鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2019年03月

   子供も春休みということで部活もオフ日。 そこで・・淡水か海水で悩んだ末、
        渓流域は(昨日予報で)気温が低い?となり、海へGo。

    しかし、入りたかった場所は空いておらずどうしようか・・と思っていると、
   全然魚っ気が無いのでもう上がりますとの事で、多目的釣の方と入れ替わりでIN。

  早々にコマセ支度。 今回は潮まわりの関係で海苔が採れていないのでオキアミ仕様。

イメージ 1

  潮位が下がるまでオキアミで遊ばせ、状況で(私だけが)海苔を採りに行く計画。。
  釣り初めは・・水温が下がった影響からか水色も悪く、エサ取りも元気なし。。

イメージ 2

    ただ・・最初の魚種として、掛かって来る率が非常に高いのがコノ子。。

イメージ 3

   昼までにコッパの一つも掛かれば期待感も高まるのですが・・・今回はナシ。。

 この状況で海苔餌にするのは冒険かな?ではありましたが・・海苔採取を熱望する子供。
 しょうがなくアタクシは海苔の調達へGo。。 今年は海苔が少ないので苦労しながら集め、
       エサとコマセ分は何とか確保し、昼過ぎから海苔餌投入。。

    丁度このころから水色もだいぶ好くなり始め、早々に立ちウキがシモる。。

            しかし・・・開始からコレの登場。。

イメージ 4

                いわゆる海苔バリ。。。

 コレを結局3枚立て続けに掛け・・・あ”~~~ダメだぁ~~もう腕がイターな子供。。

  海苔へのアタリは、アイゴっぽいのを除くと殆ど無しでしたが、ここでアタクシも
   竿出しが許される。。。 最初のアタリは入りきらないくらいの小さなもの。

 コレはアイゴではないのでは?で一旦はやり過ごし、次の流しで本アタリを待つと・・
      スッと入り・・・しっかりとアテるとブルーな魚体が見える。

  子供は え”~~~~なんでダぁ~~ これはメジナだよ!で、奇跡的な30UP。

イメージ 5

      よぉ~~し・・とばかりにヤル気モード全開の子供をしりめに・・
   次のアタリもゴメンゴメンとあたくしが掛けてしまい・・ホントニスマナイな二枚目。。

イメージ 6

     ここで・・もう一度絶対にアタるから・・と、子供に頑張らせると・・
  子供の立ち浮きがイイ感じでシモる。。 せぇ~~ので合わせ、よぉ~~し乗った!
   の大声の後、あ”~~~~~ 抜けたぁ~~~~ の更にデカい声が響く。。

     ここで予報よりも早めにポツポツと雨が降り出し、強制終了。。。

イメージ 7

   ここにきて・・魚もいくらか小ぶりなのも影響しているのか、とにかく合わせに
         苦労している子供の海苔メジナ釣行でした。。。
……………………………………………………………………………………………………………
          竿、NFT 2-45 エクセラ-2500 VARIVASゼロフカセ2.5号
         飛ばしウキ&遠矢ウキ 2号ー中・他/ シーガーエース 2号    くわせグレ8号

 私>D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   釣研/円錐・他、+遠矢ウキ/2号小 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

              【この魚の食編はこちら




   前々回の単独釣行時の4枚のメジナは・・釣り上りと同時に活かしバッカン内で
   パツっと〆、下処理も済ませて持ち帰り、晩のうちにこんな具合にしておく。。

イメージ 1

      内訳は・・小ぶりの2枚は脂の乗りも考えて煮つけ用に回し・・
      残りの二枚はお刺身用に包丁を入れて・・後日、こんな感じに
      海苔メジナのお刺身(一皿分が一人前)、出来上がりです。。

イメージ 2

  海水温もやや上がってきましたが、メジナはまだまだ脂の乗った好い時期ですので、
           今回も美味しく食せた海の幸でした。。。

              【この魚の釣行記はこちら

   昨日は子供の試合が有ったので・・グランドへ送って行ってからは単独磯Go。
            向かった先はいつもの三浦地磯デス
   しかし、入りたかった磯は満員御礼で・・めぼしきところは全て埋まった状況。

    潮位の関係でココだけは無理。。 といった立ち位置のみ空いていた。。。
              とりあえずはコマセ支度。。。

イメージ 1

        春潮になり・・お昼のド干潮は潮位も無く、魚っ気もゼロゼロ。。
                       潮が上げるタイミングで状況確認のオキアミスタート。。

  地区は違うものの・・ちょっと離れたところではクロダイの乗っ込み話題もあり、
         釣り初めの一時間はタチをとっての黒鯛狙い。。

       けれども・・・タチをとると秒殺でコノ子達の餌食。。。

イメージ 2

   コレを蹴散らす一瞬が無いかな?と・・結構粘るも・・エサ取りは増すばかり。。

             ここで・・海苔メジナへシフト。。

    問題は立ち位置。。このシモリが潮位の関係で超厄介なのですが、、、

イメージ 3

  ドコも空かないので・・ ココからスタート。。 アタリは開始から二時間で3回。
   全て竿に乗せるも・・・・三枚とも海苔グレとはかけ離れた海苔大好きバリ。。

イメージ 4

       潮がタルんでいるので・・どうしてもバリバリが活発化。。
        しかも・・どれもこれも40クラスで腕が痛くなる。。。

  ここで常連さん方がお見えになり、お話では・・前日も海苔メジナはゼロだそうで
  ここに来てかなり渋くなった模様。 産卵を意識した魚はかなり神経質な雰囲気。

  これは毎度同じことをやっていてもダメ・・と判断し、根際のドン底に徹する。。
  すると・・・バリとは別のアタリで・・・小ぶりでしたが運よく海苔メジナ捕獲。。

イメージ 5

        ここで・・立ちたかったところが空き、スグに移動。。
     一枚目同様、徹底的に底を狙い・・・ジワジワっとウキがシモリ・・
            奇跡的に二枚目を獲って釣り終了。。

イメージ 6

    内訳は33cmと28cm。 アタリはバリを入れても5回のみという・・・
         何ともな釣りでしたが、よく出てくれたと思います。。。
……………………………………………………………………………………………………
 D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   釣研/翔黒 5B 他、+遠矢ウキ/2号小 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

              【この魚の食編はこちら




    前々回の子供との釣行時は・・今シーズンお初の40cmUPも混じるなど、
  数・型共に揃った釣行となりまして、持ち帰ってからはこんな感じにこしらえる。

イメージ 1

         型が良いと・・それに比例して肝もイッパイ。。。
      ということで、肝もサッと湯通しておき、メジナは薄造りに。。

イメージ 2

       これを肝醤油で食す。。 まだ脂の乗った寒の魚ですので、
         今回も美味しくおいしく食せた海の幸でした。。。

              【この魚の釣行記はこちら

   そろそろ春休みということで、子供も午前授業らしく・・昼には帰れるけど
    海、静かダネ?イケちゃう??みたいな雰囲気が前日から漂っていた。。。

   そして・・午後から磯へGo。 行き道の車内で十分寝ていった子供は・・・
   起きるなり、おぉ~~ もう海だぁ~ よぉ~し と、身支度を整えて・・
               コマセづくりを開始。。

イメージ 1

       釣り開始は午後の3時。。 一投目から海苔餌スタートで・・・
     数流し目には立ちウキが渋々っと入り、アっ 今 入ったね! の画。。

イメージ 2


    ここ数回、海苔餌時のアタリは・・ことごとくハズシまくっているので・・
 その日の一発目のアタリはどうしてもアテておきたかったのだけれど・・今回もスカ。。

     次のアタリまでは時間がかかるのも、このところのナガレなので・・
             次こそは・・・で、次もスカ。。。

   正直、ちょっとアタリが細かいし、餌の海苔もここに来て好くはないので・・
   喰い込みも悪い分、アテにくいのは確かなのですが・・二度外すかな??と・・
               子供は既に反省会準備。。。 

隣でコマセ係のアタクシは・・もう一度来るであろうアタリに集中してろ・・と。。

  ここ数回の磯入りでは・・アタリの出方は一時間弱に一回くらいと渋いにはシブイ。
    ただ、逆に考えれば・・一時間に一度はアタっている。。なのである。。
 もちろんサイズは中々選べませんが、平均して型が揃う海苔餌なら、我慢もできる。。

    そして・・知り合いとしゃべっている間に立ちウキが視界から消え・・・
    あれ?? ウキ、消えたねぇ~~ で・・イチ・にぃ~のホイで乗せ・・
       やっと・・やっとの竿曲がりは33cmの海苔メジナ。。。

イメージ 3

    時間的には・・もう一度っくらいアタりそうな雰囲気なので、再度集中。。
    すると・・・すぐ隣にエギマンが現れ、ウキの1メートル横でPEラインが
  うなりを上げ始める。。 いくら何でもココで鬼シャクリをやらなくても。。。

 ひと昔前は、まだ明るい時間、イカ狙いは場所取りの意味合いの方が強かったけどね。
 最近は隣でシャクリ音を聞いていると、早くドケドケシャクリに聞こえるんだよね。。

 アタクシはもう20年近くエギをシャクッてきているけれど、流石に上物師のマ隣は
 控えてるが、コレが最近の現状なのよ。。 と・・顔見知りの上物師達のご意見も聴く。

  ここで・・好い時間帯も魚が沈み・・・ まったくの魚っ気ゼロとなり、納竿。。
  今回は・・場所選択に問題が有ったと・・アタクシの反省会となりました。。。
……………………………………………………………………………………………………………
          竿、NFT 2-45 エクセラ-2500 VARIVASゼロフカセ2.5号
         飛ばしウキ&遠矢ウキ 2号ー中・他/ シーガーエース 2号    くわせグレ8号

               【この魚の食編はこちら





       前々回の単独磯入りで運よく獲れた三枚の海苔メジナは・・
      磯上り時、現場でサクッと〆、簡単に下処理を済ませて持ち帰り、
          晩のうちに三枚にして こんな感じに。。。

イメージ 1

   この後、一枚はお造り用にこしらえましたが・・何故か写真が見当たらず。。。

         そこで、翌日の残り分で・・・誤魔化し映像。。。

イメージ 2
           ※写真が見つかれば差し替えますが・・。。。

    けれどもね、お刺身はいつものように肝醤油で食しまして、こんな具合。。

イメージ 3

       そんなことで今回も・・おいしく食せた海モノでした。。。

              【この魚の釣行記はこちら

      昨日は朝一番から子供の試合観戦。。 と言っても正式には・・
     三年生(中学)の引退試合。。 内訳は1~2年 対 3年生とのこと。
     うちの子はまだ一年ボ~ズなので・・なんて想って気楽に観ていたら、
      最終回・最後の2人というところで・・なんとマウンドへ。。。

イメージ 1

 状況としては・・1アウト二塁。。 この状況は子供も正直、え”~~どおしよう・・。
       観ている親も・・・え”~~~大丈夫か・・・ な出来事。。。

      ただ・・球速は無いものの、コントロールはまずまずらしく・・
        まさか・まさかの三振で切り抜けてしまった。。。

   多分・・蚊のとまるような球がよほど打ちにくかったのであろうかとも・・・。。

       そんなこんなのマウンドデビュ~でしたが、子供の部活も・・
      なんだかんだで一年はアッという間だったことを実感。。。。。

      そしてこの後はアタクシも、三年生 対 父兄戦へ参戦したりと・・
             楽しく過ごした一日でした。。。


  記事入れに失敗したのか、記事が吹っ飛んでしまったので簡単に入れなおしデス。
  昨日は単独の磯入りでした。。 春潮になってしまったので餌の海苔が一気に流失。
  従って餌分を残してコマセを作ると・・・こんな具合に何とも少ない海苔餌コマセ。。

イメージ 1

            そんなこんなでオキアミスタート。。。

イメージ 2

    エサ取りは海タナゴとベラ類・・偶に小メバルといったところでしたが・・
      潮が動き出したタイミングで手のひらメジナがポツリポツリ。。。

イメージ 3

        海苔餌投入は餌もコマセも一時間限定程度しかないので、
     その時が来るのをじっと待ち・・今かな??なタイミングで餌投入。。
    一度目は30分様子をみてオキアミへ戻し・・二度目の今かなのタイミングで
         ウキがジワっとシモリ・・・運よく30cmUP。。

イメージ 4

   次の一流しでかすかに反応がでて・・・やや粘って粘って・・海苔コマセが
    乏しくなった頃・・もう一枚追加し・・ 無念の海苔エサギレ納竿。。。

イメージ 5

           内訳は・・34cm/31cm/25cm/他・・・数枚
             春の潮が入り初めたので・・柔らかい海苔は貴重になってきまして・・
        また採取場所を考えなければ・・・な釣りでした。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~2号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

              【この魚の食編はこちら




  前々回の単独磯INの時、運よく掛かった数枚の海苔メジナ&おまけヤリイカは・・
  持ち帰ってから・・とりあえずお刺身用の5枚はこんな具合に包丁を入れる。。。

イメージ 1

    残りの二枚は脂っ気の関係で煮つけように回し、中一日経ったところで・・
  お刺身は薄造りにし、ヤリはイカ刺にこしらえて肝も和えこんな感じに出来上がり。

イメージ 2

       今回はメジナの他に、いいサイズのヤリも混じりまして・・
      どちらかというとヤリんボが主役みたいなお刺身になりましたが、
          双方ともに美味しく食せた海の幸でした。。。

       【この魚の釣行記はこちら


  今日は午後から山梨県・道志川へ年券購入がてら、川見程度に竿出し予定でGo。。
      まずは毎年お世話になっている椿キャンプ場で年券購入。。

イメージ 1

 お話では・・今年から組合長になってしまったとのことで、いろいろ大変だそうな。。。

 ただ・・これまでの前半成魚中心河川から、少しでも稚魚放流中心へ変わってくれれば、
       より好くなるのでは?な案も多少言いやすくなった感。。。

    そんなことで・・まずは川見。。 しかし、解禁して僅か10数日とあって
                お客さんは結構多め。。

     車から入りやすい地区には成魚狙いの方々も数名づつ入られている。。
     それと気になるのは・・かなり強い風。。 少しの間は竿も出さず・・
             飲み物片手に川見時間に徹する。。。

イメージ 2

 ちなみにこのピーチコーラ、感じとしては芳香剤を触った手でコーラを飲んでる気分で
                もの凄い香り。。。。

 そんなこんなで・・最上流地区から観てまわるも、どこもココも砂利が上がった感じ。。
 昨年の台風24号がまともに来たので、川はもの凄い変わってしまった箇所が非常に多い。

     コレは念入りに見なければ・・で、結局二時間見て回るはめに。。。

              そして・・・大場所から竿出し。。

イメージ 3

     風は相変わらず強いままなので・・開けたところは全く振り込めない中、
          かぶせてかぶせて通し、何とか今期のお初渓魚。。。

イメージ 4

     渓魚は昨年の残り組で・・やや綺麗に戻りつつある8寸強始まり。。

       その後は小ぶりでしたが・・そこそこ綺麗な個体も混じる。。

イメージ 5

   あとは・・・成魚成魚した固体も。。 しかしその後も竿がひん曲がったまま
          戻らない程の爆風が続き、残念ながら終了。。

         とりあえず川の状況も分かったので、あとは・・
      桜が咲いて暖かくなるの待ちかな?といったところでしょうか。。

竿/D社 遥 中硬硬65  東レ 将鱗(赤プロ)0.25号通し  くわせヤマメ半スレ6.5号




   つい最近、うちの車の車検もありまして・・そんなこんなで車ネタを一つ。。

  我が愛車もそろそろ2十万㌔に王手ががかる。気に入って乗っている車ですが・・
 次の車検はもう無いなぁ~・・みたいな雰囲気。ただ、そろそろ娘も免許持ちとなるので
      とりあえず・・もう少しこの車で・・みたいな感じでもある。。

     そんな中・・最近、車トラブルはよく目にするようになったし、
     報道でも連日のように伝えていたりと・・いろんな面で危険イッパイ。。

      そこでね・・前々から気になっていたモノをとりあえず用意。。
        品はエーモンの車用非常信号灯でこんな感じのもの。。

イメージ 1

  車には・・義務で必ず発煙筒が備え付けられているけれど、意外と使用期限が早い。
  それと・・実際に発煙筒をたいた経験がある人がどのくらい居るであろうかとも。。


 アタクシは・・若かりし頃、仲間の車のエンコやその他で数回使用した経験があるのですが・・
     意外とシュッとスル時、シャぁーっと燃え始めると結構ビビる。。
  ましてや・・車内でなんて とてもじゃないけれどシュッとしてはいけない代物。。

  コレを娘や嫁はんが高速や一般道路でスグに出来るであろうか??? と・・。。。

 なので、発煙筒から電池式のスイッチオン・オフで操作も楽なタイプに取り換える。。
  使用感は・・・こんな具合に、かなり明るい赤LED光の点滅。ON/OFFも簡単です。

イメージ 3

  動画ではないので分からないですが、かなり早い点滅だし、夜間200m先でも
  確認できる程の視認性。。 もちろん※車検対応 国土交通省 保安基準認定品。

  一般用途としては三角表示機的な使用だけれど、三角版はその殆どが反射板なので
  夜間や暗いところでは・・どうであれライトが反射するまで見えないけれど、
  コレはコレ自体が光るので昼・夜問わず間違いなく、反射板よりも目立つのも。。

 価格も発煙筒が\400~500に対し、コレは\700~800前後。期限なしを考えればお得!

   マグネットになっているので、車にもひっつきますし、よく考えられてます。

イメージ 2

  まぁ~・・使用しないで済むならその方がいいですが、備えあれば・・ということで
           とりあえず用意だけはしておきました。。



   ちょっと前の子供との海苔メジナ釣行時、運よく(正確にはアタクシに)掛かった
  二枚の海苔メジナは・・持ち帰ってから、とりあえずはこんな感じに三枚にしておく。

イメージ 1

  そしてお次が・・子供の捕った地タコ。 こちらも下ごしらえを済ませてから・・
      塩でよく揉んで茹で上げ・・お刺身用にこしらえておき・・・

      後日、こんな感じに・・海苔メジナのお造り、出来上がりです。。

イメージ 2

      地タコも・・寒メジナの肝醤油で和えると大変おいしい食材でして、
         今回も美味しくおいしく食せた海の幸でした。。。

              【この魚の釣行記はこちら


 昨日は子供と磯入り。 子供も先日手に入れた・・おニュ~リールの初おろしとあって
 よぉ~~し、今日は手堅く行こう! と・・オキアミ餌メインな考えでのコマセ支度。。

イメージ 1

     海も午前中は凪予報。ただ予報ではお昼頃から南爆風となるそうで・・
 予め風裏選択は必至。。 もう春潮なので、潮位の関係で午前中は捨てざる負えない中、
 ポツリポツリと小型で遊べ・・・とりあえずはオニュ~リールも実戦即、コッパ入魂。。

イメージ 2

   お昼のソコリは潮位もなく、上げ潮が効き始める頃には・・予報通りの爆風。。
 案の定、外海は大荒れとなり、回り込んでくるウネリで・・やっと雰囲気が出てくる。。

イメージ 3

      このタイミングをジッと待っていたと言ってもおかしくない子供。。

イメージ 4

   そして・・・アタリウキがスパッと入り、ヨぉ~~~~シ 乗ったぁ~~の声。。

  ここで初めておニューリールのドラグが効くと・・おぉ~~コレが微調整の効く・・
 ATD(オートマチックドラグね)か。。。 凄いチリチリッとスムーズだね。。と・・
           そんなことで一枚目から35cmクラス。。

イメージ 5

       その二十分後、似たアタリから二枚目・三枚目を無事に獲る。。

イメージ 6

        タモ枠は40なので、魚サイズは33~4かな?な良型。。。

   こうなると・・・貪欲にサイズUPが狙いたくなるのは大人も子供も一緒。。
  よしよし・・最後に一枚、デカいの来ないかな! で・・来てしまうのが子供の強運。。

 次の魚はアテた瞬間から竿曲がりを見て、子供>・・これはキタよ! 絶対40UP!と・・
   ハリスは1.2なので・・可能な範囲ではあるけれど、かなり慎重にやり取り。。

            そして・・浮かせた魚は㌔UPの堂々な41cm。。

イメージ 7

 これまで使用していたリールの(若干おおざっぱな)ドラグ性能ではやられていたかも?
 と・・子供は細かく分析していた程、今回はスムーズなドラグの効きには驚いていた。。

※ このことが、まだLBではなく、このドラグ性能で釣って慣れてもらいたい部分なのね

  これだけでも、迷った挙句、自分で(ちょっと子供には高価)購入したかいあった?
   即、結果が出たのだから・・・これ以上ない入魂。。と 感じたみたい。。。

        そんなことで・・今回は大変な上機嫌で釣り終了。。

イメージ 8

        型物はこんな感じで41cmと35cm他、二枚の計四枚。。

イメージ 9

     このところの子供は・・メジナにしてやられていた釣行が続いており、
   海に貯金ばかりしていた感じでしたが、一っ気にチャラにしたいい釣行でした。。

  ちなみにアタクシ、竿出しが許されず^^・・・全てコマセマシーンでしたが、
            コレはこれでヨカッタのかなな釣りでした。。
……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 エクセラ-2500 VARIVASゼロフカセ2.5号 
         飛ばしウキ&アタリウキ・シーガーエース1. 2号    伊勢尼4号 オキアミ餌

              【この魚の食編はこちら


     今日は大荒れ予報でしたが、立てそうな所へ子供と磯入りし・・
     子供がこのところのワルワルなナガレを吹っ飛ばす釣果となりました。。

イメージ 1

           型物は全てオキアミ餌で・・こんな感じ。。

イメージ 2

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。

 

     先日は子供用にフローティングベストを購入。 こちらは実戦投入済み。。
   そしてお次が・・又しても子供の磯上物で使用する為のリールの買い替え。。。
           これは数種候補にあがった中でケッテイ。。。

             品はダイワのEXCELER2500で、こんな感じ。。

イメージ 1

  このエクセラーは手ごろな価格設定ながら、一応MAGSEALED搭載機種。といっても
  マグはピニオン部のみなので、特別・・といった感じですが、とりあえずは耐久機種。。
  前回まで上物で使用していたレブロスは2000番でしたが、今回は2500にランクUP。

  ホントはね・・子供もそろそろLB(レバーブレーキね)がイジりたいみたいですが・・
 もう少しドラグに慣れてからの方が・・何に対応するにも良いと思い、今回はノーマル。

   あとは・・手持ちのボールベアリングでラインローラ部を始め、必要箇所を・・
           ひとまず4BB➡7BBまでは上げておく。。

イメージ 2

     そして・・・いつも使用している磯用ラインを巻いて出来上がり。。

イメージ 3

       そんなこんなで今回も・・子供のお買い物となりましたが、
     子供が使用するにも丁度好いグレードといったところでしょうか。。。


         昨日はお昼っ頃から単独磯イン。。 海水温も急降下したり上がったり・・
   連日、目まぐるしく変わる中での丁度上がった日。。 そんなことで・・
         コマセ支度も海苔メジナ始まりなのでこんな感じ。。

イメージ 1

  ここ数回の雰囲気からすると、本アタリは意外と中途半端な時間から出たりして・・
   良さげな時間は中ダルミ状態となるケースが殆ど。。 なので何としても・・
       一発目のアタリは乗せておきたいと思いつつ・・竿入れ。。

イメージ 2

 最初に立ちウキがシモったのは開始から1時間が過ぎた頃。。 これを何とか乗せ・・
              1枚目は35cmUP始まり。。。

イメージ 3

    この一時間後、もう一度・・入りきらないアタリを運よく乗せるも・・・
    タモをとった時に痛恨の抜け。。。 大きさは似たサイズだったのかな。。。

   しかし・・ここで予報になかった強風となり、海は一転・・強烈な上スベリ・・

イメージ 4

    海苔餌の場合、アタリの出方も遅いので・・どうであれ、その場に長く・・
 馴染んでくれている時間が必要。。サァ~っと行ってしまうのはまず喰ってくれない。。

      そこで・・・手持ちで一番時間が稼げる円錐浮きに替える。。。

 すると・・一流し目、オモリの負荷・・間違えたかな??みたいなウキのシモリ方。。
 いや・・間違えてないはず。。 コレは間違いなくアタリだって。。。で・・乗せアワセ。。
            うまいこと40cmクラスが顔を出す。。。

イメージ 5

    コレは後の測りで数ミリ足らずの泣き40でしたが・・とりあえず二枚目。。

  そしてこの約一時間後・・もう一度、円錐浮きが負荷間違えのようにボワぁ~と入り、
 もう1枚33cmクラスをタモ獲り。。 ここでイカ狙いの方々が並びでシャクリ始め・・
          海苔メジナは沈んでしまい・・・釣り終了。。。

イメージ 6

  水温は上がったとはいえ、あいかわらず・・アタリの間隔は一時間に一度有る無し。。
   今回もアワセたのは4回だけと、いつも言うように・・好みは有る釣りですが、
  型は全般に良いので、割り切れば5時間強で4回のアタリも結構楽しいものですし、
         三浦地磯で40に絡めば・・十分な感じもします。。

……………………………………………………………………………………………………
 D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   釣研/翔黒 5B 他、+遠矢ウキ/2号小 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

              【この魚の食編はこちら


    気付けば3月。 早いもので・・既に渓開き。。 ただ・・例年を見てみると
     3月中に年券を購入するといった事はほとんど無く、自身の渓開きは・・
       桜頃からボチボチ始まると言うのがここ数年のナガレ。。。

  そんな中、知り合いの渓流師さんからテンカラ鉤を頼まれまして、道具を用意。。

イメージ 1

 ついでに自分のも確認したら、昨年子供が結構ロストしたみたいで手持ちが乏しい事に。
  これは丁度ヨカッタということで・・まずは頼まれもののサイズを巻き始める。。

イメージ 2

 私の巻くテンカラ毛鉤は前にも記したことがありますが、どんな時でもパターンは一つ。

 いろいろ試し余分な所は全て排除してあるシンプル毛鉤で、しいて言うなら見た目よりも
 ハックルだけは弾かれないように柔らかく巻くことくらいしかこだわっていない。。

   このパターンで・・河川の流域・時期・時間で針の号数と形状を替える程度。。

  あとは・・コレを信じて投じ続ける事さえできれば・・が、渓魚への一番の近道?
      なんて想いつつ・・とりあえずはこんな感じに出来上がり。。。

イメージ 3

     まだ谷川は寒いですし、毛鉤シーズンにはもう少しといった感じですが、
         頼まれ物も含め、用意だけは済ませておきました。。。


    前々回の単独海苔メジナ釣行時、運よく掛かった二枚の海苔メジナは・・
    サイズ的にも、薄造りにはチョっと物足りないサイズで枚数も足りない。。
    ということで・・今回は煮つけ用に下ごしらえを済ませ、こんな具合に。。

イメージ 1

       そして後日、とりあえずこんな感じに簡単な料理法・・・
           寒メジナの煮つけ、出来上がりです。。。

イメージ 2

     今回の個体はお刺身で食しても申し分ないほどの脂の乗りでしたので、
     こういった良個体で煮つけると・・旨味が増してかなり美味しい。。

       そんなことで今回も・・美味しく食せた寒メジナでした。。。

             【このメジナの釣行記はこちら



 昨日、前記事の子供用のフローティングベストを実戦投入すべく、海苔メジナ狙いでGo。
        おニュ~ベストに袖を通し、上機嫌でコマセ支度。。

イメージ 1

 ただ、潮まわりは長潮から若潮に入り、潮も若返るはずが、思いっきり枯れた潮が差し
  三浦地磯は12℃台まで一っ気落ち。。コレは・・・ほぼ厳寒期の冷え切ったもの。。

     陽気が暖かかったのだけがせめてもの救い的な感じで・・釣り開始。。

        しかし・・・約二時間で掛かったのは小メバル2ピキ。。

   次の二時間は・・・根際を徹底的に釣り続け、小さいけれど一応、小メジナ。。

イメージ 2

     顔見知りの海苔メジナの常連さんも・・この12℃エリアでは多分ムリ。
         ちなみにこの時点での海水温データはこんな感じ。。

イメージ 4

    一っ時でも13℃台にのってくれれば・・ほんの少しだけだけど喰う可能性が
              出てくるけれどねぇ~と・・。。

       それでも・・永遠4時間、子供は徹底的に根際だけを攻める。。
   並びの方々もほゞ諦め・・竿をしまう姿を後目に、潜りそうもない立ち浮きに集中。
      その間、あたくしはというと・・・全て隣でコマセマシーン。。。

   すると・・・よぉ~~~し、海苔エサが吸われた。。絶対にメジナだヨ!の声

     そして・・・そのあとの数流し目、ウキがジワジワぁ~~っと入り、
         イチ・ニ~のさん・・で合わせるも・・見事なスカ。。。

             けれども・・絶対にまたアタる。。
       もう一度必ずアタリが来る!と・・見ると目が燃えていた。。。

       そして30分後、本日二度目の海苔メジナからのアタリ。。。
     コレはやっと竿に乗り、あぁ~~~~やっと獲れた!がこの顔。。。

イメージ 3

     前回釣行から・・全然合わなかったアワセのタイミングでしたが、
          やっと合ったわ~~~の魚は30cmサイズ。。

  このあとも、もう一度だけシブシブなアタリが出るも・・コレは乗っては来ず。。。
 やはり根際しか当たらなかったとの事でしたが、この水温低下の中、よく出たな~な一枚

  この後は・・後日早朝から部活が組まれているので・・強制的に終了となりましたが、
   状況を考えると、上出来とも想える海苔メジナでおニュ~ベストも入魂でき・・
          まずまずの釣行だったのではとおもいます。。。
……………………………………………………………………………………………………………
         竿、NFT 2-45 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5号 
         飛ばしウキ&遠矢ウキ 2号ー中・他/ シーガーエース 2号    くわせグレ8号



  子供と海へ釣りに出かけるにあたり、まず用意したのが子供用フローティングベスト。

イメージ 1

    当時は140サイズのベストでも大きいかな・・? な雰囲気でしたが。。。

イメージ 2

イメージ 3

       最近になって・・背も伸び、流石に小さくなってきた??

イメージ 4

       想えば、もうかれこれ5シーズンくらい使用している。。。

  ただ、うちの子は、どちらの親に似ても痩せている体系だからか、背は伸びても
  体系は変わらないので・・身の丈155cmを超えても当分140は着れそうな感じ。。。

 けれどもね、(前ベストは)あくまでも子供用救命具と考えると、そろそろ基本性能の面で
  せめて大人用のSサイズくらいにはあげておかなければ・・で、こんな感じに。。。

イメージ 5

                          品はダイワのDF-6307 ライトフロートベスト。。

※ このライフジャケット(固形式)は、日本小型船舶検査機構(JCI)の性能鑑定
 (浮力、強度、水上での性能、着心地)をクリアしたレジャー基準(L2)対応モデル
    と・・カタログには記してありました。。 基準は最近変わったそうです

   色も・・(子供の場合特に)海に落ちた時に少しでも目立つよう、明るめが必要。
           昔、落ちているので・・・絶対です。。。

        そんなこんなの・・子供用お買い物話題となりまして、
          実戦投入が待ち遠しい感じの子供でした。。。


このページのトップヘ