鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2018年07月

  子供の野球は先週に公式戦が入っていた為、お休みとなって、夏休み初めてのオフ。
    そんなことで・・どこかに釣りに行きたいオーラが前日から出ていた。。

  と、そこへ・・道志へ出撃予定だった兄ぃ~から携帯が入り、行かなくなったけど
  子供と行く?行くんだったら餌あげるけど・・で・・子供>いくいくと二つ返事。。。

        そんなことで・・増水・濁り覚悟で昼から道志へIN。。

 まずは最近の川見場所から眺める。 川の状況は・・台風の影響で約70cm高の濁り強。

イメージ 1

         ちょっと本線はスグには厳しそうな雰囲気。。
  しかも大雨。。台風の影響は予想よりも長引いていて・・少しの間は車で待機。。

イメージ 2

       その間、目の前を・・コジュケイの親子が行ったり来たり。。

イメージ 3

  子供も可愛いなぁ~ 大自然はイイねぇ~ と・・5羽のヒナ鳥を観ながらニコニコ顔。。

  そうこうしている間に雨も上がり・・とりあえずは安全な立ち位置限定で竿出し。。

イメージ 4

   やはりこの増水時は危ないので・・あたくしは竿を出さずに付きっきりで・・
   支流や最上流を転々としてみる。。 すると開始早々に7寸強が顔を出す。。

イメージ 5

  一度はメーター以上出た増水直後なので、どこもココもポイントという訳ではなく、
        ある程度、場所も絞って動き・・良型揃いで数尾を追加。。

イメージ 6

  ここで・・本流の濁りの回復具合を確かめに動く。。 すると・・水位・水強は
  変わりがないモノの・・濁りは多少とれはじめ、ヨぉ~しとばかりに型狙い。。

  ※ 本流の写真は・・・・消えてしまった。。あぁ~ いい写真だったのに。。

      そして・・・来たよぉ~~の声と同時に綺麗に竿が曲がり・・
         無事にタモへ納まったのは八寸強の好いサイズ。。

イメージ 7

    今日は水の勢いが強い分、引きも強めで・・やり取りも十分楽しめたそうで
              この一尾で気持ちよく納竿。。

イメージ 8

      子供も・・久々の渓・本流でしたが、数・型共に楽しめまして・・
             良い釣りとなったみたいです。。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿、D社 朝霧抜 中硬53MULTI  VARIVAS Adovance 0.4号~0.6号通し。
               アマゴ半スレヒネリ 7号 ミミズ餌

※ ちなみに行きがけに観た相模川ですが・・白泥濁りの+1m高くらいかな?
  でしたが、夜明け前には一時、ダム湖の放水も700t超えでしたので・・
  数字上は一時的には2mを超えたと思われます。なので、だいぶ落ちたのかな?
  と思いながら通っておりました。 ただ、濁りの回復等は分かりません。。。


       川(相模川)はこのところ纏まった雨も無いので渇水気味。。
     正直、一雨欲しい雰囲気でしたが・・ここにきてのこの台風12号。。
      とにかく動きが読めず・・どのくらい降るのかさえサッパリ。。。

イメージ 1

   予報では300mm以上なんて言っておりますし、相模のダム湖の放水量も・・
  降る前から徐々に出し始め、27日の暗くなる頃には・・もうすでに60t超ですね。。




             ダム名・  全流入量・  全放流量
                 城山ダム    (m³/s)       (m³/s)
..............................................................................................................................................................
                         75.83                      62.00


  いずれにしましても・・雨はこれから来るので、程よい出水となってくれることを
      願いたいのですが、いかんせん台風の動きがおかし過ぎて・・・
              ちょっと気になるところですね。。



   今日はam9:00っ頃からの川入りでした。 場所は相模川の競技地区です。。
             川を切るところはこんな感じ。。

イメージ 1

  川の状況は・・今年で言うとやや多めの平水。 早々に囮を野鮎へ替えやすそうな
  所から竿出し。 スグにポンポンと獲れるも・・やや掛かりどころワルワルスタート。

イメージ 2

 ホントはここで5本獲ってから瀬へ突っ込みたかったのですが、三本目が背掛かりだったので
  コレでいいやと、ひとまず動く。 動いた先では運よく連打してくれて・・

イメージ 3

        午前中、20尾としたところでちょっと早めの昼食。。
    午後からは午前中、通していないところへ向かおうかと・・歩き出す。。

  瀬肩上には相模屋さんの講習会も行われていて、皆さん楽しまれておりまして・・
  中には・・鮎釣り界の次世代を担う若き参加者の姿もあり、実に良い光景。。。

イメージ 10

   そんなこんなで第二ラウンド開始。 と同時にパンパンと幸先よく掛かり・・
    掛かりどころも良かったので・・うまいこと連荘しそうな雰囲気。。。

イメージ 4

                       予想通りの三連荘×2となったところで・・

                                   予想外の出来事発生。。。

   何気なくトモ舟に目をやると・・友舟の上に元気なアユが乗っているのね・・
    不思議だなぁ~~・・ん? んん?? ・・ あれ? が・・コレ。。

イメージ 5

     始めは何が起きたのかよく分からず・・とりあえず手でフタ。。

       空けて見るとフタを閉めているスプリングが折れたみたい。。
       この時点ではまだ何本逃げたかは分かりませんでしたが・・・

   ただ・・せっかくの入れ掛かり中だったし、ひとまずこの場は手ごろな石でも
          ねじ込んで・・こんな具合にして釣り再開。。 

イメージ 6

     しかしコレがまずかった。。 石って当たり前だけれど重いので・・
  引いていたらそのままトモ舟、転覆。。と同時に石が抜け落ち、自動的にアユ脱走。。
 コレをみてオールジャパン表彰台のFさんは、イッパイ釣ってるタタリだぁ~と大笑い^^


           で・・・釣りは一時中断し、再度車へ。。 

  ひとまず応急処置は・・ガムテープ➡スグにはがれたのと➡かなり恰好が悪い。。
 そこで・・車から簡単な工具の入ったモノをガサゴソやって・・手ごろな紐で結わく。

イメージ 7

        ここで改めて数を数えてみると脱走は半分ぐらい。。
        あの石で・・転覆させちゃったのがイタかったかな??

  しかも、元気なのから順に出て行っちゃったみたいで・・残りはビロ~ン鮎。

   せめてもの救いだったのは・・養殖が二本とも何故か残っていたので助かった。

  そしてここからは・・・絶対に残った囮を弱らせないことを心掛け、再度流れへ。。
 そして、勝負の早そうなところで起死回生の野鮎を拾い、ポンポンと連打してホッ。。

   その後は、これまでの悪い流れを全てふっ飛ばしてくれそうな入れ掛かりもあり、
            ちょっとだけ延長戦を試みて納竿。。

イメージ 8

数は囮別で【48尾】(最後までフネに残っていた数で)大きさは19cmまで。
          途中、イッパイ逃げられちゃったので・・頑張って釣りました^^

イメージ 9


……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 / ナイロン 東レ 0.2号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1.5号+v背バリ

13/701


  わが家の約束事は以前にも記したこともございますが、この鮎時期で30cmの鮎が
   釣れた年や、シーズン1000尾が達成された年には、offになったら家族に・・
 ディズニーランドをおごるというのが有るのだけれど、子供たち(嫁はんも)曰く、
 今シーズン、1000尾は確実でしょう。。 だったらもう行っちゃおうか??みたいな。

  そこでアタクシ・・鮎はいくら調子が良くても台風での一発終わりもあるんだから
     と・・・頑張ってはみたモノの・・やっぱり多数決でディズニ~行き。。

             しかも今回は真夏のSEA計画。。

昨年もランドの❝七夕Days☆彡❞へ行って・・暑さに参ったというのに今回も夏にIN。

     ただ・・今回の目的は、夏の時期だけ公演のスペシャルイベント。。
            ディズニー・パイレーツ・サマー
          エンポ-リオ入口もこんな具合に飾り付け。。。

イメージ 1

             とりあえずは・・記念撮影。。。

イメージ 2

    ここで、ひとまず通常の動きをし・・・私はパス券をとりにてくてく。。。
 その間のスタンバイは、ウォーターフロントのトイ・ストーリー・マニアで100分前後

イメージ 3

   多分今現在、SEAのアトラクションで一番時間がかかるのは・マニアかな?。。
  それでもこの程度なので、やっぱり暑い時期のSEAは空いているといえば空いている。

   そこで今回の目的のチケット抽選(抽選エリアでショーを見る為のやつね)
   すると・・メデテレーニアンハーバー正面のAを娘が執念で引き当てる。。

  これで無事、ショーの鑑賞場所は確保できたので・・あとは適当にこんな具合。。

イメージ 4

    そして、いよいよ パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウエット”  

    演出も、まずヘクター バルボッサ率いる海賊団の海賊修行から始まり・・

イメージ 5

    イチ・ニッ・サン・   イチ・ニッ・サン   ・・ ヨ~ホ~~~

           ヨォ~ホ~ ヨォ~ホ~ と続き・・・

イメージ 6

  やがて・・❝船が来たぞぉ~~~❞となりまして、ジャック・スパロウ登場。。。

イメージ 7

 そして最後は・・・皆、おパンツまでずぶ濡れ状態となって終わるという派手なショー!

イメージ 8

  超短縮での記事入れですが、パイレーツが好きな方々にはたまらないモノですし、
 今回は偶々ハーバーの中央のリドアイルで観れたから更にスゴカッタ(水が)ですが、
  入り江を囲んだ双方からも派手な演出は十分観れますので、コレはイイですよ。。

      そして・・・我が家の遊びへと戻りますと・・・・うちの子は
   アブーズ・バザールで遊び始め、今回は息子だけ商品ゲットのさりげなピース!

イメージ 9

  コレはランドで言うとジャングルカーニバル。丁度景品は又しても、前回同様・・
  ドナルド&デイジー。 ホントはねチップとデールだったら良かったのだけれど、、
   コレばっかりはタイミングなので・・・。ただ今回のは海賊服バージョン^^

    そんなこんなで・・暗くなるまで遊び続け、一行事終わった感じですが・・

イメージ 10

    今年も昨年同様、早い時期にDisneyへGoをしてしまうと、年内にもう一回
   しかも もう一度おごれ?みたいな事になりかねないので、コレが一番怖いデス。

      それと、最初におごっちゃったけど・・本当にアユ、1000尾・・
            釣れるのかな?が正直なところですね。。


     今日は午前中からの川入りでした。 場所は相模川の下地区の瀬。
   ホントはそろそろ上の地区へ・・の想いもあったのですが、今回も競技地区です。
        川入り時はこんな具合にお客さんは比較的少なめ。。

イメージ 1

   養殖からの一流しは・・・未だ6月の解禁当初を思わせる超ビリスタート。。

イメージ 2

   6月同様、とりあえずコレも囮に使い・・・ちょっとサイズUPでひとまずホっ。。
  ただ、鮎の追いは今一つで・・ここ数回の釣行の中では一番掛かりが遅い感じ。。

    それも・・二本獲ると三本目にかなり時間がかかるといった事も多く・・
    水温が上がったことも影響してか、野鮎囮の持ちもかなり悪いので・・
  色変りも激しくてもの凄い悪循環。。 午前中は20尾にしておきたかったのですが
    舟の中で死んでしまった鮎が7本もいたので・・昼前にクーラーへGo×2。

  そんなことを繰り返していたので・・更に悪循環になり、午前中は19本で折り返す。

  そして・・昼食後、サラサラっとめぼしきところを三ヶ所ほど通し反応を見る。。
  掛かりは相変わらず遅く・・渇水続きでやや土用に入ったかな?とも感じる程。。

       丁度このころ・・風も強くなり始め、風ポロも多発。
   また、強風等で上がられる方々も多くみられ、空いたスペースも出来始める。
    そこで、何か変化を付けないと・・で、立ち位置、その他を変えてみる。。

イメージ 3

         すると、まずまずの色具合の鮎も掛かり初め、、、

イメージ 4

 入れ掛かりには程遠いペースでしたが・・午前中の変な掛かり方よりはマシな感じ

  ただ・・今日は空いたスペースに動いてポツポツ。 また動いてポツポツの繰り返しで
     ここ数回と比べると動けているから稼げているといった雰囲気だし・・
  結局、今日も・・pm4:30を境にピタっと掛からなくなり、今回も一度竿をたたむ。

  しかし、数えてみると意外と釣っていて・・それならば あと二尾!の悪い癖。。

   前回は延長5本で苦戦したけれど、今回は2本だったので・・ちょっと動いて
         運良く拾え、サイズも今年お初の20クラス?で〆。

イメージ 5

                気持ちよく納竿。。
        ↓は色落ち鮎と死アユの計10尾は弾いてあります。。

イメージ 6

数は囮別で【50尾】大きさは20弱まででしたが、数はまずまずだったと思います。

イメージ 7

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 /
  D社 硬派(短竿改)メタコンポ  0.05 東レ ナイロン0.2号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~0.8号+v背バリ


12/653


   今夏の子供とのウナギ釣行は既に4回。 いずれもウナギの顔が見れており、
   その数も12本。。 コレは全て泥抜きの為、井戸水で活かしておき、本日の
           土用丑の日に合わせて下処理開始。。。

イメージ 1

    まずは氷水で動きを止めて・・ツトンと打ってツゥ~っと包丁を入れ・・

イメージ 2

           とりあえず こんな具合に開いていく。。。

イメージ 3

              この状態から串を打ち・・・

イメージ 4

      数分蒸してから・・氷水へ潜らせ、余分な脂っ気を落とし・・
          ジュゥ~っと焼いて・・・丼に盛り付け、、、

          天然ウナギの土用丑の日、完成です。。。

イメージ 5

     今年の夏は・・もう既にうんざりするほどの猛暑となっておりますが、
     これで多少は夏バテも解消?なんて思いつつ・・・今年は俗にいう
     ❝二の丑❞(土用が二回ある年)なので・・8月の丑はどうしよう?
              といったところでしょうか。。

          【このウナギの釣行期はこちらと、 其の二


    今年はもうずいぶん前に梅雨明けしていたけれど、漬けてあった・・・
  わが家の梅はその頃にはまだ漬かりきっておらず、そのまま干し忘れていた。。

  本来梅は、梅雨明け三日の安定した好天で三日三晩干すというのが毎年のナガレ。
         そんなこんなで・・こんな具合に干し始め。。。

イメージ 1

             これで数日後、❝とんでもない事❞でもない限り、、、
          来年以降のおにぎりの具、出来上がり予定^^


 それと・・この時期の一番大活躍しているモノ。。 それがこのグリーンカーテン。。。

イメージ 2

  今年はもうすでに異常なほどの暑さなので・・どんな植物よりも頑張ってほしいモノ。

  それと、今年のゴーヤは・・苦いのが嫌いなアタクシの独断でサラダゴ~ヤにしたので、
 ボコボコ実が生っていてもそれ程気にならない^^(あまり食べはしないけれどもね)

イメージ 3

       それと・・我が家の小菜園の中での大物も・・こんな感じ。。

イメージ 4

 大玉スイカは、数個着いたうち・・一番の育ち頭でただ今、野球ボール比はこんな。。

    今年は梅雨入り時の日照り不足が影響して・・いわゆるウリ科が今一つ
   よく無い年でしたが、そんな中で比較的、大玉は頑張ってくれているので・・
           今後が楽しみといった、夏の話題でして・・

       この調子で相模の鮎も育ってくれたら・・よいのですがね。。。



    今日は朝一番に、まず子供を部活へと送り届け・・もう一寝しようかと
   思っていたところ、完全に起きてしまったので・・とりあえず釣り支度開始。。
      そして・・am8:00っ頃に川へIN。 川の状況はやや低の平水。

     対岸には知り合いのトーナメンターのS原さんが手を振っておられ、
   向かい合う形で竿出し。 一流しで囮がかわり、開始から40分で10尾獲れる。

イメージ 1

        鮎色も良く型もまずまずで幸先の良い出足し。。。

   ここで・・午前中に(空いていたら)通しにいこうと思っていた流れへ向かう。
  しかし、実際に囮を通してみると・・掛かるには掛かるのだけれど掛かりが遅く・・
  型も今一つ。。 やはり三連休の最終日とあって当たり前の所は追いが鈍い感じ。

    とりあえず20尾までは動かずに釣り・・その後、対岸の知り合いの所で
    缶コーヒーを頂いて一服&釣り談義。。丁度このころの川風景はこんな感じ

イメージ 6

  そして少し早いけれど昼食をとるため一度車へ。すると、もう既に気温は37℃表示

イメージ 2

 少し休んでから再度流れへ立つ。すると、すぐ上で綺麗に泳がせ、よく掛けているお方。
  大型釣具店の店長代○でファイナリストのHさんを発見。。 暫し状況を伺う。。。

 やはり連休最終日ということで、やや抜かれ気味ですね~な雰囲気の中、流石の釣り。

 午後からは午前中に竿入れしていない流れを通し、ちょっといいサイズが釣り返せ・・

イメージ 3

       時折4~5尾の連チャンもあったりと、ペースはまずまず。。

  しかしここで・・遠くの空でゴロゴロと雷が鳴り始める。 気圧の変化からか・・
  アユの追いは一番好い時間帯でもあったのですが、やはり雷は気持ち悪いので
       知り合いと目で合図をかわし・・ひとまず車で様子見。。

        30~40分してから再び川へ浸かり、ポツポツ拾う。。
    この時点で知り合い達の大半は川上がりとなり、アタクシも上がろうかと・・
  とりあえず魚をタモへ入れる。。数は45~6から分からなくなっていたけれど・・で

イメージ 4

   数えてみると・・前回と同じ尾数だったのであと5尾釣ろうと軽いきもち。。 
   それも珍しく風も弱いマズメ時なので勿体ない気持もあり、延長戦開始。。

       しかし、あと二つが中々掛からず・・・予想以上に苦戦。。

  結局、最後の一尾なんて多分10cm以下・・ということで釣り直しで更に延長。。
           そんなこんなで釣り終了となりまして、、、

 数は囮別で【61尾】大きさは18cmくらい。内訳は午前中が30尾で午後が31尾でした。

イメージ 5

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 / ナイロン 東レ 0.2号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1.5号+v背バリ

11/603


   この週末は子供の部活も遠征・遠征で・・親ドモもなんやかんやでフル回転。
   なので・・釣りは夜モノのみとなりまして、やっぱりこの時期はウナギ。。。

      そんなこんなで・・暗くなってから子供とウナギ河川へIN。。
   ものの数分で竿先にはコンコンと生命反応。 そして、開始わずかで一本目。。

イメージ 1

       幸先の良い出足に複数安打を狙うも・・・次の反応はコレ×2

イメージ 2

     動いた先ではマルタ・カマツカ・ハゼ等のエサ取りの猛攻にあう。。

     しかも大事なドバ様のアタマだけをとっていく最悪な状況となり・・
    再度場所移動。 しかし・・動いた先には先行者さん。 また別場所には
      ハエ縄らしき仕掛けも数本入っていて・・・竿が出せない状態。。

   さすがに❝土用丑の日❞が近づいてくると・・・ウナギ狙いも増加するみたい?
   そんなことで・・うつ手がなくなり、今回は翌日の部活の事を考えて終了。。

イメージ 3

    時合いと思われた時間帯、外道に遊ばれたのが痛かったなぁ~と、、
      子供は悔やんでおりましたが、運よく何とか一本獲れまして、
           まずまずだったのではとおもいます。。。
……………………………………………………………………………………………………………
ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ14号> 餌、ドバミミズ
                                                                         ※ドバミミズの保存法はこちら



     今日は午前中からの川入りでした。場所は相模川の競技地区の瀬です。
         川の状況は やや低の平水。 足元に目をやると
    オニヤンマが河原でヤゴからふ化したりして、正に真夏の朝といった雰囲気。

イメージ 1

   珍しい光景だし、色変わりまで眺めていたい気持ちもありつつ・・竿出し。。

        養殖からの一流しでカツンと囮ごろが無事に獲れる。。
 このところ続いていた大雨・大風の釣日と違い今回はほぼ無風なので、ビリっこでも
          しっかりとアタッてきて釣り自体が面白い。。。

イメージ 2

  ここで知り合いのトーナメンターのS原さんを見つけ、先日のDマスのお話を伺う。
  お話では、アタクシの一押しとしていた数ヶ所は全てヨカッタとの事で、ひとまずっ。
         とりあえず下見お手伝いは成功だったみたい。。。

  そんなこんなで午前中は大勢の知り合い達と釣り談義に花を咲かせ、尾数は30尾で
              キリよく午後へと折り返す。。。

 小一時間休んだ後、午後の部のスタート。 と、その前に気になっていたのはオニヤンマ。。
  そのスグ近くを見てみると・・・こんな感じ。。。 同じのかは??ですがね。。

イメージ 3

  やっぱりオニヤンマはデカいし綺麗だなぁ~なんて眺めつつ、上・下流も眺めてみる。

イメージ 4イメージ 5











   一通り競技の終わった競技地区ですが、まだまだお客さんで大賑わいな流れ。。

   ちょっと微妙~に入れない立ち位置が多く、午後も空いたスペースから竿入れ。
               スグに掛かり始めるも・・

イメージ 6

    ペースとしては午前中の半分以下?。 それも、一通り触ってしまうと・・・
  全く掛からなくなる場所もある。 時間なのか釣りが合っていないのかも分からず・・
       一番好さげな3時っ頃~なんて・・30分でビリっこ二ピキのみ。。

  この悪いナガレは何かするべきと・・気分転換でナイロンへ張り替え、変化をつける。
     そして・・・ふわっと泳がせギラギラっと掛かり、運よく数尾追加。。

イメージ 7

  この時点では・・まだまだ陽も高いpm4:00。 しかし・・暑さは半端じゃなくて
   飲み物も底をつき・・・車へとりに行くか迷った挙句、ここで釣り終了。。。

イメージ 8

数は囮別で【55尾】釣れない時間も結構あった割には数が出ておりました。

イメージ 9


……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 / ナイロン 東レ 0.2号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1.5号+v背バリ

10/542


 


      昨日は早朝より子供とグランドへ向かい、とりあえず草野球。。
  その後、子供の部活がお休みなのをいいことに・・子供>久々に海へ行こうか?
   アタクシ>おまえ元気だな!少し休まないと・・この暑さだし。。となりまして、
   結局 昼過ぎまでお休みタイム。。 この時点でもう釣りの選択は極端に減り、
   夕まずめの若鮎の流し毛鉤か・・ヤマメのテンカラか・・夜からのウナギング。

  そこで子供の判断は、流し毛鉤は増水なので無。道志ヤマメだったら餌だヨね~。
  ただ時間がもうないから・・やっぱりウナだね! ということでウナギに決定。

       向かった先は・・増水からの引水で条件的にはまずまず。。
     数投目にはコツ・コツっとウナっぽいアタリ! せ~のでアワせ・・
        よぉ~~しコレはイイサイズだよぉ~ と一本目。。

イメージ 1

     サイズは今季お初の50UP。しかも太っとい個体で幸先の良い出足。。

   この地合いをモノにし、続け様に二本目・三本目・四本目と順調に数を伸ばし、
     次にアタったのがコレ! 出水後に稀に掛かるスッポンぽん!!

イメージ 2

  ただ、コノ子を捕獲するのに意外とてこずり・・思いっきり場も荒れてしまって
    場所移動も考えたのですが、翌日の子供の学校の事も考えて釣り終了。。

イメージ 3

        釣り時間は およそ二時間といった短時間釣行でしたが、
   子供の好判断と強運は健在で、子供も十分楽しめたウナギングとなりました。。

……………………………………………………………………………………………………………
ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ14号> 餌、ドバミミズ
                                                                         ※ドバミミズの保存法はこちら
             【このウナギの食編はこちら

    今日は午前中からの川入りでした。 場所は相模川の下地区の瀬です。
  川の状況は、前日の大雨の影響から上のダム湖の放水も30t超えの+15cm高。

    この地は昨日オーナーカップが予定通り開催され、これで今期の相模の
  メジャー競技もとりあえずは終わったみたい。そんなことから、お客さん達も
  通常に戻った感じで・・場所も比較的空いていてやや広めに竿も入れられる。。。

  養殖からの一流しも・・サラ場だったので およそ5秒でカツンと好スタート。。

イメージ 1

      依然、三つに二つはビリっこという状況ではありますが・・・
   ビリっこが時折いい仕事をしてくれたりして・・まずまずのサイズも混じる。。

イメージ 2

     こんな具合で午前中の二時間半は31尾とする。 ここでいつもなら・・
   上地区の瀬でお会いする方々とシーズンぶりのご挨拶。。 暫しの釣り談義の後
               少し早い昼食&休憩。。。

      ここで小一時間昼寝。。 お昼を過ぎた頃、再び流れへ。。。
  すると・・・先ほどまでの流れとは全くの別モノ。 水位・水勢共に増し増し。。

イメージ 3


            河原の草もあっと言う間に水没。。
   携帯で調べてみると・・一っ気に50t放水まで上げており、水位も30cm高。。

   また、丁度このころになると・・いつもの風も吹き始める。 そこで今回は・・
           即席ですが短竿をこしらえてきて風対策も用意万端。。

イメージ 4

  ベースは硬派。それも固めの先調子の疾を元竿一本抜き、グリップナシはやはり
   握りにくいので・・競技の30cmマルチをハカマ代わりにして強風に挑む。。

  元々扱い慣れた疾の短竿仕様ということで、予想以上に扱いやすく・・数尾連荘。

イメージ 5

 連打の中には・・今朝、競技地区下限の瀬へ入れた(らしい?)成魚成魚したのも。。

イメージ 6

   この個体(成魚ね)は立て続けに二つ掛かったので、もうこの地区まで・・
    相当数来たみたい? 水も出ているので・・動きが早いやはい。。。

      ただ釣り自体は午前も午後も・・まずまずのペースで掛かり、
      アユの追いが遠のいて来た4:00頃、少し早めの納竿です。。

イメージ 7

数は囮別で【72尾】内訳は午前の二時間半が31尾で午後が41尾。

イメージ 8

     大きさは・・入れたての成魚が一番大きいという皮肉な結果でしたが、
  比較的(増水の為)現場も空いており、広く探れたので数が出たのだと思います。
……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 /
  D社 硬派(短竿改)メタコンポ  0.05 東レ ナイロン0.2号
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~0.8号+v背バリ

9/487


   今日はam10:00っ頃からの川入りでした。 場所は相模川の下地区の瀬です。
  予報では、台風からの強風が吹き荒れるとのことで・・まずは二ヶ所ほど様子見。

  また この地は、G杯から始まり、続いてシマノのJc、そして先週末のDマスと・・
  大型競技もとりあえずは終了したので、お客さんは(天候のこともあるので)
  やや少なめな感じ?と思っていたところ、競技志向の方々も見受けられる。。

   そうでした、今季から 報知オーナーCupの相模予選が開催なんですよね。。。

 そんなことで・・まずは適当な所から入ってみる。 川の状況は(今期の)ほぼ平水。
     ただ気になるのが・・・台風の影響から来ているもの凄い強風。。。
         空の色も悪く・・もの凄い不安定な感じの雲。。

イメージ 1

       時折サァーっと雨も落ちてきて 凄く変わりやすい天気。。
  手っとり早く浅い流れから囮を獲るも・・・ビリ1ビリ2・・・ビリ3・4.。。

イメージ 2

  開始から一時間でビリ10まで数だけは伸びるも・・風が強すぎて浅場を諦め移動。

イメージ 3

  動いた先は 多少でも強風の影響が抑えられそうな水深のとれるところを選び・・
 運よく連荘するも、風が強すぎて強すぎて・・アタリも出ないし、竿も立てられない。
 コレはもう楽しくも面白くもない状況。こういうのを❝楽しろくナイ❞とでもいうのかな。

   今年はこんな感じで大雨・強風等の釣日が多いな~と半分呆れながら・・
        お昼まで釣って午前中の二時間は20尾とする。。

    ここで・・一時間程車で休み、策を練る。。 そして・・風対策で
            持ち重りの少ない竿へ握り替える。。

   すると・・・・Hi-Speed zoomのグリップがあり得ない程ベッタベタに。。

イメージ 4

     前々からガマ・シマノと・・どれも若干ベタ感はあったけれど・・
      もうこの状態での釣りは無理。 手も真っ黒になっちゃうし、
            肩にも担げないので・・強制終了。。

イメージ 5

数は囮別で【20尾】結局、午前中の二時間だけの釣りでした。

イメージ 6

   ただ、このまま釣っていたら竿が骨折していたかも?なぐらいの風でしたので
     グリップベタベタは なにかのシグナルと感じたアタクシでした。。。

 この地は前記しました通り、今週も競技が予定されておりますので、
  知り合いを含め、競技参加の方々の迷惑になる可能性もありまして、
  場所等は乗せておりません。 ご理解のほどを宜しくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 /
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~0.8号+v背バリ

8/415


    前回の子供とのウナギ釣行に続いて・・次に入ったのは若アユの流し毛鉤。
   コレは例年でしたら、時期的にもそろそろ終盤といった季節でもあるのですが、
   今期に至っては・・まだかなり小さいアユも多いので、まだまだ大丈夫な雰囲気。

    そんなことで・・今年三度目の子供とVSばぁ~ちゃんの若鮎対決。。。

イメージ 1

  並びには常連さん方もズラッとお見えで・・皆マズメの好機をじっと待つ。。。
             初めに掛けたのは今回は子供。。

イメージ 2

    まだいくらか早い時間帯からポツリポツリと掛かり始め、子供に続いて・・
        ばぁ~ちゃんもイイサイズの いわゆる囮サイズ。。。

イメージ 3

     ただ今回は・・流れの逆引きだけでは中々毛鉤に乗って来ず・・
  浅場の扇引きに軍配。。 したがって子供の機動力(ウエーダーね)が有利な展開。
      子供も絶対に今回は おばぁ~ちゃんに勝った!と言っていた。。

      しかし、終わってみれば・・・子供の方が6尾少なかった。。^^

イメージ 4

           数はザっと数えて70尾くらいでしたが・・
        これで子供、おば~ちゃんに三戦全敗となりました。。^^

     ただ、アユのサイズを見る限りでは・・まだ7cmクラスも居るので
    もう少し遊べそうな孫とば~ちゃんの対決といったところでしょうか。。。

 竿>D社 往年の名竿 琥珀抜スペシャル マルチの53。ばぁ~ちゃん>朝霧抜53

                【流し毛鉤はこちら


      この週末は前記しました通り、子供の野球の公式戦でしたが・・
     翌日はお疲れ休み的な休日となり、子供は何釣りに行く? ウナ??
       となりまして、今回も前回同様ウナギングへ子供とGo。。

       現場には暗くなる頃に入って とりあえずスタンバイ。。。

イメージ 1

  開始から僅か数分でコツンコツンとアタり・・・しっかりと乗せ合わせて一本目!

イメージ 2

    しかし次のアタリは・・・この釣りの定番ともいえる外道のマルタ。。。

イメージ 3

  この後もダイジなウナ餌のドバ様をつつくアタリが連発し・・・場所を小移動。。

     動いた先では鯉・・鯉・・と続き・・・ 又しても場所を移動。。

         次の場所ではうまい事二本目のウナが掛かり・・・
      次に動いたところで運よく三本目が獲れ、とりあえず終了。。。

イメージ 4

   今季二度目の子供のウナ釣行でしたが、今回もうまい事 複数安打となりまして
        改めて子供の釣り運の凄さを感じた釣りとなりました。。。

……………………………………………………………………………………………………………
ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ14号> 餌、ドバミミズ


    この休みは、子供の野球の夏の公式戦ということで・・やや忙しい週末。
   子供もこの春、中学へ入ったばかりですが、とりあえず背番号をもらって来た。。

イメージ 1

   当然、一年なので二けたですが、あたくしなんて確か三年の夏にやっと背番号?
   だったかも?部員もいっぱいいたのでコレが当たり前だったとも記憶。。。

 そんなことで・・まずは初戦の応援。。 対戦相手は、抽選のイタズラとも思えるほど
               皮肉なことにアタクシの母校。。

イメージ 2

     試合中は・・一年坊主なので、それなりの役しかないですが・・・

イメージ 3

  試合内容は、この暑さで両投手ともにバテバテとなり、展開はやはり打ち合い。。
   ナガレも行ったり来たりする中、最後には打ち負けた感じで・・初戦敗退。。

イメージ 4

    まー地元アユ河川(相模水系ね)も、この週末は大型競技中だったので・・
         フルに子供の野球にお付き合いなお休みでした。。。


このページのトップヘ