鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2019年01月

    翌日(今日ね)は南岸低気圧が発達し・・ココ関東でも雨又は雪予報。。
     そんなことで・・昨日、お昼っ頃から海苔メジナ狙いで磯へIN。。
             今回のコマセはこんな感じ。。

イメージ 1

     潮まわり的に餌の海苔も採れない状況だったので・・コマセも含めて
  前回の持ち帰りの冷凍してあった海苔で間に合わす。 鮮度には難があるけれど
    こればかりはしょうがないので・・海水でよく揉んで絞ってから使用。。

  海の状況は・・水温低下からか、いかんせん水色悪く・・こんな感じからのスタート。

イメージ 2

    開始から一時間は海苔餌に異常ナシ!といった感じで、コレは当分の間・・
          道糸の糸グセも取れないなぁ~な状況。。

   するとここで・・知り合いの方が一名・また一名と現れて・・一通りご挨拶。。

   この時点ではまだ何~んにも生命感が得られない中、何の前触れもなく・・
      立ちウキがスコンと入り・・・30cmUPがポロっと顔を出す。。

イメージ 3

     水温的には、当日下がったとはいえ・・まだギリで15℃はあるので、
    スミイチでは終わらないであろうと想いつつ・・中々アタらない海。。

 コマセを撒く手もかなり冷たく、おぉ~寒い・さぶい・サブイ・・と足踏みをしていたら
 ウキが見当たらなくなっていた。。。 ん?? とアワせると、ゴンゴンの生命感の後
          ズン!と動かなくなり・・根に張り付かれる。

   完璧に魚に先手をとられてしまっていたのは自身の責任。。 デカいのかな?
  待つか?! で・・・立ち位置を変えたりして何とか出させたのは・・35cmUP。。

イメージ 4

      根に無理やり突っ込んだのか・・・体は傷だらけになっていた。。

       ここまで・・アタリの回数は鈍いのを合わせても3度のみ。。
    いよいよ寒の海苔メジナの雰囲気が出て来たなぁ~ 来るか型物! と・・
 ある意味・・この時期を待っていた。 と割り切れば、1時間一回のアタリも楽しい。

   そして・・・三時間が過ぎた頃、やっと好いサイズ感一杯の竿曲がりで・・・
            サイズUPの38cmが顔を出す。。。

イメージ 5

  何とかもう一枚・・と粘って、その45分後、30cmUPをもう一枚追加して終了。
          内訳は・・38cm/36cm/33cm×2の計4枚

イメージ 6

 終わってみれば一時間に一回の本アタリ。他は餌も盗られないという微妙な釣りで・・
 好みも有ると思いますが、あたくしの釣りの中では、アユや渓流・ソルトルアーといった
 動きのある釣りに対し、比較的のんびり出来る海苔メジナも、対照的な面白さなのかな?

 あと、一番の魅力は・・来れば良型。しかも美味しい寒メジナというのも好いですね。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

             【このメジナの食編はこちら






      明日は低気圧接近ということで・・短時間だけ海苔メジナGo。。
       とりあえず・・良型は揃いましてこんな具合でした。。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


  前々回の海苔メジナ釣行では、比較的珍しい外道(ブダイね)も混じったりして・・
     食の面で・・ちょっと期待感イッパイだったのは我が家族たち。。。

     そこで・・・持ち帰ってからこんな具合にして三枚におろす。。。

イメージ 1

  釣れ上がった時もそうでしたが、この赤い魚・・身になっても、もの凄い存在感だし
  頭だけになっても・・まるでどこかの人気番組の❝捕ったどぉ~~❞を思わせる代物。。

  ただね・・この魚、この寒い時期に急に旨くなる魚で、身質もこの時期からは・・
  本来の水っぽさが抜けて身も締まり、フグっぽささえ出てくる不思議な魚。。。

    そんなことで・・まずは半身を定番中の定番な寒ブダイの煮つけ。。。

イメージ 2

      流石は鉄板と言われるだけあって・・間違いなくおいしい。。。

     それと今回はもう一品。。 残った半身は・・身の質から考えて
                寒ブダイの唐揚げ。。

イメージ 3

 唐揚げも・・量が多かったので味を変え、向かって右は下味が醤油ベース。左が塩ベース。。
   下味は好みだと思いますが・・・いづれにしても唐揚げは結構イけます。。。

 あと・・忘れられちゃった感もありましたが、メジナもお刺身で食し(写真ナシ)。。

      今回は珍しい外道で盛り上がった食編だったと想います。。。

              【この魚の釣行記はこちら




     このところの溜っていた食記事を一つ一つ順番に記事入れです。。
  そんなことで今回は先日の子供との釣行時に運よく一枚づつ掛かった海苔メジナ編。
         コレを持ち帰ってからこんな感じに三枚に。。

イメージ 1

    そこで今回は・・子供の希望通り、子供の掛けた方をお造りこしらえ・・・

イメージ 2

        海苔メジナのお造り、出来上がりです。。。

イメージ 3

 今回の二枚は家族分としては大きさ的にも丁度良く、脂っ気まずまずということで・・
         何時も同様、美味しく食せた海の幸でした。。

              【この魚の釣行記はこちら


   少し前の海苔メジナの食記事になりますが、忘れぬうちに簡単に記事入れデス。
   この時はまずまずの型揃いを5枚ほど、帰宅後すぐにこのようにして三枚に。。

イメージ 1

     この状態から脂の乗りを見て・・好さげな個体のみ、お刺身用に。。
   ちなみに脂っ気の少なめのモノは・・この状態からフライ用に加工し保存。。

       そして・・・翌日、寒メジナの薄造りはこんな具合。。。

イメージ 2

  この寒の時期は・・メジナ肝も美味しいので、今回もさっと湯がいてから肝醤油。。
        そんなことで今回も美味しくおいしく食せました。。。

             【このメジナの釣行記はこちら


    昨日はお昼過ぎからの海苔メジナ狙い。 予報ではマズメ前には・・
    西寄りの10m超え爆風となるらしい。。 なんとかマズメまで天気が
   持ってくれることを祈りつつ場所選択。 コマセは短時間なのでこんな具合。

イメージ 1

           状況確認で初めだけオキアミスタート。 
        開始早々に立ちウキをスパッと入れたのはコノ子

イメージ 2

  次第にエサ取りが湧き始めるし、空中には(コマセを)待ってましたの海鳥群。。。

イメージ 3

    オキアミで釣り続けることが出来ない程のカモメとウミネコの動き。。
 前にカモメを釣ってしまってえらい目にあったことを思い出し、海苔エサへチェンジ。

       一流し目から海苔が吸われ・・・雰囲気は有る感じ。。
    どうにか海が凪いでいるうちに・・・と思い、ちょっと集中して釣る。。

    すると・・立ちウキがスゥ~~っと綺麗に入り、竿も綺麗に弧を描く。。
  ただ、引きがねぇ~~時折ガクンガクンと叩かれ・・やっぱりなぁ~な毒モノ。。

イメージ 4

      コレがかなり厄介で・・・一時間で4枚も掛かってしまった。。。
   ひと昔前は海苔エサには・・ここまで掛からなかったイメージなのにねぇ~
     最近は個体数増の影響からか・・潮がたるむと凄い時がある。。。

     この中から何としてもメジナにいきあたらないモノかとタナを変え、
    コマセ位置を変え・・やっとガクンガクンしない好い感じでの竿曲がり。。

イメージ 5

      大きさは33cm程。 ヨシヨシ、今・イマ・いま掛けねばで・・・
                  残念・・
              海がこんなになりますた。。。

イメージ 6

    西の爆風、吹き始めるの早いって。。しかも西日に照らされたシブキで・・
             虹まで出たりして・・なんか綺麗。

   低い立ち位置だったので波はかぶるし、で・・片づけを済ませて一目散。。
   マズメまで持ってくれていたら良かったけれど、予報通りと言えばその通り。。
      結局、ほんのワンチャンスで掛けた一枚のみでしたが、、、。。。

イメージ 7

      とにもかくにも安全第一ということで、知り合い達も皆・・
       同じタイミングで車止めに強制集合な釣りでした。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

             【このメジナの食編はこちら


  ちょっと前の釣りモノになりますが、先日の磯マル釣行時・・運よく掛かった
    一本のヒラスズキ。 コレを現場でサクッと〆てから持ち帰る。。

    そして・・・持ち帰ってからヒラの場合には欠かせない虫チェック
   コレは現場では・・いくら頑張っても全く出来ないので・・家での作業。。
  今回の個体は良ということで・・とりあえずこんな感じに三枚へGoサイン。。

イメージ 1

   ただ・・・ちょっと小ぶりだったことも影響してか、若干脂っ気不足?

イメージ 2

      そこで、脂分プラスの盛り合わせとなり、トロサーモン加え・・・

         ヒラスズキのお造り、こんな具合に完成です。。

イメージ 3

     今期のヒラスズキはどれもこれも皆・・小ぶりとなっておりますが、
   食の面ではそれなりに楽しめてまして、今回も美味しく食せた海の幸でした。

               【この魚の釣行記はこちら

    昨日は子供に抜けがけて単独磯イン。 今回も入りたかった立ち位置へは
    入れませんでしたが、とりあえずコマセ支度。。 今回はこんな感じ。。

イメージ 1

   前半はオキアミで様子をみながら徐々に海苔へと・・というのはいつもと同じ。。

         開始早々からこんな具合に・・・尾長コッパ。。

イメージ 2

      スズメ等、水面直下からゴッチャゴチャのエサ取り各種。。。

イメージ 3

      コレを見て・・・午前中からノリ餌投入を余儀なくされる。。。

イメージ 4

  しかし・・・海苔への反応は鈍く、二時間たってようやくウキがジワぁ~と入る。
  しっかりと乗せると桁違いの重量感。。 やり取り中、丸っこい尾だけが見え・・・
      ん? ん?? なんだ??? ハタ系???? と一瞬喜ぶも・・・
   そうだ!エサが海苔なんだ・・・そうなると、もう魚種はかなり限られる。。

   そう・・ボワっと現れたのはブダイ。。。しかも・・・47cmもある重量級

イメージ 5

     海苔メジナの外道としては時々有る出来事ですが、ココ三浦では・・
     意外とレアな魚だなぁ~~と想いつつも、いかんせん顔が凄い。。。
  さすがブサイクなタイ→ブサダイ→ブダイ・・なんて言われさえある程の面構え。
          ベラ亜ですので、まんまデカベラですがね。。。

     ただ・・・この寒い時期からの魚ですので、旬と言えば旬。。

     しかも・・二時間の海苔時間で唯一アタってくれた貴重な魚。。。

    あとは本命の海苔メジナが海苔に着いてくれるのを辛抱強く待つ。。
    すると、上げ潮が効く時間になり、仕掛けも馴染まなくなってくる中、
  ようやく二度目の生命反応。。 運よく乗せられた魚は30cmUPの海苔メジナ。。

イメージ 6

  このあと数回立ち浮きがシモリ・・・うまいこと35cmUPを含む計三枚とし納竿

イメージ 7

  内訳は・・上から47cmのブ~・35cm・37cm・31cmのノリグレ。

  いかんせん赤い魚がスゴイ存在感となってしまいましたが、海苔メジナも型が揃い
       ワンチャンスを運よくモノにできたような釣りでした。。。

※この後、ちょっとだけ磯マルを狙うもこちらは不発。。 昨年も一月半ばで
 磯マルは終了しているので、コレを考えるとそろそろ別モノへシフト時期ですかね

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

              【この魚の食編はこちら


           今日は子供に抜けがけて地磯へGo。。 
  ここ三浦では比較的珍しい魚種混じりで、海苔メジナと合わせてこんな感じ。。

イメージ 1

       すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


  前々回の子供とのメジナ釣行時は、激シブの中でして、子供が掛けたのは一枚のみ。
   そんなスミイチめじなとなってしまいましたが、型はそこそこだったので・・
      とりあえず・・持ち帰ってからはこんな具合に三枚に。。。

イメージ 1

  それと・・・アタクシカが唯一掛けたオマケの地タコも下処理後軽く茹で上げておき・・

         中一日身を寝かした後、こんな感じに・・。。

イメージ 2

     寒メジナのお造り&地タコのお刺身盛り合わせ、出来上がりです。。

イメージ 3

         今回のメジナは一枚ポッキリではありましたが・・
    型にはそこそこ恵まれましたし、流石にこの寒の時期になり、脂っ気も・・
       かなり乗って来たので食の面では十分だったとおもいます。。

             【このメジナの釣行記はこちら


    正確には、今年の子供の初釣行時の海苔メジナということになるので・・
  随分と前のモノになるのですが、釣り魚は絶対に手を抜くことなく料理しているので
  とりあえず食編は入れておこうかと想いまして・・・ひとまずメジナは三枚への図。

イメージ 1

 次にワタリガニと地タコへ・・。。 こちらも まずは地タコから下処理を済ませ・・
             続いてカニはこんな感じから・・

イメージ 2

                茹で上げ・・・⇩

イメージ 3

        甲を取り除いてから香ばしく焼いて・・出来上がり。。

イメージ 4

        そして翌日、寒メジナはこんな具合にお造りにし・・・

イメージ 5

     お正月料理、第二弾の寒メジナのお造り&薄造り、出来上がりです。。

イメージ 6

   今回はまだ松の内ということで・・・トコブシなんぞも添えてみましてね・・
    ちょっとお正月気分も出してみたりした・・釣り魚の食編でした。。。

              【この魚の釣行記はこちら



   昨日はお昼っ頃からのゆっくり出で単独磯IN。 入りたかった立ち位置へは
   今回も入れませんでしたが、単独なのでどこでもヨシとし、コマセ支度。。

イメージ 1

 海苔メジナ狙いの割にコマセ分の海苔まで量が足りておらず、何とも中途半端な出来。

    ただ、三時間程の釣りなので・・どうであれ海苔餌からのスタート。。。
   海の状況は・・横からの強風で完全なる二枚潮。 立ちウキを入れ気味にし、
      道糸も暴れさせないよう、飛ばしウキも使用して何とか対応。。

イメージ 2

   開始から一時間ほどで海苔エサに着き始めたかな?な微妙な反応が出始め・・
   前アタリを多少もらったかな?の後、スッっと入り・・・運よく一枚目が出る。

イメージ 3

   大きさは27~8cmスタートでしたが、ヨシヨシ・・イケるイケるな雰囲気。。。

      エサに着いてくれているうちに確実に掛けねば・・とは、
      よく子供に言っている言葉ですが、今回は自身への言葉。。

   そして・・・20分後くらいに二枚目が竿を曲げ、運よく35cmクラス。。
  釣れ上がったスグ、この尾の白い時は・・海苔でも数が出たりするので期待感イッパイ

イメージ 4

  この後も・・20分に一回くらいは前アタリがあり、強風でなかなか本アタリまでは
    つながらないまでも・・何とか三枚追加とし、期待のマズメへと突入。。

イメージ 5

   しかし・・この時間になると不思議と反応が無くなるのも最近のナガレで・・・
      今回も全く海苔が吸われなくなり・・・体も冷え切って納竿。。
       魚は35cmを頭に30cmUPが4枚と型は揃いまして・・・

イメージ 6

 短時間で、しかも海苔率の乏しいコマセではありましたが、よく出てくれたと思います
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

             【この海苔メジナの食編はこちら



   日付は変わりましたが・・連休最終日は単独で三時間程海苔メジナ狙いでIN。
         運よく こんな具合に型は揃ってくれました。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   昨日は・・うちとしてはかなり早めに磯入りし、入りたい立ち位置を目指す。。

   雪が降るかも?な予報だったので、間違いなく空いていると思っていたけれど・・
    結果は先客さんのお姿。。。 子供でも安全な立ち位置の選択なので・・
    場所も限られる中、二番手磯を目指し・・結構な距離を歩いて移動し、
            早々にコマセの準備に取り掛かる。。

イメージ 1

 しかし・・開始から一時間、オキアミ一つ盗られず、コマセに群がるのはカモメのみ。。

イメージ 2

  この海鳥が・・コマセを入れるたびに増え続け・・常に10羽以上が右往左往。。
       終いにはウミネコとカモメの争いまで始まる始末。。。

      結局ここでは魚っ気が得られず・・大荷物を持って磯替え。。

   そのうちミゾレっぽいものまで降り初め、罰ゲームのような釣りになるも・・
         場所替えはよい方へ転び、まずはメバル始まり。。。

イメージ 3

        続いてコッパですが・・・メジナっ気も出てくる。。。

イメージ 4

        そこで・・・時間的には少し早いけれど海苔餌投入。。
  こう寒い日は・・夕マズメとかは期待薄なので中途半端な時間に喰ってくる予想から
         アタクシも(子供曰く今回だけ特別に)並んで竿出し。

 そして数分後、おぉ~~入った!de・・・35cmUPをスマナイと言いつつ掛けてしまった。

イメージ 5

    この一枚であたくしは子供のコマセ係へ逆戻り。。 小一時間の間に・・
   アタリは鈍いモノの・・数回は立ち浮きに微妙な動きもあり、集中させ・・・
         よぉ~~し やっと乗ったぁ~~で30cmUP。。

イメージ 6

     マズメは潮位の問題もあり・・予想通り魚っ気ゼロとなったので・・
     早めに釣りを切り替えていたのがヨカッタかな?な雰囲気でした。。

イメージ 7

 そしてこの後は、翌日の部活のこともあるのでチョコッとメバリングのつもりでシフト。

   しかし・・・来ちゃうと時は来ちゃうモノで・・動いた先での子供の一投目。。
 メバロッド(トラウトロッドね)がズン!と曲がり・・ゴンゴンゴンと型物ヒット!

  よぉ~~し 来た!シーバス・シーバス・・60UPだから大事にいくわ・・・・。。
  とは言ったモノの・・・ジィ~~っとドラグが止まらなくなり・・結構頑張るも、
  最終的にはプン! とやられてヒザから崩れ落ちる子供。。 で延長戦ケッテイ。。
   気温4℃・雨・風強まる中・・・まだやるか・・・まで粘り、力尽き終了^^

       子供には・・いろんな意味でよい経験となった釣りでした。。。
……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号 
   オキアミ>      二段ウキ仕掛け、ハリス1.2号 伊勢尼5号
         海苔>  飛ばしウキ&遠矢ウキ 2号ー中・シーガーエース 2号    寒グレ7号

    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    遠矢ウキ2号-中  SeaGuar ace 2号 2ヒロ~  ほか /寒グレ7号・・etc
……………………………………………………………………………………………………………
ロッド・D社  TROUT-X 55UL レブロス2000 ・ADVANCE 5lb. OFTスクリューテール
            D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 1.4g

             【このメジナの食編はこちら







         今日は子供の部活が一日休みだったので磯へGo
  ミゾレっぽいものまで降り始める中、粘って粘って・・とりあえずこんな感じで。。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします


   この魚は・・昨年の暮れに単独磯入りした時の海苔メジナ&地タコということで、
   実質、コレが我が家のお正月料理のお刺身となったわけですが、とりあえずは・・
 忘れないうちに記事入れでもと思いまして。。持ち帰ってから30cmUPだけ三枚への図

イメージ 1

  それと・・・運よく掛かったお正月用の地タコも、塩でよく揉んでから茹で上げ・・
  メジナのお刺身と合わせ、寒メジナと地ダコの薄づくり・・こんな具合に完成です

イメージ 2

    地ダコは・・実は綺麗に盛ってあったところを皆で摘まんでしまいまして、
   いわゆるキレッパしか残っておりませんでしたが、とりあえず盛り直した次第。。

   そんなこんなで・・今年のお正月料理の第一弾はこんな感じの盛りでした。。



     昨夜は仕事後に久々に単独で磯へ。場所は三浦のウェーディング磯です。

  潮も遅潮ですし、爆風予報の風向きも日付が変わるまでは持ちそうな雰囲気?でIN。

    現場に入ると潮上からの完全横風ですが、流れとザワつきで好さげ感イッパイ。。

    いわゆるセンターポジションから手前をダイジに打ち始める。 しかし・・
    小一時間無反応。。 不思議な程アタらない。。 そういえば昨シーズンも
   刺し網やらで好さげな時ほどアタらない事があり、結局1月半ばで磯シーバスは
            終了としたなぁ~とふと想い出す。。

  気付けば並びには・・前々回かな?お会いした方がお見えになり、並んでキャスト。
         この時点で打ち始めてから二時間が経っていた。。

       ココもそろそろ終盤なので・・考えられる事は全て試す。。
  そして・・迷ったらコレ!というルアーのローテ中、カカっとショートバイト。。

      多分ヒラっ子なので・・スグに喰わせる為のローテ~ション。。
 せわしないけれど、三投・三投の飽きさせない重視でローテし、カカカッと同じアタリ方

    おぉ~~やっと魚、掛かったかぁ~・・de 小さいけど慎重に寄せる。
    シーズン14本目の磯シーバスは、今年お初のヒラスズキ(小)でした。。

イメージ 1

 この一本を自身にストリンガーで繫ぐと・・・いわゆるスイッチが入るのは事実で・・

イメージ 2

    ヨシヨシもう一本いこう!でもヨシ・・眺めててもヨシ・気分もヨシヨシなのである。。

   けれども・・・皮肉なことに予報よりもかなり早くに向かいからの爆風となる。
  この大荒れへの変化は確実に良い方向と想われるのですが、流石に撃てなくなる。。

   というよりも・・急激に波があがり、波が胸を超すので後ろに倒される。。

   並びの方もお話ではバリバリのヒラ師なので・・二人して結構頑張ったけれど、
    ルアーを落ち着かせられなくなり、お互いルアーを一本づつ根に奉納し、
              二人そろって無念の納竿。。

    日付が変わる(潮変わり)までは、向かいからの爆風にはならないと・・
   予想していた組も各ポイントに結構居られましたが、皆揃ってあがられた感じ。。

    そんなアララララ・・な状況でしたが、ワンチャンスを奇跡的に獲れまして、
        2019の磯シーバスも幸先の良い出足となりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
D社レイジー 95S  st-46-4 他・・




          昨夜は単独でシーバスを狙ってきました。。
   単独磯INは先月の20日以来でしたが、何とか今年の一本目が出てくれました。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


  この正月休みで・・たまっていた食記事を入れ切ってしまおうと考えておりました。
  けれど、やっぱりダラダラの延び延びということで、この時期になってしまいましたが、
  暮れの磯マル釣行時の二本の磯マルから・・まずはこんな具合に三枚にして・・・

イメージ 1

   包丁を入れた時の脂の乗りの関係で、一本はこんな感じでホイル焼きにケッテイ。。

イメージ 2

   もう一本はかなりの脂質だったので・・後日、お刺身→残りを鍋具材→雑炊。。
          の順に進化。。 (しかし、どれも写真ナシ)

        で・・・・最後にカマとハラ身の炙りはこんな感じ。。。

イメージ 3

     丁度これは・・暮れの”年越しそば”時の食だったと思いますが、
        記事入れは年明けのモノとなってしまいました。。。

             【このシーバスの釣行記はこちら



     子供の部活の正月休みも僅か。。行けそうな時に行っておかねば・・
    で、昨日も子供のメジナ狙いにお付き合い。。 場所は三浦の地磯です。。


   現場入りは・・うちとしてはちょっと早めに出たつもりでしたが、どこもココも
 満員御礼状態。 この正月休みでは一番の人でっぽい感じ。空きは奥まったところのみ。
         午後には何所か空くかな・・de 支度開始。。

イメージ 1

   コマセは・・午後からの海苔エサがメインと考え、こんな具合に7:3海苔。
   前回の海苔メジナでアワセに苦戦した子供はリベンジに燃えていたらしい??


イメージ 2

          そんなことで・・まずはオキアミで様子見。。 

イメージ 3

   しかし・・開始から1時間経ってもオキアミが全く盗られない。。エサ取りゼロ
    水温も前日比で1℃落ちたことと、海がもの凄い凪いだ関係からか生命感ナシ

 数時間たっても状況変わらず、立ち位置を変えたいが混み合っていて場所も空かない。。
 そこで・・棚を変えさせ、根掛かり覚悟で根際の数十センチ限定でやらせてみると・・
    スゥ~っとアタリウキが根際に吸い込まれ・・・子供>本日初アワセ!

  よぉ~~し 乗ったぁ~~の声。 竿は綺麗に弧を描き、イヤぁ~な角度で止まる。
  そう、根に潜られた。。 ただこれは・・ほぼメジナ確定なので時間を掛けさせ、
      おぉ~~し、デタデタ・・で、無事にタモ入れは35cmUP。。

イメージ 4

 けれども・・状況的には何ら変わらず・・・子供曰く、今日はエコだね!多分オキアミ
 10ピキ使っていない。。。 とのこと。。 ただ、時間だけは過ぎ・・海苔餌時間。。

 ただ、オキアミも盗られない状況下、海苔エサ使用も期待薄で、現に一っペラもヘラナイ

         そんなことで・・・・いわゆるスミイチで終わり。。 

イメージ 6


   リベンジのつもりが見事に返り討ちにあった子供の・・対、寒メジナでした。。

   一方、アタクシはと言いますと・・・正月ダコを狙い、とりあえずタコ揚げ成功。。

イメージ 5

   帰り際・・子供は よぉ~~し 今日はすき家で特別に大盛りで反省会だぁ~
                 となりました。。。
……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号 
   オキアミ>      二段ウキ仕掛け、ハリス1.2号 伊勢尼5号
         海苔>  飛ばしウキ&遠矢ウキ 2号ー中・シーガーエース 2号    寒グレ7号
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号

              【この魚の食編はこちら





   元旦は日付が変わるころから家族で氏神様へ行き、朝になってからは通常の
      お正月の動き。。 そして翌日、子供と今年の初釣りへGo。。
  向かった先は三浦の地磯です。。 2019釣り初めは子供の海苔メジナdeスタート。。

イメージ 1

 早々にコマセの用意を済ませる。ちなみにこのコマセ↑子供がオイチャン(兄ぃ~ね)
  から❝釣りお年玉❞で二袋もらったから、今回はちょっとリッチにいっちゃおう。。
          との事で・・・ちょっと多めにスタンバイ。。。

          そして・・とりあえずは様子見でオキアミ餌から。。。

イメージ 2

  水温の関係からか・・・もの凄い数のコッパやスズメやベラ・・で、もうお手上げ。。

イメージ 3

      ただ・・・昼まではコッパやらで子供もそれなりに遊べ・・
   少々早いけれど・・子供海苔餌投入。。 ココからは私も並んでスタート。。

イメージ 4

     すると・・・数分後、👈っ側のアタクシの立浮きがスコンと入り・・・
     アタクシの2019お初魚は・・・37~8cmの海苔メジナスタート。。。

イメージ 5

       子供・・う”ぉ~~~~~なんでだぁ~~~~ 状態。。。

  すると・・・ややあって、又してもアタクシが30cmUPでゴメンゴメンな二枚目。。。

イメージ 6

  子供・・ え”え”ぇ~~~~~~ ・・・ 。。と完全にペースが狂う子供。。
      ここで私は竿を納め、子供に付きっきりへと再び戻る。。。

   海苔へのアタリは細かいながらも結構出ており、上手く拾えていない感じ。。
     ウキへのアタリ回数で行っても・・5~6回はシモっているものの・・
    どれも乗ってこないのは・・魚の活性の問題かな?と子供もブツブツ。。。

 ならば・・今度シモったら、いつもの・・イチ・二ぃ~の三からイチ~でアテよう!
 と・・アタる前から足踏み状態。。 で・・アタッタ!イチぃ~~でしっかり合わせ
       子供の2019型物一号は・・35cmUPの海苔メジナ。。

イメージ 7

           しかしここで・・無念の日没納竿。。
    今回は真ん中のだけが子供ので・・上・下のはおまけ的なマグレの二枚。。

イメージ 10

      ただ・・第二ラウンドが自動的に始まり・・タコング開始。。
              で・・子供も正月ダコ!無事に捕獲成功。。

イメージ 8

  よぉ~~し調子が上がって来たぁ~!このままジャンジャンいこぉ~う!おぅ!
   な子供・・。。海も静かだし、今日遊ばずにいつ遊ぶぅ~~! を連発。。

 そして・・・第三ラウンドはワタリんグ開始。。コレはね~過去最大の甲長幅を捕獲。

イメージ 9

   立て続けに数ピキ捕まえ・・・気が済んだのか・・・ やや早めに釣り終了^^

   たぶん・・実際は大晦日からの連日の寝不足で眠くなっていたらしい??^^
  そんなことで・・子供も(私もですが)初釣りから良い魚と出逢え、まずまずな
              スタートだったと思います。。。

……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号 
   オキアミ>      二段ウキ仕掛け、ハリス1.2号 伊勢尼5号
         海苔>  飛ばしウキ&遠矢ウキ 2号ー中・シーガーエース 2号    寒グレ7号

    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    遠矢ウキ2号-中  SeaGuar ace 2号 2ヒロ~  ほか /寒グレ7号・・etc
……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号

               【この魚の食編はこちら


         昨日は2019の初釣りへ子供と行ってきまして・・
          うまいこと、こんな具合となりました。。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします


  正確には前の前の釣り?っ位のものになり、年もまたいでしまいましたが・・・
  この正月休みを利用してまとめられていなかった食記事を一つ二つ忘れぬうちに。。

  まず前々回のヒラ&磯マル釣行時、運よく掛かった三本のヒラスズキとマル一本は、
       持ち帰ってから、晩のうちにこのような状態にしておく。

イメージ 1

  今回のヒラ個体は・・いわゆる※例の虫チェックも運よく全固体クリアとなり、
  しかも、どれも皆脂の乗ったアタリ感いっぱいのモノだったのでお造りケッテイ。

  それと・・・偶々次の(子供との)釣行で運よく子供が掛けた海苔メジナも・・
         サクサクっとこんな具合に包丁を入れまして・・・

イメージ 2

            身を寝かせた後、こんな感じに・・・

イメージ 3

       ヒラスズキと寒メジナのお造り&薄造り、出来上がりです。。

イメージ 4

    今回はヒラスズキと・・次の釣行の寒メジナとの合わせモノとなりまして、
          双方ともに美味しく食せた海の幸でした。。。

            【このヒラスズキの釣行記はこちら
            【この海苔メジナの釣行記はこちら


   初春慶びを  

   申 げ ま す    イメージ 1

 本年も幸多き年でありますよう
 
   心よりお祈り申し上げます
 
 
     2019年 元旦


このページのトップヘ