鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2018年12月

    今年も残りわずかとなりました。私は仕事上、本日夜の大みそかまで
    仕事ではありますが、このブログも無事に一年通すことが出来ました。

    いつも訪問くださっております皆さま、本当にありがたく思います。

     また、気付けばこのブログも10年がたちまして、本当は・・
    10年一区切り計画でもあったので、どうしようか正直迷いましたが、
   釣行記等、マイペースで続けていこうかと考えたりもしておりますので
         来期もお付き合いいただけたらと想います。

         では、みなさまよいお年をお迎えください。 
   
                                                                                 せんたくや



 昨日は子供が用事の為、アタクシの抜けがけメジナ釣行。 場所は三浦の地磯です。
 場所混みも予想されたので朝一番から向かう。 立ちたい位置にはタッチの差で入れ、
             今日はついている感イッパイ。
    久々に朝から入ったので・・遠くの富士も空気が澄んで綺麗に望める。。。

イメージ 1

        早々にコマセ支度に取り掛かり、今回はこんな感じ。

イメージ 2

   午前はオキアミ、次いで午後からは海苔へとシフトなのは毎度変わらず。。
  海水温も上がったり下がったりの・・丁度ポ~ンと上がったタイミングなので
     とにかくエサ取りの嵐。。 大半は このコッパっパめじな。。

イメージ 3

 仕掛けを根際に限定したり、コマセを一点集中したりして、まぁ~いろいろやってみる

イメージ 6

 その中から型にアタればいいかなぁ~的な数打てば・・作戦。 で、奇跡的に30UP。。

イメージ 4

   いつもは子供のウキばっかり見ているけれど、今は自身の釣なので実にオモシロく、
  どうであれ・・・アタリウキがスパッと入るのは気持ちよい。午前は同クラス二枚。

     ここで・・・お昼となり、顔見知りの通称オヤっさんが登場。。
 第一声から・・あらら息子さんおいてけぼり?! ええ・・そうなんです!と・・^^

        じゃ~イッパイ釣ってお土産にして帰らなければ。。 
  いやいや・・イッパイ釣ると反対に怒りそうな気も・・うちの子なので。。。^^;


      そこで、海苔餌有るの?私>古いですが・・で、これ使いな!と・・
              採れたて新鮮な海苔餌を頂く。。。

イメージ 5

       これは海が近くない私にとって本当にありがたいデス。。
    そして・・・昼過ぎから海苔餌投入。 一時間ほどでエサに着き始め、
      海苔餌特有のジワァ~っとしたアタリが棒ウキに現れる。。。

イメージ 7

      一枚目から35cmUPが顔を出し、立て続けに数枚が竿を曲げる。。

イメージ 8

    こんな具合でワイワイとやりながらマズメまで楽しみ、尾数は10枚ほど。。
             とりあえず30cmUPはこの5枚。。

イメージ 9

     まだ水温が高めなので・・ドカンと一発サイズは出ませんでしたが、
       釣り自体は一番面白いパターンだったかと想います。。。

 そして、帰り際にお正月用のタコさんでもちょっと狙おうかとテンヤでチョイチョイ
           スグにモワ~っと重みが乗り・・・とりあえずイッパイ。。

イメージ 10

           ここで・・2018の釣も無事に終了となりまして・・
            最終釣行も良く掛かってくれたと思います。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~2号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

               【この魚の食編はこちら


     子供に抜けがけ・・・海苔メジナで2018年の竿納めでした。。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします


      2018年の鮎シーズンは・・解禁当初からとにかく魚が小さく・・
     正直なところ、シーズン終了までに育つのかな?といった具合でした。

     ただ、その代わりと言ったらなんですがね、遡上数だけは凄くて・・
     ビリっこ掛けと割り切って・・飽きずに釣れれば、結構掛かりまして
     計算してみると、70尾以上の釣行が5回あったりと、凄いシーズン。。

      最高尾数は78尾。 30年6月9日 相模川・競技地区の瀬

イメージ 1

                【釣行記はこちら】

     そしてこちらが・・今期一番ペースよく掛かったのがこの日かな。。
     午後からの70尾超え。 30年6月6日 PM~相模川・競技地区の瀬

イメージ 2

                釣行記はこちら

    途中にドカンと台風が来てしまい、回復後も二発目の出水をくらって・・
    回復できないまま終了となってしまい、やや不完全燃焼の鮎時期でしたが、
    尾数的には2004年(H16年)以来のシーズン1000尾も達成できまして
             十分楽しめたシーズンでした。。


 また、台風でアユ釣りが出来なくなると・・一転して良くなるのが渓・本流の部門。

      その中から、好い釣りとなったヤマメ釣行も数回ありまして、
          まずは桂川帰りの道志川では こんな感じ。。
            30年9月2日 山梨県・道志川

イメージ 3

                釣行記はこちら

       それともう一つがこちら。 30年9月7日 山梨県・道志川

イメージ 4

                釣行記はこちら


     そんなこんなで・・平成最後の鮎・渓流シーズンも、まずまず楽しめ、
               よい年だったと思います。。

   まずい・・すっかり忘れていた。。 で、あわてて記事入れの子供総括。。

   しかし・・・システムトラブル?か何かでヤフブロ動かず、記事も一度ぶっ飛び。。。
    で・・少々短縮での入れなおし・・せっかく大作だったのに編。。

  子供にとって2018年は何かと忙しいシーズンとなり、一言で言うならば・・
  なかなか出撃予定がたてれない年でしたが、それでも何度かは渓流域にも入れ
          運よくいい釣りができたのがこの日かな。。。

         30年7月28日 山梨県 道志川 本・支流

イメージ 1

                【釣行期はこちら

      今年は子供にとってヤマメ釣り二年目のシーズンということで、
     出撃回数は少ない割に、それなりに数も出せ、よい年だったと思います。。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

        そしてこちらが、子供の大好きなウナギングからの釣行記。。

        まず数部門からは・・正確には一釣行4本というのが二回ありましたが・・
        その中から・・30年7月8日 某河川 ウナギ4本 他スッポン

イメージ 2

             【このウナギの釣行記はこちら

                そしてこちらが・・ウナの型もの部門
                                       30年9月8日 某河川

イメージ 3

              【釣行記はこちら

     2018年の子供の獲ったウナギは、8釣行で22本と・・今年も凄い年となりまして
     改めて、今年の夏もよく掛けたものだと・・ただただ感心するアタクシでした。。。

     そんなことで・・渓・本流も含め、楽しく遊べた子供の淡水モノだったと思います。。


   昨夜は仕事後に兄ぃ~と今年の磯マル最終釣行(予定)のつもりで磯入り。
  場所は三浦のウェーディング磯。潮も遅潮なので・・エントリーはpm9:00過ぎ。。
   ここから3時間ほど撃って・・・どうであれ締めくくりといった雰囲気。。

 とりあえず下げ潮三ぶくらいで入水。 向かいからの風が吹き始め、雰囲気が出てくる。
    そして・・キャスト直後、フケを取っているとカカっとショートバイト。。
   けれど乗らない! ・・ 次は巻き終わりにドン! もう目の前数メートル。。。
       ここでガバガバ・・ゴンゴン・・ グングングン・・。。。
      一度ラインを出して魚を落ち着かせ、ゆっくりとネットIN。。

イメージ 1

          シーバスはちょっと小ぶりな61cm磯マル。。

  そして・・このスグ後にもう一度ゴン! 今度はそこそこな重量感で激しく暴れ、
       ちょっとやり取りも時間をかけ、無事にランディング。。

イメージ 2

    今期の13本目のシーバスは一本目より多少サイズUPの73cm磯マル。。

イメージ 3

       若干細く映ってますが、二本とも完全なるプリ固体でした。。

  この2本で釣りは終了。。 一方、兄ぃ~はというと・・ショートバイト数回。。
         ダメだぁ~乗らない! で、こちらも終了。。。

      およそ三時間程度の釣りでしたが、まずまず楽しめまして・・
   潮状況と気圧配置からすると・・実質、2018シーバスもこれにて終了?!
       なんて思っておりますが、さてさてどうでしょうか。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
D社レイジー 95S  st-46-4 他・・



   昨夜は仕事後、2018磯マル釣行の〆のつもりで兄ぃ~と磯INしてきまして、
              とりあえずこんな感じ。。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。



     今年は暖かいせいか・・今一つクリスマス感もなく、街に出ても・・
     なんとなく暮といった雰囲気の薄い感じの12月となっておりますが、
         一応クリスマスということで、こんな具合に。。。

イメージ 1

  クリスマスケーキは仕事がら、お世話になっておりますケーキやさんで今年も注文
       大きさも8~10名用ということで、かなり大きめ。。。

  それと今回はもう一つ。コカ・コーラの、この季節限定、リボンボトルの・・
              ⇩ 500ml PETのリボンを引くやつね!

イメージ 2

                                             で・・・娘が当てた。。。
A賞:パティシエ 辻口博啓 監修「選べる 濃厚Wチョコレートケーキ」も追加。。

イメージ 3

          開けてみるとこんな感じで・・こちらもかなりデカい。。。

イメージ 4

  それと、あたくしも実は・・・B賞:「選べる ミルフィーユ 3本セット」当選~♪
     けれども・・(子供たちが)スグ食べちゃって写真ナシでした。。。

  それと・・・・子供のプレゼント。。 こちらは子供の大好きなメジナのコマセ。。

イメージ 5

 品はグレベスト。 コレは子供の釣りで総合的に見て一番多く使うお気に入りなので、
   子供にとってはある意味一番イイもの。。 ということで、今年も無事、最後の
          大物イベントも終了といった感じでしょうか。。。

              クリスマス イヴですが、とりあえず入れ忘れていた食編を一つ。。
  正確には前々回のヒラ・メジナの二本立て釣行時、うまいこと掛かった二種は
 まずヒラスズキから、しかしこちらは※例の虫チェックで見事にひっかかりこんな感じ。
                   画像 ※
イメージ 1

     量は・・取り除くのが難しいほどでしたので、さすがに諦める。。。
     うん~~ん やはりヒラは個体に外れると(>_<)だなぁ~~。。。

  そこで一種目のメジナへととりかかり、とりあえず良型三枚をこんな具合に。。

イメージ 2

        そして・・・翌日、こんな感じに盛り付ける。。。

イメージ 3

       寒メジナのお造り&肝和えの薄造り、出来上がりです。。

イメージ 4

     今回はヒラと合わせて盛り合わせるはずが、個体に外れてしまい・・・
   一種となってしまいましたが、その分メジナが脂も乗った良い固体でしたので
               十分楽しめた海の幸でした。。

       【ヒラスズキ釣行編はこちらメジナの釣行編はこちら



  昨日、子供が・・ボクこの休みで一日部活がお休みなのは今日だけなんだよねぇ~
  大潮だし、天気も(この時点では)雨が少し降る程度の予報だし・・で急遽、磯Go。

  昼ッ頃に現場に着くと・・・大雨。。 風は何とかなる程度だったので支度を開始。。
    予定では・・オキアミでスタートし、状況を見て海苔へチェンジする策。。

イメージ 1

  しかし、釣り初めはアタリも出ず・・・何かおかしな状況に水温チェック。。

  なんと前日比で2℃以上スコンと落ちている。。。ただ、まだ15℃台なので・・
  よぉ~~し、いよいよ寒メジナの時期がキタぁ~とポジティブに考える子供。。

イメージ 2

 けれどもなぁ~~異常に寒いし・・冷たい雨だし・・2℃落ちは正直キツイのでは?
 で・・沈み根周りだけを狙わせ・・・開始から一時間でやっとメジナの顔が見れる。。

イメージ 3

 こんな感じで・・ポツン・またポツンと掛かり出し、寒い中でも結構楽しそう。。。

   そして・・丁度釣り開始から2時間が過ぎた頃、デカいのキタぁ~の声。。

イメージ 4

 しかし・・・この後、ギュィ~~~~~~ン と一っ気に沈み根へと持っていかれ
           あ”~~~~~~~ ヤラレタ。。。の声

   ココで雨が強まり・・・体も冷え切ったので雨がしのげる所で暫しの休憩タイム
   結局、オキアミ餌はここまでとし、一度 活かしバッカンの魚をスカリへIN。。
    その時のバッカン内はこんな感じで・・25cmクラスまでを10枚ほど。。

イメージ 5

   そして再度竿を握り、今度はハリスの番手をツーランク上げて海苔餌投入。。。
   僅か一流しで・・・立浮きがストンと入り、よぉ~~し 乗ったぁ~~で・・
           呆気なく30cmUPの海苔メジナ。。

イメージ 6

   この後は・・不思議と魚っ気が遠のくも、マズメっ頃にもう一度スゥ~っと入り
        今度はもう二回り大きな35cmUPの海苔メジナで〆。。

イメージ 7

        後で分かった事ですが、子供は既にリールが巻けない程、
             指がかじかんでいたそうな。。。

       それも・・雨でスパイクや靴下までもグジャグジャ状態。
     それでも竿を放さないからコレが釣れたと言えばそうなのですがね・・
        うちの子も、相当重症と感じたアタクシでした。。

   まぁ~ 一っ気に落ちた水温の中で、よく出てくれた良型だったとおもいます。

 ※ ちなみに私・・一度も竿を出すことなく終わりまして、傘さしていればヨカッタと
   思える程の、寒く冷たい子供の海遊びのお付き合いでした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号 
   オキアミ>      二段ウキ仕掛け、ハリス1.2号 伊勢尼5号
         海苔>  飛ばしウキ&キザクラ棒ウキB・シーガーエース 1.7号    寒グレ6号

                【この魚の食編はこちら

  昨夜は三時間程を撃ちに兄ぃーと磯へGo。 向かった先はウエーディング磯です。
    潮位は既に下がっており、ちょっと無理をすれば即、入れる状況。。

     顔見知りの方もお見えになり、進む方向を伝えて兄ぃ~と入水。。
    打ち始めてスグにガクン!とアタる。。。 魚は67cmの磯マル。。

イメージ 1

  まずは幸先の良い出足となり、次に兄ぃ~が・・グン!と合わせるも・・スカ・。。
 結構な重量感のあるアタリだったらしく、あ”ぁ~~アレで乗らないかぁ~~状態。。。

 流れが刻、一刻と変わる大潮まわりなので・・少しづつ立ち位置を修正しながら通し、
     本日二度目のアタリは・・ピタンピタンとコヒラの跳ねっ返り。。。

イメージ 2

        次も似た筋からぺんぺんペン・・・と跳ねっ返り・・・

イメージ 3

              立て続けにコヒラの連打。。。

イメージ 4

 一応・・今期11本目の磯シーバスとなりましてストリンガーも満タンとなって納竿。

イメージ 5

  その間、兄ぃ~は・・型物のマルが出ないかな?? と・・デカマル狙いに徹するも
      今回は一発アタッタだけで潮が無くなりこちらも終了。。

  今期は今一つ、マルの動きがハッキリしないな~といったところでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
D社レイジー 95S  st-46-4 ハンプgu:s 125F





    日付は変わりましたが、兄ぃ~と短時間勝負で磯入りしてきまして・・
          とりあえずアタクシはこんな感じでした。。。

イメージ 1

       すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   前記事の続編になりますが、メジナ釣行の後は磯ヒラのフル装備に着替え・・
 大サラシの地磯周りを以前のスタイルで撃とうか、下げ潮を待ってウェ~デイング磯へ
 動くか・・・コレは正直迷いに迷ったけれど、潮位と風向きの問題でウェーディング決定

     現場は沖の磯まではイケる潮位でしたが、問題は横からの爆風。。。。
   どんなにサミングしても・・あさっての方向へ飛んで行ってしまうルアー。。

   風はまだ10m以上と思える程で・・少しの間は沖磯の大きな根の陰で待機。。
 若干吹く方向が変わってきたタイミングで再び入水するも、即 頭から横波を浴びる。

    今期は好い潮まわりだからと言って・・なかなか出撃できていないので・・
  この状態でいかにアタリを拾うか。。 そんな釣りが何となく多くなっている気も。。

   それともう一つ気になるのは、今年はこの界隈に刺し網が差していないので・・
  ひょっとしたら大きな群れは(まだ?)届いていないのかな??昨年のこの時期は
     刺し網バンバンだったのに と、このあたりもちょっと気になる。。

  そうこうしている間に段々と海は静かになってきて・・やっと雰囲気が出てくる。。
 そして、キャスト後のラインのフケを取り、きいた瞬間・・この夜、初めての生命反応。
     カチャカチャッとルアー音もして、跳ねた感じでコヒラとわかる。。
     グリグリッと寄せ、今季の磯シーバスの7本目となるヒラスズキ(小)

イメージ 1

         カチっとストリンガーへ繫いでドボンしておき、

イメージ 2

        いまだ、今・イマ・・とキャストに入る。。すると、
     すぐにもう一発アタるも・・・一回目のバババッで痛恨のハズレ。。。

  この後は・・風が追い風に変わり・・やっと楽になったなぁ~~と想うも・・・
  肝心の潮位と流れが無くなり生命感はゼロ。。 あと30分でも早くに風が・・・
  おさまってくれていたら、、、、と・・・ アララララ・・ で納竿。。。

イメージ 3

     ただ、釣り自体はメジナも含め、双方ともによく出てくれまして、
       海状況を考えると、まずまずだったのではと想います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
タイドミノースリム140 st-46-4 他・・







  昨日は昼前っ頃にまずはメジナ狙いで磯へIN。 ただ、午後から西の爆風になる予報。
  潮がわりには確実に10mを超える爆となり、海もババ荒れになるそうなので・・・
  とりあえずは強風を頭に入れ、磯も変えてスタンバイ。。 コマセも短時間用。。

イメージ 1

        目安としては・・お昼までの一時間半くらいが勝負。
        開始スグにエサ取りが湧き、夥しい数のスズメ。。。

イメージ 2

     居るところはカワセナイほど居るので・・ココに9割コマセを入れ・・
   全く違う方向にパラっと入れて誤魔化し誤魔化し釣って やっとコッパ。。

イメージ 3

   コレにエサ取りが慣れちゃう前に・・何とか良型を掛けちゃおうと考え、
             運よく30cmUPも混ざり出す。。

イメージ 4

   時間にして小一時間、いわるゆキーパーサイズは5~6枚といったところで・・
  沖目も際もエサ取り群に囲まれ・・・ちょっと厳しくなり始めた頃、予定よりも早く
               西からの爆風となる。。

イメージ 5

  海は一転し、帰り支度もできなくなる程の状態となり、パパっと写真を撮るが・・

イメージ 6

     メジナの胸ビレが皆ピロピローっとバンザイ状態になるくらいの風。。。
 ちなみにメジナは30UPが三枚。型は33cmまででしたが地合いはモノに出来た感じ。。

       そして・・風裏へ大荷物を持って大移動。。そこでは・・
    若干サイズは落ちるモノのまずまず楽しめ、終わってみればこんな感じ。。

イメージ 7

      海苔が採れなかった潮でしたが、オキアミで十分遊べました。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼5号 /オキアミ

※ この後、二時間程 磯マル&ヒラ狙いで撃ってきまして・・
  其方も時間ができ次第入れなおします。。

               【この魚の食編はこちら

       今日は風速10m超えの爆風予報も出ておりましたが・・
     まず爆風前にサラッとメジナの様子をみて、運よくこんな感じで・・

イメージ 1

    爆風になってからはヒラ狙いで・・こちらも運よくこんな具合でした。。

イメージ 2

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


      2018のカレンダーもペラっと一枚を残すのみ。。 しかも・・
     もう気づけば半ば過ぎ。。。 ということで・・そろそろ正月用の
            鮎甘露煮でも・・と準備に入る。。
 
        まずは鮎用の冷凍庫からこんな状態のアユを取り出す。。

イメージ 1

          改めて見ると・・まぁ~~小さいこと。。。

     なので・・いつものおよそ倍の70尾ほどを一回分として解凍。。。 

イメージ 2

    白焼きにした後、番茶で煮込むこと数時間。。。 ここで一日が過ぎ・・・
   二日目も時間を見つけては煮込み・・煮込み・・煮込み・・で、徐々に味を調え

 丸二日かかって・・こんな状態までにたどり着くといった気の遠くなるような一品。。

イメージ 3

     特に今シーズンのアユは、どれもこれもビリっこだったことから・・
      味がつき過ぎてしまい・・一言で言うなら味が濃すぎて辛め。。。

イメージ 4

   そんなこんなで・・ただ喰いには向かないかな~ な出来ではありましたが、
        とりあえず正月用の第一弾は出来上がりました。。。

※ 個人的には甘目のただ喰い程度が好みなので・・暮れ押し迫ったらもう一度かな?
  なんて思っておりますが、あとは煮込む時間があるかな??な気がしてます。。

   昨日は子供とメジナ狙いで地磯へIN。 向かった先は風向き等で立てず・・
      初めての立ち位置でのデータとりも兼ね、支度に入る。。

イメージ 1

   立ち位置のスペースも一人限定的な箇所なのでアタクシは毎度のコマセまき係。。。

イメージ 2

      付けエサは海苔が採れない潮だったのでオキアミ予定。。。
 冷凍してあった海苔も有るにはあったけれど、鮮度的にはコマセに混ぜるのが無難な程度


     天気は今にも小雪が舞いそうな程の超寒のなか、とりあえず一流し。
       スグにアタリウキがスパッと入り・・・コッパスタート。。

イメージ 3

 水温は前日比でストンと1℃程落ちているけれど・・コッパは元気で立て続けに5~6ピキ。

   時折日が差しても活性が上がるのはコノ子達だけ。。。皆35cmUPな困った魚


イメージ 4

  マズメに期待するも、北寄りの強風が増して冷たく・・体感温度は間違いなく1~2℃。

 子供は諦めが悪いので・・竿を放さないけれど・・私がもうコマセを撒けない程寒い。。
  そんな中でも竿は適度に曲がり、おぉ~~いいサイズ?と想う時は全てコレ。。。

イメージ 5

 前回アタクシもチョコチョコ掛けたイスズミ。。 うぅ~~ん コレが結構いるね~と子供

        コッパにアイゴやイスズミと、釣り自体は面白く、
   おぉ~~やっぱり磯はイイなぁ~~楽しぃ~~~~ だそうですが・・・。。
      結局最後まで良型のメジナの顔は見れなかった厳しい日でした。。。

  この状況は・・新鮮な海苔さえ採れていれば何とかなったかも?な日でしたが・・
  コレばかりはどうにもならず、子供の釣運をもってしても・・ダメ~な日でした。。。

……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号 
   オキアミ>      二段ウキ仕掛け、ハリス1.2号 伊勢尼5号

  昨夜は・・南岸低気圧やら大寒波やらの予報が出ており、海は大荒れ予想でしたが
 行けそうな時に行っておかないと・・もう2018も終わってしまうと思い兄ぃ~と磯Go。

     場所はウエーディング磯。 遅潮なのでゆっくり目に現場入り。。
   海の状況はもの凄い雨・爆風&強烈な波とウネリ。しかも体感温度はマイナスと
        状況的にはこの上ないネガティブ要素満載な状況。。

   そんな中、ココからのキャストでココさえ通せれば・・というコース限定で開始。
   タイミングを見ながら20キャストくらいしたであろうか・・というところでゴン

  よし!キタ!! と発し、ガクンガクンとティップが叩かれ、立ち位置をかえながら
   ゴリゴリっと寄せる。波の合間は出来るもののランディング場所が難しいな・・
   兄ぃ~が来るのを待つか??と思った瞬間、ガバ・・で痛恨の抜け。。。。。

   魚は磯マル。 サイズもこの二回掛かっている70UPサイズと同級生かな。。
   これで天候悪悪状況もポジティブに考え、兄ぃ~も含め、スイッチも入る。。

     およそ30分後、今度は兄ぃ~~が ヨォ~し来た! の声。。
  見ると丁度、ズシっと追い合わせを入れたタイミングで・・ゴンゴンゴン状態。。
          サイズも好さげなので急いで駆け寄る。。。

   しかし・・・次の瞬間、バババっとエラを洗った時、ルアーが飛んでくる。。。

       あ”~~~~抜けたかぁ~~~~ の声だけが響き渡る。。。。
    結局、チャンスは二人して一度づつあったものの・・連鎖バレで×印。。。

イメージ 1

     魚も落ち着かない波の中なので、うまくルアーを喰えていないのか、
 こちら側がうまく喰わせられていないのか・・とにかく浅掛かりだった感じでしたが、
    この最悪な状況でも掛かってくれただけでヨシと想える釣行でした。。


  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー30lb

  兄) SMITH  BLOW SHOT  102    イグジスト3000 ナイロン16lb + 30lb
     TIEMCO F-VM



       ダメだ~・・食編がいくつか記事入れできていない。。。
   ということで・・いったい何時の釣行だったのかから・・まず思い出す。。

        すると・・自身が単独で地磯INした時のものと判明。。
     もう時が経っているので・・チョロっと記事程度で済ませますが、
   前々回の海苔メジナ釣行は、この時期にしては珍しいくらいにアタリも出て
   枚数的には良型だけでも10枚程居ましてね、持ち帰ってからこんな具合に。。

イメージ 1

          手を抜かずにキチンと捌いてありました。。。

    それと・・残りの数枚は煮つけ用に捌き、後日 煮つけまして(写真ナシ)
      そして・・三枚におろしたモノを子供の好きな薄造りへ。。。

        海苔メジナの薄造り、こんな感じに出来上がりです。。。

イメージ 2

  最近はメジナの刺身に湯引いた肝を和えるのがサイコーと子供、超お気に入りでして
     今回もこんな具合に・・おいしく食せていた海苔メジナでしたとさ。。。

              【この魚の釣行記はこちら

  ※ まだ入れられていない釣行の食編があるなァ~・・あと、淡水の総括も。。。

       記事入れまでに随分と日にちが経ってしまいましたが・・
     前回の磯マル&ヒラ釣行で運よく掛かった三本のシーバスは・・
  まず磯マルから、現場で下処理を済ませ・・二本とも三枚におろして荷を軽くする。。

   そして・・持ち帰ってから皮を引き、次いでサヨリもサクサクっと三枚に。。

イメージ 1

  この状態から・・サヨリは天ぷら用に加工して冷凍庫IN。 磯マルは一時真空冷凍。
    最後にヒラスズキへと取りかかり、こちらはお造り用にこしらえ・・

イメージ 2

        ヒラスズキのお造り、こんな具合に出来上がりです。。

イメージ 3

     今期のヒラはサイズが小さい分、※例の虫の心配もそれ程ないですし、
   なんといっても下駄ピッタリサイズということで、今回もこんな感じになりまして
          毎度のごとく、美味しく食せた海の幸でした。。

            【このヒラ&マルの釣行記はこちら


   昨日は単独でメジナ狙い。 子供も超~行きたそうだったのですが・・
  来週はテスト週間なので(ママが)ダメ~~みたいな状況となり、抜け駆けGo。。

  向かった先は三浦の地磯です。 現場は先行者さんがおられ、まずは空き待ち。。
 お話では(上物師ではないので)昼には上がりますとのことでして待たせていただき、
          その間にコマセの用意だけは済ませる。。

イメージ 1

   海苔は前回の磯マル釣行時に採っておいたモノ。 ただ、量は十分で申し分なく、
  コマセにはいいけれど・・やはり持ち帰りなので鮮度がかなり悪くなってしまった。。
   寒い日が続いていれば結構モツのですが・・ここ数日の暑さで匂いも変わり、
            経験上、喰いは確実に落ちる予想。。

   そして昼から・・立ち位置を決め、コマセはこんな具合に海苔とのハーフ。。

イメージ 2

  まずはオキアミ餌から様子をみる。 水を汲んだ時点で水温が下がっていることも
  確認できており、エサ取りは全て海タナゴ。 コッパでもいいからメジナの顔が
       見れれば期待感も上がるけれど、コッパすらかからない。。
  やはり潮が変わり、潮が枯れた感じ。。 のちの調べで塩分濃度も下がっていた。

 この塩分濃度というのは・・テキメンで影響してくるのはイカ類とメジナかな?な印象

      それに比べ、磯マルや黒鯛はあまり気にせず釣れたイメージ。。
   やっぱり生息圏が汽水にも入るタイプは強い感じ??とそんなことを想いつつ・・
   なんとか一尾、メジナを・・と頑張るも・・ 潮が効かないのかアイゴ×5。。

             それと・・時々掛かるのがコレ!

イメージ 3

 この界隈では結構珍しい外道のイスズミ。 それも30cm前後が立て続けに掛かるのは
   始めて。。 伊豆の方の外道とばかり思っていたけれどちょっとビックリ。。

  釣り自体はそこそこ竿も曲がり面白いけれど・・掛かった瞬間から白いので・・・
          あぁ~~またコレだ~となって来る始末。。

  海苔餌投入も状況は変わらず・・・海苔にもイスズミ・・喰うんだなぁ~ な印象。。

    結局・・今度こそ・・ ヨシ次こそ・・ もう来るか・・で時がたち

                メジナはゼロ・・。。。。

    最後に、子供じゃないけれど・・よぉ~~し 次! とワタリング。。
        で・・ランカークラスを含む数ピキ捕まえ終了。。。。

イメージ 4

          帰るなり・・やっぱりボクの怨念だね! と・・
          笑われたことは言うまでもなく・・でした。。

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~2号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

このページのトップヘ