鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2019年04月

         前記事の山編に続き、後編は平成最後の海編。。
 子供をグランドへ送って行った後、海へGo。 GW中とあって磯は多目的で超満員。。
        完全に出遅れたので、今回は初めての磯へ入る。。
     コマセ支度はこんな感じで・・持ち帰りの冷凍海苔とのハーフ。。

イメージ 1

   海苔餌分は、海水に漬けて冷蔵してあった海苔。 いくらか古くはなるモノの・・
    冷凍するよりは喰いはイイ感じなので・・今回は冷蔵物でまにあわす。。。

   そして・・・オキアミからのスタート。。 なにせ初めて立つ場所なので・・・
      潮の効く状況も分からない。なので、まずは手前から順に探る。。。

イメージ 2

     すると・・・開始から一時間ほどで・・35cmUPが顔を出す。。。

イメージ 3

   エサ取りは少ないけれど、並びでは相当数のアイゴが掛かってきているので、
    このままオキアミ使用を続けていると自分にも掛かるのは時間の問題。。
      ここで少々コマセを切るため・・おにぎり片手に歩きだし・・・

       初めての磯なので・・・隈なく見ておこうかと情報収集。。
           遠くには富士もドンでこんな具合。。。

イメージ 4

  時間はまだ昼前だし、海苔餌投入には(海苔コマセも少ないので)まだ早いけれど、
  無くなったらその時考えればイイや。。で、とりあえず・・様子見で海苔投入。。

     コマセを打つと大型のアイゴが行ったり来たりするのが見える。。
            タナは一ヒロ半前後に多くいる感じ。。

    そこで・・二ヒロ半から三ヒロ入れ、アイゴの層を突破させようと試みる。。

 コレがうまくいき、一時間に一度っ位のモジョモジョアタリを二度乗せられ、二枚追加。。。

 しかし・・・流石にGW。。 両サイドにエギぃ~マンがIN。強烈シャクリを始め・・
  なぁ~んにもアタらなくなってしまい・・・残念だなぁ~~~なマズメ納竿。。。

イメージ 5

     内訳は・・38cm/36cm/34cmの三枚で、36cmだけオキアミ餌使用時。。

     そんなことで・・・平成最後の釣行は、海苔メジナで〆となりました。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~1.75号   2ヒロ半~ ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc


   平成も残すところあと僅かとなりましたが・・とりあえずこの休みを利用し、
     お向かいのおばぁ~ちゃんところの竹林へ子供とタケノコ堀へGo。。

イメージ 1

   今年のタケんコは・・先々週あたりの初夏を思わせる陽気で一っ気に出るも、
  翌週には真冬に戻ったのでは?なガタ落ち日も続き・・大きいのはもう伸びすぎで、
  チッコイのはまだ少ない・・ といった、ちょっとタイミングが難しい年らしい。。

    それでも子供が竹林を駆けずりまわって・・良型揃いでこんな感じ。。。

イメージ 2

      このお休み中にもう一度っくらい入らせていただこうかな?
     なんて思っておりますが・・・さてさてどうなるでしょうか。。

     ※ そして次記事は・・・ 平成最後・・の 海編 へつづく。。。

イメージ 3

           詳細はすみませんが時間ができ次第。。


    巷では超大型GWだの10連休だのと景気の良いお話も飛び交っておりますが、
    アタクシの家業では、大型連休と言っても暦通りがいっぱいいっぱいなので・・・
         どう考えても飛び飛びの休日といったところ。。。
         それと・・季節の変わり目でちょいと忙しい。。。

  そこで、このGWを利用して鮎のイカリ針を組み始めようかと、とりあえず用意。。。

イメージ 1

    巻き始めは・・・一番組みやすいD社のマルチの四本から始める。。。

イメージ 2

  予定では・・・毎晩の作業で、出来れば1ケース分の24本は組んでいきたい。。
       そうすれば約10日でシーズン分の260本は組める計算。。

   ただ・・意外と時間のかかるのが・・ガマのキューの三本イカリでして・・
  まずはここに行きつくまでの四本イカリをいかに効率よく巻くかもダイジなところ。。
     なんて思いつつ・・・とりあえずは一日のノルマである1ケースを組み終え、
          まずは順調に滑り出した次第です。。。。。


      釣行記的には随分と前になりますが、子供との釣行時に・・
      運悪くアタクシが掛けてしまった二枚の海苔メジナの食編。。。

      持ち帰ってから包丁を入れ、まずはこんな感じにしまして・・

イメージ 1

       脂っ気の関係で・・今回は三枚にはせず、煮つけ用に。。。

    そして後日・・・こんな具合に海苔メジナの煮つけ、出来上がりです。。

イメージ 2

       大きさ的には・・ちょっと中途半端なサイズということで、
     二枚切りにして煮つける。 こうすると身に味もつきやすくて好い。

         そんなことで今回も美味しく食せた海モノでした。。。

              【
この魚の釣行記はこちら

    昨日は子供の部活もお休みということで・・午後からゆっくり出で磯へ。。
  向かった先は三浦方面の・・まずは地磯。 ここで、このところやられっぱなしの
   海苔メジナにリベンジのリベンジ予定な子供。。 意気揚々とコマセ支度。。
       マズメ三時間だけの狙いなので・・少な目にこしらえる。。

イメージ 1

     離れた磯には知り合いの姿もあり・・どうしてあそこ狙いなのかな?
        と想いつつ、とりあえず海苔スタートで流してみる。。

     一流し目からモジョモジョ当たるも・・立ちウキは入りきらない。。
      開始からの30分は海苔が数回取られ・・雰囲気はある感じ。。

  しかしここで・・・・アオリ狙いの方に両サイド挟まれ・・怒涛の鬼シャクリ開始。。

 これまで順調に取られていた海苔餌へも無反応となり、スグに大荷物を持って場所移動。
   コレが・・・最初から離れた磯へ入っていた知り合い達の理由だと・・痛感。。

  場所を移動するも・・時すでにホボ遅し。。 といったところで、夕日を眺めて終る。

イメージ 2

    今回も・・リベンジのリベンジのつもりが、又しても返り討ちな子供。。。
   あ”~~~いったい何時から海苔メジナ、釣っていないのかなぁ~~の問いに・・

   えぇ~~っと・・最後に釣ったのは確か一か月前。。と、素直にお答えのアタクシ。。

 ヤッパリね~~ 全然掛けてないもんね~。そこで私>正確には掛けてナイなんだよ!
      だから・・そうストレートに言わないの。。 と・・子供。。。

  そんなやりとりから・・・よぉ~~し、朝までコースケッテイ。。と、スイッチが入り
             第二ラウンドのワタリング開始。。

      コレは潮位の関係でちょっとだけの遊びとして・・こんな感じ。。

イメージ 3

        続いて第三ラウンドは軟体系部門、其の一のタコング。。

 コレはよさげだったけれど、結果は✖。ヒジキやワカメを漁師が刈った潮というのは・・
 意外とそのエリアはダメだったりする。 丁度この潮まわりはそのタイミングなので、
  第三ラウンド、軟体系その二のアオリ探し。。 これはイイサイズを二ハイ見つけ、
    小さいほうだけでしたが捕獲成功。。 サイズは300UPの食べ頃。。。

イメージ 4

     子供はますます目が輝き始め・・・よぉ~~し、調子が出てきたー
   次なに行こう! みたいな状況でしたが、、 とうに日付は変わっているし・・
    連日子供の野球に付き合わされている私は・・・ここで力尽きる。。。

  この分だとホントに朝になっちゃうゾ・・で、子供の夜磯遊びも無事に終了でした。。

               【この魚の食編はこちら



         日付は変わりましたが・・本日は単独で磯へIN。。
    ここに来て(この界隈では)メジナも若干着き場が変わってきているので、
      立ち位置も、出来るだけ静かな場所へ・・と思っておりましたが、
 めぼしきところは微妙な間隔で入れず・・今回も落ち着きの悪い場からのスタート。。

イメージ 1

  コマセは・・かなり時間を掛けて採った海苔をメインに、オキアミとのハーフ。。

イメージ 2

  開始からの三連荘は全てコレ。。 オキアミだとちょっとかわせない程居るみたい。

イメージ 3

  何所か静かな所が空かないかな・・と場所移動の事ばかりが頭にあり、集中を欠く。。

  このままでは好さげな(潮の動いている)時間もあっと言う間に過ぎてしまうと・・
  ここで大荷物を持って場所移動。。 奥まった静かなエリアはポイントとしては・・
  一級・二級で表すと・・三級以下の立ち位置ですが、子を持った時期のメジナには
   得てして◎となったりもするので・・昼からは静かなところで海苔投入。。

イメージ 4

 すると、一流し目からスコンと立ちウキが入り・・根かな??と半信半疑なアワセから
      しっかりと竿に乗ったのは・・・35cmUPの海苔メジナ。。

イメージ 5

   連荘を期待するも・・そうはうまくいく訳もなく、次のアタリは二時間後。。。
         コレも運よく竿に乗り、ほぼ同クラスで二枚目。。

イメージ 6

 次のアタリまでは・・もう一時間掛かってしまいましたが、コレも奇跡的に針掛かり。

    ずっと曇っていた日でしたが、雲の切れ間からやっと夕日が顔を出し、
       遠くの富士も綺麗に浮かび上がるのを暫し眺める。。。

イメージ 7

   しかし・・マズメ時間は不思議と魚っ気が無くなるのはここ数回のナガレ。。
 このタイミングでもう一度アタラナイかなぁ~~と頑張るも、やっぱりダメダメで納竿

イメージ 8

   内訳は・・36cm/36cm/34cmの三枚。 ただ・・アタリは三回だけで・・
      海苔餌もアタった時以外は全く吸われていない状況ですので・・
          ただ単に運がヨカッタだけの釣りでした。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~1.75号   2ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

              【この魚の食編はこちら



   昨日は久々に単独で磯へIN。 子供をグランドへ送って行ってからのGoなので、
           入りたかった立ち位置は満員御礼状態。。。
         適当に立ち位置を決め、コマセ支度はこんな感じ。。。

イメージ 1

  もう海苔餌が殆ど日焼けしての流失状態なので・・今回も持ち帰りの冷凍ものを使用。
      喰いは極端に悪いけれど・・コレばかりはどうにもならない。。。

         まずはオキアミスタートで・・えさとり確認。。

     できれば・・オキアミが10秒と持たない春の状態にならないかな?
      そうしたら海苔へ軍配なんだけれど・・・な想いで一流し。。。

イメージ 2

      しかし・・・状況としては数流しに一度、餌が齧られる程度。。。

   エサ取りは・・多分、フグ系とベラ系・・それと海タナゴがチョコチョコ。。
  コレが徐々に活発化するのを待っていると・・・ちょい悪ヅラのムツっ子登場。。

イメージ 3

        コレは昔っから・・特に意味はないけれど大好きな魚。。

    ただ・・海水温が14℃と・・桜の開花時点よりも二度下がった状況は・・
  何をやっても策が見いだせない。。。 せめてコッパでもエサに着き始めれば。。
            で・・・このコッパを釣るのに3時間。。。

イメージ 4

    これでようやく海が変わったかな?で・・立て続けにコッパが3ピキ。。

         お昼となり・・ここで初めて海苔餌へシフト。。
     なかなかアタリが出せない中・・・ちょっとシモったかな??と・・
   前アタリを一度もらい、その数投後・・今度はしっかりと立ちウキが入る。。
       千載一遇のチャンスかも・・で・・しっかりとアテる。。

   魚はやや小ぶりでしたが、カッコヨク言っちゃうとキーパーサイズの海苔メジナ。。

イメージ 5

   けれども・・海苔へのアタリはこれっきり。 結構頑張っては見たモノの・・
       隣ではエギンガーがウナリをあげての鬼シャクリ開始。。。
     ラインの水切り音がかなり響き・・自動的に魚っ気はナシとなる。。

    マズメには潮位がグンと下がってしまい、潮も全く無くなり・・納竿。。

  家に帰るなり・・・子供が・・ヤッパリ春潮は安定しないから怖いね~ ですって。。。

             おっしゃるとおりでございます。。。

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~1.75号   2ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc


           ここで・・忘れられていた食編を一つ。。
        これは前回の単独釣行時のモノだったと思うのですが、、、
  辛うじて掛かった二枚の海苔メジナを・・持ち帰ってからこんな感じに三枚に。。

イメージ 1

      この状態から身を寝かせ、とりあえず一人前はこんな具合に。。

イメージ 2

    今回は脂の乗り(ちょっと少なめだった)も考え、マグロっ気も添えまして
           肝醤油と合わせて旨味が出た感じ。。。

        そんなこんなで今回も美味しくおいしく食せました。。。

              【この魚の釣行記はこちら


      前記事のアユ用品即売会へは、珍しく家族そろって参加。。

  コレは得てして・・NEW鮎ロッド等の大物購入の予定?大蔵省も居るので・・
   これは間違いない!! と、お店側は期待したかも?な雰囲気でしたが、
    実際は・・その後のお出かけの為に買い物に付き合っていただけ。。。

  ということで・・向かった先は通いなれた道志川沿いをさかのぼり、山中湖畔へ。。
   丁度このころ、富士の雲もキレ始め、久々にドンとまじかで富士を眺める。。

イメージ 1

           子供はというと・・・スグに始まるナンチャラ映え遊び。。。

イメージ 2

  ※ 今日(10日)は一転、季節外れの雪で湖畔は今朝から雪景色でしたね~。。

      そしてここから・・もうひとっ走りして忍野村へと向かい・・
          忍野八海を・・(時間が有れば)巡る計画。。。

    あちらこちらと観てまわり、こちらは5番霊場・湧池(わくいけ)。。

イメージ 3

   富士からの湧き水があちらこちらで湧き、澄んだ水にはデカいニジマスの姿。。
   魚を見ると・・・自然と魚ヒット!の恰好をとってしまう釣りバカ小僧の姿↑。

     そしてお次が・・さかな公園なる、富士湧水の里 水族館へもIN。。
           ここでもナンチャラ映え風の子供。。。

イメージ 4

        ここでは・・個人的に大好きなジャンルに釘付け。。

               其の一が タガメ!

イメージ 5

             やっぱりいいなぁ~~ コレは。。。

                其の二はアカメ!!

イメージ 6

        サイズは40弱で、コヒラクラスの丁度かわいい大きさ。。。

        そして最後が・・子供のお気に入りのキャビアママ。。。

イメージ 7

  チョウザメは・・最近は結構あちらこちらで見かけるけれど、やっぱり大きい固体は
             凄味があってカッコいいらしい。。。

      ただ、一つ言うなら・・クニマスってどうなっちゃったのかな??
      そっくりなヒメマスはたくさん居たけど、今クニマス・・ここに
           居ないんだね~ なんて思ったりも。。。

    とまぁ~ そんなこんなもありましたが、鮎用品の展示即売会の後を
           有意義に遊んだせんたくや一家でした。。。


    昨日は川方面のお店の鮎用品・展示即売会へ朝一番から家族そろってGo。。
    会場内は・・丁度、名人方による講習会も始まっており、こんな具合。。。

イメージ 1

           ↑はアユ竿展示と講習会の会場ね。。
    久々に手にする鮎竿は・・ヤッパリ長いなぁ~~というのが素直な感想。。 
    まだ鮎モードには程遠く、アユ用品を見てもピンとこない時期ですが、
             別の会場の即売会フロアへ動き・・
    とりあえず・・消耗品は買いそろえておこうかと一通りみてまわり・・
  昨シーズンのオフからちょこちょこ買い足しておいたモノと含め、こんな感じに

イメージ 2

    ただ・・気に入っている複合ライン(MAXね)の番手が既に完売だったり、
   使用頻度の高いイカリのバラ針も既にナシだったりと、買い物としては少なめ。。

    けれども今年は・・何年かおきに一度の、手元に残っている組まれた針や
   作っておいたシステム等を・・無駄なく使いきる年と決めていたシーズンなので、
            これはこれで・・ヨシだったりも・・。。

         多少鮎モードになりかけた?せんたくやでしたが、
  まだ海モードでもあるので・・・ついでに本店まで動き、こんな感じに海モノも。。

イメージ 3

      そんなことで・・もう少し海方面かな?な感じでしょうか。。。



   昨日は子供と海へGo。 潮まわりと風向きの関係で入れる場所は限られる中、
             適当な場所から支度を開始。。。

イメージ 1

    潮が効き始めてもオキアミすらとられず・・・魚っ気はまるで無し。。。

イメージ 2

 マズメまでの数時間、状況はほとんど変わらず・・根周りで偶~~にこのサイズ。。。

イメージ 3

     コレは前回と同じ状況変わらず・・。。。 で、メジナ終了。。

    第二ラウンドは・・このところやれていなかったタコングにケッテイ。。
         子供は・・開始早々に大型をロックオン。。
  せぇ~~の・・de よぉ~~~し 久々に重た~~・・な個体は二㌔クラス。。

イメージ 4

   後の測りで・・1.95㌔の泣きサイズでしたが、久々のクラーケンサイズに
 子供も納得ということで、第三ラウンド突入もなく、笑顔のおひらきとなりました。。

   相変わらずメジナは不調続きではありますが、別物で楽しめた日でした。。

……………………………………………………………………………………………………………
タコタックルは参考までに、きわダコ(110cm) EMBLEM 2500. GOSEN.PEライン6号
 リーダー、ナイロン10号。 テンヤは自作又は(軽め使用時)ヤマリア、タコテンヤ20号

               【このタコの食編はこちら







      子供の春休みも最終日ということで・・昨日は子供と磯へGo。。

     入りたかったところへは入れませんでしたが・・別場所でコマセ支度。。

イメージ 1

     出来上がりはこんな感じで・・海苔仕様としては理想的な感じ。。。

イメージ 2

     しかし・・コマセの仕上がり具合は理想的ではあったのですが・・・
               魚の活性が今一つ。。

イメージ 3

   やはり海水温が・・ここに来て上がったり下がったりの繰り返しで落ち着かず、
   塩分濃度も、この半月内で一番下がった日となったのもメジナにはモロに影響し、
          ノリ餌は一っペラも吸われること無し。。。

    魚も・・午前中のオキアミ餌に辛うじて掛かって来たのがこの子のみ。。。

イメージ 4

       諦めの悪い子供は・・結局こんな時間まで頑張るも・・・

イメージ 5

        結果は同じで・・・春休みの最後の日を有終の美で飾るゾ計画も・・
             あえなく❝完ボ❞となりました。。。



   前々回の子供との海苔メジナ釣行時、子供に辛うじて掛かった海苔メジナは・・
   持ち帰ってから、晩のうちに包丁を入れて・・とりあえずこんな状態に。。。

イメージ 1

   それと・・足元に生えていた新ワカメもサッと茹でて一っペラ添えまして・・
                こんな感じに・・。。。

イメージ 2

海苔メジナのお造り、出来上がりです。。


イメージ 3

   今回は一枚ポッキリの獲物でしたが、大きさ的には丁度下駄サイズということで、
          美味しくおいしく食していた子供でした。。。

             【このメジナの釣行記はこちら



このページのトップヘ