鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2018年05月

     前回の海で とりあえずは締めくくったはずのメジナでしたが・・前回、
     呆気なくシモリで切られ、今のは結構ズシッと系だったなぁ~と、、、
    チョッとこのままでは終われない雰囲気は残していた。。 そこで昨日、
       同じ雨予報も出ていたので・・急遽、お昼過ぎから磯へIN。

イメージ 1

 雨は降ったり止んだりの弱雨ですが、強風よりは釣り自体がいろんな面でしやすい。。

  ただ・・前回と違うのは夥しい数のエサ取り軍。。 まず一番がこの子サバ。。

イメージ 2

                 次がスズメ。。。

イメージ 3

      時折ムツっ子。。ムツは個人的には悪そうな顔が好きなのでまだいいけれど・・

イメージ 4

                                                  問題はサバっ子
  動くモノ、浮いているモノにとにかく強く反応してしまうので・・全然カワセナイ。
   気付けば足元に外れて落ちるコサバを狙って・・カニが集まって来る始末。。

イメージ 5

   磯際に落ちたのを 釣り人が拾うより早くにカニがつかまえちゃう。。。
   メジナもエサ取りの下に居るはずと・・結構頑張ってポツリポツリと。。

イメージ 6

    しかし・・・2時間頑張って、メジナはサバ10に対し1くらいの割合。。
    そこで・・・・海苔餌を求めて歩き・・なけなしの海苔を集める。。。

イメージ 7

      海苔もペラペラ(ヒトエグサタイプ)はホボ終わっているので・・
   普段は殆ど使用しない小さなモソモソ系。 コレを一っペラづつ針につける。

 すると・・2投目から円錐浮きがボワぁ~~~~っとシモリ、イチ・ニのホイでアワセる
    前回根ズレたシモリをかわして・・海苔メジナは1枚目から40cm。。

イメージ 8

 次のアタリはおよそ20分後。 同じようなアタリでしっかりと乗せ、コレは37cm。

イメージ 9

   この時点で・・ハリスの番手は手持ちの一番フト番手の2.5号に替えてあり、
       とにかくデカモノ一発のみに絞って仕掛けを通す。。。

           そして次の竿絞りも・・まずまずのサイズ。。

イメージ 10

       タモ枠が42くらいなので・・コレも40クラスの型物。。

   しかし・・・掛けても掛けても狙っていたドカンと一発サイズは来ず・・
      結局、計10枚となったところで・・・雨が強まり納竿。。
                 型物はこんな具合。。

イメージ 11

   内訳は・・37cm/39cm/40cm/41cm。ほか、キーパーは30までを6枚。。

  釣り自体はこの上ないくらいバッチリな釣りでしたが、前回・・一瞬でノされた
  竿の重みの魚は今回は感じられなかったので・・・もう一回くらい、泣きの一回で
  なんて思っておりますが、もうアユですし・・さてさてどうなるでしょうか。。。

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~2.5号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

             【このメジナの食編はこちら


   前回釣行時、あっけなくシモリ根で切られてしまったのが気になってて・・・
        鮎前にもう一回だけ!・・・と なりまして・・・
           40UPを含む型物はこんな具合。。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


    このところ 釣りモノの食記事がおろそかになっておりましたが・・・
  他の事に追われ気味(子供の野球と鮎支度他・・)で入れられていないというのが
   ホントの理由で・・決っして手を抜いていた訳でもなく、毎回それなりに・・
  楽しめてはおりました。。。 その中から・・まず前々回の❝おまけ地タコ❞から。
   こちらは下処理後、塩でもんでから・・こんな具合に茹で上げてお刺身用に。

イメージ 1

  そして前回のメジナ釣行時、運よく掛かった型の揃った4枚をこんな感じに三枚に。

イメージ 2

    そして翌日、身がしっとりしたところで地タコと合わせて盛り付け・・
     メジナと地タコの薄造り、こんな具合に出来上がりです。。

イメージ 3

   そろそろ海時期も終わりかな?な雰囲気ですが、食しては・・やっぱり
    海モノに軍配といった感じですので、淡水が始まっても・・時々は
        海へと・・なんて思った せんたくやでした。。。

              【この魚の釣行記はこちら


  鮎支度の中で・・一番の数モノである掛け針結びがおわったのが10日前の話し。
   それからは、子供の野球練習に付き合ったり短時間釣行を試みたりで・・
            正直、次の作業が思いっきり遅れる。。。

  その間、早い河川(静岡等ね)ではアユ解禁の知らせも届き、コレはまずい・・と
 急にスイッチを入れて再び作業開始。。 まずはハナカンをバババっと連打で編み込む。

イメージ 1

    編み込みは・・下(チバリ側ね)編み込みが5回編みでハナカンをまたいで
  上が12回編み。 そしてブランコが2ミリというのがもうかれこれ20年以上続いた
        私のオーソドックスなパターン(大鮎時は別で)。。。

  それと・・チバリもしっかりと打ちたいほうなので、10年以上半スレタイプかな?
  チバリって外れやすいのを使うと、釣り自体の回転が(私は極端に)悪くなるし、
  私は結構重要視している箇所でもあるので・・小さくし過ぎないことが多いです。。

 ただね、囮が初期の9cmだったりすると・・・ちょっと気の毒な気もするけれど。。。
  チバリは意外とタイプやサイズを変えないのは、慣れから来るものかも??。。。

    そんなことで・・・今回も予定数の50組をこんな具合で組み上げる。。

イメージ 2

    内訳は・・今期の前評判が天然のビリっこ遡上多し!というのを信じ?
  中ハリス0.8号をメインとして約7割、初期の0.6号と後半の1号を三割組み合わせ。。

    これでやっと最後の作業の水中糸へと入っていこうかと、用意だけは。。。

イメージ 3

   ただ、この作業・・・最近は海モノ(メジナね)の太い糸ばかり結んでからの
  いきなり金属糸の0.06とか見ると・・ うぅ~~ん 細いなぁ~~ て感じで・・
   あと一週間というのに、先が思いやられる作業が残ってしまった感じです。。


  あと一週間で鮎もいよいよ解禁となりますが、最後にもう一度磯入りしておきたいと
  お昼っ頃から単独で磯へIN。 まずは立ちたかった場所へ立つ。 しかし・・
  予想したよりもウネリがひどく・・ちょっと迷った末に別場所へ歩いて移動。。

       コマセの準備にとりかかり・・とりあえずこんな具合に。。

イメージ 1

  ここで予報よりもかなり早くに雨が降り始め、上着のフードを忘れたことに気付き
           開始早々にずぶ濡れ覚悟で釣り開始。。

  まず一流し・コマセもパパっと軽めに入れて・・・アタリウキがスゥ~~・・で、
                一投目から毒モノ。。。

イメージ 2

    次の魚も・・その次の魚も・・ 毒・毒・毒・・・しかも皆デカい。。。

      ダメだぁ~~ コレがきっとかわせない程居るんだな~~ で、
    最初に見た磯へ大荷物(出来上がったばかりのコマセ)を持って戻る。。

  波とウネリは結構ひどいけれど、もう雨でずぶ濡れだし、子供と一緒ではないので
     少々なら無理が効くと思い・・元々立ちたかった立ち位置へIN。

イメージ 3

      一流し目から餌が取られ、数投目に尾長のコッパッパ。。。

イメージ 4

  コレが活発になっちゃうとコレはこれで厄介ですが、一応オナガっ子始まりなので・・
          多少メジナっ気が出てくれることを期待。。。

         そして・・・一時間ほどでまずまずのサイズ。。

イメージ 5

    エサ取りはスズメと海タナゴとフグ。コレをカワリバンコに釣り返して
   やっとメジナへたどり着く感じですが、途中、一発あっけなく切られてしまい、
  何だった?みたいなのもありまして、ハリスの番手をワンランク上げたりと・・
          チョッと集中力も高まったりする時間あり。。。

   その後も尾長は極小、口太は27~28cmまでというながれで釣り自体は 。

    この状況が続けば・・うまくいけば30クラスの顔も見えるかな?で・・・
             運よく30cmUPが竿を曲げる。。

イメージ 6

  しかし、マズメの好機を前に雨が強まり・・なかに着たTシャツはもちろんのこと、
  磯シューズや靴下までグジョグジョになってしまい・・おまけに風が強くて寒くなり
 無念の納竿。 あと二時間竿を出せるだけのコマセはあったけれど、ココは無理せず。。

   ただ、魚はこんな具合にキーパーサイズだけでも10枚以上と十分な釣果。。

イメージ 7

             そして・・この三枚が30cmUP。。

イメージ 8

     ウネリ+冷たい雨と・・状況としては罰ゲーム並みの釣りでしたが、
           魚は数・型共によく出てくれたと思います。。

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  1.2~1.5号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼5号/二段ウキ・・etc

              【この魚の食編はこちら



     アユ解禁もまじかとなって来たので・・そろそろ海も終わりかな??
       ということで・・本日お昼っ頃から磯入りしてきまして・・
             30cmUPを含む、こんな具合。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。


   前回の川見の後編は・・大型競技のメイン地区となる高田橋下流の一本瀬。

          まずは一本瀬の肩上の川きり場から・・こんな感じに。。

イメージ 1

  前記事にもあります通り、この時点でのダム湖の放水量はやや多めの50t放水。
           草の水没から見ても約20cm程の水高。。

      そしてこちらが・・通称、昔のヤナギ前あたりの瀬肩の流れ。

イメージ 2

  水量のある日なので・・瀬の入り口っぽくなっておりますが、平水ならばサラサラ?

               ココからやや下って見ると・・・こんな具合。。

イメージ 3

   ここで??と思うのは・・昨年瀬肩脇に横たわっていた通称、電柱らしきモノ。
           近づいてみると・・・こんな感じに。。

イメージ 4

  今年は瀬の中段に電柱は移動したみたい? ただこの流れ、平水位では中州っぽく
      なっていたりして・・まだ出来上がっていない瀬のイメージ。。

   落差はそこそこあり、感じとしては2013年ころの落差に似た感じかな。。
             毎回50t放水でしたらイイ瀬です。

イメージ 5

    そして・・もう少しくだって下を望むと、ダダぁ~っとした瀬が続く。。

イメージ 6

  前にも記したように、この放水量でやや高の水量だと・・まずまず雰囲気のある瀬。

    そしてその下には、大量の鵜が群れていて順番に流れへダイビングを
   繰り返しているあたり・・・確実に鮎はいる感じ??? と思いますが、

イメージ 7

    実際には竿を入れてみない事には・・・といったところでしょうか。。

   これで簡単な川見編はおわりになりますが、何を隠そう・・このあたくし、
   まだ仕掛けも終わっておりませんで、これをまず終わらせなければ・・・と
           やや焦り気味のせんたくやでした。。。



   昨日のテンカラ釣行の行き道で・・まず立ち寄ったのは相模川の競技地区。
     ココはメジャー競技のメイン地区にあたる高田橋の上・下流。。

  その中から・・今回は高田橋から上、小沢頭首工までの流れとアユ確認のため
      一通り歩いて観る。。 まずは橋上流の瀬はこんな具合。。

イメージ 1

   春先まで重機が入っておりましたが、雰囲気的には昨年と大きな変化のない
  いわゆる平ったい流れ。 ただ、この時点での上のダム湖の放水量が城山で約50t。

 平水がおよそ27t平均に対し、やや多めの放水だったこと(約20cm高)を考えると・・
          更にザラザラっとした瀬になった印象。。

   また、この位置から上の堰堤(小沢頭首工)方向を望むと・・・こんな感じ。

イメージ 2

   とくにこの流れは・・春先まで流れを止めて重機が行ったり来たりしており
   底状況はかなり変わっている気も・・。。 石がしっかりと入っているのか
      定かでないところも・・ポイント的には??といった感じ。。

 あとは・・前評判通りの凄い数字が確認されているアユ遡上量に期待したいのですが、
   私のタイミングがあわないのか・・・魚の大量確認が中々出来ない状況。。

  そこで・・今回こそは堰堤をぴょんぴょん跳ね、上へと元気に遡る若アユの姿を!
  と思いまして、かなり頑張って観ておりました。しかし結果は今回も確認できず。。

       岸辺の跳ねも1分に一回程度と・・かなり期待外れ。。。

  そこで、堰堤直下(ホントは立禁ね)でタモをさして遊んでいる子供達の元へ..

イメージ 3

        気にもなったので行ってみると・・・ここでやっと鮎にご対面^^

イメージ 4

   バケツの中には数匹のアユ。 どうやらタモを受けていると入るらしい。。
  厳密に言っちゃうとダメなのでしょうが・・親子でほのぼのな光景なので。。^^

  まぁ~こんな形でのアユ確認ではありましたが、居ると居ないでは大違いですし、
   とりあえずはホッ。。 ということで・・・後半は下流の競技メイン会場の
      一本瀬付近も時間を見つけて入れなおしたいと思います。。。


    日付は変わりましたが、今日は仕事後に相模川の流れを確認すべく・・
     川へとGo。 一通り鮎確認(詳細は後日かな?)をしてから・・
    もうひとっ走りしてマズメ前の道志へIN。。 渓の状況はほぼ平水位。
       川虫を捕る時間もないので早々にテンカラで一探り。。。

イメージ 1

       しかし、大場所・小場所ともに・・・もの凄い数の放流鮎。。。
  どうやら、つい最近入れたようでタルミ等、場所によっては真っ黒に群れている。。
      試しに水中へカメラを入れてみると・・・こんな感じ。。。

イメージ 2

   この状態は・・鮎もまだ落ち着いていないのでヤマメにも最悪なタイミング。。
  そこで、出来るだけ鮎の少ない流れを選んで打ち始め・・時折パシャと水シブキ。

イメージ 3

  けれども・・マズメに近づくにつれ どうしても掛かってきてしまうのがコノ子達。

イメージ 4

            渓では久々の対面だけど即リリース。。

 時間的にも良さげな時間帯へ突入したところで・・ポツポツとライズも出始め数尾追加

イメージ 5

  小ぶりも混じってはくるけれど、どれも皆綺麗な個体で、やはりテンカラ山女魚は
  大きさ問わずで楽しめる。。。 まだ多少明るい時間にタモ内での集合写真。。

イメージ 7

   そして最後に・・スパッと毛鉤へ綺麗に出て・・・この渓魚で締めくくり。。

イメージ 6

    型は7寸強止まりでしたが、全般に揃った感じで・・テンカラとしては
   数・型共に十分な釣りとなりまして、マズメの一っ時を楽しめた感じです。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿 郡上テンカラ 33  パーフェクトライン 36  リーダー 0.8号 矢引き
              『使用毛鉤はこちら

※ 行きがけに相模川の様子を見てきましたので、こちらも時間ができ次第いれなおします




     今日は仕事後、まずは相模の流れ(鮎状況ね)を確認したあと・・
       もうひとっ走りしてテンカラを飛ばしてきまして・・。。。

イメージ 1

              運よくこんな具合でした。。

イメージ 2


       すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   昨日は仕事後に前回のリベンジを試みるべく磯へGO。 風は海からの爆なので、
   今回は予め風裏選択。。 現場到着は昼を優に過ぎた頃でしたが、昼の最干潮位が
   かなり低いので・・まずはコマセ支度の前にタコさん探し。。。 およそ二分で
   ㌔UPを見つけ・・テンヤをチョイチョイ。。 グイっと乗せて捕獲成功。。。

イメージ 1

  すると・・タコがなにやら抱きかかえている。。 離してみるとカニの残骸と
     なんと・・500gクラスの小ぶりのタコを共食いしていた。。。

イメージ 2

   見ると まだ辛うじて生きていたけど、足が・・見事に食い尽くされている。。
   どうやらこの子が先にカニを仕留めたらしい。 それを捕食中、大きい方に・・
             カニもろとも襲われたみたい。。。
  そんなこんなで・・とりあえずは㌔UP一パイとオマケの+ワンみたいな獲物確保。。


  潮が効くタイミングでコマセつくり。。 とりあえずは軽くこしらえこんな具合。。

イメージ 3

     そこで海を覗くと・・・コマセを入れる前からアイゴがうようよ。。
       見にくいですが・・常に肉眼では5枚はみえる状態。。

イメージ 4

       実際にコマセを入れ探ってみると・・・即、掛かっちゃう。。。

イメージ 5

       サイズは相変わらずの良型揃いで・・・皆35cmUPが主。。。

     コマセのタイミングをずらして多少分離できても・・・今回はコレ。。

イメージ 6

       ちょっとサイズが上がったところで・・・この程度。。。

イメージ 7

  潮が来てからに期待し、其の後・・一時的に良型メジナの姿は見え隠れしたものの
     隣の方とのコマセと投入のタイミングも合わせずらく・・・終了。。

   リベンジのつもりで強行したものの・・・・見事に返り討ちにあった感じ。。
      家に帰るなり・・・子供、もう気の毒で言葉がない様子??

   開始早々の軟体系がかろうじて獲れていたのでとりあえずは・・な釣行でした。。


……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼4号/二段ウキ・・etc 



     GWっ頃から・・時間を見つけながら組んでいた鮎のイカリ針でしたが、
  とりあえず無事に組み終わり。。 今年は4本イカリメインの270本でこんな感じ。。

イメージ 1

     全般に細かな作業の多いアユ仕掛けの中にあって、この作業は・・
  比較的簡単な部類ではあるのですが、同じ作業の繰り返しでちょっと飽きてきた頃
     おぉ~~やっと終わった! といった感じで・・次の作業へ。。。

イメージ 2

 こちらは鼻カン周り。。予定数は、D社のいわゆるハナカン用鮎匠(ハナカン入れね)
 コレを三巻き分。 ということは・・一コが15本収納なので単純に45本をまず組み、
 あとは状況を見てつくり足そうかとおもっておりますが、今期は遅れている分・・
        少しピッチをあげないと・・といったところです。。


  昨日は仕事後に単独で磯へGo。 行き道の渋滞もあり、現場到着は既に昼過ぎ。。
 久々の単独磯入りなので、このところ立ってない(子供連れなので)立ち位置を目指す。
 それと、最近の状況を知るのに・・誰か知り合いも来ないかなぁ~な想いも正直有り。。

    しかし、海からの強風でウネリがひどく・・ちょっと迷ってやっぱり移動。

 (土)ということでお客さんは大変多く、結局 三番手・四番手の場所も空いておらず
    その次っ位の位置からまずはコマセづくり。。オキアミ使用なのでこんな具合。

イメージ 1

  並びの方にお話を伺うと、メジナはゼロだそうで・・偶にフグとアイゴとのこと。
          コマセを入れ、実際に仕掛けを通してみると・・・

イメージ 2

  二回に一回餌が取られる感じで海状況はそこそこ?ただ、横流れの潮がもの凄い速く
     コマセと中々合わせずらい。 多分コレが一番の難かもしれない。。

  潮下の多目的釣りの方も近いので、コマセの入れるタイミングと投入点が難しい。。
    そして・・いろんなことを試していると回収寸前でスパッとアタリ。。

イメージ 3

   メジナは27cmクラスでしたが・・状況を考え、ダイジにタモ入れする^^
  感じとしては・・もう一流し出来ればアタリが出せるのかなぁ~~~な状態。。

 しかし、一枚目がアタってからの約二時間・・並びのガゴ師のコマセが効きすぎたのか
       コレのオンパレード。。。 特に深く入れちゃうとダメ。。

イメージ 4

      サイズは平均してメジナよりも二まわりデカいのもよく無い。。

 こんな時、ホントは海苔を使用したい状況でしたが、もう海苔は昼の干潮位が低いので・・
   殆ど飛んでおり、コマセにはなるかも?程度しかナシなので海苔餌は✖。。

   ここで・・少しの間コマセを切らし、変化をつけてやっと好いアタリ。。

イメージ 5

  サイズは30cmに数ミリ足りないけれど、このサイズは続くかも??とチョット期待。

     気付けば風も更に強まってきて、朝イチからの方々は徐々に磯上り。

  徐々にスペースも出来始めた頃、両隣でエギマンがバシバシ系の鬼シャクリ。。
 エギにもいい時期なので仕方がないけれど、もちろんその後、メジナのアタリはナシ。。
    折角いいタイミングでスペースも出来て・・・と想ったのもつかの間、
        メジナ・・沈んだり。。。 といった感じで納竿。。。

イメージ 6

     結局、この二枚だけとなりまして、家に帰るなり子供の一言は・・・
   サイズが夏っぽくなってきたねぇ~ 数も出そうだし。。アレ二つ??と・・・
           またしても厳しいモノとなりました。。。^^

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼4号/二段ウキ・・etc 


           子供が部活等で忙しいのをいいことに・・・
            仕事後に単独で磯入りしてきました。

          久々のメジナ狙いでしたが・・・こんな感じ。。

イメージ 1

           詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


   このところ・・時間を見つけてはセッセと仕上げていた鮎のイカリ針結び。。
 しかし今年は思うように進まず・・鮎支度の初めの一歩からつまずいている始末。。

 また、数日後に迫った母の日なるものも思い出し・・・あ”~~そぉ~~だ、de・・
     急遽・・母親用のアジ・サバ用サビキをこしらえる為の用意。。。
        まずは袖のバラ針にエダスを結び、この状態からGo

イメージ 1

  うちの両親は・・今現在も休日となると暗いうちから海へ向かい、母親はサビキ・
  父親は主にメジナ釣り。。というのが休日の過ごし方なので・・そんなことから、
  母の日はココ何年も・・花より団子より・・サビキ! それも自作の釣れるやつ!!
  ということで・・中々注文が厳しい中、今回も鮎支度を中断してサビキ作り。。

イメージ 2

  最近のおふくろの注文は・・ケイムラタイプのファイバーを使用し、針間隔も・・
  サバの大きさが上がってくるこの時期からは20cm。 エダスは3cm程度との事。
    このあたりは実戦から来るものらしく・・かなりのこだわり。。^^

  なので、そのように・・結ぶも結んだり・・で、一っ気に40本以上巻き上げる。。

イメージ 3

  そして最後に・・・これをミキ糸へ一つ一つ結んでいき・・・出来上がり。。。

イメージ 4

            コレを今年は10組ほどこしらえる。。。

  鮎支度は一向に進みませんが、もう一つの大事な行事は済ませられた感じです。。



    このGW、子供が唯一 部活休みとなった今日、今季お初の渓・本流へ。。
     しかし、行き道のGW渋滞は避けられず、現場到着には三時間。。。
     早々に身支度を済ませ午後から渓in。 まずは餌のヒラタ捕り。。

イメージ 1

       確実に場も荒れているので大場所限定でやらせてみる。。

イメージ 2

     数回通して細かなアタリから・・まずまずの型が竿を曲げる。。

イメージ 3

      渓魚は残念ながら、成魚系のヤマメでしたが結構大きめ。。
       ここで粘って粘ってやっと綺麗な個体が顔を出す。。

イメージ 4

    ミミズ餌も持ってはいたけれど、この渓状況ではやはり川虫に軍配。。
   アタリの殆どは小さめのヒラタのみなので、アタクシは常に川虫捕り係。。^^

 もう一尾出たら動こうか?と言っていたところで次に竿を曲げたのは綺麗なイワナ。。

イメージ 5

     一ヶ所目の大場所を約二時間通し、粘って粘って・・こんな感じ。。

イメージ 6

  そこで次の場所へ移動。 動いた二ヶ所目はキャンプや川遊びやらで大賑わい。。
 型物は期待できない状況でしたが、ドコもココも人・人・人なので・・とりあえず。。

イメージ 7

        ココでは・・・約一時間粘って綺麗な個体が数尾。。

イメージ 8

  ココでほぼ釣りは終了時間となりましたが、足元でなにやら赤いモノが動く気配。
    ハっと見ると・・・お”ぉ”~~~~~~~っと 凄い光景。 ※グロ注意

イメージ 9

  1m超えのヤマカガシ vs 大ガマ! vsというより、もう完全に喰いつかれている。。
       ガマはまだモガキナガラ手で歩いているので、元気は元気。。


   ただ、この場合・・ニホンヒキガエルはヤマカガシの奥歯の毒がまわるのかな?

  元々ヤマカガは大好物のニホンガマを食べ、同時にこのガマの持っている強毒素を
  ガマを食べることによって自分の体に蓄積していくタイプの毒蛇と言われている。

  このヤマカガは1m超えなので、蓄積毒素もかなり強い?(既にマムシ以上かも)
  けれども、元々ガマが自分で持っている毒って・・この場合は回ってない??

 それならば・・とりあえずツンツンしてはならかしてあげようか!となりましてね、
 その後、ガマは無事にその場から逃げれたのでしたが・・その後は知りませんデス。。。

    そんなこんなで、自然界の弱肉強食の図が足元で起きていたりして・・
    別な意味で大自然を感じられた子供の渓・本流第一弾となりました。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿、D社 朝霧抜 中硬53MULTI  VARIVAS Adovance 0.4号通し。/ ヒラタ


       今日は子供の日ということもあってか部活はお休み・・・?
       ということで子供、今期お初の渓・本流へ午後からIN。。
   どこもココもキャンプやらで大賑わいの中、なんとか粘って・・こんな感じ。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   子供の部活も始まったので・・空いた時間は全て子供にお付き合いのGW。。

イメージ 1

   今日も朝一番から目一杯体を動かし・・・午後からは近所の球場へGO。。

イメージ 2

      場所は・・我が家から歩いても行けるジャイアンツ球場。。
         ここで行われているイースタンの試合観戦。。。

イメージ 3

    試合を生で観るのもダイジ。。 ということで、まずはいい位置を確保。。。
              GWとあって観客席は超満員。


 試合展開は・・ジャイアンツのビッグイニングもあり、大変盛り上がって子供も大興奮

イメージ 4

  バッティングオーダーの中には・・昨年、上で(一軍)勝負強かった宇佐美クンの姿。

イメージ 5

  今回も満塁からの二点タイムリー。 子供も凄いアタリだなぁ~~~と唖然。^^

イメージ 6

     最後は抑えの西村がピシャリと抑え、完封リレーで日ハムに勝利。。

イメージ 7

   ホントはね、ココに日ハムの清宮クンが居れば、なんて思ったりもしましたが・・
         先日、一軍合流したんですよね~・・・^^
        そんなこんなも含め、子供も楽しめた一日でした。。


  テレビ等ではGWも後半に入り・・なんて報じておりますが、我が家は暦通りなので
  まだ全然お休み気分ではなく、しかも季節の変わり目でサッパリ釣り時間もナシ。。

  ただ、毎年このGWっ頃になると・・そろそろ始めなければ、 で鮎支度を開始。
   まず手始めに一番の数モノであるイカリ針組み。必要なモノを用意し・・

イメージ 1

           とりあえず四本イカリから組み始め。。。

イメージ 2

 内訳は、D社のマルチ7号と7.5号。 次いで久々に組むスピード7.5号のいずれも四本。
   そして最後にG社のキュー 7.5の三本イカリを合わせ、予定数は260本ほど。。

 この数字は毎釣行、平均7~8本のイカリ使用数を考え、約30回 川入りしたとしても
  とりあえずは間に合うという単純な計算。。 そんなこんなで・・こんな具合に

イメージ 3

   毎晩の時間を見ての作業なので、一っ気に終わらせることは難しいですが・・・
   出来れば一日、最低24本(一箱分はね)組みたい。そうすれば10日程度で・・
   なんて思っておりますが、もう既に左手の人差し指がもの凄いイタいし・・
         肩もこるしで・・・・いったいどうなることか。。。


 と、ここでもう一話題。 今年は細かな作業で肩の凝る鮎支度の為の新兵器を導入。。

イメージ 4

  一言で言ってしまうとマッサージ機。 それも、大型電化店や健康ランドなんかに
          おいてある、ゆったり椅子タイプではなくて・・
       ※あの手は流石に置くとこナシだし、値も・・・ですしね。。。
            で・・もっと簡単な↓のタイプ。。

イメージ 5

   コレを娘が(自分の為に?)買いましてね、コレに合わせてコレ専用の椅子を
   嫁はんが購入。。 あたくしはと言うと、椅子を組み立てただけでしたが・・
  一応貢献はしたので・・使用権利は発生? ということで、イカリ組みの合間に・・
  グイィ~~~ン・・としながら野球中継を観戦し、又ハリを組む。そんなサイクルで
 アユ解禁までの約一ヶ月、チョッとペースを上げて取り組もうかとおもっておりますが、
             さてさてどうなるでしょうか。。。


このページのトップヘ