鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2017年09月

  今日はam10:00過ぎっ頃に・・まず囮屋さんへIN。 ちょっとお話をしてから
  上地区へ移動。 しかし・・川を切るスペースが無かったので下地区へ戻る。。。

 そうこうしている間に昼近くに。。。 川の状況は30t(m³/s)放水の為、15cm程高。

イメージ 1

 アユも終盤という事でお客さんは多め。 又、本日は大手メーカーのプロト竿のテストを
   関係者の方々でされておりまして、邪魔にならないところから竿を入れる。。

 ただ・・ちょっと気になるのが風。 しかもかなりの強風。。 最初の一尾目は・・
 掛かったというより・・掛かっていた?みたいな状況で竿を立てられずにいると外れる。

 そんなことで・・始めの一時間で掛かったのは6つ。しかしタモに収まったのは半分だけ。

   ※ ↓強風で竿もあおられて写真が撮れず・・どうしても手ブレがひどくなる。。。
イメージ 2

   しかも・・・三尾中二つが目掛かり即、ピロピロで・・かなり気持ちも低下。。

イメージ 3

      ここで早々に小休止とし、pm1:30頃から再度竿を入れる。。

  依然風は吹き荒れ、釣り自体は何をやっているのかさえ分からない時もあるけれど
 多少水深のある所をフワフワ泳がせ・・・我慢して我慢してガマンして・・囮ごろ一つ。

イメージ 4

  コレを繰り返し ようやく野鮎が回り初め、気になっていたスジへ囮をおいて行く。。
   風でまともに竿操作ができない割には掛かってくれるけれど、どれも単発気味。。

 この状況はもっとも止め時が難しく・・・結局、あと一尾・あと一尾・・でズルズルと
         そして最後に・・・いい色の個体が掛かる。。。

イメージ 5

  けれども風はおさまらず・・この時期にきて無理して竿が骨折・・なんてなったら
            えらい後悔しそうなので・・・納竿。。。

イメージ 6

数は囮別で【20尾】大きさは19cmまででしたが、状況を考えるとよく掛かったと思います

イメージ 7

……………………………………………………………………………………………………………
竿 がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.06号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7号 四本>がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ  オモリ無~2号+v背バリ

19/631


            昨日は子供とウナギングへGo。 ココ三回のウナ釣行は大河川を狙うも・・
        三度のうち二回がボでしたので、今回は別河川へIN。。
      河原にはススキも目立ち、ウナギもそろそろ終盤の雰囲気。。。

イメージ 1

    新月で月こそ出ていないけれど、ススキをバックに月見気分で竿を眺め・・
  ほんの数投でまずは一本目。。 地合いを逃さないよう写真は撮らずに次狙い。。

  すると、スグにアタリが出て・・期待感の高まる中、なんか違うなァ~と子供。。
            あがって来たのはヒゲちゃん。。。

イメージ 2

  期待していた流れでしたが、やり取りで場が荒れてしまい・・・別場所へ移動。。。

  しかし・・先日の台風後から水が一気に下がった影響からか、アタリは極端に少なく
    子供の選択で元居た今回子供イチ押し場へ戻る。。 場も休められたので
  居れば勝負は早そうな?なんて思った一投目、もうアタっている!の子供の声。。

  その後、まずいなぁ~・・グルグルしちゃったかなぁ~ 動きがおかしいと判断。。
  少し竿にキキ気味にして・・既に乗ってるノってると聞きアワセ、本日二本目。。。

イメージ 3

    この後も、違和感をきき合わせるようにして三本目を乗せ・・釣り終了。。

イメージ 4

   この二回、ウナにフラれていた子供でしたが・・今回は複数安打となりまして、
   うまいことリベンジ成功となりました。。 が・・ト~ちゃんのアユもまだ
  漁期が残ってまして、、、いったい何時行けるのか?とつくづく感じた夜でした。。

……………………………………………………………………………………………………………
ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ15号> 餌、ドバミミズ
                       ※ドバミミズの保存法はこちら


       ここ2回、大河川ではウナギにフラれていた子供でしたが・・
        今回は別河川へGo。。 そして結果はこんな具合。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。。

  昨日は時間も無かったので鮎はナシ。 そこで・・とりあえず我が家の餌場を確認。
  それは・・ウナギ餌のドバ様の宝箱コレをサクサクするとこんな具合に元気元気。。

イメージ 1

    数はおよそ40本ほどはまだ居たので・・前回、ウナ20釣行目にして久々の
 完全ボを喰らった子供は、そのリベンジに・・と、マズメから三時間程ウナギ河川へIN。

        もう雰囲気は秋ですし、狙うは大河川の型モノ一本勝負。。

イメージ 2

  川の状況は、潮まわり的には良さげな感じでしたが、先日接近した台風の出水や
    濁り等は残念ながら全くナシ。。 しかも開始からサッパリ魚っ気ゼロ。。

 代わりにカニっ気がもの凄く・・三投に一回は大切なドバ様とハリスがズタズタに。。

イメージ 3

 終いには段々とカニの活性が上がって来て、ハリスは二投に一回はハサミで切られる。。
        結局、魚はというとコレが一つ掛かっただけで・・

イメージ 4

            アタリは全てカニとなり、終了。。
 またしても、友カンの中の水はこんな具合に手洗い用。しかも今回は子供、ゼロサイン!

イメージ 5

 そんなことで・・リベンジのはずが、見事に返り討ちにあった子供のウナギングでして、
    やはり大河川の型狙いは難しいなぁ~~が・・子供の一言でした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ15号> 餌、ドバミミズ
                       ※ドバミミズの保存法はこちら

  この連休はあいにくの台風予報でしたが・・毎年恒例行事の千葉方面へ家族でGo。。
  お土産には、これまでに釣ってストックしたあった鮎と先日こしらえたアユ甘露煮。。
     コレを発泡スチロールへ詰め込めるだけ詰め込み、こんな感じに。。。

イメージ 1

    そして・・早朝よりアクアラインをひた走り、まずは海へと直行。。。
   ここには既に到着し、悪天候の中竿出しをしていた親と兄ぃ~達とも合流。。

  兄ぃ~んとこのナンバースリーもカッパを着込み、早々にメジナを数枚あげていて、
             うちの子も雨の中、元気に参加。。

イメージ 2

 しかし・・地合いは過ぎ、小メジナを一つ掛けたところで雨・風も強まって強制終了。
        台風も近づいてきているのでここは無理せず。。。

  予報では翌日も悪天候変わらずということで・・今回はお泊りをすることも無く
  とんぼ返りとなりまして、つい先ほど通った感の強い❝海ほたる❞でチョイ休憩。。
       ココでは台風の影響の出始めた大荒れの海を休憩席から・・
       子供とうらめしそうに眺める(シブキが凄く写真ナシ)。。

       折角の連休も台風となり、少々残念ではありましたが・・
       そんな中、車のトランクには出来立てホヤホヤの新米。。。

イメージ 3

  そんなことで、今年も鮎が新米へと ありがたく進化したお休みとなりました。。


 今日はそろそろ禁漁まじかとなってきた渓・本流へ子供とIN。 場所は山梨の道志川です
        川の状況はやや低の平水位で水色ももの凄いクリア。。
   天気も冷たい雨が時折強く降ることから、水温もかなり冷たく感じる渓状況。。

      そんなことで竿出しはお昼ちょっと前からのゆっくりスタート。。

イメージ 1

 まずは大場所の二時間流しを子供は選択。。 すると・・幸先よくまずまずのサイズ。

イメージ 2

    しかし、ここからの約一時間は小アタリが二回あっただけとのことで・・
     粘るかどうするか迷いに迷ってやっぱり粘ることを選んだ子供。。

 そして、約二時間が経とうかというところで・・目印に重みが乗り、しっかりとアワセ、
        おぉ~~キタぁ~ コレ・・デカいよぉ~の声。。。

 水深があったので隣にいた私にはギラギラは確認できなかったけれど、竿曲がりは型モノ
   絶対に竿をノされるなヨっ! とにかく曲げておけば大丈夫!と声をかける。。

 そして目の前でローリングをしながら寄って来た渓魚。サイズはパっと見で子供自己新!
 コレは子供を更にアセさせる。。。 そこで・・焦るな・焦るな・と何度も何度も。。。

           そして・・やっとの思いでタモへIN。。

イメージ 3

    先日の天カラ九寸ヤマメよりも一回り大きい予想通りの自己新ヤマメ。。

  そんなこんなで・・大場所二ヶ所を隈なく探り、こんな感じにタモも賑やかに。。

イメージ 4

 ここで・・もう一ヶ所動き、型モノの出そうなところで一時間ほど粘り、無事タモ入れ。

イメージ 5

   ここで初めてあたくしも竿出し。。 子供には見せられないチッコイの数ピキ。。

イメージ 6

  ここで・・雨も強まり強制納竿。。 先ほどの子供の型ヤマメは、後の測りで28cm!

イメージ 7

   ただ、簡単に28cmと言うけれど、ココ道志川でこのサイズは一年に一本、
  出るか出ないかのサイズですし、綺麗な尺上に至っては・・その年の水勢次第では
  4~5年に一本計算というのが私の経験。。 なのでこのサイズを子供が獲るのも・・
  やはりアタリが無くとも・・出そうな雰囲気だけで二時間同じ場所を流せるよう、
  子供にも身についたのが、なにより確率よく型物に出逢えるのかも?な感じ。。

  そんなことで・・禁漁間際の子供の渓・本流も、よい締めくくりとなりましたが、
  台風の出水次第では延長戦もありそうな雰囲気といったところでしょうか。。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿、D社 朝霧抜 中硬53MULTI  VARIVAS Adovance 0.4号通し。/ イクラ&ミミズ
私>D社 遥 中硬硬 60-65  / アマゴ半スレヒネリ 7号 ミミズ餌


         今日は子供と禁漁間際の渓・本流へ入ってきまして
            大場所を粘りに粘ってこんな具合に・・・

イメージ 1

         子供の自己新となる良い渓魚がでてくれました。。

イメージ 2

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


     神奈川県下の鮎の漁期も残すところあと一ヶ月となったところで・・
           わが家の鮎専用冷凍庫も無事にフル満タン。。

イメージ 1

   今期のアユ尾数も、昨年のこの時期までの17回釣行比では、ほぼ同じ数で・・
 ここまでは似たシーズンな雰囲気(ただ昨年の9月はここから連日のバチバチで尾数もUP)

    そこで・・鮎尾数も揃ったところで鮎の甘露煮つくりに取り掛かる。。
 まずは冷凍庫から40本くらいを解凍し、水っ気・ヌメリっ気を取り除いて白焼きに。。

イメージ 2

  この状態から大なべに綺麗に並べ・・番茶でしっかりと煮込むこと8時間以上。。
     ちなみに↓この状態はまだ5時間くらいの、いわゆるハーフタイム。。。

イメージ 3

    このころから徐々に味を調えてゆき・・・仕上げるまでにもう4時間。。。

  とにかく手間暇かかるモノですが、今回も鍋を焦がすことなく無事に仕上がり・・
       お土産用のアユ甘露煮、こんな感じに出来上がりです。。

イメージ 4

 そして 気になる味は・・今回はやや甘めな感じ? ただ、お酒を呑まない私にとっては
 個人的には好きな味に仕上がったのでは?な出来でして、まずまずだったかと思います。



   今日はam10:00っ頃からの川入りでした。 場所は相模川の上地区の瀬です。
  川の状況はやや低の平水。 水色も辺地ではほぼ澄み、流芯部に濁りが残る状況。

   対岸へ川を切ろうかと川を見通す。 しかし、予想よりもお客さんは多く・・
  ちょっと川を切るスペースが無い。 しかも見ている範囲では囮がまわっておらず、
  養殖を引いておられる方も数名見てとれる。。 そこで・・適当な所から様子見。。

イメージ 1

 周りを見る限り、相当場荒れが厳しそうなので・・絶対に無理には引かずの野鮎獲り。
 開始から10分・・20分・・ 囮に異常なし。。 養殖が沈んでくれているうちに・・・
  なんとかオマケ掛かりが拾えないかと待つこと25分。 やっと囮が野鮎へ変わる。。

イメージ 2

  次の一流しは・・ほぼ同じ筋から二本目。。 野鮎が回り初めると奇跡的に連荘し、
 次の20分で6尾追加。全般に型も良く、背掛かりも数本いたので囮事情はコレで一安心

イメージ 3

 そこで・・少し早めの昼食をとり、午後の部スタート。。 午前中はお客さんも多く
 入られておりましたが、午後は場所移動をされた方々も多かったようで結構場所が空く。

イメージ 4

    このタイミングで川を切り・・転々とめぼしきところを通してゆく。。
   しかし・・予想に反して午後は掛からない。。 しかも全然カスリもしない。。

     本気で場所移動を考えちゃうほど・・中(芯)も辺地もダメダメ。。。
   ただこれは・・場荒れが進むにつれ、必ず起きる事なので・・とにかく我慢。。

    それと・・この瀬。 右岸と左岸で水温が全く違う時期でもあるので・・
 (本流から合流する流れが水温高なので、右岸側は友舟の中のアユも弱りが早いデス)
 コレを考え・・川を切り返し、深部の変化のみを点で探り・・ポツリポツリと拾う。。

   そんなこんなで そこそこは数を稼げ・・マズメを前にもう一度川を切る。。
   時間は3時過ぎ。 気温も上がり、ベストタイムかと期待。。 しかし・・・
 このゴールデン予想は見事に外れ、3時~4時までの一時間はタモに収まったのは2本だけ

イメージ 5

 鮎色こそ好さげなのに、不思議と掛からなくなる三時~四時。実は前回もポツリポツリ
 ただ今回は・・風も強かったので竿操作も限られ、この辺はややハンデ有りな感じ。。

    その後はちょっとだけ延長戦を試みて・・ポロポロっと拾って納竿。。

イメージ 6

数は囮別で【26尾】大きさはこの程度でしたが、全般に揃った感じです。。

イメージ 7

※ ただ、台風の進路が気になるところで・・このまま終わらないことを願いたいですね

……………………………………………………………………………………………………………
竿 がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.08号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7.5四本>がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ  オモリ無~2号+v背バリ

18/611


 昨年、今年と・・相模で鮎を釣っていると、せんたくやさん!ウナギ、毎回旨そうだね。
 と・・コレは本当に多くの方々に声をかけられる。。^^ 多分アユの話よりも・・・
 天然ウナギの釣り方・活かし方・捌き方・蒸し方・焼き等々の話の方が興味有りみたい。

  そんなことで今回も、最近まで活かしてあった三本のウナギをサクサクっと捌く。。
           そして、こんな感じに串を入れ・・・

イメージ 1

 この状態からいつもの手順(前にも説明してありますのでここでは省略)で焼く前準備。

         その後はジュ~っと焼き上げ・・こんな感じに
        今シーズン三度目の丑の日、出来上がりです。。

イメージ 2

       前回の釣行では、二年ぶりに完全ボを食らってしまった
   子供のウナギングではありましたが、今期も好く掛かってくれておりまして
      食の面でも十分楽しめている夏モノといったところでしょうか。。。

             【このウナギの釣行期はこちら


   日付は変わりましたが、今日は知り合いの方々が相模入りするということで・・
   あたくしも午後から参加。 場所は相模川の上地区の瀬です。 囮を購入し
  友人を探す。。 しかし、もの凄い人出で探すことが出来ない状況。。こんなです。

イメージ 1

  とりあえず車を発見。。 お昼にはいったん上がるかと思い待つこと30分。。。
 ようやくトーナメンターのT君と合流。。。 T君は先日郡上で行われたJC全国大会へ
     出ておられ・・ココで全国区となった話題がゲイリーオールドマン。。。
 (人気鮎ブロガーさんに命名されたそうですが、Eさんと私は面識がございませんので

   私も以前からキャプテン ジャックスパロー役のジョニーデップ似では?と
 彼のことを見ておりましたが、いずれにしましてもよく似ている。。。 ゴメン。。。

   そんなことで・・二人して川入り。。 既に時間は昼を過ぎた1:00頃。。

    人も大変多いので・・養殖を野鮎にかえるのにかなり慎重に竿入れ。。
   開始から一流しで野鮎を背負わすも・・空中バレにアララと暗雲スタート。。

  この数分後、無事に囮を変えるも・・掛かりどころ悪く写真の余裕はナシ。。で・・
  その次もその次も、連続で掛かりどころが悪く・・6本目にしてやっと背掛け。。

イメージ 2

 そんなこんなで・・開始からの一時間は6本としたところで、今度は尺鮎対決のIさんが
      河原に登場。。 野鮎も獲れたところで暫し三人で釣り談義。。

 お話では・・別河川へ型を狙いに行くとのことで・・良くても悪くても、今は相模だけな
     アタクシにとって・・うぅ~~ん 羨ましい・・な、お話でしたし・・
   お二方共、ダイワとシマノのファイナリストなので私にとっては雲の上の方々。。

  恐れ多くて競技の話しなんぞ そう軽々しくできないと言えばそんな感じ・・。。。

 ここであたくしは流れへ入り・・めぼしきところを転々と囮を通していき・・数尾。。
 鮎の追いは依然鈍い状況に・・掛からなくなると平気で30分くらい沈黙な川状況。。

 泳がせても引いても置いても這わせても・・簡単には答えが出ない掛かり方にお手上げ。
   川入りが遅かったのでちょっと延長戦を試みるも・・ポツポツ程度で納竿。。

イメージ 3

数は囮別で【20尾】サイズは21cmまで。凄い人出でしたが、よく掛かってくれました。。

イメージ 4

……………………………………………………………………………………………………………
竿 がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.08号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7.5四本>がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ  オモリ無~2号+v背バリ

17/585


   今日はまだ いくらか明るさの残る時間から子供とウナギ狙いで某河川へIN。
    潮まわりも良さげなので ちょっと期待しながら身支度を整える子供。。

      潮が効き始めるまでは餌のドバ様は封印し、別餌で様子見。。。

イメージ 1

   すると・・暗くなるころからアタリが頻繁に出始め、シーバスっ子の連打。。

イメージ 2

      丁度このころ・・餌をドバ様へ変えウナの地合いに備える。。。
       しかし・・ 何が影響しているのかアタリは全て別魚。。

        水温も水勢も湿度も全ての面でいい感じなのに・・・
  ウナウナの反応が無し。。 挙句の果てにはシーバスっ子が段々と良型化し始め・・
    10尾目には50cmUPまで顔を出し・・子供、とりあえずは笑顔。。^^

イメージ 3

    最終的には三時間頑張ったものの・・ウナギからのコンタクトはゼロ。。

       いつものように水をはってその時に備えていた友カンも・・
         今回は最後に手を洗うだけのモノとなり納竿。。^^

イメージ 4

  そんなことで・・昨年から続いていた連続19釣行、全てでウナギという子供の
  うな、ミラクル釣行も20回目にして完全ボ! となりましたが、コレばかりは
 上手く行き過ぎていただけの話で・・また振出しに戻った?みたいな子供でした。。

……………………………………………………………………………………………………………
ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ15号> 餌、ドバミミズ・他
                       ※ドバミミズの保存法はこちら


    今日はam10:30~の川入りでした。 場所は相模川の上地区の瀬です。
   川の状況はやや低の平水で流れの芯以外は、ほぼ澄んできているくらいの水色。
      ただ、時折小雨の降る天気で気温も上がらず・・結構寒い。。。

 まずは川を眺めながら身支度を整える。パッと見10名ほどの方が竿出しをされており、
 支度中に竿が曲がれば・・と思っていたところ、結局誰の竿も立つことはなかった。。
 この時点で厳しそうな雰囲気が感じられ、最初の野鮎獲りも釣り方をちょっと考える。

 けれども今回は、これからサイズも上がって来るであろう期待も込め、急瀬竿を手に。

イメージ 1

   まずは我慢覚悟で野鮎獲り。。 すると・・開始数分でビリ1・ビリ2。。。

イメージ 2

 ビリっこでもガマはしっかりと穂先が入るので、通常(ここで)使用している硬派より、
     弾かれない分・・使える幅は広くて このサイズでもバレにくい。。

 ただ、いかんせん鮎の追いは今一つで・・昼食までの一時間半はやっとのツ抜け程度。
 ここで一旦お昼休み。。 来たばっかりなのに寒くてたまらず・・温めたお茶タイム。。

イメージ 3

     いつもなら冷え冷えの飲み物が欲しいはずが・・今日は一転。。。

 そして午後の部も早々に川を切る。。 あまりの鮎の追いの無さに場所は空き始める。。
 釣り自体は・・ただ待っているだけでは掛からない状況で、何かの変化をきっかけに・・
 うまい事反応させてカツン・ギュンみたいなのがチョコチョコあるけど、鮎色はこの程度

イメージ 4

   気付けば並びには・・某釣具店の梅〇店長がお見えで、しばしの釣り談義。。
   お話では・・店長十八番の流れも今日は渋々で川、いったいどうしちゃった?
      みたいな話に。。。おっしゃる通りで・・あたくしも同感。。。

      ここで・・場所は変えずに釣りをガラッと変え、様子を見る。。
 すると・・三連荘×3など、そこそこなペースで掛かり、時々良いサイズも獲れる。

イメージ 5

   しかし・・気温が上がらないのも影響してか、pm4:00を過ぎたあたりから
  更に魚っ気が無くなり・・仮に掛かっても真っ白な鮎となり・・体も冷え切り納竿。

イメージ 6

数は囮別で【31尾】結果的には・・寒い中でしたが、よく掛かってくれたと思います。。

イメージ 7

……………………………………………………………………………………………………………
竿 がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90   Meta-MAX 0.08号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7.5四本>がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ  オモリ無~2号+v背バリ

16/565


     今日はお昼過ぎから子供と渓へIN。 場所は山梨県の道志川です。
  川の状況はほぼ平水の澄み。このところ続いていた若干の白っ川もおさまった様子。。

    また、連日暑かった陽気も・・渓では肌寒さを感じる程に気温は低め。。
  早々に身支度を整えていると、予備餌のイクラちゃんを早速つまみ食いな子供。。^^

イメージ 1

   ちなみに今日は・・餌のミミズがビックリするほど細いモノしか店に無くって
 子供にはイクラとの半々使用を進める。。正直、前日の出水で川虫が捕れないのが痛い。

  そんなことを想いつつ・・ 空いていた大場所から子供に竿を入れさせてみる。。

イメージ 2

  すると・・そう時間もかからずにパシっと掛け、綺麗な個体が立て続けに竿を曲げる。

イメージ 3

     また、今回は・・開けたところ限定でアタクシも竿出しを許され^^
  子供から見える範囲内でチョコチョコ竿を入れ、八寸弱っ位を頭に10ピキ程。。。

イメージ 4

   そして動いた二ヶ所目。 ココでは子供の後ろに付きっきりでないと危ないので
    子供にやらせていると・・子供>なんかチッコイの釣れたけど・・と。。。
        この地では最近、結構珍しくなった感のあるカジカ。。。

イメージ 5

   多分アタクシも・・ココではもう20年くらい掛けていないかも?なレアもの。。
  子供も初めて見る可愛い❝おトト❞に興味津々で、堰き止めた水たまりで観察会。。^^

      暫し遊んでから流れへ帰し、時間も無いので三ヶ所目へ動く。。

  そして・・ココでちょっと粘ろう!ということで・・マズメまで根気よく探り・・
  最後にいいサイズが竿を曲げ、無事に八寸ヤマメが顔を出し、やっと出たぁ~な子供。

イメージ 6

  渓は平水に戻り、陽気もちょっと秋めいて来たのも影響して・・ちょっと子供には
      掛けづらい日ではありましたが、終わってみればこんな感じ。。。

イメージ 7

 ちなみにこの中に・・あたくしの掛けた渓魚は入れさせてもらえていないデス。。^^;
      そんなこんなで・・まずまず楽しめた子供の渓遊びでした。。。
……………………………………………………………………………………………………………
竿、D社 朝霧抜 中硬53MULTI  VARIVAS Adovance 0.4号通し。/ イクラ&ミミズ
私>D社 遥 中硬硬 60-65  / アマゴ半スレヒネリ 7号 ミミズ餌


  今年の相模は解禁当初から水が少なめで・・スタートから辺地は垢ぐされ状態。
  アユも、手に持った時の香りは好いのですが、食すと残念ながら今一つな味だった。

  ただ、下地区の瀬だけは春まで重機が入っており、底石を転がしていた事から・・
 この地区だけは解禁から新垢が着いていたので・・そこそこ美味しい鮎も釣れていた。
 そんなことで・・前半は美味しいビリっこアユを求め、この地へ入ることも多かった。

 そのころの鮎は、こんな感じにビリっこはミニチュア開きの・・こんがり焼き用に。。

イメージ 1

 まだ、この時点では各地区、雨待ちの雰囲気。そこで待ちに待った台風による出水。。

 コレは予想よりも濁りが出てしまいましたが・・川は古垢が飛び、石も転がって・・
     再び新垢が着くまでに約半月。 その間に川も石も鮎も洗われましてね・・
         やっと先日、鮎本来の美味しさに戻った感じの鮎の塩焼き完成。。

イメージ 2

    川はまだ濁りも残っておりますので、アユも若干細目ではありますが・・
  香りと味は良くなったので・・いろんな意味でいい出水だったのではと思います。

 さて、いよいよ9月に入り、アユも終盤戦となりますが、程よく楽しめたらと思います。

            【この塩焼きアユの釣行期はこちら


このページのトップヘ