鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2018年02月

     前回の子供との釣行時、子供に運よく掛かった数枚のメジナは・・
   磯上り時、パツパツっと〆て持ち帰り、良型二枚をお刺身用に包丁を入れる。。

イメージ 1

          残りの数枚は煮つけ用に回し一時ストック。。

        そして後日、お造り用にこしらえ・・こんな感じに。。。

イメージ 2

          寒メジナのお造り、出来上がりです。。。

イメージ 3

     今回の魚は30cmチョボチョボということで特別大きくはないですが、
       下駄にはピッタリサイズということで、これで一人前。。。

       そんなことで今回も・・おいしく食せた海の幸でした。。

             【このメジナの釣行記はこちら


   前々回の子供との釣行時、運よく掛かったヤリイカ&マルイカ&地タコは・・
  いつものように持ち帰ってスグに食す分に包丁を入れ、こんな具合に捌いておく。。

イメージ 1

   内訳は・・子供の釣ったヤリんボ2ハイがお刺身用で、写真にはないですが・・
 同時に地タコを茹で上げ、あたくしの掛けたアオリはイカリング用に下ごしらえの状態。

        あと、マルイカと残りのヤリは一時、真空冷凍へまわす。。


   そして・・身を中一日寝かせた後、酢をうった丼にサクサクっと盛り付け・・
       ヤリんボ&地タコ&まぐろの海鮮三種丼、完成です。。。

イメージ 2

     今年は寒い日が多くて海水温も全般に低いですが、こういった年は・・
  良型ヤリイカの接岸が頻繁に起きたりもするので 、もう少し楽しめそうな気も。。。
        そんなことで、今回も美味しくおいしく食せました。。。

           【このヤリイカ&地タコの釣行記はこちら


    今日(土)は午後から荒れ予報も出ていたので昼までのつもりで釣り支度。。
    そして前夜の丁度カーリング(準決勝ね)を見終わった時点で磯へGO。。
   真夜中から磯へINとなり、まずはエギでのヤリイカの様子見。。 しかし・・・
    三つある岬の先端は全てヤリんガーの姿があって・・・コレは断念。。
          ゆっくりと車で休み、メジナ狙いの体力温存。

        明るくなりかけた頃、再度磯入りし・・コマセ支度。。

イメージ 1

    朝一番は魚っ気ゼロでしたが、一発が来るかも?に期待して探り始める。。

イメージ 2

  そして・・そこそこ早い時間帯から餌が捕られ初め、軽い仕掛けに反応し始めたのは
            まずまず遊べるサイズのメジナ。。

イメージ 3

 隣でコマセ係のアタクシが・・風と流れを考えながら糸の置く位置を常に考えれ。。。
 そうするとアタリもとりやすくアワセやすいと、口をスッパクして言っていると・・・


         ❝そねぇ~~♬・ラインいいよぉ~~♪❞・・
        ほら、アタったよぉ~~・・と、上機嫌な子供。。。

          おまえ・・・カーリング、観過ぎダヨ!^^

       ただあの競技、ザックリ見ていると分からないけれど・・
       ジックリみていると面白いデスね。。。 メダル・祝☆彡


   とまぁ~~ そんな調子で釣り続け・・・納竿予定のお昼を前に10枚ほど。。
         型は30cmUPも混じり、数型共にまずまず。。。

イメージ 4

      しかしここで・・予報通り南からの強風が吹き荒れ海は一転。。。
 正直、この条件でマズメまで出来たらなぁ~~な想いもありましたが・・無念の納竿。

イメージ 5

         ⇧はそこそこ型揃いの数枚で、こんな感じ。。。

  今回はオキアミ限定の子供の釣りではありましたが、よく出てくれたと思います。。

……………………………………………………………………………………………………………
         竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 SunLINE 磯スペ ビジブル2.5号
         シーガーエース 1.2号    伊勢尼4号 オキアミ

             【このメジナの食編はこちら
             【こちらがマルキューさんのHP



     今日は荒れ予報も出ていたので午前中限定で磯入りしてきまして・・
     子供> 30cmUPを含む複数安打となりました。。(写真は良型のみ)

イメージ 1

        すみませんが、詳細は時間ができ次第入れなおします。。


  正確には前々回の子供との釣行時、運よく掛かった6ハイの地タコ&メバルは・・
   持ち帰ってから・・まずはメバルの下処理に入り、次に地タコも食す分を
       ササっと茹で上げ・・こんな具合にし、残りは真空冷凍へ。。

イメージ 1

 この状態からお刺身用にこしらえる。(写真がふっ飛んでしまったので夜食分のみ^^)

イメージ 2

   そしてお次が・・今回のメイン的食材の新ワカメ。 子供がタコで遊んでいる時、
   あたくしも足元にユラユラ生えていたワカメで遊んでいたモノでして・・・
             これを・・鍋用にこしらえる。。

イメージ 3

    そこで今回は・・寒い夜のワカメしゃぶしゃぶとなりまして、こんな感じ。。

イメージ 4

    この時期の新ワカメは芯まで柔らかく、サラダでも味噌汁でも鍋でも・・
     本当に美味しい食材でして、今回も美味しく食せた海の幸でした。。

              【この魚の釣行記はこちら



   先週は冷えた潮が入り、厳寒期並みの海水温まで落ち込んでおりまして・・・
    ちょっと良さげになっていたイカ類もお休み週間となっておりましたが、
    昨日はポンと一時的に上がっていたことを子供は既に調べていた。。。

 そこで・・学校から帰るなり、3~4時間くらいならイケるかな? みたいな雰囲気。。
              そんなこんなで・・磯へGo。。

  現場にはpm7:00過ぎに入り、先行者さんの姿もあってポジションは三番手。。

     開始早々、子供のエギにモワっと乗ったのは毎度のタコさん。。

イメージ 1

 潮が効いていないのでやや時間待ちの雰囲気の中、次に子供が乗せたのはケンサキイカ!

イメージ 2

       子供はお初のケンサキをみて、マルイカが居るのか~! 
       コレ、美味しいんだよなぁ~~~と♪♬♪♬の上機嫌。。

   ここで・・あたくしがチョイチョイっと小シャクリを入れてキュ~っと乗せ、
               今度はヤリンボ捕獲。。。

イメージ 3

  このすぐ後、又してもアタクシが聞き気味にエギを通し、500UPのアオリイカ。。

イメージ 4

     この時点で約一時間チョイの釣り。。 ただ、今一つ潮が通さず・・
   底をネチネチ探っていた子供には本日二ハイ目のタコさん(ややサイズUP)

イメージ 5

   あとは潮が効き始めれば、もう少し反応が出てくる?と思っていたところで・・
   よぉ~~し乗ったぁ~の声。。 コレはタコじゃないヨ 引いているもんの声。

   寄せてライトを照らすとデカいヤリイカ。。 しかも もう一杯同サイズが
        エギにしがみつこうとしているのがハッキリ見える。。
         そして無事にエギに掛かっていた方をキャッチ!

イメージ 6

     餌(この場合エギね)の奪い合いが海の中では頻繁に起きているのか!
           だから前回、ニハイ同時 が起きたのか!
    と、子供が凄い光景を目の当たりにし、よし!コレも狙っちゃおう!で・・
   まんまと次の一投で子供に仕留められてしまったヤリイカは同長が40cmクラス。。

イメージ 7

  もともと軟体系大好きな子供、もうこうなっては手が付けられない状況となり・・・
  子供のやりたい放題で・・三時間以上ぶっ通しでシャクリ続ける子供には呆れる。。

そして結果的は・・・子供> ケンサキ×1 ヤリ×3 タコ×2=6ハイ
        アタクシ> ヤリイカ×1 アオリイカ×1  =2敗^^

イメージ 8

 ダメだ・・もう軟体系勝負はとても子供においつけないと感じたとーちゃんでした。。


 ロッド D社 Saltist ST-EG862 I トーナメントZ2500 Egi Specialスプール
 ライン キャストアウェイ PE 1号 フロロ 2.0号  エギ YO-ZURI アオリーQ
 子供> D社 Saltist ST-EG76    REVROS 2500 RapalaのRAPINOVA-Xエギング1号
                          ゴールドサクラエビ他、 3.5寸

              【この軟体系の食編はこちら




     昨夜は子供とイカ類各種の短時間勝負で磯入りし、子供・・・爆釣。。

イメージ 1



      とーちゃん完敗^^の巻は・・時間ができ次第入れなおします。。


  昨夜は海も静か予報。軟体系大好きな子供は・・いてもたってもいられない夜。。
  しいて言うなら・・・海水温が(先週よりも2℃以上)下がってしまい、おまけに
  塩分濃度も落ちてしまっていることから、コレでイカ類は無いと判断する子供。。。
  そこで・・もう一つの軟体系狙いで出撃。。 潮は下げ止まりっ頃を目安にIN。。

  タコはイカと違って元々根周りにいるので、浮き気味・とか底べったりの低活性とか、
  そういった水温低下の影響は受けにくく、根をダイレクトに狙えば、活性は低くとも
    不思議と出てきて最後にはテンヤに乗ってしまうという類まれな性質?。。。
           ということで・・幸先よく一杯目。。。

イメージ 1

         この調子でスグに二ハイ目もペロンと乗せ・・・

イメージ 2

    潮どまりまでの約一時間であっと言う間に三杯乗せ、サイズもややUP。。

イメージ 3

  ここからは潮も効き始め・・・小ぶりを三杯追加でタコさん6パイの驚き釣果。。


    ここでタコングは終了とし、潮が来たタイミングで今期のメバル調査。。
   最近はカサゴ狙いのいわゆるガッシーングだったので、実はメバリングは
   今シーズンお初。。 そこで・・めぼしき堤防&小磯を数ヶ所撃ってまわり・・
   あぁ~~結構いいサイズのメバ、出始めたね。。と、こちらも幸先のよい出足。

イメージ 4

 様子だけを見ながらポンポンと回って・・・サイズは25cmまででしたがこんな感じ。。

イメージ 5

  そのころアタクシはと言うと・・・足元にユラユラ生えていた新ワカメと遊び・・

イメージ 6

         子供の気がすんだ頃、お開きとなりまして・・・

   今回は翌日の大荒れ(今日の午後ね)予報もあり、メジナは✖となりましたが、
           その分、別モノで楽しめた子供でした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号
……………………………………………………………………………………………………………
ロッド・D社  TROUT-X 55UL レブロス2000 ・ADVANCE 5lb. OFTスクリューテール
            D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 1.4g

               【この魚の食編はこちら


    つい先日の子供久々の釣行は、(子供の)狙いたいモノがいっぱいで・・
    下手をすると全部おろそかになる恐れもありましたが、軟体系から始まり
    次いでメジナと・・終わってみればうまいこと掛かってくれた感じ。。。

  そこで、持ち帰ってからは・・まずメジナからこしらえてこんな具合に三枚に。。

イメージ 1

  お次は㌔UPのアオリ&ヤリんボに取りかかり、ヤリは一パイだけお刺身用に捌く。。
     そしてアオリは、一パイをお刺身用に開き、一時半冷凍にしておき・・
        もう一パイはアオリのイカリング(大)用に作っておく。。

イメージ 2

 その後、刺身用はぶ厚い身をスくように包丁を入れ、一枚の身を二枚にする感じ?かな。
 で、こんな具合に。。。(少しでも薄くしないと硬いし、子供にはやはり危ないので)

イメージ 3

  そして、メジナと地タコとアオリ&ヤリんボの盛り合わせ、出来上がりです。。。


イメージ 4

    それと今回はもう一品。 ㌔UPアオリでこしらえた通称、デカリング。。。

イメージ 5

  やはり・・㌔UPでこしらえるイカリングは輪もデカく、食べごたえ十分ですが、
        見た目よりもプリっと柔らかく・・子供も大好き。。

     それと最後に・・㌔UPアオリのエンペラ部のうす塩半夜干しの炙り。。

イメージ 6

        コレを、おマヨかタルタルソース、好みの方で食す。。

       そんなことで・・久々の軟体系三種揃い踏みお刺身を・・
            皆で美味しくおいしく食せました。。。

             【この魚たちの釣行記はこちら


     土曜日の予報は午後から風も強まり、雨も降って海は後半、荒れ予報。。
    そこで・・(金)の夜、海が静かな頃を狙って、子供と軟体系狙いで出撃。。

  (子供の)計算では・・まず潮位の関係でタコングから始まり→次いでエギング!
  コレは前々から狙いたいと言っていた良型の冬アオリ&ヤリ系の尖ったイカ狙い。。
  そして明るくなってから海苔メジナで〆るという、いつもの釣りの逆バージョン?

    まずは第一弾のタコング開始。。 程なくして無事に美味しいサイズ。。

イメージ 1

    次に・・潮がやや効き始めたタイミングで型物のアオリ狙いへと移る。。
 すると・・隣で小シャクリを入れていたアタクシが㌔クラスをズシッと乗せてしまう。。
               (後の測りで920gでした)

イメージ 2

  この時点で両隣にはビシビシ系のシャクリを入れておられる方が入られていたので
    子供には聞きながらのシャクリで様子を見ていれば・・と、場所を譲る。。
        すると・・ややあって よぉ~~し乗ったぁ~~の声。。
   寄せてみると・・デカくはないけれどなんか長い?でも、なんかおかしい??
                 というのがコレ!

イメージ 3

 なんと、エギにヤリイカが一度に二ハイのはなれ業炸裂!! コレには正直ビックリ。

イメージ 4

        このあと子供はもう一杯ヤリんぼを追加し、二時間程休憩。。

イメージ 5

  そして・・再度釣り開始の数投後、よぉ~~し、今度はアオリ乗ったぁ~の声!
     やや慎重に寄せさせ・・無事に捕獲は子供お初の㌔UPアオリ!!

イメージ 6

       (コレは後の測りで1.03㌔でしたので、㌔超えでした)
  この一パイでエギは終了。 結果的にはタコ・アオリ・ヤリイカ合わせて6杯とミラクル。

イメージ 7

   ここで車で一寝してからメジナ狙いの作戦会議。。。(元気だなぁ~子供は・・)

  予報では午後から荒れてくるとのことなので(午後が中心の)海苔メジナ時間までは
  ひょっとしたらやれないかも?あと、体力的にも(前日からのサバイバル釣行なので)
     私が無理かも?^^ということで・・昼前後までを目安にメジナ開始。。

イメージ 8

       オキアミ餌にもそこそこ反応があり、27cmまでを頭に数枚。。

イメージ 9

   しかし・・予定通り昼を過ぎてから風が変わり、ババ荒れとなって釣り終了。。

  ただ、子供は・・自身、お初の㌔UPアオリ等、予想以上にいい釣りとなりまして
 このところのテストやらのストレスを一っ気に解消する釣りとなったみたいです。。。


 ロッド D社 Saltist ST-EG862 I トーナメントZ2500 Egi Specialスプール
 ライン キャストアウェイ PE 1号 フロロ 2.0号  エギ YO-ZURI アオリーQ
 子供> D社 Saltist ST-EG76    REVROS 2500 RapalaのRAPINOVA-Xエギング1号
                          ゴールドサクラエビ他、 3.5寸

              【この魚たちの食編はこちら


   海水温も安定したので・・昨夜、子供と軟体系&その他もろもろ狙いで磯へIN。。
       二人合わせ、㌔UPを含む5ハイとなりまして、こんな感じ。。

イメージ 1

     内訳は・・・子供が驚愕のはなれ業を見せるなどの凄い結果に。。。
       すみませんが詳細は時間が出来ましたら入れなおします。。。

    ココ関東での針供養は本日、2月8日(関西は12月かな)ということで、
             我が家も針供養とハリ供養。。

イメージ 1

     主には縫い針の折れたモノやマチバリの曲がったモノ等が多い中、
      我が家の場合、もう一つのハリ(つり針類ね)も・・。。。

    これは、特に昨シーズンの鮎掛け時、仕掛けをパッと口にくわえた瞬間に
  ❝チバリと背針❞で、イタタタタ・・・という事も多かったので、今回はチバリと背針・
     それとイカリ針も一セットにして柔らかいモノにさし、針休め。。。

イメージ 2

    これで今シーズンのハリ怪我も防げそうな・・なんて思っておりますが
              さてさてどうでしょうか。。。


      前回のメジナ釣行時、運よく掛かった一枚の海苔メジナは・・
   何時ものように持ち帰ってからスグに包丁を入れ、とりあえずこんな感じに。。

イメージ 1

  ただ、メジナだけでは寂しいので・・と、足元の新ワカメもチョコっと摘んできて
 こちらもサさっと茹で上げる。。 しかし・・まだ今一つ物足りない?な状況なので、
    前々回に子供が捕獲した地タコも解凍し、盛り付け・・こんな具合に。

    海苔メジナと新ワカメ&地タコの盛り合わせ一人前、出来上がりです。。

イメージ 2

   今回も野菜高騰(大根ね)変わらずということで・・ツマ無しとなりまして、
     なんか足りないなぁ~的なお刺身ではありましたが、食の面では・・
              十分楽しめた海の幸でした。。。

             【このメジナの釣行記はこちら


   一昨日の仕事後、3時間程なら狙えるかと思いマズメ狙いで海苔メジナ磯へGo。

   行き道の途中、エサの海苔もお茶碗一杯くらいは採れたのでちょっと期待し、
  早々にコマセ支度。。 ちなみにコマセ用の海苔は持ち帰って冷凍してあったモノ。

イメージ 1

      時間は三時過ぎ。 風裏に入ったので海は至って静かな状況。。


イメージ 2

      ここ数回の釣行では・・意外と中途半端な時間(海苔の場合)に
     餌に着くことがあったので、釣り初めから意外と当たるかも?・・で、
    およそ三十分後、スぅ~~っと立ちウキがシモリ・・しっかりと乗せると
        綺麗に竿が曲がり・・・浮いた魚は幸先よく30cmUP。。

イメージ 3

     よしよし・・今日は連発するかも??と期待しながらうち返す。。。

    しかし・・・全くの無反応。。。 不思議だなぁ~~ なんでだ??
      もう一回くらいアタらないもんかねぇ~~ と ブツブツ。。。

   結局、一番好さそうな時間帯は・・一っペラの海苔も吸われない状況となり
             今回もスミイチ海苔メジナ。。。

イメージ 4

        後の測りで35cmと、サイズはまずまずでしたが・・・
      いかんせんハッキリしない寒メジナといったところでしょうか。。


    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace 2号 2ヒロ   /遠矢ウキ B-小、他 2号中/ 寒グレ7号

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

     そしてこの後・・・磯マル狙いで二時間程の延長戦を試みる。。
 けれども、冷たい北からの強風で異常に寒く、おまけにミゾレまで降ってきて納竿。。

   多少水温が上がったので、メジナの方も今後に期待といったかんじですかね。。。

               【この魚の食編はこちら


          昨日は三時間程、海苔メジナを狙って磯へIN。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


       前回の積雪が、まだ至る所に残っているというのに・・・
      又しても積雪予報。。 ただ今回は降り初めが☂だった為、
              今のところ、こんな具合。。

イメージ 1

     予報では、明日早朝までは降るとのことですし、数センチの積雪でも
     すぐに交通がマヒする地なので・・・また雪かぁ~ が正直なところ。。

      折角、海水温が(一時的に)ポ~ンと2℃以上がったのに・・・
       またこれで冷えちゃうかな?な感じですし、なんか今年は
     歯車がなかなかかみ合わない海シーズンといったところでしょうか。。。

   いずれにしましても・・あまり積もってほしくない今季二度目の雪でした。。。


   前回の子供との海苔メジナ釣行時は・・子供の大バラシのみの完全ボでしたが、
    その後の軟体系狙いで運よく地タコが三杯と、おまけアオリも捕獲でき・・・
        相変わらずの諦めの悪さが良い方に転んだ感じ。。。

      そんなことで、帰宅後すぐに軟体系二種の下処理に入る。。

イメージ 1

        アオリは⇧の状態から綺麗に薄皮を引き、お刺身用につくり、
          地タコは塩でもんでから茹で上げ・・こんな具合に。。。

イメージ 2

    次はワタリガニ(イシガニね)にとりかかり・・・グツグツっと茹で上げる。
  今回のワタリガニはかなりのランカーサイズで、子供の指と比べてもこんな。。。

イメージ 3

    最も気が強く攻撃的なガザミなので、活きている時は間違ってもこんなことは
       出来ないけれど・・茹で上げると、急に遊び始める子供。。^^
    この状態から香ばしく焼き上げ・・・焼きガニとして食す(写真忘れ・・)

   そして・・・お刺身に取り掛かり、サクサクっと包丁を入れて下駄に盛る。。
     アオリと地タコ&その他もろもろの5点盛り一人前、完成です。。

イメージ 4

    今回は軟体系二種がメインではありましたが、食の存在感としては・・・
     やはり生カツオだったかなぁ~~な雰囲気? いづれにしましても、
             美味しく食せた海の幸でした。。。

              【この魚の釣行記はこちら


このページのトップヘ