鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2017年06月

      今日は仕事後のお昼っ頃から川入りしてきました。場所は相模川の競技地区です。
   この地は今週末、D社のマスターズを控えており、エリア内は下見の方の姿が
 多数入られておりまして、私は隅っこから一流し。。 川の状況は、やや低の平水。
  天気は雨が上がったばかりでどん曇りですが、風が弱い分、釣り自体はかなり楽。。

   そして、およそ3分で囮頃(14cm)がキュキュンと小気味よく掛かり・・・

イメージ 1

   30分で6本と、上々に出だし。。 色もまずまずでサイズもイイ感じ。。。

イメージ 2

 しかし・・そう続かないのが今の相模の競技地区。。 結局、一時間計算では三本追加の
 9尾と・・ややペースダウン。。 そこで・・気になっていた流れへ動き・・一流し。。
 ここでは二尾掛かると次が中々掛からず・・チョッとスジを変えて又ポンポンな状況。

       このところ、相次いで大型競技が組まれていた地なので・・
       ちょっと立ち位置が悪いと・・流石に釣れ続かない。。

  それならば・・と、自身の釣り方を変えてみようかと・・泳がせで上へ飛ばす。。
 本来なら細ナイロンで・・と想ったのですが、ツマミ糸だけ張り替えてナイロン代用。

 風も無いので・・これがそこそこ楽しめ、グルグル キュキュンと10くらい獲れる。

     ここで知り合いの方々とお話タイム。。 ややあってマズメ時となり、
  G杯ファイナリストのM田さんと向かい合う形でポツポツ掛け、時折良いサイズも。。

イメージ 3

  そんなこんなで そこそこ数も伸び、チョッと追いが遠のいたタイミングで納竿。。

イメージ 4

数は囮別で【36尾】大きさは10cm~19cmと、依然、下地区はバラツキサイズです。

イメージ 5


※ この地は今週末、大型鮎競技(D社、マスターズ)が予定されておりますので、
  知り合いを含め、競技参加の方々の迷惑になっても困るので場所等は乗せておりません
  ご理解のほどを宜しくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS  Meta-MAX 0.05号 つまみ 0.25~0.4号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ. 0.3~0.8号時々v背バリ

6/217尾


 この土・日、鮎河川の相模川は(下地区では)シマノのジャパンカップが組まれており、
 あたくしの鮎掛けも一時お休み。。 そんなことで本日は子供にお付き合いで渓へIN。

 向かった先は・・鮎解禁から一週間が過ぎた山梨県の道志川。。Webの影響もあり、
 この一週間でもの凄い人が出て、人気鮎河川へと変貌した感のある・・奥道志地区。。

 特に今季は・・渓を歩いた感じでは、鮎の放流場所が偏ったみたいだし、解禁前まで
 水も出ていなかったことから、鮎がバラケず・・渓流釣りをしていても鮎のカタマリを
  随分と目にしていたので・・地区によっては凄い釣果が出てしまったみたい。。。


  まずは餌場でヒラタを採取。。 チョイの間に、こんな感じで てんこ盛り。。

イメージ 1

       その間、子供はというと・・カジカガエルで遊び中。。。^^

イメージ 2

     先日の雨でちょっとは水が出て・・虫が捕れないとまずいなァ~と
           思っておりましたが、出水は全然な雰囲気。。

   ただ・・問題は鮎師の多さ。。。 とある場所では15m間隔で竿の放列。。。
 ココ道志では、たとえ解禁日であっても、この混みようは珍しい状況に・・唖然。。

   そこで・・とりあえず鮎の放流されていない地まで動き・・(子供)竿出し。。

イメージ 3

     餌釣りの方は・・ヤマメ、イワナとも・・7寸程度で こんな具合。。

イメージ 4

 最後に八寸強のイイ個体を抜き上げでバラシてしまい、課題は残ってしまいましたが、
         状況を考えると、数・型共に十分満足気な子供。。。

イメージ 5

          そして・・ 第二ラウンドのマズメ天カラ。。

イメージ 6

    しかし、こちらは・・夕マズメまで鮎師が立ち込んでいた影響からか・・
  さっぱりライズが起きず、子供・・かなりの苦戦。。 結局、数回反応させるも
     針には乗ってこず、隣であたくしが・・お試しでやっと竿出し。。。
            そして、偶然にこんなのが二ピキ。。。

イメージ 7

     そんなこんなで・・子供のテンカラはシブシブ終了となりました。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿、D社 朝霧抜 中硬53MULTI VARIVAS 2lb  ・くわせヤマメ 6号/ ヒラタ
……………………………………………………………………………………………………………
私 > 竿 郡上テンカラ 33  パーフェクトライン 36  リーダー  1号
子供> D社 NEO テンカラ32  パーフェクトライン 36  リーダー 1号
                『使用毛鉤はこちら

  今日は大荒れの予報も出ていたので・・竿は出せても午前中がいっぱいいっぱい。。
  そんなことでお昼までの短時間釣行を試みる。 場所は相模川の競技エリアです。。

   この地は明日(予定通りならば)がまかつ・G杯、相模川予選が行われるので、
      今日も午前中から競技下見の方々の姿もあり、あたくしは・・
      野鮎が数尾揃ったところで邪魔にならないところへ動く。。

 状況としては・・ビリ鮎を点でおいてゆき、待って待ってビビビ・・みたいな感じ。。
 ちなみに↓は一尾目が二尾目を背負ってきたところですが、掛かりどころは微妙な所。

イメージ 1

 天気も予報通りの雨なので、全然追ってくる感じは無く、たまに事故掛かりが有る程度
   それでも・・流れに漬けて待っているとガツガツっと掛かるには掛かる。。。

イメージ 2

  ただ、次第に雨足が強まり・・・レインギアは用をなさないくらいの降りとなる。。

イメージ 3

      自身の釣りは下見でもなければ何でもないので、何もこんな・・・
       罰ゲームのような状況で竿を出している事も無いのですが・・
   昼までにキリよく、あと二尾・・掛からないかなぁ~ の悪い癖が出始める。。

  しかし川は・・このところ纏まって降っていなかった分、濁りが出るのが早く・・
  辺地の膝下以外、釣りにならない状況。 少し粘るも水色はこんな感じで万事休す。。

イメージ 4

           お昼前には早上がりとなりまして、納竿。。。

イメージ 5

  数は囮別で【18尾】大きさは18cm混じりで、天気を考えるとよく掛かった気がします

イメージ 6

 また、この雨でやっとビリっこが動き始めた感じ? こんなのも2ピキ掛かりました。

イメージ 7


  ただこのサイズ、7cm以下でして・・ダイワの友舟の入水口からもでれますので、
  G社の(ちょっと前のジャイロの頃の)手で持つ所の穴からは確実に出れる大きさ?
         ちなみに一つは帰りまでに居なくなってました。。。

  競技参加の方は・・ジップが閉じれる小さいビニールをポッケに忍ばせておくと
  コレが掛かっても・・入れて閉じて舟へ放り込んでおけるのでイイかもですね。。

   ガマとJCはコレも一尾ですし、、、なんて思った せんたくやでした。。。


※ この地は明日も含め、立て続けに大型鮎競技が予定されておりますので、
  知り合いを含め、競技参加の方々の迷惑になっても困るので場所等は乗せておりません
  ご理解のほどを宜しくお願いいたします。


……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS  Meta-MAX 0.05号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ. 0.3~0.8号時々v背バリ

5/181尾


  今日は夕マズメの2時間ほどを狙って・・子供と鮎の流し毛鉤へ行ってきました。。
   場所は相模川の下地区の平瀬がザラザラっと続くところに ひとまずIN。。

  この釣りは今季は初めてですが、遡上の鮎量を調べるのにはよい釣りでもあるので
     とりあえず釣りは子供にやらせて・・後ろでアタクシは世話係。。。

イメージ 1

  すると・・開始早々から瀬ウキ付近でモジリが出て・・クククッと流し毛鉤特有の
     引きを感じた子供は・・よぉ~~しキタキタっと幸先の良い出足。。。

イメージ 2

  気づけば並びには数名の方が同じように流し毛鉤を振っていて、季節を感じる。。

 子供はというと、今期はウエーダーが手に入ったことで自由に動けることをイイことに
   この先はどうなっているのだろうか?みたいな勢いでズンズン突き進み、、、、

イメージ 3

          川の真ん中で意気揚々と毛鉤を振っていた。。。
       遠目から見るとイッチョ前にトモを引いているような姿^^

イメージ 4

 ただ・・この釣りは中へ入りすぎると極端にアタらなくなることもよく分かったようで
  スグに元居たスジへ戻ってくる。。 そこで好機を迎えパラパラっと掛かるも・・
 いかんせん風が強いままで・・日暮れ時になっても今日は風が収まらない状況に苦戦。

      そんなこんなで・・子供の今季お初の流し毛鉤はこんな感じ。。。

イメージ 5

  数はやや不完全燃焼の30尾。 ただ、サイズは7cm~15cmとまずまずな大きさ混じり

イメージ 6

   肝心なアユ量は・・ただの一回ですし、風が強かった事と鮎の跳ねも無い中での
  釣りだった為、はっきりとは分かりませんが、もう少し7~8cmが居てもいいのでは?
      また・・歩いていても、岸近くを逃げる小鮎が見えないのが・・
            ちょっと気になる せんたくやでした。。。

                【流し毛鉤はこちら

  日付は変わりましたが、今日はam10:00頃からの川入りでした。場所は相模川の
 高田橋下流・一本瀬付近です。 川の状況はやや低の平水で、ここ数回と変わりなし。

  ただ、川は・・大型競技目前という事で解禁を思わせるほどの大変な賑わい。。。

イメージ 1

    あたくしは毎度変わらずのお楽しみ釣行なので・・・競技下見の方々の
   邪魔にならない立ち位置から竿出し。。 しかし・・45分間、囮に異常なし。。
  混んでいるのを承知で中途半端な時間に来てしまったので・・致し方ない状況。。

  そこで・・やや流れの効いた所へ入らせていただき、ややあって野鮎が獲れる。

イメージ 2

 一尾目の後は・・ものの15分で5本獲れたので、一応・・最初の一時間は6本になる計算?
        ただ、この紙一重な状況は・・いかんともしがたい。。

    下見の方の中にはガマのテスターのMさんもお見えで暫しの釣り談義。。
    そんなこんなで・・PM1:00の遅めの昼食までに21尾とし、小休止。。。

  午後になっても競技エリアは大変な賑わいで・・皆さん熱心に川を見ている状況。。

     ただ釣り自体は・・場荒れの中でもポツリポツリは拾える状況。。

イメージ 3

   感じとしては、溝(重機で掘れたところ)の中は(今日は)全般に型が良く、

イメージ 4

       馬の瀬の頭に乗っているのは平均してビリっこが多い感じ。。

イメージ 7

 数だったら圧倒的に馬の瀬側のビリっこで、溝は二尾掛かると三尾目に時間がかかる?
 これは天気も影響していると思いますが、釣人が大変多いので型は溝に追い込まれた感じ

 そんなことを想いつつ・・ポツリポツリのペース変わらずで、マズメ前までに30尾。
   丁度このころ、やや空いたスペースができ始め、川も多少静かになって・・
 マズメの好機を期待する。。 しかし・・良さげなところでも一発では追ってこず、
 単発気味な掛かり方で9本を追加。。 そして・・あと一本掛からないかなぁ~で・・
       運よく獲れ、キリの好い数字になったところで納竿。。

イメージ 5

 数は囮別で【41尾】 大きさは19cmまででしたが、全般に型は揃った感じ。。

イメージ 6

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS  Meta-MAX 0.05号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ. 0.3~0.8号時々v背バリ

4/163尾


  今日は時間が出来たので午前中から川入りでした。 場所は相模川の高田橋下流・
  一本瀬付近です。 川の状況はやや低の平水で、解禁からほぼ水位に変化なし。。

   am8時から竿を入れ、適当な流れから野鮎獲り。 一尾目はスグに掛かるも・・
        水を切ったところでサヨナラと・・・いやな出足。。
      ほどなくして一尾目、続いて二尾目と続くも8cm・・ 。。。

イメージ 1

  こんな具合でポツポツ拾い・・ツ抜けた頃、菅〇さんがお見えになり状況を伺う。。
   お話では・・結構厳しくなってきたねぇ~・・とのこと。 並びには・・
  来週から始まるメジャー競技の下見の方々もたくさんお見えで結構な賑わい。。
           ↓はたぶん10:00っころのようすかな。。

イメージ 2


            それと、水色・石色はこんな感じ。。

イメージ 7

  感じとしては、前回・前々回に竿を入れたときよりも、飛んでくる魚は少なくて
       やや待ち時間長めでカツカツ キューンといった具合。。

イメージ 3

  そんなこんなで・・20尾に乗ったところで少し早い昼食をとり、約一時間休んでから
  午後からの第二ラウンド。。 向かいには某大型釣具店のトーナメンター副店長の
 Hさんと、トーナメンターのお仲間さんが竿を出されており、コンスタントに竿曲がり。

   やはりトーナメンターさん達は釣りが綺麗ですね。ここで暫しの釣り談義。。

   丁度このころ、風も吹き始め・・キリのいい数字に尾数が達したら終わろうかと
  想っていたら・・マズメ前の時点で35本。 それならば・・と5尾を必死に掛ける。

イメージ 4

   すると・・マズメが近づくにつれ、風が弱まり・・欲が出てきて もう5本。。。
   夕マズメには無風状態となり・・色気も出てきてもう5本。。。となりまして
       そうこうしている間に一区切りの数字に達して・・納竿。。

イメージ 5

  数は囮別で【52尾】大きさは8cm~18cmと、典型的な下地区のバラツキサイズです

イメージ 6

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS  Meta-MAX 0.05号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ. 0.3~0.8号時々v背バリ

3/122尾


   この時期にきて、にわかに始まった子供の渓流テンカラ。。 餌をつけず・・
   そのまま釣り続けられる点、餌釣りよりは勝手にやらせられておけるし、
  親としては楽っちゃー楽なのですが、みていると・・結構 毛鉤は消耗する。。

  そんなことで、久々にテンカラ毛鉤をこしらえておこうかと・・必要なモノを用意。

イメージ 1

     使用する毛鉤のパターンは、どんな状況下でも一種のみなので・・
     今回も頑固一徹ワンパターンの毛鉤を巻き・・ こんな感じに。。。

イメージ 2

   ただ・・・針の号数だけは子供でも扱いやすいように・・やや小針を使用。。

 内訳は、私が通常8号以上なのに対し、子供は合わせが効きやすいようにやや細身の
      7号がメインとし、今回は一っ気に20本ほど巻き上げておく。。

 これで・・子供がそこらじゅうにひっ掛けまくっても・・今期は足りる計算。。^^
 そんなことで・・次回の子供の渓流テンカラの準備だけはすませておきました。。。


   この週末は相模川で、まずガマ関係の競技が予定されており、22日からは・・
  立て続けに大型競技が目白押しの競技エリア。。 そんなことで、この土・日は
   下見の方々も多いのでは・・ということで、今日は子供と午後から渓へGO。。

   向かった先は山梨県の道志川。 まずは餌で遊んでテンカラまでの時間調整。。

イメージ 1

      子供に竿を振らせ・・あたくしはセッセと餌のヒラタ捕り。。。

イメージ 2

      流れの中には結構な数の鮎が群れており、チョコチョコ針掛かり。

イメージ 3

      纏まった水が出ていないので・・鮎はまだバラケていない様子。。。
    その都度流れへ帰し・・・鮎の放流されていない(であろう)地区へ動く。。

  結局、ヤマメは小型が中心でしたがポツポツと飽きない程度に・・こんな具合。。

イメージ 4

       そしていよいよ・・子供の大本命のテンカラタイムへ突入!

   子供は、前回、前々回とマイ天カラロッドのヤマメでの入魂が出来ておらず・・
   やや不完全燃焼だったので、今回こそは・・と、かなり真剣に毛鉤を飛ばす。。

イメージ 5

 なかなかサマになって来た?と眺めていると・・・バシャっと出て、ピシュっとアテる!

イメージ 6

   そして・・無事にタモへIN! 子供のマイロッド、ヤマメでやっと入魂完了!

イメージ 7

      大きさは7寸強でしたが、サイズ云々ではなく大喜びな一尾。。。
   その後もなんだかんだで数尾掛け、今回は気持ちよく竿を納めた子供でした。。

 ちなみにアタクシ、川虫だけ捕って、なぁ~~んにも釣っていない日となりました。。。
……………………………………………………………………………………………………………
竿、D社 朝霧抜 中硬53MULTI VARIVAS 2lb  ・くわせヤマメ 6号/ ヒラタ
……………………………………………………………………………………………………………
私 > 竿 郡上テンカラ 33  パーフェクトライン 36  リーダー  1号
子供> D社 NEO テンカラ32  パーフェクトライン 36  リーダー 1号
                『使用毛鉤はこちら

  ここ数年、鮎用のタビのフェルトの早期消耗というのは・・他の方々の記事でも
 チョコチョコ目にするし、あたくし自身も、タビ(ウエーダーも含め)は以前に比べ
 かなり減りは早い気がする。 好んで使用しているのはフェルトピンタイプなので、
      ピンなしのフェルトソールだけだと、更に減りが早いのかも。。

  また、張り替えられるタイプも履いてはいたけれど、昔、富士川のど真ん中で・・
  えらい目にあってから・・このタイプは、たとえ改良されても手は出していない。。

 これまでに試したタビ類は、釣りメーカーとしてはワン・ツー・スリー・プラス1ですが
  そんな中にあって、最近一番減りにくいと感じるのは・・自分比ではシモツケかも?
       なんて思い、ちょっと前から自分のサイズを探してはいた。

 しかし、もう時期突入なので・・探していた範囲では在庫無が続き、今期は諦め。。

  ただここで・・ちょっと気になっていたメーカーを試すいい機会でもあるので・・
  第三のメーカー的な阪神素地さんのピンソールをお試し購入。 次釣行 即、実戦!

イメージ 1

  ピンは他社で言うゲキスパ的なつくりのガチガチ感で全然滑らないし、磯などの
  ガチャガチャスパイクに履きなれているのであれば、コレはイイかもなホールド感。

 素材はネオプレ部分が若干柔らかいかなぁ・・ですが、そのうち固くなるのもネオプレ?
 価格もTopメーカーのおよそ半分なので、合間のしのぎには十分ではないかの逸品。。
     肝心のフェルト部は・・ただの一回使用なのでまだわかりませんが、、
       久々の自分用のお買い物、其の1といったところでしょうか。。


  今日は仕事後、お昼丁度っ位からの川入りでした。 場所は相模川の高田橋下流・
          一本瀬付近です。 川風景はこんな感じ。。。

イメージ 1

 まずは河原を歩き・・どこに入ろうかと眺めていると、トーナメンターの菅〇さんが
 対岸から手を振っているのを確認。 挨拶を交わし、向かい合う形で探り始める。。

   しかし、養殖で一探りするもピリッともしない。 初めの囮の泳ぎも・・
  落ち着かないコだったので・・二号に替えようかどうしようか迷っているところで
       カカカっと目印が弾み、開始から15分で囮が変わる。。

イメージ 2

    野鮎が獲れてからは連荘こそしないけれど・・ポツポツと掛かり出し、
 最初の一時間は6尾とする。 ただ、行き道の途中で関東甲信の梅雨入りを報じており、
 気温も低く、時折雨もパラつく状況は・・鮎の追い以前に自身が寒くて寒くて低活性。

   おまけに1mmのタイツなんぞ履いてきてしまったことと、レインギアすら
   着てこなかった事にえらい後悔。。 とりあえずツ抜けたら一度車に戻って・・
   上着を一枚・・・と思っていたところ、どうしても九つからの次が来ない。。。

   風も冷たいし、コレでは風邪をひく?とも考え・・ 上着をとりに車へ。。。

    多少、体の冷えが和らいだところで・・空いたスペースをやや広く探り、
         まずまずのサイズがポンポンポンと掛かり出す。。

イメージ 3

   ただ釣り自体は、前回の時よりは広く探れているのでソコソコ獲れている程度で、
   気温が上がらない分、やはり鮎の追いは今一つなのか・・底バレも結構起き、
      竿を立てた時にはもう居ない。。。 が、立て続けに数回。。。

  夕マズメも・・陽が出ていれば期待感もあるのですが、あいにくの梅雨空ですし、
     風も結構強く吹いていて4:00を過ぎた時点で鮎の追いはパッタリ。。

    それでも・・午後入りなので5:00までは頑張ろう・・と思い数尾を追加。。
    しかし・・雨が気になり初め、再び体が寒寒状態となったところで納竿。。

イメージ 4

 数は囮別で『25尾』大きさは18cmくらいまででしたが、寒い中よく出たと思います。

イメージ 5

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS  Meta-MAX 0.05号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ. 0.3~1号時々v背バリ

2/70尾

    神奈川県下の鮎解禁から三日が過ぎたところで・・解禁後の初めての週末。
    したがって・・この土曜日が実質、解禁日のような雰囲気の中、あたくしも
    無事、初日を迎える。 今日は午前中から川入りしようかとまずは囮屋さんへ。

 しかし、高田橋の井上囮さんには・・長きにわたり・・と、ごあいさつ文がお店の前に。
  どうやらお店を閉じられたとのことでした。 私も長い事お世話になっていたので、
           本当にお疲れ様でしたの想いで一杯です。

 そんなこんなで相模屋さんへ・・。 すると其方では、こちらも長年お世話になっていた
 囮屋のおばぁ~ちゃんが逝去されたと伺いまして、なんとなく考え深げな出足でした。

        そして向かった先は高田橋下流・一本瀬付近へIN。
   まずは新しく造り直した一本瀬が一望できる場所から2017鮎、スタートです。。
  養殖を流れへ馴染ませると・・スグに流され初め、ピロンピロンとビリっこが一つ。。

イメージ 1

  2017年も ビリっこスタート!よしよし居た居た。コレがいれば一安心な9cm。^^

                この後も海産白鮎がパチパチ掛かり・・

イメージ 2

 スグにビリっこを背負ってくる。 アタリも小気味よく、型は小さいけれど楽しい。。

イメージ 3

      このころの川の様子は・・まさに人気鮎河川といった川風景。。

イメージ 4

 こんな状態で11時っ頃まで竿を入れ、20尾をチョッと超えたところで一旦車へ小休止。
    しかしここで・・結構な強風となり、結局2時間近く車でお休みタイム。。

 お昼過ぎからの第二ラウンドは、広く見て歩こうかと・・右岸も左岸も上から下まで
         全部歩き・・とりあえず最初なので見てみる。。

   感じとしては・・右岸側の瀬をなおした影響がもろに出ている箇所があり・・
  河原はおろか・・水の中まで重機でかき回した跡がそのまま残り、とにかく浮石で
   歩きづらく、浅いはずの瀬が急に掘れていたりと・・かなり厄介な川底。。。

 ただ、新しい瀬の割には掛かってくれているのが有難く、鮎量に助けられている感じ。

   そこで・・お昼過ぎからは違うところで竿を入れる。。このころになると・・
    鮎も多少いい色具合となり、パラパラっと続け様に掛かったりも。。。

イメージ 5

   ただ今日は、多くの皆さんも初日ということで・・久々にお会いする方々と、
      自然と話がはずみ、やや釣り談義長めでマズメを愉しむ。。

      そして・・ちょっと冷たい風に吹かれ初め、初日は終了。。

イメージ 6

 数は囮別で『45尾』 大きさは・・9cm~19cmまででしたが、よい出足となりました。

イメージ 7

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS  Meta-MAX 0.05号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ. 0.3~1号時々v背バリ

1/45尾

   本日1日は地元鮎河川の解禁日。 お昼のニュースでも神奈川県下の鮎河川の
    鮎釣りの様子を報じており、いよいよ始まったなぁ~~感がイッパイ。。

   ただ・・あたくしはというと、月)火)木)金)は絶対無理な稼業なので・・・
     今季のアユは、まだまだスタートの切れない状況ではありますが・・・
     とりあえず用意だけは済ませておこうかと・・こんな感じに。。。

イメージ 1

  それと、ちょっと気になったのは、今日の相模のHP。コレを見るかぎりでは・・
    数は前評判らしくなっておりますが、上地区の鮎のサイズが・・ 特に、
  ○○cm~の下のサイズが大きすぎ? ほぼ入れた魚とも思える大きさなので・・
  ビリっこが掛かっていないのかな・・? と・・なんとなく気になった次第です。。

    今度、流し毛鉤でも(子供に)振らせて、遡上鮎の様子を見ようかと感じた
                せんたくやでした。


このページのトップヘ