鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2019年10月

昨シーズンの海始めの釣行記を見かえすと・・もう10月の終わりには海IN。

秋の訪れが今年よりもいくらか早かったこともあり、ややフライングスタート。
結果的には・・辛うじて掛かってはいるけれど、本来の感じではない雰囲気。
コレは釣行記を全て記してある❝自身の虎の巻❞にも詳しく書いてあったし、
特に今年は・・・目安としている木枯らし一号の コの時すら報じられないあたり、
チョットおかしなシーズンかも。。

ただ、そんな中・・用意だけは済ませておこうかと、まずは磯マル&ヒラ準備。。

PA245102

ロッドは使い慣れたSPS-112を二本と、いくらかライトな802の計三本。

それと・・・主力のルアー群。。。

PA245105

あと・・・・どこにしまったか行方知らずだったモノを今年は発見!
それが・・・・自作の剥製ルアー。。。名付けて❝落ち鮎クン❞作成記事はコチラ

PA245108

当時、コレでどうしても釣りたい!そう思っておりましたが・・
使用するシュチエーションが中々あわず、そのうち忘れられていたモノ。。

ある意味、しょんぼりしていたであろう忘れられクンは・・
この時とばかしに大活躍するのでは??ということで・・
今年はソレに期待の一軍ルアーデス。。

そんなこんなで・・・用意だけは済ませましたが、
いかんせん子供の用事や季節の変わり目等で時間もとれず・・
今秋の一発目はいつになるやら・・といったところです。。。



この休み、子供はというと・・明るい時間は全て部活。。
あぁ~~海にでも行きたい~~、、な 禁断症状も勃発。。。

そんな時、ここ数日の暖かさから我が家のチビウナギもやや活発な餌喰いをみせ、

PA265106

自然界でもまだ喰うかもね!で今秋最後のウナギングケッテイ。。

そこで・・まずエサのドバミミズの確保となるのですが・・・・
もうこの時期、そうは居なくてもう大変。。。
やっとの思いで20ピキ程を確保。。

PA265103

予備餌には前回同様、一応小鮎は用意して子供と川へIN。。

最初のアタリはコツコツというよりは・・モソモソ。。。
ききあげると・・やっぱりなァ~なモクズガニ。

PA265108

秋が深まると・・どうしても多くなるし、貴重なドバ様を一発でやられるので・・厄介者

すると・・・次のアタリはコツコツとイイ感じでアタリ・・
これはウナっぽいネ。 慎重にアテよう。。で、一本目。。

PA265113

ただ、河川的には・・先日の出水で川がかわり、本命な流れが無くなっていたりと
とにかくよくない川状況。。 次のアタリも運よくウナが掛かるも・・・
抜き上げでポチャンと落ちたりと・・・どうもうまくいかない。。。

その後、アタリは全てモソモソとしたカニ系が続き・・・

PA265109

コレがかなりいるみたいだし、競い合ってエサに着く状態なのか・・・
仲間に盗られまいとスグに石裏へもっていってしまい、
仕掛けが一瞬で根がかる始末。。

餌や仕掛けの消耗も激しく・・・もうお手上げとなり釣りは終了。。。
今期の子供は、5回のウナ釣行で16本と・・回数の割に
良く掛けたウナギングでした。。。
..............................................................................................
 D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000

  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ14号> 餌、ドバミミズ

鮎の(通常の)漁期は終わっておりますが、
一応漁期延長の特別採捕の期間は残っていたので・・ヒョットシテ最後に一回、
竿入れが出来るかも?の想いから道具立てはそのまま残してありました。

けれども・・順調に150tくらいまで落としていたダム湖の放水も、
一昨日の台風20号(接近時は温帯低気圧)の通過により、
再び400t超えの放水となり、数字上はまた1m50は上がった計算。。

これで・・・淡い期待も全て消え去り、万事休す。。。
諦めもついたところで・・ベストを洗い、竿も洗ってワックスがけ。。

PA215118 (3)

ちなみに竿へのコーティングは前々から・・車用の液体型、超撥水タイプ。。
いわゆるボナンザ的な使い方でサッと拭きあげておく。。

竿も今年は・・6月の怪我により、初期の約二ヶ月が釣り不可だったので
中硬硬竿は二度使用しただけでまぁ~綺麗なまんまでしたが・・
その分、早瀬竿や急瀬竿は毎回洗っていた割に、やや使用感も有ったので
念入りに洗ってコーティング。。。

そういえば、二ヶ月後に川へ戻ってみると・・・もうすでに皆さん、
早瀬や急瀬を使っていたのには驚いたなぁ~なシーズンでしたし、
久々に25cm超えの鮎を囮に27cmを抜くなんてのもやっていて・・
手入れ中、折れなくてヨカッタなーなんて想いつつ、
とりあえず・・道具の入れ替えをしておりました。。。

今週末、日本シリーズも始まるし、子供の部活も詰まっていたりと・・
ちょっと野球熱週間ということで、空いた時間も野球関連。。

まずは我が家から歩いても行ける範囲のジャイアンツ球場へ・・
子供と野球部のメンバーも一緒に午前中からGo。

DSC_0003

日本シリーズの登録メンバーはヤフオクドームINなので・・
お目当ては控えメンバーの練習見学ではありましたが、
残念ながら・・・前日の雨でグランド使用は✖。。。

DSC_0004

ジャイアンツ闘魂缶コーヒー片手に・・・選手を待つもダメ。。

そこで・・・室内練習場へIN。。控えメンバーの内野練習をみつつ・・
目の前のブルペンでは・・調整中の宮国クンが凄い球を投げていた。。

DSC_0007

東京ドームから合流かな?もうスグにでもイケそうな雰囲気だね!
と・・子供達も大喜びな投球練習。。。

それと・・子供は、今季限りで引退の阿部さんのユニホームも最近手に入れ、

P9305103

やっぱりビジター用のカラーもイイね、これはカッコいい。。
と、コレを着込んで超ご機嫌。。。

テレビ観戦では・・第一戦をおとしちゃったけれど、、、
朝から晩まで・・野球・野球な一日でした。。。

つい先日の子供の秋休みの日、今季最後のウナギ狙いに子供とGo。。
気温・水温共にまだ高めの日だったので、条件的にはまだイケる雰囲気。。
河原のススキに紛れ・・竿に着けたケミを眺める。。。

PA135109 (2)

最初のアタリは残念ながらデカい鯉。
途中で外れてくれたのでそのまま釣り続けると・・・今度は大型のヒゲちゃん。。

PA135106

ダメだなぁ~~この分だと・・ダイジなダイジなドバ様が足りなくなっちゃうなぁー・・
と、子供。。。 そう、今回はドバミミズが全然居なくて・・・
大・小合わせて20ピキしか捕れていない状態での川IN。。

 予備餌には一応アユの切り身は持っている(コレはイッパイ有る)けれど・・
出来ればドバが喰わせやすいので、外道に捕られるのは避けたい。。

そこで・・・時合が来るまで、一本の竿はアユの切り身仕様。。
すると・・・・外道からのアタリが遠のいたタイミングで
コツコツ・コンコン・・グングンと・・
竿に乗せ・・・よぉ~~~~し、コレはウナだよ!の子供の声。。
せぇ~~の・・で抜きあげるとイイサイズのウナウナ。。。

PA135102 (2)

よしよし・・時合だ時合だ・・で、温存しておいたドバ様一斉投入。。
スグに2本目・3本目・・4本目・・・ちょっとアタリが遠のき・・・・
最後のドバ様へも手を出し・・・最後の最後に5本目を獲ってドバ様は使い切る。
ここで予備餌の鮎へチェンジ。。。 しかし・・・・不思議とアタリが消えて
シィ~~~ンと静まり返る。。。

ドバ餌が切れてしまった事はしょうがないにしても・・
アユにすると、ここまで差が出てしまうかなぁ~。。。
子供曰く、やっぱり活きのいいドバミミズがなにより重要だねー
もぉ~ピクリともしない。。。 で、釣り終了。。。

PA135112

そんなことで・・・20ピキしかなかったドバ様ではありましたが、
5本のウナウナとなりまして、かなり高確率な釣りとなりました。。。
考えようによっては・・ドバ様がふんだんに使えなかったことで
時合一点集中となり、結果・・よい方へ転んだ感じでしょうか。。。
..............................................................................................
 D社 LATEO96ML-TOURNENT  Z 2500   >Neo versal- LUVIAS3000

  PE2号> リーダー6号> ハリス4号> 三越うなぎ14号> 餌、ドバミミズ

このウナギの食編はこちら

神奈川県下のアユ掛けも、本日14日をもって漁期の終了となりました。

相模川水系は特別採捕期間は残っておりますが、台風の影響により、
現在の大増水を考えると、こちらも強制的に終了とおもえます。。

ここで簡単に今期のシーズンを振り返ってみると・・
まず、解禁前の前評判は天然の遡上がかなり少なめ予想。
これは海でシーバスやメジナをやっている時の稚アユ数をみて自身も感じたことで、
個人的な予想は前年の1/20以下かも?とおもっていました。

実際、解禁からの数字を見ると、少ないながらも天然ビリは掛かり、正直ホっ。。
この時点で既に・・昨年の7月過ぎっ頃のサイズまでにはなっていたので、
相模も5年ぶりに大鮎(九寸以上)になるのではと・・かなり期待。。

結果、8月に入ると・・主に上の地区では大鮎サイズが掛かり初め・・
終わってみれば、前半の天然遡上中心の数釣り➡後半の型狙いまで、
一本の河川で❝二度おいしい❞数・型、二刀流鮎河川として楽しめました。。

…………………………………………………………………………………………………………
2019 アユ釣り
 
 相模川 21回釣行(半分が午後入り) 計310尾  毎釣行平均 約15尾

                 (最高尾数は下地区の40尾)
                   (27cm超え 5尾  最長28cm)
                    (200g超え 3尾   213gまで) 
…………………………………………………………………………………………………………
今年も川で沢山の方々にお声掛けを頂きまして、ありがとうございました。

個人的には・・6月の半ばに(子供の)野球の練習中に足の指を折ってしまい、
約二ヶ月川入りが出来なかったりと、ちょっと不完全な年でもありましたが、
後半の型狙いにはなんとか間に合わせられ、運よく数本の型物も
獲ることが出来、終わりよければ全て◎の年になりました。

また来期、川でお会いしましたらそのときは宜しくお願いいたします。。




         
……………………………………………………………………………………………………………


昨日、台風が近づくにつれ・・徐々に緊張感が増してきた。
なによりも・・進路が家の真上を通る予想だったから。

個人予想では、pm9:00前後に直撃。
ただ、その前から家の中のあちらこちらで此処のスマホが
けたたましく鳴り、エリアナンチャラをその都度確かめるといった状況も続く。

立地条件状、怖いのは雨ではなく曝風。
お客様の衣類を預かっている商売ですから、屋根でも飛んだら大変なので・・
とにかく預かりものは安全な所へ移動してから様子をみていた。。

予想通り、pm8:30~の30~40分はもの凄く吹き荒れ・・
長く感じる1時間をなんとかやり過ごした後は疲れがドッと出る。。
幸いにも、大きな出来事は無かったのでホッとはできましたが、
テレビで見る光景はこれまでに見たことが無いほどの状況。

見慣れたもので比べるのであれば、相模川の放水量もこんな感じ

08100060_S1_D48

            

 ダム名・  全流入量・  全放流量
                 城山ダム    (m³/s)       (m³/s)
...............................................................................................................................................................
                           4718.00          4327.55

この数字はダム湖への流入量が増えたことで・・
緊急放流を開始した前後の数字で一時的には4000t超え。
計算上なのでハッキリはわかりませんが、水位も+5m超え。
翌朝になってもまだ1000t超えの濁流。
14404_30_0_58
コレだけを見てもかなりの出来事でしたが、
全国各地でもかなり大きな被害がでているので、
予想をはるかに超えた台風だったことが伺えます。




台風19号もだいぶ予報円が狭まってきて、前回の時同様、
接近・上陸も避けられないと思われるコースになってきてしまった。

WM_TY-ASIA-V2_20191010-210000

相模川も延長の特別採捕を含め、まだ漁期中ではありますが、
台風の大きさや強さを考えると・・もうこの状況は連休がどおの川がこうの・・
なんて言っている場合じゃないくらいの危険なレベル。

どうであれ、大きな被害が出ないことを願いたいです。

今日は午前中からの川入りでした。場所は相模川の上地区です。
台風の動きによっては、三連休を前に増水一発終わりもありうるので、
多くの皆さんも今シーズンの最後になるかも?で、こんな感じに大盛況。。

PA095102 (2)

川の状況は・・結構な渇水状態。こうなると野鮎替えもちょっと難しく・・
平場で養殖一号を一時間泳がすもウンともスンともせず・・ピリッともこない。。。
跳ねも少なく糸アタリもないので・・・魚っ気が感じられない。。。

そこで・・・養殖二号は水深の無い所のちょっとした変化へ止めて置き・・
ようやく野鮎替え。。。

PA095103

魚は比較的若い雌でしたが、もう10月の魚なので・・
殆ど追って掛かってくる感じでは無く、たまたま囮が尾を振ったスキに
掛かったり、穂先をチョイチョイやっている間に・・
スカンと背負ったり・・・と、チョットしたきっかけで掛かる程度。。
現に・・二尾目・三尾目は掛かりどころ悪・悪の腹直。。。

PA095106

型狙いに動きたかったけれど・・・いかんせん微妙な距離感で動けず。。。
結局、似た流れで立ち往生。。。型も囮ごろ止まり。。

PA095112

台風の動き次第では終わっちゃいますし・・漁期内での川入りも
難しそうなので・・・今季最後のつもりで五円玉を流れに沈めて釣り終了。。

PA095113

数は囮別で【8尾】大きさは26cmくらいまででしたが、よく掛かったと思います。。

PA095122

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8~8.5号 3本イカリ ハリス/ナイロン ソフト2号 オモリ/無~1.5号+V背針

21/310


今日は子供の試合が入っていたのですが、鮎の漁期も10日をきっているので
応援は・・・スマン。。 とーちゃんは川に行く。。ということで相模川の上地区です。。
現場に着くと大変な人出で午前中からこんな状態。。

PA055103

目安としては10尾掛け、その中から一本でも型を混ぜるというプランが・・
この時点で・・・今日5尾獲れるかな??になってしまったような。。。
まぁ~禁漁まじかですし、最後の夏日という予報でもあるので考えは皆同じ。。

この状況・・簡単にお話すると、分流にも5名入られており、皆さん入り場が無い状態。
こうなると、養殖からの野鮎替えが果たしてすんなりと出来るかな?も心配なところ

こうなったら・・・一か八か瀬に入り、タマをショワせてひたすら待つ作戦。。
一尾目までは45分を要し、なんとか野鮎替え。もう30分かけ、辛うじて囮循環。。。

PA055106 (2)

ここで・・・平場の隅っこへ移動し、奇跡的に三本獲れ、コレを温存しておき午後へ。。
一休み後の川は・・・更にお客さんでにぎわった感じ。。。

PA055108 (3)

ここで川廻りさんが来られ、状況を伺うと・・魚、(大きくても24~5cmと)
先週あたりから一まわり小さくなったろー。。
と・・特に今日は全般に小ぶりらしい。。 好天の割に追いが悪いのは・・
渇水とこの賑わいでやや場荒れしているのは致し方ない。。

そこで午後からは、午前と同じことをやっていても型は似たモノになると判断し・・
数は望めなくとも・・型狙いでやってみる。。。

そして・・・・今季一番の重量感で急瀬竿を絞り込まれ・・・慎重に寄せる。。

PA055114 (2)

このあとも・・・粘りに粘って同クラスをもう一尾獲り、後はポツポツ拾って終了。。

PA055117 (2)

数は囮別で【10尾】大きさは今期お初の28クラス混じり。。

PA055125

型物は2本とも雄だったので・・・200g超えはどうかなぁ~・・でしたが、こんな感じで

PA055120PA055121












二本とも200g超えの大鮎サイズとなりまして、運も良かったと思います。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8~8.5号 3本イカリ ハリス/ナイロン ソフト2号 オモリ/無~1.5号+V背針

20/302

今日は仕事後のお昼過ぎからの川入りでした。
場所は相模川の上地区です。 川の状況は・・やや渇水気味。
濁りもすっかりとれてしまい・・予想ではかなり厳しそうな雰囲気。

ただ、もう10月ですので・・竿が出せているだけでもヨシな感じ。。
高場から川を望むとこんな具合にお客さんは多め。。

PA025106

並びの数名はまだ野鮎替えが出来ておらず・・予想以上に厳しそう。。

野鮎替えには手っ取り早そうと・・瀬に入ると痛い目にあいそうなので・・
今日は平場から辛抱して泳がせ・・30分以上かかって野鮎替え。。

PA025109

コレをもって瀬に入るも・・・一発ガガガっと派手にチバリを飛ばしたアタリのみ。。
あれほどのアタリで・・何故に針立ちしないんだろと思っていると、
今度はジュジュジュっと比較的鈍いアタリで囮を背負い・・二尾目・三尾目。。

PA025117

ただ今日は・・二本掛かると次に時間がかかるので・・こまめに筋を変えたり
少しづつ立ち位置もずらしてゆき・・・多少の変化のみで拾っていくような釣り。

最後に型が出ないかな・・・で竿抜け的な所を探すも、渇水で瀬は何所も竿は入るし・・
竿が抜けている所と言えば・・多分、立込んでも深くて竿が届かないところくらい。。
そんなところは自分も届かないし・・・。。。そんなことで・・最後に選んだ立ち位置は
今日、あまり人が長時間やっていないであろう流れを細かくピンで置いて行く策。。

そして・・・馴染んでスグにギュンと背負い、一気に下られ、絞って抜くまでに約10秒でタモIN

PA025120

パッとみでは今季三本目の大鮎サイズ(200g超えね)

この後も・・似た狙いで同サイズがもう一本出て・・釣りは終了。。

PA025129

数は囮別で【8尾】午後からの川入りでしたが、数・型共に出てくれました。。

PA025135

後の計測では・・・若干の200g欠けでしたが、十分なサイズだとおもいます

PA025138

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 オモリ/無~1.5号+V背針

19/292





10月に入り鮎時期も残すところあとわずか。。
昨年から始まっている(らしい)漁期延長の特別採捕を除けば・・
実質、十数日といったところで、あたくしはと言うと・・
このところメインで使用していたイカリ針を使い切ってしまった。。

品はG社のG・HARD Cue(キュー)のパワータイプの8号。大のお気に入り針。。

P8183700

もうすでに廃番になって数年たつものの・・相模の中盤からの22~25cm鮎には
最も適している形状と線径だったので、当時・・無くなる前にバサッと買いしてあった。

コレを・・・急遽、組み始める。。。

P8203721

まさかこの10月に来て・・三本イカリを組むとは思ってもいませんでしたが、
とりあえず20本ほど追加で巻いておりました。。。
正直、延長の別料金を払ってまで・・・
アユを引くかは分かりませんが、漁期内はこれで足りるのでは?な感じです。。


このページのトップヘ