鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ: 【 海 つり 】ルアー・鱸編

昨日は仕事後に昼過ぎっ頃から単独で磯へGo。
毎年この時期は過去のデータ上、型物のヒラスズキのチャンス有りな時期なので、
条件が揃ったりしたら狙おうかと・・常に頭にはある狙いモノ。。
ちなみに過去のデータというのは・・この釣行のヒラ
この時は小雪舞うような、いかにも真冬といった日でしたが、
今回はうってかわって暖かな日。

まずはマズメだけ海苔メジナの用意をするものの・・休日とあって立ち位置が無い。
潮も速くて釣りにならないところも多く、小一時間で見切りをつける。

ただ、この潮の走りは必ず一度は流れにヒラが着く。
そう想い・・早々にフル装備でスタンバイ。。
出るとしたらコノ根のキワ2m以内。。 という箇所だけの一点狙い。。。

オープンのスペースは磯マルなら掛かるかも知れないけれど・・
今年のこの地は、マルは居ないに等しいので流れを打つのは20投に一回流す程度。

そして・・シモリ撃ちを試み始めて1時間くらいで一瞬ショートバイトのような違和感

しかし・・・次のキャストはラインが風にとられ・・コースが変わった瞬間根掛け。。
主力のルアーを根に奉納。。

先程アタッてたかも?のルアーを失ったのも痛い。。

切れたラインのシステムを組みなおす間、以前にも似たことがあって・・
あの時は・・この後スグに型モノのヒラが掛かったんだよなぁ~・・
今回も有るかもなぁ~・・で、念入りにシステムチェック。。

そして・・・先程のショートバイト(かも)の出たルアーと似たカラーをキャスト。
と同時に・・・・今度はガクン!とロッドごと持っていかれるようなアタリ!

掛けた瞬間から根向こうに行かれ・・・そこでバババっと跳ねては首を振り・・
コレを二・三度繰り返される。。 その様は・・・
このところ某釣りビジョンで頻繁に流れているアフリカ・ガボンのターポンの
掛かってからの暴れ方同様、いつ外れてもおかしくない程のヒヤヒヤ感。。
寄せてくるまでには・・・・結構時間も掛かったけれど、何とか無事にネットイン。。

P2115336

横たわったヒラを見て・・これまでの最大サイズかも?と想ったものの・・
いつも持っていたはずのメジャーが無い。。。

P2115323

最近の釣りではメジャーなんて・・てんで出番がなかったので車に置き忘れ。。
そこで車へテクテク。。。

改めて測ってみると・・・おぉ~~~10年ぶりくらいに
ヒラスズキのサイズUPに成功。。

自信お初のランカーヒラスズキとなりました。

P2115330 (3)

三浦の地磯ではなかなか出しにくいサイズですし、
大きさは選べないところも有る魚なので運も良かったのではと思います。。

ちなみに・・9年前かな?の75cmも2月12日だったので、
一日違いということで、データ上の判断もうまくいったかな・・な釣行でした。。
.......................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー30lb
ROLLING BAIT  77  ホロイワシ  ST-36BC  4

この魚の魚拓編はこちら



昨日は仕事後に単独でヒラ狙い。。
毎年この時期(だけ)は・・これまでのデータから一時的にヒラを狙うので
入ってみまして・・こんな感じ。。

P2115317

ヒラスズキではお初のランカーです。。

P2125342

すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。

昨日は仕事後に短時間ならイケるかな?と思い単独磯入り。。
潮は早潮なのでマズメ過ぎには急激に潮が止まってしまうけれど・・
潮位が有る潮の方がいろんな意味で好きなので、胸水深まで
一っ気にウエーディングし、半泳ぎ覚悟でキャスト開始。。

状況としては・・今季お初の無風。 潮は走っているのでこの時間に
何とか喰わせたいところでしたが、そーうまくはいかない。。

ルアーもいつもより距離が出過ぎているので、飛距離も考えねば効率が悪い。
それと、潮位が有る潮まわりは・・得てして目の前がヒットゾーン。。
なので最後の最後までルアーはしっかりと泳がすことは必至。。

しかしアタラナイ。。

小一時間が過ぎ、う~~ん・・・不思議だ。。頭の中は???の嵐。

まぁ~釣りなんて楽しければヨシなので、某釣りビジョンのように・・
ビックモン釣れないかなぁ~de、スプラ~っシュ!なんてキャスト。。
けれどもアタラナイ。。。

もう70回くらいスプラ~ッシュキャストをしたであろうか・・と想っていると、
目の前でガクンとティップが入る。。
しっかりとアテられていないので・・少しタイミングをずらしてから追い合わせ。

おぉ~~デカくはないけれど・・やっぱり目の前で来たか。。と・・
今期の5本目は64cmの磯マル。。

P1205276

この後は・・・もう30回ほどスプラ~っシュなキャストをして・・
今度は中間距離でグンっとアタリ・・ティップに乗ってから
反射的に追いアワセを一発!
追いアワセと言えば、もうかれこれ10年以上追い合わせは入れなくなった。
多分PEをメインに使うようになってからかも知れないけれど・・
ここ数回立て続けにバレていたので、今回は反射的に入れていたのかも。。

そして、今度は水しぶきをあげ、まさに小スプラッシュ。

もうこの時点で・・魚はコヒラと判断。タモ入れ時も二度・三度と跳ねっ返り
前回ここで外れたんだよなぁ~のタイミングは出来るだけ作らぬようにネットへ。
今季の6本目は50cmのヒラスズキ。

P1205289

とりあえずストリンガーへ繫いで泳がせておき・・・
キャスト再開。。

P1205295

ただ、今期は今一つ群れっぽくない感じで・・連打ナシ。。
もう一度っくらいアタらないかな・・と頑張るもそれっきりで釣り終了。。

P1205302

そんなこんなの短時間釣行でしたが、二度の奇跡的なバイトを運良く拾え
サイズはともかく・・よく出てくれた磯マル&ヒラでした。。
................................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
Tide Minnow Slim140  gu:s125  st-46-4

この魚の食編はこちら




昨夜は早い潮まわりなので・・撃てて2時間といったところでしたが
久々にウェーディング磯へGo。。 半月以上ココへは入れていなかったので・・
どんな感じになっているのか分からないけれど・・入水。。

しかし・・早潮に間に合わず、もうすでに潮が無い。。
予想よりもかなり引くのが早く、オマケに向かいからの爆風&強い雨。。

波の足が長く・・・落ち着くところがないので、喰わせられそうなところが
なかなか見つけられないまま半分が終る。。。

ルアーの飛距離は平均で20m程度。。 落ち着くまでに5mは要すので・・
コースを探し・探し・・探っている間に終了の合図。。。

P1075266

最後に足元に生えていたワカメを摘まんで完全敗退。。。

早潮は入水時、潮位があって好きですが、今回は入水が遅かったのと・・
予想外に向かいからの爆風も重なり、波のアップダウンで根掛かりも多発。。

どうせビッチャンコなので、半泳ぎでルアーは全てロス無く回収したものの・・
時間のロスの方が痛かった。。。

自信の虎の巻きを見ても、昨年も一昨年も・・・この一月の前半で
この地の磯シーは終了としているので・・そろそろなのかな?な雰囲気。。

ただ、今年は・・・潮が異常な程暖かいので、まだイケるのかな??
そんなことを想いつつ、こうなったらコレにシフト。。の海苔メジナ用に
大本命のメジナノリ(コレはアオサ系ね)を大雨の中・・セッセと。。

P1085267

今週末、子供の部活次第ではありますが・・・
とりあえず、次の為の・・・餌確保に走ったアタクシでした。。。




娘も早いもので大学の卒業を控え・・・ただ今半泣き状態で卒論地獄。。
アタクシは家に居てもなんの役にもたたない。。そこで、昨日は夜中潮に合わせて海Go。

潮位の関係からうてて二時間チョイといったところでしたが、
目安の二時間が過ぎてもピリッともしない。。。

潮も止まる寸前だし、タイミングを完全に外してしまったのか・・打つ手が乏しい。。

ただ・・・単に魚が居ないとか、あーだから釣れない、こーだからダメだった。。
というのは・・なんの釣りでも一番好きではない。。
なので・・・とにかく考えられる事は全て試そうかと、打ち始めから再度入りなおす。

キャストは三投してチョイずらし・・三投してチョイズレを繰り返し・・
予想外のタイミングでガクン!とティップが弾かれる。。
アテた瞬間、一瞬乗ったように思えたけれど、、、スグに軽くなってしまった。。

けれども、ヨシヨシ イタイタの方が重要。 しかも・・派手に暴れてからの外れではないので
時間を空けてから掛けなおそう。。 と・・やく15分時間を空けてキャスト開始。

すると・・完全に流れが消えており、通すコースを慌てて修正。。
投じるルアーも・・自身の流れナシ用アイテムに急遽変更し・・距離を合わせてキャスト。
広い海なので・・ココというところは無いけれど、この辺りでは?で・・
グンと当たり、今度は確実に乗せる。。

PC185229

先程の魚かどうかは定かではないけれど、
やり取り中、コレが外れたら次は無いな。と思っていたので獲れてヨカッタ。。。

今季4本目の磯シーバスは76cmの磯マル。。

PC185239

この一本は・・・ある意味、大きさ以上のハラハラ感もあり・・
個人的にはかなり奇跡に近いヒットとなりました。。
...................................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
 D社 X-cross SSR 120F  st-46  -  3



そんなことで・・運のよい釣行となりまして、早朝の餌サヨリんぐへ続く・・。。。



今日は・・まず真夜中?朝方かな?に磯マルから始まり・・

PC185235

明けてから・・・お土産確保のためこんな具合に。。。

PC185243

そして・・・最後がこんな感じ。。。

PC185249

すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。

前記事の海苔メジナ狙いの後・・帰り際、場所移動して2時間程磯マル狙い。。
移動中・・もの凄い雷と猛烈な雨に見舞われて車待機となる。
その後、潮位も気になり磯入り。。

入水順は二番目。 先行されてる方に進む方向を聞き・・状況も伺う。。
お話では魚っ気も無くアタリも無いとのこと。 自身も進む方向を伝えキャスト開始。

潮の走りはかなり早い。潮まわり的に見ても一っ気に下げが効いてしまう潮なので
チャンスはかなり短いと判断。 ロングキャストで広く探っていられるほど時間が無い。

そこで・・・近距離のみを効率よく探る為、ライトは一切点けず、
ルアー交換時も手探りでルアーローテ。。
すると・・・巻き終わりの回収寸前のルアーにバイト。。
よしよし居た居た・・と一度ラインを出し、距離をとってからのランディング。。

PC115222

今期の三本目の磯シーバスは・・66cmのプリ固体。。

PC115233

この手の魚の時は・・続くのでは?と思いキャストを続けるも・・・
潮位が無くなるのがもの凄い早く・・・どうにもならなかった。。

雷雨で入水が遅れたので・・・時すでに遅しといった感じで磯マル終了。。

そこで・・・・帰り際、魚の下処理を済ませ・・チョロっと辺りを見ていると
地面がかすかに動く。。。

PC115230

正体はタコ!
タコからしたら・・・❝マズイ・・バレたかな?! 動かない方がイイかな??❞
みたいな状態で目が合っている態勢から約30秒。。

その後・・・ヤッパリ見つかったか・・マズイマズイ・・逃げるべ・・・がこちら!

PC115227

大きさは㌔UPの好いサイズなので・・・動き出すと結構デカくて意外と早い。。
とりあえず素手でふんずかまえて頭をひっくり返し・・動きを止めてお土産捕獲。。

そんなこんなで・・磯マル&タコと、運よく獲れた第二ラウンドでした。。
...................................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
gu:s125-F st-46  -  4

この魚の食編はこちら

前記事の海苔メジナ狙いの後、好い荒れ模様だったので・・
二時間程ウエーディング磯へIN。

夜は予報通りの大荒れで・・入水一発目の波で後ろに倒されるほどの重たい波。
ただ、潮位が下がるのを待ってもいられず・・とりあえずキャスト開始。。

正面風も強く流れも分からない程の条件なので・・
この波では魚もうまく喰えないであろうコースは極力通さず・・
比較的落ち着いて喰えそうな所だけの限定でうっていく。。

小一時間が過ぎた頃、出るのであればココ(だけ)かな。。
というところをある程度絞れて来たので・・・この一点だけルアーを馴染ませる。。

もうこの時点では・・磯マルだったらデカいの一発狙い。あとは・・
条件的に濃厚なのはやっぱりヒラかな。。。と想っていると・・
キャスト後のルアーの立ち上がりスグにガガガっと派手なバイト。
と同時に・・真っ白な波の中を二度・三度と跳ねっ返るエラ洗い。。
波の具合を見ながら寄せた魚はヒラスズキ。。

PB265153 (2)

ここ二回、跳ねっ返りとタモからの飛び出しで・・いずれも獲れていなかった
ヒラスズキでしたが、今回は無事にランディングまでこぎつける。。

サイズは56cmと・・この地のヒラとしては上出来。。

PB265182 (2)

ちょっと細身ではありましたが・・・前回のランカー磯マルに次いで
今季二本目の磯シーバス。。

この一本を獲り、粘ることもなく釣りは終了。。
今回は海苔メジナも短時間・磯シーも駆け足と・・
若干慌ただしい釣りではありましたが、双方ともに魚も出せ・・
運も良かったと思います。。。
...................................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
morethan-SWICH HITTER  S  st-41  -  4

このヒラスズキの食にならなかった編


昨日(日)はホントは子供の練習試合の予定でしたが朝から雨模様。。
こうなると、試合の有無の連絡等も遅れたりで・・結果、あれこれ言っているうちに
一日がつぶれる。。

まさにそんな日でしたが・・・空いた夜の短い時間だけでもと想い単独で海へGo
向かった先は三浦のウエーディング磯。。

海時期INの目安にしている木枯らし一号もほんのわずかな差で発表はナシ。
けれども限りなくソレに近かったことから・・釣り師的にはシーズンIN判断。。

現場入りの入水順は先頭。。ただ、スグに5名のアングラーで並ぶといった配置。。
この状況は・・へんに空いていて何所でも撃てるよりも都合がよい。
一人だと広く探れる事がかえって粘れず、ついつい目移りしてしまうので
ココで動かず粘ろう。 の方が割り切れてイイ。。。

とりあえず胸まで浸かってキャスト。最初の違和感はスレ掛かりのデカサヨリ。。

PB245122

長さ的にも45cmクラスとかなりの大型。食しても美味しいのでこの地の裏本命。。

そうこうしている間に段々と喰うのであればここかな?みたいなルアーへの流れ抵抗を感じ
ココの一点集中で狙い続け・・・グッっとティップが入る。。

アテた瞬間からガバガバとエラを洗う幅でランカークラスと判断。。
並びの方に迷惑が掛からぬようライトはつけずに腰水深まで一旦下がってネットIN

PB245106

前回タモに入れてからコヒラに飛び出されているので・・・最高レベルの慎重ネッティング
写真を簡単に済ませストリンガーを入れ、自身に繫いでドボン。

ランカークラスの泳ぐ様は・・迫力があってみていて飽きない。。

PB245113

釣り再開後、もう一度ショートバイトを拾うも・・コレは三度目の跳ねっ返りでサヨナラ。
正体はコヒラ。 しかも35cm程度の微ヒラであった。。。

ここで翌日のことを考え早々に竿納め。。
磯マルはのちの測りで予想通りのランカーUP

PB245127 (2)

コンディションの好いプリ固体だったので・・やり取りもかなり重量感も有りましたし、
今シーズンの一本目から運よくいい魚が掛かってくれました。。
...................................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
gu:s 125F/D社レイジー 95S  st-46-4 他・・


この魚の食編はこちら


三時間程水没してきまして・・
運よく今期の一本目からランカーUPが獲れました。。

PB245113
すみませんが・・
詳細は時間ができ次第入れなおします



鮎時期が終ってから一ヶ月、単独釣行はなかったので・・
約一か月ぶりの単独磯Go。。場所は三浦のウエ~ディング磯。

あまり条件等は気にせず、行けるときに行かねば・・で磯へIN。。
現場は二度の強烈な台風通過により・・若干地形(深さも)が変わった感じ。。

小一時間撃ち、まだ(今年は暖かいし)始まっていないかな?な雰囲気。
並びには自分の他、三名が入られ・・お話では昨シーズンも御一緒したらしい。。

と・・ここで、ルアーローテ後の数投目にカツンとショートバイト。。
アテた瞬間にバババっと跳ね、コヒラを確認。。
寄せてタモを手にとるまでに3~4度跳ねてたので・・そうは外れないであろうと
タモ入れした瞬間・・タモの中から外へ飛び出した。。。
口元のルアーがタモ内に引っ掛かったので暴れて外れた感じ。。

魚は40チョイのヒラっ子。。 まぁ~ヒラの場合・・
最近では約半分がコレに悩まされているので特に気にもせず釣り再開。。

あとは・・出来れば磯マルがアタらないかな?と頑張るも・・
次のバイトはサンマよりもでかいサヨリ。。。
PB115103

ただ、この地の裏本命のサヨリも まだなのか今年は・・なのか分からないですが
かなり接岸が遅い感じでほとんど居ないし・・なんとなく生命感も乏しい。。

けれどもね・・純粋に釣りを楽しむということを考えると・・
アタリも出ているし、やり取りも十分楽しめ・・
釣り自体も・・久々に胸上まで浸かって気分良く終われました。。
...................................................................................................
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
gu:s 125F/D社レイジー 95S  st-46-4 他・・


     昨夜は仕事後に久々に単独で磯へ。場所は三浦のウェーディング磯です。

  潮も遅潮ですし、爆風予報の風向きも日付が変わるまでは持ちそうな雰囲気?でIN。

    現場に入ると潮上からの完全横風ですが、流れとザワつきで好さげ感イッパイ。。

    いわゆるセンターポジションから手前をダイジに打ち始める。 しかし・・
    小一時間無反応。。 不思議な程アタらない。。 そういえば昨シーズンも
   刺し網やらで好さげな時ほどアタらない事があり、結局1月半ばで磯シーバスは
            終了としたなぁ~とふと想い出す。。

  気付けば並びには・・前々回かな?お会いした方がお見えになり、並んでキャスト。
         この時点で打ち始めてから二時間が経っていた。。

       ココもそろそろ終盤なので・・考えられる事は全て試す。。
  そして・・迷ったらコレ!というルアーのローテ中、カカっとショートバイト。。

      多分ヒラっ子なので・・スグに喰わせる為のローテ~ション。。
 せわしないけれど、三投・三投の飽きさせない重視でローテし、カカカッと同じアタリ方

    おぉ~~やっと魚、掛かったかぁ~・・de 小さいけど慎重に寄せる。
    シーズン14本目の磯シーバスは、今年お初のヒラスズキ(小)でした。。

イメージ 1

 この一本を自身にストリンガーで繫ぐと・・・いわゆるスイッチが入るのは事実で・・

イメージ 2

    ヨシヨシもう一本いこう!でもヨシ・・眺めててもヨシ・気分もヨシヨシなのである。。

   けれども・・・皮肉なことに予報よりもかなり早くに向かいからの爆風となる。
  この大荒れへの変化は確実に良い方向と想われるのですが、流石に撃てなくなる。。

   というよりも・・急激に波があがり、波が胸を超すので後ろに倒される。。

   並びの方もお話ではバリバリのヒラ師なので・・二人して結構頑張ったけれど、
    ルアーを落ち着かせられなくなり、お互いルアーを一本づつ根に奉納し、
              二人そろって無念の納竿。。

    日付が変わる(潮変わり)までは、向かいからの爆風にはならないと・・
   予想していた組も各ポイントに結構居られましたが、皆揃ってあがられた感じ。。

    そんなアララララ・・な状況でしたが、ワンチャンスを奇跡的に獲れまして、
        2019の磯シーバスも幸先の良い出足となりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
D社レイジー 95S  st-46-4 他・・




          昨夜は単独でシーバスを狙ってきました。。
   単独磯INは先月の20日以来でしたが、何とか今年の一本目が出てくれました。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   昨夜は仕事後に兄ぃ~と今年の磯マル最終釣行(予定)のつもりで磯入り。
  場所は三浦のウェーディング磯。潮も遅潮なので・・エントリーはpm9:00過ぎ。。
   ここから3時間ほど撃って・・・どうであれ締めくくりといった雰囲気。。

 とりあえず下げ潮三ぶくらいで入水。 向かいからの風が吹き始め、雰囲気が出てくる。
    そして・・キャスト直後、フケを取っているとカカっとショートバイト。。
   けれど乗らない! ・・ 次は巻き終わりにドン! もう目の前数メートル。。。
       ここでガバガバ・・ゴンゴン・・ グングングン・・。。。
      一度ラインを出して魚を落ち着かせ、ゆっくりとネットIN。。

イメージ 1

          シーバスはちょっと小ぶりな61cm磯マル。。

  そして・・このスグ後にもう一度ゴン! 今度はそこそこな重量感で激しく暴れ、
       ちょっとやり取りも時間をかけ、無事にランディング。。

イメージ 2

    今期の13本目のシーバスは一本目より多少サイズUPの73cm磯マル。。

イメージ 3

       若干細く映ってますが、二本とも完全なるプリ固体でした。。

  この2本で釣りは終了。。 一方、兄ぃ~はというと・・ショートバイト数回。。
         ダメだぁ~乗らない! で、こちらも終了。。。

      およそ三時間程度の釣りでしたが、まずまず楽しめまして・・
   潮状況と気圧配置からすると・・実質、2018シーバスもこれにて終了?!
       なんて思っておりますが、さてさてどうでしょうか。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
D社レイジー 95S  st-46-4 他・・



   昨夜は仕事後、2018磯マル釣行の〆のつもりで兄ぃ~と磯INしてきまして、
              とりあえずこんな感じ。。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。



  昨夜は三時間程を撃ちに兄ぃーと磯へGo。 向かった先はウエーディング磯です。
    潮位は既に下がっており、ちょっと無理をすれば即、入れる状況。。

     顔見知りの方もお見えになり、進む方向を伝えて兄ぃ~と入水。。
    打ち始めてスグにガクン!とアタる。。。 魚は67cmの磯マル。。

イメージ 1

  まずは幸先の良い出足となり、次に兄ぃ~が・・グン!と合わせるも・・スカ・。。
 結構な重量感のあるアタリだったらしく、あ”ぁ~~アレで乗らないかぁ~~状態。。。

 流れが刻、一刻と変わる大潮まわりなので・・少しづつ立ち位置を修正しながら通し、
     本日二度目のアタリは・・ピタンピタンとコヒラの跳ねっ返り。。。

イメージ 2

        次も似た筋からぺんぺんペン・・・と跳ねっ返り・・・

イメージ 3

              立て続けにコヒラの連打。。。

イメージ 4

 一応・・今期11本目の磯シーバスとなりましてストリンガーも満タンとなって納竿。

イメージ 5

  その間、兄ぃ~は・・型物のマルが出ないかな?? と・・デカマル狙いに徹するも
      今回は一発アタッタだけで潮が無くなりこちらも終了。。

  今期は今一つ、マルの動きがハッキリしないな~といったところでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
D社レイジー 95S  st-46-4 ハンプgu:s 125F





    日付は変わりましたが、兄ぃ~と短時間勝負で磯入りしてきまして・・
          とりあえずアタクシはこんな感じでした。。。

イメージ 1

       すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   前記事の続編になりますが、メジナ釣行の後は磯ヒラのフル装備に着替え・・
 大サラシの地磯周りを以前のスタイルで撃とうか、下げ潮を待ってウェ~デイング磯へ
 動くか・・・コレは正直迷いに迷ったけれど、潮位と風向きの問題でウェーディング決定

     現場は沖の磯まではイケる潮位でしたが、問題は横からの爆風。。。。
   どんなにサミングしても・・あさっての方向へ飛んで行ってしまうルアー。。

   風はまだ10m以上と思える程で・・少しの間は沖磯の大きな根の陰で待機。。
 若干吹く方向が変わってきたタイミングで再び入水するも、即 頭から横波を浴びる。

    今期は好い潮まわりだからと言って・・なかなか出撃できていないので・・
  この状態でいかにアタリを拾うか。。 そんな釣りが何となく多くなっている気も。。

   それともう一つ気になるのは、今年はこの界隈に刺し網が差していないので・・
  ひょっとしたら大きな群れは(まだ?)届いていないのかな??昨年のこの時期は
     刺し網バンバンだったのに と、このあたりもちょっと気になる。。

  そうこうしている間に段々と海は静かになってきて・・やっと雰囲気が出てくる。。
 そして、キャスト後のラインのフケを取り、きいた瞬間・・この夜、初めての生命反応。
     カチャカチャッとルアー音もして、跳ねた感じでコヒラとわかる。。
     グリグリッと寄せ、今季の磯シーバスの7本目となるヒラスズキ(小)

イメージ 1

         カチっとストリンガーへ繫いでドボンしておき、

イメージ 2

        いまだ、今・イマ・・とキャストに入る。。すると、
     すぐにもう一発アタるも・・・一回目のバババッで痛恨のハズレ。。。

  この後は・・風が追い風に変わり・・やっと楽になったなぁ~~と想うも・・・
  肝心の潮位と流れが無くなり生命感はゼロ。。 あと30分でも早くに風が・・・
  おさまってくれていたら、、、、と・・・ アララララ・・ で納竿。。。

イメージ 3

     ただ、釣り自体はメジナも含め、双方ともによく出てくれまして、
       海状況を考えると、まずまずだったのではと想います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
タイドミノースリム140 st-46-4 他・・







  昨夜は・・南岸低気圧やら大寒波やらの予報が出ており、海は大荒れ予想でしたが
 行けそうな時に行っておかないと・・もう2018も終わってしまうと思い兄ぃ~と磯Go。

     場所はウエーディング磯。 遅潮なのでゆっくり目に現場入り。。
   海の状況はもの凄い雨・爆風&強烈な波とウネリ。しかも体感温度はマイナスと
        状況的にはこの上ないネガティブ要素満載な状況。。

   そんな中、ココからのキャストでココさえ通せれば・・というコース限定で開始。
   タイミングを見ながら20キャストくらいしたであろうか・・というところでゴン

  よし!キタ!! と発し、ガクンガクンとティップが叩かれ、立ち位置をかえながら
   ゴリゴリっと寄せる。波の合間は出来るもののランディング場所が難しいな・・
   兄ぃ~が来るのを待つか??と思った瞬間、ガバ・・で痛恨の抜け。。。。。

   魚は磯マル。 サイズもこの二回掛かっている70UPサイズと同級生かな。。
   これで天候悪悪状況もポジティブに考え、兄ぃ~も含め、スイッチも入る。。

     およそ30分後、今度は兄ぃ~~が ヨォ~し来た! の声。。
  見ると丁度、ズシっと追い合わせを入れたタイミングで・・ゴンゴンゴン状態。。
          サイズも好さげなので急いで駆け寄る。。。

   しかし・・・次の瞬間、バババっとエラを洗った時、ルアーが飛んでくる。。。

       あ”~~~~抜けたかぁ~~~~ の声だけが響き渡る。。。。
    結局、チャンスは二人して一度づつあったものの・・連鎖バレで×印。。。

イメージ 1

     魚も落ち着かない波の中なので、うまくルアーを喰えていないのか、
 こちら側がうまく喰わせられていないのか・・とにかく浅掛かりだった感じでしたが、
    この最悪な状況でも掛かってくれただけでヨシと想える釣行でした。。


  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー30lb

  兄) SMITH  BLOW SHOT  102    イグジスト3000 ナイロン16lb + 30lb
     TIEMCO F-VM



    昨夜は遅い時間帯からの磯入りでした。 場所は三浦のウエーディング磯。。
 現場は既に潮位も下がり、手前を打ち終えた方は帰られた様子で濡れた足跡だけが残る。

  遅い時間のみの出撃も、遅潮なので・・二時間少々は撃てるかな?で即、入水。。

       しかし、開始からの一時間は・・ほぼサヨリんグ。。。
   そう沢山いた訳でもなかったのに、段々と潮がタルみ・・派手に接岸した様子で
     チョイの間に背中のタモ内はサヨリ群。。。しかも皆、大型揃い。。。

イメージ 1

  コレはマズイ・・水面直下はサヨリだし・・コノ層を早くに突破しなければ・・で、
  手持ちで一番潜らせられるルアーを根掛かり覚悟で通すと・・替え一投でゴン!!
         今期の4本目となるシーバスは70UPの磯マル。。

イメージ 2

  魚をストリンガーへ繫いでドボンさせておき、似たような釣りで今度はカカカッと
   ちょっと派手目にアタる。。 バタバタっと跳ねっ返り、二本目は小ヒラ。。。

イメージ 3

    銀ピカの魚体はまるでサツキマスのよう。。サイズも丁度そんな感じ。。

    この時点で釣り始めて1時間半ぐらい経過。。 潮位もソコリが近く・・
   だらだら潮だった流れが更に緩くなった頃、コースを変えてみたびのグンっ!

 アテた瞬間からバババババっと派手に数回エラを洗う。サイズは一本目と似たサイズ。

イメージ 4

  並びにはちょっと離れた側に二名のアングラーがおられ、自身はここで釣り終了。。

イメージ 5

    サイズは75~6cmではありましたが、状態の良い固体でサイズ以上に
  いい竿曲がりでしたし、実質二時間チョイでしたが、よく出てくれたと思います
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ウエダSPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
gu:s 125F タイドミノースリム140 st-46-4 他・・



     昨夜は少し遅い時間から・・二時間ちょっとを目安に撃ってきまして
            ヒラ&磯マルはこんな感じでした。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   昨日の海苔メジナ様子見釣行の後、ホーム磯に残って磯マル&ヒラを狙うか・・
   ウエーディング磯へ向かうかで迷いに迷う。。 すると、場所空き待ちの方の姿。

 自身の恰好はというと、上物狙いだった為・・まだウエーダーもゲームベストもナシ。。
 なので・・車に戻っていると確実に撃つ場所もナシ。。 ということで動きケッテイ。。

   ただ、一つ問題は・・車止めの問題がちょっと心配で少し時間をかけて探す。。
          そんなことで・・撃てて二時間となる。

  現場は比較的距離を置き、自分を入れて4名・・時折ライトが点くことで確認できる。

  打ち始めてスグに前回・前々回とまるっきり違うことに気付く。それはサヨリの数。
   このところの数の10分の1以下。 時折ザワつくので居るには居るけれど・・
 コレは今がチャンスでは? たぶん後になって・・サヨリが湧くまでの時間が勝負だったな!
    と・・なり得そうな雰囲気なので・・とにかく丁寧に丁寧に通していく。。

 そして・・開始から1時間、サヨリが数匹掛かってきて・・ちょっと集中がキレかける。
  頭の中は、帰ってからメジナを捌く時間も必要だから・・撃ててあと一時間が限度。

 そう考えながら・・もう一度、順に通してゆき・・やっとガクン!とティップが入る。。
   エラ洗いの重量感はランカークラスだったので・・慎重に寄せ、ネットIN。。

イメージ 1

   今期の三本目の磯シーバスは、コンディションのいい75cm磯マルでした。

イメージ 2

    太い個体だったので・・てっきりランカーかな?なんて期待するも・・
    どう測っても全然ではありましたが・・運よく出てくれた一本でした。

   ここで・・案の定、自分の前は潮がタルミ・・サヨリ天国となり納竿。。
      海苔メジナと磯マルの二刀流も双方ともに出てくれまして、
              運もよかった気がします。。
……………………………………………………………………………………………………………

  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】125F>黄色チャート / ST-46 -4


  昨夜は仕事後に単独で磯へGo。 まず向かったのは小潮まわりでのウエーディングP。
  しかし、チョットしたことがあり・・車止めには停められず深夜になるのを待つため
 ホーム磯へ向かう。 ココはマズメから撃っておられたという先行者さんの姿もあるけれど
  お話ではサッパリ。。。もう丸二年この地は様子がおかしい感じ。。 けれども・・
     時間調整で一時間程転々とする。。 そこにNAKAさんがお見えになり、
       シーズンぶりのご挨拶。 お話ではエギ&メバの二刀流。。
          お話中、コウイカを秒殺は見事な出足し。。。

  アタクシはというと・・・二ヶ所目・三ヶ所目を観てまわり、シーバスっ気ナシ確認。。
 最後にもう一度深夜のウエーディングP。 しかしココは・・裏本命のパラダイスとなる。

イメージ 1

        まさにワンキャスト二本づつのサンマサイズのサヨリ。。。


  今回は前回に比べ・・手も足も出ない程のサヨリ群でお土産釣りには良いけれど
 対シーバスとなると・・多分ダメ。。今年はサヨリが大きい分、ちょっと厄介な面もある

       サヨリがある程度抜けないと・・マルは始まらないかなぁ~・・
             といったところで・・おかず釣り。。

イメージ 2

    けれども・・途中で痛恨のライントラブル発生。手で回収していたら・・
 ルアーは根にくっつき・・結構頑張ったけれど海に奉納。。ライン再起不能となり納竿


               結局お土産はこんな感じ。。

イメージ 3

   家に帰るなり・・ボクをおいて行くから・・と言われるであろう釣行でした^^;
        やはり抜け駆けは良いこと無いな~といったところです。。。

             【このサヨリの食編はこちら


   昨夜は仕事後に三時間程浸かってきました。場所は三浦方面のウエ~ディング磯。
    風予報も向かい風ですし、潮まわり的にも早潮なので潮位高は承知の上。。
  ただ、オニュ~(前記事のウエットジャケね)のウエットの具合を見るべく入水。。

  すると・・遠くの空がピカピカと光り出し突風にも似た風や雨等で海は大荒れ。。
          お一人おられた釣り人も即、上がられる。。

 開始早々にいったん上がり、木の下で雨宿り。 けれども・・早潮で時間も限られる。
        どうせずぶ濡れ覚悟の釣りなので波に向かってGo。。

    すると・・・向かい風で寄せられ始めたのか夥しい数のサヨリ群。。。

イメージ 1

   ワンキャストで全てのフックに掛かって来ることすらあるガシャ掛かり。。。
       暫しの間はサヨリんぐ。。 あっと言う間にこんな状態。。

イメージ 2

        中には45cmオーバーも混じり、サンマよりもデカい。。

    ここ数年では一番大きいので、シーバスのベイトにはならない感じだし、
   この状況は正直言ってシーバスには✖。糸アタリやフックスレ等も凄いので・・
  第一に集中力が続かない。。 また、投じる距離も向かいからの強風で飛ばず・・
   リーリングも30回巻くとルアーはもう目の前。 単純に30m弱の飛距離なので・・
    サヨリ群を越せない。。 従ってワンキャスト・トリプルバイト。。。

    背中のタモにその都度ポイポイ放り込み、20本以上のお土産サヨリ追加。。。
  ただ、いかんせん波にもまれて重くなるし、正直、背中が抵抗で揺られ波に酔う。。

 ここでお土産釣りも終了とし、一旦サヨリの頭を落とす為 岸へ。(こうしないと、
 ビニールも穴だらけだし、エラに居るヤドリ虫タイノエみたいのね)も出てきちゃう)
         なので・・全てハサミで落としてジップへIN。

 ここで海を見て作戦会議。一番の理想はサヨリ群を越して、又は避けて投げられるか。
 コレは飛距離が出ないので無理。 ならばサヨリが居ない所探し。これも難な程居る。

   で・・出た答えがルアーを巻くとサヨリが掛かるので・・巻かない作戦。。
  漂わせてティップに聞く程度・・でカカカッと当たり、バタバタっと派手な跳ね。

   魚はヒラっ子。前回いい加減な取り込みで外れてしまったのと同サイズ。。
  今回はやっとキタぁ~なので・・ややダイジニダイジニ寄せ、ダイジにタモ取り。。

   今シーズン二本目の磯シーバスは、今季お初のヒラスズキ(小)でした。。

イメージ 3

 サイズは長いサヨリとほぼ同クラスの45cmではありましたが、状況を考えると十分。。
        打つ手が限られる中、奇跡的な魚だったかと想います。

   それと、ウエットジャケの使用感ですが、首からさえ入ってこなければ・・
    厚手なので全く寒くないですし、今までのよりは無理も効きます。。
……………………………………………………………………………………………………………
  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】125F>黄色チャート / ST-46 -4

            【このヒラスズキのお造りはこちら


  昨夜は予報に反して・・雷ピカピカ→突風→雨→海大荒れ・・となってしまいましたが、
           ずぶ濡れの中、運よく一本出てくれました。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。


     昨日は夕マズメっ頃から単独磯入りを試みる。条件ではイイ南西爆風だったので
 ヒラ狙の様子見でホーム地磯へ向かうも・・先客さん数名。立ち位置も限られるので
 この地を諦め・・二ヶ所目。 しかし・・・こちらも駐車スペースが無く断念。。。

           好い時間帯なのに夕日を眺めて終る。。。

イメージ 1

  ゴールデンタイムを棒に振ってしまったことから・・気分を変えて大きく移動。。

  向かった先はウェ~ディング磯。二名先行者さんがおられ、磯入り順は三番目。。
  ただ、先行者さんは丘派のスタイルなので、潮位が引き始めた頃に上がられた様子。

 このタイミングでジワっと入水。。 すると打ち始めてスグ❝せんたくやさ~~ん❞の声
   ここでバチコイさんとお友達のご夫婦がお見えになり、一旦下がってご挨拶。。
     この地でお会いする季節がやってきましたねぇ~~と釣り談義。。

   もう間もなくチェロキーさんもこられるとの事。 皆で総攻撃を掛ければ・・
  今現在の状況もスグに分かるかなと・・ある意味、場所移動は正解だった感。。。

 そして・・・再度入水。 胸までコースに差し掛かった時にココッとショートバイト。
 今季お初のアタリでしたが、しっかりとティップに乗り・・直後にミノーが口元で踊る
   カチャカチャカャ音。 月夜なので魚もハッキリ照らされる。正体はコヒラ!

 大きさも40台クラスなのでタモ入れすることもないか・・で寄せたら目の前で外れ、
      外れた際のフックがベストに刺さり・・・・取れない。。。

  又しても一旦下がり・・・フックを外し、ここでご登場のチェロキーさんともご挨拶。
                そして・・再び入水。。

 よく考えれば今期の一尾目だったし、あ”~~~もっと大事にいくべきだったと思いつつ
 目指していた岩へたどり着き、ヨッコイショと乗り、方角を決めての5投づつ作戦。。

    必ず休ませておくコースも決め、様子をみて通し・・一通り撃った後、
    いわゆる休ませておいた見せていないコースを通し・・やっとゴン!

   最初のエラ洗いまで、正直大きさはわからないけれど、元気は良かったので・・
   またヒラなのかな?と想っていたところ、ガバガバッと出たところでマルと判断。

  跳びまくるヒラよりはバレにくいので・・ちょっと安心して遊動し無事にタモへ。。

イメージ 2

      今季お初の磯マルは・・61cmとお手頃シーバスでした。。

イメージ 3

      この後は・・知り合いの方々に場所をお渡しし一足早めの休憩。。

 結局、この晩出たのはマグレの一本だけではありましたが、コレも一つのデータですし、
 本格化するにはもう少し・・というのもよく分かったのでよい釣行だったと思います。

   最後に皆さんで釣り談義に花を咲かせ・・日付が変わる頃おひらきでした。。
 皆様遅くまでお疲れさまでした。また夜磯でお会いしましたら宜しくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………
  ウエダ SPS-112 PLAISO 2500H-LBD キャストアウェイ1.5号 リーダー25lb
     HUNP 【gu:s】125F>黄色チャート / D社、レイジー95S 黄色チャート ST-46 -4

             【このシーバスの食編はこちら

          今シーズン初入水で運よく一本獲れました。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。


     昨日は仕事後に数時間を撃ちに磯へGo。向かった先はホーム地磯。。
  しかし・・良さげな時間は先行者さんのお姿があり、別場所から海を眺めて時間待ち。

イメージ 1

 海水温が急な上昇をみせているので・・・魚の動きに変化も出てきそうな雰囲でしたが、
 知り合いの上物師の方々にお話を伺うと、前回(私がメジナで入った時)と それほど
 変わっていないみたいな状況とのこと。。 ただ、水温は2℃ほど上がっているので・・
 コレが良い方に一転すれば・・なんて期待し、場所が空いた後、黙々と2時間撃ち。。。
   潮こそ効いていないけれど、雰囲気は好さげ。 しかし・・なんにも反応なし。。

 不思議だな~~ なんでだろ~ 全然だなぁ~ なぜアタらん?? の独り言ばかり。

  すると・・・ちょっとリーリングに違和感。 ん?な感じでティップに聞きながら
  引き上げてみると、、、フックにビニールが付いている?と思っていた瞬間・・

  キュッキュッっと音がして・・なんだ?? とライトで照らすとアオリの子。。^^

イメージ 2

  大きさは丁度コロッケっくらい。。 ただ、コレが餌をとっているのでしたら・・
   シーバスはお留守で・・海の中は平和そのものなんだねぇ~な雰囲気なので・・
   見切りをつける。。 そして場所移動を決断。。 しかし・・動いた先は
  今回は・・立ち位置のスグ目の前に刺し網が二張りさしてあり・・諦めて納竿。。

 この水温上昇はマルは動くでしょうし、ちょっと今後が読みにくいシーズンな気がします


             今日は単独で磯入りしまして・・
           まずは海苔メジナから・・こんな具合。。

イメージ 1

            次にルアーで一探りし、運よく。。。

イメージ 2

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


    仕事後、久々に単独で磯入りできそうだったので、短時間でしたが磯へGo。
     向かった先はウエーディング磯。 (金)夜なので人出は覚悟の上。。
    しかし車止めには一台だけ。 意気揚々と身支度を整えつつ海を眺める。。

     すると・・立ちたい冲根付近に舟の影。。 近づいてみると・・・
   最近流行りの一人乗りボートがアンカーを下して根際で三本の竿を出していた。

    もう夜ですし、年配の方っぽいので、そう長くはやらないであろうと
   釣りを眺めながら時間待ち。 どうやら二本が竿先にケミを付けた根モノ用。

 イソメをつけて垂らしている感じ? ただ三本目が・・明っかるい電気ウキの流し釣り。
 実はこれが結構厄介・・潮上からダァ~っと流れてくるので・・ルアーコースはナシ。。

 それと・・最近の電気ウキの明るさは半端でなくて、回収する時、水中にウキが沈むと
   その付近の海が光るように照らされる。。 これではシャローレンジはもう✖?

   結局、このお方はベストタイムまで頑張っておられ、私は別場所を撃ちに入水。

  首まで浸かっての半泳ぎの挙句、雲が切れて月夜が顔を覗かせ海が明るくなった瞬間、
 目の前には刺し網が入っていることに気付く。 暮れの時よりも潮下に仕掛けられてた

     これで万事休すとなり、今回も新ワカメを拾って こんな感じ。。

  年があけ、また網が入ったのか・・誰も撃ちに来ない訳だねぇ~と独り言。。
      早々に見切って大移動してしまえば良かったと、かなり後悔。。

        暮れから・・ もの凄い運も悪い感じではありますが、
     運も腕のうちなので・・・まだまだといったところでしょうか。。。


このページのトップヘ