鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2017年04月

  昨日は・・一般にはGW入りとなりましたが、我が家のGWは暦通りということで、
  仕事後に子供と地磯へ向かう。 餌の海苔も、採れると言えばとれる潮でしたが、
    干潮時の照り込みで海苔は焼け、もう海苔の採取はこの潮まわりが限界。。

     ただ、前回、そこそこ鮮度を保てた状態でエサ分は持ち帰れており、
       アタクシの抜け駆け釣行も ある意味役には立っていた。。。

  現場に着くと・・入る隙間の無いほどの人出。 さすがに連休といったところ。。。
 とりあえずはコマセを準備し、こんな感じに。。 今回はオキアミと海苔の5:5仕上げ

イメージ 1

    強風も吹き始めて場所が空き、竿が出せたのは一時間以上経ってから。。

イメージ 2

 初めの数投はオキアミから。 しかし、1投目からこれがカンカンカンと竿を曲げ・・

イメージ 3

 なんとなんと・・ 10投で5尾の毒魚。。 しかも40cmクラスも混じり、お手上げ。。

  そこで・・数日前の持ち帰り海苔の出番。。 ハッキリとしたアタリは出ないけれど、
     子供のペースとしては、30分に一度っ位は海苔が吸われるとのこと。。

 そうこうしている間にモジモジアタリが出始め、何度か合わせるも全て乗らない。。
   たぶんコッパが海苔に着いているらしく・・ダメだぁ~乗らない・・が数回。。
    試しにオキアミへ戻してみると・・秒殺で30cmUPのアイゴ再び。。。

     普通の子供なら・・半ば諦めて遊び始めるであろうこの状況。。
  けれども・・最後まで海苔餌で辛抱強く流してゆき、よぉ~~し!乗ったぁ~の声。

 常連さん方に見守られ・・ 並びの方々の熱い視線を釘付けにし、浮かせた魚は30UP!

イメージ 4

   この1枚でメジナは終了。。 しかし・・休むこともせず第2ラウンド突入。。
    春イカ調査は延々2時間以上、ぶっ通しでエギをシャクリ続ける子供。。
       強風なので磯と堤防を半々で撃つも・・何事もなく終了。。

   最後に・・第三ラウンド。 水温も上がって来たので・・ワタリガニ調査。。
            こちらは良型揃いで・・いよいよな雰囲気。。

イメージ 5

   真夜中まで絶好調で遊び続け、段々エンジンもかかって来た子供でしたが・・・
 翌早朝(数時間後ね)、あたくしの草野球があるんだよ・・!と、やっと強制終了!

 野球が無かったら・・たぶん明るくなっていたかも?な勢いに、前回のおいてけぼりの
             怖さを感じたアタクシでした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
   D社、 1-53I  D社、2500H-LBD・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   SeaGuar ace 2号~2.5号 2ヒロ   /円錐ウキ 1号 他・・ 寒グレ7号

         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号
   シーガーエース 2号    寒グレ7号、円錐ウキ 5B、海苔

              『この魚の食編はこちら



     先日は・・おいてけぼりをくった子供でしたが、今回はその分まで・・
               粘りに粘って執念で。。。

イメージ 1

            詳細は時間ができ次第入れなおします。


   前々回の子供との釣行時、辛うじて(あたくしに)掛かった海苔メジナは・・
   毎度のごとく、持ち帰ってからスグに包丁入れし、こんな具合に三枚に。。

イメージ 1

   海苔メジナといっても、時期的には・・そろそろ脂っ気も少なくなってくる頃で、
   ましてやサイズも今一つということで・・今回は強制的に脂っ気を添えて・・・
      こんな感じに、海苔メジナと大トロの二種盛り、完成です。。

イメージ 2

  今回のメインは、間違いなくメジナではない!?盛り合わせとなりましたが・・
             美味しくおいしく食せました。。。


             『このメジナの釣行記はこちら


  昨日の仕事後、陽も伸びたので・・三時間ちょっとくらいなら竿出しができるかと
    子供に抜け駆けて磯へと向かう。 行き道の途中で海苔も多少なら・・
     採れる時間でもあったので・・狙いは、最終時期を迎えつつある
           海苔メジナの・・出来れば一発狙い。。

     海の状況は・・風がバンバン吹き荒れる雰囲気ありありな海状況。。。
    魚も掛かっていないのに、さばきで常に竿が曲がってしまう程の風。。。

イメージ 1

  コマセも・・短時間勝負なので若干少なめでしたが・・海苔海苔仕様は理想的。。

イメージ 2

  そこで・・並びの方にお話しを伺うと・・オキアミでは、かなりの確率でアイゴ。。
         もう腕がパンパンになりました。。と、苦笑い。。

   ただ、この状況は海苔餌には好都合で・・ 一流し目から海苔が吸われ・・
     二流し目には・・風波が強い中でも比較的ハッキリしたアタリ。。
  まずはしっかりと喰わせ・・乗せるように合わせを入れて・・幸先よく一枚目。。

イメージ 3

  時期も時期なので・・海苔への時合は短いかも?な想いから・・手返しよく攻める。
     コレがそこそこうまくいき、一時間ちょっとで30UP混じりで4枚。。

     けれども・・一たび餌に着かなくなると待ち時間も長くなる。。。

  単純に一時間に3回のアタリ計算。。海苔メジナとしては十分面白い釣りですが、
 今回は型一発の想いもあるので、後半はハリスの番手を更に上げ・・その時に備える。。

    しかし結果は・・・アテてもアテても似たクラス。。 で・・終了。。。
         内訳は・・12アタリ(シブシブも入れ)で、8回乗せ。。

イメージ 4

  まずまずの型揃いではありましたが、30UPは二つだけ。(写真は元気だった5つ)

イメージ 5

  家に帰るなり、このサイズでも、これだけ釣れればイイよねぇ~とは子供。。。^^
              どこと無くトゲのある一言。。。

  やっぱり、子供に抜け駆けた釣行は・・なかなか調子が上がらない今日この頃です。

……………………………………………………………………………………………………………
   D社、 1-53I  D社、2500H-LBD・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   SeaGuar ace 2号~2.5号 2ヒロ   /円錐ウキ 1号 他・・ 寒グレ7号

             『このメジナの食編はこちら


     陽が伸びてきたので、仕事後に四時間程なら竿出しができるかと・・・
   子供に抜けがけの単独釣行。。狙いは海苔メジナの型一発狙い。。 でしたが・・
         掛けても掛けても・・・皆、どんぐり状態でした。。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


  前回の釣りの帰り道(土の真夜中ね)は、結構雨に降られ・・翌早朝の草野球も中止。
    そんなことで・・ややゆっくりスタートの日曜日。 そこで午後から・・・
  近所のおばぁ~ちゃんの所の竹林へお邪魔。。。 お話では、雨が降ったので・・・
  タケンコ、きっと掘りやすいよぉ~~と・・今回は家族そろってタケノコ掘り。。。
        探してみると・・前回よりもやや伸びた感じ。。。

イメージ 1

       子供達も広い竹林を隈なく歩き回って・・こんな具合に。。。

イメージ 2

      今回も一時間ほど見て回り・・ 子供が見っけただけでもこんな。。。

イメージ 3

 天気も良く、ちょっと動くと汗ばむくらいの陽気でまさにタケノコ堀といった季節。。
    そんなことで・・海・山ともに、楽しく過ごせた子供の週末でした。。。


  昨日は仕事後に子供と磯へ向かう。 条件的には海苔メジナでしたが、春潮になり、
   昼の干潮が伸びたことから、もう海苔(アオサでは無くヒトエグサ種ね)は・・
   白っぽく焼け初め、しかも半分が流失状態。。。 コレを見てもう海苔餌は最後。
     そんなことで・・必死にかき集めた最後の海苔を持って現場入り。。

      磯は・・久々の好天ということで、多目的な方々で大賑わい。。
   常連さんの方々も入るスペースが無くて・・まだ竿も伸ばしていない状態。。

 とりあえず隅っこの方でコマセをこしらえる子供。 今回は8:2の割合で主はオキアミ用。

イメージ 1

 ややあって・・場所がちらほら空き始め、常連さん方はある程度、定位置へスタンバイ。
 ココ入れば?! と・・お声をかけて頂くも、後入りなので・・隅っこからのスタート。

  餌のオキアミもサッパリとられない状態に・・春潮との境目を感じる海状況。。

 やや潮が動き始めるも・・かなりのタルミ気味。。 で・・餌に着くのはやっぱりコレ!

イメージ 2

    並びでも、海タナゴの割合よりも・・アイゴ(毒魚)率がかなり高い。。
  コレを見て、海苔餌使用を進めるも・・程よく竿が曲がる方を選ぶ子供。。^^

  そこで・・あたくし、せっかく頑張って採って来た海苔なので・・と、竿出し。。
  開始から一時間ほどで立ちウキが消え、ズシッとした手ごたえ。。 ただこれは・・
       足元でバレてしまったけれど・・30UPの海苔メジナだった。。

 この時点でスグに海苔へチャンジする子供^^。 しかし・・次に掛けてしまったのは
         あたくし。。。 ゴメンゴメンと・・・30cmUP。。

イメージ 3

  けれども・・しっかりとしたアタリは2~3回程度の厳しい釣りで・・マズメも無し。。

  第二ラウンドのタコングも・・急な雨によりお休み時間長め。。 執念で一パイ・・
 ロックオン状態に持ち込むも・・・あらららら・・・と・・ 離れてしまいガぁ~ン。。

 結局、真夜中まで頑張ったというより・・粘ったけれど・・ 今回は完全敗退の子供。。
 だから・・最初っから海苔を使っていればよかったのに・・と、後の祭りな子供でした。
……………………………………………………………………………………………………………
    D社、 1-53I  D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace 1.5号 2ヒロ~3ヒロ   /遠矢うき 2号-中 他・・寒グレ7号

         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号
         シーガーエース 1.5号    伊勢尼4号/ 二段ウキ・・etc 餌、オキアミ→海苔

             『このメジナの食編はこちら



  前回の釣行時、子供の掛けた良型の地タコは・・この日、唯一の持ち帰り獲物。。
  ということで・・帰宅後、一度冷凍保存し・・とりあえずヌメリを取やすくする。

  そして・・解凍後、下処理をしてから よく塩でモミ、こんな具合に茹でタコに。。

イメージ 1

       この状態からサクサクっと包丁を入れ・・お刺身用に。。

イメージ 2

     今回はメジナ一枚釣れなかったので、一緒に添えるモノは無くて・・
      タコさん単品となりましたが、コレはこれで好しという事で、
             美味しく食せた海の幸でした。。。

             『この地タコの釣行記はこちら


    ややゆっくり目に桜前線が通り過ぎたこともあり、多少遅れ気味だった・・
    今年の地元タケノコ。。 そろそろ・・頭を出し始めたよぉ~~っと・・
    近所のばぁ~ちゃんから お声掛けを頂き、午後から子供と竹林へIN。。

 まだまだハシリなので そうはツクツク出てはいないけれど、よく見るとこんな。。

イメージ 1

  ただ、タケノコ堀って意外と難しくて・・綺麗に鍬を入れるのは子供には無理。
      そんなことで・・子供は探す係で こんな感じに探し回り・・・

イメージ 2

          みつけては・・ココ掘れワンワン状態。。。
        一時間ほど山をかけまわり・・こんな感じに。。。

イメージ 3

     今回は山の春モノではありましたが、子供も楽しんでおりました。。


 ここ数年、四月と言えば子供の海時期という事もあり、まだまだ鮎モードには程遠い。
  ただ、鮎の新製品等が発表されたりすると・・それなりに気にはなるのも事実で・・
  昨日、川近く(相模川)の釣具屋さんで開催された鮎用品の展示即売会へ参加。。

イメージ 1

    会場ではシーズンぶりにお会いする鮎師の方々と鮎話題で盛り上がり・・
           この時ばかりは自然と鮎スイッチがON!

     肝心の買い物はというと・・竿等の大物はナシで消耗品中心。。。
        即売会前のセール品も合わせて今回はこんな感じ。。。

イメージ 2

   内訳は・・VARIVASの複合メタル5巻きとD社・G社合わせて10個のバラ針等、
  ほぼ毎年変わらぬ進歩の無いお買い物ではありましたが、とりあえずは揃った感じ。

        それと・・今年は鮎に使っていた、通称ブクブクを新調。。。

イメージ 3

  というのも、先日の海の釣りで活かしバッカンの中のメジナをブクブクしていたら、
    音はしているのにエアーが出ていないことに気づき、家でバラシてみた。。

 その時は、直るにはなおったけれど・・もうかれこれ20年以上使用していたモノなので
 さすがに取り換えることに。。 ただ、持つものだなぁ~と改めて感じた逸品でした^^

       そんなことで・・やや鮎熱が上昇する出来事ではありましたが・・
        現在進行形の釣りモノの買い物も同時に こんな具合でして・・

イメージ 4

      まだまだ海熱も 冷めやらぬ季節といった雰囲気でしょうか。。。


    昨日は仕事後に子供と磯入りしようかと・・用意だけは済ませておりましたが、
   ここに来て季節の変わり目となり・・やや忙しく、おまけに行き道で餌の海苔を
   採っていたら・・完全に出遅れる。。 海も予報通りの大荒れということで・・

イメージ 1

   立ち位置も限られることから・・可能な場所は超満員で子供のスペースは無し。。
        コマセだけは作ってスタンバイはしておりましたが・・・

イメージ 2

 潮も春潮の低水位で1ヒロ程度の所しか無く、空き待ちをするも、結局5時まで入れなかった

そんなことで、子供の今回の海苔メジナは・・コマセを撒く練習時間のような釣り。。
    ただコレも釣ですし、毎回、簡単に釣れるわけではないという良い経験。。

  そこで・・暗くなってからの第二ラウンド。 今回は春潮に変わってきたことも考え、
  春イカの様子見。。 場所は、昔(私が)春アオリでよく入っていたところを4カ所。
     春イカと言っても子供がメインなので、堤防を3カ所と磯が一つ。。

   堤防は多目的な方々が多かったので・・とりあえず磯へ逃げ、秋イカの要領で
 子供にやらせてみる。。 そして・・おぉ~~ 重い。 と、子供の春の一発目はコレ。

イメージ 3

   海底から拾ってきたアメフラシ。。 ただ、しっかりと底はとれているみたい。。

   と・・そこで、隣で竿に聞きながらやっていたアタクシにモワァ~っと反応。。
   間(ま)をとってからしっかりと乗せるとグイ~グイ~っと明確な生命観。。

   ただ、ん・・? な反応。。で・・寄って来たのはあらららら・・なコレ。。

イメージ 4

 結局、三時間程二人で撃って・・まだ海水温が安定しないのでイカには早いという結論。
  けれどもね・・子供には、まだエギの人が少ないうちに練習できたことはプラス。。

        そこで軟体系のセカンドステージ。。 タコング開始!
 この釣りは、もう何も教えることはない状況でして・・ほどなくしてグッドサイズ。。

イメージ 5

      この一パイで満足した子供は・・そう粘ることもなく釣り終了。。
     春イカの様子も見れましたし、まずまず楽しめた子供の釣りでした。。


 ロッド D社 Saltist ST-EG862 I トーナメントZ2500 Egi Specialスプール
 ライン キャストアウェイ PE 1号 フロロ 2.0号  エギ YO-ZURI アオリーQ
 子供> D社 Saltist ST-EG76    REVROS 2500 RapalaのRAPINOVA-Xエギング1号
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号。

             『この地タコの食編はこちら


     食編の記事というのは、ついつい後回しとなってしまいがちでして・・
   やっと釣行に追いついた感じとなりましたが、前回の釣行時、運よく掛かった
   数枚の海苔メジナは・・釣り上り時までスカリで泳がせておき、磯上りと同時に
      パツパツっと〆て持ち帰る。 そして・・帰ってスグに包丁を入れ、
           とりあえず・・三枚だけを こんな具合に。

イメージ 1


    他の2枚は腹子と一緒に煮付けようかと・・煮魚用に回し、写真ナシ。。。
 それと・・そろそろ終わりの近づいてきた感のある春ワカメもサさっと下ごしらえ。。

        そして今回は、ごくごく簡単に盛り付け、こんな感じに・・・
           海苔メジナの刺身&春ワカメ添え、出来上がりです。。

イメージ 2

         今回のメジナも好く脂の乗ったイイ個体揃いで、
     まだまだ十分お刺身でイケる 脂ノリノリ海苔めじなといった雰囲気。。
        そんなことで今回も、美味しくおいしく食せました。。。

              『この魚の釣行記はこちら


  正確には・・前々回の海苔メジナ釣行時で、うまいこと掛かった4枚のメジナは・・
  持ち帰ってから、いつものようにサクサクっと包丁を入れ、こんな具合に。。。

イメージ 1

    そこで中一日あけ・・お刺身用にこしらえて・・ここで米に酢をうつ。。
       そして丼に盛り、海苔メジナとその他もろもろの・・・

            海鮮5種盛り、完成です。。

イメージ 2

  今回はメジナがメインという雰囲気ではないですが、これもまたヨシということで、
             美味しく食せた海の幸でした。。

             『このメジナの釣行はこちら


  昨日は子供とお昼っ頃から磯入り。 予報では爆風とのことで風裏へ入るつもりが、
   子供> 雰囲気のある所でやりたい!とのことで・・爆風場所へIN。。

   ウキも立ウキではなく、円錐浮きでも十分前アタリがとれるようになったので、
   ガチャガチャ場を好むようになってきた。。。幅が広がるのはいいけれど・・
   釣りが段々・・悪天候こそチャンス!の考え?まさに親の子といったところ。。

 ただ、時期的には(ノッコミなので)ガチャガチャしたところよりも、静か側を選ぶ。
     ちなみに海はこんな感じで・・・ヒラスズキ率の方がイイ感じ。。。
     こんな状況なので・・ハリスは最初から二まわり上げておく。。。

イメージ 1

 静かな所でおもむろにコマセをこしらえる。。 今回は ほぼ海苔メインでこんな。。

イメージ 2

  すると・・一流し目からウキに反応がありという。。 そこであたくしも竿出し。。
  子供、四投目。私、二投目で・・同時に よぉ~~し乗った!とダブルで竿曲がり。。

   海苔メジナの場合、同時ヒットは珍しい。。 子供優先でやり取りをさせ、
             幸先よく、一枚目から30cmUP。。

イメージ 3

     子供優先だった為、そのまま抜き上げざる負えなかったアタクシの魚は・・
              子供のよりも一回り大きい35サイズ。。

イメージ 4

 この突然おとずれた地合いは、絶対にモノにしないと・・と 子供、真剣そのもの。。
  しかし・・次に掛けてしまったのはアタクシ。。 しかも㌔UPのまるまる個体。。

イメージ 5

    このあともう一枚追加してしまい・・子供、徐々に無口になる。。。^^

 風は依然強いまま、子供が手を横に広げればバタバタと飛んでいくのでは?な状況。
 そんな中、海苔コッパ・型物のアイゴを経て、よぉ~~し乗ったぁ~~の息子の声!
        今シーズンの5枚目となる㌔UPを無事にキャッチ。。

イメージ 6

    この時点では、まだ釣り開始から2時間足らず。 ただ・・この状態が
 そうは続かないのは予想も出来ており、この後、永遠3時間、魚は餌に着くことはなく
    マズメの好機も雨と風が強まって釣り終了。。 二人分はこんな感じ

イメージ 7

  この時期ならではの・・中途半端な時間にパッと餌に着く。というナーバスな魚を、
  子供も運よく出せまして、ますます悪天候こそ好機!に拍車のかかる釣りでした^^;
……………………………………………………………………………………………………………
   D社、 1-53I  D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   SeaGuar ace 2.5号 2ヒロ   /円錐ウキ 1号 他・・ 寒グレ7号

         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号
   シーガーエース 2号    寒グレ7号、円錐ウキ 5B、海苔

             『このメジナの食編はこちら


    日付は変わりましたが、子供と海苔メジナ狙いで磯入りしてきまして・・
   子供、今シーズン5枚目の㌔UPを含む複数安打で、二人分では こんな感じ。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。

  記事入れを忘れており、釣行も前後してしまいましたが(子供の自己新の時ね)・・
  運よく獲れた数枚の型メジナは、晩のうちに全て三枚におろしこんな感じにしておく。

イメージ 1

 次いで三バイの地タコに取り掛かり、塩でよくもんでから茹で、おすそ分け用に回す。
                なので写真はナシ

  そして翌日、メジナの身がしっとりしたところで・・包丁を入れ、ワカメも添えて、
            海苔メジナの薄造り、出来上がりです。。

イメージ 2

  それと、今回はもう一品。。 脂の乗った海苔メジナとワカメのお吸い物です。。

イメージ 3

  今回は(時期も時期なので)全般に脂の乗った個体が揃い、食の面でも楽しめまして
            皆で美味しくおいしく食せました。。。



  新学期が始まった昨日、ホントは・・仕事後にこっそりと単独で磯入りしようかと
  目論んでおりましたが・・アっと言う間に帰って来るから待っててあげないと・・
   一ヶ月は恨まれ続けるよ!ということで・・とりあえず待つことに・・。。。。

    そして下校時間となり、すっ飛んで帰って来るなり・・ボクもいく!。。。
     ここで・・ラピュタのドーラ風に❝40秒で支度しな❞となりまして・・
               身支度も早々に海へGo。。

     行き道の途中で海苔も採取できる潮なので、二人で必要分を確保。。
      海沿いには桜も綺麗に咲き誇り、今まさに満開といった感じ。。

イメージ 1

       ただ・・風は南西からの強風なので、まずは風裏の地区へin。。

イメージ 2

      しかし・・海水温が一定しない地区なので約一時間エサ取りなし。。
  ここで早々に移動を決断。 コマセを作ってからの移動は・・行きの三倍疲れるも、
    一度車へ戻り、作戦会議の時間もないので・・強風覚悟で別場所へ立つ。。

   ここでは・・良い波っ気が出ており、(子供曰く)雰囲気はありありで・・
   今日は出るよ! ハリスの号数を初めからあげておこう!と、何かを予感。。

     そして・・1投目から海苔が吸われ、4投目には綺麗にウキが入り・・
             幸先よく30cmUPの海苔メジナ。。

イメージ 3

 ここでアタクシも隣で竿出しが許され・・数投目には円錐浮きがボワァ~~っと海中へ。
           あたくしの一枚目は㌔UPの海苔メジナ。。

イメージ 4

     このあと・・二枚目、三枚目と・・続け様に30cmUPが獲れてしまい・・
 子供は・・またしても パパ!子供の隣で・・大人げないでしょ!となりまして・・・
          容赦なく釣り続けることは出来なくなる。。。

 けれども、一度ペースを乱されまくった子供は・・あ"ぁ~~乗らない!?を連発。。
       折角アタってくれているのに・・なんでだぁ~~状態。。。

    結局、夕マズメには地合いが遠のき、カスリもしなくなって磯上り。。

イメージ 5

     子供はスミイチで終わり、ちょっと不完全燃焼ではありましたが・・
    翌日の事を考え、第二ラウンドはもちろんナシ。。で終了となりました。。

……………………………………………………………………………………………………………
    D社、 1-53I  D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace 2号 2ヒロ   /円錐ウキ 1号 他・・ 寒グレ7号

         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号
         シーガーエース 2号    寒グレ7号、円錐ウキ 5B、オキアミ→海苔

            『このメジナの食編はこちら


 今日は・・ホントは子供に内緒で午後から地磯入りしようかと目論みましたが・・・
 あっと言う間に(学校から)帰って来るとのことでしたので、、抜け駆けできず・・・
         一緒に地磯入り。。 de・・・こんな感じ。。。

イメージ 1

   今回はあたくしの方に㌔UP含め複数安打となりまして、子供調子悪ワル。。。
          詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


     前回の子供の釣行時は・・いつにもまして多種目な獲物となりまして、
 まず一種目の海苔メジナ。次いで地タコとヤリイカの・・いわゆる二大軟体系と型メバル

  おまけはワタリガニ&シロウオ&わかめ。。。 全部まとめて捌き始め、こんな感じ。

イメージ 1

   この状態から、地タコは茹で上げる分を除いて(ヌメリのまま)真空冷凍。。
 カニは1/2にしてからタコガニ用(餌ね)に保存。シロウオは踊り食いでいきたかったが、
   もう踊っていなかったので・・・塩水を作って茹で上げ、釜揚げシラウオに。。。

  そして今回は こんな具合に、海苔メジナとメバル&その他もろもろの5点盛完成です

イメージ 2

 内訳は、左からワカメと釜揚げシラウオの生姜ぽんず。次に軟体系一種目のヤリイカ刺し
 中央はメインの海苔メジナとメバルの刺身で・・5点目が地タコのお刺身といった具合。。

  これが一人前となりまして、今回も皆で美味しくおいしく食せた海モノでした。。



    子供の春休み釣行もいよいよ最終章ということで、子供のプランは・・・
    ちょっとゆっくり目に海へ向かい、体力を温存しながら海苔メジナを狙い、
    次に潮のある時間のタコ釣り。 それから潮変わりまでメバ・カサと遊び、
    真夜中、今度は潮の無くなる時間帯を攻めるタコ釣りセカンドステージ。。
 そして最後にカニ&その他の部を経て、すき家で食べて車で寝て帰る!なハードプラン。

            そんなことで・・お昼っ頃から、まず地磯入り。

イメージ 1

 天気も雨が降ったり止んだりとハッキリせず、おまけに春潮なので昼のソコリは潮が無い

イメージ 2

  海水温も上がったかと思えば、翌日にはすぐに落ちてしまうような不安定な状況。。
      ただ、エサ取りはそこそこ出ているので早めに海苔餌を投入。。

 開始から一時間ほどで海苔餌が捕られ始めるも、風波が強く、表層が滑ってアタリが微妙
    そこで・・ちょっと重めの円錐浮きへチェンジ。少しシモらせ気味に設定。

 子供には初めて見るウキでの釣り方。すると立て続けにスゥ~っと綺麗にウキが入る。
   付きっきりのあたくしがアタリであることを伝えるも、全て半信半疑のアワセ。
   中々掛からない魚を不思議に思っていると・・ややあって、ようやく針掛かり。。

イメージ 3

 上がって来たのは海苔コッパ。。なかなか掛からない理由がこの小ささに有るみたい。。

 この後もアタリを数回スカってから、やっとアタリと合わせのタイミングがとれ始め、
           三尾目に30cmUPが無事にタモへ納まる。。

イメージ 4

 しかしこの後、雨・風ともに強まり、ちょっと地合いを逃したかアタリ続かずメジナ終了

イメージ 5

 続いて第二ラウンドのタコ釣り開始。ここで私も本日初めて釣りができ、まず一パイは私

イメージ 6

         スグに子供も・・負けじと一パイ釣りかえす。。

イメージ 7

     仲良く一パイづつ捕れたところで・・第三ラウンドのメバリング。。
    ここでは子供が九寸を頭に三尾を連打して・・あたくし大きさで完敗。。。

イメージ 8

   この後・・タコのセカンドステージ突入のはずが、珍しく白魚が接岸しており、
 タモで300ピキほど掬っていると、時々コレに良型のヤリイカが突っ込んできているのを
            子供が見つけ、ヤリンボ捕獲へ急遽変更。

イメージ 9

     すばしっこいヤリを無事に捕獲し・・帰りにワタリガニを見て回り・・
        子供の春休み最後のゴ~ルデンコースも無事に終了。。

      いつにもなくエネルギッシュに遊んだ子供の春休みでした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号
         シーガーエース 1.75号    寒グレ7号、円錐ウキ 5B、オキアミ→海苔
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号。

               『この魚の食編はこちら


  子供の春休み最後の釣行は、海苔メジナ&軟体系二種&挟む系、その他もろもろ狙いの
     いわゆるフルコースとなりまして・・とりあえずは こんな感じ。。。

イメージ 1

          詳細は時間ができ次第入れなおします。。。

   前回の子供の春休み釣行第二弾で、子供に運よく掛かった海苔メジナは・・
   地磯周りでは(子供でなくとも)型モノの部類に入るイイサイズ。しかも・・
   子供にとっての自己記録更新メジナということもあり、持ち帰ってからは
   片づけは後回しで まず魚拓へ取り掛かかり、こんな具合にスタンバイ。。。

イメージ 1

  この状態から・・ササさっと墨を入れて魚拓をたたき、今回の魚はこんな具合に。。


                 平成29年 3月29日 三浦半島・某地磯
                         海苔メジナ 42cm・1.28kg (釣人 せんたくや Jr)

イメージ 2

  子供が心配していた魚の縮み等も最小限ですみ、まずまずな出来に子供も大喜び。
 そんなこんなで・・今回のメジナも良い思い出の一枚といったところでしょうか。。。


このページのトップヘ