鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2017年11月

   今日は暗くなるころからの磯入りでした。場所は三浦方面のウエーディング磯。
   早潮なので・・撃てて3時間弱といったところでしたが、現場入りしてスグに
   めぼしき沖根目指して40~50m出ていく。。 海の状況は至って静かな波加減。
           サヨリっ気も乏しく・・何かの変化待ち。。

    予定時間の半分が過ぎようかというところで・・待っていた向かいからの風。
    水面は適度にザワつき始め・・スイッチが入るなら今?なタイミングで・・・
   本命コースを通し・・待望のゴン当たり! アテタ瞬間に派手なエラ洗い一発。
    距離も近かったのでイイサイズであることも確認でき、しっかりと寄せる。。

    そして・・竿下まで来たところで力尽きた感のある最後のエラ洗い・・・・
    と同時にルアーがスコンと抜け、 え”・・・ここで外れるか?なバレ。。。
      ちょっとダイジに行き過ぎたのか、時間をかけ過ぎたみたい??
    フックも二本掛かっていたので安心しきっていたのもマズかった???

  ルアーも外れた瞬間、ロッドティップにガシャンとこんがらがり・・・あらららら。。

   残り一時間くらいで真剣に次を狙うも・・・潮もたるみ・・・なすすべなく
   立ち位置を変え・・距離ではなくコース重視で探るも・・ショートバイト一回。
               掛かって来たのはこの子。。。

イメージ 1

   ここで元の立ち位置に戻って30分の延長戦を試みるも・・生命反応は無く終了。。

イメージ 2

     磯上り時、そろそろ始まるであろう海苔メジナ用の海苔を採取。。。

イメージ 3


今シーズン初の大バラシもあり、今期初のシーバス釣行ノー魚となりましたが、
               海苔餌は確保できました^^


……………………………………………………………………………………………………………
   ウエダ SPS-112  PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
    HUNP 【gu:s】140F>125F 他、多数使用

     記事入れが遅れ遅れとなってしまいましたが、前回の磯マル釣行時・・・
    運よく掛かった5本の磯マルは、釣り途中はタイドプールを泳がせておき
    磯上り時、五本全てを磯際で三枚におろし、荷を軽くしてから持ち帰る。

        そして・・その晩のうちに皮を引き、こんな感じに。。

イメージ 1

       流石にこの量は一度に食せる量ではないので・・その殆どを一時真空冷凍へ回し、
    後日、冷えた夜の鍋風・磯マルしゃぶしゃぶへ・・ こんな具合です。

イメージ 2

       ただ、この数本の中には・・かなり脂の乗った個体もいまして、
     やはりお刺身で・・・ ということで夜食程度にサクサクっと一人前。。。

イメージ 3

   今年の個体は何本かに一本ぐらいの割合で、もの凄い脂っこいのがおりまして
   今回もいわゆる当たり個体はお刺身、その他は・・その身質に似合ったモノへ。。
        ということで・・今回も美味しく食せた磯マルでした。。。

             【この磯マルの釣行期はこちら


               昨日は暗くなってから子供と磯へ・・。 向かった先は三浦方面の地磯。
  一応フカセの準備をして入ると、顔見知りの常連さんが・・なぁ~にこれから?と。
 子供ともども挨拶を済ませ状況を伺う。マズメのメジナ狙いはアイゴの猛攻だったそうな

     ただ今年は、まだ海苔メジナを狙える程、海苔が生えていないので・・
     今回は落ちの黒鯛狙いとのことを伝え、入れ替わりで現場入り。。。

   ひと昔前はよく狙っていた釣りモノでもあるので・・子供もいつかは自分も黒鯛!
       と思っていたらしく・・意気揚々とコマセ支度に入る。。。

イメージ 1

    海の状況は・・子供でも釣りやすい程の凪で潮位加減も申し分ないくらい。
    まずはダンゴ状に握ったコマセを10個ほど投げ入れ・・場所作りをしておき、
   底スレスレに調整した仕掛けを馴染ませ・・ケミの付いた棒ウキの動きを説明。

   すると、開始から数投でウキがスパッと入り・・連続で良型のメバル&カサゴ。
          大きい方は9寸クラスでお土産には申し分ない。。

イメージ 2

     この釣りは不思議なことに・・まずメバルが喰いつく。 しかし・・
    ずぅ~~っと釣れ続くことはまず無くて・・今回もこれでピタッと止まる。。

 小一時間コマセを効かせ、そろそろ・・というタイミングでジワァ~~っとウキが入る。
   隣につきっきりだった(やはり夜磯で危ないので)あたくしも・・あっコレ・・
   黒鯛っぽいぞ!と言うと・・やや慎重に合わせ・・しっかりと竿に乗せる。。

  よぉ~~し、乗った そこそこデカい!の声に・・黒鯛半分、メジナ半分の予想。。
 いずれにしてもしっかりと浮かせろ。。 て・・言っていたのに最後の最後にハリスが
   根にあたり痛恨の切られ・・・。。 子供、あ”あ”ぁ~~~~ ヤラレタ~の声。。

 この界隈の黒鯛はそう数が出るモノでもないので・・チャンスはそうあるモノでもなく、
 二度目のチャンスを待って頑張るも・・海からの反応は乏しくなり・・フカセ終了。。
    ちょっと難しさを知った・・子供の黒鯛トライな日となりました。。。


  そしてこの後は簡単に・・・ 帰り際、メバリング調査をすべくメバ・カサ狙い。
     ここではあっ気なく良型のカサゴを掛け・・・子供、元気復活。。。

イメージ 3

  ここであたくしも・・やっと釣り開始。 何とか一尾掛けるも・・不思議と小型化。。

イメージ 4

       そんなことで真夜中まで遊び・・・ 無事に釣り終了。。。
       大バラシはありましたが、それなりに楽しんだ子供でした。。
……………………………………………………………………………………………………………
ロッド・D社  TROUT-X 55UL レブロス2000 ・ADVANCE 5lb. OFTスクリューテール
            D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 1.4g


             正確には・・前々々回の釣行時、(ウエーディング磯ね)奇跡的に掛かった
  一本の磯マルは、磯上り時に簡単に下処理を済ませ、持ち帰ってスグにこんな感じに。

イメージ 1

          今回の魚は脂の乗りを見て・・多数決の結果、
           ムニエル用となりまして・・こんな具合。

イメージ 2

   本来、この手の料理ってレモンをカットしてギュッと絞るのが好ましいのですが、
      一カケ欲しいだけで常にレモンを用意しておくのってなかなか・・
      ということで・・最近はポッカレモン100の出番が多くなっている?
        なんて思いつつ、今回も美味しく食せた磯マルでした。。。

             【この磯マルの釣行期はこちら


 一昨日は兄ぃ~が三浦のウエ~ディング磯へ単独で入り、70クラスを4本出して来た。
 状況としては迷うことなくウエーディングGOのはず。 ただ、気になる箇所がもう一つ

   そこで昨夜は かなり遅い時間から湘南地区の川シーバスの様子見釣行。。
 現場に着くと車止めで先行者さんとすれ違う。 十中八九 同じ流れを撃つので・・
   少しゆっくり目に身支度を済ませ、流れへ立つ。 潮位はソコリ一歩手前。。
   水色は先日までの濁りもおさまってしまい・・・正直、ちょっと遅かった。。

     ここで・・上のレンジからサラッと様子を見て・・異常なし。。
  立ち位置もある程度決めたいのだけれど・・・強烈な出水後(2000t超えね)で、
    いかんせん底状況も分からず、探り探り。。感じとしては相当な砂利底。。

        そうこうしている間に下のレンジでカツンと当たり・・
 ガバっとエラを洗うのかと思いきや、パチャパチャ・・グルんグルんみたいな一尾目

イメージ 1

       魚は一応、川シーなのですが・・・多分サイズは40cm弱^^
   コレではしょうがないので・・・やや立ち位置をずらすも、もう一ピキ 。。。

  気付けば並びには三名のアングラー。ニピキ目の写真は撮りにくい状況でしたので・・
  スグにフックを外して流れへ帰す。。 しかし・・このサイズが居るのでは・・・
  自分の前には型モノ一発は期待薄と考え・・動きたい。 けれども動けない状況。

 大雨により、ずぶ濡れという事もあり・・ここで一旦車へ戻って着替え、策を練り直す。

  再び流れへ立ったのはソコリがとうに過ぎた頃。人の姿はなくて、雰囲気はあるけど
 次のアタリもピチャンピちゃんと上がってくるサイズで、あろうことか・・サイズダウン。

イメージ 2


  こんなにもサイズダウンするのであれば・・一尾目をしっかり写真撮っていればヨカッタ。。

   もうかれこれ・・20年以上この界隈の河口シーや川シーを見ては来ておりますが、
  ココでこのサイズが連発した経験は無く、迷いに迷った夜となり、このまま釣り終了。
       今日の尾数、三ピキ^^ でもコレは数にならないような。。。

           最後に・・久っさびさにアユとご対面。。^^

イメージ 3

   先日の台風二発で一度は海へと出されたであろうアユでしたが、この状況でも
 差し返せたのかな?手前は後入れの放流鮎ですが、小さい方はおよそ13cmの海産です

 この子達が・・なんとかハタいてくれていれば・・と願うばかりのせんたくやでした。

……………………………………………………………………………………………………………
ロッド、D社 Lateo 96ML/PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー30lb
                                                                   レイジー95S 黄色チャート ST-46 -4

  昨夜は仕事後、川シーバスでも狙おうかと一旦は湘南へ向かう。しかし・・行き道が
  大変混んでしまい、行先変更。急遽、高速へ乗りウエーディング磯へ進路を変える。

  現場は潮も下げ、どこまででも行けてしまう程。 胸まで入水し、キャスト開始。
 投げ初めは・・前回渋かったことを考え、迷ったらコレ!というフローティングバイブ。

 まずは手前から通す。気配を殺してリーリングしているからか、水鳥がどこからともなく
 自分の前に二羽流れてきて、何食わぬ顔。。 まさにマタギの木化け・石化け状態。。

  するとティップの真下でガコン! 丁度巻き上げで8の字をかいたようなヒットで・・
  ガバガバ状態。水鳥も驚いたのかバババっと飛び立ち、ビックリしたのは私も一緒。。
         そんな1尾目は・・Fバイブ丸飲みの70UP磯マル!

イメージ 1

  この喰い方を見て・・ルアーローテの順がほぼ決まり・・お次はボリューミーな
     ナチュラル系。 およそ20分後にガツンと当たり・・・2本目。。

イメージ 2

    立ち位置は変えずに三本目を狙い・・・ややあってからみたびのゴン!

イメージ 3

 ここでストリンガーがいっぱいになり、いつものイケスへドボンして元の立ち位置へ。

 今回は時間も無いので立ち位置は変えず、距離と通すコースの変化だけで2時間撃とうかと
 思っていたので・・後半の一時間も同じ釣りを通し・・・本日4本目がゴン!とアタる。。

イメージ 4

   ただ、ベイトっ気は・・サヨリが居るには居るのかな?程度のモノなので・・
   状況としては前回とそれほど変わらない。 けれども一つ違う点は・・・風。
 それも風向き。 予報では後ろから吹くはずが、実際は真横。 コレが程好く荒れさせ
    雰囲気を出したのか、次の一本も近距離でガガガっと派手なアタリ。。

      エラ洗いはちょっとサイズも良さげで・・ランカーを期待。。。

イメージ 5

      サイズはざっくり測って1cm程足りない泣きランカーではありましたが・・・
         本日の5本目は、今シーズン13本目となる磯マル。。

イメージ 6

  ここで・・予定の2時間経過。 魚も現場で下処理する時間も考え・・釣り終了。
  仕事後の2時間撃ちという、ちょっとハードな釣りでしたが、よく出てくれました。

……………………………………………………………………………………………………………
  ウエダ SPS-112  PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】140F>125F イワシホロ・黄色チャート。D社、タービュランス85F

              【この魚の食編はこちら



      ホントは昨日(日夜中)に体が元気ならばGoのはずでしたが・・
    昨日はいかんせんグロッキー状態でしたので・・本日出撃となりまして、
       運よくランカークラスを含めての複数安打となりました。。。

イメージ 1

       すみませんが詳細は時間が出来ましたら入れなおします。。


       わが家の娘も・・来年の年明けには二十歳の成人式。。。
   そんなことで・・いわゆる前撮りの為、本日は朝一番からこんなところへIN。

イメージ 1

 聞けば、この行事の為・・既に二年前から気に入った振り袖を予約してあったとのこと。

 店内で髪を結ってもらい、着付けてもらうのに・・待ち時間は二時間強といったところ
 でしたが・・とりあえずは無事に前撮り終了となりまして・・・撮影可のところで・・
       パチパチっと数枚家族で写真。。 が、こんな感じ。。。

イメージ 2

   ホントの成人式は年明けですが、ひとまず・・おめでたい日となりました。。。


    昨夜は仕事後に兄ぃ~と現場入り。 場所は三浦方面のウエーディング磯。。
   磯入り順はワン・ツーでしたので深入りはせず、手前から順にジワぁ~っと入水。
 しかし・・前回あれだけ居たサヨリがサッパリ。。 二時間ほど撃つもアタリもナシ。

   コレはきっと なにかが違う。。。 こう感じていたのは兄ぃ~も一緒で・・
   ちょっとづつ釣りを変えながら対応していき・・・最初にアテたのは潮上の兄で
  よぉ~~しキタの声。。 闇夜の中でも竿曲がりは確認でき、おぉ~~と思った瞬間
        あ”ぁ~~抜けたぁ~~の声。。。 痛恨のバレ。。

        ここで後ろから声がかかり、NAKAさんがお見えになる。。
   暫し状況をお話しし、並んで撃ち初め。順列は潮上に兄、中央にNAKAさん、
    そして潮下が私の順。。 そして・・次にアテたのは中央のNAKAさん。
       しかし・・あろうことかNAKAさんも痛恨のバラシ。。

   今年のナガレでは潮上のオープンスペースから始まるケースが多いのだけれど、
  順番でいくと次は単純にアタクシ。。。 ただ・・私だけ全くでピリっともしない。

   ここで近距離の根際のピン撃ちに徹し、この日 初めての生命的なグン反応。
     やっとアタったか!で、しっかりと乗せ・・無事にランディング。。

イメージ 1

        今秋の8本目のシーバスは、70UPの磯マルでした。。

イメージ 2

    この後はNAKAさんに広く撃っていただくため、場所を空け・・小休止。。
      自分に繫いだ磯マルを泳がせながら、兄の様子を見にゆく。。

イメージ 3

   状況としては・・若干サヨリが寄って来た?程度で海は至って静かな状態。
       何の変化も無いまま潮がタルミ・・兄も釣り終了。。
        NAKAさんにひと声かけて磯上りとなりました。。。

    並びでバレが多発するシブシブの喰いの中、マグレで獲れた夜でした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
  ウエダ SPS-112  PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
    morethan-SWITCH HITTER-S/85S    レーザーキャンディーの黄色塗り ST-41 -4

              【この磯マルの食編はこちら


       今日は仕事後に兄ぃ~とウエーディングポイントへGo。。
                とりあえずは。。。

イメージ 1

       すみませんが、詳細は時間ができ次第入れなおします。。


      昨日、子供が・・・ボク・・今日 学校午前中で終わるけど・・
   と、ある意味・・パパ一人で海に行かないでね!と言っているような一言。。。

      そんなことで、子供が帰るなり・・三時間程を狙って海へGo。。
  向かった先は三浦方面の堤防各所。。 前回同様、青物調査といった感じで動く。

      そして・・夕陽が海へと沈みかける頃からスタンバイ。。。

イメージ 1

  この頃になると・・地元の方々が次第に集まり初め、皆、、イワシの接岸を待つ。
        そして・・このタイミングで皆 撃ち始めるも・・・

イメージ 2

  今回は魚っ気がまるで無し。。 暗くなったら湧き出していたイワシが抜けた感じ。
   先日まで・・ジュウタンをひいたくらい居たイワシの群れが居ないとなれば・・
    もちろん青物は移動。。 磯ならばなんとかなるかも?と思いつつ・・・
  二人とも軽装備だった為、磯歩きは諦め・・数ヶ所の堤防をまわってイワシ探し。。

     けれどもドコモイワシが抜けてしまったのか群れが見つからず・・・
      青モノ狙いの方々も皆、動き回るし、みんな同じ動きなのか・・
          あちらこちらで同じ方々と再び会う始末^^。。

    そんなことで二時間程 魚を探して動きまわり・・・今回は時間切れ。。。

        たまたま今日だけ、イワシが接岸しなかったのか・・・
    抜けちゃったのかは定かではないですが、諦めきれない子供でした。。^^

 ちょっと記事入れが遅くなりましたが、前回釣行時に運よく掛かった三本の磯シーバスは
 釣り終了まではストリンガーへ繫いでおき、磯上りと同時にサクッと〆、持ち帰る。。

   そして・・晩のうちに三本とも包丁を入れ、今回もこんな感じに三枚に。。。

イメージ 1

  この状態から、ヒラスズキ(手前の二枚ね)だけ残して・・磯マルは真空冷凍。。
  それと・・おかず用にセッセと釣ったサヨリもこんな具合にツぅ~~っと開いて

イメージ 2

      コレも のちに天ぷらで食す用にこしらえて一時保存へ・・。。

      そこで・・ヒラスズキに取り掛かかり、身の確認(例の虫ね。。
     すると・・取り除けなことは無い程度(15程)であることから・・・
          全て取ってから衣をつけてカラッと揚げ・・・

        ヒラスズキのタルタルバーガー・・出来上がりです。。

イメージ 3

 ヒラスズキという魚はマルスズキ(普通のスズキ)よりも、身がしっかりしているので
     フライで食しても柔らかくなりすぎず、かなり美味しい魚でして、
    わが家では唯一、フィッシュバーガーにして食す魚だったりする。。

     そんなことで・・久々の良質ヒラを皆で美味しく食しました。。。

            【このヒラスズキの釣行期はこちら


 毎年この時期行事のディズニーランド(シーも含め)は、今年は7月に七夕Days☆彡
 行ったので・・アタクシ的にはもう無い?と思っておりましたが・・嫌な予感が一つ。
 そう、あまり早い時期に行くと・・年内にもう一度!となる予感・・ そして的中。。

  そんなことで昨日、朝陽がのぼる頃には・・もうすでに現場入りしてスタンバイ。。

イメージ 1

   そして・・二時間程してIN。。 イベント的にはDisneyハロウィンが終わり、
   Disneyクリスマスに変わって初めての週末ということで・・もの凄い人出。。

   コレは覚悟の上とはいえ、二度目のパス券発行が・・ファンタジーのハニーで
   既に20:15~21:15と表示。。 そんなことでファストパスの出番は二度で終了^^

  ただね、今回の目当てはプロジェクションが前回のワンス・アポン・ア・タイムから
   Disney ギフト・オブ・クリスマスへ変わった初週末だったのでこれが目的。。

    そんなことで・・明るい時間は適当なアトラクションをスタンバイで並び・・
           空いた時間はこんな感じで時間を使う。。。

イメージ 2

      それと・・子供の目当てはやっぱりシューティングギャラリー。。

イメージ 3

  今回も子供は難易度の高いとこ狙いの保安官 金バッチ一点狙いで・・こんな感じ。

イメージ 4

 バッジはクリスマス期間限定、ウッディ・プライド仕様。(ハロウィンはグーフィーで
 通常はドナルドだったかな・・?) とまぁ~ ちょっとマニアックな分野。。。

   そして・・・暗くなりかけた夕マズメからポジションを確保しておき・・・
                        Newキャッスルプロジェクションはこんな感じ。。。

イメージ 5

イメージ 6

        次はパレードの位置を確保し・・・その時に備え・・・

イメージ 7

         その中から、☝はアナ雪のアナとエルサね。。。


       プロジェクションマッピングとパレードも一通り観てから・・
    次はアドベンチャーにあるジャングルカーニバルで遊び始める子供達。。

  今回の景品はドナルドとデイジー。。 コレも結構難易度の高いゲームなのですが、
  娘は一投でデイジー捕獲成功! 息子もややあって無事に成功で・・超ご機嫌。。

イメージ 8

    そんなこんなで・・またしてもラスト時間までお付き合いとなりましたが、
     天気もよく、楽しく過ごせたディズニ~Dayとなりました。。。


    毎年のこの時期の磯ウエ~ディングで、ベイトっ気というとサヨリが主。。

イメージ 1

   ただこのサヨリという魚は・・たくさん接岸し、逃げ惑う姿も見るのですが
   シーバスが捕食をするようなボイルや、吸い込むような音も聞いたことが無い。

   それと、磯マルを捌いていて腹に入っていたことも実は無く、やはり噂通り・・
       サヨリはベイトになりにくいモノと想っておりましたが・・・
   一昨夜掛けたそこそこサイズのヒラをストリンガーに繫いでドボンしておいたら
       何ともデカいベイトを吐き出した。。 それがこのサヨリ。。

イメージ 2

          尾の方が10cm程、既に消化されている状態で、
      大きさは30cm程。太さはないのでスポっと尾から飲み込まれていた感じですが、
     サヨリも丸飲みにするんだなぁ~・・凄いな、が正直なところ。。。

    そんなことで・・デカくて長いルアーでも久々に投げてみようかと・・
   最近使用していなかったルアーボックスを、、、ガサゴソしておりました。。。

  次回、サヨリの大群がまだ居たら・・ちょっと意識して釣ってみようかと思います。


  食編の記事入れが前後してしまい、正確には前々回のシーバス釣行時(二尾の時ね)
  運よく掛かった二本の磯シーバスは、持ち帰ってからスグに包丁を入れこんな感じに。

イメージ 1

  この時点で・・一本の方(雌の方)が、かなり脂の乗った個体であることが確認でき
    子供が よぉ~~し コレ、お刺身で食べよう! となりまして・・・
  サクサクっと包丁を入れ、子供の好きなサーモンとブリも合わせて下駄に盛る。。
        磯マルのバラエティー盛り、一人前・・完成です。。

イメージ 2

         そしてこちらが・・前回の釣行(イナダの時ね)で
      たまたま掛かったカマスの開き。。 コレも中々美味しい魚。。。

イメージ 4

           それと最後が磯マルのカマ部の炙り焼き。。

イメージ 3

      今年の個体はどれも、炙っているとジュ~ジュ~脂が落ちる程で・・
      サイズの割に皆美味しく、今回も美味しく食せた海の幸でした。。

              【この魚の釣行期はこちら


   昨夜は仕事後、三時間程を撃ちに三浦へGo。 向かった先はウエーディング磯。
   現場は先行者さんもおられ、磯入り順は二番目。 まずは流れを確認しながら
   手前を撃ち・・キャスト後の中間距離でカツンと当たり・・難なく一本目。。

イメージ 1

  気付けば並びには三名の姿。そこで声が掛かり・・前回同様、チェロキーさん登場。
       どうも今秋はチェロキーさんと同じ動きな雰囲気?!^^

    ここで開始からの流れをお話し、適当な立ち位置から撃っていただく。。
  すると・・・出られるだけ前へ出たチェロキーさん、早々にアテて無事キャッチ。。

イメージ 2

 この時点で二人そろって小休止。 ただココから一っ気にサヨリの群れが押し寄せ・・
   あれよあれよで・・海一面のサヨリ。。 糸アタリやスレ等も もの凄く・・
 この状態からシーバスのアタリを拾うのは困難なので・・とりあえずオカズ確保の為、
     二人してサヨリんグ開始。。 こんな感じで あっと言う間に完了。。
   ※ これはある意味、ココの裏本命なので・・・サヨリ用ビニールは必需品。。

イメージ 3

 ここで私はサヨリの群れを避け、ルアーも引きではなく横の動きのみの釣りで探る。。
    すると・・カカカっと派手なバイトで・・バババっと数回跳ねるのが見え・・
    おぉ~~ヒラだな~と ちょっと大事にやり取りし、本日の二本目は・・
           この磯ではお初なサイズの60ヒラ。。

イメージ 4

  この後も似た釣りでみたびのゴン! で寄せた魚は今秋7本目となる70シーバス。

イメージ 5

           そんなこんなで運よく三本獲れ、釣り終了。。

イメージ 6

      また今回は、二人とも良型サヨリで お土産も充実しまして、
 チェロキーさんと揃って磯上り。。 またお会いしましたら宜しくお願いいたします。。
                お疲れさまでした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】125F>黄色チャート / D社、レイジー95S 黄色チャート ST-46 -4

            【このヒラスズキの食編はこちら


     昨夜は遅潮でしたので仕事後の短時間狙いでウエ~ディング磯へIN。。
    運よくヒラ混じりで複数安打となりました。 ヒラはここでは珍しい60デス

イメージ 1

          今回もチェロキーさんと現場でばったり。。。
            そしてサクッとブツ持ちです。。。

イメージ 2

        すみませんが詳細は時間だでき次第入れなおします。。


      前回の子供との釣行時、運よく一本ずつ獲れた二本のイナダは・・
    釣れ上がってスグに氷で〆て持ち帰り、晩のうちにとりあえず三枚におろす。

イメージ 1

     そしてこの状態から皮を引き、身を一晩寝かせてからお刺身用に。。
   それと今回は、今年の春に釣って真空冷凍してあった地タコも添えて下駄に盛り
       イナダと地タコのお刺身&盛り合わせ・・出来上がりです。。

イメージ 2

 今回は たまたま良いサイズが二本獲れまして、家族で食すのには十分な盛りでしたし
      昨日は・・・あたくし達の結婚記念の日だったそうで^^; 
   コレに気付いていた娘が・・小洒落たお菓子の詰め合わせを買ってきて・・・

イメージ 3

  ボクからは↑UFOキャッチャー(ゲームね)で落としたチョコ×2ね! と息子^^

   お刺身&お菓子というちょっと変わった組み合わせで・・とりあえずお祝い
    そんなことで・・久々の青物でしたが、美味しくおいしく食せました。。

             【このイナダの釣行期はこちら


 わが家は日程的に連休にはならないので・・昨日はちょっと遅めからの短時間釣行。。
 向かった先は三浦方面の堤防周り。 昨年からのナガレで、とりあえず子供とアオリ狙い
    ただ・・連休初日とあってドコモもの凄い人出でひとまず様子見。。。

   そして・・暗くなる頃、子供の選んだ堤防へ立ちエギからキャストを開始。。。
    目の前には急に湧き出したウルメイワシの群れ。。サイズもかなり大きめ。
   すると・・・ そのウルメの下に二本の青物が突っ込んで来るのが見える。。
          コレを見逃すはずがないのは我が家の子供。。

 レンジは低めで水面には出ては来ないけれど定期的に来るのはしっかりと見えていた。。
 並びには約20名の方が各々にキャスト。 ただ大半はエギっぽい中、子供だけルアー選択

 そして・・・ 闇雲には撃たず、ある程度の間をとりながらキャストし、キタぁ~の声。
  ここで問題が一つ。。 ラインはPE1号でしたが、リーダーはフロロの1.7号。。
    まさに秋イカ仕様なので・・・十分に時間をかけ、無事にタモへIN。。

イメージ 1

             子供お初のイナダは40cmUP。。

イメージ 2

  やり取りを見守ってくれていた並びの方々も・・皆、急遽ルアーをキャスト。。。

   ここであたくしもキャスト、と同時にカツンと当たり・・よぉ~~し・・ん??
            何故に私のはカマス??な一尾目。。。

イメージ 3

   へぇ~~パパのはカマスだったのぉ~~ 小さいね。。 と、きつい一言。。
        コレをフックに掛けるのは難しいんだって。。。と私。。。

 やっぱり・・私の残り少ない釣り運を子供に吸い取られているのか。。と感じ始めた頃
  私にもグン!と当たり・・おぉ~~乗ったわ。。 と同時にラインが出される。。

 私のもリーダーはアオリ用なので・・並びの方々に場所を空けて頂いて大事にやり取り。
 多くの方々にダイジにいったほうがイイヨ!サイズもいいし貴重だから時間を掛けなと
         あたたかいお言葉を頂き・・無事にキャッチ。。。

イメージ 4

          魚は子供のよりも一回り大きい50cmUP。。

   この時点で堤防で上がったイナダは三本だけ。 およそ20人が並びましたが
    その中で運よく親子そろって獲れまして、運も良かった気がします。。。

イメージ 5



 ロッド D社 Saltist ST-EG862 I トーナメントZ2500 Egi Specialスプール
 ライン キャストアウェイ PE 1号 フロロ 1.7号
  
 子供> D社 Saltist ST-EG76    REVROS 2500
Rapalaラピノヴァ エギングPE 1号 フロロ 1.7号   Bassday-レンジVIB 70ES
                        イワシ&ウルメイワシ ST-36 5

               【この魚の食編はこちら



       日付は変わりましたが・・今日は子供と三浦方面へGo。。
          そこで子供が今回もちょっとミラクル・・。。

イメージ 1

          詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


    昨夜は仕事後に三時間程なら撃てるかと思い・・磯へGo。 向かった先は
    三浦方面のウエ~ディング磯。 早潮なので潮位はかなり高いけれど・・
 早々に胸まで水没したのでそのまま入水。。 ただ、風は無風なので海は至って静か。

   しかも月夜なので・・かなり明るい海状況。。 ルアーもシュンと投じると・・
   かなり飛距離も出てしまうので出来るだけ距離を殺して手前からダイジに釣る。。

  すると・・巻き上げ寸前、もうティップから3mくらいの所でガクンとアタり・・
   アワセたと言うよりは・・勝手に乗ったという暴れ方で目の前ガバガバ状態。。
  こういった時はアワセが効いておらず、かなりバレやすいので・・一度距離をとり
     ややゆっくり目にランディング。。今期の三本目は64cmの磯マル。。

イメージ 1

  この後もできるだけオープンスペースを狙ってのマル狙い。。 潮の効きは・・
  やや流れるところがあるので・・この抵抗を使いながら流れの抜けるところを探し
     抵抗が抜けた瞬間、ここで待つ。。 みたいな通し方で再びゴン!
            本日二本目も同クラスの65cm。。

イメージ 2

            魚を適当な所へ活けておき・・・・・

イメージ 3

        月夜に照らされた魚を眺めながらラインチェック。。
      ウエットの中はずぶ濡れですが・・何とも気持ちの良い時間。。

    すると・・後ろから声が掛かる。。 ウエ~ディング磯をライトも着けずに
            入水してくるのは、私たちメンバーに違いないと思っていると・・
            やっぱりミッドナイトアングラー。。^^
   チェロキーさん ご登場。。。 ここまでの雰囲気をお話し、撃っていただく。。

    そしてアタクシは別方向を撃ち時始め・・流れとベイトっ気を見て回る。。
      ベイトは時々当たるサヨリ。。 しかも今年はルアーサイズ。。。

イメージ 4

  およそ30分見てまわり・・チェロキーさんに声をかけ、一足早めに釣り終了。。

イメージ 5

  およそ2時間ちょっとの釣りではありましたが、よく出てくれたと思います。。

……………………………………………………………………………………………………………
    ウエダ SPS-112 D社、2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
    HUNP 【gu:s】125F 黄チャート /ST-46 - 4

             【この磯マルの食編はこちら


       先程、三時間程ウエ~ディング磯へ浸かってきまして・・・
             運よく複数安打となりました。。

イメージ 1

        詳細は スミマセンが時間ができ次第入れなおします。。


このページのトップヘ