ気ゼロに比べればオキアミへのエサ取りが多少出ている分、
   若干でも可能性はあるかも?の想いから時間を見てノリ餌へチェンジさせる。。

    しかし・・ ノリへの反応は全く無くて・・ 一っペラも盗られない。。
      ノリ餌時、全くシモらない立ち浮きを眺め・・時間が過ぎる。。
   こうなると・・ アイゴ(毒魚)でもいいからアタらないかなぁ~なんて・・
    隣で見ているアタクシは・・ついつい思ってしまう程 渋いシブい海。。。

  結局・・ ゴールデンな時間はオキアミに戻してしまい 挙句の果てはコレ。。。

イメージ 2

   今季は海藻の着きにムラが有る影響から・・海苔への反応にもムラがあるのか
      未だ会えない子供の海苔メジナと言ったところでしょうか。。。

   と・・ ここで自動的に第二ラウンドへ突入。。 お次はメバリングの巻き。。
    しかし・・ どれもアタリが小さくティップに乗せられない苦戦の子供。。

   ちょっとパパやってみて・・。。 とのことで・・ やっとアタクシ釣り開始。。
 掛けてみるとまぁ~小さい小さい。 みんなこんなのバッかりでしたが何故か楽しい^^

イメージ 3

     アタっているのは コレかぁ~・・ ボクには掛からない訳だぁ~
  パパ・・ チッコいのだけ掛けるの上手だねぇ~~ って どういう意味なのか?

             そんなこんなの釣りでした。。。^^;


 竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000/ VARIVAS ゼロフカセ 2.5号。
        シーガーGM 2号/くわせグレ8号/寒グレ7号 遠矢ウキ>2号-小 他・・
.......................................................................................................................
ロッド・D社  TROUT-X 55UL  レブロス2000 ・ バリバス ADVANCE 5lb.
            D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 2.0g 他・・

 このところ週末の悪天候やら、なんだかんだで半月ほど釣りおわづけ状態の子供でしたが、
 昨日、午後から久々に磯入り。。 一応の狙いはそろそろ本格化するであろう海苔メジナ
            まずは適当な場所からコマセづくり。。

イメージ 1

       サクサクっと混ぜあわせ・・ こんな具合にできあがり。。。
        ”安心してぐださい ノリ 入ってますから~みたいな?”

イメージ 2

 しかし・・ ここから永遠四時間の沈黙状態。 その間の餌も・・オキアミ(頭だけ)を
   計6回取られただけで・・ 掛かったのはベラが二匹。 ノリ餌に至っては・・・
 一っペラも減らない状況。 結局、オキアミも使用したのは15粒くらい?で超エコな釣り。

夕刻時にはミッドナイトFFの兄さんもお見えになり、頂いた温かい飲み物で三人まったり。

しかし・・ ボイルはおろか、小魚っ気ひとつ感じられず・・兄さんもワンキャストもせず
 場所替えを余儀なくされる。。 やはり水温が11℃(のちの調べで)台に落ちた日は、
  (この界隈では)コッパすら掛けた記憶はなく・・難しい日になってしまった。。

 ただ・・ 子供は至って元気で よぉ~~し、 次! 次 行こぉ~とばかりに・・
               堤防各所でメバリング。。

イメージ 3

   やっぱり水温が冷たいんだなぁ~ 釣れた魚が凄い冷たいよねぇ~ と・・
 結局・・ 海へおかえりサイズがポロポロっと掛かり・・ 海にかえして釣り終了。。

イメージ 4

   私はと言いますと・・ 子どもへのコマセまきマシーンと化しておりまして
             不思議と腕だけが疲れた一日でした。。。


           ロッド・D社  TROUT-X 55UL  レブロス2000 ・ バリバス ADVANCE 5lb.
                                              OFT-スクリューテール

   昨日は仕事後に単独磯入り。 場所は三浦方面のウエーディングポイントです。
  現場には先行者さんの姿があり、既に撃っておられた。 ちょっと距離が有ったので
   状況は伺えませんでしたが、今期ココで数回お会いしている方。。 そこで・・・
 二番手の立ち位置から前へ一気に出て、とりあえず胸まで水没し目指した根に這い上る。

   潮は下げ7分といった状況で潮は極端に低く、良さげ時間は一時間と少々。。
 最初のアタリは開始から30分が過ぎた頃。 立ち位置をちょっと修正してからの一投で
  65cm程の磯マルを一本! 既に並びには4名の方がキャストを繰り返しており・・
  フラッシュをたきたく無かったことからストリンガーへ繫いで次を狙い始める。。
         (ただコレが・・のちにあらら・・の展開に。。。)

 ここから一時間は魚っ気無く・・ 自分に結んだストリンガーの磯マルを眺めながら
 次の地合いに備え・・多少潮も休める。 そして再び撃ち初めるが、なんか感じが違う。
 そこで今度はレンジを変えつつ、縦と横を同時に使おうかと、ルアーケースをガサゴソ。

 一本だけ忍ばせていたシンペンを引っ張り出しキャスト!ややオクッテおくってオクッテ
 次にキイテ聞いてキイテ・・・ ゴン! コースは同じなので上を見切っていた魚!?

  一尾目よりも多少サイズは好いと判断でき、ダイジに寄せる。 すると最後に・・
  根向こうの海藻帯にラインがとられ、すかさず隣の根に飛び移り無事にタモへ。。

イメージ 1

 ただこのランディングで根に飛び移った時・・自身が妙に後ろへ引っ張られる違和感?
    それが・・・ あららの出来事。。 こんな感じに一本目、脱走。。。

イメージ 2

     とっさに強く引っ張られたことで・・ 口が空いてしまったみたい。。。
    そんなことで・・・ 入れ替わりの一尾目は、今季の27本目のシーバス。

イメージ 3

     サイズは75cmとまずまずでしたが、今期は何本掛けてもこんな具合。。
        家に帰るなり・・子供にこう言われてしまいました。。
    『海は大きさは選べないんだから・・ しょうがないよぉ~』 ですって。。
            おもわず笑ってしまった夜でした。。。


    
ウエダ SPS-112 トーナメントZ2500C キャストアウェイ2号 リーダー30lb
    HUNP 【gu:s】125F 黄チャート・ST-41 >3&4 / Lazy-s 95  ST-46>5

       仕事後にウエーディングポイントへ入水してきました。。
          とりあえずは複数安打だったのですが・・・

イメージ 1

          詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


 二月に入り海水温も一気に落ちて、いよいよ厳寒期と言った雰囲気ですが、この時期から
子供が楽しみにしているのが餌で狙う海苔メジナだったり、ライトなロッドで狙うメバル・
      カサゴのいわゆる根モノだったりと、盛りだくさんな季節到来。。。

     そんなことで・・ 今季の根もの用にと用意したのがこちらの数点。。。

イメージ 1

  ワームは個人的に好きなOFTさんのストレート系ワーム2色と、お気に入りライン。
  それと・・ 今回このようなモノを発見したので子供用に好いかと思い試し買い。。

イメージ 2

   品は『LUMICA』のCHAP-ONというナナメ浮きで、これの驚いたところは・・
 キャストして着水し、水に触れると内臓されている電気が自動的に点灯する電気ウキ。。
    電池もあらかじめ内臓されており、電池交換不要で120時間程持つらしい。。
 (ちなみに電池交換は不可ですが、電池が切れてもケミ装着可なので使用は問題なし)

  試に水に浮かべてみると自動点灯! 浮き方も、こんな感じに普通のナナメ浮き。。

イメージ 3

   コレは・・ 子供が磯場でワームやカブラを投じる時、風が強かったりすると
  どこへどのくらい飛んだのかが分かりずらい時などに重宝するかも?の新アイテム?
  それと薄暗くなりかけたメジナ釣り時・・ちょっと遠投という場面でも好いかも?
  ということで・・ 密かにタックルボックスに忍ばせ、出撃に備えておりました。。


このページのトップヘ