鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2018年10月

     昨日は夕マズメっ頃から単独磯入りを試みる。条件ではイイ南西爆風だったので
 ヒラ狙の様子見でホーム地磯へ向かうも・・先客さん数名。立ち位置も限られるので
 この地を諦め・・二ヶ所目。 しかし・・・こちらも駐車スペースが無く断念。。。

           好い時間帯なのに夕日を眺めて終る。。。

イメージ 1

  ゴールデンタイムを棒に振ってしまったことから・・気分を変えて大きく移動。。

  向かった先はウェ~ディング磯。二名先行者さんがおられ、磯入り順は三番目。。
  ただ、先行者さんは丘派のスタイルなので、潮位が引き始めた頃に上がられた様子。

 このタイミングでジワっと入水。。 すると打ち始めてスグ❝せんたくやさ~~ん❞の声
   ここでバチコイさんとお友達のご夫婦がお見えになり、一旦下がってご挨拶。。
     この地でお会いする季節がやってきましたねぇ~~と釣り談義。。

   もう間もなくチェロキーさんもこられるとの事。 皆で総攻撃を掛ければ・・
  今現在の状況もスグに分かるかなと・・ある意味、場所移動は正解だった感。。。

 そして・・・再度入水。 胸までコースに差し掛かった時にココッとショートバイト。
 今季お初のアタリでしたが、しっかりとティップに乗り・・直後にミノーが口元で踊る
   カチャカチャカャ音。 月夜なので魚もハッキリ照らされる。正体はコヒラ!

 大きさも40台クラスなのでタモ入れすることもないか・・で寄せたら目の前で外れ、
      外れた際のフックがベストに刺さり・・・・取れない。。。

  又しても一旦下がり・・・フックを外し、ここでご登場のチェロキーさんともご挨拶。
                そして・・再び入水。。

 よく考えれば今期の一尾目だったし、あ”~~~もっと大事にいくべきだったと思いつつ
 目指していた岩へたどり着き、ヨッコイショと乗り、方角を決めての5投づつ作戦。。

    必ず休ませておくコースも決め、様子をみて通し・・一通り撃った後、
    いわゆる休ませておいた見せていないコースを通し・・やっとゴン!

   最初のエラ洗いまで、正直大きさはわからないけれど、元気は良かったので・・
   またヒラなのかな?と想っていたところ、ガバガバッと出たところでマルと判断。

  跳びまくるヒラよりはバレにくいので・・ちょっと安心して遊動し無事にタモへ。。

イメージ 2

      今季お初の磯マルは・・61cmとお手頃シーバスでした。。

イメージ 3

      この後は・・知り合いの方々に場所をお渡しし一足早めの休憩。。

 結局、この晩出たのはマグレの一本だけではありましたが、コレも一つのデータですし、
 本格化するにはもう少し・・というのもよく分かったのでよい釣行だったと思います。

   最後に皆さんで釣り談義に花を咲かせ・・日付が変わる頃おひらきでした。。
 皆様遅くまでお疲れさまでした。また夜磯でお会いしましたら宜しくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………
  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】125F>黄色チャート / D社、レイジー95S 黄色チャート ST-46 -4

             【このシーバスの食編はこちら

          今シーズン初入水で運よく一本獲れました。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。


  前回の子供との釣行時、運よく?運悪くかな?子供ではなく私が乗せてしまった
 アオリイカは、いわゆる秋イカサイズということで・・とにかく小さかったのですが、
 持ち帰ってスグにこんな具合に。。 それと、子供の獲唯一の獲物のガザミもこんな。。

イメージ 1

   コレをサさっとこしらえ・・こんな感じにアオリイカのお刺身出来上がり。。

イメージ 2

 いかんせん小さかったので・・イカ刺しとしては味見程度でしたが、今回はもう一品。
   子供の捕獲したワタリガニ(今回は9割がイシガニでタイワン1割)のカニ汁。。

イメージ 3

    ワタリガニのカニ汁は このそろそろ肌寒くなる頃からが非常に美味しく、
    今回も・・ほらぁ~~ 寒い中 捕ったかいがあったでしょぉ~~と・・
    雨の中のカニ遊びも無駄ではなかったことを猛アピ~ルな子供でした。。。

       そんなこんなで・・今回も美味しく食せた海の幸でした。。。

            【このアオリとカニの釣行記はこちら


    昨日は仕事後に子供と海へGo。 向かった先は三浦方面の堤防各所です。
    秋一発目なので・・いわゆる秋モノの調査的な意味合いも強く、まずは
         空いたところで時間調整的な小物釣り開始。。

イメージ 1

  本命はカワハギでしたが、こんな感じで似たタイプのエサ取り名人から始まり・・

イメージ 2

             続いては・・・こんな具合に

イメージ 3

                    ⇩

イメージ 4

  魚種をザっと数えてみると、キヌバリ・ドロメ・アゴハゼ・ギンポ・ベラ各種・・
   毒モノではフグ類にオコゼ等々、10種類を超える小物のオンパレード。。。

          ココでアクシデントも発生。。

   一番数多く掛かって来ていたハオコゼを・・コチばさみでつかんで外そうと
   挟もうとした瞬間、針から外れ・・指にグサリ!しかも・・結構大きめの
  オコゼだったので・・・コレはマズイ。 3~4時間指が激痛で・・動けないかも。。
  で・・・そうだ! と、スグに車へ戻り携帯用ポイズンリムーバーを自力でシュポン!

イメージ 5

  もうこの時点では・・指は相当ジンジンしており、とにかくピリピリと痛い状況の中、
   約30秒ほど吸っただけでこんな具合にかなり毒素?は吸えた感じ??かな。。。

イメージ 6

 一応、およそ一分この状態で待ち、スポッと抜いたあと・・消毒用ウエットティッシュで
   刺された付近を拭き・・様子をみていると、ものの5分も経たずして痛みナシ!

       海モノでもコレは凄い味方ですよ!!

  最近はバリが(アイゴね)バリバリに増えてきているし、夜ではゴンズイの猛攻も。
    また、この界隈でもガンガゼやヒョウモンダコまでも偶に目にするので・・
        海の道具の中にも忍ばせておくことをお勧めします。。。

  そのころ子供はというと・・・リムーバー(ボクじゃなくパパで)役に立ったじゃん!
      家で予行練習しておいたのが役に立ったねぇ~~ ですって^^。。

  そんなことで・・明るい時間の釣りは終了とし、暮れてからは秋イカの調査開始。。

   生憎・・遠くの空が雷でピカピカ状態となり、不安定な天候になる中・・・
   数名並んだエギンガーに紛れ、子供とシャクリ始める。。潮が効かないので
   雰囲気が無いなぁ~~と想っていたけれど、多少変化があるレンジに置いておき、
     きき気味にシャクリを入れてアタクシ、コドモにゴメンと言いつつ一杯目。。

イメージ 7

  子供も俄然ヤル気モード全開となる中、無情にも不安定な空が更に怒り出し大雨。。

 一時間以上の車待機を強いられ・・翌日の部活のこともあるので今回は諦めさせる。。
 ならば・・・と、最後に悪あがき。。 雨の中やることかなぁ~~なカニ捕り。。。^^

イメージ 8

          こちらは結構遊べ・・釣り?捕獲??終了。。

  秋一発目なので・・様子見程度ということでしたが、それなりに収穫はありましたし、
  リムーバーが、海の毒モノにもかなり使えることが分かっただけでも◎でした。。



 ロッド D社 Saltist ST-EG862 I トーナメントZ2500 Egi Specialスプール
 ライン キャストアウェイ PE 1号 フロロ 2.0号  エギ YO-ZURI アオリーQ
 子供> D社 Saltist ST-EG76    REVROS 2500 RapalaのRAPINOVA-Xエギング1号
                          ゴールドサクラエビ他、 3.5寸

            【このイカ&カニの食販はこちら


     今日は川近くに用事があったので・・ついでに相模川の様子見。。
   ココは今年から相模川水系漁期延長、あゆ特別採捕 も試みているので
  その様子も兼ねて一通り見て歩く。。 川の状況は、前回の台風24号の影響が残り
   およそ15cm高の白濁り。 まずは競技地区の高田橋上流・小沢頭首工方向。

イメージ 1

   一時は2000t超えの放水もありましたが、今回は堰の決壊は大丈夫だったみたい。

イメージ 2

 それと高田橋前後。こちらは川底の様子は分からないけれど、雰囲気は変わったかな。

イメージ 3

        次に下流側へ向かうも・・その途中が凄い事に。。。
 それは・・左岸のサッカー場に増水の流れがぶつかったようで・・背丈ほどエグれた。

イメージ 4

   しかも・・地面のところどころがグズグズで・・四駆以外スタック注意報。。

         肝心の一本瀬はというと・・こんな具合。。

イメージ 5

  流れはさすがに2000tの出水後。 今年の人気ポイントでもあった瀬落ちの中州も
       今回は完全に流れちゃったかな・・みたいに見えます。。

  濁り具合は大分回復してきまして、相模の釣りの範囲内までは戻った感じだし
      岸寄りの石には真新しいハミ痕がしっかりと乗っている。。

イメージ 6

             それと・・至る所に丘バミの後。。

イメージ 7

  もう時期も時期なので・・・一日のうちでどのくらい追う時間があるかは分からず、
   掛かるのかどうかもハッキリとは言えませんが、魚だけは結構いる雰囲気。。。

  帰りに囮屋さんで、延長特別採捕のお話を伺いまして・・ひとまず川見終了。。

 残念ながら、釣り人の(延長登録済みの)姿を見かけることはございませんでしたが、
         状況的には・・やってやれなくはない感じ。。

   ただ、多くの方々の本音は、延長日釣り券を買ってまで・・といった声も
            聞こえてきそうな雰囲気でした。。。

  本日14日をもって相模川水系の鮎掛けも(あゆ特別採捕以外は)終了となります。

 今期は遡上が良かったので、川は現在も小さいながら、相当数のアユが居るモノと想われ
      ここで終わってしまうのは非常に残念といった感じでしょうか。。

 そんなことで・・今シーズンを簡単に振り返ると、遡上数は過去をみてもトップクラス。
   ただ、アユ量は数字上の話であって・・友釣り対象のアユか?となると・・
 6~7月は魚も小さく、とても相模川は絶好調とは・・大声で言えないくらいの川状況。

 とにかく魚が小さすぎる。。そんな中での苦肉の策が・・いかに仕掛けを細くするか。
 10cmの囮アユをどう機嫌良く泳がせるか。 で・・ハナカン周りは友釣りを始めて初の
 0.4号フロロ投入。水中ナイロンも0.125~と、とにかくフワフワ泳がせることも多かったし、
 最終的には、水深の関係から0.125より使い勝手の好い0.2の方が出番も多かったかな。

  こんなことでもして・・小さいながらも楽しく釣ろうかと割り切り、遊んだ結果・・
   結構数は出てくれまして、尾数だけは2004年(H16)ぶりの1000尾到達。。

……………………………………………………………………………………………………………
             2018 鮎釣り
 
 相模川 19回釣行    1033尾  毎釣行平均 54尾
                    (最高尾数は78尾)
…………………………………………………………………………………………………………… 
 その内訳も・・たぶん1000尾のうち、1/3以上はナイロン泳がせで掛けた魚かな?。。
 といった具合に、割り切れば結構この手の釣りも好きですし、楽しめた年でした。。


   今年も川で沢山の方々にお声掛けを頂きまして、ありがとうございました。

  シーズンも後半の さぁ~これからというところで来てしまった二つの台風に
         泣かされっぱなしの年になってしまいましたね。。

 また、時には・・こんな小さいの釣って何が面白いんだ?と・・半分怒って相模から
 帰られる方もおられたことも事実でしたので、webで現状を正確に伝える事の難しさも
 改めて感じさせられたシーズンでした。特に魚が小さい年は・・webも釣も難しい。。。

  このBlogも10シーズン続けてきたので、いっその事、10年一区切りとしようかとも
               考えたりもしております。

 ただ、そんな中にあって❝小さいけれどおかげで釣れました❞と言っていただけると
 本当にありがたくおもいます。 今年は延長特別採捕があるので、もう少し遊べますが
 私は一足早めのシーズン終了としました。。 皆様、2018鮎、お疲れさまでした。


       この週末で県下のアユの漁期もひとまず終了なので・・・
      禁漁前になんとか川も復活を・・と、願ってはおりましたが、
            やっぱりダメな状況変わらず。。。

      水は先日の(9/30~10/1)にかけて流した2000tの放水⇩から

イメージ 1

                    ⇩

イメージ 2

          放水量だけは・・この約10日で40t台まで絞られ、
          平水+30cm程度まで落ちたには落ちましたが・・
   強烈な濁りは現在も続いており・・計算上でもまだ10日以上はかかる計算なので、
           たぶん・・今年からテスト的に始まった
    相模川水系漁期延長、あゆ特別採捕 期間にも間に合うかが微妙。

     ただ、同水系でお隣の中津は現在釣り可。 となっていますので、
     今年の延長は中津用かな??なんて話もちょくちょく耳にします。。

  十数年前は・・相模に水が出れば引くまでの間、中津にはよく入っておりまして
  場所等も結構知ってはおりますが、どうしようかなぁ~といった雰囲気ですね。。

          漁期延長登録も、するにはしてありますが・・・
      このまま終わっちゃうかも?もありそうな感じでしょうか。。。

      今季のアユ釣りも終盤に差し掛かった頃、丁度掛け尾数も・・
      大台の1000尾が大手となって、とりあえず1000尾は達成。。

    すると・・家に帰るなり、子供(嫁はんも)> 大台❝釣れたの??
    ❞やったぁ~~これでまたディズニ~ランドだぁ~~♪♬♪・・・。。

  アタクシ> ん? え”・・アンタタチ・・なにか勘違いしてない??もう1000尾分は・・
     前倒しで夏にオごったでしょ~・・SEAのパイレーツ・サマーに・・。

   すると三人が一緒になって・・えぇ~~そうだっけ? みたいな態度。。
  ほら・・早くに行っちゃうと ろくなことが無い。。。^^de・・もう一度。。。

  今回は35Happiest Celebrationで、しかもディズニ~ハロウィ~ン中のランド計画。

      早朝5時台に家を出れば、行き道には一時間もかからないので
  ここ数年は・・まず間違いなくミッキーエリアの立体駐車場へとめれていたのに・・
     今回はあと数台の事で屋外駐車へまわらせられ、予想外の出足。。

        この時点で、もの凄い人出であることも一目で分かる。。。

   そして・・ディズニーランドIN。。 開園と同時にドドドっと流れ込み・・

イメージ 1

       ワールドバザールから望むシンデレラ城方向は凄い状態。。。
            空いた一瞬でとりあえずパチリ。。。

イメージ 2

 朝一からパス券をとりに走るも、二度目のパス発行時は既に夜の9:45なんてことに。。

         やっぱり凄いぞ連休Disneyハロウィ~ン。。。
               仮想組もイッパイ。。。

    この時点で動き方を変更。 多少空く夜までアトラクションは二の次とし、
            パレード・ショー中心へと切り替える。

   そんなこんなで・・昼のパレード❝ドリーミング・アップ❞はこんな感じ。。。
             まずはミッキーとプルート。。。

イメージ 3

              そして・・次がミニー。。。

イメージ 4

    その間に・・プロジェクション・マッピングの鑑賞場所抽選も済ませ・・
        今回も運よくキャッスル前の鑑賞エリアが当選~♪

  夜の部としては、ある意味メイン的だった・・ナイトタイムスペクタキュラー
      『Celebrate! Tokyo Disneyland』は簡単にこんな感じ。。。

               ド~ンとなって始まり・・・・

イメージ 5

                綺麗~~になって・・

イメージ 6

                またド~~ん。。

イメージ 7

            そして最後に鮮やか~~になる。。。

イメージ 8


      この公演時間はね・・pm9:15分からの20分ですので・・・
    終るとかなり遅いですが、まぁ~~綺麗ですので、時間に余裕があれば
  良いのではと想います。 そんなことで園を出たのは毎度のpm10:00過ぎでしたが、
      子供達(嫁はんも・・)疲れ知らずで遊んでいた一日でした。。。


     昨日は子供の部活の関係で・・釣りに行けたとしても夜モノ限定。
    ホントはね、そろそろ海モノ調査で青物や秋イカなんてのも案にはあった。
          けれども・・台風からの強風で海はダメ。。

  そんな時、我が家の飼っている子ウナに目をやると、いつもはチンアナゴのように
           潜っていることが多い子ですが・・・・・

イメージ 1

   この数日の暑さもあってか・・出てきているし、餌も元気にバクバク状態。。

イメージ 2

 エサは主に餌用の川魚(モツゴね)。ちょっと冷え込んだりすると口にしないけれど
  逆に暑い日が戻ると急に食べだす。。 コレは自然界でも同じはず??で・・
        そろそろ終盤ではありますが、ウナギングにケッテイ。。。

    ドバ様の宝箱にも元気なのが結構居りまして、ありったけ掘り返してGo。

イメージ 3

    川へは暗くなる頃に入り・・ベストな時間は別モノのオンパレード。。。


イメージ 4

                 次が定番の・・・

イメージ 5

      その次は・・アタリが好かっただけにガッカリのヒゲちゃん。。。

イメージ 6

      やはり夏の暑さが戻ったので・・・エサ取りも半端ない状況。。。

      これらを全て×2のペースで掛けてしまい・・・ダイジなドバ様が
   一つ・また一つと減る中、やっと子供>キタぁ~~~~コレはウナだよ!の声
          あがって来たのはイイサイズのウナウナ。。。。

イメージ 7

   この後、時合かな?で・・・結構無駄なく攻めるもまたしても別モノに遊ばれ
              打つ手が無くなり釣り終了。。

イメージ 8

  良さげな感じだったので、もう一本くらい出るかな?と・・隣で見ていましたが
        それなりに難しい時期になってきた感じでしょうか。。。
……………………………………………………………………………………………………………

ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ14号> 餌、ドバミミズ
                       ※ドバミミズの保存法はこちら

※それと・・行きがけに観た相模川でしたが、やはり2000tの出水はスゴカッタみたいで
 あぁ~~こうなっちゃうよね~、といった感じの濁り具合でした。(なので写真ナシ)

   二年程前、チョッとしたことがきっかけで急遽購入となったドライブレコーダー。
   【その時の記事はこちら】少し前までは問題なく動いていたと思うのですが・・
  よく見ると録画が14秒のところで止まっている時がある。点滅はしているけれど
  なかなか進んでくれない。。1ファイルが一分(60秒)なので、14.15..16と
 数字が進まないと多分撮れてナイ? まぁ~ 毎日車も使うし、二年以上動いていたので
    そろそろソノ時が来たのかな?と思い、後継機種をいろいろ物色。。。

     その中で、とりあえずドラレコ分野の二大メーカーに今回は絞る。。
  一つは【コムテック】それともう一社は【ユピテル】。 ただね、、見比べても・・
   正直、そう変わるモノでもないのがこの手のモノでして、一つ言うならば・・・
   前回の時、時刻が結構狂ったので・・時刻合わせがいらないGPS機能のモノを
      で・・・結局、今回はユピテルのDRY-ST2000cにケッテイ。。。

イメージ 1

      それと・・購入場所ですが、今回は大型カー用品店ではなく、

      延長保証の得られる大型家電量販店を利用。。 聞くと・・

   小型電気物は三年が一つの壁的なところもあるそうなので、三年への延長は
   有った方がイイらしい??ということで、先ほど早速取り付けておきました。

   あまり役に立たない方がいいモノですが、無いと不安なモノでもありますね。。
          特に最近はそんな気がしてならないデス。。



      相模水系の鮎時期も一応、あと十数日残ってはいるのですが・・
    昨日の台風(24号)接近で・・強制終了とも思える出水となりまして、
            上のダム湖の放水も一時、2000t超え。。

イメージ 1

           ーは流入で が放流

      この数字は昨年の10月半ばの2100t超えに次いで過去二番目。
       水位は計算上でおよそ3.5m+-。 今朝の相模ライブも・・
               平水位⇩と比べて ➡ こんな具合。。。

イメージ 2イメージ 3










      それと、流入量も・・昨年10月の2400t超えと ほぼ同クラス。
    たしか、うん十年に一度と言っていたのに・・二年連続となりました。。

    昨年の時も、回復には約一ヶ月かかっているので・・たぶん今年の
  試験的なアユの漁期延長案の、特別採取も・・これで絶望になっちゃったかな。。

     初年度だったなのにちょっと残念・・・といった感じでしょうか。。
  いづれにしましても・・次の(25号)は少しそれてくれることを願いたいですね。。




このページのトップヘ