鮎・渓流いろいろ釣行記 Ⅱ

ご訪問いただきありがとうございます

カテゴリ: 【鮎つり】2019(R元年)

神奈川県下のアユ掛けも、本日14日をもって漁期の終了となりました。

相模川水系は特別採捕期間は残っておりますが、台風の影響により、
現在の大増水を考えると、こちらも強制的に終了とおもえます。。

ここで簡単に今期のシーズンを振り返ってみると・・
まず、解禁前の前評判は天然の遡上がかなり少なめ予想。
これは海でシーバスやメジナをやっている時の稚アユ数をみて自身も感じたことで、
個人的な予想は前年の1/20以下かも?とおもっていました。

実際、解禁からの数字を見ると、少ないながらも天然ビリは掛かり、正直ホっ。。
この時点で既に・・昨年の7月過ぎっ頃のサイズまでにはなっていたので、
相模も5年ぶりに大鮎(九寸以上)になるのではと・・かなり期待。。

結果、8月に入ると・・主に上の地区では大鮎サイズが掛かり初め・・
終わってみれば、前半の天然遡上中心の数釣り➡後半の型狙いまで、
一本の河川で❝二度おいしい❞数・型、二刀流鮎河川として楽しめました。。

…………………………………………………………………………………………………………
2019 アユ釣り
 
 相模川 21回釣行(半分が午後入り) 計310尾  毎釣行平均 約15尾

                 (最高尾数は下地区の40尾)
                   (27cm超え 5尾  最長28cm)
                    (200g超え 3尾   213gまで) 
…………………………………………………………………………………………………………
今年も川で沢山の方々にお声掛けを頂きまして、ありがとうございました。

個人的には・・6月の半ばに(子供の)野球の練習中に足の指を折ってしまい、
約二ヶ月川入りが出来なかったりと、ちょっと不完全な年でもありましたが、
後半の型狙いにはなんとか間に合わせられ、運よく数本の型物も
獲ることが出来、終わりよければ全て◎の年になりました。

また来期、川でお会いしましたらそのときは宜しくお願いいたします。。




         
……………………………………………………………………………………………………………


今日は午前中からの川入りでした。場所は相模川の上地区です。
台風の動きによっては、三連休を前に増水一発終わりもありうるので、
多くの皆さんも今シーズンの最後になるかも?で、こんな感じに大盛況。。

PA095102 (2)

川の状況は・・結構な渇水状態。こうなると野鮎替えもちょっと難しく・・
平場で養殖一号を一時間泳がすもウンともスンともせず・・ピリッともこない。。。
跳ねも少なく糸アタリもないので・・・魚っ気が感じられない。。。

そこで・・・養殖二号は水深の無い所のちょっとした変化へ止めて置き・・
ようやく野鮎替え。。。

PA095103

魚は比較的若い雌でしたが、もう10月の魚なので・・
殆ど追って掛かってくる感じでは無く、たまたま囮が尾を振ったスキに
掛かったり、穂先をチョイチョイやっている間に・・
スカンと背負ったり・・・と、チョットしたきっかけで掛かる程度。。
現に・・二尾目・三尾目は掛かりどころ悪・悪の腹直。。。

PA095106

型狙いに動きたかったけれど・・・いかんせん微妙な距離感で動けず。。。
結局、似た流れで立ち往生。。。型も囮ごろ止まり。。

PA095112

台風の動き次第では終わっちゃいますし・・漁期内での川入りも
難しそうなので・・・今季最後のつもりで五円玉を流れに沈めて釣り終了。。

PA095113

数は囮別で【8尾】大きさは26cmくらいまででしたが、よく掛かったと思います。。

PA095122

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8~8.5号 3本イカリ ハリス/ナイロン ソフト2号 オモリ/無~1.5号+V背針

21/310


今日は子供の試合が入っていたのですが、鮎の漁期も10日をきっているので
応援は・・・スマン。。 とーちゃんは川に行く。。ということで相模川の上地区です。。
現場に着くと大変な人出で午前中からこんな状態。。

PA055103

目安としては10尾掛け、その中から一本でも型を混ぜるというプランが・・
この時点で・・・今日5尾獲れるかな??になってしまったような。。。
まぁ~禁漁まじかですし、最後の夏日という予報でもあるので考えは皆同じ。。

この状況・・簡単にお話すると、分流にも5名入られており、皆さん入り場が無い状態。
こうなると、養殖からの野鮎替えが果たしてすんなりと出来るかな?も心配なところ

こうなったら・・・一か八か瀬に入り、タマをショワせてひたすら待つ作戦。。
一尾目までは45分を要し、なんとか野鮎替え。もう30分かけ、辛うじて囮循環。。。

PA055106 (2)

ここで・・・平場の隅っこへ移動し、奇跡的に三本獲れ、コレを温存しておき午後へ。。
一休み後の川は・・・更にお客さんでにぎわった感じ。。。

PA055108 (3)

ここで川廻りさんが来られ、状況を伺うと・・魚、(大きくても24~5cmと)
先週あたりから一まわり小さくなったろー。。
と・・特に今日は全般に小ぶりらしい。。 好天の割に追いが悪いのは・・
渇水とこの賑わいでやや場荒れしているのは致し方ない。。

そこで午後からは、午前と同じことをやっていても型は似たモノになると判断し・・
数は望めなくとも・・型狙いでやってみる。。。

そして・・・・今季一番の重量感で急瀬竿を絞り込まれ・・・慎重に寄せる。。

PA055114 (2)

このあとも・・・粘りに粘って同クラスをもう一尾獲り、後はポツポツ拾って終了。。

PA055117 (2)

数は囮別で【10尾】大きさは今期お初の28クラス混じり。。

PA055125

型物は2本とも雄だったので・・・200g超えはどうかなぁ~・・でしたが、こんな感じで

PA055120PA055121












二本とも200g超えの大鮎サイズとなりまして、運も良かったと思います。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8~8.5号 3本イカリ ハリス/ナイロン ソフト2号 オモリ/無~1.5号+V背針

20/302

今日は仕事後のお昼過ぎからの川入りでした。
場所は相模川の上地区です。 川の状況は・・やや渇水気味。
濁りもすっかりとれてしまい・・予想ではかなり厳しそうな雰囲気。

ただ、もう10月ですので・・竿が出せているだけでもヨシな感じ。。
高場から川を望むとこんな具合にお客さんは多め。。

PA025106

並びの数名はまだ野鮎替えが出来ておらず・・予想以上に厳しそう。。

野鮎替えには手っ取り早そうと・・瀬に入ると痛い目にあいそうなので・・
今日は平場から辛抱して泳がせ・・30分以上かかって野鮎替え。。

PA025109

コレをもって瀬に入るも・・・一発ガガガっと派手にチバリを飛ばしたアタリのみ。。
あれほどのアタリで・・何故に針立ちしないんだろと思っていると、
今度はジュジュジュっと比較的鈍いアタリで囮を背負い・・二尾目・三尾目。。

PA025117

ただ今日は・・二本掛かると次に時間がかかるので・・こまめに筋を変えたり
少しづつ立ち位置もずらしてゆき・・・多少の変化のみで拾っていくような釣り。

最後に型が出ないかな・・・で竿抜け的な所を探すも、渇水で瀬は何所も竿は入るし・・
竿が抜けている所と言えば・・多分、立込んでも深くて竿が届かないところくらい。。
そんなところは自分も届かないし・・・。。。そんなことで・・最後に選んだ立ち位置は
今日、あまり人が長時間やっていないであろう流れを細かくピンで置いて行く策。。

そして・・・馴染んでスグにギュンと背負い、一気に下られ、絞って抜くまでに約10秒でタモIN

PA025120

パッとみでは今季三本目の大鮎サイズ(200g超えね)

この後も・・似た狙いで同サイズがもう一本出て・・釣りは終了。。

PA025129

数は囮別で【8尾】午後からの川入りでしたが、数・型共に出てくれました。。

PA025135

後の計測では・・・若干の200g欠けでしたが、十分なサイズだとおもいます

PA025138

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 オモリ/無~1.5号+V背針

19/292





今日は午前中からの川入りでした。場所は相模川の上地区です。
まずは前日に活けておいた野鮎を確認。すると・・・タモに開ける際、一本ハイジャンプ。。
ゲンキ・ゲンキ。まーこんな事も有ろうかと・・三本入れておいて正解だった。。

そして次に場所選び。。既に多くのお客さんが竿を出されているので、
広く空いたスペースはナシ。。結局、昨日一通り触った所しか空いておらず、
そこからスタート。。 しかし・・自分が通した流れなので同じ釣りではサッパリ。。
一本目に小一時間かかってしまうありさま。。

P9285103

瀬の中は渇水が進んで場荒れ気味。。
ホントは違う流れに立ちたかったのだけれど・・全く動けないので
囮は無駄に引かず・・場所があくまで温存しておき、自身は休憩。。
午前中の時点でこんな感じに、人気ポイントは超満員。。

P9285104

結局・・昼頃まで休んでいると、気づけばかなりの強風。。。
風で上がられた方も居て、若干入れそうなスペースが出来、再び流れへ入る。。

P9285107 (2)

昼からは風対策で平場選択。。ここなら風でひん曲がった竿でも操作は要らず・・
ただオバセの強弱程度でなんとかごまかせる。。

そうこうしている間にグワンと目印が飛び、コレはこれで面白い。。

P9285109

感じとしては・・大きな範囲を回ってくる群れ的な掛かり方で・・・
ポンポンと掛かると・・あとはシーーンと静まり返り、
またギューーンと囮を背負うと・・・一流しで又ショッテくる。。
似たようなパターンで楽しめ、ちょっとサイズも良くなったり。。

P9285113

それと・・・アタリ方がとにかく派手で、今日は二度チバリが折れました。。

P9285115

ただ・・・いかんせん流れに飽きてきて・・・最後だけ、ちょっと数が出そうな所へ入り
浅場を引き気味に通してガガガっと数本掛け、気持ちよく釣り終了。

P9285116

数は囮別で【15尾】特別大きくはありませんが、型はそこそこ揃いました

P9285126

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 オモリ/無~1.5号+V背針

18/284


今日は仕事後に3~4時間なら竿が出せるかと思い相模へGo。
川入りは1:00過ぎっ頃でしたが、お客さんは結構多め。。

川の状況は・・ちょっと渇水気味な22t放水。。
減水時は大抵厳しいけれど、まだ多少濁っている分・・まだ良いかも。。

P9275111

そんなことで・・少し強引に養殖を沈めると、運よくガガガッと野鮎が獲れる。。

P9275110

ただ・・痛恨の腹掛かりスタート。。スグに色も落ちてしまい・・養殖リターン。。
やや慎重に釣りを再開し・・奇跡的に野鮎が拾え、開始からの一時間は三尾。。

P9275105

野鮎も揃ったところでチョッと移動。。動いた先には・・
某大型釣具店の梅〇さんのお姿。。 状況を伺っているうちにしっかりと竿曲がり。
おぉ~~この渋い状況でも・・しっかりと掛けるなぁ~と感心。。。

あたくしはと言うと・・・次の一時間は2本だけでペース急降下。。。
ただ・・型はそれなりの26cmクラス。。

P9275113 (2)

ここで・・・後日用の囮を確保すべく、もう一度丁寧に探り・・
一本の野鮎で三本獲り、いづれも囮に使用しないで写真を済ませ、
そのままトモ缶へ滑り込ませて釣り終了。

P9275120

数は囮別で【8尾】大きさは26cmまで。4時間弱の釣でしたが、よく掛かってくれました

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 オモリ/無~1.5号+V背針

17/269

昨日の子供の公式戦が勝てていれば・・球場連チャンモードだったのですが、
残念ながら敗退。。ということで・・今日は午前中からの川入りでした。
場所は相模川の上地区です。川の状況は・・やや低の平水。
昼過ぎからは雨予報も出ていたので早出の早上がり予定でIN。

河原で身支度を整えていると・・久々に尺鮎ハンターさんのお姿。。
いよいよ終盤の大鮎の雰囲気が漂ってきた相模川といったところ。。

まずは養殖囮を野鮎替え。。しかし・・・開始直後、二度激しくアタるも乗って来ず。。
狙いとしてはツ抜け目標。この10本の中から一本でも大鮎サイズを何とかして獲りたい。
そう考えての川入りでしたが・・・
一尾目が拾えたのは開始から30分後。。 しかも・・次の野鮎まで一時間。。。

P9225089

かなり厳しいスタートとなりましたが、動かずに我慢して我慢して・・・ポツリまたポツリ

P9225081

なんとか囮ごろを揃え、午前中は5尾としてお休みタイム。。

一休みしてから・・・午後の部スタート。昼過ぎはこんな具合。。

P9225073

そこで・・・今季初めて型狙いで流れに入る。。。

P9225062

感じとしては・・・ズンとした大き目な囮よりも天然の21~2cm程が望ましく、
これに出来るだけタマはショわせずに這わせていると・・・・
時折、一っ気に対岸へ吹っ飛び・・久っさびさに急瀬竿が大きく弧を描く。。
型物一本目は抜いたのですが、流石に竿が心配になり後のは全て寄せてダイジに。。

P9225078

ほぼ同じ感じで立て続けに掛かり・・竿もその都度、絞って絞って下らされる。。

P9225066

幸い、雨予報は外れ・・時折の晴れ間等、もうけた感一杯の釣りでしたが・・
明日、出かけ予定もあるので・・目安の10尾に達したところで釣り終了。。

P9225094

時間は三時っ頃で・・そのころの川はこんな具合にほぼ満員御礼。。

P9225079

数は予定通りの【10尾】大きさは・・今季初めての大鮎サイズ×2で、こんな感じ。

P9225100
重さも・・多分2014年以来の200g超えとなりました。。
P9225101

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 オモリ/無~1.5号+V背針

16/261



今日は仕事後、まず歯医者さんの予約がはいってましたが、
コレが予想よりもすんなりと済みまして・・・急げば三時間程なら竿が出せるかと思い
少し遅い時間から現場IN。 場所は相模川の上地区です。。

川入りはpm2:00をまわった頃でしたが、お客さんはこんな具合に満員御礼。。

P9205058

良さげな流れは微妙な間隔でチョッと入れないので・・
空いたところから竿出し。。川の状況は・・やや低の平水で薄濁り。。

まず囮を野鮎へ替えることだけ考えて場所入りするも・・
並びには囮が養殖から替わっていない方もかなり目立つ。。

お話では先日の出水後から比べ、かなり減水したこともあり追いも今一つで
掛かり鮎も全体的に小ぶりかな?とのことでした。。

実際、一ヶ所目では全くの魚っ気ナシ。スグに二ヶ所目へ動くも我慢時間ながめ。。
ここで掛からなかったらマズイなぁ~~と、とにかく養殖を止めていると・・
なんの前触れもなくガガガ・・・・・と野鮎が獲れる。。

P9205063

これで何とか釣になる・・と、正直ホっ。。。
次の一流しは・・一瞬で背負ってきて渋々が一転、好スタートな初めの一時間。。

P9205065

野鮎も二本背掛けで獲れたので・・あとは入りたかった場所の空くのをじっと待つ。。
けれども、チョット入れない間隔ということで・・やや中途半端な位置で
竿を出しながら様子をうかがう。。。 場所が空き始めた頃には・・
時すでに遅しといった感じでしたが・・・転々と拾っていき・・
マズメまでビッチリ通して釣りは終了。。

P9205071

数は囮別で【7尾】短時間でしたし、やや中途半端な釣りでしたがよく掛かってくれました

P9205080

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX0.08~ 0.1号 つまみ ナイロン0.6~0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 オモリ/無~1.5号+V背針

15/251

今日は午前中からの川入りでした。 場所は相模川の上地区です。
この地は先日の台風直撃で一時的には2mの出水も表示。。

ただ、スグにダム湖も放水を絞り、水も一っ気に落ちたので釣りは可能となった模様。
朝から沢山のお客さんが既に入られておりました。。

P9145074

川の状況は・・濁りはまだ強といった状態。。

P9145075

ただ、ヒザ下くらいでは石も確認できるほどに回復し、ハミも確認できる。。

P9145070

養殖からの一流しは・・濁りが強いので浅っさい所から野鮎獲り。。
 およそ3分でギュギュンと掛かり、無事に囮替え成功はホッとする。

P9145068

養殖の方が薄っすら追星らしきモノが有るのに対し、掛かり鮎は真っ白け。。
流石に濁りの午前中はこんな感じかな?で2・3・4と運よく囮循環。。
5尾目・6尾目と掛かったところで・・

P9145083

少し早いけれど・・小休止&昼食タイム。。
 午後からは・・使っていない野鮎をもって・・瀬に入るつもりでいたのですが、
今日は沢山の方々が楽しまれておりまして、チョッと入れない。。
 しょうがなく午前と似たところを通しての時間待ちは・・・流石に飽きてくる。。
結局、一時間半で2尾獲れただけの超ペースダウンでしたが、
これじゃあイカンと思い・・・多少は動いたり、ちょっと釣り自体を変えたりして
ちょっと色の着いた鮎も掛かり出す。。

P9145080

今日は出来れば10尾っくらい掛けて・・その中から一本でも
型物が混じれば◎だけどなぁ~・・と想っていたけれど・・
目安にしていたツ抜けになっても・・・型物現れず。。。
マズメ時、もう二つ追加したら型にありつけるかな??で・・
頑張るも・・・型はみなどんぐり状態で終了。。

P9145094

数は囮別で【12尾】 大きさは相変わらずでしたが、大きな出水後、
よくここまで回復したなぁ~と・・つくづく感じたアタクシでした。。

P9145096

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX0.08~ 0.1号 つまみ ナイロン0.6~0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 オモリ/無~0.8号+V背針

14/244



今日は子供の野球の試合が午前中に入っていたので・・まずは応援。。

P9075068

秋の大会目前なので・・ある意味大切な練習試合。。
今回はスタートは7番・ライト。

P9075072

四死球で出塁後、初球からスタートし、盗塁を決めていた。
結局一試合目はエラ出塁もあり、三打席全部出塁。。
二試合目は・・5番・レフトスタート。。
こちらも全出塁だったそうで・・ある意味ラッキーボーイ的な日だったかな。。

と・・・ここでアタクシは❝やっと❞川へGo。。
場所は相模川の上地区を目指す。。 途中、昨日活けておいた野鮎確認。。
しかし・・・宵のうちに放水があり、19t➡45tへと・・・変化。。
活けた場所が悪かったのか、泥だらけとなり、三尾中二尾が死に、生きてたのもヨレヨレ。

現場はこんな感じにお客さんも大変多い。。

P9075073 (2)

ヨレヨレ囮で大丈夫かな??でしたが、とりあえず泳がせてみる。。
けれども・・全く泳がず一時間でほぼ虫の息。。

そこで瀬へ移動し・・3号ダマをつけ10秒でいいから沈んでくれ的なポイントへ。
すると・・・馴染んで2秒でギュン! と起死回生の野鮎様。。

P9075076

スグにこれをもって元居た平場へ戻り・・・竿角度も天に向けた泳がせ角度。

P9075081

ココからは早かった。。 野鮎交換後は30分で6本獲れ・・

P9075079

やや時間が空いてから・・・またポンポンと掛かる。。

そんなこんなで・・マズメ前までポツポツ掛け・・魚っ気が薄くなったころ納竿。

P9075086

数は囮別で【12尾】元オトリと色落ち鮎は弾きました。

P9075088

特別大きいのは出ませんでしたが、かなり型は揃いまして、
午後からでしたが、よく一尾目が掛かってくれたと思います。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX0.08~ 0.1号 つまみ ナイロン0.6~0.8号
      D社 マルチ7.5号 4本イカリ>がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号

13/232


今日はpm2:00っ頃からの川入りでした。 場所は相模川の競技地区です。
台風(15号の方ね)が来ちゃうと一発終わりもありうるケースなので・・
お客さんは多めでこんな具合。。

P9065100 (3)

風が強いので・・・辺地でフワフワ泳がせ、なんとか一尾目。。

P9065102

その後、二回立て続けに風バレ。強風で竿もあおられるのでどうにもならない状況。。

台風に備えてか一時的に22tまで減水したので・・
何とかして野アユを二つ揃え、瀬に入りたい。。
けれども・・次が掛からない。。。

野鮎一尾でしたが瀬が空いたのを見て移動。。
囮に余裕がないけれど・・・今年初めて瀬を通す。。。

P9065110

向かいには、かつての富士川・身延を得意とされていた、相模の・・
故・N島さんメンバーのお姿も。。 皆さんに足(指怪我ね)大丈夫なの??と・・
多少なら立てるまでに回復しましたーと伝え・・
すると、ガツン ガガガっと一っ気に下られる強烈アタリで・・まずまずのサイズ。

P9065108

コレを沈めるやいなや・・・・ガガガッと激しくアタり・・・ヒ~フゥ~みぃ~・・と
数が出始め・・・チョイの間に10尾の連荘掛かり。。。

徐々にスジを変え・・・二尾づつ拾いながらの釣り下りで・・・
マズメまで釣って終了。。

数は囮別で【18尾】 サイズは23.5cmが一本居ただけでしたが、全般に型は揃いました

P9065115

        ※ 野鮎を三本活けてあるので・・集合写真はタモ内だけです。。

竿>D社 硬派・早瀬抜P穂(強風対策・元竿抜き短竿改)D社/コンポ 0.07 ツマミ0.4
    D社 マルチ7.5号 4本イカリ

12/220

今日は午前中からの川入りでした。 場所は相模川の・・まず競技地区の様子見。。
川の状況は・・やや渇水気味。 今年は派手な出水が無いので辺地の泥垢もかなりひどい。
まずは養殖囮をサァーっと出すと・・ガガガっと驚きの3秒掛かり。。
しかし・・・ガツガツと落ち着きのない引き込みは尾っポか何かの掛かりどころ悪予想。。
案の定、囮をひっぱりまわしただけでフッと軽くなり・・最悪スタート。。。

開始一分から養殖二号投入はマズイな・・次にニゴイでも掛けたら・・
なんてついつい変な方ばかり考えながら・・・およそ20分後、無事に一尾目と二尾目確保。

P9045071

どうであれ養囮を野鮎に替えることが何よりもダイジなので・・とりあえずホッとする。
ただ・・今日は気温も上がらず数も出なさそうだし、夕方には雨予報まで出ていたので
このままこの地で続けるか・・早々に上地区の型狙いへ移動するか・・悩む。。
そこで・・この地(下地区)の良型と言える22cm~23cmが一つでも出れば上へ動こう!
で・・・・運よくガツンと上地区の囮ごろ一つ。。

P9045073

この時点でお昼っ頃となり・・昼食がてら上へ移動。。平場の様子はこんな感じ。。

P9045076

今日も瀬は微妙な間隔で入れないと判断し、トロっぱたから泳がせる。。
すると・・・目印がビューンとふっ飛ぶ。。

P9045082

今年は足のケガもあって・・あまり動けない分、平瀬やトロっぱたで・・
昔よくやった泳がせなんぞを愉しんでまして・・・今回も忘れた頃にグワァーンと掛かる。

P9045080

立ち込んでいると・・ちょっと肌寒い陽気から鮎の追いはイマイチでしたが、
それなりに遊べまして・・・マズメ時、予報通りに雨が落ちてきて納竿。。

P9045086

数は囮別で【14尾】 いくらかサイズUPとなりまして、数・型共によく出てくれました。。

P9045090

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX0.08~ 0.1号 つまみ ナイロン0.6~0.8号
      D社 マルチ7.5号 4本イカリ>がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号

11/202

今日は仕事後の丁度お昼っ頃からの川入りでした。場所は相模川の上地区です。 
まずは昨日の夕方に掛けて、活けておいた野鮎二尾と保険の養殖二号の生存を確認。

まぁ~囮としては大丈夫な範囲ということで・・現場へIN。
高台から望むとこんな具合に沢山のお客さん。。

P8315066

丁度昼食時間ということで、KA〇名人やガマのテスターさんのお姿もあり、
お話を伺うと、午前中はポツポツとの事でした。。が・・
なにせ・・こちらのお方々は凄腕の面々なので・・正直、後入りで掛かるかな?
なんて想ったりも。。。
しかも・・・前日の若干色の落ちた野鮎というのも・・不安要素。。
一本・・使っていない養殖二号を念のため入れておいたのがせめてもの救い。。
とりあえず・・・瀬は満員御礼だったので空いていた平場から泳がせる。。

P8315071 (2)

トロっトロの流れですが・・・急瀬竿で立て竿泳がせ。。。うぅ~~ん重い。。

それも、鮎同士が追いかけっこをするはずのトモヅリが・・
鮎同士が仲良く泳いじゃっているようなトモダチ。。。
そう想えるほど・・・・掛からない。。
すると・・・・目印が一瞬カツカツっと弾んでから一っ気にグワぁ~ンと飛び・・
なんとか囮替えに成功。。

P8315079

下地区の囮ごろと比べ・・上地区の魚ってば・・このガタイの違い。。
ハナカンを通して放すと・・グングン泳ぎ、これで何とか釣になる・・。。
すると・・再びグワァ~~ンと平場特有のアタリで循環も成功。。

P8315082

ただ・・・追わなくなるとホントにピリッともしなくなる。。
平気で一時間以上・・オトリの散歩。。。

ただ・・忘れたころにまたグワぁ~~ンと目印が飛び・・目が覚めたようにやり取り開始。

P8315072

結局・・瀬が空き始めた頃には全域で追いも止まり・・・
チョッとだけ延長戦の悪あがきをして二つ追加できたところで納竿。。

P8315096

数は囮別で【6尾】 午後出なので・・まぁ~上出来な方?※前日の野鮎は写真に混じっております。

P8315101

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.6~0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号

10/188

今日は川近くに買い物があったので・・ついでに三時間くらいなら竿を出せるかな??
ということで・・2時ころからの竿出しでした。。場所は相模川の競技地区です。

P8305069

川の状況はやや高。。前日の雨の影響からか40t放水となり、魚は動きそうな感じ。
一流しで囮が替わり・・二尾目もそう時間もかからずに手前筋でキュキュン掛かり。。

P8305073

ひょっとしたら明日も仕事後に川に入れるかも??な想いから・・
出来るだけ囮ごろが揃いそうなところを重点的に通し・・時折カツン ギュンギュンと。。

P8305068

ほとんど動かず・・似たようなところを三時間チョット通し・・
そこそこ型も揃ったところで一度も引かなかった野鮎を3つ活けてから釣りを終了。。

数は囮別で【16尾】 大きさは21cmまででしたが短時間でよく出てくれました。

P8305079



竿>D社 硬派・早瀬抜P穂(強風対策・元竿抜き短竿改)D社/コンポ 0.07 ツマミ0.4
    D社 マルチ7.5号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1号+v背バリ
9/182

今日は午前中からの川入りでした。場所は相模川の・・まずは競技地区の瀬。

P8285070

適当な所から養殖を入れ・・およそ15分程でギュン・・と一尾目。。

P8285066

最初の野鮎囮としてはやや大きめからのスタートで・・
なかなか次をショッて来てはくれず・・待ち時間ながめ。。。

昼くらいまでは雨・風も強まるとのことで・・何とも釣りづらい中、
次に背負ってきたのは痛恨の風バレ。。

野鮎で野鮎が循環し始めるまでに一時間もかかってしまうありさま。。。

ここで・・レインギアが必要な雨となり一度車へ戻る。。
風が強く・・モモくらいまでの浅い瀬は通しづらい状況だったので、
丁度いいからこのまま上地区へ向かい・・今季お初の上地区での竿入れ。。

並びの方にお話を伺うと・・今日はポツンポツんじゃないかな。
多分良い人で5尾っくらいじゃないかな・・とのこと。
確かに・・養殖を引いておられる方も見えるので厳しいのかな?と想ったりも。

P8285076

風向きの関係からか、不思議なことにこの地は風が無いに等しい。
なのでホントは瀬に入りたかったけれど足怪我もまだ不安なので平場から釣り再開。

水深どのくらいかなぁ??なんてオバセていると・・
間髪入れずにギュイィ~~ン グワァ~~~ン・・と目印が吹っ飛び・・
上地区一尾目から・・やっぱりおっきいなぁ~な個体

P8285072

下地区ではなかなかコレにこのクラスが飛びついてくれないんだよなぁ~
なんて泳がせていると・・あっと言う間に同クラスがギュイィ~~ンと掛かる。。

P8285077

もう二つ追加し、よしよし囮が揃った。。コレで更に攻め込んで・・
なんて思っていたら・・徐々に流れ草が酷くなり、
デカいモノは一㍍くらいある草ゴミが川を覆う。。
どうやら草刈りの草がそのまま流れ始めた感じ。。

並びの方々もたまらず一旦上がって様子をみるも・・
全く収まる気配がない。。というよりも、更にジャンジャン流れ出す始末。。
小一時間皆で見ているも・・もうお手上げとなりアタクシは下地区へ逃げかえる。。

けれども・・もう時すでに遅しといった具合でアユの追いはたたず・・。。
挙句の果ては・・根掛かりを取に入ったら・・・
スペシャルの#4が先だけ10cmほど釣れました。ニゴイに折られちゃったのかな???

P8285086

その後は・・数尾掛けたのみで終了。。

P8285093

数は囮別で【13尾】 良型4つは上の魚で・・サイズはこんな感じでした。。

P8285097

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.1号 つまみ ナイロン0.6~0.8号
      がまかつ Cueパワータイプ8号 3本イカリ ハリス/ナイロンソフト1.5号 

竿>D社 硬派・早瀬抜P穂(強風対策・元竿抜き短竿改)D社/コンポ 0.07 ツマミ0.4~0.6
    D社 マルチ7.5号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1.5号+v背バリ
8/166




日付は変わりましたが・・今日は午前中からの川入りでした。
場所は相模川の競技地区です。
身支度を整えて現場に入ると・・丁度瀬肩ではSHIMANOの小沢名人による
実釣講習会とのこと。

P8245074

そういえば・・前回の時もSHIMANOの嶋さんがお見えでした。。。
そこで・・やや離れたところから一探り。。川の状況は・・
やや高いかな程度の平水で芯だけチョイ濁り。。

開始から僅か数分でカツカツ・・グルングルンと掛かり場の悪いショイ方。。
ついて下るも案の定、水を切る前にバレてしまう最悪なスタート。。
この時点で養殖一号はモーターボート状態。。
ここに来ては・・とにかく養殖からの野鮎がえがなによりもダイジ。。

そこで二号登場。。 およそ10分、誤魔化し誤魔化しして・・衝突気味に掛かってホッ。

P8245087

なんとも掛かりどころの悪い掛かり方でしたが、囮ごろと言えば囮ごろ。。。
この後・・もう一尾掛かってやっと循環・・と思ったら、次はウグイ。。
囮を休ませるために一時ウグイにもハナカン通していってこい状態。。
すると・・・秒殺でここまでの一番のアタリ・・はダボ系。。

P8245076

とりあえず囮も復活し、鮎でアユを掛けるべく・・釣り再開。。
ただ・・どうも追いが悪くて続かない。。

そこで・・・少し早いけれど昼食がてらの休憩。。
ついでに上の地区も気になり・・車で見に行ってみる。。

P8245080 (2)

昼食を食べながら15分程度観ていたけれど・・状況的には???な感じ。。

そして、元居たところへ戻り・・お昼過ぎっ頃はこんな具合の競技地区。。

P8245094

足(指の怪我ね)にもまだ不安が有るので・・のんびり浸りながら再度竿出し。。
時折ガガガっと目印が吹っ飛んで鮎色も良さげ。。

P8245092

ただ、鮎色の割に続かず・・二尾掛かると三尾目に時間がかかりすぎるし・・
試しに中へ入れてみても・・掛かるサイズは同じか・・かえってサイズが落ちる気も。。
そんなことで・・似た場所で似た釣りをし、数はそれなりに拾えましたが、
いかんせん同じ風景に飽きてきて・・マズメっ頃にチョイ移動。。
そこでは・・動いてスグにポンポンと掛かるも・・

P8245104

どうも追いが単発で続かず・・・そうこうしている間にピタリと止まり・・
ここで釣り終了。。

P8245109

数は囮別で【25尾】サイズは前回とほぼ同じでした。 

P8245110

※ハラワタ出と色落ち鮎は弾きました。。

……………………………………………………………………………………………………………
竿>がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.08号 つまみ ナイロン0.4~0.6号
竿>D社 硬派・早瀬抜P穂(強風対策・元竿抜き短竿改)D社/コンポ 0.07 ツマミ0.4~0.6
    D社 スピード7.5号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1.5号+v背バリ
7/153

今日はお昼少し前からの川入りでした。場所は相模川の競技地区です。
現場に着くと少し上ではSHIMANOのテスターさんによる実釣講習会中でした。。
川の状況は・・流れの中に沈んだ部分の石色判断で、約20cm高。。

P8215091

まずは養殖を石裏に落ち着かせ待つこと数分、カツン・・キュキュンと幸先よい出足。。
続いて二尾目も同じ筋から掛かり・・とりあえずは一安心。。

P8215073

濁りは・・ヒザ程度でもうタビが見えない程の濁りでしたが、
相模をよく知るお客さんであれば・・コレは全く問題ないくらいだし
個人的には好きな水色でもあるので、かえって期待感も出てくる感じ。。
そんなことでポツリポツリと拾っていき、ときおり派手なギュギュン的な強烈アタリも。。

P8215097

ただ ここで・・ダム放水の影響なのか、流れが変わり始める。。
後の調べでは多少放水量が上がっていた。。
このタイミングで急に鮎も掛からなくなる。。
そこで・・強風対策用の竿にでも持ち替えようかと、いったん車へ。。

その後は・・ちょっと場所を動きながら掛かりそうなところ探し。。
掛かるペースはかなり落ちたものの一つ掛かるともう一つオマケみたいな感じで拾え・・

P8215083

サイズ的には皆平均してまずまずな型で揃う。。

しかし・・・又しても濁った水中で石を思いっ切り蹴ってしまい・・
痛い足が更にイタタ・・・・となり、まだマズメ前でしたが、ここは無理せず終了。。

P8215103

数は囮別で【23尾】大きさはこんな感じでしたが、高水のなか・・よく出てくれました

P8215107

……………………………………………………………………………………………………………
竿 がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.08号 つまみ ナイロン0.4~0.6号

竿>D社 硬派・早瀬抜P穂(強風対策・元竿抜き短竿改)D社/コンポ 0.07 ツマミ0.4~0.6 

       D社 スピード7.5号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1.5号+v背バリ

6/128



日付は変わりましたが・・今日お昼過ぎからの川入りでした。
場所は相模川の競技地区の瀬です。 お盆休みではありましたが・・
台風の影響もあり天気が心配ということでお客さんは少な目。。

P8145038

まずは手前筋で17~18cmに育っている天然白鮎を狙い・・
程なくしてポンポンと天然へと囮が変わる。。

P8145041

もうだいぶ水温が高いので囮の循環に困らぬよう5つ揃うまでは辛抱の釣り。。
台風の影響からか風も時折強く吹き・・操作もしずらいので余計に気を遣う。。

最初の一時間で7尾とし、足の指の痛みを計算しつつ・・瀬の中へ。。。
どのくらいのサイズが出るのか一通り探ってみると・・
目印がカカカっと弾み・・一っ気にギュンとショッテ来たのは今季一番サイズ。

P8145049

前回の釣行では・・魚について下ることが出来なかったのでやや強引に抜き、結果・・
身切れ等も有ったりしたけれど、今回はちょっとはついて下ってダイジに獲っていく。。

そして・・前釣行で竿を入れていない場所へも動き、サワリ程度に竿を差して歩き・・
マズメっ頃には何所で掛かるかなと・・ポイント探しもしておく。。

その間、鮎の色も多少は良くなり始め・・

P8145059

このクラスにこのサイズをショッてくると結構重たいなぁ~・・な釣りも味わう。。

P8145063

そんなこんなでマズメっ頃となり・・予想していた流れでは程よく連荘し・・
足の指もズキズキ痛み出したところで納竿。。

P8145074

数は囮別で【22尾】サイズは23cm×3を含む型揃いとなりました。。

P8145076

...........................................................................................................................................

竿>D社 硬派・早瀬抜P穂(強風対策・元竿抜き短竿改)VARIVAS META-MAX 0.08 ツマミ0.4~0.6 

       D社 スピード7.5号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~2号+v背バリ

5/105

足の指の回復具合は今一つですが・・台風も近づいているのでリハビリがてら川へGo。
場所は相模川の・・(上地区と迷った末の)競技地区です。
ホントは上地区の様子も見ておきたかったのですが、まだ足に不安がある。。

上地区は川の中を歩く途中の石が丁度突っかかる大きさなので・・今回は下地区。。
顔見知りの方々も・・皆、開口一番!足・ダイジョウブと心配して頂き、
あたたかいお言葉に感謝。。

リハビリ的な釣りなので・・おとなしめの所からIN。

P8105017

足指骨折から・・約二ヶ月ぶりの鮎掛けなので・・
魚もそれなりに育っているであろうし、足が痛くてそうはついて下れないので
動かずに抜く用に今日は強い竿を握る。。

しかし・・・一流し目から瞬殺でニゴイがガポン!ガガガッ・・・。。。
運よく外れてくれたものの・・・開始から数秒で養殖一号は虫の息。。しかも藻アユへと進化。

P8105028

早々の養2号投入は・・大変に気を遣う。。。

今度は無理せず石裏をフラフラしていたら・・ギュギュン!と一尾目。。

P8105020

おぉ~~少し川入りしてなかった間におっきくなったなぁ~な22cm。。

 ただ・・コノ子を獲るのに反射的に下った際、石を痛い指で蹴ってしまう。。
まるでサッカーのトーキックのような状態となり、足が足が足が・・・と、
ズキズキがMAX。。
そんな状態の中、5尾までは頑張って掛けたが・・休憩。。

無理してもしょうがないのでゆっくり時間を使い、
午後からはちょっと変化のある所へ入る。。

P8105026

そこでは・・天然個体が小気味よくカカカっと激しくアタる。

天然の遡上鮎もちょっと見ぬ間に大きくなった。。

P8105031 (2)

けれども・・やはりこの流れは足に負担が掛かるので・・
浅場へ移動。。 すると・・何となんとニゴイを二発掛けてしまい・・
サラのMETA-MAXも二本パー。。。
オモリも背針も全部セットの二組パッチンは足指よりも痛すぎる。。

そんなことで・・やや終わりに難があった釣行でしたが・・
リハビリと割り切れば・・十分楽しめたつりでした。。

数は囮別で【13尾】大きさは14cm~22cmでした。

P8105038


……………………………………………………………………………………………………………
竿 がまかつ 競技SPECIAL 引抜急瀬  90 Meta-MAX 0.06号 つまみ ナイロン0.4号
      D社 マルチ7号 四本>がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ  オモリ無~2号+v背バリ

4/83

    今日はお昼っ頃からの川入りでした。 場所は相模川の競技地区の瀬です。
  この地は明日、ガマカツのG杯相模予選が組まれておりまして、下見と思われる方も
             大変多く入られておりました。

      川の状況は・・43t放水なので平水+20cm強は高い感じ。。
        河原の草も水没箇所が多く、こんな具合でした。。

イメージ 1

   アタクシは競技下見ではないので皆さんの邪魔にならないところからスタート。
            濁りは膝下水深でこんな感じ。。。

イメージ 2

 開始からそう時間もかからずにポツポツ掛かるもハラ掛かり・目掛かりのワン・ツー。

イメージ 3

     野鮎囮がまわらず、なかなか養殖囮から抜け出せない状況でしたが、、
     始めの一時間は運良く7尾。。 しかし・・・ここでパッタリ止まり、
     次の8尾目が掛かるまでに・・なんと一時間以上かかるありさま。。

   一通りさらってしまうと・・返しが効かないので、着くまでに時間もかかるし
 変に中へ入っちゃうとこれまた後悔しちゃうし・・で、どうにもならない時間を過ごす。

   好い感じの出水加減なのに・・・・魚が入れ替わらないのがかなり小難しい。。。

  並びにはG杯・JC・Dマス・オールジャパン等のファイナリストさん達が勢ぞろい。
          暫し手を休め、釣り談義&勉強会開始。。。

  この状況は流石にお手上げの中、強風まで吹き始め、急遽 竿を短くする策にでる。。

  そして・・・下見の方々が明日に備えて上がられたころ、ポツリポツリと拾っていく。

イメージ 4

 上手な方々の入られた後なので・・大きさはこの程度でしたが囮ごろと言えば囮ごろ。。

  気付けば明日のG杯のノボリが既に設置されており、すっかり競技河川の雰囲気。

イメージ 5

  このあと・・適当なスジにおいていき、二・三尾ずつポロポロっと掛けて納竿。。

イメージ 6

数は囮別で【22尾】一時はどうなるかと思う程でしたが、運よく掛かってくれました。。

イメージ 7

※ この地は明日も含め、立て続けに大型鮎競技が予定されておりますので、
  知り合いを含め、競技参加の方々の迷惑になる可能性もありまして、
  場所等は乗せておりません。 ご理解のほどを宜しくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………
竿 D社 銀影 競技 T 中硬硬90  VARIVAS META-MAX  0.06号 / 東レ ナイロン0.2号
   D社 硬派(急遽・元竿抜き短竿改)メタコンポ  0.05 
      D社 マルチ7号 4本イカリ がまかつ Cue 7.5号 3本イカリ.オモリ無 ~1号+v背バリ

3/70


 今日はホントは午後からの川入り予定でしたが、マズメっ頃には雷雨予報ということで・・
   ちょっと早めて10:00頃から川へIN。 場所は相模川の競技地区の瀬です。。

   前回は解禁日の午後入りでしたので、シーズンお初のご挨拶等もあって・・
 場所等もあまり見ていられなかったから・・今回は まず昨年と変わった箇所を観る。

  すると・・てっきり流れて埋まってしまったと思われていた通称❝電柱❞を発見。。
             今年は水の中に沈んでました。。

イメージ 1

    昨年はこの周辺でよく掛かったなぁ~なんて思いつつ、見て歩き・・
  適当な所から養殖で一探り。。 川の状況はほぼ平水ですが、昨日の雨の影響で
    一時的には40tくらいは流していたので辺地は比較的綺麗になった感じ。。

   スグにビリっこいのがポチリと掛かり、立て続けに白鮎が三本掛かる。。

イメージ 2

     天然の遡上数は昨年の10分の1程ともいわれておりますが、その分・・
    とりあえず(相模のビリっこ囮に慣れていれば)今年のは、どれもこれも・・
     囮にはなるくらいのサイズなので昨年より、囮循環には良いのかも。。

イメージ 3

  それと・・時々ガガガッとビリっことは違うアタリで・・掛かるのがこのサイズ。。

イメージ 4

     そんなことでお昼までの2時間は16尾として簡単に昼食タイム。。。

    午後からは違う瀬に立ちたかったのですが、お客さんがおられたので・・
  午前と似た釣りからスタート。。 ポツリポツリと掛かるのは午前と似たペース。

 並びにはKA名人とお友達の方もお見えでお話を伺うと、午前は違う瀬へ入っていたとの事
       自身も気になっていた瀬なので・・ありがたい情報を頂く。。

 川はやや増水からの引き水で・・中が抜けていたようでチョイチョイ這わせていると
   2、3本獲れてややお休み状態となり、ちょっとスジを変えてまたポンポン。。

  ビリっことビリっこの合間に突然ガガガッと派手にアタる良型も色が着き始める。

イメージ 5

  ただ・・このサイズを通してもなかなか同サイズが続かないし、ビリっこの連打が
  確実に一度止まっちゃう感じで・・・こまめにビリへと囮交換しながら様子をみる。
  そして、4時ころまで竿を入れ・・寒さのせいか追いも止ったところで 納竿。。。

イメージ 6

  数は囮別で【40尾】大きさはこんな感じで・・10cm~18cmといったところ。。

イメージ 7

       出水で多少魚が動いたようで、運よく掛かってくれました。
……………………………………………………………………………………………………………
   D社 競技T 中硬硬90 VARIVAS META-MAX 0.06 つまみ0.4
  D社 マルチ7号 4本イカリ オモリなし~1号

2/48

   今日は県下のアユ解禁となりましたが、、、正直・・筆が重いと言いますか、
   筆が進まないとでも言いますか・・ いずれにしても進まない記事入れで・・
   結果から先に言いますと・・魚、掛からないなぁ~・・な解禁日の午後。。。

   昨日、子供が部活でボールを眼にあて・・医者やらなんやらもあって、
  ホントは解禁には参加しない予定でしたが、仕事後・・午後からの数時間なら
       多少様子でも見に行けるかな?で・・午後からのIN。。

  囮を購入し、顔見知りの方々にお話を伺う。。 すると・・1時間見ているけれど
     未だ竿が立つ様子がないとの事で、いやな予感はアタッタ感じ。。。

     この時点で一番下の友エリア(昭和橋➡圏央道➡石切)全てを・・
            午後入りなのに観に行くはめに。。。

イメージ 1イメージ 2






何所も良くないとのことで人も少な・・結局戻っての竿出しは高田橋の下流地区。。

イメージ 3

        この地は・・良さげな所は全て竿が入っているので、
      ほゞ掛からないであろう場所からナイロンでフワフワ泳がせてみる。

   すると・・・15分ほどしてグルングルン・キラキラと背負い、令和一号。。

イメージ 4

       しかし・・お分かりの通り、内臓イッパツで即ビロン。。。

    およそ5分後、養殖二号がギラギラギラっと流れ始め、運よく囮ごろ。。。

イメージ 5

   そんなこんなで・・奇跡的に三つ掛かり、居るんだなぁ~が正直なところ。。

 初日なので流れを確認するべく動きだし・・ 途中、知り合いの方々とも釣り談義。
 竿をたたんで歩いている時間や、しゃべっている時間も大変多くなるのがシーズン初め。

  正味、2時間半の釣で・・結局8尾掛けただけと、何ともなスタートでしたが、
   個人的には・・かなり奇跡的に掛かった魚だったのでは?と思います。。

イメージ 6

※ アユの低遡上量云々もあるでしょうが、その前に・・問題は水枯れでしょうかね。。
  一番気になるのは・・・辺地のノロ。。↓ コレがかなりきつい(匂いも)ですね

イメージ 7

    コレを一発で流すような出水が有れば、アユも香りが良くなるのですが・・
       現状は・・かなり厳しい相模川といった感じでしょうか。。。

……………………………………………………………………………………………………………
   D社 競技T 中硬硬90 VARIVAS META-MAX 0.06 つまみ0.4 
竿 D社 銀影競技 T中硬硬 VARIVAS META-MAX 0.06 ナイロン・東レ0.2号
  D社 マルチ 7号 四本イカリ オモリ 無~0.8号


このページのトップヘ