鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2019年06月

 長きにわたり続けてきましたYahoo!ブログでしたが、サービス終了ということで・・
 移行先を考え、移行ツールを使用して何とかこちらへ無事に移せそうになった時・・・

 最後の最後で・・本当にこの【実行】のボタンを押してよいのか考えてしまった。。。

 十年以上yahooで続けてきたし、なんとなく愛着のあったホーム画面を見ると、
       ちょっと複雑な心境になったのは事実。。

P6264937


 ただね・・十年以上お世話になったYahooブログだというのに、最後の投稿記事が・・・
 アタクシの足の骨折画像で終わっていることに前ブログへは申し訳ない気持でイッパイ。。

  ただ・・・そんな中、子供の夏の公式戦の背番号が配られましてね・・
  初の7!レフトのレギュラー番号。。

P6274939



 いわゆる三年生最後の夏なので、二年のうちの子は微妙な位置でもありましたが、
 毎晩・・練習し、アタクシも・・足の指の骨まで折って付き合ったかいがありました。。。


 あとは・・このブログが・・ 無事に投稿できるかが問題といったら問題でして、
 まだ・・・こちらの使い方が殆どわからない状況での近況報告でした。。。

 ちなみに足の指は・・・・まだまだ腫れあがってまして、
 釣りどころではごじゃりませんです。。。






  子供の夏の公式戦を今週に控え、背番号を配られる緊張の数日となっておりますが、
 そんな中、セカンドのレギュラーが怪我で抜け、外野から・・うちの子が4へ動くかも?
   な事態が発生。。 そこで・・・急遽、中間守備からの4-6-3ダブルプレーと、
 6-4-3の動きを居間で徹底して教え、コレはある程度。。 そして問題はこのあと・・・

 ケースとして一番多いボテボテのアタリでのセカン無し。 3で一つというプレー練習。。
    セカンを一度見てから反転して3へ。。 の形をやっていた時・・・・・

       こんな狭いところでやるなぁ~ 子供が怪我したらどうする・・
     お店でやりなさい!お店で・・。。 とは嫁はんの一言。。

     このあと、素直に(忠告を)聞いていればヨカッタとつくづく。。。

  それはアタクシが子供に・・セカンドを見てから反転して・・ と教えた際・・・
  カーペットに足がとられ・・足をひねった瞬間足の親指付近でカチっと音が。。
      見ると親指の隣の指が・・考えられない方向に曲がっている。。

 激痛と曲がり加減でスグに脱臼とわかり、腫れないうちに自力でガクンと入れなおす。
    ものの数分でジンジンと腫れあがり一時間後には色も変わる。。の画

イメージ 1

     脱臼はほかの指でも二度経験しているので、自力で入れられますが・・
    今回はやった時のカチッという音が気になる。。 痛みも相当なので
         今回は・・折れちゃったかなぁ~ な想いも。。

    これじゃー・・間違っても鮎用のタビ(中割れなので)はけないし・・
   風呂以外はシップとテーピングガチガチだし。。で、ちょっと気分低下。。
  あの時・・嫁はんのいうことを素直に聞いていれば・・と思ったアタクシでした。。

     ただ、、怪我が子供じゃなくてヨカッタ~が正直なところです。。。

   昨日22日は、鮎河川の相模川ではシマノのジャパンカップ相模予選が開催。
   これには多くの知り合いも参加しておりますが、あたくしは朝一番から・・
  子供の試合観戦。。 二試合が組まれている中、途中で大雨となり、一試合で終了。

  ここで・・・昼からの子供の選択は・・・まず渓流Go! ただ渓流には時間が無い。

  そこで・・二つ目の案。 ちょっと一休みしてから、ゆっくり出でのウナギんグ決定
      スグにドバ様を掘りにゆく。。。まだ小さいけれどこんな感じ

イメージ 1

  丁度昨年もJCの時に様子見ウナギんグを試み、運よく複数安打だったらしい。。
 それと、昨年に子供が釣って家で飼っているウナ(生態観察?のちに食べる用??)も
            こんな感じに現在も元気なのですが・・

イメージ 2

    ココに来て急に餌をバクバク喰い始めたので・・自然界も一緒では??
   な想いもあり、ちょっと期待しつつ・・某河川IN。二人してケミを眺める。。。

イメージ 3

  最初のアタリは・・・濁り時にはどうしても掛かってきてしまうヒゲちゃん。。。

イメージ 4

   お次はイイ当たりだったので・・子供もすっかり本気アワセ・・・からのフナ!

イメージ 5

       コレは意外とレアものなので・・・全く頭になかった。。。

  そして・・・通称、❝日暮れからの三時間❞といわれるウナ時合も過ぎようかという頃、
  よぉ~~~し、 コレはウナアタリだよ! と慎重にアワセ・・今季一本目のウナ!

イメージ 6

  時合かな?と・・期待するも、、アタリは細かく、魚種わからずの二バラシも。。
  今日は気温が低いせいか、中々喰い込まないな・・よし、次のアタリは少し送ろう!
   と・・子供ブツブツ。。。。 そして・・ 乗ったぁ~~ コレはイイサイズだよ!
             で、二本目はまずまずの良型。。。。

イメージ 7

          ここで・・・魚っ気が無くなり・・・ 納竿。。。

イメージ 8

  濁っているので時合が難しい日となりましたが、ウナもよい出足となりました。。。

……………………………………………………………………………………………………………
ウナギ > D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000
  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ13号> 餌、ドバミミズ


    今日はお昼っ頃からの川入りでした。 場所は相模川の競技地区の瀬です。
  この地は明日、ガマカツのG杯相模予選が組まれておりまして、下見と思われる方も
             大変多く入られておりました。

      川の状況は・・43t放水なので平水+20cm強は高い感じ。。
        河原の草も水没箇所が多く、こんな具合でした。。

イメージ 1

   アタクシは競技下見ではないので皆さんの邪魔にならないところからスタート。
            濁りは膝下水深でこんな感じ。。。

イメージ 2

 開始からそう時間もかからずにポツポツ掛かるもハラ掛かり・目掛かりのワン・ツー。

イメージ 3

     野鮎囮がまわらず、なかなか養殖囮から抜け出せない状況でしたが、、
     始めの一時間は運良く7尾。。 しかし・・・ここでパッタリ止まり、
     次の8尾目が掛かるまでに・・なんと一時間以上かかるありさま。。

   一通りさらってしまうと・・返しが効かないので、着くまでに時間もかかるし
 変に中へ入っちゃうとこれまた後悔しちゃうし・・で、どうにもならない時間を過ごす。

   好い感じの出水加減なのに・・・・魚が入れ替わらないのがかなり小難しい。。。

  並びにはG杯・JC・Dマス・オールジャパン等のファイナリストさん達が勢ぞろい。
          暫し手を休め、釣り談義&勉強会開始。。。

  この状況は流石にお手上げの中、強風まで吹き始め、急遽 竿を短くする策にでる。。

  そして・・・下見の方々が明日に備えて上がられたころ、ポツリポツリと拾っていく。

イメージ 4

 上手な方々の入られた後なので・・大きさはこの程度でしたが囮ごろと言えば囮ごろ。。

  気付けば明日のG杯のノボリが既に設置されており、すっかり競技河川の雰囲気。

イメージ 5

  このあと・・適当なスジにおいていき、二・三尾ずつポロポロっと掛けて納竿。。

イメージ 6

数は囮別で【22尾】一時はどうなるかと思う程でしたが、運よく掛かってくれました。。

イメージ 7

※ この地は明日も含め、立て続けに大型鮎競技が予定されておりますので、
  知り合いを含め、競技参加の方々の迷惑になる可能性もありまして、
  場所等は乗せておりません。 ご理解のほどを宜しくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 / 東レ ナイロン0.2号
   D社 硬派(急遽・元竿抜き短竿改)メタコンポ  0.05 
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1号+v背バリ

3/70


            鮎・渓流いろいろ釣行記

    10年以上続けてきました このYahoo!ブログでしたが、
      この8月末までで、実質 サービス終了とのこと。

 アユの時期ですし、もう少しココで記事入れはしていこうかと思いますが
   一応、鮎・渓流いろいろ釣行記はそろそろ終了となる予定です。

  そして・・いろいろと考えた結果、今度はlivedoorさんのところで
  お世話になろうかと、鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ として・・
         とりあえず開設だけは済ませました。。

   yahooブロからの移行はもう少し先になるかも知れませんが、
        これからもご訪問いただけたらと思います。




    渇水続きで水状況の悪かった相模川(昨年のダム湖清掃等もあり)も・・
  今日の纏まった雨量で、とりあえず目安としていた100t超え放水(pm11:00時点




             ダム名・  全流入量・  全放流量
                 城山ダム    (m³/s)       (m³/s)
...............................................................................................................................................................
                         115.71                    103.40
                          ⇩          ⇩
日付が変わって➡                 112.35                    113.38
                          ⇩          ⇩
朝方には・・・➡                                            197.85                    187.82

  これで辺地のノロ類も流れ、多少は悪水も解消してくれる?。それと、この出水が
  呼び水となり・・下で待機組の遡上鮎もドンと遡って来るかなの期待も・・。。

   いずれにしましても、相模としては良い具合の雨だったのではと思いますが、
   来週からはメジャー競技も目白押しですし、さてさてなるどうでしょうか。。

 今日はホントは午後からの川入り予定でしたが、マズメっ頃には雷雨予報ということで・・
   ちょっと早めて10:00頃から川へIN。 場所は相模川の競技地区の瀬です。。

   前回は解禁日の午後入りでしたので、シーズンお初のご挨拶等もあって・・
 場所等もあまり見ていられなかったから・・今回は まず昨年と変わった箇所を観る。

  すると・・てっきり流れて埋まってしまったと思われていた通称❝電柱❞を発見。。
             今年は水の中に沈んでました。。

イメージ 1

    昨年はこの周辺でよく掛かったなぁ~なんて思いつつ、見て歩き・・
  適当な所から養殖で一探り。。 川の状況はほぼ平水ですが、昨日の雨の影響で
    一時的には40tくらいは流していたので辺地は比較的綺麗になった感じ。。

   スグにビリっこいのがポチリと掛かり、立て続けに白鮎が三本掛かる。。

イメージ 2

     天然の遡上数は昨年の10分の1程ともいわれておりますが、その分・・
    とりあえず(相模のビリっこ囮に慣れていれば)今年のは、どれもこれも・・
     囮にはなるくらいのサイズなので昨年より、囮循環には良いのかも。。

イメージ 3

  それと・・時々ガガガッとビリっことは違うアタリで・・掛かるのがこのサイズ。。

イメージ 4

     そんなことでお昼までの2時間は16尾として簡単に昼食タイム。。。

    午後からは違う瀬に立ちたかったのですが、お客さんがおられたので・・
  午前と似た釣りからスタート。。 ポツリポツリと掛かるのは午前と似たペース。

 並びにはKA名人とお友達の方もお見えでお話を伺うと、午前は違う瀬へ入っていたとの事
       自身も気になっていた瀬なので・・ありがたい情報を頂く。。

 川はやや増水からの引き水で・・中が抜けていたようでチョイチョイ這わせていると
   2、3本獲れてややお休み状態となり、ちょっとスジを変えてまたポンポン。。

  ビリっことビリっこの合間に突然ガガガッと派手にアタる良型も色が着き始める。

イメージ 5

  ただ・・このサイズを通してもなかなか同サイズが続かないし、ビリっこの連打が
  確実に一度止まっちゃう感じで・・・こまめにビリへと囮交換しながら様子をみる。
  そして、4時ころまで竿を入れ・・寒さのせいか追いも止ったところで 納竿。。。

イメージ 6

  数は囮別で【40尾】大きさはこんな感じで・・10cm~18cmといったところ。。

イメージ 7

       出水で多少魚が動いたようで、運よく掛かってくれました。
……………………………………………………………………………………………………………
   D社 競技T 中硬硬90 VARIVAS META-MAX 0.06 つまみ0.4
  D社 マルチ7号 4本イカリ オモリなし~1号

2/48

    アユも解禁し、釣りも本来なら・・ほぼ鮎一色となるところですが・・・
        気持ち的に そうならない理由がありまして・・・

       それは・・先日子供と行った若鮎の流し毛鉤での魚でね・・

イメージ 1

    これをいつものようにサクサクっとこしらえ、カラっと揚げて・・
    こんな具合に食すのが多いですし、コレが若鮎の場合、一番美味しいのですが・・

イメージ 2

            残念なことに・・約半分が泥臭い。。。

  今シーズンは・・・水がよくなくて、未だ辺地などはこんな状態のノロノロ状態。。

イメージ 3

      これは昨年の秋。 鮎には一番ダイジな季節だと言うのに・・・
     10年に一度っくらいの周期で行うダム湖の点検や底掃除として・・
    かなり長い間、白い泥水を流していたそうな。。 これは12月に下流で
  川シーバスを狙っている時、まだ異常な程濁っていたのを自分も確認してました。

  その後に大きな出水でもあって、河川に残ったダム湖の底水の汚れが流れていれば
 こう酷くはなかったのですが、残念ながら出水もなく、逆に渇水で放水も平均で14t止まり

  その影響もあるのか、特に今年の相模は辺地に、ヘドロにも似た泥が目につくし、
                川も実際・・臭う。

     この泥を少なからず食む鮎、大丈夫かな?と、心配はしていたけれど・・
    はやり、ちょっと気になるレベルだし、当然 人になんて配れない魚。。
  まだ小鮎は 時期的にそう一日中垢を食む時期でもないので泥臭は弱いけれど。。

  そんなことで・・鮎釣り一色という感じではなくなってしまったのは事実。。。

   また、原因はほかにもあり・・一にも二にも水が出ていないのがイケナイ。。
   いずれにしましても・・100t超えの出水が続き、約半月の川止めが有れば
  泥臭ではなく、アユ本来の香りも戻り、釣りの面でも食の面でも楽しめるのでは
     なんて思いながら・・今シーズンのアユを食しておりました。。。



        このヤフーブログも・・今年中にはサービスが終了。。
     しかも・・8月いっぱいで投稿及び編集もできなくなるとのことで、
           実質、8月中には終わるのと同じ。。。

  なので・・そろそろ移行するのか、新たに作るのか、はたまたやめとするのか。。
             コレを考える時期に来た感じ。。

   アユの時期だと言うのに・・・頭の痛い問題が一つ、また一つな雰囲気。。。

 移行を考えるなら・・選択は、アメブロ・ライブドアブロ・seesaaブロ・はてなブロの4つ。

1)まずはアメブロ・・コレは我が家の2つのPCとも不思議と動きが悪くて多分ダメ。。。
2)そしてライブドア、コレは海も淡水も含め、知り合いの方々も多く利用している。。
3)seesaaは正直、閲覧したことが無いので・・これからひと調べが必要。。
4)はてなブロは・・比較的綺麗な写真載せ(釣り以外)イメージなのでこれも調べ必至。

と、どうもこの4つなら・・つくりは多少変わっても過去もんがそのまま移行されるらしい。

  このほかのサービスで始めるには、移行ではなく新たにこしらえることになるので
  これはこれで調べが必要。。 そんなことで・・ちょっとバタバタな鮎季節でして、
  記事入れも滞るかも知れませんが、ご理解のほど 宜しくお願いいたします。。




  日付は変わりましたが、今日は夕マズメだけ狙いで子供と流し毛鉤を振りに川へ。。
  今年の遡上状況も・・トモを引くよりは手っ取り早く分かりそうなので相模へIN。。
            場所は相模川の競技地区の瀬です。。

イメージ 1

   状況としては・・湿度も毛鉤には丁度好い感じ。。 ただ・・問題は強風。。
      流し毛鉤自体の重みが必要ということで、シモリ球を急遽外し、
        上下瀬ウキとして、絡み防止重視で始めさせてみる。。

        すると・・開始から僅か数流しでビビビっと反応。。。

イメージ 2

     この調子で数尾上げたところでアタクシも状況確認でちょこっと竿出し。。。

     感じとしては・・やはり(遡上アユの)数は少ないかな?な雰囲気。。
    本来なら、ウキとウキの間にある数本の毛鉤付近でもう少しモジョモジョしたり
     ザワザワしたりするのだけれど・・コレがまだそれほどでもない感じ。。

  ただ・・その分、掛かって来るアユのサイズはまずまずで十分オトリになるモノも。。

イメージ 3

     そんなことで・・マズメまで楽しみ、とりあえずはこんな感じ。。。

イメージ 4

  数は・・ザっと50尾程でしたが、風の強い中・・よく掛かったのではと思いますし、
  遡上状況も・・ただの一回なのでハッキリは言えませんが、そこそこは遡っている?
     それと・・サイズですが、今現在の囮ごろみたいなのも混じりました。。

イメージ 5

    あとは・・一度くらい100t超えクラスの出水がでて、川が太くなると・・
  下流域に溜まって動けない組の群れが、一っ気に上がってくるのでは?な想い。。

   下には相当数居るそうなので・・コレに期待といったところでしょうか。。。
 
  子供、竿>D社 AWT-PM 琥珀抜 中硬硬53。毛鉤にこんな高価な竿を。。。

                【流し毛鉤はこちら

   今日は県下のアユ解禁となりましたが、、、正直・・筆が重いと言いますか、
   筆が進まないとでも言いますか・・ いずれにしても進まない記事入れで・・
   結果から先に言いますと・・魚、掛からないなぁ~・・な解禁日の午後。。。

   昨日、子供が部活でボールを眼にあて・・医者やらなんやらもあって、
  ホントは解禁には参加しない予定でしたが、仕事後・・午後からの数時間なら
       多少様子でも見に行けるかな?で・・午後からのIN。。

  囮を購入し、顔見知りの方々にお話を伺う。。 すると・・1時間見ているけれど
     未だ竿が立つ様子がないとの事で、いやな予感はアタッタ感じ。。。

     この時点で一番下の友エリア(昭和橋➡圏央道➡石切)全てを・・
            午後入りなのに観に行くはめに。。。

イメージ 1イメージ 2






何所も良くないとのことで人も少な・・結局戻っての竿出しは高田橋の下流地区。。

イメージ 3

        この地は・・良さげな所は全て竿が入っているので、
      ほゞ掛からないであろう場所からナイロンでフワフワ泳がせてみる。

   すると・・・15分ほどしてグルングルン・キラキラと背負い、令和一号。。

イメージ 4

       しかし・・お分かりの通り、内臓イッパツで即ビロン。。。

    およそ5分後、養殖二号がギラギラギラっと流れ始め、運よく囮ごろ。。。

イメージ 5

   そんなこんなで・・奇跡的に三つ掛かり、居るんだなぁ~が正直なところ。。

 初日なので流れを確認するべく動きだし・・ 途中、知り合いの方々とも釣り談義。
 竿をたたんで歩いている時間や、しゃべっている時間も大変多くなるのがシーズン初め。

  正味、2時間半の釣で・・結局8尾掛けただけと、何ともなスタートでしたが、
   個人的には・・かなり奇跡的に掛かった魚だったのでは?と思います。。

イメージ 6

※ アユの低遡上量云々もあるでしょうが、その前に・・問題は水枯れでしょうかね。。
  一番気になるのは・・・辺地のノロ。。↓ コレがかなりきつい(匂いも)ですね

イメージ 7

    コレを一発で流すような出水が有れば、アユも香りが良くなるのですが・・
       現状は・・かなり厳しい相模川といった感じでしょうか。。。

……………………………………………………………………………………………………………
   D社 競技T 中硬硬90 VARIVAS META-MAX 0.06 つまみ0.4 
竿 D社 銀影競技 T中硬硬 VARIVAS META-MAX 0.06 ナイロン・東レ0.2号
  D社 マルチ 7号 四本イカリ オモリ 無~0.8号


このページのトップヘ