鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ: 【 海 つり 】上物編

日付は変わりましたが、今日はお昼過ぎっ頃から単独で磯へIN。
予報ではマズメ頃には爆荒れ予報でしたが・・潮変わりまでは
もつのでは?の自分予想から現場選択。。 コマセ支度もこんな感じ。。

P3115348

すると・・お隣のルアーマンさんのツーピースロッドの先っ側すっぽ抜けの事態発生。
海にはデッカい棒ウキが浮いているような感じのロッドティップ。。

私はスグに竿準備をし、ウキパラソルを結んでキャスト。無事にロッド回収に成功。。
ご本人も半分あきらめていた様子だったので大変喜ばれていました。
偶々スグにウキパラを投じられ、実に良かったと・・気持ちよく釣りに入る。。

すると今度は、反対隣のフカセの方がスミマセン針を2~3本分けて頂けませんか?と。。
忘れちゃったのかな??で・・どうぞ!と数本差し上げる。。

ヨシ!今日はイイ事をしたので釣れるかも?・・は良くない考えですが、
ついつい。。。

そこで・・まず静かなうちにサヨリでも・・と、お土産釣りの様子見。。

P3115349

今日は水温が来ているのでいい感じみたい。。
それならば・・夕マズメだけ狙えばいいかな?で・・海苔メジナ狙いへシフト。。
しかし、この考えが甘かったみたいで海は一転、、、爆風の大荒れ。。

P3115350 (2)

スグに大荷物を片付けて場所替えのため車で移動。

潮変わりまで風は強まらないと思っていたけれど、一応このパターンも有ると・・
予想はしていたので、迷わず二ヶ所目へ入る。。

そこでは・・まずコマセを効かせるまでオキアミで様子見。
スパンスパンとアタリウキが入り・・手のひら程度のコッパスタート。。

P3115352

小一時間で10ピキ位かけ、全くエサが残らない状況となったところで・・
細ハリス・小針のままでしたが、試しに小指の爪ほどの海苔を4~5枚刺し、
少しは吸われるか試してみる。。。

すると、来ちゃうときは来ちゃうモノで・・・一流し目にスコン!と入り・・・
ギュ~ンと竿先が水面に入るような強烈な竿曲がり。
1.2ハリス+小針なので、頑張って引っ張り合うよりも・・
入られてもいいから一度出す・・を選択。。

型物であることはわかっているけれど、それよりも・・なんであの時
ハリスの番手を上げなかったか・・とか、せめて結びなおしておくべきだった!とか
いろんなことが後悔されて・・・頭の中は切られる事ばっかりが浮かぶけれど、
まだ切られてもいないし入られてもいないので・・とにかく慎重に慎重に。。
そして・・・何とか浮かせてタモ入れ成功。。

P3115353

タモ枠は40cmなので・・パッと見でも40UP。
活かしバッカン上で測ってみると43cmの型物。。

P3115356

ハリスはタモ内で切れていたのでアブナカッタ。。。
やっぱり手のひら大でも10ピキくらい釣っていたハリスは多少なりとも痛むし
安心感の面でも結び直すべき・・と肝に銘じた瞬間でした。。

そして・・・この後は一まわり番手を上げて運よくもう一枚追加。。

P3115359

大きさは40をチョイ欠ける泣き40でしたが・・
運よくワンチャンスをモノに出来、アタリが遠のいたところで釣り終了。

P3115364

二枚とも雄で白子パンパンの㌔UP。
つくづく切れないでヨカッタ~な一枚でした。。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  1.2号   1ヒロ半~ /伊勢尼4号


この魚の食編はこちら

本日は県下の殆どの河川で渓開きとなり、いよいよ渓流も解禁。
ただ最近は・・以前のように解禁日のお祭りに出かけることは無くなった。。
やはり渓はもう少し暖かくなってからのゆっくりスタートがいい感じ。

そこで今回も単独で磯へIN。。早々のコマセ支度はこんな具合。。

P2295331

感じとしては・・サヨリ半分海苔メジナ半分仕様。。

海の雰囲気は・・完全なる凪。 マズメには潮位も無くなるので・・
潮位があるうちにサヨリくらいは釣っておきたいと思い・・まずはサヨリ狙い。
見ていると時折群れがサーっと現れ、これを一瞬で掛ける釣り。。

P2295333

すると・・・・段々と群れが着くようになり、ペース的にはかなりイイ感じ。。。

P2295335

目安の30本に届いた時点でメジナへシフト。。

海苔メジナは・・水温が低い関係でアタって一度ないし二度くらいかなな雰囲気。
ただコマセは・・常にサヨリ狙いの時から海苔コマセも同時に入れていたので、
意外と早い時点でアタるかも?とおもっていると・・・ウキがシモって一枚目。。

P2295337

大きさは30cmジャストの海苔メジナ。。
釣れあがって来た時の色も良かったのでひょっとしたら続くかな??で・・
30分後、二枚目はサイズUPの36cm。。

P2295340

これでアタリもピタッと止まっちゃうかな?と思っていたところ・・
終了間際、三枚目がウキをシモらせ・・・・㌔UPも顔を出し、納竿。。

P2295346

三枚目は・・40cmに数ミリ足らない泣きサイズでしたが、
ボテボテの㌔UPとなりまして、ほんのワンチャンスをモノに出来、
サヨリと海苔メジナ、双方ともに好い釣果となりました。。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   2ヒロ半~ /寒グレ7号
サヨリ/D社 せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5
自作カゴ浮き+アタリウキ ハリス1号 伊勢尼4号 オキアミ
この魚の食編はこちら


昨日の連休最終日、子供は部活の為、ダメ。。。
ということで・・・単独で磯へGo。。
お昼っ頃の磯INなので・・立ち位置は ほぼナシ。
なので・・・とりあえずコマセの用意だけしてスタンバイ。。

P2245331

コマセは行き道の途中で採って来た海苔がメインの海苔メジナ用。。
ただ、サヨリが回ってきたら・・その時はオキアミ用のコマセをプラスする予定。

連休とあって・・チョット釣り難い立ち位置しかないけれど、
時間も限られるので様子見程度に竿出し。。

P2245334

けれども・・・潮が徐々に上げてくる状況下、潮がとにかく落ち着かず・・
仕掛けが全く馴染まない。オキアミならともかく、海苔の場合・・
喰わす間が出来ないところはまず期待薄。。。
特にこの 子を持つ時期のメジナは、ガチャガチャ場よりも静かな場所が好ましい。

知り合いも数名おられたけれど、隣に入るのは悪いし・・・ひたすら空き待ち。。

そして・・・先客さんが上がられたタイミングで場所替え。。
三十分程コマセを入れたところで・・・立浮きがスコンと入り幸先よく一枚目。

P2245337

サイズは33cmの海苔メジナ。白子パンパンで好い季節。。
このあとも似たアタリで二枚を追加。

すると突然サヨリが回ってきて、スグにサヨリ狙いへシフト。
サヨリちゃんは・・抜けちゃったら終わりなので居る間はとにかく狙いたい
ある意味裏本命の魚。。

ただ・・自分の前には殆ど群れが着かず、ほんの一瞬の地合いでこの程度。。

P2245338

その分・・型は皆40cmUPだったので、お刺身としては十分。。
それと・・・腹パンの海苔メジナもこんな感じ。。

P2245339

大きさは・・33cm、35cm、37cmの三枚。。
子供が部活だったことをイイことに・・・単独で楽しんだとーちゃんでした。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   2ヒロ半~ /寒グレ7号
サヨリ/D社 せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5
自作カゴ浮き+アタリウキ ハリス1号 伊勢尼4号 オキアミ

この魚の食編はこちら



昨日は単独で磯へGo。向かった先は三浦の地磯です。
行き道の途中、海苔メジナ時の海苔を・・付けエサ分だけは確保できたので
一応、狙いは海苔メジナ半分・回ってきたらサヨリ半分のコマセ支度。。

P2195332

ただ・・・向かいからの風が ちょっと厄介なモノを運んできてしまい・・

P2195337

あれよあれよで辺り一面・・水面がゴミにおおわれてしまい・・
その中には・・・どこから来たのか三角コーンまでプカプカ。。

P2195343

しかも・・行ったり来たりでなかなか流れていかない。。
先日荒れた際、どこからかゴミが流され、流れついてしまった感じ。。

水色は結構イイ感じなので空いたスペースで頑張るも・・

P2195341

ウキの位置すらわかりづらく・・・何よりも気分が悪悪。。。

なので・・・届く範囲はタモで掬ったりし、あとは潮が動き・・
水面ゴミが何処かへ移動するのを並びの方々と、ただひたすら待つ作戦。。

結局二時間何もできずに過ごし・・・やっとゴミが切れた頃釣り再開。。

P2195335

この時とばかしにコマセを入れ、やっとウキが生命反応を示してジワァ~とシモる。
ここ数回の釣りではアタリは一度ないし二度程度なので・・とにかく慎重にアテると
うまいことメジナが顔を出す。。。

P2195338

大きさは33cm程でしたが、状況を考えると・・・まずまずなスタート。。
ここで・・・顔見知りのサヨリ狙いの方がお見えになり、暫し釣り談義。。。

どのみち潮も急激に下げてしまう潮まわりでしたし、ここ数回のナガレからして
メジナはそれ程本調子ではないと判断し、並んでサヨリ狙いに切り替える。。

そして・・・マズメ頃までポツポツ掛け、お刺身用も確保できたところで納竿。

P2195346

サヨリは皆40cmクラスの良型揃いなので・・居るうちはメジナよりも・・
ついついサヨリを狙ってしまう。。
なぜなら・・この魚は何にして食しても美味しいから。。

そんなこんなで今回は・・ゴミには悩まされましたが、
一応本命と裏本命で楽しめた釣行でした。。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   2ヒロ半~ /寒グレ7号
サヨリ/D社 せとうち 2-30 レブロス2000 VARIVASゼロフカセ2.5
自作カゴ浮き+アタリウキ ハリス1号 伊勢尼4号 オキアミ

この魚の食編はこちら







昨日はお昼っ頃からの磯入りでした。場所は三浦の地磯で海苔メジナ狙い。
潮まわりの関係から・・お昼過ぎでないと、
餌の海苔が採れないことからややゆっくりと磯IN。。

まだ海苔餌も本着きではないので・・お椀一杯程度を摘まむ程度でしたが
何とか確保し、コマセ支度。。

P2015303

今回はコマセに入れる程は海苔が採れていなかったので、持参冷凍のり+・・
保険で持っていた海苔コマセ少量の時用コマセをハーフでこしらえる。。
使用したのはD社の海苔グリーンの新鮮パック。。
何とか色で誤魔化せたらいいなー作戦。。

そんなこんなの一流し。。

P2015308

ただ、海の状況が、前日・前々日よりも2℃一っ気に落ちた関係で・・
とにかく魚っ気ゼロ。 試しにオキアミを使用するも・・・頭も齧られない状態。

自然と知り合いの方々とのおしゃべり時間も多めとなる。。

そこで・・・根際スレスレの一点集中にするか、水深のある所の底狙いにするか迷い
水深のある所へ移動。。

P2015310

いつになってもラインの糸癖がとれない状況でしたが・・
どうであれ、一度っ位・・チャンスがくるのでは??と・・・
辛抱強く打ち返し・・打ち返し・・ そして・・・・
一瞬モゾモゾっと立ちウキがシモる。。 そして一呼吸後、ジワァ~っと入り、
コレを逃したら次は無い・・と思って慎重に合わせる。。

P2015314

メジナは35cmとまずまずなサイズ。。

中途半端な時間に来た一枚なので・・もう一度っ位アタるのでは?
と思っていたけれど・・・やはり この地の13℃台は仮にアタっても・・
一度有る無しというのはある程度予想はできていた。。

なので・・・マズメ時間になっても魚っ気ナシ。
しかも・・・隣には入れ替わりエギンガーがシャクリ始めたりと、万事休す状態

ただ・・暖かい日となったことから水面直下は若干高水温が来たのか、
サヨリが回ってきて・・・急遽オカズ釣りに仕掛け転換。。

P2015316

しかし・・・時すでに遅しといった具合で魚も去り・・・納竿。。

P2015318

結局、ウキは一度潜っただけで・・モグルことを忘れた浮き。。
みたいな日となりましたが、考えようによっては・・
よく掛かった一枚だったと思います。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   2ヒロ半~ /寒グレ7号

この魚の食編はこちら







昨日は仕事後に午後から磯へGo。向かった先は三浦の地磯です。
海水温もやっと15℃台まで下がったのでいよいよ寒メジナの雰囲気。。
時間もないので早々にコマセ支度。。

P1175270

海苔ベースの仕上げで・・出来としては理想な感じでしたが、
海苔自体は前回の持ち帰りの冷凍モノなので、この辺りが・・
喰いにどう影響するかが問題。。

立ち位置も風裏を選んだので海は凪。しかもソコリまじかで潮も無い。。

P1175271

単独釣行は一か月ぶりですし、このところ竿を出していないので・・・
まぁ~糸グセが酷いなぁ~と想いつつ一流し。

いったいこの糸グセが、いつとれるかな?と思っていると・・・
開始から30分で海苔が一度吸われる。。。

前回の子供の時もそうでしたが、水温的に見ても・・
時合いは短いと思われるので・・反応が有るうちに掛けてしまいたい。。
そして次の一流し・・ジワぁ~~っと立ちウキが入り、しっかりと竿に乗る。

P1175274

一枚目は33cmとまずまず。。
ヨシヨシ・・今、今、、、とばかり次を狙い・・・・
ほぼ同じアタリから・・ちょっと重量感のある竿曲がり。。。

P1175278

やり取り中・・40いったかな?な元気なツッコミだったので期待しましたが、
ザッと測ってこんな感じに全然足らず。。。。。

P1175277

ならば・・・と、ハリスの番手をあげて一発狙いに徹する。。
すると、似たアタリから同じような重量感。

一度は浮かせたけれど、もう一度突っ込まれた際、根際にいかれた。。
潮位もなく、至る所・・根が向き出しなので、
根際でかなり頑張って止めていたけれど、最後は痛恨の針ハズレ。。

番手をあげたことでちょっと強引に行き過ぎたかも。。
ただ、このバラシのあと・・ピリッともしなくなる。。

たぶんバレた魚が周りのみんなに・・・
❝今餌喰うとマズイぞ!凄い形相で血眼になって餌撒いているヤツが居る❞
オレ今・・餌喰っちゃってアブナカッタ・・ガンバッテ逃げて来たヨ。。
こういったに違いないと思える程、魚が居なくなった。。。

やっぱり、ダイジな時合いにバラすと終わっちゃうなぁ~~を実感。。
結局、獲れたのはこの二枚のみでしたが・・・

P1175283 (2)

考えようによっては・・よく出てくれたと思います。。。

……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   1ヒロ~ ほか /寒グレ7号

この魚の食編はこちら

この後、久々にホーム磯で少しルアーロッドを振りましたが・・ピクリともせず。。。

雨も降って来たし、その周辺をランガンして終わろうとした時、予期せぬバイト。。
15分後、もう一度同じ個所を狙って・・掛け直す。魚は40程度のコヒラ。
しかし、タモ入れ寸前でハイジャンプ一発!又してもフック外れ。。
メジナも含め、二度あることはなんとやらで・・・こんな日はもう・・・
次が仮に掛かっても似たモノと判断して終了としました。。。

前記事の磯マル狙いの後、車内で寝袋にくるまって・・夜明けを待つ。。
すると熟睡したためか、気付けば辺りはすっかりと明るくなっておりam7時過ぎ。
ここでお土産用にサヨリを狙う。 しかし、この日のサヨリの群れはかなり範囲が狭い。
数本掛けるも・・コマセには困ったことにボラがついてしまう。。
結局、三本掛ける羽目に。。。

PC185242

大きさは全て50cmUP。ハリスもサヨリ用の細番手なのでやり取りも大変。。
それともう一つ厄介なのが・・・中途半端な15~6cmの毒魚。。

PC185240

コレも半端な数では無く、なかなかサヨリに餌がいきあたらない。。。
そんなことで・・予定していたサヨリ20本を揃えるのにえらい時間を要す。。

PC185243

そして・・・サヨリの下処理を終えたところで海を後にするつもりで帰り支度。。

と・・・ここで知り合いのメジナ師が登場。。
生きのいい海苔餌有るよ~~と、有難いお言葉を頂き・・
お言葉に甘えて海苔メジナへ突入。。。

丁度そのころから・・ホント、当たらなくてもいいのに爆風の天気予報があたってしまい・・
風裏へ移動して一流し。。

PC185247

仕掛けがなかなか馴染ませられず、しかも逆光でウキもラインも見にくい中、
ウキ・・入ったかな??で大合わせのあと・・何とか一枚。。

PC185249

この後も似たような展開から・・もう一枚追加。。
しかし・・・海苔メジナはやるつもりが無かった事から・・
コマセの量が足らなくなり、好い時間を前に納竿。。

PC185254

大きさは33cmと30cmの二枚でしたが、磯マルにサヨリ。おまけの海苔メジナと
狙いモノ全てが獲れまして、全ての面で運のよかった釣りでした。。
……………………………………………………………………………………………………
D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
       SeaGuar ace  2号   1ヒロ~ ほか /寒グレ7号
サヨリは二段仕掛けでハリスは1号程度・伊勢尼4号のオキアミ餌

この魚の食編はこちら





昨日は海苔メジナ狙いのつもりで磯へIN。 ただ・・
手持ちの海苔餌の質が悪いうえに量も足りておらず・・ちょっと不安要素あり。。
とりあえずはコマセを仕上げるも、かなり海苔の比率の薄い出来上がり。。

PC115208

そこで・・前半はオキアミ使用とし、様子をみる。。

PC115209

けれども・・・掛かって来るのはマイクロコッパ。。。

PC115211

これじゃ~ね~・・・・と思っていると、コマセにパシャパシャッと跳ねる細い魚の姿。。
正体はサヨリ! しかもいいサイズがコマセに着いている。。

スグにアタリウキを調整し、コレを狙い始める。。
元々この手の手返し勝負の釣りは大好きで・・唯一自信が有るジャンル。。
コマセに着いているうちにパパパッと掛け、ものの15~20分でお土産確保。。

PC115212

エラ内からヤドリ虫が出てくると厄介なので・・・スグに頭も落として下処理も完了。

PC115213

小休止の後、いよいよ海苔投入。。 しかし・・・波っ気が出てきて潮が安定せず
馴染む所探し。。。 数投に一度っ位仕掛けが馴染む。 すると・・・反応が出る。

PC115214

もう一枚追加するもサイズは小ぶりで・・・
大荷物を背負って磯替え。。 地磯の釣なのでこんなことは慣れてはいるけれど
時間が短いので・・・正直判断は難しい。。。

そして・・・動いた先では三発立て続けにバレ。。 二発はハズレで一つは切られた。。。
そんなこんなで・・・・やや不完全燃焼な終わり方。。

PC115216

大きさは多分30無いっくらいのと・・キーパーも無いっ位のかな・・の2ピキのみ。。
途中、サヨリへ狙いを変えていて正解だったかもしれないです。。

……………………………………………………………………………………………………

    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号

    SeaGuar ace  2号   1ヒロ~ ほか /寒グレ7号
サヨリは二段仕掛けでハリスは1号程度・伊勢尼4号のオキアミ餌

この魚の食編はこちら


ここで・・・二刀流の第二弾。。 動いた先では・・とりあえずこんな感じでした。

PC115223

磯マル編の詳細はスミマセンが時間ができ次第入れなおします。

昨日は嫁はんのお友達が来ることをイイことに・・午後から海へGo
向かった先は三浦の地磯です。
海の状況は凪。風も背負える場所へ入ったので至って静かな状況。
早々にコマセをこしらえ・・一流し。。

PC065194

潮位の問題で・・・目の前に根が顔を出していることから、やり取りは・・
出来るだけ距離のあるところで弱らせ、ある程度浮かせられれば
そう思っていた矢先・・・棒ウキがシュッと入り、竿に乗った時には手前にギューン。。
結構頑張って二度浮かせたけれど・・・一枚目から痛恨の根ズレでサヨナラ。。。

魚のサイズは37~8cmだったかな?40あったかな??くらいの良型。。。

ハリスの番手は上げずにもう一度仕切り直し。。
ややあって似たアタリが出て・・今度は魚に先手をとられぬよう
かなり強引に竿を絞り、無事にタモ入れ。。

PC065199

魚は35cmとチョイサイズが下がっちゃったけれど・・何とか一枚目。

次のアタリは・・・やや細かいモジョモジョあたりで乗らない。。
どうやらコッパも海苔についているようで・・餌もちょこちょこ盗られる。。

海が静かで潮もそれ程効いていないので・・少しの間はコッパを避けるため
根際一点狙いにかえると・・二度根掛かりでウキ流出。。
今日はウキパラソルの出番が多く・・ある意味コレが大活躍。。。

それなりに釣っているのに、考えると・・まだ一枚しか獲れていない。。
そこで・・・棚を変えて試行錯誤を繰り返し・・コマセの半分が無くなった頃
ようやく本来の海苔メジナらしい・・一度シモるような前アタリが出て
スゥ~っと入り・・なんとかサイズUPの40cm。。

PC065203

このあとも・・似たアタリで同クラスを含む二枚を追加。。
そして、海苔が吸われなくなったところで釣り終了。。

PC065206

魚は・・40cm/39cm/35cm/30/と、運よく型物がそろいまして、
つくづく・・一枚目のバレだけで終わらないでヨカッタなぁ~な釣りでした。。

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  2号   1ヒロ~ ほか /寒グレ7号

このメジナ&その他の食編はこちら


そしてこの後は・・・ライトなルアー編となるのですが・・
その前に・・潮位の問題でワタリングの時間調整。
PC065213
とりあえず数ピキ。。
あとのライトなルアー編は・・時間ができ次第入れなおします。。


前回の磯マル釣行時に採っておいた海苔があったので・・
昨日、夕マズメだけを狙って海へGo。
向かった先は三浦の地磯です。。
状況的にはもの凄い寒波で気温も一けた台。しかも北からの強風で寒さUP。

竿も出せて2時間程度なので、早々にコマセの準備を済ませ・・こんな感じ。。

PB265129

まだこの地には海苔(アオサやヒトエグサ類ね)が殆ど生えていないので
メジナの主食の海苔を入れれば・・一つ間違えると大爆釣なんてことも。。
そんな期待感もあり・・もの凄い寒さの中、釣り始める。。

PB265130

すると・・一流し目から立浮きがスコンと入り・・・❝おぉ~~~❞当たる当たる!
で・・・・竿曲がり。。しかし、ガクンガクンと竿が変な角度で叩かれ・・
正体はやっぱりね。。な毒魚

PB265135

海苔の生えそろうのを待っているのはメジナだけではない訳で・・立て続けに4つ。
それも皆35cmUPなので・・糸グセが無事とれ、イイこともあった。。。

ただ・・まだ海苔餌が短く、針に巻けるほどはないので餌持ちが悪く、
とにかく一投ごとに餌が吸われてしまう程の高活性の割に・・
メジナになかなかいきあたらない。。。

そこで・・モジョっとウキがシモッただけでも・・とにかく全部アワセを入れ、
本来の海苔メジナとはかけ離れた釣りになるのですが、掛ける事優先。。
すると・・・毒魚とは別の魚が顔を出す。。。

PB265138

正体はイスズミ。。お!なんとなくメジナに近くなってきたかな?的にポジティブに考え、
ようやく・・・・二種とは全く違った竿曲がりで・・一枚目の海苔メジナ。。

PB265131

大きさもまずまずの30cmUPから始まり・・・
次の竿曲がりはちょっと重量感が増し増しの35cmUP。。

PB265136

しかしここで・・・40近い毒魚が立て続けに二つ掛かってしまい・・・
棚ボケしているかな?と、ハリス交換。。

その都度ハリスを詰めていたので大分短くなったハリスを直し・・
最後に一発来ないかな・・で番手もワンランク上げる。。
そして最後にドラマが・・・なんてないかな?? ん?ん??と・・
ウキが前アタリを示し、スコンと入るであろうタイミングで即アワセ。。

このくらいのタイミングでアテないと今回はノリが小さすぎて、ほぼ針に乗っているだけ。
針からノリが落ちる前に・・一か八かの早合わせ。。で最後の竿曲がりは・・
40あるかな・・なやりとりでしたが、実際には38cm。。

PB265144

内訳も・・32cm/35cm/38cmと、運よく型も揃いましたし・・
時間が短い中、海苔餌にしてはアタリも多く(別魚も多く)
十分楽しめた釣りでした。。

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  2~2.5号   1ヒロ半~ ほか /寒グレ6号

この魚の食編はこちら

そしてこの後、本命のウエーディング磯へ向かい
爆風大寒波の中・・半泳ぎしてきまして、こんなでした。。

PB265174
ヒラ釣行編の詳細はすみませんが時間ができ次第入れなおします。。







         前記事の山編に続き、後編は平成最後の海編。。
 子供をグランドへ送って行った後、海へGo。 GW中とあって磯は多目的で超満員。。
        完全に出遅れたので、今回は初めての磯へ入る。。
     コマセ支度はこんな感じで・・持ち帰りの冷凍海苔とのハーフ。。

イメージ 1

   海苔餌分は、海水に漬けて冷蔵してあった海苔。 いくらか古くはなるモノの・・
    冷凍するよりは喰いはイイ感じなので・・今回は冷蔵物でまにあわす。。。

   そして・・・オキアミからのスタート。。 なにせ初めて立つ場所なので・・・
      潮の効く状況も分からない。なので、まずは手前から順に探る。。。

イメージ 2

     すると・・・開始から一時間ほどで・・35cmUPが顔を出す。。。

イメージ 3

   エサ取りは少ないけれど、並びでは相当数のアイゴが掛かってきているので、
    このままオキアミ使用を続けていると自分にも掛かるのは時間の問題。。
      ここで少々コマセを切るため・・おにぎり片手に歩きだし・・・

       初めての磯なので・・・隈なく見ておこうかと情報収集。。
           遠くには富士もドンでこんな具合。。。

イメージ 4

  時間はまだ昼前だし、海苔餌投入には(海苔コマセも少ないので)まだ早いけれど、
  無くなったらその時考えればイイや。。で、とりあえず・・様子見で海苔投入。。

     コマセを打つと大型のアイゴが行ったり来たりするのが見える。。
            タナは一ヒロ半前後に多くいる感じ。。

    そこで・・二ヒロ半から三ヒロ入れ、アイゴの層を突破させようと試みる。。

 コレがうまくいき、一時間に一度っ位のモジョモジョアタリを二度乗せられ、二枚追加。。。

 しかし・・・流石にGW。。 両サイドにエギぃ~マンがIN。強烈シャクリを始め・・
  なぁ~んにもアタらなくなってしまい・・・残念だなぁ~~~なマズメ納竿。。。

イメージ 5

     内訳は・・38cm/36cm/34cmの三枚で、36cmだけオキアミ餌使用時。。

     そんなことで・・・平成最後の釣行は、海苔メジナで〆となりました。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~1.75号   2ヒロ半~ ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc


         日付は変わりましたが・・本日は単独で磯へIN。。
    ここに来て(この界隈では)メジナも若干着き場が変わってきているので、
      立ち位置も、出来るだけ静かな場所へ・・と思っておりましたが、
 めぼしきところは微妙な間隔で入れず・・今回も落ち着きの悪い場からのスタート。。

イメージ 1

  コマセは・・かなり時間を掛けて採った海苔をメインに、オキアミとのハーフ。。

イメージ 2

  開始からの三連荘は全てコレ。。 オキアミだとちょっとかわせない程居るみたい。

イメージ 3

  何所か静かな所が空かないかな・・と場所移動の事ばかりが頭にあり、集中を欠く。。

  このままでは好さげな(潮の動いている)時間もあっと言う間に過ぎてしまうと・・
  ここで大荷物を持って場所移動。。 奥まった静かなエリアはポイントとしては・・
  一級・二級で表すと・・三級以下の立ち位置ですが、子を持った時期のメジナには
   得てして◎となったりもするので・・昼からは静かなところで海苔投入。。

イメージ 4

 すると、一流し目からスコンと立ちウキが入り・・根かな??と半信半疑なアワセから
      しっかりと竿に乗ったのは・・・35cmUPの海苔メジナ。。

イメージ 5

   連荘を期待するも・・そうはうまくいく訳もなく、次のアタリは二時間後。。。
         コレも運よく竿に乗り、ほぼ同クラスで二枚目。。

イメージ 6

 次のアタリまでは・・もう一時間掛かってしまいましたが、コレも奇跡的に針掛かり。

    ずっと曇っていた日でしたが、雲の切れ間からやっと夕日が顔を出し、
       遠くの富士も綺麗に浮かび上がるのを暫し眺める。。。

イメージ 7

   しかし・・マズメ時間は不思議と魚っ気が無くなるのはここ数回のナガレ。。
 このタイミングでもう一度アタラナイかなぁ~~と頑張るも、やっぱりダメダメで納竿

イメージ 8

   内訳は・・36cm/36cm/34cmの三枚。 ただ・・アタリは三回だけで・・
      海苔餌もアタった時以外は全く吸われていない状況ですので・・
          ただ単に運がヨカッタだけの釣りでした。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~1.75号   2ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

              【この魚の食編はこちら



   昨日は久々に単独で磯へIN。 子供をグランドへ送って行ってからのGoなので、
           入りたかった立ち位置は満員御礼状態。。。
         適当に立ち位置を決め、コマセ支度はこんな感じ。。。

イメージ 1

  もう海苔餌が殆ど日焼けしての流失状態なので・・今回も持ち帰りの冷凍ものを使用。
      喰いは極端に悪いけれど・・コレばかりはどうにもならない。。。

         まずはオキアミスタートで・・えさとり確認。。

     できれば・・オキアミが10秒と持たない春の状態にならないかな?
      そうしたら海苔へ軍配なんだけれど・・・な想いで一流し。。。

イメージ 2

      しかし・・・状況としては数流しに一度、餌が齧られる程度。。。

   エサ取りは・・多分、フグ系とベラ系・・それと海タナゴがチョコチョコ。。
  コレが徐々に活発化するのを待っていると・・・ちょい悪ヅラのムツっ子登場。。

イメージ 3

        コレは昔っから・・特に意味はないけれど大好きな魚。。

    ただ・・海水温が14℃と・・桜の開花時点よりも二度下がった状況は・・
  何をやっても策が見いだせない。。。 せめてコッパでもエサに着き始めれば。。
            で・・・このコッパを釣るのに3時間。。。

イメージ 4

    これでようやく海が変わったかな?で・・立て続けにコッパが3ピキ。。

         お昼となり・・ここで初めて海苔餌へシフト。。
     なかなかアタリが出せない中・・・ちょっとシモったかな??と・・
   前アタリを一度もらい、その数投後・・今度はしっかりと立ちウキが入る。。
       千載一遇のチャンスかも・・で・・しっかりとアテる。。

   魚はやや小ぶりでしたが、カッコヨク言っちゃうとキーパーサイズの海苔メジナ。。

イメージ 5

   けれども・・海苔へのアタリはこれっきり。 結構頑張っては見たモノの・・
       隣ではエギンガーがウナリをあげての鬼シャクリ開始。。。
     ラインの水切り音がかなり響き・・自動的に魚っ気はナシとなる。。

    マズメには潮位がグンと下がってしまい、潮も全く無くなり・・納竿。。

  家に帰るなり・・・子供が・・ヤッパリ春潮は安定しないから怖いね~ ですって。。。

             おっしゃるとおりでございます。。。

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~1.75号   2ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc


   昨日は子供の試合が有ったので・・グランドへ送って行ってからは単独磯Go。
            向かった先はいつもの三浦地磯デス
   しかし、入りたかった磯は満員御礼で・・めぼしきところは全て埋まった状況。

    潮位の関係でココだけは無理。。 といった立ち位置のみ空いていた。。。
              とりあえずはコマセ支度。。。

イメージ 1

        春潮になり・・お昼のド干潮は潮位も無く、魚っ気もゼロゼロ。。
                       潮が上げるタイミングで状況確認のオキアミスタート。。

  地区は違うものの・・ちょっと離れたところではクロダイの乗っ込み話題もあり、
         釣り初めの一時間はタチをとっての黒鯛狙い。。

       けれども・・・タチをとると秒殺でコノ子達の餌食。。。

イメージ 2

   コレを蹴散らす一瞬が無いかな?と・・結構粘るも・・エサ取りは増すばかり。。

             ここで・・海苔メジナへシフト。。

    問題は立ち位置。。このシモリが潮位の関係で超厄介なのですが、、、

イメージ 3

  ドコも空かないので・・ ココからスタート。。 アタリは開始から二時間で3回。
   全て竿に乗せるも・・・・三枚とも海苔グレとはかけ離れた海苔大好きバリ。。

イメージ 4

       潮がタルんでいるので・・どうしてもバリバリが活発化。。
        しかも・・どれもこれも40クラスで腕が痛くなる。。。

  ここで常連さん方がお見えになり、お話では・・前日も海苔メジナはゼロだそうで
  ここに来てかなり渋くなった模様。 産卵を意識した魚はかなり神経質な雰囲気。

  これは毎度同じことをやっていてもダメ・・と判断し、根際のドン底に徹する。。
  すると・・・バリとは別のアタリで・・・小ぶりでしたが運よく海苔メジナ捕獲。。

イメージ 5

        ここで・・立ちたかったところが空き、スグに移動。。
     一枚目同様、徹底的に底を狙い・・・ジワジワっとウキがシモリ・・
            奇跡的に二枚目を獲って釣り終了。。

イメージ 6

    内訳は33cmと28cm。 アタリはバリを入れても5回のみという・・・
         何ともな釣りでしたが、よく出てくれたと思います。。。
……………………………………………………………………………………………………
 D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   釣研/翔黒 5B 他、+遠矢ウキ/2号小 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

              【この魚の食編はこちら




  記事入れに失敗したのか、記事が吹っ飛んでしまったので簡単に入れなおしデス。
  昨日は単独の磯入りでした。。 春潮になってしまったので餌の海苔が一気に流失。
  従って餌分を残してコマセを作ると・・・こんな具合に何とも少ない海苔餌コマセ。。

イメージ 1

            そんなこんなでオキアミスタート。。。

イメージ 2

    エサ取りは海タナゴとベラ類・・偶に小メバルといったところでしたが・・
      潮が動き出したタイミングで手のひらメジナがポツリポツリ。。。

イメージ 3

        海苔餌投入は餌もコマセも一時間限定程度しかないので、
     その時が来るのをじっと待ち・・今かな??なタイミングで餌投入。。
    一度目は30分様子をみてオキアミへ戻し・・二度目の今かなのタイミングで
         ウキがジワっとシモリ・・・運よく30cmUP。。

イメージ 4

   次の一流しでかすかに反応がでて・・・やや粘って粘って・・海苔コマセが
    乏しくなった頃・・もう一枚追加し・・ 無念の海苔エサギレ納竿。。。

イメージ 5

           内訳は・・34cm/31cm/25cm/他・・・数枚
             春の潮が入り初めたので・・柔らかい海苔は貴重になってきまして・・
        また採取場所を考えなければ・・・な釣りでした。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    SeaGuar ace  1.2~2号   1ヒロ半 ほか /伊勢尼5号~寒グレ7号・・etc

              【この魚の食編はこちら




         昨日はお昼っ頃から単独磯イン。。 海水温も急降下したり上がったり・・
   連日、目まぐるしく変わる中での丁度上がった日。。 そんなことで・・
         コマセ支度も海苔メジナ始まりなのでこんな感じ。。

イメージ 1

  ここ数回の雰囲気からすると、本アタリは意外と中途半端な時間から出たりして・・
   良さげな時間は中ダルミ状態となるケースが殆ど。。 なので何としても・・
       一発目のアタリは乗せておきたいと思いつつ・・竿入れ。。

イメージ 2

 最初に立ちウキがシモったのは開始から1時間が過ぎた頃。。 これを何とか乗せ・・
              1枚目は35cmUP始まり。。。

イメージ 3

    この一時間後、もう一度・・入りきらないアタリを運よく乗せるも・・・
    タモをとった時に痛恨の抜け。。。 大きさは似たサイズだったのかな。。。

   しかし・・ここで予報になかった強風となり、海は一転・・強烈な上スベリ・・

イメージ 4

    海苔餌の場合、アタリの出方も遅いので・・どうであれ、その場に長く・・
 馴染んでくれている時間が必要。。サァ~っと行ってしまうのはまず喰ってくれない。。

      そこで・・・手持ちで一番時間が稼げる円錐浮きに替える。。。

 すると・・一流し目、オモリの負荷・・間違えたかな??みたいなウキのシモリ方。。
 いや・・間違えてないはず。。 コレは間違いなくアタリだって。。。で・・乗せアワセ。。
            うまいこと40cmクラスが顔を出す。。。

イメージ 5

    コレは後の測りで数ミリ足らずの泣き40でしたが・・とりあえず二枚目。。

  そしてこの約一時間後・・もう一度、円錐浮きが負荷間違えのようにボワぁ~と入り、
 もう1枚33cmクラスをタモ獲り。。 ここでイカ狙いの方々が並びでシャクリ始め・・
          海苔メジナは沈んでしまい・・・釣り終了。。。

イメージ 6

  水温は上がったとはいえ、あいかわらず・・アタリの間隔は一時間に一度有る無し。。
   今回もアワセたのは4回だけと、いつも言うように・・好みは有る釣りですが、
  型は全般に良いので、割り切れば5時間強で4回のアタリも結構楽しいものですし、
         三浦地磯で40に絡めば・・十分な感じもします。。

……………………………………………………………………………………………………
 D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   釣研/翔黒 5B 他、+遠矢ウキ/2号小 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

              【この魚の食編はこちら


   昨日はお昼っ頃から磯へIN。 気温も低く、海水温も微妙に下がって来た14℃。
      夕マズメ前には雨の予報も出ているので、早々にコマセ支度。。。

イメージ 1

   海は厳寒期を思わせる水色。 様子見程度に大き目に海苔餌を巻いて一流し。。

イメージ 2

  この状態のまま、およそ50分・・海苔餌に異常なし。。 潮流も鈍いので・・
 追いコマセを入れ、そのまま立ちウキを眺めていると・・かすかな反応からのジワぁ~。

  このところのアタリは・・とにかく入りが遅く、コレに子供は苦戦している。。
   そこで今回も、かなりタイミングを合わせ・・アタリ一発目は30cmUP。。

イメージ 3

    二度目のアタリはおよそ30分後。 コレは多少サイズUPの35cm超え。。

イメージ 4

       アタリのペースは前回同様、平均で40分に一度の本アタリで、
  チョコチョコ棚を変えたりすると、その間に稀にシブシブ・モジモジの微反応が混じる程度。。

 アタリの出方から・・多少棚ボケしているかな?で、もう一度キッチリ2ヒロから再戦。。

 すると・・ようやく立ちウキがスぅ~~っとトップまで入り、せぇ~ので乗せて3枚目。

イメージ 5

            どれも似た体系のパンパン固体。。

        ここで知り合いの方がお見えになり、暫しの釣り談義。。。 

        その後も似たようなパターンで同じようなペースは保て、
  45分に一度は竿が曲がり、とりあえずこんな具合に活かしバッカンは賑やかに。。

イメージ 6

           内訳は31cm~37cmまでを7枚。
  時期も時期なので・・最後にドカンと一発が来るかな?でしたが今回も来ず、終了。。

……………………………………………………………………………………………………
 D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   釣研管付きK-1/3B他、+遠矢ウキ/2号小 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

※ この後は・・水温も下がったので一時間限定のヤリんボ調査となりまして・・
  そちらも時間ができ次第入れなおします。。。

              【この魚の食編はこちら

           今日はお昼過ぎから単独で磯へIN。。
    ドカンと一発サイズこそ出ませんでしたが、30UPだけでもこんな感じ。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


  昨日はお昼っ頃の干潮時に・・まず餌&コマセ用の海苔を採り、それから磯入り。

  しかし・・地磯には多くの釣人の姿。 渡船がウネリの為にお休みになったのと、
  風表に面した地磯組も、朝一番から波を喰らって場所が限定されたとのお話も。。
 そんなことで・・立ち位置も5番手・6番手か・・・その次っ位しか空いておらず。。。
         その中から・・やれそうなところでコマセ支度。。。

イメージ 1

  コマセは始めっから海苔仕様で仕上げ、エサ取り確認もせずに初めから海苔投入。。
          海の状況は・・前記ました通りのウネリ強。

イメージ 2

   絶えず目の前は洗濯機のような渦巻き状態でしたが、立ち位置は限られるので
  どうにかこうにか上糸を修正して修正して・・なんとか馴染ませ、立ちウキがスコン!

     比較的早い時間から海苔へ着き始め、上々の出足な30cmUP。。

イメージ 3

     徐々に潮が上げてくれば・・更に釣り難くなる事が予想されるので
    何とか二枚目を狙い・・・二回目のアタリも運よく乗せられて二枚目。。。

イメージ 4

  アタリのペースは一時間に一度有る無し。。 上げ潮はウネリも伴って更に早く感じ、
   アっと言う間に潮が上がって来る。。 もう上糸の修正が出来なくなり・・・
  場所を変えたいけれど・・と思っているうちに時間だけが過ぎ、納竿時間を迎える。。
          大きさは二枚とも同クラスの33cmくらい。。

イメージ 5

  アタリは3時間半でモジモジアタリを入れても三度だけでしたが、状況を考えると
         よく出てくれたなぁ~~と感じる二枚でした。。
……………………………………………………………………………………………………
 D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
   釣研管付きK-1/3B他、+遠矢ウキ/B-中 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

    ※ この後、どうも不完全燃焼な感じだったので・・軟体系を狙い、
      ある意味・・こちらの方がメジナよりもスゴかった?な展開。。
           こちらは時間ができ次第入れなおします。。。

              【この魚の食編はこちら



  昨日は仕事後に単独で磯へGo。 行き道では予報通りなのかな??で・・雪が舞い
        一時的には高速道も真っ白になる程の凄い天候。。。
   気温1℃の中、磯へ向かうと・・・顔見知りの方は既にお見えでした。。^^

  今回のコマセは・・持ち帰り海苔ベースで少し海苔率の薄い出来でこんな感じ。。

イメージ 1

    海を見ると・・・まるで露天風呂のような状態で一面が湯気に包まれる。。

イメージ 2

      気温一℃、海水温は15℃となると・・やはりこんな感じ。。。

イメージ 3

          痛恨だったのは車にグローブを忘れたこと。。
         開始から僅か1時間で手が言うことをきかない。。。

  ただ・・アタリも出ないので車にとりに戻ろうか迷い、一枚でたら行こうかな~
    みたいな安易な考え。。  これがのちに何よりもこたえた感じ。。。

     そして・・・永遠3時間、アタリも無く・・海苔にも異常ナシが続き、
 マズメまで なぁ~~んも生命感が得られない。。 コマセも残りわずかになった頃
     立ちウキがやっと一メモリ入って・・・ジワジワァ~ッとシもる。。
  せぇ~~の・・で本気合わせ。。ようやく乗ったか~で・・グゥ~~んとノされる。。

    丁度このころ、潮位の関係で目の前のシモリ根が全て頭を出しており・・
    コレに向かって泳がれると道糸が交せずどうしてもアタってしまう。。。

       そして結果は魚に軍配・・・上糸からイってしまった。。。

      今だ今だ・・急げ急げ、時間がないゾ・・で仕掛けやり直し。。
         しかぁ~し、、手がかじかんで・・なんもできない。。
   やはりあの時(時合じゃない時間)車にグローブをとりに行っていればヨカッタ。。

  なんとか仕切り直しで打ち始め、スグに似たアタリ! よぉ~~し・・で乗せる。。
  けれども・・あろうことか同じ根で又しても切られる。。 今度はかなり強引に
        引っ張りあったけれど、ハリスがアタってしまった。。

 又も地合いに仕掛け直し。。魚のサイズは定かではないけれど、そこそこな重量感から、
 コレでは何度掛けても結果は同じと考え、立ちにくいけど獲り込みやすいトコへ移動。
 もう一回アタらないかなぁ~で・・スぅ~~っと立ち浮きが入り・・やっとタモ獲り。。

イメージ 4

       次の一流しで海苔が吸われ・・その次で運よく二枚目。。。
      しかしここで・・海苔への反応が無くなり海苔メジナ終了。。

イメージ 5

  大きさは33cmと30cmでしたが、バラシのまま終わらなかったのでヨカッタです。

  ただ・・なんとなく納得がいかない。本来なら磯マル&ヒラに切り替えるのも手段。
     けれども海は・・寒いけど静か。ということで・・ 延長戦突入。。

   水温の問題と、時期も時期ということで・・長い系のイカでも居ないかな?
   そろそろヤリンボと裏本命のケンサキ(マルイカね)が食べたいんだけど。。
   海が静かなうちに・・で・・タックルボックス内にあった二本のエギと・・
            シーバスロッドでチョイエギ開始。。
  僅か数投で聞き気味の小シャクリに反応が出て・・一呼吸の後にズシっと合わせ・・
         居たイタいた・・で裏本命のケンサキ捕獲成功。。

イメージ 6

  よぉ~~し、続けぇ~~~で小シャクリ・小シャクリ・・しかし・・向かい風強。。

   シーバスロッドでは無理がある状況となり、悪あがきも小一時間で終了。。。
  子供はテスト週間なので・・抜け駆けましたが、やっぱりなぁ~な結果ですた。。。
……………………………………………………………………………………………………
 D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
 釣研管付きK-1/3B+遠矢ウキ/2号・中 SeaGuar ace 2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号
……………………………………………………………………………………………………
 イカ>ウエダ SPS 802 SS-Ti トーナメントZ2500SC RapaLa RAPINOVA-X 0.8号
    リーダー12lb /エメラルダス/SZ-RV3.5

              【この魚の食編はこちら


      子供は二泊三日のスキー教室。。 コレをイイことに抜け駆けGoを狙う。しかし・・
  予報では積雪の恐れと報じられていたので、ちょっと無理かな?と想っていたところ、
      お昼となり、それ程でもない予報に変わったのをみて磯Go。。

  行き道の気温は1℃で小雪舞う。 こんな日は入りたかった場所へも入れる確率大。。
      というよりも・・こんな日に磯入りする方が異常かなな想い。。。
      そして・・予定通り目指した磯へIN。コマセ支度はこんな感じ。

イメージ 1

       海の状況は・・冷たい北風からなる完全なる上滑り状態。

イメージ 2

   開始から僅か数流しで海苔エサへ反応。 少しアワセにくいアタリ方なので・・
  タナとガン玉位置、ウキの浮力等を少しづつ合わせてゆき、一枚目は小型スタート。

イメージ 3

 よしよし・・海苔に着いてくれているうちに掛けねば。。で・・次の一枚は35cmUP。。

イメージ 4

 アタリの間隔は・・おおまかに表すと20分に一回くらいの反応で、連発な感じでは無。
 少し待ち時間が続くと・・気温一℃の小雪舞う北風は流石に寒く・・手がかじかむ。。

   すると・・ジワァ~~っと立ち浮きが入ったりして・・また体に血が回る。。
     コレの繰り返しで・・5枚目に今季お初の40cmUPが竿を曲げる。。

イメージ 5

   この後も20~30分に一回くらいは浮力ギリの立ちウキがスゥ~っと入り・・
  運よく二枚目の40cmUPも顔を出したところで・・海面がモヤってくる。。。

イメージ 6

     外気温が異常に冷えこんできて・・まるで雲の中のような状態。。
  手もかじかんで感覚も無くなって来て・・餌の海苔もうまく針に巻けなくなり
                さすがに諦める。。。

イメージ 7

                海苔メジナは計10枚。

             30cmUPの良型はこの6枚。。

イメージ 8

            40cmUPの型物はこんな感じ。。。

イメージ 9

      内訳は・・41cm/40cm/38cm/36cm/他・・といったところで
     気温も低く、小雪がちらつく中でしたが、よく出てくれたと思います。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/2号・中 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

              【この魚の食編はこちら


     今日は午後から・・積雪は大丈夫そうかな??de 磯へIN。。
  気温1℃、小雪舞う中でしたが、こんな感じに40cmUP含む複数安打となりました。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。



   翌日の予報が悪かったので・・昨日は仕事後にマズメだけを狙って磯IN。
 時間は3:00過ぎ。 知り合いの方々も・・なぁ~に こんなに遅くに来て~な感じ。
   しかもシブシブだから・・ダメダメな状況らしい?。。 早々にコマセ支度。。

イメージ 1

   風はそれ程でもないものの・・前日の気温20℃超えのバカ陽気に比べると・・
   やはり気温7℃は寒いし、なによりも温度差の影響からか海色の悪い事。。。

イメージ 2

  時間的にも海苔時間なのでオキアミは使用せず、初めから海苔仕様で一流し。。
  始めの一時間はノリ餌・異常なし。。 一っペラも減らない時間が過ぎる。。
     残り時間はやれて1.5時間。 ここで立ち位置を変えるため移動。

  動いた先は・・風向かいになるもののアテてはおらず、こちらが雰囲気な感じ。。
    しかし、海苔へ魚が着いてくれないのか・・なかなかアタラナイ。。。

 残すところ0.5時間となったところでタナを変え、ガン玉位置も変えて変化をつける。
   こうアタらないと、、、いよいよ一発狙いの寒メジナっぽくなった来た?!

  と・・ここで、立ちウキがスっと・・今、一瞬入ったような?? からのシモリで、
 スぅ~~っと入り、一度浮きかけてから・・またスゥ~~~と入り始める海苔特有なアタリ
 コレは時間を考えると・・千載一遇のチャンスなのでアワセのタイミングをしっかりとって
       せぇ~~の、ホイでやっとゴンゴンゴンと竿曲がり。。
  魚は30cmチョボチョボでしたがデカい小さいは紙一重と考える時期なのでヨシ!

イメージ 3

   アタリも1度っきりでしたが、よくスカをこかずにアテられたなぁ~な感じ。。
   釣り上り時、別磯へ午後から入っていた知り合いも、聞けばアタリは2回だけで
   その一回で1枚出ただけとの事で、似た感じにいよいよ厳寒期な海突入を予感。。
            結局、メジナはこれ1枚で終了。。。

イメージ 4

   そんなこんなで・・なにか物足りないモノを感じつつ、磯マル&ヒラでも・・
        ちょっと撃って・・なんて思い第2ラウンド開始。。

  しかしここで・・・愛用のレッドライトが点かないことに気付き、あらららら。。

イメージ 5

           場所移動してまで・・撃つこともないや・・で強制終了。。

  もともと磯マル&ヒラは、木枯らし1号から始まり、春一番で終了が目安なので・・
  今年はあやふやな超早い春一番な雰囲気でしたが、これにて・・といった感じかな。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/2号・中 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /くわせグレ8号

             【このメジナの食編はこちら


    翌日(今日ね)は南岸低気圧が発達し・・ココ関東でも雨又は雪予報。。
     そんなことで・・昨日、お昼っ頃から海苔メジナ狙いで磯へIN。。
             今回のコマセはこんな感じ。。

イメージ 1

     潮まわり的に餌の海苔も採れない状況だったので・・コマセも含めて
  前回の持ち帰りの冷凍してあった海苔で間に合わす。 鮮度には難があるけれど
    こればかりはしょうがないので・・海水でよく揉んで絞ってから使用。。

  海の状況は・・水温低下からか、いかんせん水色悪く・・こんな感じからのスタート。

イメージ 2

    開始から一時間は海苔餌に異常ナシ!といった感じで、コレは当分の間・・
          道糸の糸グセも取れないなぁ~な状況。。

   するとここで・・知り合いの方が一名・また一名と現れて・・一通りご挨拶。。

   この時点ではまだ何~んにも生命感が得られない中、何の前触れもなく・・
      立ちウキがスコンと入り・・・30cmUPがポロっと顔を出す。。

イメージ 3

     水温的には、当日下がったとはいえ・・まだギリで15℃はあるので、
    スミイチでは終わらないであろうと想いつつ・・中々アタらない海。。

 コマセを撒く手もかなり冷たく、おぉ~寒い・さぶい・サブイ・・と足踏みをしていたら
 ウキが見当たらなくなっていた。。。 ん?? とアワせると、ゴンゴンの生命感の後
          ズン!と動かなくなり・・根に張り付かれる。

   完璧に魚に先手をとられてしまっていたのは自身の責任。。 デカいのかな?
  待つか?! で・・・立ち位置を変えたりして何とか出させたのは・・35cmUP。。

イメージ 4

      根に無理やり突っ込んだのか・・・体は傷だらけになっていた。。

       ここまで・・アタリの回数は鈍いのを合わせても3度のみ。。
    いよいよ寒の海苔メジナの雰囲気が出て来たなぁ~ 来るか型物! と・・
 ある意味・・この時期を待っていた。 と割り切れば、1時間一回のアタリも楽しい。

   そして・・・三時間が過ぎた頃、やっと好いサイズ感一杯の竿曲がりで・・・
            サイズUPの38cmが顔を出す。。。

イメージ 5

  何とかもう一枚・・と粘って、その45分後、30cmUPをもう一枚追加して終了。
          内訳は・・38cm/36cm/33cm×2の計4枚

イメージ 6

 終わってみれば一時間に一回の本アタリ。他は餌も盗られないという微妙な釣りで・・
 好みも有ると思いますが、あたくしの釣りの中では、アユや渓流・ソルトルアーといった
 動きのある釣りに対し、比較的のんびり出来る海苔メジナも、対照的な面白さなのかな?

 あと、一番の魅力は・・来れば良型。しかも美味しい寒メジナというのも好いですね。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

             【このメジナの食編はこちら






      明日は低気圧接近ということで・・短時間だけ海苔メジナGo。。
       とりあえず・・良型は揃いましてこんな具合でした。。。

イメージ 1

        すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


    昨日はお昼過ぎからの海苔メジナ狙い。 予報ではマズメ前には・・
    西寄りの10m超え爆風となるらしい。。 なんとかマズメまで天気が
   持ってくれることを祈りつつ場所選択。 コマセは短時間なのでこんな具合。

イメージ 1

           状況確認で初めだけオキアミスタート。 
        開始早々に立ちウキをスパッと入れたのはコノ子

イメージ 2

  次第にエサ取りが湧き始めるし、空中には(コマセを)待ってましたの海鳥群。。。

イメージ 3

    オキアミで釣り続けることが出来ない程のカモメとウミネコの動き。。
 前にカモメを釣ってしまってえらい目にあったことを思い出し、海苔エサへチェンジ。

       一流し目から海苔が吸われ・・・雰囲気は有る感じ。。
    どうにか海が凪いでいるうちに・・・と思い、ちょっと集中して釣る。。

    すると・・立ちウキがスゥ~~っと綺麗に入り、竿も綺麗に弧を描く。。
  ただ、引きがねぇ~~時折ガクンガクンと叩かれ・・やっぱりなぁ~な毒モノ。。

イメージ 4

      コレがかなり厄介で・・・一時間で4枚も掛かってしまった。。。
   ひと昔前は海苔エサには・・ここまで掛からなかったイメージなのにねぇ~
     最近は個体数増の影響からか・・潮がたるむと凄い時がある。。。

     この中から何としてもメジナにいきあたらないモノかとタナを変え、
    コマセ位置を変え・・やっとガクンガクンしない好い感じでの竿曲がり。。

イメージ 5

      大きさは33cm程。 ヨシヨシ、今・イマ・いま掛けねばで・・・
                  残念・・
              海がこんなになりますた。。。

イメージ 6

    西の爆風、吹き始めるの早いって。。しかも西日に照らされたシブキで・・
             虹まで出たりして・・なんか綺麗。

   低い立ち位置だったので波はかぶるし、で・・片づけを済ませて一目散。。
   マズメまで持ってくれていたら良かったけれど、予報通りと言えばその通り。。
      結局、ほんのワンチャンスで掛けた一枚のみでしたが、、、。。。

イメージ 7

      とにもかくにも安全第一ということで、知り合い達も皆・・
       同じタイミングで車止めに強制集合な釣りでした。。。
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

             【このメジナの食編はこちら


    昨日は子供に抜けがけて単独磯イン。 今回も入りたかった立ち位置へは
    入れませんでしたが、とりあえずコマセ支度。。 今回はこんな感じ。。

イメージ 1

   前半はオキアミで様子をみながら徐々に海苔へと・・というのはいつもと同じ。。

         開始早々からこんな具合に・・・尾長コッパ。。

イメージ 2

      スズメ等、水面直下からゴッチャゴチャのエサ取り各種。。。

イメージ 3

      コレを見て・・・午前中からノリ餌投入を余儀なくされる。。。

イメージ 4

  しかし・・・海苔への反応は鈍く、二時間たってようやくウキがジワぁ~と入る。
  しっかりと乗せると桁違いの重量感。。 やり取り中、丸っこい尾だけが見え・・・
      ん? ん?? なんだ??? ハタ系???? と一瞬喜ぶも・・・
   そうだ!エサが海苔なんだ・・・そうなると、もう魚種はかなり限られる。。

   そう・・ボワっと現れたのはブダイ。。。しかも・・・47cmもある重量級

イメージ 5

     海苔メジナの外道としては時々有る出来事ですが、ココ三浦では・・
     意外とレアな魚だなぁ~~と想いつつも、いかんせん顔が凄い。。。
  さすがブサイクなタイ→ブサダイ→ブダイ・・なんて言われさえある程の面構え。
          ベラ亜ですので、まんまデカベラですがね。。。

     ただ・・・この寒い時期からの魚ですので、旬と言えば旬。。

     しかも・・二時間の海苔時間で唯一アタってくれた貴重な魚。。。

    あとは本命の海苔メジナが海苔に着いてくれるのを辛抱強く待つ。。
    すると、上げ潮が効く時間になり、仕掛けも馴染まなくなってくる中、
  ようやく二度目の生命反応。。 運よく乗せられた魚は30cmUPの海苔メジナ。。

イメージ 6

  このあと数回立ち浮きがシモリ・・・うまいこと35cmUPを含む計三枚とし納竿

イメージ 7

  内訳は・・上から47cmのブ~・35cm・37cm・31cmのノリグレ。

  いかんせん赤い魚がスゴイ存在感となってしまいましたが、海苔メジナも型が揃い
       ワンチャンスを運よくモノにできたような釣りでした。。。

※この後、ちょっとだけ磯マルを狙うもこちらは不発。。 昨年も一月半ばで
 磯マルは終了しているので、コレを考えるとそろそろ別モノへシフト時期ですかね

……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

              【この魚の食編はこちら


           今日は子供に抜けがけて地磯へGo。。 
  ここ三浦では比較的珍しい魚種混じりで、海苔メジナと合わせてこんな感じ。。

イメージ 1

       すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


   昨日はお昼っ頃からのゆっくり出で単独磯IN。 入りたかった立ち位置へは
   今回も入れませんでしたが、単独なのでどこでもヨシとし、コマセ支度。。

イメージ 1

 海苔メジナ狙いの割にコマセ分の海苔まで量が足りておらず、何とも中途半端な出来。

    ただ、三時間程の釣りなので・・どうであれ海苔餌からのスタート。。。
   海の状況は・・横からの強風で完全なる二枚潮。 立ちウキを入れ気味にし、
      道糸も暴れさせないよう、飛ばしウキも使用して何とか対応。。

イメージ 2

   開始から一時間ほどで海苔エサに着き始めたかな?な微妙な反応が出始め・・
   前アタリを多少もらったかな?の後、スッっと入り・・・運よく一枚目が出る。

イメージ 3

   大きさは27~8cmスタートでしたが、ヨシヨシ・・イケるイケるな雰囲気。。。

      エサに着いてくれているうちに確実に掛けねば・・とは、
      よく子供に言っている言葉ですが、今回は自身への言葉。。

   そして・・・20分後くらいに二枚目が竿を曲げ、運よく35cmクラス。。
  釣れ上がったスグ、この尾の白い時は・・海苔でも数が出たりするので期待感イッパイ

イメージ 4

  この後も・・20分に一回くらいは前アタリがあり、強風でなかなか本アタリまでは
    つながらないまでも・・何とか三枚追加とし、期待のマズメへと突入。。

イメージ 5

   しかし・・この時間になると不思議と反応が無くなるのも最近のナガレで・・・
      今回も全く海苔が吸われなくなり・・・体も冷え切って納竿。。
       魚は35cmを頭に30cmUPが4枚と型は揃いまして・・・

イメージ 6

 短時間で、しかも海苔率の乏しいコマセではありましたが、よく出てくれたと思います
……………………………………………………………………………………………………
    D社、1.5号 50 D社、2500H-LB・道糸 VARIVAS [ゼロフカセ] 2.5号
    ナナメ飛ばし+遠矢ウキ/0-小 SeaGuar ace  2号   2ヒロ ほか /寒グレ7号

             【この海苔メジナの食編はこちら



   日付は変わりましたが・・連休最終日は単独で三時間程海苔メジナ狙いでIN。
         運よく こんな具合に型は揃ってくれました。。

イメージ 1

         すみませんが詳細は時間ができ次第入れなおします。。


このページのトップヘ