鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2018年04月

        ちょっと記事入れが遅れ遅れになっておりましたが、
    前回の子供との釣行時、運悪く?あたくしが掛けてしまったメジナは・・・
       持ち帰ってから・・晩のうちにこんな具合にしておく。。

イメージ 1

  それと・・海タナゴも良いサイズだけ持ち帰っていたので、これ⇧も三枚に。。

       そして翌日、サクサクっと包丁を入れ・・こんな感じに。。。

イメージ 2

           メジナのお造り、出来上がりです。。。

イメージ 3

    今回のメジナは一枚のみということで・・少々物足りないお刺身でしたが、
     別品としまして、海タナゴとかき揚げの天ぷらもこんな具合に。。。

イメージ 4

       そんなこんなで・・今回も美味しく食せた海の幸でした。。。

             【このメジナの釣行記はこちら


      今日は仕事後に渓へGO。 行き道の途中はまだ結構な降りの雨。。
   現場での餌(川虫ね)調達は、時間的にも条件的にも厳しそうだったので・・
   ミミズを購入して行こうかと・・いつもは寄らない行き道沿いのお店へ寄る。。

       しかし、いつ仕入れたのか分からない程、細くなったミミズ。。
  しかも(通称赤箱)一箱のみで選ぶどころか無条件コレ!にちょっと購入を考える。
     ただ、いつものお店へ向かうには時間のロスもあるので・・シブシブ。。

 現場に着くと雨は小雨程度。川の状況は、かぶった石のあとからすると平水プラス15cm

イメージ 1

  まずはサラサラっと渓スジをみて・・・適当な所から探り初め、綺麗な個体が数尾。

イメージ 2

 けれどもミミズを確認すると、とてもじゃないけれどミミズ通しには刺さらない細さ。。

  まだ使える大きさの餌があるうちに・・型の出そうなところを通しにゆく。。。
 6.5に30cm程のバカを出して振り切れる流れが、道志では一番好みなので今日はココ狙い

イメージ 3

   ややあって九寸クラスが顔を出すも・・・その後が続かず徐々にサイズダウン。。。

イメージ 4

  型は正確には九寸に数ミリ足りないサイズではありましたが、綺麗な個体だったので
  ホントは河原で写真を・・・と思っていたところ、向かいに釣り人が来てしまったので
          写真は撮れず・・・タモ内の集合写真のみ。。。

      しかも・・ここでちょっと粘っているうちに肝心の餌が細さ2mm・
      長さ3cmサイズのみとなってしまい・・・大場所を諦め場所移動。。。

      小ぶりが遊んでくれそうなところでエサが切れるまで釣って・・・
               最終的にはこんな感じ。。。

イメージ 5

       最後に小ぶりの元気な個体は全て流れへ帰し・・納竿。。

    今回は餌にちょっと難があったので・・長い時間は出来なかったのですが、
     雨後の好いタイミングで入れまして、よく出てくれたと思います。。
……………………………………………………………………………………………………………
       竿 Mamiya op PROMIND 峡本流。VARIVAS TROUT Adovance 0.4号通し。
             手尻はオモリが竿尻トントンのバカが25cm。オモリ B+B 他いろいろ。
             アマゴ半スレヒネリ 6.5号 ミミズ餌。


            今日は仕事後のお昼過ぎから渓へGo。
   予想よりも水が出ておりませんでしたが・・とりあえず一部はこんな具合。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。



     日付は変わりましたが、今日は川近く(相模ね)の釣り具屋さんの
     鮎用品展示即売会へ朝イチから参加。 毎年、この行事があると
   そろそろ鮎支度開始?となるのですが、とりあえず会場はと言いますと・・
     開店までの時間調整で・・まずD社の有岡名人による講習会。

イメージ 1

    予定になかった釣り談義でしたが、有岡さんは流石に話題豊富でお話し上手。。

       そして・・会場の準備が整ったところで皆さん会場入り。。


イメージ 2

              ちなみにこの竿の放列。。。

イメージ 3

      3~4本で百人以上の[¥諭吉]さんが必要。。。鮎竿は・・・・流石に桁違い。。
   一通り会場内を観てまわり・・・シーズンぶりにお会いする方々ともご挨拶。。

 そして最後に今年のお買い物。これは年末の型落ちセールとあわせてこんな感じ。。

イメージ 4


   内訳は・・まず水中糸から、VARIVASとダイワの複合メタルを必要分。。
  それとバラ針。その他もろもろの・・・主に消耗品といった具合のお買い物。。

  後は時間を見て・・・まずはイカリ針でも組み始めようかと思っておりますが
             さてさてどうなるでしょうか。。。


   昨日は子供と海へGo。 午後から南西爆風予報も出ており、場所選択に迷いつつ
     とりあえずは風裏へ向かう。 ただ、この潮まわりがチョット問題。。

   春潮になった関係で昼の最干潮位がかなり低い。いわゆる潮干狩りBest潮ね。。
   この影響でマズメの好い時間帯に肝心な潮が無いという事を考えての場所選択。。

              早々にコマセ支度を整える。。

イメージ 1

   出来れば、まだ潮のある昼前になんとかメジナの型を見たいところでしたが・・
            アタリは殆ど出ず・・苦戦の子供。。

イメージ 2

   最干までに掛かったメジナは、まるでワッペンのような こんなのだけ。。。

イメージ 3

   そんなこんなで・・上げ潮が効いてくるまで、ながいながい時間を過ごす。。。
   狙うは潮が動き出すほんの一っ時のみ。。 コレに全神経を集中する子供。。

  けれども・・・今度は上の層から小サバ➡中間相は海タナゴ➡下の層はデカアイゴ。

     この三種が超活発になってしまい・・・特にタナゴは一投一尾。。。

イメージ 4

    底付近を直撃すると・・・ほぼ確実にコレが喰ってきちゃう状況。。。

イメージ 5

  アイゴは35cm~45cmクラスと・・・その都度のやり取りも時間のロスで大変。。
     この状態に子供はなすすべなく・・・完全にお手上げ状態。。。

   そこでアタクシにバトンタッチ。 コマセもただひたすら一点集中とし・・・
   やや時間をずらして仕掛けを馴染ませ・・・アタリウキがスパッと入る。。。

   そして・・・ここまで見慣れたガクンガクンとした叩く竿曲がりと違った魚に
     子供> おぉ~~なんでだぁ~~メジナだぁ~~の 呆れ顔。。。^^
 私> スマンスマンと・・マグレの一枚は32cm。 状況を考えると上出来な一枚。

イメージ 6

  ココでスグに子供に同じことをやらせ、ウキがスパっ・・しかし・・痛恨のスカ。
           ここでタイムUPとなり・・・釣りは終了。。

    毎度の第二弾・第三弾も爆風の為・・釣りは不可能となりおひらきに。。。
    子供は少々ストレスのたまった釣りとなりましたが、コレも釣ですし・・
           よい経験といったところでしょうか。。。

……………………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ半 /伊勢尼4号/二段ウキ・・etc 

          竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 SunLINE 磯スペ ビジブル2.5号
     SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ   /伊勢尼4号/ 二段ウキ・・etc 餌、オキアミ

              【このメジナの食編はこちら


            今日はお昼前から子供と海へIN。。
      ベストタイムがソコリにあたり、厳しい潮位事情でしたが・・
                 辛うじて。。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


      前回の子供とのメジナ釣行時は・・数、型共に出てくれまして、
     釣り上り時、コレを全て現場で〆て持ち帰る。 そして晩のうちに
        まずは型物から順に包丁を入れ、こんな具合に三枚。。

イメージ 1

   内訳は・・型物5枚をお刺身用につくり、残りは煮つけ用にして保存に回す。

         そして・・身を寝かせた後、大皿に盛る。。。
           メジナの薄造り、できあがりです。。

イメージ 2

        それと今回はもう一品。※刺身奥のショートケーキは女勢の食後のですが・・^^

    それとは別に・・ 今回の型物は全て白子&卵パンパンということで・・
   卵は煮つけ(写真忘れ)それと、白子は・・サッと湯引き、水っ気をとってから
  オリーブ油でカリッとするまで焼き、メジナの白子のオリーブ焼きもこんな感じに。

イメージ 3


   食感としては・・えぇ~~っと・・クラムチャウダーを飲みながら食べるカキ?
 みたいな感じかなぁ~~なモノですが、メジナの白子は、この時期だけの期間限定モノ

       そんなことで、今回も美味しく食せた海の幸でした。。。

             【このメジナの釣行記はこちら


  この週末は・・まず(土)の午後に荒れた海へ子供と入り、結果型物のメジナ。。
   そして翌日の(日)は・・先日(タケノコで)入らせて頂いたお山へIN。。

           今回は嫁はんも一緒にタケノコ探し。。。
         手分けして探してまわり・・・こんな感じに。。。

イメージ 1

       探しては・・その都度あたくしが順に鍬を入れて歩き・・・
               こんな具合に良型揃い。。。

イメージ 2

        そんなこんなで、海へ山へとフルに楽しんだ週末でした。



   子供もこの春からいよいよ中学。 この数日も部活の仮入部等でへとへと状態。
    どうやら部活は希望とのことで、まぁ~とりあえずはヨシヨシな想い。。。
   ただ、来週からは本入部やらで そうは海・渓へも行っていられないので・・
   昨日、仕事が終わった後、荒れ予報は出ておりましたが・・子供と磯へGO。

         現場は予報通りの強風で強制的に風裏磯へIN。

イメージ 1

  竿入れは昼過ぎっ頃。オキアミで一流しし、コッパメジナでまずまずスタート。。

イメージ 2

  海水温の関係でコッパが湧き始めて数尾。やや時間が空いてから28cmが顔を出す。

イメージ 3

     ここであたくしも竿出しが許され・・・ややあって28cmクラス。。

イメージ 4

  この後アタクシが・・コンスタントに同クラスを数枚掛けてしまい子供、やや不機嫌^^


  状況としては強風から来る強烈な横流れの二枚潮。子供一人で自由にやらせると・・
  急に釣れなくなるのは、コマセの入れるところと効くところのチョッとの違い。。
      子供も原因はよく分かっているけれど・・とにかく苦戦の二時間。。。

       この時点でまた子供に付きっきりのコマセ係に逆戻り。。。
    すると、数投目。 アタリウキがスパッと入り・・ガクンと曲がった竿が
    なかなか起こせない子供。 コレはデカいよっ! と・・やり取り開始。

   隣で見ていても型物であることは一目で分かるので慎重に慎重に寄せさせる。
      そして・・・タモにおさまったメジナは41cmの型物でした。。

イメージ 5

   この一枚であたくしのお役も御免となり、ここで再び現場復帰?とばかりに
     竿を入れ、三投で三枚追加。。サイズも33cm~35cmと良型揃い。

イメージ 6

    子供のサイズには遠く及ばないですが、十分な釣果となり・・納竿。。
        30cmUPは(子供のと合わせて)こんな感じ。。。

イメージ 7

 内訳は・・子供が40cmUPを含むキーパー3枚で、あたくしが35cmまでを10枚。。。

イメージ 8

      大荒れで場所が限られる中、数・型共に出てくれまして・・
       子供も久々に好い釣りができたのでは?と思います。。。

……………………………………………………………………………………………………………

    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ半 /伊勢尼4号/二段ウキ・・etc 

          竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 SunLINE 磯スペ ビジブル2.5号
     SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ   /伊勢尼4号/ 二段ウキ・・etc 餌、オキアミ

              【このメジナの食編はこちら
             『マルキューさんのHPはこちら


             今日は仕事後に子供と磯へGO。

       大荒れ予報でしたが・・・子供、40cmUPを含む好釣果。。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。。

     ここにきて数日おきに春の大嵐。。 海も大しけということで・・
   マズメっ頃を狙ってちょこっと渓入り?という考えもあったりしましたが、
     やはり10m以上吹く予報の中、渓・本流と言えども釣りは厳しい。。

  まだ谷へおりれば・・なんて思ったりもしたけれど、午後出のマズメ勝負で
     沢もさすがにらやないなぁ~~・・で、今回は子供と山へIN。。

 ちょうど近所のおばぁ~ちゃんから、そろそろ入ってみなぁ~(タケノコの山ね)って
    お声掛けを頂いていたので・・お言葉に甘えて竹林を駆けずり回り・・・

          あったヨぉ~~~~ と・・こんな具合に。。

イメージ 1

            ほらココ・・ここ・・ てな感じ。。。

イメージ 2

      子供が探しては・・あたくしがクワを入れるといった役割で・・・
                好いサイズを数本。。。

イメージ 3

   今年は例年よりも桜が早かった分、タケノコもかなり早かったそうですが、
   まずまずのタイミングで入らせて頂け、子供も楽しめたタケノコ掘りでした。




    正確には忘れられていた食記事となりますが、前回の子供との釣行時・・
    運よく?運悪くかな??でアタクシが掛けてしまった二枚のメジナは、
    持ち帰ってからサクサクっと包丁を入れ、とりあえずこんな具合に。。

イメージ 1

  それと、そろそろ終わりの時期を迎えつつあるワカメも一緒に下ごしらえを済ませ、
    翌日、下駄に盛り付け・・メジナのお刺身盛り合わせ、出来上がりです。。

イメージ 2

   今期はいかんせん状況が合わず・・型も今一つといった感じではありますが、
     食すには十分という事で、今回も美味しくおいしく食せました。。。

             【このメジナの釣行記はこちら


 昨年(2017)は鮎シーズン中の8月と禁漁後の10月半ばに大きな出水があった相模川。

 そんなことで、今年も川相の大きく変わった地区があるのでは?で・・昨日の行き道で
 サラサラっと下地区(競技地区)から観て回る。 まずは競技地区最下流の望地(石切)

イメージ 1

  ここは年明けから重機を入れてジャカゴ付近のテトラも触ると聞いていたのですが
  コレを見る限り、変わっていない? 10数年ぶりに望地に瀬が復活と想ったのに。。
         あたくし個人のあわい期待もむなしい結果。。。。

   この時点での上のダム湖の放水量は22t程でしたので、昨年のほぼ平水位。

             通称❝石の周り❞も こんな具合。

イメージ 2

 感じとしては、昨年(10月)の2000t超えで、平坦だった流れが更に平たくなった感。

   下の右岸に寄る流れも・・・ザザザぁ~~が サラぁ~~みたいに縮小。。。

      それと・・肝心の魚っ気ですが・・・・ 一言で言うならナシ! 
              跳ねも無ければ鵜も居ない。。
  ※ 今季好調と言われる稚アユ遡上も、まだコノ地まで届いていないみたい。。。
       纏まった群れは・・今はまだ下の相模大堰あたりなのかな??

    まだ遡上ピークまではかなりの時間があるので・・じっくり待ちたい気分。

  それと・・・競技地区のメイン会場となる高田橋上下。 こちらは小沢頭首工に
 今年も2月っ頃、また重機が入っていたりしたので・・もう少ししてから写真はUP予定

  また、下流の一本瀬付近も・・瀬肩が二股になって真ん中が中州になったりと・・
 今一つ落ち着いていない瀬なので、写真のUPはもう少し落ち着いてからな雰囲気でした。

  そんなことで・・意外と釣り場の少ない相模川が更に少なくなってきた?感一杯の
           下地区の相模川ぶらっと見となりました。。。


  日付は変わりましたが、今日は仕事後のお昼過ぎっ頃から・・今季お初の渓流域へ
 子供とGo。目的は今期の渓の年券を手に入れる事と、行き道途中の相模(鮎河川ね)の
  河川状況を軽く確認する?的なモノ。。 そんなことで・・とりあえず相模へ寄る。
        (※ 相模川は時間ができ次第のUPとなります。。)

 そしてもうひとっ走りし、毎年お世話になっております奥道志の椿キャンプ場へ行き
  年券をお願いし、あたくしはテンカラの用意だけして子供の餌にお付き合い。。

イメージ 1

    子供はというと・・・まずは予備餌のイクラちゃんの試食から。。。^^

イメージ 2

   今年は特に塩イクラが不足していて高っかいんだから・・喰うなって。。。^^;

        そんなこんなもありまして・・・とりあえず一流し。。。

イメージ 3

  そして、大場所にさしかかったところで多少粘った後、竿が綺麗に弧を描き・・・
     寄せてきた渓魚は昨年の残りモノと想われる、ややヒレ復活の27cm。。

イメージ 4

    シーズン一発目から・・いきなり飛び出した九寸には子供もビックリ。。

              この後は・・更に粘ってイワナを追加。。。

イメージ 5

    しかしこの後は・・中々思うようにアタリが出てくれず・・場所移動。。

 動いた先は、昨年の強烈な台風直撃の影響がもろに出ていたりして釣りにならなかったり
 釣人の姿があったりと、結構苦戦する子供。。 それでも・・家族分は確保で出来、
 マズメまで遊んで釣り終了。。 足元には今現在真っ盛りといった具合の❝つくし❞。。

イメージ 6

    コレを見る限り・・淡水はもう少ししてからかなぁ~~な雰囲気でしたが、
  とりあえず・・一通りの場所も見れまして、感じだけはつかめた渓・本流でした。。

  ※ ちなみに鮎河川の相模川編は・・・前記しましたが時間ができ次第です。。

……………………………………………………………………………………………………………
子供>    D社 朝霧抜 中硬53MULTI  VARIVAS Adovance 0.4号通し。/ イクラ


   仕事後、今シーズン初の渓流へ・・年券を購入がてら子供と入ってきました。。

イメージ 1


          詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


   正確には前々回の子供との釣行時、子供に辛うじて掛かった一枚の海苔メジナ。
   コレを今回はお造りにこしらえようかと・・持ち帰ってからスグに三枚に。。

イメージ 1

      それと・・足元に生えていたワカメもサっと茹で上げる。。

      そして翌日、ワカメも添えて下駄に盛り、こんな具合に。。。

イメージ 2

          海苔メジナのお造り、出来上がりです。。

イメージ 3

     今回のメジナは、型は・・いわゆるお造りサイズでしたのででしたが、
     一枚ポッキリでしたので・・・一人前としても、ちょっと物足りない??
   といった感じでしたが、足りないくらいが一番おいしいというのもありまして、
           今回も美味しく食せた海の幸でした。。。

             このメジナの釣行記はこちら


      子供の春休みも今週末でいよいよ終わり。。 翌週からは・・・
   一つ上で初めて迎える新学期。 部活等も始まることから釣りも限られるかも?
    ということで・・春休み最後を有終の美で飾ろうかと午前中から磯へIN。。

   海水温も上がったのでオキアミメインで・・あわよくば数釣り的な子供の考え。
             早々にコマセづくりに取り掛かる。

イメージ 1

 海の状況は・・至って静かな海状況。。 ただ、前回よりも水色は良くてちょっと期待。

イメージ 2

  しかし・・・海水温が一気に上がったことでエサ取りは活発化しコレがかなりいる。。

イメージ 3

      スズメの他には・・・未だイッパイ群れているコノ子達。。。

イメージ 4

  稚アユは仕掛け回収時にかなり掛かってくる程の数。。大きさは大きいモノで10cm!
  ダイワのマスターズでも一尾のカウントサイズまで成長。私の囮サイズです。。^^

  ただ・・・もうこの子達、無事に母川回帰できるのかな?と、心配にもなる。。
   この海水温がそろそろ限界かな~なんて・・・ついついアユ師的な見方。。。

   そんなことを考えながら、子供につきっきりで3時間ほど釣らせてみるも・・
 エサ取り等でかなり苦戦の子供。 魚種的にはスズメ➡ベラ➡フグ➡それと・・超厄介魚

イメージ 5

  アイゴは全般に大きくて皆35~40クラス。 最大は45cmまで掛かってしまい・・
     子供、あ”~~~~・・・またバリバリだぁ~~~ を連打。。。^^

      どうやら潮が効いていないらしく・・バリのオンパレード状態。。

      ここで・・いつもより少し早いがアタクシも竿出しを許され、
    ややあってモジッとアタリ・・キーパーチョイのメジナが竿を曲げる。。

イメージ 6

   なんだ~メジナ、居るんだ~ てっきりバリバリかと思ったよ。と、子供。。
        そして・・あたくし、ゴメンゴメンとマグレの二枚目。。

   しかし・・その後は海苔メジナ時間になってもピリっとせずタイムUP。。

イメージ 7

     メジナはあたくしの掛けた二枚のみで大きさも30cm弱まで。。。

   春休み最後にメジナで〆・・なんて考えていた子供は別魚のオンパレードとなり、
   多少ストレスのたまった釣りでしたが、竿はその都度大きく曲がったので・・・
 まずまず楽しめていた?なんて思っておりますが、さてさてどうだったでしょうか。。

……………………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2号   2ヒロ  /伊勢尼4号
          竿、D社 小継せとうち 2-30 レブロス2000 SunLINE 磯スペ ビジブル2.5号
    遠矢ウキ2号中 SeaGuar ace  1.2号   2ヒロ  /伊勢尼4号

             【このメジナの食編はこちら


       子供と磯入りしてきまして・・とりあえずこんな具合。。

イメージ 1

      海水温も上がったというのに・・・相変わらずな雰囲気。。。
       すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


このページのトップヘ