鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2017年12月

         今日は兄ぃ~と今年の竿納めのつもりで磯入り。。
            場所は三浦のウェ~ディング磯。。

        しかし・・・現場へ着くと通したい方角に刺し網。。
        それも結構近い距離に広く広く仕掛けてある。。。

    まぁ~我々の釣りは遊びなのに対し、漁師さんは生活がかかっているので
        致し方ないのだけれど、この時点でかなりの期待薄。。

         試しに二時間程撃つも・・・カスリもせず・・・
           向かいからの強風になったところで
          足元にあった新ワカメを摘んでココは終了。。

イメージ 1

       潮位も適当に下がってきたところで・・本日の本命である
       海苔メジナ用(次回子供との釣行用)の海苔餌を採取。。。

イメージ 2

         二人して無事に採り終え・・・別場所へ移動。。

    しかし・・・向かった先は先行者さんがおられ、早々に見切って終了。。

   今年最終釣行は・・時間も短かったとは言え、久々にノーバイトとなりまして、
 ちょっと不完全燃焼な竿納めとなりましたが、本命の初釣り用の海苔餌は確保できたので
 寒メジナでリベンジを・・・なんて思っておりますが、さてさてどうなるでしょうか。。


    正確には前々回の子供との釣行時、運よく子供が掛けた良型のメジナは・・
    磯上り時にパツっと〆ておき、其の後のタコングが長引きそうだったので、
   スグに海水と氷で〆ておく。。 そして・・案の定かなりの時間海で遊んだ後^^
      帰宅後スグに三枚におろし、地タコと合わせてこんな感じに。。。

イメージ 1

    そして翌日、地タコはおすそ分けぶんと真空冷凍へ分け、残りの二ハイを
     お刺身用につくり・・メジナのお造りと合わせてこんな具合に。。。

イメージ 2

        寒メジナと地タコとスキ身まぐろの三点盛り、出来上がりです。。

イメージ 3

   今回はメジナが一枚だけではありましたが、型にはそこそこ恵まれまして・・
            子供も大喜びで食しておりました。。。

           【このメジナ&地タコの釣行記はこちら


       子供も冬休みに入っているので・・午後から海へ向かう。。
    行き道の途中はかなりの強風。 しかも予報よりも厄介な方向からの風。。。
  ただ、予報ではpm3時ころには風も弱まり・・なんて報じていたのでコレに期待。。

 そこで空いた時間は富士をバックに・・最近はやりの❝ナンチャラ映え❞遊びを始める子供

イメージ 1

  まだ左手の小指が折れているというのに・・・こういう時は痛くないみたい。。。^^

   そんなこんなで小一時間様子を見るも・・・一向に風はおさまっては来ず・・・
             反対に強まって来た?みたいな状況。。。

イメージ 2

 結局、メジナ磯へは立てずじまいで・・・第二ラウンドは凪場でのタコング開始。。。

       すると一投目から乗ったぁ~~の声で・・幸先の良い出足。。

イメージ 3

 その数分後、よぉ~~し・・乗っている! イチ・ニ~のぉ・・サン・・で乗せ合わせ
        本日の二ハイ目は・・・一番おいしいサイズ。。。

イメージ 4

      そしてその数分後・・・又乗ってる! と・・子供、三杯目。。。

イメージ 5

      そこでアタクシも・・・・でうまい事。。。控えめの一パイ。。。

イメージ 6

  子供の一言は・・・おぉ~~ ボクのよりは小さいけれど、美味しいサイズだね!^^
  ですって。。。 そんなことでおひらきとなりました。メジナ磯はシケで✖でしたが
   代わりにお正月用の地タコも確保できまして、よい釣行だったと思います。。。
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号。



   2017年は子供の渓流デビュ~戦の年となり、私のアユ釣り時間をさいてでも
 可能な限り、子供の渓流釣りに付き合って・・・渓・本流を餌やテンカラで歩き回った。

  そんな釣行の中で、子供が特に好んで竿を振っていたのが毛鉤を飛ばすテンカラ。
   しかも、子供の天カラデビューの日から・・ビックリなサイズを・・。。

       29年5月22日 山梨県 道志川 テンカラ九寸ヤマメ

イメージ 1

               【釣行期はこちら

        もう一尾は更にサイズUPのテンカラ九寸強ヤマメ。
             29年7月1日 山梨県 道志川

イメージ 2

               【釣行期はこちら

 テンカラというのは渓魚が小さくても・・出てくれればそれなりに楽しめる類まれな
 ジャンルなので・・正直、子供向けではないですが、5~6寸が一つ二つ出ないかなぁ~
   と思っていたところ・・・なんとも驚きの出来事となったのがこの二つ。。。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    それと、台風後の増水時を餌で狙い・・運よく出せた型ヤマメがこちら
            29年9月16日 山梨県 道志川

イメージ 3

               【釣行期はこちら

    天カラヤマメに秋の型ヤマメと、渓・本流デビュ~シーズンとしては・・
    出来過ぎの感のある子供の釣りですが・・本当の淡水編はこちらかも?
    ということで・・次はやっぱり外せない子供の大好き、ウナギ編。。。

      まず数釣り部門から・・ 29年7月22日 某河川 ウナギ4本

イメージ 4

               【釣行期はこちら

       そしてこちらが・・型部門&他2本 29年8月7日 某河川

イメージ 5

               【釣行期はこちら

  2017年の子供のウナギは・・11回の釣行(そのうち三回が別河川)で20本と、
 昨年同様によく掛かってくれまして、子供にとってはコレも夏の楽しみといったところ。

  そんなこんなで・・今シーズンの子供の三部門も、全てにおいて凄かった気がします。



   今年はディズニ~ランドのDisney Chiristmasへ早々に出かけていたので・・
   もう随分と前に既にクリスマスだった感もあったのですが・・本日が当日^^

       ということで・・我が家もとりあえずはこんな具合に。。。

イメージ 1

 Chiristmasケ~キは、今年も仕事上のお得意様でもある【リリエンベルグ】さんで注文
  今年はオーソドックスにイチゴのデッカイの。。。10名様分サイズだそうです^^

イメージ 2

  それと今回はもう一品。 娘(嫁はんも)が ずぅ~~~っと気になっていたという
  ホテルオークラのサンドウィッチ。。コレを娘がこっそり予約してあったそうな。。

イメージ 3

    パっと見は でっかいパンですが、空けると中をくりぬいた状態にして・・
      その中身を使ってサンドウィッチにしてあるというモノらしい?。。

イメージ 4

 食してみると・・なるほどサンドウィッチだ。。 と、一風変わったクリスマスサンド。
   まぁ~~コレは話題という点も考え、うちの女勢も飛びついた感じ。。。^^


  それと・・お約束的な子供のプレゼント。 今回は何が欲しい?と問うと・・・
  ボクの使っているリールの替えスプールが欲しいんだけど・・。。。とのことで、
  ホントに?それだけでいいのであればスグにでも・・ということでこんな感じ。。。^^

イメージ 5

  聞くと今年、エギ中に出くわした突然の青物を、細糸でチェレンジとなった際・・
 あれば便利とつくづく感じたそうで、太番手を巻いた替えスプールが欲しかったみたい

   まぁ~ うちの子らしいと言えばそんな感じですが・・いずれにしましても
     欲しいモノが手に入り、ヨカッタヨカッタなクリスマスでした。。。


        餌海苔は先週、私がド干潮でシーバス磯へINした際に採ってあり・・
        いつでも海苔メジナ磯へGoな状況ではありましたが、実は週頭・・
        子供が学校内でのバスケで・・小指骨折・・で、こんな感じ。。

イメージ 1

   コレを見て今週は私が単独で・・なんて思っておりましたが、子供曰く・・

  よぉ~~し もう治った。。それとオじ~ちゃんも塩水(海ね)に手~浸ければ
  スグに治る!!って言っていたモン。。と・・^^ 流石は親子三代釣り好き会話ダネ。

    そんなことで、自分で早々に包帯をほどき・・・コマセの支度開始。。。

イメージ 2

  現場は凪で子供にも丁度釣りやすいくらい。。 ただ・・指が一応折れているし・・
      何かあっても困るので・・私は竿は出せずに付きっきり。。。

     初めはオキアミから探り初めると、エサ取りはベラとキタマクラ。。
  エサ取りもそう厄介ではないので、このままオキアミで釣り続け・・約一時間で
    子供のキタぁ~~の声。 無事にタモへ納まった魚は35cmのメジナ!

イメージ 3

      子供のシーズン初めのメジナにしては十分な良型スタート。。

   ここで海苔メジナ狙いに切り替える。。 並びには知り合いの方もお見えになり
   状況をお聞きする。。 すると・・・マズメ前にボワぁ~~っとウキがシモる。。
   一回目はスカ。 二度目もスカ。。 の三度目・・・しっかりと乗せるも・・
       今度は痛恨のバラシ。。。 で・・時合は過ぎメジナ終了。。

イメージ 4

   後の子供の一言は、アタってくれているうちに掛けなくちゃ~~・・だよね!
           ホント、そう思った。。 な日でしたが・・・

  この後・・・子供の第二ラウンド突入。。 まずはメバ・カサ狙いでの一ヶ所目。
             子供がワームでタコから始まり・・・

イメージ 5

    私もやっとロッドを手にすると・・・ゴンゴンとデカ反応。。でアナゴ。。

イメージ 6

 珍しくワームなんて投げていたから・・・こんなのが掛かっちゃった・・な70cmUP
   アナゴはアナゴでもクロちゃんの方なので・・・今回はその場リリース。。

 ワームに軟体系と長物反応ということは・・底モノ活発日と子供は判断したようで・・
 子供の考えでタコングへシフト。。 するとスグに乗せ、釣り方別ですが二ハイ目。。

イメージ 7

  この数分後、よぉ~~し・・コレはデカいよ!の声。。 ボワァ~っと浮いたタコは
              久々に見るクラーケンサイズ。。

イメージ 8

  ぱっと見で2㌔くらいかなぁ~・・ちょっと無いかなぁ~雌だけど・・とは子供。。

   後の測りで1.87㌔でしたが、子供がパっと見でタコの目方をコレだけ正確に
        当てられるのって凄いなぁ~とつくづく感じる^^;

        ここであたくしもチョコチョコっとテンヤで探り、一つ。

イメージ 9

  子供、チッチャと一言。 やっぱりね・・そう言われると思ったよ・・。。^^;

 ということで・・やっと終了。。 最後に・・あぁ~~指が急に痛くなってきたぁ~
    もう少し海に居ないと・・・ですって。。 もうつける薬が無いデス。。

……………………………………………………………………………………………………………
         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号
         シーガーエース 1.75号    チヌ針3号、立ちウキ 5B、オキアミ
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号。

               【この魚の食編はこちら
             【マルキューさんのHPはこちら


         昨日は子供とメジナ狙いで磯入りしてきまして・・・
            とりあえず・・子供の今期一枚目。。。

イメージ 1

          詳細は時間が出来ましたら入れなおします。。


   ここに来ては、子供との海釣行が殆どな為、淡水の釣りのことを忘れがち。。
  ただ、そろそろ纏めておかなければ内容も忘れてしまう?ということで鮎と渓流の
  総まとめへと取りかかる。 元々このBlogは、鮎・渓流からネームも始まるので
  釣り自体はメインなジャンルですし、この分野が一番好きな釣りなのは間違いなし。

  そんなことで、まずはアユ部門。2017年の鮎は遡上数は前評判ではまずまず。
 ただ、解禁当初は流れを見る限り、あまり辺地で鮎が見えなくて毛鉤鮎も少ない出足。
 けれども実際に竿を入れ、友を引いてみると・・あぁ~ 結構いるんだ、な雰囲気で
       予想以上に数が出た釣行がこちら。 まずは下地区から

           6月14日  高田下流の一本瀬付近
                   【52尾】

イメージ 1

               『釣行記はこちら

            そしてもう一つは上地区の瀬から・・

          7月12日  上地区、鵜どまりの瀬
                  【65尾】

イメージ 2

               『釣行記はこちら

  6月~7月は、小ぶりではありましたが数もそこそこ伸び、後半へ期待。 しかし、
 8月の台風で川止めとなり、さあこれから!を前にちょっと残念な年となりましたが、
    40尾を超えた日も7回あったりと、それなりに楽しめたシーズンでした。。

……………………………………………………………………………………………………………
             2017 鮎釣り

 相模川 21回釣行(およそ半分が午後出の釣り)672尾 毎釣行平均 32尾
                           (最高尾数は65尾)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

            そしてこちらが・・渓・本流から。。

           8月12日 (土) 山梨県 道志川
                  尺上ヤマメ

イメージ 3


                【釣行期はこちら

   今年は子供の渓・本流デビューの年でしたので、一番好きなジャンルの渓へは
   中々単独では入れませんでしたが・・そんな中、運よく尺上ヤマメと出逢え、
         終わってみれば、好いシーズンだったと思います。


    前回の磯マル釣行時、運よく掛かった二本のシーバスは・・いつものように
   現場で〆、下処理も済ませて持ち帰る。 そして今回も晩のうちに三枚におろし
              こんな感じに包丁を入れる。。

イメージ 1

  今回の魚は・・一本は残念ながら(ここまで捌いてあったのに)食に向かない固体の
  いわゆる外れモノだったので・・・一本だけとなりましたが、とりあえずこんな具合に
          磯マルのガーリック焼き、出来上がりです。。

イメージ 2

     それと今回はもう一品。 どうしても刺身で食したい派の息子用に・・

イメージ 3

        そんなことで・・今回も美味しく食せた磯マルでした。。。

             【この磯マルの釣行記はこちら


    今年の相模川は・・さあいよいよという時期にきて台風がドン!でしたので、
    アユの型は今一つではありましたが、それなりにストックはしてありまして、
     とりあえず今年もお正月用に鮎の甘露煮つくりにとりかかろうかと、
            こんな具合に真空モノを出してくる。。

イメージ 1

  アユは ある程度型の揃ったモノを40尾ほど。。 コレをまずは綺麗にヌメリをとり
  白焼き状態にしてから・・・番茶で煮込む。。 ↓は煮込みから2時間経過?くらい。

イメージ 2

     ここからは徐々に味を調えてゆき・・・・・この状態にするまでに
     更に8時間程を費やし・・・・味付けの最終段階くらいが⇓この状態。。

イメージ 3

         そして出来上がりはこんな具合となりまして・・・

イメージ 4

    気になるお味は・・・んん~~ん 今回はちょっと濃かった?な出来。。

イメージ 5

   もともとこの手のモノは・・味付けは全てアタクシの目分量でこさえるので
     味に関しては毎回違うモノですが、それも良さと割り切りまして・・

       とりあえず・・お正月モノの一品はできあがりました。。。


  昨夜は仕事後に三時間程を撃ちに磯へGo。向かった先は三浦方面のウエーディング磯。
  磯入り順は三番目。まずは常連さんにお話を伺う。 お話ではエントリー後、まだ
  間もないけれど、魚っ気も今一つとのこと。。 ちょっと離れたところから撃ち初め。

     潮位的には(個人的に)申し分ないので、早めの入水希望でしたが・・
    三番入りという事で・・・我慢して我慢して手前スジを聞き気味に通す。。
  そして・・・距離にして15m程度の所でガツン!この距離は魚も元気な状態のまま
     近づいてくるので・・かなりスリリングでエラ洗いもガバガバ状態。。

  やや時間をかけ、無事にランディングした魚は今期一番状態の良い個体の70磯マル

イメージ 1

     このタイミングで先入りの方々が上がられたので・・一気に入水。。
    潮の動きも早いので・・撃てて2時間が限度の中、小一時間で二度目のゴン!
      今期の17本目となるシーバスは、若干サイズダウンの62cm磯マル。。

イメージ 2

  気付けば並びには3名追加。 しかも明っかるいライトをかなり照らしての入水なので
  手前はもう無いと割り切り・・・やや距離をとる。 しかし・・更に悪条件が重なり
                ここで見切って納竿。。

イメージ 3

  実質、二時間チョイの釣りとなり、正直もうちょっと撃っていたかったのですが、
       そんな中で二本出てくれまして、運は良かったきがします。。
……………………………………………………………………………………………………………
   ウエダ SPS-112  PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
    HUNP 【gu:s】125F 黄色チャート/ST-41  4  他・・

               【この魚の食編はこちら



     前回の子供との釣行時、辛うじて掛かった魚たち。 この内訳は・・
     尺クラスのカサゴが一つと後はメバルが少々。 それと地タコとカニ。
       これをパパパッと包丁を入れ、まずはこんな具合に。。

イメージ 1

       ここから地タコは下処理をして茹で上げ・・お刺身用に。。
  そしてカサゴと合わせ下駄に盛り、尺カサゴと地タコのお造り出来上がりです。

イメージ 2

   そして今回はもう一品。 子供が見っけたワタリガニ(今回はイシガニね)で
              寒い夜のカニ汁はこんな感じ。。

イメージ 3

   ホントはね・・カニもタコもお正月用のはず?なんて想っておりましたが・・
 子供曰く、また捕ってくればいいよ!食べちゃおう。。ということで早々にお腹へIN。
     そんなことで今回も、美味しく食せた子供の獲物たちでした。。。

              【この魚の釣行記はこちら


 昨日は凪予報でしたので子供が帰宅後、少し遅い時間から今年最後になるであろう・・
 黒鯛狙いで磯へGo。 現場には下げ潮4ぶ位で入れ、三時間を目安にコマセを入れる。

イメージ 1

 支度を整え、第一投はネンブツダイ。。 このスタートはどちらかというと✖始まり。
  この場合、多いパターンはメバルスタートで、好ましいのはゴンズイ始まり。。

 そして・・群れたゴンズイが切れた後にズンと黒鯛が来るケースが一番わかりやすい。
  このナガレを子供に話していると・・・ケミを付けたウキがイイ感じでシモり・・
  よぉ~~し、乗った~の声。 ただ・・引きは重いけどグングン程度。。で・・
            あがってきた魚は尺クラスのカサゴ。。

イメージ 2

        しっかりとタチが取れているのでコレは好いジャンル。。
   この後はまずまずのメバルと続き・・・初めの一時間が過ぎた頃、ようやく
          コマセが効き始めたのかコレが餌に着く。。

イメージ 3

   ゴンズイは毒魚ではありますが、夜磯の黒鯛には欠かせないバロメーター魚。
   コレを暫し釣り続け・・・なんて思っていたところ、結局4つ釣って無反応。。
     潮も低くなり・・・残念なタイムUP。。 魚は今回も根魚のみ。。

イメージ 4

    これで今年の子供の黒鯛狙いは終了予想。11月から狙わせていれば・・・
  カイズサイズっくらいだったら獲れたかもな想いですが、又しても黒鯛はおわずけ。

   しかし・・・一人納得のいかない子供は次のモノへタックルを持ち替え・・・
 お正月用のタコを狙うべく、タコング開始。。 ややあって無事にシーズン初めの一パイ

イメージ 5

  コレでおしまいかと思いきや、最後にお正月用のカニでも見てこようか?と・・
   どれもみんな❝お正月用❞をつければ延長戦で遊んでいられる考えなのか・・・
     とりあえずこちらも様子見で・・こんな具合。。しかもデカい。。

イメージ 6

     とまぁ~~ 夜海で粘りに粘って遊び続け、日付が変わってようやく
         おなか減ったね~~ で・・終了となりました。。

     珍しいほどに凪いだ夜でしたので、子供もフルに遊べた感じですが、
   あたくしは・・この竿、チョッと持ってて・・と言われて渡された時のみで
         ただコマセを撒いていただけの夜でした。。。^^
……………………………………………………………………………………………………………
         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号
         シーガーエース 1.75号    チヌ針3号、立ちウキ 5B、オキアミ
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号。

              【この魚の食編はこちら


   前回の子供との釣行時、運よくあたくしに掛かったソゲっクラスのヒラメは・・
   大きさからして・・煮つけか焼きモノ??と思っておりましたが、子供は・・
   この大きさでもお刺身にならないかなぁ~~。。となりまして、とりあえず・・
   お刺身用に頑張りまして、こんな感じに5枚におろす(ヒラメは五枚開きね)。。

イメージ 1

   それと、昨シーズン捕って真空冷凍してあった地タコも解凍し、茹で上げて
    お刺身用にしておき・・丁度家にあったマグロのスキミも一緒に添えた・・
       ヒラメのお造り&バラエティー盛り一人前、こんな具合に完成です。。

イメージ 2

イメージ 3

    それと今回はもう一品。 子供がイナダを狙っている際、偶々ルアーに
 引っ掛かって来た4ピキのマイワシ。コレを甘酢で〆、イワシの酢漬けをこしらえる。

イメージ 4

  この界隈では、イワシというとトウゴロウやカタクチ、ウルメといった場合が多く
   意外とマイワシが接岸する年というのは珍しい。 そんなことで今回は・・
  ヒラメも好いのですが、マイワシも食の面ではイイ存在感となった気がします。。

              【この魚の釣行期はこちら


   昨日は子供と夕マズメからを狙って海へIN。 場所は三浦のまずは堤防各所。
 入りたかったポジションには入れませんでしたが、暗くなる頃から始まるであろう
        マイワシの接岸を待って、こんな感じにスタンバイ。。

イメージ 1

    まだこの時期にあって、マイワシが(日によって)回っているので・・
  コレにイナダが着いていたりもしましてね・・夕マズメからの数時間はコレを
 子供は狙いたかったらしく、そんなこんなで・・約三時間、ぶっ通しで投げ続ける。。

   しかし結果は・・残念ながら あたくし達の前にはイワシがたまらず終了。。
    正直、もうこの季節なので・・・青物は居るには居るのだけれど程度。。
           そろそろおしまいかなァ~な雰囲気。。

        そんなことで・・メバ・カサ狙いのため場所移動。。
    場所は全て子供が決め、ちょこちょこ探ってチビカサゴと遊ぶ子供。。^^

イメージ 2

         気温4℃というのに・・・まぁ~~元気元気。。。

     そんな時、あたくしが何の気なしに通したカブラに・・グン当たり。。
      なんだなんだ??と思っていると・・・浮いてきた魚はコレ。。

イメージ 3

   ソゲクラスではあるのだけれど・・メバリング中のヒラメは好いゲスト。。
     この時点で子供、あ”~~~~またパパにやられた。。。と・・・

  ココから再び3時間ぶっ通しでキャスト開始。。 しかし、ペースを崩された子供は
    立ち直れず・・・ようやく諦めた頃には日付が変わっておりました^^。。


            ロッド D社 PHANTOM - TR 66 L    ルビアス1500
    バリバス  SUPER TROUTADVANCE 5lb  自作カブラ 1~1.5g 金・銀テープ

               【この魚の食編はこちら



     前回の磯マル釣行時、うまいこと掛かった一本の磯シーバスは・・
     ストリンガーを偶々忘れてしまったことで、釣れ上がってスグに
      サクッと〆ておき、磯上り時、とりあえず三枚にして持ち帰る。。

イメージ 1

    磯の平いところで、しかもフィッシングナイフ一本で簡単に捌いたため、
     ちょっと雑な捌きになってしまいましたが、晩のうちに皮も引く。。

    この状態からホイル焼き用にこしらえ・・後日食卓へ(写真忘れ・・・)

       ただ、今回のメインは同日、二本だけ掛かったサヨリ。。。
         コレを天ぷら用に包丁を入れ、こんな具合に。。。

             サヨリの天ぷら出来上がりです。。

イメージ 2

      この魚は・・本来、お刺身でも美味しい食材ではあるのですが、、、
      個人的には天ぷらが一番好きかな?なんて思っておりまして・・
  今回は磯マルではなく、わき役のサヨリがメイン食材といったところでしょうか。。

              【この魚の釣行期はこちら


   昨夜は遅い時間から三時間程を狙って磯へIN。 場所は三浦のウエーディング磯。
   現場は既に下げ潮が効き過ぎなくらいの時間帯で、手前は撃たずに即、沖を目指す。

      海の状況は真横からの強風で・・ラインの処理にも気を遣う状況。。
      開始から僅か15分程でガクンと激しくアタるも・・・・前々回同様、
  またしても自分の目の前でバシャっとした際にスコンと抜け、バレからのスタート。

  ただ、フック外れは考えていてもしょうがないので・・・次、次、次と切り替える。
 投じていたルアーサイズは14cm。喰ってきたのも140でしたが、コレを十分に見せておき
  次に全く別な動きをするモノを数投入れてから、140からサイズを落とした同色を通し
   やっとゴン当たり。。 サイズはバラシ固体より小さめでしたが無事に。。。

イメージ 1

     今シーズンの15本目となるシーバスは、70cmの磯マルでした。。

イメージ 2

 ただ今日は、急な出撃だったので忘れ物多数。防寒服のフードも外して干したまんまで
  魚を繋いでおくストリンガーも忘れていたりと、なんとなく本調子ではない感じで、
   更には、さあこれから・・というタイミングでPEラインのトラブル発生。。。

   一度は直すも・・二度目に起きた時には岸に上がらざる負えない状態に。。

   横からの爆風を散々くらっていたためか・・相当ラインにヨレが生じてしまい
    このまま回復不能となり、強制終了。。 短時間釣行とはなりましたが、
      バレのまま終わらなかったのはヨカッタヨカッタな夜でした。。
……………………………………………………………………………………………………………
   ウエダ SPS-112   PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
    HUNP 【gu:s】140F>125F 黄色チャート/ 他・・

              【この魚の食編はこちら


      仕事後、一休みをしてから出撃し、三時間程撃ってきました。。
       又しても・・イッパツ派手にやられてしまいましたが・・・
             辛うじて一本出てくれました。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


      前回の海苔メジナ&磯マル釣行時、運よく掛かった数尾の魚は・・
    まず海苔メジナから・・持ち帰ってスグに処理を施し、ひとまず三枚に。。

      そしてお次が・・帰り際に立ち寄ってたまたま捕れた磯マル。。
    こちらも晩のうちに三枚におろし、一緒に捕れた型モノのサヨリと合わせて
                こんな感じに。。。

イメージ 1

   この状態から・・サヨリは天ぷら用に一時真空冷凍へ回し、磯マルも・・・
   寒い夜のしゃぶしゃぶ用にこしらえ・・・・最後に海苔メジナに取り掛かる。

    そして・・今回は海苔メジナに生カツオを添えての盛り合わせで・・
         こんな具合に子供用のお刺身一人前、完成です。。

イメージ 2


    ちょっと魚も小さめで・・ごくごく簡単な盛り合わせとなりましたが・・
            今回も美味しく食せた海モノでした。。。

             【このメジナの釣行期はこちら


     昨日は子供が修学旅行ということで・・子供の居ぬ間に単独釣行。。
     ただ、いわゆる抜け駆け釣行は好い結果が出ないのも事実なので・・
     今回はシーズン初めに海苔メジナの様子見という名目で出撃。。。

  場所は三浦方面の地磯です。 現場には昼過ぎから入り、顔見知りの方に情報を頂く。
     お話ではオキアミでは毒魚の猛攻だそうで・・・厳しいとの事でした。

           コマセは前回採っておいた海苔とのブレンド。

イメージ 1

      ここで竿の準備に取り掛かり・・・おニュ~ロッドを手にする。。
    まず驚くのは・・アウトガイドのガイド合わせマークがついている事。。。

イメージ 2

   実はコレ、初めて。。。 この二十年、インターラインばかり使っていたので
  こんなに世の中は便利になっていたのか・・・。。なんとガラパゴスな人間かと。

そんなこんなで一流し。。 海は風が多少強いていどで雰囲気はまずまず。。

イメージ 3

  海苔餌はまだハシリで、餌用はお茶碗一杯程度しかないので、最初はオキアミから。

   しかし・・・この竿お初の魚は、まずア行からアイゴ→カ行に行ってカサゴ→
      サ行に行ってササノハベラと・・・別モノの好スタート。。

   ここで・・海苔餌投入。 ややあって円錐浮きがボワぁ~~っとシモリ・・
            無事に本命でロッド、入魂完了。。

イメージ 4

    この後は一投ごとに餌が吸われてしまい・・海苔でも10秒と持たない。。
    正体はコレね。。 大きさは10cm~35cmまでのアイゴ。超厄介な状態。

イメージ 5

  どうにもならない時間が数時間続くも・・その中から運よく三枚の海苔メジナ。。
 そして・・夕マズメ、綺麗な夕日を眺めつつ・・餌をオキアミに戻し・・二つ追加。

イメージ 6

       写真↓は、カッコよく言っちゃうとキーパーサイズのみ。。

イメージ 7

    大きいのでも30cm止まりでしたが、海苔メジナの目安にはなりました。


    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace 2号 2ヒロ   /円錐浮き0.5号~1号・・寒グレ6号


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

   そして・・潮が下げるタイミングでウエ~ディング磯へ向かってみる。。
    良い潮まわりなので、誰か知り合いが来られるのでは?な予想。。。

    車止め順は6番目。 磯入り順は7番目と・・・約一時間磯空き待ち。。。
   すれ違いの方も今日は並びで魚、出ておりません。。 一人また一人上がられ
   ようやく撃ち始めた頃にはもう潮も無い状態。 ただ、可能性が有るなら・・
   この一時間かな?と思いつつも、今回はかなり派手に海をライトで照らす方が
   おられ、かなり魚もハイプレッシャー。なので、出来るだけ暗い方角へルアーを
            静かに置いてゆき・・・・グン!

イメージ 8

        今シーズンの14本目は72cmの磯マルでした。。

イメージ 9

    ここでミッドナイトのチェロキーさんがお見えになる。 お話では・・・
    良さげな時間には、もう車が止められなかったですー。 とのことで・・
    夜磯で長い時間釣り談義。。。 潮変わりを少し撃つとのことで、私は
  磯上りとなりました。 子供の居ぬ間の釣行でしたが、久々によく釣れました。。

……………………………………………………………………………………………………………
    ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
                                                 D社、レイジー95S 黄色・緑・チャート ST-46 -4

              【この魚の食編はこちら


       今日は単独で磯入りし、まず海苔メジナの様子を見て・・・
                  こんな感じ。。。

イメージ 1

         その後は磯マル狙いの二本立てとなりまして・・・

イメージ 2

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。

    わが家のあちらこちらにある・・いわゆる❝釣り具屋さんカレンダー❞も
  12月をペランと一枚残しただけとなり・・今年もいよいよあと一ヶ月を改めて実感。

  ただ釣りモノとしては・・子供と海苔メジナ編というのがこの時期から始まるので、
  頃を見ての出撃も考えつつ・・・今シーズン用に購入しておいた小物も一つ二つ。。
              その中から今回は円錐ウキ。

イメージ 1

      主には海苔メジナ用に使用するので、大き目のタマを背負わせられる
          どっしりタイプのTSURIKEN 征黒と大征黒。。

      本来、海苔メジナ時は・・基本的には立ウキ使用が殆どですが・・・
     強風で上潮が滑るときや・・波っ気の強い雰囲気アリアリな状況では、
  最近、子供も円錐ウキを好むようになってきたので気が付いた時に買っておいたモノ。

        ちなみに征黒はチヌ用ですが、安定して視認性も良く、
       ノリメジナにも大変使いやすいので子供のお気に入り。。。

      そんなことで、そろそろ始まるであろう子供の海苔メジナも・・
             準備だけは済ませておきました。。。


このページのトップヘ