鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

2020年02月

正確には前々回の単独釣行時、辛うじて掛かった一枚の海苔メジナと・・
急遽狙いを変え、運良く掛けられた数本のサヨリを持ちかえってから
こんな具合に三枚におろす。。

P2195347

メジナは大きさの割に脂も乗っており、この時点でお刺身ケッテイ。

そこで・・サヨリもサクサクっと大名おろしにし、皿に盛る。。
海苔メジナとサヨリ&ネギトロ(コレは釣りモノでは無い)の盛り合わせ
出来上がりです。。。

P2205332

寒メジナは肝醤油和えで食し、サヨリはネギトロと合わせるのが
我が家(とくに子供が)では大好きな食し方でして、
今回も美味しくおいしく食した海モノでした。。。

この魚の釣行記はこちら

ここ数回の単独(海苔メジナ)釣行では・・
コマセに使う海苔が思うように採れない日もあり、
撒き餌もちょっと海苔率が薄い時があった。。 ただコレは・・
海が決っして近くはない環境なので、潮まわりによっては
コマセ分までは用意が出来ないのも致し方ない。。

そんな中、ちょっと前の釣行では・・コマセ海苔が不十分ではありましたが、
試しに海苔の色のグリーン色が一番強い配合餌
を始めて使用してみまして、
結果としては一応(一枚ポッキリでしたが)釣れたので・・ヨシ。。

ということで・・海苔が採れていない時用に・・せめてコマセの色ぐらいは
グリーン色を強調しようかと想い予備的に海苔グリーンを用意。。

P1315314

その後、二度ほど使用し・・色具合等も配合量で、濃いめ・薄目とそれなりに
調節も可能で使いやすいことが分かってきまして、海苔率が悪い時には
海苔色を上げる意味で適量を足すのもイイかなと追加購入も検討。。

真空タイプの新鮮パックですし、それ程 荷にもならないので・・
ショイコの隅にでも忍ばせておけば・・海苔が採れなくとも安心。。
ということで通常使用の配合餌に、新アイテムもプラスして
いよいよ海苔グレのシーズンINなんて思っておりますが、
さてさてどうなるでしょうか。。。。




昨日の連休最終日、子供は部活の為、ダメ。。。
ということで・・・単独で磯へGo。。
お昼っ頃の磯INなので・・立ち位置は ほぼナシ。
なので・・・とりあえずコマセの用意だけしてスタンバイ。。

P2245331

コマセは行き道の途中で採って来た海苔がメインの海苔メジナ用。。
ただ、サヨリが回ってきたら・・その時はオキアミ用のコマセをプラスする予定。

連休とあって・・チョット釣り難い立ち位置しかないけれど、
時間も限られるので様子見程度に竿出し。。

P2245334

けれども・・・潮が徐々に上げてくる状況下、潮がとにかく落ち着かず・・
仕掛けが全く馴染まない。オキアミならともかく、海苔の場合・・
喰わす間が出来ないところはまず期待薄。。。
特にこの 子を持つ時期のメジナは、ガチャガチャ場よりも静かな場所が好ましい。

知り合いも数名おられたけれど、隣に入るのは悪いし・・・ひたすら空き待ち。。

そして・・・先客さんが上がられたタイミングで場所替え。。
三十分程コマセを入れたところで・・・立浮きがスコンと入り幸先よく一枚目。

P2245337

サイズは33cmの海苔メジナ。白子パンパンで好い季節。。
このあとも似たアタリで二枚を追加。

すると突然サヨリが回ってきて、スグにサヨリ狙いへシフト。
サヨリちゃんは・・抜けちゃったら終わりなので居る間はとにかく狙いたい
ある意味裏本命の魚。。

ただ・・自分の前には殆ど群れが着かず、ほんの一瞬の地合いでこの程度。。

P2245338

その分・・型は皆40cmUPだったので、お刺身としては十分。。
それと・・・腹パンの海苔メジナもこんな感じ。。

P2245339

大きさは・・33cm、35cm、37cmの三枚。。
子供が部活だったことをイイことに・・・単独で楽しんだとーちゃんでした。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   2ヒロ半~ /寒グレ7号
サヨリ/D社 せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5
自作カゴ浮き+アタリウキ ハリス1号 伊勢尼4号 オキアミ

この魚の食編はこちら



翌日(今日ね)の天気予報は・・春の嵐。
ココ関東も春一番が吹くのでは?ということで・・
昨夜、海も静かなうちに夜磯遊びへGo。。
今回は嫁はんも同伴しての磯遊び。。。

潮がひいた浅場を皆でブラブラして遊ぶ。。。
足元のワカメも気づけばこんなにデカくなっている。。

P2215335

メカブも・・ほとんどパイナップル状態になっており・・
コレを見る限り、もうこの地は終わりかな~な生り具合。。

P2215333

そのころ・・子供はというと、毎度のごとくタコさん探し。。。
ただ、この潮まわりに入って・・若干潮が枯れ、かなり潮が冷たくなってしまった。

先週までの暖かな潮が多少でも残っていれば、タコは穴グラから出てくるけれど・・
水温が来ていないので・・岩の隙間中心に見ていると、よぉ~~し居たーの声。
焦らず時間をかけ、ゆっくりと岩の隙間からおびき出して捕獲成功は㌔UP。。

P2215337

あたくしはというと・・・デカいタカラガイでも居ないかな?とブラブラ。。
ところどころに黒い物体もポコポコ。。

P2215334

かなりスロ~リ~な動きが何とも言えないナマコ。。
ただ・・うちは(アタクシも含めて)皆、食すのは苦手なので・・見て楽しむ程度。。

すると・・子供が石の隙間からタコの手が出ているのをまたしても発見し、
同じ作戦で捕獲成功。。 今度は1.6kg超え。。

P2215339

このあと・・・粘りに粘って(正確には嫁はんも・・)
子供、三杯目を見つけて・・・・無事に夜磯遊び終了。。

荒れ前の静かな海で楽しく遊んだ夜でした。。。


また、先ほど・・ココ関東も春一番が吹いたと報じておりまして、
これで・・あたくしのシーバス時期の目安としている・・
木枯らし一号から春一番までの、いわゆるシーズンINと終了の風便りも届き、
これにて磯マル&ヒラスズキもオフといった雰囲気です。。


昨日は単独で磯へGo。向かった先は三浦の地磯です。
行き道の途中、海苔メジナ時の海苔を・・付けエサ分だけは確保できたので
一応、狙いは海苔メジナ半分・回ってきたらサヨリ半分のコマセ支度。。

P2195332

ただ・・・向かいからの風が ちょっと厄介なモノを運んできてしまい・・

P2195337

あれよあれよで辺り一面・・水面がゴミにおおわれてしまい・・
その中には・・・どこから来たのか三角コーンまでプカプカ。。

P2195343

しかも・・行ったり来たりでなかなか流れていかない。。
先日荒れた際、どこからかゴミが流され、流れついてしまった感じ。。

水色は結構イイ感じなので空いたスペースで頑張るも・・

P2195341

ウキの位置すらわかりづらく・・・何よりも気分が悪悪。。。

なので・・・届く範囲はタモで掬ったりし、あとは潮が動き・・
水面ゴミが何処かへ移動するのを並びの方々と、ただひたすら待つ作戦。。

結局二時間何もできずに過ごし・・・やっとゴミが切れた頃釣り再開。。

P2195335

この時とばかしにコマセを入れ、やっとウキが生命反応を示してジワァ~とシモる。
ここ数回の釣りではアタリは一度ないし二度程度なので・・とにかく慎重にアテると
うまいことメジナが顔を出す。。。

P2195338

大きさは33cm程でしたが、状況を考えると・・・まずまずなスタート。。
ここで・・・顔見知りのサヨリ狙いの方がお見えになり、暫し釣り談義。。。

どのみち潮も急激に下げてしまう潮まわりでしたし、ここ数回のナガレからして
メジナはそれ程本調子ではないと判断し、並んでサヨリ狙いに切り替える。。

そして・・・マズメ頃までポツポツ掛け、お刺身用も確保できたところで納竿。

P2195346

サヨリは皆40cmクラスの良型揃いなので・・居るうちはメジナよりも・・
ついついサヨリを狙ってしまう。。
なぜなら・・この魚は何にして食しても美味しいから。。

そんなこんなで今回は・・ゴミには悩まされましたが、
一応本命と裏本命で楽しめた釣行でした。。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   2ヒロ半~ /寒グレ7号
サヨリ/D社 せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5
自作カゴ浮き+アタリウキ ハリス1号 伊勢尼4号 オキアミ

この魚の食編はこちら







つい先日の子供との釣行時に、運よく掛かった釣りモノは・・
まず一種目のサヨリから包丁を入れ、こんな感じに三枚にしてお刺身用に皮も引く。

P2165358

続いて二種目の地タコは半分(足四本ね)を真空冷凍へ回し・・
半分は茹で上げてこちらもお刺身用に。。

P2165355

そして最後に三種目のメジナ。 コレもお刺身用に包丁を入れて・・
子供がどうしても食べたがっていたサヨリと寒メジナと地タコの
三種盛り、完成です。。

P2175360

今回の寒メジナは・・・海苔メジナを二回続けてバラシていたので・・
食せないかも?と思っていたところ・・
ひょんなことから捕獲できまして、奇跡的な三種盛りといった感じ。。。
そんなことで今回も美味しく食せた海の幸でした。。。

この魚の釣行記はこちら


昨日は子供の部活が終るのを待って磯へGo。
急に決まった釣りというのは・・いろいろと忘れ物があったりするけど、
今回は・・・あろうことか、コマセバッカン・水くみバッカン・・・
餌入れ中・小、ヒシャク置き等々・・いつも活かしバッカンから順に小さくなる、
いわゆるマトリョーシカ的な5➡4➡3➡2➡1の4以降を全部忘れた。。。

なぜに一番デカい活かしバッカンを持った時に軽いと感じなかったのかな。。
そう思いつつ・・唯一有った濡れ物入れ用のバッカンで急遽コマセ支度。。

P2155336

コマセは行き道で採って来た海苔がメインの海苔コマセ。。

ここで・・・顔見知りの常連さんが来られ、お話では・・
一時的に水温が3℃ほど上がったことで、またサヨリが回っているから
まずはお土産釣りすれば、このエサ使っていいから・・とのこと。。

短時間の海苔メジナ狙いだった為、オキアミ一つ持ってなかったから
子供はお言葉に甘えて早速隣で竿出し。。。

P2155337

サヨリは今年、何度か狙っており・・子供も要領は把握しているけれど
まぁ~~言ってみれば手返し勝負な釣りなので、私は付きっきりの世話係。。

P2155341

チョイの間にこんな感じでお土産確保となりました。。

P2155345

また、干潮時の遊びとして・・・タコ探しもしっかりと。。で、㌔クラスも一杯。。

P2155344

あとはマズメの海苔メジナを何とか掛けて・・・お刺身の三種盛り完成!
の計画でしたが、海苔メジナは・・まず子供、しっかりと乗せてやり取り開始。。
そして・・・40クラスの姿が見えてから まさかの針外れ。。。

あ”~~何んでだぁ~~~・・・と言っていたら・・・
今度ばアタクシが掛ける。 もの凄い重量感で曲がった竿が起きないほど。。
で・・・・・一っ気にギュ~~ンのあと、根ズレでプン!と切られる。。

アタリは二人で一回づつあったのみで終了。。。
ほ~~らみなよ、パパもやられたじゃん!みたいな子供のニタニタ顔が悔しい。。
と、同時に あ”~~~~三種盛が・・・二点盛になっちゃったかぁ~・・な子供。。

そして第二ラウンドはタコング。。子供もこのところ部活やテスト等もあり・・
一ヶ月ぶりの竿出しなので、今日は悪あがきをするヨォ~みたいな状態が顔に出てる。

すると・・そろそろノッコミ意識なのか、浅場の静かな所に結構デカいメジナの姿が。
それも・・行き場を失った場所にもデカいのが居て・・コレは三種盛りじゃない?

と・・・・40クラスをタモで捕獲成功。。。。

P2155349

今日は・・釣っているとあんなに簡単に逃げていったのに・・・
何故にこんなに簡単にタモで獲れちゃうの????みたいな子供。。

今日は何かがおかしいね! たぶんバッカン類を全て忘れたことから
何かが違ってきているんだよ・・と。。変な分析はイイからな。。なアタクシ。。

ひょんなことから三種盛りも完成となりまして、第三ラウンドは・・
ウエーデイングでの磯メバル・カサゴ狙い。。

ココでは並んでアタクシもキャストを開始し・・・早々にカサゴ。。

P2155350

こどももとりあえずは自由にやらせて・・・
二人合わせてこんな感じ。。。

P2155352

好いサイズだけ持ち帰り・・・
最後にタイドプールへ帰して子供の悪あがき釣行も無事に終了。。

バッカン類を全て忘れたところから始まった今日の釣りでしたが・・
何とか釣になりまして、ヨカッタヨカッタな日でした。。

……………………………………………………………………………………………………………
ロッド・D社  TROUT-X 55UL レブロス2000 ・ADVANCE 5lb. OFTスクリューテール
            D社 PHANTOM - TR 66 ルビアス1500 > 自作カブラ 銀テープ 1.4g

この魚の食編はこちら




先日のランカーヒラ釣行では、比較的早い時間に釣れたのですが、
スグに帰っても帰り道の渋滞に巻き込まれるだけなので・・チョッとだけ寄り道。
それは潮位の関係から・・タコさん探し。。

丁度この日は・・たまたま満月の大潮の・・しかも黒潮が差して一っ気に3℃
海水温が上がったというのもあって・・

day00

時間調整がてら・・・磯をぶらぶら。。。 すると・・・
一応隠れているつもり?かなくらいの分りやすい保護色発見。。

P2115341

大きさは㌔UPの良型地タコ。。
そしてこの後・・・もう一ヶ所地面が動き出し・・・二ハイ目も㌔UP。。

そして・・・コレを持ちかえってヒラと合わせてこんな感じに。。

P2125345

この状態から・・・ヒラスズキは魚拓。。
地タコは・・一パイが真空冷凍、二ハイ目は下処理後・・茹で上げる。。

そして・・・ヒラは魚拓後、やっぱりダメ(虫ね)かな?どうかな??で三枚に。。

P2125348

捌き始めは・・おぉ~~~今回は奇跡的に大丈夫か。。
みたいな雰囲気でしたが・・よく見ると

P2125349

ところどころに巨大レベルの胞子中。。
数はね・・それほどでもなく、パッと見では20粒程度。。
ただ・・その殆どがデカくて3mm~4mmぐらいある。。流石にランカークラスのは
虫もランカークラス。。。ということで今回もヒラはダメ。。。

そこで・・・地タコにサクサクっと包丁を入れ・・別モノと合わせてこんな感じ。。

P2125339

メインは地タコのお刺身のはずが・・・子供曰く、
ブリ・ホタテ!旨んめぇ~~~♪みたいな状況。。。

ホントはここに・・脂ノリノリのヒラスズキが盛られるはずだったのですが・・
コレばかりはしょうがなく・・
今回は別モノで楽しめた食卓でした。。。

このヒラスズキの釣行記はこちら
このヒラスズキの魚拓編はこちら


前回の磯シーバス釣行では久々に型物ヒラが顔を出し・・
計測の結果もランカーサイズということで、魚拓でもたたこうかと
現場では魚は〆ず、出来るだけ鱗も剝がれないように、こんな状態で持ち帰る。

P2125342

ただ、帰り際にチョット寄り道をしてタコ探しなんぞしていたりもしたので・・
窮屈なバッカン内で折れ曲がり・・・そのまま硬直して
大きさは多少縮んでしまいましたが・・帰宅後すぐに魚拓の七つ道具を用意して

P2125344

こんな具合にスタンバイ。。。

そして・・・余分な水分を綺麗に取り除き・・・
サササっと墨を入れて叩き始めること小一時間。。。
その後の作業も合わせると・・・数時間はかかりましたが無事にこんな感じに。。
2020 2.11 三浦半島/ 某地磯
ヒラスズキ・80cm/若干やせ型な4.1kg

P2135337

文字入れ前なので味気ない拓ですが・・・ 
大きさ比としてとりあえず硬球を添えてみる。。。

このところ・・拓モノなんて割合的には子供の釣りモノの方が多く、
自信の釣果なんて・・数年ぶりではありましたが、
やはり型物のヒラは魚拓にするとカッコいいな~と想いながら
久々にたたいた魚拓を眺めておりました。。。

この魚の釣行記はこちら







昨日は仕事後に昼過ぎっ頃から単独で磯へGo。
毎年この時期は過去のデータ上、型物のヒラスズキのチャンス有りな時期なので、
条件が揃ったりしたら狙おうかと・・常に頭にはある狙いモノ。。
ちなみに過去のデータというのは・・この釣行のヒラ
この時は小雪舞うような、いかにも真冬といった日でしたが、
今回はうってかわって暖かな日。

まずはマズメだけ海苔メジナの用意をするものの・・休日とあって立ち位置が無い。
潮も速くて釣りにならないところも多く、小一時間で見切りをつける。

ただ、この潮の走りは必ず一度は流れにヒラが着く。
そう想い・・早々にフル装備でスタンバイ。。
出るとしたらコノ根のキワ2m以内。。 という箇所だけの一点狙い。。。

オープンのスペースは磯マルなら掛かるかも知れないけれど・・
今年のこの地は、マルは居ないに等しいので流れを打つのは20投に一回流す程度。

そして・・シモリ撃ちを試み始めて1時間くらいで一瞬ショートバイトのような違和感

しかし・・・次のキャストはラインが風にとられ・・コースが変わった瞬間根掛け。。
主力のルアーを根に奉納。。

先程アタッてたかも?のルアーを失ったのも痛い。。

切れたラインのシステムを組みなおす間、以前にも似たことがあって・・
あの時は・・この後スグに型モノのヒラが掛かったんだよなぁ~・・
今回も有るかもなぁ~・・で、念入りにシステムチェック。。

そして・・・先程のショートバイト(かも)の出たルアーと似たカラーをキャスト。
と同時に・・・・今度はガクン!とロッドごと持っていかれるようなアタリ!

掛けた瞬間から根向こうに行かれ・・・そこでバババっと跳ねては首を振り・・
コレを二・三度繰り返される。。 その様は・・・
このところ某釣りビジョンで頻繁に流れているアフリカ・ガボンのターポンの
掛かってからの暴れ方同様、いつ外れてもおかしくない程のヒヤヒヤ感。。
寄せてくるまでには・・・・結構時間も掛かったけれど、何とか無事にネットイン。。

P2115336

横たわったヒラを見て・・これまでの最大サイズかも?と想ったものの・・
いつも持っていたはずのメジャーが無い。。。

P2115323

最近の釣りではメジャーなんて・・てんで出番がなかったので車に置き忘れ。。
そこで車へテクテク。。。

改めて測ってみると・・・おぉ~~~10年ぶりくらいに
ヒラスズキのサイズUPに成功。。

自信お初のランカーヒラスズキとなりました。

P2115330 (3)

三浦の地磯ではなかなか出しにくいサイズですし、
大きさは選べないところも有る魚なので運も良かったのではと思います。。

ちなみに・・9年前かな?の75cmも2月12日だったので、
一日違いということで、データ上の判断もうまくいったかな・・な釣行でした。。
.......................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー30lb
ROLLING BAIT  77  ホロイワシ  ST-36BC  4

この魚の魚拓編はこちら



昨日は仕事後に単独でヒラ狙い。。
毎年この時期(だけ)は・・これまでのデータから一時的にヒラを狙うので
入ってみまして・・こんな感じ。。

P2115317

ヒラスズキではお初のランカーです。。

P2125342

すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。

昨夜は大潮まわりということで、前回の大潮まわり同様、夜磯遊び。。
今回は前回参加できなかった娘も参加し、家族そろって夜磯Go。。

潮位が下がった頃に現場入り。。 車止めには見慣れた車も有り、
知り合いも(釣りメインで)来られている感じ。。

我が家は各々違った夜磯遊びのスタイルで・・
まず子供はというと・・タコでも出てこないかなぁ~的な遊びが中心。。

次いで嫁はんと娘は・・ウミウシ類や多毛類をみて
年甲斐もなくキャッキャキャッキャ言っているありさま。。。

あたくしはと言うと・・・タカラガイなんぞを探して歩き、こんな感じに。。

P2075304

この界隈では・・中・大型種としてはハナマルユキとホシキヌタあたりが
めっけられれば上出来といった感じで・・今回もこんな具合。。
ハナマルユキ(真ん中のね)なんて・・まぁ~光沢がキレイキレイ。。。

それと・・足元のワカメ類も・・・大分メカブが大きくなったなぁ~な感じ。。

P2075305

そんなこんなで・・潮が差してくるころまで遊んで終了。。

息子はというと、残念ながら・・このところの水温の急激な変化で
タコさん一つ・・出て来はしませんでしたが、
終始静かな夜磯で各々楽しめた磯遊びでした。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして今回はもうひと話題。。
本日はここ関東の針供養ということで、我が家も
少なからず針とハリ(釣り系)を多用することから針供養。。。

P2085306

これで今年一年、針怪我がなく過ごせるのではと
想っておりますが、さてさてどうでしょうか。。。




まだ記事入れされていない食編もいくつかあるので・・
釣行と食編が前後しておりますが、つい先日の単独釣行で
辛うじて掛かった海苔メジナと・・運よく獲れたサヨリは
持ちかえってからとりあえず三枚におろしてこんな感じに。。

P2015320

サヨリも・・二本だけではありましたが40クラスの良型だったので
お刺身用につくり・・メジナと合わせて下駄に盛り・・

海苔メジナとサヨリの盛り合わせ、出来上がりです。。

P2035305

今回は海苔メジナも一枚ポッキリでしたし、サヨリも二本だけと・・
ちょっと寂し気な釣果ではありましたが、型にはそれなりに恵まれまして
美味しく食せた海の幸でした。。

この魚の釣行記はこちら

前回の磯シーバス釣行では運良く磯マルとヒラスズキが・・
揃って獲れましてよい釣行となりましたが、持ち帰ってから
まず気になっていた方のヒラスズキから包丁を入れる。。

しかし・・結果はやっぱりね。。なコレでして・・今回も食せないレベル。。
もうヒラスズキという魚は・・この先、お刺身で食せないかも?そんな不安も感じる

そこで・・気を取り直して磯マルの方をサクサクっと三枚に。。

P1205306

それと、足元に生えていた新ワカメも・・・。。
こちらはまだ新芽で柔らかいのでサラダ用にこしらえて(写真ナシ)

そして磯マルは・・寒い夜の土鍋しゃぶしゃぶとなりまして、
半身分はこんな感じ。。。

1

そして最後に・・・きし麺で〆となりました。。。

2

今回は・・・ホントは久々にヒラスズキでお造り・・なんて思っていたのですが、
ヤッパリ今回もダメダメ個体でしたので・・・・ちょっと残念。。。
ただ、そんな中・・磯マルは非常に好い個体だったので、
ヨカッタヨカッタな食編となりました。。。

この魚の釣行記はこちら


昨日はお昼っ頃からの磯入りでした。場所は三浦の地磯で海苔メジナ狙い。
潮まわりの関係から・・お昼過ぎでないと、
餌の海苔が採れないことからややゆっくりと磯IN。。

まだ海苔餌も本着きではないので・・お椀一杯程度を摘まむ程度でしたが
何とか確保し、コマセ支度。。

P2015303

今回はコマセに入れる程は海苔が採れていなかったので、持参冷凍のり+・・
保険で持っていた海苔コマセ少量の時用コマセをハーフでこしらえる。。
使用したのはD社の海苔グリーンの新鮮パック。。
何とか色で誤魔化せたらいいなー作戦。。

そんなこんなの一流し。。

P2015308

ただ、海の状況が、前日・前々日よりも2℃一っ気に落ちた関係で・・
とにかく魚っ気ゼロ。 試しにオキアミを使用するも・・・頭も齧られない状態。

自然と知り合いの方々とのおしゃべり時間も多めとなる。。

そこで・・・根際スレスレの一点集中にするか、水深のある所の底狙いにするか迷い
水深のある所へ移動。。

P2015310

いつになってもラインの糸癖がとれない状況でしたが・・
どうであれ、一度っ位・・チャンスがくるのでは??と・・・
辛抱強く打ち返し・・打ち返し・・ そして・・・・
一瞬モゾモゾっと立ちウキがシモる。。 そして一呼吸後、ジワァ~っと入り、
コレを逃したら次は無い・・と思って慎重に合わせる。。

P2015314

メジナは35cmとまずまずなサイズ。。

中途半端な時間に来た一枚なので・・もう一度っ位アタるのでは?
と思っていたけれど・・・やはり この地の13℃台は仮にアタっても・・
一度有る無しというのはある程度予想はできていた。。

なので・・・マズメ時間になっても魚っ気ナシ。
しかも・・・隣には入れ替わりエギンガーがシャクリ始めたりと、万事休す状態

ただ・・暖かい日となったことから水面直下は若干高水温が来たのか、
サヨリが回ってきて・・・急遽オカズ釣りに仕掛け転換。。

P2015316

しかし・・・時すでに遅しといった具合で魚も去り・・・納竿。。

P2015318

結局、ウキは一度潜っただけで・・モグルことを忘れた浮き。。
みたいな日となりましたが、考えようによっては・・
よく掛かった一枚だったと思います。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   2ヒロ半~ /寒グレ7号

この魚の食編はこちら







このページのトップヘ