鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2018年11月

      前回の子供との釣行時に・・子供が獲った数枚の海苔メジナと、
    アタクシが運よく掛けたマゴチは釣り上り時にサクッと〆て持ち帰る。。
  そして・・晩のうちに、まずはマゴチからパラパラっと包丁を入れ、こんな具合に。。

イメージ 1

   続いて良いサイズの海苔メジナを数枚三枚におろし、こんな状態にしておく。。

イメージ 2

     あとの数枚は煮つけ用につくっておき・・とりあえず真空冷凍。。

      そして後日、海苔メジナとマゴチの薄造り・・完成です。。

イメージ 3

  マゴチは中央のキモの右側二列かな?といった具合に・・やや少なめでしたが・・
   その代わりに・・・アラと半身は鍋用にこしらえ・・後日、今度は・・・
             コチ鍋として主役で再登場。。

イメージ 4

  コチは刺身もいいけどヤッパリ鍋かな?特にこの時期は間違いない旨さ。。。とは・・
                 子供の一言。。。^^

       そんなことで・・今回も美味しくおいしく食せました。。。

           【このメジナ&マゴチの釣行記はこちら



    昨夜は遅い時間帯からの磯入りでした。 場所は三浦のウエーディング磯。。
 現場は既に潮位も下がり、手前を打ち終えた方は帰られた様子で濡れた足跡だけが残る。

  遅い時間のみの出撃も、遅潮なので・・二時間少々は撃てるかな?で即、入水。。

       しかし、開始からの一時間は・・ほぼサヨリんグ。。。
   そう沢山いた訳でもなかったのに、段々と潮がタルみ・・派手に接岸した様子で
     チョイの間に背中のタモ内はサヨリ群。。。しかも皆、大型揃い。。。

イメージ 1

  コレはマズイ・・水面直下はサヨリだし・・コノ層を早くに突破しなければ・・で、
  手持ちで一番潜らせられるルアーを根掛かり覚悟で通すと・・替え一投でゴン!!
         今期の4本目となるシーバスは70UPの磯マル。。

イメージ 2

  魚をストリンガーへ繫いでドボンさせておき、似たような釣りで今度はカカカッと
   ちょっと派手目にアタる。。 バタバタっと跳ねっ返り、二本目は小ヒラ。。。

イメージ 3

    銀ピカの魚体はまるでサツキマスのよう。。サイズも丁度そんな感じ。。

    この時点で釣り始めて1時間半ぐらい経過。。 潮位もソコリが近く・・
   だらだら潮だった流れが更に緩くなった頃、コースを変えてみたびのグンっ!

 アテた瞬間からバババババっと派手に数回エラを洗う。サイズは一本目と似たサイズ。

イメージ 4

  並びにはちょっと離れた側に二名のアングラーがおられ、自身はここで釣り終了。。

イメージ 5

    サイズは75~6cmではありましたが、状態の良い固体でサイズ以上に
  いい竿曲がりでしたし、実質二時間チョイでしたが、よく出てくれたと思います
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
gu:s 125F タイドミノースリム140 st-46-4 他・・



     昨夜は少し遅い時間から・・二時間ちょっとを目安に撃ってきまして
            ヒラ&磯マルはこんな感じでした。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


  昨日(日)部活がオフになったのをイイことに・・よぉ~~し メジナシーズンIN!
  と・・張り切る子供。。 そんなことで今シーズンお初の海苔メジナ狙いへGo。。
  まずは・・(まだ少なだけれど)二人で必至に海苔エサ採りをし、最低限は確保。

  コマセはこんな具合に・・お昼前はオキアミ餌、頃を見て海苔へ移行する作戦。。

イメージ 1

  海は水色も良く、適度にウネっていて大変良さげ。 一流し目から可愛いメジナ。

イメージ 2


    竿出しは子供のみで、アタクシはコマセまき係。。ひとまず自由にやらせる。
   エサ取りもかなり多いけれど、他魚5~6尾に一ピキはメジナが顔を出す感じ。。

  それと子供の竿も、今季からちょっと長めの4.5mのフカセ竿を初めて振らせてみる。
   すると・・おぉ~~長い方がソレっぽいね~~ イイ感じダヨと超ご機嫌。。

  とりあえず良型での竿曲がり、青い空をバックに撮ってみようか??deスタンバイ。。

イメージ 3

       しかし・・・カメラを構えた後、5連発でスカと別魚。。。

  子供> ボク・・プレッシャーに弱いなぁ~~と ブツブツ・・
  アタクシ> もう20分、この格好で待っているんですけど~~ 早く掛けろ~~
      で・・やっと、よぉ~~し キタぁ~~ の絵ずら・・

イメージ 4

  けれども・・・あれよあれよで段々とノサれ始め・・まずい不味いと立て直し・・

イメージ 5

        なんとかタモへ納まったのは30cmUPのメジナ。。

イメージ 6

    このあともオキアミで数枚を追加し・・ 最後の二時間は海苔餌投入。。
       すぐにアタリも出始め・・30cmUPを立て続けに数枚。。

  ただ、海苔餌はまだハシリなので手持ちに余裕が無く、今回も餌切れかな~~と
          思っていたところで35cmUPも顔を出す。。

イメージ 11

        この後、もう一枚同クラスを獲り込み餌切れ納竿。。

イメージ 7

               30cmUPはこの5枚。。

イメージ 8

  そして第二ラウンドのメバ・カサにシフト。。ここで初めてあたくしもロッドを振る。
 小磯がらみの地ですが、ヒラメが接岸する時期でもあるので、ややコレに期待しキャスト

  すると私>・・・コンコン、グっとアタり・・・よぉ~し 乗った!と声を掛ける
    大きさはまずまず。ライトロッドなので慎重に寄せ、子供がネットをかまえる。
 浮いた魚をみて・・おぉ~~サメ?? ん? マゴチマゴチ・・ デカいよとネットIN
            マゴチは50cm近いイイサイズ。。

イメージ 9

        子供も数ピキめばると遊び・・第三弾のタコングへ。。。
 しかしこちらは・・タコさん、居たには居たのですが・・危ない種のヒョウモンダコ!

イメージ 10

   最近、この界隈の潮だまりにも、かなりいますので・・十分注意してください。。
  といいつつ・・子供、おぉ~~~スゴイ綺麗だぁ~~~ なんて長いこと遊んでまして
     コレにて無事に・・・長い長い子供の磯遊びも終了となりました。。。
……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号 
   オキアミ>      二段ウキ仕掛け、ハリス1.2号 伊勢尼5号
         海苔>  遠矢ウキ、2号中・シーガーエース 2号    寒グレ7号
  マゴチ>   D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 1.4g

             このメジナの食編はこちら
            マルキューさんのHPがこちら


        昨日は 子供の今季お初の海苔メジナ狙いで地磯へIN。。
            とりあえず子供、爆釣でこんな感じ。。。

イメージ 1

           詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


  ついつい食記事が遅れがちになってしまいますが、正確には前々回の磯マル時・・
   偶々遭遇した良型サヨリ群。 どのみち磯マルを狙っても無理そうだったので、
   どうせダメなら食材でも確保しようかと・・セッセとおかずのサヨリ釣り。。。
     数にして10数本を捕獲し、コレを持ち帰ってからこんな具合に。。

イメージ 1

    この状態から適当な長さに包丁を入れていき、揚げ物用にこしらえ・・
        こんな感じに、サヨリの天ぷら出来上がりです。。。

イメージ 2

     この魚は・・食材的には磯マルよりも確実に喜ばれるモノでして・・
    ある意味、この地の裏本命的な魚。。。ということで、今回も皆には・・
   やっぱりサヨリは(他よりも)美味しいね~・・と、本命の顔は見れなかった
 者としては、なんとなく複雑な心中でしたが、どうであれ美味しく食せた海モノでした。

            【このサヨリの釣行記はこちら


   昨日の海苔メジナ様子見釣行の後、ホーム磯に残って磯マル&ヒラを狙うか・・
   ウエーディング磯へ向かうかで迷いに迷う。。 すると、場所空き待ちの方の姿。

 自身の恰好はというと、上物狙いだった為・・まだウエーダーもゲームベストもナシ。。
 なので・・車に戻っていると確実に撃つ場所もナシ。。 ということで動きケッテイ。。

   ただ、一つ問題は・・車止めの問題がちょっと心配で少し時間をかけて探す。。
          そんなことで・・撃てて二時間となる。

  現場は比較的距離を置き、自分を入れて4名・・時折ライトが点くことで確認できる。

  打ち始めてスグに前回・前々回とまるっきり違うことに気付く。それはサヨリの数。
   このところの数の10分の1以下。 時折ザワつくので居るには居るけれど・・
 コレは今がチャンスでは? たぶん後になって・・サヨリが湧くまでの時間が勝負だったな!
    と・・なり得そうな雰囲気なので・・とにかく丁寧に丁寧に通していく。。

 そして・・開始から1時間、サヨリが数匹掛かってきて・・ちょっと集中がキレかける。
  頭の中は、帰ってからメジナを捌く時間も必要だから・・撃ててあと一時間が限度。

 そう考えながら・・もう一度、順に通してゆき・・やっとガクン!とティップが入る。。
   エラ洗いの重量感はランカークラスだったので・・慎重に寄せ、ネットIN。。

イメージ 1

   今期の三本目の磯シーバスは、コンディションのいい75cm磯マルでした。

イメージ 2

    太い個体だったので・・てっきりランカーかな?なんて期待するも・・
    どう測っても全然ではありましたが・・運よく出てくれた一本でした。

   ここで・・案の定、自分の前は潮がタルミ・・サヨリ天国となり納竿。。
      海苔メジナと磯マルの二刀流も双方ともに出てくれまして、
              運もよかった気がします。。
……………………………………………………………………………………………………………

  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】125F>黄色チャート / ST-46 -4


    昨日は単独で・・まずは今期の海苔メジナの様子を見に行ってみる。。
    ただ、潮位的な面と時期的な面も含め、まだ海苔があまり採れない。。

 そんな中でも頑張って頑張って採り、コマセと合わせて二時間分くらいは確保し磯入り。
        コマセの約7割はオキアミ用なので・・こんな感じ。。

イメージ 1

         釣り初めからオキアミが10秒と持たない状況。。
     餌を盗っているのは海タナゴやアイゴの他、よく見るとスズメ群・・
     綺麗なオヤビッチャまで釣れる。。まるで南の海のような雰囲気。。

イメージ 2

   コレはマズイな・・で根際限定。 ポツリポツリとメジナが掛かり出し・・
           数枚目には運よく30cmも顔を出す。。

イメージ 3

   ただ・・コマセが効いちゃうと、どうしてもこの子たちが餌に着き始める。。

イメージ 4

   次にエサ取り覚悟で流れに狙いを変えると・・サァーっとラインを持っていき、
             小ぶりだけれどオナガも数枚。。

イメージ 5

         ここで少し小休止とし、いよいよ海苔餌投入。。

  立ち浮きに替え、二ヒロから様子をみると・・ウキが馴染む前にシューっと沈む。。
  アレ?オモリ負荷間違えてる?? と・・一度回収しようと巻いたらグングン。。。

  これは外れちゃいましたが・・おぉ~~ なんだ、アタっていたのか。。。で・・
  一気にヤル気モードスイッチON。。。 次の次の流しで・・好い感じでシモリ・・
        今季お初の海苔メジナは34.5cmのまずまずサイズ。。

イメージ 6

 ここで一つ問題が・・・そう、あまり採れなかったので海苔餌が絶対に足りなくなる。。
 そう思いながら釣るのは本当に心細い。。現に一流しで着けた海苔はアタリが出なくとも
 確実に半分になって帰って来るので・・凄い消耗。 多分小さいメジナも相当盗ってる?

   そこで・・やや早合わせ気味にホイっと合わせてゆき・・4枚追加したところで
   無念の餌切れ。。。 コレは何とも情けないけれど、どうにもならず。。。
  最後はオキアミでベタ底を狙って・・黒鯛調査をするもアイゴ祭りとなり終了。。

イメージ 7

      結局、オキアミでは30cmを頭にキーパー外も含めて5枚かな。。
        それと・・海苔餌は殆どが30cmUPでこちらも5枚。。

     この地はまだ海苔着きが遅れているけれど、海苔さえ採れれば・・
          日によって楽しめそうな雰囲気ですかね。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~2号   2ヒロ~  ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

   この後は2時間程磯マルも狙ってきましたので・・こちらも時間ができ次第。

            【この海苔メジナの食編はこちら




       今日は、まず海苔メジナの様子をみて・・こんな感じ。。

イメージ 1

      暗くなってからは磯マルを二時間程撃ち・・こんな具合でした。。

イメージ 2

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


       日曜日に組まれていた子供の部活が・・急に休みに変更。。
    聞けば(土)の内容がハードだった?ので体を休めろみたいな感じ。。
 来週は新人戦だったりもするので必要なことなのかな?ひと昔前なら逆じゃないかな?

   そんなことを想っていると・・子供>よぉ~~し 海で体を休めよう!おぉ~♪
         やはりこうなるか・・・de 午後から海へIN。

   まず、明るい時間は本命カワハギの、その他はいろいろ狙いで・・こんな感じ。

イメージ 1

 子供は狙い通り釣りに来れたことがモロに顔に出て・・開始からずぅ~っとニタニタ顔。。。

      ただ、釣り自体は本命の顔は見れず・・別魚はこんな具合に
      まずは通称オジサン(ヒメジ)子供が釣ってもオジサンね。。

イメージ 2

   次はメバル→カサゴ→ベラ各種→毒魚各種・・で暗くなり第一ラウンド終了。。
                逃がす前の魚がこちら↓

イメージ 3

   第二ラウンドはエギング。 しかし・・こちらは潮が全く効かず期待薄の中・・
            唯一、子供が乗せたのがこのタコ!

イメージ 4

     そして第三ラウンド突入。 といっても、翌日は朝練があるので・・
  実質最終ラウンドのメバ・カサ。。 ここで初めて前記事の磯スパイク実戦投入。。

  使用した感じも申し分なくて子供>おぉ~~滑らない!と気に入った様子でしたが
  釣り自体は潮もなく・・アタリも無く・・といった感じで泣きの延長戦突入。ヤッパリ

       で・・・ワタリングはというと・・ こんな感じで。。。

イメージ 5

     こちらは毎度のごとく絶好調となり、今回もうまいこと締めくくれた
              子供の海遊びとなりました。。。


       今年も子供の磯シーズンが始まろうとしておりますが・・
    ただ今年も・・昨年同様、部活やら用事やらで出撃回数は限られそう?

     そんな中にあってちょっと気になっていたのが磯用のシューズ。。
 以前はまだ足も小さかったし、動きやすさ重視でこんな感じのモノを履かせてました。
  けれども最近になって・・足もだいぶ育ち、そろそろ Sから→Mクラスまでに。。

   こうなると本来の釣用スパイクの中からの選択数も増えてきたかな?な感じ。。
   まぁ~~まだね、スグに育つであろうし、スパイク自体にも慣れていないので
    手始めに手ごろなモノを探し始める。 そこで選んだのが・・・コレ!

イメージ 1

     品は阪神素地のスパイクシューズ・ハイカット(マジックタイプ)
  阪神素地はアタクシも鮎用のスパイクタビを愛用しており、結構気に入っている。

 それにコレは・・子供にはありがたいマジックタイプなので紐ほどけ等の心配もナシ。
  また、うちの子は・・足の甲も広いので・・・甲の部分のマジック調節も。。
    ご機嫌で家の中を試しに履いて・・フローリングは傷だらけ。。^^

    そんなことで・・次回の磯入りからはオニュ~スパイク投入だぁ~~と
      意気込んでおりましたが、さてさてどうなるでしょうか。。。



  昨夜は仕事後に単独で磯へGo。 まず向かったのは小潮まわりでのウエーディングP。
  しかし、チョットしたことがあり・・車止めには停められず深夜になるのを待つため
 ホーム磯へ向かう。 ココはマズメから撃っておられたという先行者さんの姿もあるけれど
  お話ではサッパリ。。。もう丸二年この地は様子がおかしい感じ。。 けれども・・
     時間調整で一時間程転々とする。。 そこにNAKAさんがお見えになり、
       シーズンぶりのご挨拶。 お話ではエギ&メバの二刀流。。
          お話中、コウイカを秒殺は見事な出足し。。。

  アタクシはというと・・・二ヶ所目・三ヶ所目を観てまわり、シーバスっ気ナシ確認。。
 最後にもう一度深夜のウエーディングP。 しかしココは・・裏本命のパラダイスとなる。

イメージ 1

        まさにワンキャスト二本づつのサンマサイズのサヨリ。。。


  今回は前回に比べ・・手も足も出ない程のサヨリ群でお土産釣りには良いけれど
 対シーバスとなると・・多分ダメ。。今年はサヨリが大きい分、ちょっと厄介な面もある

       サヨリがある程度抜けないと・・マルは始まらないかなぁ~・・
             といったところで・・おかず釣り。。

イメージ 2

    けれども・・途中で痛恨のライントラブル発生。手で回収していたら・・
 ルアーは根にくっつき・・結構頑張ったけれど海に奉納。。ライン再起不能となり納竿


               結局お土産はこんな感じ。。

イメージ 3

   家に帰るなり・・ボクをおいて行くから・・と言われるであろう釣行でした^^;
        やはり抜け駆けは良いこと無いな~といったところです。。。

             【このサヨリの食編はこちら


   前回の子供との釣行で・・運よく掛かったアオリイカ&地タコ&その他は・・
  まずアオリイカからサクサクっと包丁を入れてお刺身用にこしらえ、こんな具合に。

イメージ 1

  と同時に、子シーバスも開いて半夜干しにして、お次が地タコを茹で上げる(写真ナシ)
           そして最後にワタリガニをカニ汁に。。

イメージ 2

 そして・・アオリイカの身をしっかりと寝かせた後、地タコと鮪スキミを添え・・
     下駄に盛り、アオリと合わせた三種盛り一人前はこんな感じ。。。

イメージ 3

  今回のアオリは食すには丁度好いサイズでしたので、身もネっとりとして食べ頃。。
     そんなことで今回も・・おいしくおいしく食せた海の幸でした。。



      昨日は夕マズメっ頃から海へIN。 場所は三浦の堤防各所です。
   天気も良かったので現場は多目的の釣人で賑わい、少しの間は空き待ち。。

  ただ、この時間を利用しベイトっ気の様子をみて歩く。 お話では、前日より・・
  はるかにイワシっ気が少ないヨ。 と、サビキ師の方が言っておられたのが気になる。

  けれどもこの釣りは潮さえ効けば雰囲気は出てくるので、とりあえずエギング開始。
  釣り始めから一時間、潮も効き始めた頃、やっと常夜灯にウルメの姿も見え隠れ。

  と同時に・・聞き気味にシャクっていたアタクシにグイっと一発、前アタリをもらう。。
 スグにエギを送ったけれど次に触ることはなく、この事を子供に伝え集中を高めさせる。

  そして・・ややあってラインを走らせるアタリ! で・・あぁ~乗ったわ~
         となりまして・・500gUPのアオリイカ。。

イメージ 1

  この後・・潮がたるむ頃まで子供は頑張っていたけれど、次は出ず・・エギ終了。

  潮位が落ちるタイミングで第二弾のメバリング開始。 ただコレも人が多くて・・
  空いた所探し。 その間、いくつかの所で子メバに遊んでもらえ、こんな具合。。

イメージ 2

 そこでアタクシも並んでロッドを振り・・小さなライズを見つけてバチャバチっと子シーバス。

イメージ 3

   コレに納得のいかない子供は・・粘り決定でメバ、一時間の延長も結果は✖。。

    そしてお次が・・潮位が無くなるタイミングで第三弾のタコング開始^^
    こちらも今回は・・何時ものようにアっ気無くイッパイ!とはいかず・・
           結構苦戦し・・やっとサでこのイッパイ。。

イメージ 4

   どうも納得のいかない子供は・・・最終戦までもつれ込み、ワタリング開始。。
     と同時に・・コレは得意なんだ!で・・型物を捕獲し始める。。^^

イメージ 5

     そして・・このところのストレスを全て解消し、気が済んだ頃には・・
       アタクシがヘロヘロ。。。 という・・子供の海遊びでした。。。


 ロッド D社 Saltist ST-EG862 I トーナメントZ2500 Egi Specialスプール
 ライン キャストアウェイ PE 1号 フロロ 2.0号  エギ YO-ZURI アオリーQ
 子供> D社 Saltist ST-EG76    REVROS 2500 RapalaのRAPINOVA-Xエギング1号
                          ゴールドサクラエビ他、 3.5寸
……………………………………………………………………………………………………………
ロッド・D社  TROUT-X 55UL レブロス2000 ・ADVANCE 5lb. OFTスクリューテール
            D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 1.4g

            【このアオリイカの食編はこちら


        昨夜は子供と軟体系&その他もろもろ狙いで三浦へGo。。
              とりあえずはこんな具合。。

イメージ 1

           詳細は時間ができ次第入れなおします。。。


    つい先日の磯入りで運よく掛かったヒラスズキ&その他もろもろは・・
 まずこの地の裏本命のサヨリから、持ち帰ってからスグにこんな具合に開いていく。。

イメージ 1

    そして、一回分づつの天ぷら用にこしらえ、こんな感じにして真空冷凍。。

イメージ 2

  次にヒラスズキ。 こちらも晩のうちにサクサクっと包丁を入れこんな感じに。。

イメージ 3

  ただ、ヒラの場合、気になる事がありまして(例の虫ねコレを念入りにチェック。
  今回の個体は小さかったことも幸いしてコレは大丈夫だったことと、サイズの割に
          脂っこい良身質ということで、お造りケッテイ。。

      後日、身がしっとりしたところで下駄に盛り、こんな具合に。。

イメージ 4

        今回は前回の子供との釣行で乗せた地タコも添え・・
            ヒラスズキのお造り、完成です。

イメージ 5

      ヒラはちょっと小ぶりでしたが、丁度下駄サイズということで・・
     子供の一人前にはぴったりサイズ。。 そんなことで今期のお初ヒラも
               美味しく食せました。。

            【このヒラスズキの釣行記はこちら


   昨夜は仕事後に三時間程浸かってきました。場所は三浦方面のウエ~ディング磯。
    風予報も向かい風ですし、潮まわり的にも早潮なので潮位高は承知の上。。
  ただ、オニュ~(前記事のウエットジャケね)のウエットの具合を見るべく入水。。

  すると・・遠くの空がピカピカと光り出し突風にも似た風や雨等で海は大荒れ。。
          お一人おられた釣り人も即、上がられる。。

 開始早々にいったん上がり、木の下で雨宿り。 けれども・・早潮で時間も限られる。
        どうせずぶ濡れ覚悟の釣りなので波に向かってGo。。

    すると・・・向かい風で寄せられ始めたのか夥しい数のサヨリ群。。。

イメージ 1

   ワンキャストで全てのフックに掛かって来ることすらあるガシャ掛かり。。。
       暫しの間はサヨリんぐ。。 あっと言う間にこんな状態。。

イメージ 2

        中には45cmオーバーも混じり、サンマよりもデカい。。

    ここ数年では一番大きいので、シーバスのベイトにはならない感じだし、
   この状況は正直言ってシーバスには✖。糸アタリやフックスレ等も凄いので・・
  第一に集中力が続かない。。 また、投じる距離も向かいからの強風で飛ばず・・
   リーリングも30回巻くとルアーはもう目の前。 単純に30m弱の飛距離なので・・
    サヨリ群を越せない。。 従ってワンキャスト・トリプルバイト。。。

    背中のタモにその都度ポイポイ放り込み、20本以上のお土産サヨリ追加。。。
  ただ、いかんせん波にもまれて重くなるし、正直、背中が抵抗で揺られ波に酔う。。

 ここでお土産釣りも終了とし、一旦サヨリの頭を落とす為 岸へ。(こうしないと、
 ビニールも穴だらけだし、エラに居るヤドリ虫タイノエみたいのね)も出てきちゃう)
         なので・・全てハサミで落としてジップへIN。

 ここで海を見て作戦会議。一番の理想はサヨリ群を越して、又は避けて投げられるか。
 コレは飛距離が出ないので無理。 ならばサヨリが居ない所探し。これも難な程居る。

   で・・出た答えがルアーを巻くとサヨリが掛かるので・・巻かない作戦。。
  漂わせてティップに聞く程度・・でカカカッと当たり、バタバタっと派手な跳ね。

   魚はヒラっ子。前回いい加減な取り込みで外れてしまったのと同サイズ。。
  今回はやっとキタぁ~なので・・ややダイジニダイジニ寄せ、ダイジにタモ取り。。

   今シーズン二本目の磯シーバスは、今季お初のヒラスズキ(小)でした。。

イメージ 3

 サイズは長いサヨリとほぼ同クラスの45cmではありましたが、状況を考えると十分。。
        打つ手が限られる中、奇跡的な魚だったかと想います。

   それと、ウエットジャケの使用感ですが、首からさえ入ってこなければ・・
    厚手なので全く寒くないですし、今までのよりは無理も効きます。。
……………………………………………………………………………………………………………
  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】125F>黄色チャート / ST-46 -4

            【このヒラスズキのお造りはこちら


  昨夜は予報に反して・・雷ピカピカ→突風→雨→海大荒れ・・となってしまいましたが、
           ずぶ濡れの中、運よく一本出てくれました。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。


  ネオプレーン製のジャケットというのは鮎釣り時の立ち込み用に使用するモノで、
   現に鮎カタログ等に載っていたりするし、コレが本来の使い方なのですが・・

イメージ 1

 最近は大川での立ち込み機会も少なくなったので、最近は海(ウエーディング時)の
  使用が殆ど。 ただ、手持ちのウエットジャケットも、もうかれこれ10年使用し、
  ネオプレ素材が収縮・硬化して機能的にはかなり低下。。 それを見て家族が・・
  そろそろ買い替えれば?みんなで買ってあげるからとなりまして、こんな感じに。。

イメージ 2

   品はD社のクロロプレンジャケット。 サイズは一般的な、Lサイズなので、
   もう(鮎時期がオフとなり)在庫の欠品が相次いでしまい、やっと探した次第。。

 それと・・・これから始まるであろう海時期の消耗品を少々。。。(コレは自費^^)

イメージ 3

   そんなことで・・10年ぶりに買い替えたウエットジャケットとなりまして・・
   コレで今期、胸まで水没も冷たくな~い。。といったところでしょうか。。。

 ※先手をうって・・ディズニ~ランドおごっておいたからイイことありました^^。。


昨日は子供の部活の都合により・・やや遅めの海入り。向かった先は三浦方面です。
まずは潮位の関係でタコング始まり。 しかし・・めぼしき場所は不思議とサッパリ。

 ここで・・アオリ狙いへとシフト。 しかし・・時折起きる散発ボイルでイカっ気はゼロ。
 子供も少しの間はこの散発ボイルで遊ぶ。しかし、逆に思いっきり魚に遊ばれる始末^^

 ただ、久々の海だったので・・やっぱり海は楽しぃ~~~♪♬と言いながら次へシフト。
    狙いモノの候補はいくつかあったモノの・・またしてもタコング再戦。。

       ここで・・やっとテンヤに乗せ、良いサイズが一パイ。。


イメージ 1

      けれども・・次が中々乗らず・・ 流石にあきらめ次へ・・。。

     そして・・悪あがきの第一弾。子供の大好きなワタリング開始。。
          コレは毎度毎度の絶好調でこんな感じ。。。

イメージ 2

 よぉ~~し次、何にしようか?? みたいな状態の中、私>次は・・すき家にしよう。。
 で・・日付が変わってから、すき家IN。 やっと終了となった子供の夜海遊びでした。
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号


    先日の今季お初の磯マル調査釣行で、運よく掛かったシーバスは・・
     現場で下処理を済ませて持ち帰り、晩のうちに三枚におろす。。

イメージ 1

   包丁を入れた感じでは・・脂も乗っており、刺身でイケる感じでしたが・・
  生憎子供たちは風邪っぽい?ということで温まるシーバスしゃぶしゃぶ&鍋ケッテイ。

イメージ 2

    丁度ハッピーハロウィンでしたが・・・我が家は土鍋登場でした。。。

     それと・・個人的に大好きなカマと骨身の炙りはこんな具合。。。

イメージ 3


   そして最後に・・〆は雑炊ときし麺のどちらに・・de、多数決によりきし麺。

イメージ 4

      そんなことで・・今期の初物も、ちょっと小ぶりではありましたが、
              美味しくおいしく食せました。。。

              【この磯マル釣行はこちら


このページのトップヘ